【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

高2男です。

先日大学の志望校調査があって、なんとなく面白そうだと思ったので心理学系統の学校を中心に書いたのですが、心理学について何も知らないでなんとなく決めてしまうのも良くないなぁーと思いました。

そこで心理学関連の本を1冊読むことにしました。

ということで大学で心理学を勉強したいなら、高校のうちに読んでおいたほうがいい本を教えて下さい。(できれば読んでいて面白いものをお願いします)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

大学でやるようなにおいのする学問的な心理学書は眠くなること必須です。

それで本当に行く気があるかどうか見極めるのもよいでしょう。その手の本は他の回答者の方が挙げていますので、わたしは、眠くなるどころか面白くて徹夜してしまうほうを挙げます。
ただし、大学ではやりません。
というのも、名著ではあるけれども、大学の心理学ではほとんど扱われない、扱いようがないという理由からそうなっています。

フロイト「精神分析入門」
    「夢判断 」
古典ですけども、人生一度は読んでおくべきものだと思います。人間の捉え方が変わります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

聞いたことがある本なので読んでみようと思います。

大学では扱わないって少し意外ですけど・・・。

お礼日時:2006/11/04 20:47

質問者さんが心理学のなかのどの分野に興味があるのかわかりませんが、全体を俯瞰するのに適当な本には、次のものがあります。

安いですし。

ベンソン NC (2001) マンガ心理学入門: 現代心理学の全体像が見える (清水佳苗 & 大前泰彦, 訳). ブルーバックス B-1323. 東京: 講談社
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062573237
久能 徹 & 松本 桂樹 (監) (2000) 心理学入門. 図解雑学. 東京: ナツメ社
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4816329277

これらの本を見ていただければわかりますが、心理学の分野は広いです。もし心理学ということで質問者さんが臨床心理学やカウンセリングのようなものを考えていたなら、それとはまったく異なるものがいろいろと含まれていて、驚くことと思います。

なので、自分の入学したい大学が、自分のやりたい心理学の分野を得意としているか調べる必要があります。質問者さんのやりたいことによっては、文学部や教育学部ではなくて、医学部が適当なこともあると思いますので、自分で調べるなり、進路指導の先生に相談してみるなりしてみるとよいと思います。

私も答えていますが、こちらもご覧になるとよいと思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1865945.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2209230.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

マンガは読みやすそうでいいですね。

医学部ですか・・・心理学=文系のイメージがあったので、既に文系の道を歩んでいるのですが・・・。もう少し調べておけばよかったです。

お礼日時:2006/11/04 20:51

看護学系の学部・大学院で心理学の教員をしています.


本務先の他に,教育学部の教育心理学科や人文社会学部の心理学コースでも非常勤講師をしています.

心理学は高校までには,ない科目ですから,まずは全体像をとらえるものを読んだ方がよいでしょう.
そのためには,1つは,No.2の方の推薦の「図解雑学 心理学」(日本実業出版社)がよいでしょう.
また,心理学を行かした仕事や大学院のことまで述べられた好著としては,海保博之(著)「心理学ってどんなもの」(岩波書店,岩波ジュニア新書)がよいと思います.

ただ,学問としての心理学は,ポップ・サイコロジーとはイメージがかなり違いますし,マスコミ心理学ともイメージが違い,科学的に人間の心や行動を捉えようとするものですから,その点は,お間違いのないように.
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かに実際に勉強してみたら興味が無かった、ということになったら困りますからね・・・。やはり本を読んで見ることにします。

お礼日時:2006/11/04 20:45

はじめまして。



心理学部に通っている大学生です。
私も高校生の時に心理学に興味を持ち、大学のホームページなどで紹介されていた文献などを手にしたこともありましたが、専門的すぎて何がなんだかさっぱりわからなかったです。
心理学にも分野がいろいろあるので、いきなり専門分野の本を読むよりも、大まかに「心理学とは何か」とか、そういった本の方が読みやすく、心理学に入り込みやすいと思います。

私のオススメできそうな1冊は
渋谷昌三・小野寺敦子著「手にとるように心理学がわかる本」(かんき出版)です。
もっとも基本的な心理学のことが絵や図を交え、とてもわかりやすく説明されています。
心理学をかじったことがある人にとっては、もう一つ物足りなさを感じますが、
>心理学について何も知らない
のであれば、これくらいのおおまかな知識を得られる雑学的な本から始めてみるといいかもしれないですよ。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4761263393/sr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

参考URL見てみましたが面白そうですね。

お礼日時:2006/11/04 20:40

高校の時点では心理学にはどのような分野があって,それぞれの分野ではどのようなことが研究されているのかを大まかに把握しておけば十分だと思います。

そうすれば大学選びも的を絞って選ぶことができますからね。

日本実業出版社から出ている「図解でわかる心理学のすべて」という本を私はおススメします。

余談ですが高校のときにしっかりと勉強しておけばよかったと感じるのは化学と生物ですね。数学と英語も重要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

図解だと分かりやすそうでいいですね~。

化学、生物ですか・・・全く分からないです・・・。

お礼日時:2006/11/04 20:36

俗っぽい、心理テストなども面白いと思いますが、本当のところ心って何なのだろうというまじめな疑問をもっているなら、そして、大学で学んだ知識を職業として生かそうと思うのであれば、そうとう覚悟を決めてかからないといけないと思います。

もちろん他の学部であっても、それはいえることですが。

私は、個人的な関心から、バートランド・ラッセル『心の分析』を大学の図書館から借りて、読みかけています。これは哲学的なものです。彼の時代(20世紀)に影響のあった心理学を批判的に見ています。

ブレンターノ『経験的立場からの心理学』(1874)
マイノンク
ウィリアム・ジェイムズ「『意識』は存在するか」
「行動主義者」とよばれる心理学派の主唱者ジョン・B・ワトソン
精神分析学では、フロイト(開拓者として有名)、ユング(神秘思想的)もあるが、バーナード・ハート『精神病の心理学』を薦めている。

など、心理学者の名前が出ていました。常識に反して、『意識』はないといっているようなので、驚いています。私はつい2、3日前までは『意識』はあるものと信じて疑ってはいなかったのに、『意識』がないという考えで世界はどう見えるのだろうと思うようになりました。

何をもっていい本というか。私にとっては、考えさせられる本がいい本です。しかし、難解なだけの本はよいとは思いません。1冊といわず多くを読んで、自分に合うテーマのものを見つけるのがよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かに心理学といっても色々あるようなので何冊か読んだほうが良さそうですね。

お礼日時:2006/11/04 20:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心理学入門の本について

タイトルのとおりなんですが、心理学に興味があり本を読んでみようと思っています。初心者向けの入門編(?)のようなお薦めの本があれば、是非教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。


> 心理学に興味があり本を読んでみようと思っています。
> 初心者向けの入門編(?)のようなお薦めの本があれば、
> 是非教えてください。よろしくお願いします。

「心理学入門」といっても、心理学そのものがかなり広いので、
mi_yukiさんのご興味をきかずに本を推薦するのは難しいです。
いきなり大学の教科書などをオススメしてもねえ……。

心理学、つまりは人間に興味があるということなら、
人間のどのような部分に興味があるのかを教えていただけると
推薦する本も変わってくるでしょう。

 ・人間が絵や見たり音を聞いたりする過程が不思議
 ・赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるんだろう
 ・カウンセリングや臨床系資格に興味がある

などですね。


「心理学」の総合案内本としては、とりあえずこちらかなと。
このなかから興味のある分野を探して、紹介されている本をあたります。

『心理学がわかる。』 アエラムック (89)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022741392/



ただ、「学問としての心理学」や正統な「心理学の本」は、
一般の「心理学」という言葉の認識とは違っている場合も多々ありますので、
その場合はご期待に添えないかもしれません。

例を挙げますと、以下のような希望の場合は、
学問としての現在の「心理学」では対応しておりません。

 ○恋人がどんな心理状態なのか読み取りたい
 ○会話相手がつく嘘を見抜きたいのですが
 ○私が昨日見た夢がどんな意味をもつか分析をしたい
 ○暗く引っ込み思案な私が明るく前向きに生きていく方法は?
 ○息子が引きこもりなのですがどうしたらよいか
 ○K合H雄先生の著作を読みたいのですが
 ○最近、幻覚をみます
 ○スピリチュアル関係

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022741392/

おはようございます。


> 心理学に興味があり本を読んでみようと思っています。
> 初心者向けの入門編(?)のようなお薦めの本があれば、
> 是非教えてください。よろしくお願いします。

「心理学入門」といっても、心理学そのものがかなり広いので、
mi_yukiさんのご興味をきかずに本を推薦するのは難しいです。
いきなり大学の教科書などをオススメしてもねえ……。

心理学、つまりは人間に興味があるということなら、
人間のどのような部分に興味があるのかを教えていただけると
推薦する本も変...続きを読む

Q心理学のゴールデンスタンダート教科書を教えて下さい

はじめまして.門外漢ですが,心理学に興味を持って
います.自力で勉強したいと思っています,心理学を
学ぶ者のゴールデンスタンダート教科書のような書籍を
教えていただけないでしょうか.

心理に興味を持った背景は複数あります.以下のような
きっかけで学びたいと思ったのですけど,こういう
目的に合致する書籍をご存知でしたら教えて下さい.
よろしくお願いします.

1 自分の職種は『営業』です.ひとに好感をもって
 もらうにはどうしたらよいか?
2 最近子どもが産まれました.この子を健全で努力家
 で友人の多い子どもになってもらうには?
3 近年わけのわからない動機で殺人とか強盗とかする
 人がいます.なぜそうなったのか?

Aベストアンサー

入門的な教科書については、私も次の質問で答えさせていただきました。心理学についても書いているので、ご覧になるとよいと思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1865945

そこでも挙げましたが、学術関係の書籍が充実している大型書店なら、たいてい店内に在庫がある本です。
ベンソン NC (著), 清水佳苗 & 大前泰彦 (訳) (2001). マンガ心理学入門: 現代心理学の全体像が見える. ブルーバックス B-1323. 東京: 講談社.
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062573237
久能 徹 & 松本 桂樹 (監) (2000). 心理学入門. 図解雑学. 東京: ナツメ社.
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4816329277
鹿取廣人 & 杉本敏夫 (編) (2004). 心理学. 第2版. 東京: 東京大学出版会.
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4130120417
無藤隆, 森敏昭, 遠藤由美, & 玉瀬耕治 (2004). 心理学. New liberal arts selection. 東京: 有斐閣.
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4641053693
さらに、岩波科学ライブラリーの心理学関連の本、認知科学選書の各巻も、各分野の入門書ないし一般教養レベルの書籍として適当だと思います。

質問1:
>心理学を学ぶ者のゴールデンスタンダート教科書のような書籍を
>教えていただけないでしょうか.
質問2:
>こういう目的に合致する書籍をご存知でしたら教えて下さい.
質問1に対する答えと、質問2に対する答えは、なかなか一致しないと思います。というのも、スタンダードの教科書では、学習・記憶、感覚・知覚、動機づけ・情動、思考・言語、知能・性格などの個人差、社会的行動、発達といった項目の基礎的な部分を中心に広く浅く記述するので、応用面はかなりあっさりしていると思います(もちろん大学の課程でいえば一般教養科目向けの入門書なので、基礎的な部分もわかりやすく簡単になっていますが)。それでも、質問1の本が部分的に質問2の回答になっているところもあります。

>1 自分の職種は『営業』です.ひとに好感をもって
> もらうにはどうしたらよいか?
上の入門書のなかには、社会的行動に関連する章のなかで、態度形成や説得について触れているものもあります。ただ、教科書なので、態度形成についての当たり前のことしか書いていないと思うので、読んだからといって営業のスキルアップにはつながらないと思います。検索してみたら、こんな本が引っかかりました。北大路書房は、心理学関連で有名な出版社です。
深田博己 (2002). 説得心理学ハンドブック: 説得コミュニケーション研究の最前線. 京都: 北大路書房.
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4762822663/

>2 最近子どもが産まれました.この子を健全で努力家
> で友人の多い子どもになってもらうには?
おめでとうございます。これについては、発達の章が相当しますが、これも育児にはそんなに役立ちません。やはり入門書なので、だいたい何歳ごろにどんな構造の問題を解決できるようになるとか、いつに人見知りや反抗期になるとか、そんな基本的なことが書かれているので、どう育てるとよいかについては答えてくれないと思います。この分野では、ちょっと古いのですが、バターワースの本がよいと思いました。
バターワース G (1997). 発達心理学の基本を学ぶ: 人間発達の生物学的・文化的基盤. 京都: ミネルヴァ書房.
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4623027341/

>3 近年わけのわからない動機で殺人とか強盗とかする
> 人がいます.なぜそうなったのか?
さすがにかなり応用的なので、これに関連する内容を載せている入門書はないと思います。ちゃんとした犯罪心理学者が専門家として一般向けに書いている本については、不勉強のせいで存じません。

鹿取廣人 & 杉本敏夫 (編) (2004)や無藤隆, 森敏昭, 遠藤由美, & 玉瀬耕治 (2004)といった日本人の手になる入門書は、参考図書を日本語中心に編集しているので、ぱらぱらと通して読んで、気になるところの参考文献に手を伸ばしてもよいと思います。

そうではなくて実際に直結しそうな本であれば、No. 1のyume358様のご回答のように周辺領域で活躍されている方の本を手にとってみてはどうでしょうか。

入門的な教科書については、私も次の質問で答えさせていただきました。心理学についても書いているので、ご覧になるとよいと思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1865945

そこでも挙げましたが、学術関係の書籍が充実している大型書店なら、たいてい店内に在庫がある本です。
ベンソン NC (著), 清水佳苗 & 大前泰彦 (訳) (2001). マンガ心理学入門: 現代心理学の全体像が見える. ブルーバックス B-1323. 東京: 講談社.
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062573237
久能 徹 & 松本 桂...続きを読む

Q心理学を学ぶ人の動機

心理学や精神医学を学ぶ人は、どんな動機で始めるんでしょうか?人の心に興味があるとか、精神的に壁にぶつかったりしたことがある人が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

どもども.
大学で心理学を学んでいたものです.
まず私の動機からお話しします.

自分が心理学を学ぼうと思った動機を思い返してみました.確か研究室の説明会で,心理学研究室で何がしたいのか?と聞かれ「ヒトの脳の中では何がおきているのか知りたい」と答えた記憶があります.かなり広い意味での心理学がイメージにあったのだと思います.

心理学を学ぼうと思った理由は,ヒトの「心」に興味があったから,ということではありません(※「心」の定義は大変難しいですね.ここでは性格や人格など,いわゆる一般の方が「心理」と読んでいるだろうものに対して「心」という表記をします).
また精神的な壁にぶつかったから,要するに自分が困っていた(悩んでいた)からということも理由ではありません.単純な疑問として「みんな脳みそって持ってるけど,コイツは何しているの?」ということがあって,それを知りたいなぁと漠然と思っていたわけです.

私の興味は基礎心理学(知覚心理学)で研究されていることを知ったので,大学時代はその分野を専攻してました.今はヒトの情報処理メカニズムの仕組みとその処理から何を知覚しているのか?どうやって知覚(意識)につながっているのか?にということに興味があります.

ここからやっと質問にお答えします.
>人の心に興味があるとか、精神的に壁にぶつかったりしたことがある人が多いのでしょうか?

実際にそういうヒトにお会いしたことはないのですが,そういうヒトが「大学院」を志望することが多くなってきた,という話は伺ったことがあります.もともとどのくらいいたのか?どのくらい多くなったのか?ということはわかりません.まあ#1の方も書かれていますが人それぞれだと思いますよ.

最後にちょっと気になったので.
>心理学や精神医学を学ぶ人
とひとくくりにされていますが,心理学と精神医学は別モノです.ある一部に精神医学と関わりがある分野がありますが,あくまでそれは心理学の一分野であり心理学の全てが関わりをもつわけではありません.精神医学はあくまで「医学」です.

どもども.
大学で心理学を学んでいたものです.
まず私の動機からお話しします.

自分が心理学を学ぼうと思った動機を思い返してみました.確か研究室の説明会で,心理学研究室で何がしたいのか?と聞かれ「ヒトの脳の中では何がおきているのか知りたい」と答えた記憶があります.かなり広い意味での心理学がイメージにあったのだと思います.

心理学を学ぼうと思った理由は,ヒトの「心」に興味があったから,ということではありません(※「心」の定義は大変難しいですね.ここでは性格や人格など,いわ...続きを読む

Q心理学部でやること・・・。

現在高1です。

人の心を考えることやケアすることに興味があり、心理学部を考えています。

ですが、「心理学部は、みんなが思っているようなのとはぜんぜん違って、つまらない。」と聞きました。

心理学部はどのようなことをするのか聞きたいです。

あと、「心理学部」のない大学も多いみたいなので、「心理学部」にいかなくても、ひとの心について学ぶことことができそうな進路も聞きたいです。

Aベストアンサー

心理の勉強でやれるとイメージすることと、
実際に勉強する内容に大きなギャップがあるから
「つまらない」のではないでしょうか?

心理学を勉強すると「人の心が読めるようになる」
と思っていたら、たぶんがっかりしますよ。
人の心を読めるようにはなりません。

本屋に売っている「ずばり貴方の本音が分かる本」、
この手の心理テストを使えば、自分(あるいは他人)を分析できる、
この考えも間違ってます。

心理テストによる分析は、心理学の勉強の中のごく一部に過ぎないです。
心理学の勉強って広いですよ。

自分は、教養学部人間関係学科というところで、少しだけ心理学をかじりました。
研究内容は、どちらかといえば教育学系だったので、心理については少し間違ったことをいうかもしれません。

もう、10年以上前の話になるのであまり覚えていませんが、
大学の講義にもいろいろな種類がありました。
心理に関する授業を思い出してみると、
教育心理学とか
臨床心理学とか
社会心理学とか
青年心理学とか
発達心理学とか
精神医学とか
心理学実験法とか
統計学とか
現象学的人間関係学とか…。

学んだ内容は…
☆精神疾患と、その症状、及び薬の名前
☆事態に対する自分の認識の正しさが物理的手段で確認できない場合、
人はどのようにそれを確認しようとするか?(シェリフの実験)。
☆スタンフォード大学囚人実験(映画「es」の元になった実話)
☆性格判断(バウムテスト、文章完成法、ロールシャッハ、YG検査…)
☆心理テストでは「控えめな人」って出たけど、自分はそうは思わない。「でしゃばりな」人格は「間違っている」の?
☆青年期における自己とは?
☆性倒錯について
☆ユング心理学における夢分析とフロイトによる夢分析
☆イソップ物語「すっぱいぶどう」(認知的不協和理論)
☆錯視
☆嘘の効用
☆シンデレラは王子との結婚後、本当に幸せになれるか?
などなど…。まだ他にもあったと思いますが、思い出せるのはこれくらいです。

どうでしょう?
意外に範囲が広くないですか?

「心理テストで人の心がわかる」と思って入学すると、まずこのあたりでギャップを感じるようです。
心理テスト以外に興味がない場合、「つまらない」という表現になるかもしれません。

心理の勉強でやれるとイメージすることと、
実際に勉強する内容に大きなギャップがあるから
「つまらない」のではないでしょうか?

心理学を勉強すると「人の心が読めるようになる」
と思っていたら、たぶんがっかりしますよ。
人の心を読めるようにはなりません。

本屋に売っている「ずばり貴方の本音が分かる本」、
この手の心理テストを使えば、自分(あるいは他人)を分析できる、
この考えも間違ってます。

心理テストによる分析は、心理学の勉強の中のごく一部に過ぎないです。
心理学の勉...続きを読む

Q東京で心理学を学ぶのに良い大学を教えて下さい。ただし、東大や早慶・上智

東京で心理学を学ぶのに良い大学を教えて下さい。ただし、東大や早慶・上智といったところは、難易度が高すぎて入学できません。いわゆるMARCHクラス以下の大学で、お奨めの大学をお願い致します。

Aベストアンサー

東京の私立大学で心理学教室の歴史が古く,
研究者や心理職公務員など
心理学界に多くの人材を送り出してきたのは,
日本,立教,慶應義塾,早稲田といった大学です。
法政の心理学教室は日大に次いで古いのですが,
残念な歴史をたどり,近年,再出発を図っています。

■法政大学心理学科
 http://okwave.jp/qa/q3905011.html

上智,学習院,青山学院,明治学院,
中央,専修,駒澤,文教,明星,立正,帝京...
といった大学も心理学教育に実績がありますが,
学界における勢力という点では
歴史の古い先の大学群に敵いません。

心理学専攻生の過半数は
法学部生や経済学部生などと同じ文系枠で一般企業に就職するわけで,
就職状況が偏差値を反映した大学評価に左右されることは否めません。
しかし,こと心理学の専門職となると,
学界における勢力というものも無視できません。
人材の厚さ,人脈の広さが武器になるというところでしょうか。

東京大学以外の国公立大学としては,
東京学芸大学,首都大学東京があります。
一橋は社会心理学限定です。
横浜国立,千葉など,東京周辺の地方?国立大も
選択肢に入れていいでしょう。

女性ならこのほかに
お茶の水,日本女子,東京女子,聖心,白百合など,
女子大学という選択肢があるのですが。

なお,先にリンクを張った質問は
高2に上がる前の春休みに親御さんから出されたものだったため,
受験校を絞り込むにはまだ早いというような回答をしています。
一方,高3のこの時期にこの質問というのは若干出遅れ感があります。
早いところ情報を収集して受験校の絞り込みに入りましょう。

東京の私立大学で心理学教室の歴史が古く,
研究者や心理職公務員など
心理学界に多くの人材を送り出してきたのは,
日本,立教,慶應義塾,早稲田といった大学です。
法政の心理学教室は日大に次いで古いのですが,
残念な歴史をたどり,近年,再出発を図っています。

■法政大学心理学科
 http://okwave.jp/qa/q3905011.html

上智,学習院,青山学院,明治学院,
中央,専修,駒澤,文教,明星,立正,帝京...
といった大学も心理学教育に実績がありますが,
学界における勢力という点では
歴史の古い先の...続きを読む

Q東京の私立大学で心理学部があるところの評判など教えていただけませんか。

東京の私立大学で心理学部があるところの評判など教えていただけませんか。

私は現在受験生なのですが、東京の私立大学の心理系に行きたいと考えています。
パンフレットを取り寄せたりしていますが、やはりいいところしか書いて無いので実際のところどこがいいのかわかりません。
やっぱり文学部心理学科よりも心理学部の方がいいのかな、とは思いますが…。

それから、諸事情でなるべく推薦で行きたいのですが、やっぱり東京の私立大となると厳しいでしょうか。
そのあたりも教えていただけると幸いです。

ちなみに私の偏差値は今は50ちょいです。

どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

なるほど、ならば大学院のある大学、と縛らずに選べますね。今後大学で勉強しながらでも院のことを考えるのは遅くないと思うのであせらず考えてみてください。

そうですね、レベルに関してですが…他の学部よりちょっとレベルが高いと思ったほうがいいかもしれません。これは私が受験生の時によく言われたことです。心理学科ってあまり多くないそうで、競争率が高かったりするようです。
なのでむしろ、心理学にこだわるならばもう1ランク下の大学を保険として志望校を加えたほうが安全なくらいです。受験校は偏差値が似たり寄ったりな大学ばかりを受けるのではなく、幅広く取った方が良いでしょう。その方が安全で確実です。
質問者様は明学と帝京以外にどのくらい受験なさるご予定でしょうか?


明治学院大学は心理学を学ぶ環境がなかなか充実している様ですね。私もかつて受験しました。
明学はご存知の通り、英語は英作文などもあって難しいです。でも、一番行きたいところを第一志望として勉強するのが一番やる気が出ます。なので現時点であきらめずに頑張ってください。
あと、過去問は5年分くらいは挑戦してみると良いと思います。出題傾向は各大学で癖がありますから対策が取りやすくなりますし、問題の量も劇的に変わることは少ないので時間配分にも慣れるという点でもお勧めです。

また、併願可能なら帝京も受けた方が良いと思います。というのは当たり前のことですが「とりあえずどこかの大学には行ける」という安心感があった方が良いからです。入試期間や直前期は誰もが不安でとてもストレスが溜まる時期ですから、1つでも不安の種を摘んでいける可能性があるなら是非挑戦してください。

なるほど、ならば大学院のある大学、と縛らずに選べますね。今後大学で勉強しながらでも院のことを考えるのは遅くないと思うのであせらず考えてみてください。

そうですね、レベルに関してですが…他の学部よりちょっとレベルが高いと思ったほうがいいかもしれません。これは私が受験生の時によく言われたことです。心理学科ってあまり多くないそうで、競争率が高かったりするようです。
なのでむしろ、心理学にこだわるならばもう1ランク下の大学を保険として志望校を加えたほうが安全なくらいです。受験校は偏差...続きを読む

Q心理学に強い大学は?

現在受験生です。
大学で特に学びたいと思う学問がなかったのですが、私自身心身症を患った事もあって、心理学に興味が出てきました。そしてぜひ心理学を学べる・心理学に強い大学で学びたいと切望し始めました。
そこで、心理学に強い大学を教えていただけないでしょうか。
又、心理学には臨床心理学と実験心理学という2種類があり、慶応の心理や早稲田の一文の心理は実験心理学、早稲田の人間科学の心理は臨床心理学だという事を耳にしました。それぞれどう違うのでしょうか?
ちなみに私は臨床心理士などの資格には興味が無く、就職先は旅行業を志望しています。こういう私はどちらの心理学に行くべきでしょうか。

Aベストアンサー

まず最初に申し上げますが,
「心理学には臨床心理学と実験心理学という2種類がある」なんてのは「俗説」です。
これは臨床医学を学ぶうえで解剖学や生理学の知識が必須であるのと同様に,
まともな臨床心理学を学ぶうえで実験心理学の知識は必須です。

たとえば早稲田の人間科学部は
このような実験心理学を基礎とする臨床研究に強いということであって,
ユングやらフロイトやらを想像して入学すると痛い目に遭います。
また早稲田の一文や教育,慶應の文は大学院こそ臨床心理士指定校になっていませんが,
公務員として臨床分野で活躍している卒業生はたくさんいます。
学部レベルで基礎的な心理学をきちんと学んでいれば大学院や実務の中で臨床について学ぶことは可能だということです。

教養科目で学ぶ心理学と専攻として学ぶ心理学はまったくレベルが異なります。
また先に名前の挙がっている山王教育研究所は学問として心理学を学ぶ場所ではありません(もと電話番が断言!)。
ついでに心理学を学んだからといって人の心が読めたり心身症が治ったりする心配はありませんし,
旅行業に直接役立つ懸念もありません。
仕事で調査やデータ解析をする際に心理学研究法の知識が役立ってしまうことはあるかもしれませんが。

とまあ,皮肉めかして書きましたが,
心理学を学ぶことが実利に結びつくと期待するなと言いたいだけです。
人の営みあるところに心理学の研究テーマは転がっており,旅行も例外ではありません。
社会心理学や産業心理学の中に旅行や観光と関連する研究はあります。たとえば,

 佐々木土師二(著)
 『旅行者行動の心理学』  関西大学出版部
 
 宮原英種,宮原和子(著)
 『観光心理学を愉しむ―観光行動のしくみを解明する ツーリズム・サイコロジー』  ナカニシヤ出版

記憶研究の発展形としての「個人の人生の記録」の研究なんていうのも関係がありそうですね。
 http://mediasv.media.osaka-cu.ac.jp/~harumi/research/index.shtml

最後に御質問への答え。
研究者や臨床家として心理学界に輩出してきた人材の厚みを「強い」と考えるなら,
東大,京大をはじめとする旧帝国大学,筑波大,広島大といった旧高等師範,
そして早稲田,慶應義塾,立教,日本,上智,関西学院,同志社といった歴史ある私大ということになるでしょう。
これらの大学は一般の就職に関しても悪くはなく,
気が変わって心理学を極めたくなった場合でも選択の幅は広くなります。
また心理学部を擁する中京,立正,明治学院といった大学は
スタッフが多く学びの選択肢が多いという点で「強い」と言っていいかもしれません。

まず最初に申し上げますが,
「心理学には臨床心理学と実験心理学という2種類がある」なんてのは「俗説」です。
これは臨床医学を学ぶうえで解剖学や生理学の知識が必須であるのと同様に,
まともな臨床心理学を学ぶうえで実験心理学の知識は必須です。

たとえば早稲田の人間科学部は
このような実験心理学を基礎とする臨床研究に強いということであって,
ユングやらフロイトやらを想像して入学すると痛い目に遭います。
また早稲田の一文や教育,慶應の文は大学院こそ臨床心理士指定校になっていませ...続きを読む

Q心理士に関係ある職業・心理学を最大限に活かせる職業

 私は心理士になりたいと思っている高校一年生なのですが、
 心理士は非常勤が多く給料も安いと聞きました。

 将来の為にもっと安定した職に就こうと思ったのですが、
 どうしても夢を捨てることができません。

 会社や国・地方公共団体に就職できるような心理職はないんでしょうか?
 また、仕事をする上で心理学を必要とする職業や
 心理士と関係の深い職業を教えてください。

 

Aベストアンサー

法務省管轄の施設(少年鑑別所,少年院,刑務所)だとか,
警察庁の科学警察研究所だとか,
厚生労働省の旧労働省部門などで仕事をしている心理職の国家公務員がいます。
また地域の児童相談所,教育委員会,精神保健センター,都道府県警察などで働く
心理職の地方公務員もいます。
これら公務員の採用数は少なく激烈な採用試験に突破せねばなりませんが,
臨床心理士等の資格は必要ではありません。

また狭い意味での心理職以外に
家庭裁判所調査官,法務教官,保護監察官,障害児施設職員,養護学校教員など,
心理学の知識を必要とされる公務員はほかにもありますし,
民間でも心理学の知識を活かせる仕事は結構あるものです。

心理学を専攻した学生がみな心理士やカウンセラーになるわけでありません。
高校一年生では無理からぬこととは思いますが,
心理学というものの一面しか知らないまま進路を限定しすぎているように感じます。
過去のQ&Aの中から心理学という学問の多様な顔と
心理学専攻生の進路を知るのに役立ちそうなものを挙げておきます。
これらの回答からさらにリンクをたどると相当の情報量になると思います。
参考になさってください。

企業における心理学専攻学生の配置職場について
http://okwave.jp/qa2785566.html

心理学を生かす就職
http://okwave.jp/qa2419887.html

心理学の仕事
http://okwave.jp/qa1055980.html

法務省管轄の施設(少年鑑別所,少年院,刑務所)だとか,
警察庁の科学警察研究所だとか,
厚生労働省の旧労働省部門などで仕事をしている心理職の国家公務員がいます。
また地域の児童相談所,教育委員会,精神保健センター,都道府県警察などで働く
心理職の地方公務員もいます。
これら公務員の採用数は少なく激烈な採用試験に突破せねばなりませんが,
臨床心理士等の資格は必要ではありません。

また狭い意味での心理職以外に
家庭裁判所調査官,法務教官,保護監察官,障害児施設職員,養護学校...続きを読む

Q大学の教科書

心理学の大学で使う教科書が欲しいのですが、どうしたら手に入るでしょうか?(大学に入学せずに)独学希望なのですが・・・

Aベストアンサー

街なかのある程度大きな書店なら普通に売ってますよ。
もちろん Amazon などの通販でも手に入りますし。
下記のページには近年売れ行きの良い心理学テキストがリストアップされいます。
ここには狭い意味での教科書以外に,辞典類や,ゼミなどで購読されているであろう専門書も含まれています。

■紀伊國屋書店/このテキストがすごい!―心理学テキスト売上ベスト50―
 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/bookfair/prpstext50.html

学問として心理学を学んでみようという方に
この中から個人的にお奨めするなら,以下の3点セットでしょうか。
11位 ■心理学
    無藤隆/有斐閣 2004/03
    ISBN : 9784641053694   

16位 ■心理学研究法/心を見つめる科学のまなざし
    高野陽太郎/有斐閣 2004/02
    ISBN : 9784641122147

20位 ■新・心理学の基礎知識
    中島義明/有斐閣 2005/01
    ISBN : 9784641183117

11位の『心理学』が分厚くて取っ付きにくいというなら,
3位の『心理学〔第3版〕』や
15位の『はじめて出会う心理学』から入るのも悪くないと思います。
実用的知識として心理学を学びたいというのなら,まったく違った選択になりますが。

もうひとつ。
心理学の独学のお伴としてお奨めしたいのは,放送大学の視聴です。
放送大学では入門編から応用編まで心理学関連の講義が数多く開講されており,
CS放送やCATVなどを通して無料で視聴することができます。
比較的平易な準拠テキストも用意されており,これも大手書店や通販で手に入ります。
心理学の研究内容は文字と写真の情報だけでは伝えにくい部分がありますし,
独善的理解に陥るのを避けるためにも視聴する価値はあると思います。

■放送大学
 http://www.u-air.ac.jp/index.html

街なかのある程度大きな書店なら普通に売ってますよ。
もちろん Amazon などの通販でも手に入りますし。
下記のページには近年売れ行きの良い心理学テキストがリストアップされいます。
ここには狭い意味での教科書以外に,辞典類や,ゼミなどで購読されているであろう専門書も含まれています。

■紀伊國屋書店/このテキストがすごい!―心理学テキスト売上ベスト50―
 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/bookfair/prpstext50.html

学問として心理学を学んでみようという方に
この中から個人的にお奨めす...続きを読む

Q心理学における構成主義と機能主義について

文章の乱れなどありましたら申し訳ありません。

今回は心理学における構成主義と機能主義について
教えていただきたく投稿しました。

ネットでも調べたんですが、難しくいまいち理解ができませんでした。

よければ、簡単に理解できるように教えていただけませんか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、構成主義は、「万物を要素の集合から構成されるもの」として捉える考え方です。心理学史では特に19世紀後半から20世紀初頭に主流をなしたヴントやティチェナーらの考え方をさします。これは、ヴントの思想を受け継ぎ、発展させたティチェナーが自らの立場を構成主義とよんだことに由来します。

ヴントは心理学を意識を対象とする学問として位置づけ、内観という、自分の意識を自分で観察する方法によって、意識の「構成要素」を見つけ、それらの要素間の結合法則を見出すことを課題と考えたのです。さらにその上で、意識はこれらの心的要素の結合によって構成されるものと考えました。

つまり、当時、発展が見られた化学を一つのモデルとして、元素を発見し、その元素の結びつきで意識を説明しようというものです。

これに対して、心(意識)は、生物学的欲求を充足するために現れた有機体の、環境に対する適応の手段の一つの形態であると考え、そのような心的活動の目的ないし意識の効用を明らかにすることが心理学の第一課題であると主張する立場が、機能主義です。機能主義は、英語でいえば、functionalismですが、function、つまり働きとしての心を捉えようという考え方といってよいかも知れません。

機能主義は、こういう考え方ですから、要素を発見し、その結びつきで心(意識)を説明しようとする構成主義とは、対立したわけです。機能主義は、進化論と強く結びついたプラグマティズムの哲学が背景にあり,19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカを中心に発達したものです。

構成主義の方は、1930年代に入ると、この考え方は対象の意味や機能、主体の能動的側面をあまり考慮しない、一つの要素還元主義として、構成主義が研究手法として用いていた内観報告とともに、機能主義、行動主義、ゲシュタルト心理学等から批判され衰退していってしまったのです。

以上、まだややこしいかも知れませんが、参考までに。

まず、構成主義は、「万物を要素の集合から構成されるもの」として捉える考え方です。心理学史では特に19世紀後半から20世紀初頭に主流をなしたヴントやティチェナーらの考え方をさします。これは、ヴントの思想を受け継ぎ、発展させたティチェナーが自らの立場を構成主義とよんだことに由来します。

ヴントは心理学を意識を対象とする学問として位置づけ、内観という、自分の意識を自分で観察する方法によって、意識の「構成要素」を見つけ、それらの要素間の結合法則を見出すことを課題と考えたのです。さらに...続きを読む


人気Q&Aランキング