素朴な質問です。
企業が使う帯域保障型のスーパーOCN1.5Mb(60万から70万)
と家庭で使うADSL(2000円から4000円)を比べた場合どっちが早いのか?下りだけで考えてください。

スーパーOCN1.5MBの契約内容は
OCN網にダイレクトに1.5MBでSTMなどで接続するサービスですよね。つまり最高速度1.5MBということですね。(もちろん網の中に入っちゃうと1.5MB以下になるのは避けられない。)

家庭用ADSLは平均して2MB位出ているとすると家庭用の方が早いのでは?

信頼性とか抜きにして考えると、家庭用のADSLに固定IPのサービスをつければ十分企業でも使えますよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一ネットワークエンジニア(元SI)の意見として聞いてください。



うーん何か勘違いしてるようですが、No.3の-boya-さんが言うように、ADSLとスーパーOCNを比べること自体ナンセンスですよ。
企業のインターネット接続には接続スピードだけでなく信頼性が非常に高く求められます。個人がネットサーフィンするのとワケが違いますからね。
まぁ企業の中にも「回線が多少切れても構わない」というような軽い考えのところでは確実にADSLは広がっています。私も信頼性をそんなに重要視しない企業のお客様にはADSLの固定IP接続を提案していますし、過去に何件もADSLを導入しています。ちなみにADSLを導入する企業さんの場合、WWWサーバを立ち上げることはあまりないです。WWWサーバはホスティングして、社内にメールサーバを立ち上げる場合にADSLを使っています。あと社内のサーバを遠隔で操作するために固定IPを取ることもあります。
フレッツADSL+OCNのIP8「フレッツ」プランを提案することが多いですよ。

しかし信頼性を重要視するようなお客様は大金を掛けてでもスーパーOCNに加入したりします。または冗長性も考えてバックアップ回線を用意する事だってあります。

ADSLもスーパーOCNも選択肢の一つということです。
信頼性を必要としないならADSLで十分ですし、信頼性が重要ならスーパーOCNを選択するだけの話です。
holydevilさんはスーパーOCNに対して不満を持ってるようですね。きっと信頼性をあまり重要視していない会社ではないでしょうか?
もしそうならADSLの固定IP接続でも問題はでないと思いますよ。交換局から近いという前提がありますけどね。
※holydevilさんの会社のシステム構成がわからないので断言はできませんのでご了承ください。

参考URL:http://www.ocn.ne.jp/business/kotei_ip8-16/charg …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が信頼性を求めるならハウジング・ホスティングなどの利用を考えますが、どうしても社内にサーバを置かなければいけない場合などは、確かにスーパーOCNの選択肢が出てきますね。信頼性がこの価格ということで納得できました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/14 14:22

企業でもADSLを導入するところはあるようですよ。


(日経コミュニケーション2002.4.1号にも掲載)

ただ企業だと「ホームページを見るだけ=下りだけ」という
使用方法では無いことが多いのではないでしょうか。
情報発信や拠点間の通信などをする場合は上りも使いますよね。

「信頼性は無視」「保守しない」等々であれば比較できますが、
STMとADSLとを比較するのであれば、簡単に信頼性を抜きには
出来ないのではないでしょうか、、、
(つまり比較の対象ではないのでは?ということ)

使い方(下りのみ/双方向)、ロケーション(NTTからの距離・光収容)等に
あわせて色々とサービスが選べます、という事だと思います。
    • good
    • 0

信頼性をまったく無視するならADSLでも十分だと思います。



しかし信頼性が重要な場合はスーパーOCNの料金でも仕方がないと思いますよ。

社内でサーバ(WWW、FTP等)構築していて、基本的に外部に情報発信をしている会社だということを前提にすると・・・
ADSLはあくまでもダイヤルアップです。たまに切断されるかもしれません。
もし切断されたらあなたが再度ダイヤルアップをする必要がありますよね。
ユーザ側からは接続することはできません。

専用線なら切断されることはありませんからその点は安心です。

あと異常時の付加サービス(保守対応)が全然違うと思いますが?
【スーパーOCNの付加サービス】
・トラフィックレポート作成(トラフィックの常時監視)
・ユーザ設置ルータの24時間監視 (異常時に速やかに連絡を貰える)
・セカンダリDNSサーバの提供
・品質保証制度「SLA」に対応
【SLA】
→故障検地から30分以内に修理完了
→NTT-Com指定区間におけるパケット往復転送時間の月間平均値を40ミリ秒以下になるよう品質を維持。
→NTT-Comが故障を確認時刻から30分以内に、契約者があらかじめ指定した連絡先に故障をお知らせする。
上記の内容を守れない時は料金の一部または全額返還することになってます。

上記の保証内容があるなら月額数十万円でも仕方がないかなぁと個人的には思います。(普通に保守契約すると結構高いですからね)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
上りと回線の信頼性ですね。この価格差は。
どの企業も上りと下りを一つの回線でやってっていることが多いのですが、
これって最近のさまざまなサービスを柔軟に利用した場合、絶対損しますよね。
SIベンダーや管理者がめんどくさいからあえて既存システムを提案、変更しないだけでしょうね。
だからスーパーOCNのようなぼったくり回線が存在できると思っているのですが・・・。

お礼日時:2002/04/12 21:31

こうは考えられませんか。


一本の電線を拘束する加入需要個数が20だと仮定します。1分間に20の人が平均して平等な時間だけ拘束すれば、一人の通信に課からる時間は60秒÷20戸=3秒/戸
この3秒をできるだけ短くちじめられればより多くのトラッフィックが生まれ、将来回線は太くなる、

何を言いたいかといえば、需要個数の多い一般家庭の回線であるADSLは一個数につき速く通信を終わらせないとみんなが共有するのには混んで混んでしょうがない。

stmは専用な回線でおうちまで張りますから遅くても大丈夫です。その分ocnとインターネット間は末端は同じでも幹線は太くしてありますのでから、ゆっくりじっくりやってください。ということではないでしょうか?


つまり通信する量によってADSL自体のサービスにかかる通信量の負荷を分散させるためにやっているんじゃないの?

答えは
どっちもどっち

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます
でも、なんかしっくりきません。

ユーザの立場からはNTT側の仕組みより早くて、安ければいいのだと思うのですが?

(上りの保障、信頼性がこの価格差なら、それはそれでいいんですが、それ以外にメリットがあるかというところが最もお聞きしたい部分です。)

補足日時:2002/04/12 04:41
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業の 確定申告の やり方が よくわかりません どのように したら よいですか

個人事業の 確定申告の やり方が よくわかりません どのように したら よいですか

Aベストアンサー

勉強すれば分かります。
誰でもやってる事だから。


確定申告とは?初めての方に1から分かりやすく説明
http://biz-owner.net/kakutei/hajimete

白色申告での帳簿づけの方法
http://biz-owner.net/shiro/yarukoto

国税庁>…>事業主と税金
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto316.htm

頑張って下さい。v(^^;

Qインターネットの接続をKDDIのADSLからOCN With 光フレッ

インターネットの接続をKDDIのADSLからOCN With 光フレッツ(光配線方式・マンションタイプ)に変更しました。

接続の方法ですが、コントロールパネル内のネットワークのページによると、
ADSLの場合が「ローカル接続」でフレッツの場合「インターネット接続」の接続になりました。



質問をする前にネットでいろいろ調べましたが、「ルーター」というものを通さず直接回線につなぐ方法がPPPoE方式であり、逆にルーターを通すとIPアドレスが割り振られローカル接続になる・・・?ことと以前のKDDIのADSLの場合、モデムに元からルーターの役割があったということもわかりました。
PC上の「インターネット接続」という表示もきっとPPPoEでの接続を意味していると思います。(それもよくわからないんですけど、おそらく。)


そこで質問です。

?PPPoE方式とローカル接続はどちらが接続方法としてはbetterなのでしょうか。そこまで気にするものではないのでしょうか。因みにパソコンにはカスペルスキーを常駐させています。

?PPPoE方式でのインターネット接続は私のパソコン上の表示では「ダイアルアップとVPN接続」というカテゴリに入っているようなのですがPPPoE方式はダイアルアップでの接続なのですか?簡単設定ツールでなすがままにつないだのですが・・・。ダイアルアップというと、モデムを通さず電話回線とパソコンを直接つなぎ、その地域の基地局(?)の電話番号に電話をかけてネットに接続するというものでしょうか。ネット中は電話料金が常時発生するイメージがあります(そしてごくごくまれに国際電話になってしまい料金的に大変なことになる、というイメージも・・・。(間違っていたらすみません))そのため少し心配になりました


ネットで調べても専門用語でますますわからなくなってしまい、こちらで質問させていただきました。
うまくまとめられなくて申し訳ありませんでしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。よろしくお願いします。

インターネットの接続をKDDIのADSLからOCN With 光フレッツ(光配線方式・マンションタイプ)に変更しました。

接続の方法ですが、コントロールパネル内のネットワークのページによると、
ADSLの場合が「ローカル接続」でフレッツの場合「インターネット接続」の接続になりました。



質問をする前にネットでいろいろ調べましたが、「ルーター」というものを通さず直接回線につなぐ方法がPPPoE方式であり、逆にルーターを通すとIPアドレスが割り振られローカル接続になる・・・?ことと以前のKDDIのADS...続きを読む

Aベストアンサー

光フレッツの場合、通信方式は必ずPPPoEです。
これは提供しているNTTが決めているものです。
なので、ルータを使っている、使っていないに関わらず
PPPoEで通信しているということになります。

ダイヤルアップに設定があっても電話回線を使用しているわけではありませんので、
電話料金はかかりません。ご安心ください。
ちょっと紛らわしいですよね。


ローカル接続(ローカルエリア接続ですね)は、書かれている通り
ルータを介した場合のものです。

IPアドレスには「グローバルIPアドレス」と
「プライベートIPアドレス」というものがあります。

質問者さまの場合はルータがないようなので、OCNから割り当てられた
グローバルIPアドレスをそのまま使っています。
ルータを使うと、ルータまでグローバルIPアドレスが届きますが、
パソコン側にはプライベートIPアドレスというものをルータが割り振ります。

このプライベートIPアドレスが何かをみられるのが「ローカルエリア接続」
になります。

Q副業での個人事業の場合、屋号名義と個人名義で2種類確定申告が必要ですか?

教えて下さい。 昨年、週末副業で個人事業を始めました。これまでの給与所得者(不動産収入ありで毎年確定申告)としての個人名義での確定申告と、開業時に届け出た屋号名義での確定申告の、2通(種類)の「確定申告書B」を提出する必要があるのでしょうか? それとも、合算してひとつの「確定申告書B」を提出すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告は個人名で行うので、確定申告書は1通です。
所得額は、個人の所得全てを合算して計算するので、事業単位に決算書を作成して、確定申告書に所得額(給与・不動産・副業)を記入し、合算して算出します。

QフレッツADSL1.5Mで1kbyte以下のデータしかFTPできません

FTPでhtmのデータをアップしようとしていますが1Kbyte未満でないとできません。
環境はルータに接続しているデスクトップとノートでOSはMeです。
1K以上になるとFFFTPの転送インジケータは右端まで行きますがそこで停止します。
他のFTPソフトやブラウザでftp://で行なっても同じです。
FTPソフトの環境はデフォルトで変更はしていません。
ADSL回線は上下0.2M程度と遅いのですが
その当たりが原因なのでしょうか?
ちなみにアナログで接続してみると大丈夫なのです
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ごめんなさい、ちゃんと読んでいなかったです。
アナログは確認済みでしたか。

ルーターのメーカーホームページのFAQに似たような事例がないか一度確認なさってみてはどうでしょう。
あと、そのWebスペースのFAQも一度ご確認なさった方が良いかもしれません。

Flets自体がかなりメジャーな回線なので、ある程度再現性のあるトラブルならFAQに上がっていると思います。

ただ、不安定で途中で切断/再接続を繰り返していたとしても、FTPクライアントの方も再接続/ログイン/レジュームを繰り返すので問題は起きないと思いますが。

FTPサーバ向けにPINGしてみてサーバまでの接続状況(本当はTracerouteしたいところですが、Meでは出来なかったと思いますので)を確認してみてはどうでしょう。

Q個人事業の確定申告とその事業主の確定申告

初めて質問させて頂きます。ご回答よろしくお願い致します。
■今年春より個人開業したいと思いますが、確定申告についてお尋ねします。事業所得と個人所得があると聞きましたが・・・。

■確定申告は、その個人事業所の「事業所得についての確定申告」とその個人事業所より給与をもらっている「個人(開業者本人)の確定申告」をしなければならないのでしょうか。

■年間売上が何千万となる可能性はなく、数百万でもどうか・・といったところです。したがって事業所得から従事者個人(開業者本人1名)の給与を経費として差し引くと事業所得はほとんど残らないことになりますが・・・。

■それであれば、事業所得の確定申告は不要で、その個人所得のみを確定申告すれば良いのでしょうか?それとも個人事業所はその開業者個人と一体と見なし、個人所得の確定申告だけで良い・・ということなのでしょうか?ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>事業所得と個人所得があると聞きましたが…

誰に聞きましたか。
そのような考え方はありません。

>その個人事業所の「事業所得についての確定申告」とその個人事業所より給与をもらっている「個人(開業者本人)の確定申告」を…

そのようなことはありません。

>事業所得から従事者個人(開業者本人1名)の給与を経費として差し引くと…

自分で自分に給与を払うことはありません。
事業で得たお金を生活費に回すことは「事業主貸」と言い、給与ではありません。

>それとも個人事業所はその開業者個人と一体と見なし、個人所得の確定申告だけで良い…

そういうことです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

QBフレッツ&家庭内LAN網構築(プリンタ共有)

こんにちは。

Bフレッツ(光ファイバー10M契約)の工事が
完了し、家庭内LANを構築しようと計画中です。
そこで疑問が出てきたのですが・・・

1.ADSLやISDNの場合は回線の終端に
TAやADLSモデムの設置がひつようで、そこから
パソコンをつなぐことになりますが、
Bフレッツの場合光ファイバーの終端に終端端末装置
という箱がついており、それに100/10の
イーサのポートがついておりますが、そこに直接
いわゆる「ブロードバンドルーター」というのを
つければいいのでしょうか?
(光の場合TAやモデム等必要ない?)

2.光の場合プロトコルはPPPoEになるそうですが、
「ブロードバンドルーター」がPPPoE対応に
なっていれば、そのルーターから先のpc等のLAN
接続は通常のLAN接続でOKですか?
(各PC等にPPPoEのドライバ導入不要?)

3.そのブロードバンドルーターに無線LANポート
(送受信機)(a)をつけて、別室にも無線LANポート(b)を置き、そこにプリンタをつなげたいのですが、必ずプリンタサーバーは必要となるのでしょうか?
((b)からはUSBケーブルが出ており、USBにて
プリンタをつなぐ場合。)
なお、プリンタは普通の2万円台のインクジェットです。

↓このようにしたい。
光回線-BBルータ-(LAN)-a-(無線)-b-(USB)-プリンタ

↓こうしなければだめですか?
光回線-BBルータ-(LAN)-a-(無線)-b-(LAN)-Pサーバー-(USB)-プリンタ

トンチンカンなことを言っているかもしれませんが
よろしくお願いいたしますm(_)m

こんにちは。

Bフレッツ(光ファイバー10M契約)の工事が
完了し、家庭内LANを構築しようと計画中です。
そこで疑問が出てきたのですが・・・

1.ADSLやISDNの場合は回線の終端に
TAやADLSモデムの設置がひつようで、そこから
パソコンをつなぐことになりますが、
Bフレッツの場合光ファイバーの終端に終端端末装置
という箱がついており、それに100/10の
イーサのポートがついておりますが、そこに直接
いわゆる「ブロードバンドルーター」というのを
つければいい...続きを読む

Aベストアンサー

>これは、そのアクセスポイント(ハブのこと?)を
を追加(ドライバ)するということでしょうか?

ドライバとかではなく、アクセスポイントというのは無線LANの中継ステーションのことです。
いわば無線ブロードバンドルータの無線中継部分だけを取り出した物のことです。

無線の子機にはイーサネットコネクタという物はなくPCに直接接続する形になっていてアクセスポイントというのは通常はLAN上においてそこに無線子機がアクセスする物のことです。
そこにはLAN端子がついていますのでそれを利用して複数のPCを接続するんです。

無線ブロードバンドルータ
|  |  |  |(無線により)
子機 子機 子機 子機
|  |  |  |
PC PC PC PC

から

無線ブロードバンドルータ
|(無線により)    |(無線により)
アクセスポイント   子機ーPC
|  |  |(有線により)
PC PC PC

という感じになります

Q個人での確定申告・・・

派遣で働いているものですが、派遣会社へ期限内に確定申告書を送付することが出来ませんでした。
その場合、来年一月下旬に個人で確定申告をすることになっています。
個人での確定申告って難しいものですか?
経験された方の経験だどお教えください。

Aベストアンサー

個人での確定申告は簡単です。

通常は以下のURLからパソコンで書類作成をクリック後、書面提出をクリックして、『既にご利用環境を確認済みの場合、こちらのチェックボックスから全ての項目に一括でチェックを入れることができます。』の下の以下のチェックボックスにチェックを入れ、

□このパソコンの環境における、下記のチェック項目については、全て確認済みです。

書類を作って印刷し、役所へ持っていくだけです。

https://www.keisan.nta.go.jp/h24/ta_top.htm

QIP網とイーサネット網の違いとはなんでしょうか?

IP網とイーサネット網の違いとはなんでしょうか?
VPNの勉強をしているのですが、その際に
・IP-VPN:IP網経由でやりとり。
・広域イーサネット:イーサネット網でやりとり。
と記載がありました。
※そのほかにもインターネットVPN:インターネット経由でやりとり。これはわかります。

どちらもIP通信をしているんですよね?明確な違いとはなんでしょうか。
分かり易い解説のページなどご紹介いただければ幸いです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

IP網はIPアドレスに従って通信する。
イーサネット網はローカルLANとして通信する。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/eth01/01.html

Q個人事業主で給与所得者の確定申告について

現在給与所得者にして、個人事業も行っているものです。
税務署に青色申告の申し出は行ってあります。
この場合、確定申告に必要なのは確定申告書Bのみでいいのでしょうか?

市販の確定申告ソフト(やよい)を使用したところ、給与所得に対応する入力が見つからなかったので、多少困惑しています…。

よろしくご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

>確定申告に必要なのは確定申告書Bのみでいいのでしょうか…

「青色申告決算書」が必用です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/13.pdf

あと、給与の「源泉徴収票」や、生保などを掛けているならその「控除証明書」なども。

>市販の確定申告ソフト(やよい)を使用したところ、給与所得に対応する入力が見つからなかったので…

それは、「青色申告決算書」を作成する過程でしょう。
事業所得と給与所得とは、青色申告決算書ではなく「確定申告書 B」で合算します。

QyahooのADSL(8MB)は、ノートパソコンとデスクトップでは異なるのですか?

今、yahooのADSL(8MB)をノートパソコンで利用しています。(yahoo!BB&BBフォンコンボモデムです)
ノートパソコンなので、LANカードにLANケーブルを挿して使用しています。
先日、デスクトップパソコンを買いました。2台のパソコンでLANの設定などをする前に、とりあえずXPの認証登録をしておこうとノートパソコンにささってるLANカード&ケーブルを取り外し、ケーブルをデスクトップのLANポートに挿したのですが認識されません。
この方法では認識されないのでしょうか...?

Aベストアンサー

お持ちのマザーボードはLAN搭載のはずですが、デバイスマネージャではOSに認識されていないようです。

1:コントロールパネルを開いて、クラシック表示に切り替えます。
2:ハードウェアの追加を選択します。
3:ウィザードに従って作業してみてください。
4:ドライバが必要で、コンピュータ上に存在しない場合は、下記URLの中から該当するファイルをデスクトップなどのわかりやすい位置にダウンロードしておき、その上でもう一度作業を行いう必要があります。製品の型番をよく確認してからドライバを当てましょう。

参考URL:http://download.aopen.com.tw/Default.aspx


人気Q&Aランキング

おすすめ情報