今、25才の社会人です。
ここ半年ぐらいなんですが、話すときに言葉の始めがうまく出なかったり、言葉を間違えたりします。一日一回あるかないかなんですが、今まで一回もなかったことなので心配です。
確かにせっかちで、早口で話す傾向はあるのですが・・・。
また、精神的ストレスを抱える仕事なので、そういったことも少しは影響しているのではないかと思っています。
アドバイスよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

 


  >話すときに言葉の始めがうまく出なかったり、言葉を間違えたりします。
 
  まず、十代の頃のことを振り返って、普段は流暢にしゃべれているのに、何かのきっかけで、言葉が出にくくなり、少しどもってしまうという経験はなかったですか? そんなに頻繁である必要はありません。一ヶ月に一回とか二回とか、ごく時たまそういうことが起こるかどうかです。
 
  次に、これも十代の頃、何か気にかかると、記憶にそれが残り、思い出すと、どうしようもない苛立ちや自己嫌悪など、感情を感じたことはないでしょうか。何か、拘りになることがあると、それが幾度も心に甦って、いやな気分になるということです。
 
  こういうことはまったく覚えがないという場合も、よくよく思い出してください。そして、本当に心当たりがないなら、第二の何か拘りが意識によくあったという経験が、軽い程度であるが、あったということはありませんか?
 
  以上に尋ねたことは、「感情的複合」が何かのできごとでできると、それがかなり強固に心に残るかどうかを尋ねたのです。こういう場合、年齢を取って来て、ある機会に強いストレスなどがあると、感情複合を気楽に無視できなくなり、それを抑圧すると、無意識水準での「抵抗」と「思考への干渉」として現れることがあります。「抵抗」というのは、ある言葉を言おうとすると、意識では分からないのですが、どうも無意識で何かの感情複合が励起されるようで、発音を妨げてしまうということが起こるのです。また、言葉を間違うのも、同じような機構です。
 
  こういう症状として出てくる前に、症状は違うが、以上のような「傾向」があった場合、それは、或る程度、自然なことだとも云えます(ものごとに、或る程度神経質な性格ということです)。
 
  ただ、どの程度の症状か、言葉が間違うというのも、どういうレヴェルか分からないので、判断できません。
 
  大丈夫だとは思いますが、心配でしたら、神経内科で相談されることです。脳波検査とか、頭部レントゲン撮影、頭部CTスキャンとかで調べれば、器質的な異常とかは分かりますし、これらは、病院で順番を待つ時間は長いですが、検査自体は、簡単ですぐ終わります(また、普通、こういう検査、特に脳波検査とか、頭部CTスキャンは予約制なので、そんなに待つことはありません)。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な返答ありがとうございました。
>何か、拘りになることがあると、それが幾度も心に甦って、いやな気分になる
これはかなり該当すると思います。いつまでも残って苛立ったり、自己嫌悪に落ちます。そして確かに神経質だと思います。特に最近仕事で大きなストレスを感じることが多くて、寝ても悪い夢ばかり見ます。
症状としてはいわゆる「かむ」のに近い感じなのですが、一日に2~3回は起きます。本当に今まではなかったことなので心配になりました。
ある程度、気を楽にして生活してみて、症状が進むようであれば検査してみようかと思っております。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/18 15:04

精神的なことも除外はできませんが、年齢的にも症状から考えても、左右の肺からの空気の流出量が一定で無いとそのような症状が一時的に(結構長期間)出ることが良く有ります。



体を鏡に写して見て片方の肩が下がっているとか、背骨が歪んでいるとかが原因のことが多く有ります。

直接の原因はそれだとしても、更に奥の原因が腰とか膝、足首などの怪我や異常による場合も有ります。

此の場合だと心療内科や精神科では治りませんから、とりあえず、これの方を考えて対処されてみたらいかがでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

返答ありがとうございました。
なるほど、精神的なものだけとも言えないんですね。今のところ身体的には目立った異常は見られないのですが、あくまでシロウトが見た印象なので自信はありません。仮に背骨の歪みなどが原因だとしたら、何科にいけば良いのでしょうか?よろしくお願い致します。

お礼日時:2002/04/18 15:09

かなり気になるのであれば、一度病院で


検査してもらった方が良いのでは?

言葉がうまく話せないというのは、脳の
病気にみられる症状と聞いた事があるので
脳外科か神経内科に行って検査してもらうといいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。心配なので一度病院に行くことを考えてみます。

お礼日時:2002/04/18 14:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qがん患者を抱える家族の心構え(長文です)

4年程前に糖尿病を患い、その後、頭痛が治まらないと、糖尿の担当医に相談したところ、「鬱の気がある」とのことで、心療内科を紹介され通院していました。
しかし良くなるどころか、どんどん外にも出なくなり、一日の大半寝ているような状態になっていきました。
昨年の年末には、パーキンソン病のような症状が出てきたので、薬を変えてもらうと、今度は幻覚です。
脳に何かあるのではないのかと思い、心療内科の先生に総合病院の紹介状を書いてもらい、調べてもらいましたが、何の異常もなく、そのあと、心療内科の診察に行くと先生はいつもに比べきつい口調で、「自分でも動いたりして努力をしないと!」と、言われたそうで、その日を境に、その病院に父は行かなくなってしまいました。
しかし、体はかなりつらそうで、そのうち、吐いたり、血便が出たりしたので、近所の内科に診てもらったところ、十二指腸潰瘍で、入院となりました。
そして、入院してしばらくして鼻血が止まらず、又検査したところ、副鼻腔から目のところまで癌が進行しており、まず放射線治療をし、手術をするみたいですが(紹介された大学病院にいってからではないとはっきり分からない)最悪の場合、目玉をとらないといけないそうです。脳のほうに転移があれば、そこも病院は調べてくれるんでしょうか?
ここ数年、日に日に弱っていく父を目にし、痛い思いまでして、ほんの少し生きるのが伸びるのであれば、手術をせず、楽にしてあげたい気持ちです。また、今の父の体力と気力では到底、闘病に耐えられるとは思えません。
本人には癌宣告をしてません。母は「先生にそんな色々言えないよ」と、言います。
私自身、今大変動揺してますし、文章があまりにとりとめないものとなっていますが、この内容で、少しでも父のためになる道があれば、教えていただきたいと思っています。
よろしくお願いします。

4年程前に糖尿病を患い、その後、頭痛が治まらないと、糖尿の担当医に相談したところ、「鬱の気がある」とのことで、心療内科を紹介され通院していました。
しかし良くなるどころか、どんどん外にも出なくなり、一日の大半寝ているような状態になっていきました。
昨年の年末には、パーキンソン病のような症状が出てきたので、薬を変えてもらうと、今度は幻覚です。
脳に何かあるのではないのかと思い、心療内科の先生に総合病院の紹介状を書いてもらい、調べてもらいましたが、何の異常もなく、そのあと、心療...続きを読む

Aベストアンサー

まず自己紹介させて頂きます。
大阪で健康食品の卸、小売業をしております。
仕事柄、ガンの方と多くお会いします。
その中での、経験ですが・・・
ガンは遺伝しません。よくガン家系といいますが、同じ生活環境や食生活から、家族でガンになる方が多い場合はあるようです。あと性格もあります。短気、神経質、責任感の強い方などストレスが一番良くないようです。
糖尿病にもI型とII型がありどちらでしょう???
紹介で病院に、行かれてるようですが、例えば私には、すごくいい病院で、いい先生でも、全ての人にそうではないのです。自分に合う病院(先生)を見つけることです。(本来は健康なときから、信頼できる先生を見つけておくのが、理想)ドクターも人間ですから、その日の、気分で患者さんに、厳しい言葉を言う場合もあります。
自分の体は、自分で守る。(この事を忘れずに)
告知は、様子を見てからされることです。
どんな人でも、かなりショックを受けます。
ガンと闘う場合、一番大変なのは、ご家族です。
抗がん剤の副作用で、患者さんは、痛み、吐き気や精神的にも、消極的になります。
病は気からといいますが、本当に、治したい、良くなりたいと思う人と、もういいと諦める人とは、改善率がまったく違います。
肉体的にも、精神的にも、ご家族が大変ですが、がんばって支えてください。
当方には、末期がんで余命宣告された方や、そのご家族などが、お客様です。商品をお売りするだけではなく、お話して、気がまぎれる方、安心する方いろいろです。
嬉しい事に、昨年末までの余命宣告された、おばーちゃま(86歳)全身に転移し、打つ手がないのです。
ホスピタルに入られてますが、昨日桜をみてきましたと、ご連絡くださいました。最後の親孝行と、息子さんが、連れて行ってくれたそうです。家族の方は、お正月は迎えられないと、諦めていたそうです。桜が見れたのは、貴方のおかげと、感謝されました。
人には天命があります。しかし、諦めないでがんばって欲しいと思います。家族で話し合い、後悔の無い、選択をしてください。もし、不幸にも亡くなられた時、やるだけの事はやったと思えるように・・・・
ドクターとは、納得がいくまで、話してください。
ご家族が、気になることは、何でも質問してください。
ドクターには、大勢いる患者さんの一人ですが、ご家族には、たった一人のお父様です。遠慮は禁物!
セカンドオピニオンをおすすめします。

長々書きましたが、1%でも不安に思うなら、まず相談して、納得してから、手術してくださいね。
明るく、笑うと、ガン細胞は減りますよ!(免疫力が上がるから)落ち込むとガン細胞は増します。
前向きに、プラス思考でがんばってください。

良い方向に行きますように、陰ながら祈ります。
がんぱって!

まず自己紹介させて頂きます。
大阪で健康食品の卸、小売業をしております。
仕事柄、ガンの方と多くお会いします。
その中での、経験ですが・・・
ガンは遺伝しません。よくガン家系といいますが、同じ生活環境や食生活から、家族でガンになる方が多い場合はあるようです。あと性格もあります。短気、神経質、責任感の強い方などストレスが一番良くないようです。
糖尿病にもI型とII型がありどちらでしょう???
紹介で病院に、行かれてるようですが、例えば私には、すごくいい病院で、いい先生でも、全て...続きを読む

Qパニック障害を抱えながらの社会人生活。

過敏性腸症候群によるパニック障害を発症の20代社会人女です。
只今、日常生活に支障をきたしています。

ロペミンという超強力下痢止めが効かなくなり、予期不安でパニック障害を発症しました。
社会人になってすぐの時くらいまでは効いていまして、これを飲めば大丈夫という安心感があったせいか、実際にロペミンを飲まなきゃいけないほどひどい下痢は年1回程度で、ほぼ完治したと思っていました。

仕事は嫌なことももちろんありますが、楽しいと感じています。
ですので、仕事のストレスはほとんどなく、過敏性腸症候群でトイレを気にする生活がストレスになっているような状態です。

仕事柄、バスに乗る機会も多々あり、転職すべきなのかなぁと悩んでいます。

授業に出席するのが辛くなりせっかく受かった大学も退学し、デートもできないので恋も諦めたり、せっかく採用になった仕事も辞めざるを得ないくらい症状が重くなるかもしれないと思うと、努力がこの病気のせいですべて水の泡になっていると感じ、この先もトイレを気にして何かを諦めたりする人生なのかと思うととてもむなしいです。

過去に過敏性腸症候群によりうつ病を発症したこともありましたが、その時はあまりにも忙しくその状況がストレスで辛くて自分が休みたいと思っていたのですが、
今回はその時とは違って仕事を辞めたいとは思っていなくて、むしろ頑張りたいのに体がいうことを聞かない・辞めたくないのに辞めないといけないかもしれないと思い、とても悔しく、自分が情けないです。

周りに迷惑をかけてでも仕事を続けるべきか、転職すべきなのでしょうか。
病気のためにバス出張を欠席したり代わってもらったりすると甘えていると思われますか。

この病気で何かを諦めたりすることはなくなるのでしょうか。

私と同じような方がもしおられましたら、相談に乗って下さい。

よろしくお願いします。

過敏性腸症候群によるパニック障害を発症の20代社会人女です。
只今、日常生活に支障をきたしています。

ロペミンという超強力下痢止めが効かなくなり、予期不安でパニック障害を発症しました。
社会人になってすぐの時くらいまでは効いていまして、これを飲めば大丈夫という安心感があったせいか、実際にロペミンを飲まなきゃいけないほどひどい下痢は年1回程度で、ほぼ完治したと思っていました。

仕事は嫌なことももちろんありますが、楽しいと感じています。
ですので、仕事のストレスはほとんどなく、過...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは、22歳の新卒社会人です。私はあなたの病気とは少し違うのですが、
神経性頻尿という尿意をすぐ感じる病気を高校2年の時に発症しました。
突然、授業を受けていた時にこれまでにない激しい動機と尿意を感じたのが最初の出来事でした。

それを機に高校で学年で3位まで取ったことがあるのに、押し寄せる尿意の恐怖で成積はズルズルと
落ち、またクラブも辞めました。あの頃は死にたくてしかたなかったことを今でも覚えてます。

一時は進学も躊躇いましたが、大学教員の方々が理解がある人が多かったこともあり、大学は卒論も提出でき就職もこのご時世ですがなんとか就職することはできました。

私は電車と飛行機などトイレがある乗り物と自分が車で運転する時は平気なことが多いです。

私もバスは怖いです。修学旅行の時は、睡眠薬を飲んで車中ではずっと寝ていました。
同じ方法は二度とやりたくないですね。

バス出張とありますが、他の交通機関や自分が運転するなどの方法もあればいいですね。

Q障害を抱えながらもがんばっている人の話を知りたい

障害を抱えながらもがんばっている人の話を知りたいと思っています。
本でも映画でも構いませんのでご意見をいただきたいです。

どんな障害でも病気でもかまいません。

Aベストアンサー

両足義足のランナーで社長です。
http://www.y-mainichi.co.jp/article.php?id=4151#
http://www.aloha-street.com/specials/?page_id=792

Q病を抱える日々・・つかれています(長文)

20代の女性です。
2~3年前くらいから線維筋痛症にかかっています。多くの人はまだ知らない未知の病です。少しずつ情報は増えていますがこれという治療法・薬はないので不安が大きいです。あまり効きませんが2種類薬を飲んでます。外傷や心因性のストレスなどから発症することが多いらしいのですが、私の場合は心因性のものが思い当たります。家庭環境がわるかったからです。
父が原因なのですが今はまだ一緒に暮らしてます。私は病気で一人暮らしするパワーはないので近いうちに母と2人で別の場所に住もうと計画しています。
毎日痛いし、だるいし、心も沈みます。(うつっぽい症状を伴わない人もいるそうです)父にも気を使っているので精神的にも無意識に疲れてしまいます。私にはやりたいことあって、でも病気のせいで中断されてしまって・・。いつ治るのか1日1日がもどかしくてたまりません。何もできない、やってない自分が惨めになってしまいます・・。自信もなくなってきて以前から自分を好きになれず落ち込みがちという傾向がどんどん強くなっているように感じます。そして逆に「もう自分は心も体も元気になって夢に向かって努力する力はないのかもしれない」とさらにネガティヴな考えになっていきます。母は自律神経も関係しているので自分で感情をコントロールしようとしてもムリだといいますが、ネガティブで何のエネルギーもない自分が嫌いになっていきます。
痛みの度合は人それぞれですが、私は家の中で少し動いたり、たまに車に乗せてもらって買い物に行くくらいしかできません。すぐぐったりしてしまって買い物の途中で具合が悪くなることもあります。だから働けないし、友達とも遊べないし家に缶詰状態です。20代の数年間をこんな風にすごすのがすごく悔しいです。友達も本当には分かってくれないし、何もできないことが悔しくて。死ぬような病ではないけれど痛みを緩和するものもほとんどなく情報も少ない状況で我慢し続けるのがつらいです。カウンセラーに話してみたこともありますが話す元気もなかったり声に出して言うともっと落ち込んだりするので文字で書いてみました。心身の病の渦に飲みこまれて出られない気がして恐いんです。毎日をどういう思いで過ごせばいいのでしょうか。長い文を読んでくださってありがとうございます。

20代の女性です。
2~3年前くらいから線維筋痛症にかかっています。多くの人はまだ知らない未知の病です。少しずつ情報は増えていますがこれという治療法・薬はないので不安が大きいです。あまり効きませんが2種類薬を飲んでます。外傷や心因性のストレスなどから発症することが多いらしいのですが、私の場合は心因性のものが思い当たります。家庭環境がわるかったからです。
父が原因なのですが今はまだ一緒に暮らしてます。私は病気で一人暮らしするパワーはないので近いうちに母と2人で別の場所に住もうと計...続きを読む

Aベストアンサー

繊維筋痛症、知っていますよ。というか、類似の病気である慢性疲労症候群の患者(そろそろ5年目?)です。

出口のないトンネルに入った気持ち、痛いほどわかります。今でこそ私はなんとか「この病気の状態の私」「あるがままの自分」を認め、しんどいなりにできることのうれしさを感じることができていますが、自分で病気の受容ができないうちはほんとに辛いと思う。周りだってぜんぜん理解してくれずに怠け病って言われる。私の場合は筋力低下で、早い段階から杖を使っていますから、30代で杖というのがどうにも受け入れられなくて悩みました。せっかく軌道に乗ると思っていた仕事も病気のために挫折。社会からどんどんおいてけぼりになっていると思って悔しくて。

でもある時、気づいたんです。杖をついているのがわたし。ゆっくり歩いているのが私。のろくったって、いいじゃん。と。

お母さまが言うように、マイナス思考も病気がさせていることです。だから無理に明るく過ごせとはいいません。何もやる気がないときは無理にあれこれ楽しもうとせずぼーっとしてればいいんです。神様がくれたお休みですから。ただ、うつ状態はどーんと悪化しないようきちんとお薬でコントロールしてくださいね。

同年代のお友達とは話が合わないし遊べないけれど、質問者様がこうして悩んでいる時間というのは絶対、あとであなたの糧になりますから。他の人ができない経験をしているわけですよ。私の杖なんかも、最初は周りの目が気になって嫌でたまりませんでしたが今はおしゃれのつもりで使ってますし、主治医にも「先生はまだ経験してないでしょうけど先生の老後のために教えてあげますね、杖はこういうのが使いやすいんだよ」とかおしゃべりできるまでになりました(老後の先取り)。

今は病気のさせているマイナス思考でとてもそういう風には考えられないかもしれないけど、それならそれでも大丈夫ですよ。でも、落ち込む悪循環におちいらないためにも、毎日1つだけ、いいこと日記という日記をつけてみたらどうかな。1つだけ、簡単でいいんです。「今日は○○まで買い物に行けた」「今日は紅茶がおいしかった」「今日はここの痛みが少なかった」「庭の花が綺麗に咲いた」「○○という番組でちょっと笑えた」「ゆうべはよく眠れた」などなど。なにもやる気ないときはさぼっても大丈夫ですし。

周りの人は誰もわかってくれないかもしれない。でも、仲間はぜったいいるから。ひとりぼっちじゃないですからね。ぼちぼち、いきましょう。「今日できることも明日に延ばす」これが我々しんどい病の鉄則ですよ。

長い文章(しかも乱文)を書いてしまいました。疲れさせちゃってすみません。ちょっとでも心が軽くなればうれしいです。

繊維筋痛症、知っていますよ。というか、類似の病気である慢性疲労症候群の患者(そろそろ5年目?)です。

出口のないトンネルに入った気持ち、痛いほどわかります。今でこそ私はなんとか「この病気の状態の私」「あるがままの自分」を認め、しんどいなりにできることのうれしさを感じることができていますが、自分で病気の受容ができないうちはほんとに辛いと思う。周りだってぜんぜん理解してくれずに怠け病って言われる。私の場合は筋力低下で、早い段階から杖を使っていますから、30代で杖というのがど...続きを読む

Q糖尿病+腎機能低下+歩行困難を抱える70代男性(都内在住)への有効な手だては?

私の父についての相談です。

長い間糖尿病を患っており、それに伴う合併症の発症もあります(白内障など)。
食事制限やインスリン注射などは長く続けています。

ここ1~2年で腎機能の低下が進んで(糖分をコントロールすることばかり考えて塩分のコントロールを怠ったため)、人工透析を受ける一歩手前の段階でどうにか踏みとどまっている状態です。そのせいか、右足にむくみがあります。

また、最近では歩くことにも問題が出てきています。歩き始めて5分と経たないうちに息切れがして、小休止を繰り返さないとダメな状態です。
その原因ですが、体重の増加(10数年前に比べて15kgくらい太ってしまった模様。お腹の前側だけがぷっくりとふくれている状態)プラス足のむくみがあると思われます。
ここ数日は突然膝がカクンとなって、転倒した後自力で立ち上がれなくなることが立て続けにあり、精神的にショックを受けています。

今は地元の総合病院(内科・外科・眼科)を定期的に受診しているのですが、端から見ている限りどうも診療科同士・医者同士での連携状態が悪いのです。
担当の内科医がコロコロ変わっているのですが(最近では糖尿病専門医から腎臓専門医へ)、その度に治療方針が変わっているようです。具体的には「血糖値を低く抑える」→「多少血糖値は高めでもいいので、低血糖発作を防ぐことに力を入れる」→「血糖値を低くするのはもちろん、塩分やカリウムの接種も抑える」と変わっています。

外科(大腸ポリープ)・眼科(白内障)はまだいいのですが、本来かかるべき整形外科については「かかってもどうせムダだろう」と本人が診療に乗り気でないのです。というのも、医者が有効な手だてをしなかったり老人に対するデリカシーのない医者がいたりでいろいろ問題があるようなのです。

どうも、各医師(特に内科医)がQOLを全く考えていないようなのです。自分の専門分野の症状を軽減することばかりに捉えて、歩行のことなど他の問題まで考えていないようなのです。
その点で、今の状況に大いに不満を抱いていますし、なんとかしたいと考えています。

そこで、お伺いしたいのは
1) この状況をどう打破すればよいか
2) どこかに良い医療機関はないか
3) 当面の転倒対策として杖を使わせたいが、どこでどうやって購入したらよいか
の3点です。

1) についてですが、私としてはできるだけ診療科の枠を越えた総合的な診療を受けさせたいと考えています。内科だけでなく整形外科・リハビリ科の受診も必要でしょうし、その辺りも安心して任せられる病院があればと思っています。

2) ですが、当方東京都中野区在住です。ですので、中野・杉並・渋谷・新宿でオススメの医療機関があればと考えています。

以上、1) から 3) のどれか1つ以上への回答が頂ければと思います(全部であればなお歓迎します)。
どうぞよろしくお願いいたします。

私の父についての相談です。

長い間糖尿病を患っており、それに伴う合併症の発症もあります(白内障など)。
食事制限やインスリン注射などは長く続けています。

ここ1~2年で腎機能の低下が進んで(糖分をコントロールすることばかり考えて塩分のコントロールを怠ったため)、人工透析を受ける一歩手前の段階でどうにか踏みとどまっている状態です。そのせいか、右足にむくみがあります。

また、最近では歩くことにも問題が出てきています。歩き始めて5分と経たないうちに息切れがして、小休止を繰り返...続きを読む

Aベストアンサー

大変ですね。糖尿病は、合併症が進めば進むほど治療は難しくなりますもんね。
有効な回答になるかはわかりませんが、2)については、近さも考えるなら、お住まいの自治体の健康課に問い合わせてみてはいかがでしょうか。自治体の健康課には、大抵事務職だけでなく専門職(保健師・管理栄養士等)がいます。近くの医療機関の噂はたくさん入ってきます。何所の病院がいいとかは、はっきり言えない決まりなのでおそらく明確には教えてはくれないと思いますが、いくつか提示されると思います。
状況を伝えれば、一番最初にお勧めの病院をいうはずです。
3)については、介護・福祉用品を取り扱う店で手に入りますが、介護施設に問い合わせるのが手っ取り早いと思います。
1)については、ちょっとお聞きしたいのですが、食事コントロールをしているのに、15kg太ってしまったのでしょうか?それだと全然コントロールが出来てないということになってしまうので、食事の見直しが必要です。
運動も必要ですが、高齢なのと足に負担がかかっているということなので、ウォーキングだけでなく、座って出来る運動や、ストレッチなどを運動指導士等から受けられると1番よいかなと思います。
さらに、壊疽になってしまわぬよう、こまめにフットケアやマッサージをすることも大切です。
あまりお役に立てなかったかもしれません、いい病院が見つかるとよいですね。。。

大変ですね。糖尿病は、合併症が進めば進むほど治療は難しくなりますもんね。
有効な回答になるかはわかりませんが、2)については、近さも考えるなら、お住まいの自治体の健康課に問い合わせてみてはいかがでしょうか。自治体の健康課には、大抵事務職だけでなく専門職(保健師・管理栄養士等)がいます。近くの医療機関の噂はたくさん入ってきます。何所の病院がいいとかは、はっきり言えない決まりなのでおそらく明確には教えてはくれないと思いますが、いくつか提示されると思います。
状況を伝えれば、一番...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報