今日の宿題をまだやっていません。ベクトルを波形に直すにはどうすればいいのですか?また、周波数や角度しか与えられていないときや、図にした時の、縦軸横軸の値は何ですか?教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

公式があるはずですよ。


教科書や、問題集の最初の方(まとめのページのようなところ)に書いてないでしょうか?また、似たような問題が例題として問題集に載っていると思いますが。
    • good
    • 0

これは、数学の三角関数そのものだと思ってください。


数学の教科書の三角関数を開けば、最初のページだと思いますが、直角三角形があります。
その直角三角形の斜線をベクトルだとします。
このベクトルを平面上で回転させます。このベクトルの回転角の1回転360度が1サイクルになります。横軸の時間軸ですね。単位は、周波数の時は時間ですね。
ベクトル(回転する斜線)の縦軸への投影が振幅です。縦軸は振幅です。

折角の宿題ですから、この際数学の三角関数も一緒に復習しては如何でしょうか。
    • good
    • 0

横軸は経過時間(または角度:360度でリセットしない通算角度)、縦軸は反時計方向に回転するベクトルを真横から見たときの高さです。


周波数と初期角度があれば h=H*sin(2πft+θ)で波形のグラフが書けます。
初期角度が与えられていないときは、初期角度=0と仮定します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qγ線スペクトルで、縦軸にカウント、横軸にチャンネルをとりました。

γ線スペクトルで、縦軸にカウント、横軸にチャンネルをとりました。
この際のチャンネルというのはいったい何なのでしょうか?
授業で
横軸の1メモリが2000/511で、
光電ピークのメモリ数×2000/511=γ線のエネルギー
だと習ったのですが・・・

なんのことなのかまったく分かりません・・・。

放射線を初めて学ぶまったくの初心者です。
何方か分かりやすく解説していただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

簡単に言うと、チャンネル数は光子1個がシンチレータに入射したとき、どれだけエネルギーが吸収されたかを表します(光電ピークのメモリ数×2000/511=γ線のエネルギーからもわかる通り)。

光電子増倍管、プリアンプ、メインアンプを通してそれを電圧信号に変換し、コンピュータでカウントするためにADコンバータでデジタル化します。

このデジタル化された量が、チャンネル数に相当します。

チャンネル数は、電圧信号を変換したものなので、2000/511という比例定数は、光電子増倍管にかける電圧によって変わることになります。

Q過渡現象について RLC直列回路で、コンデンサについてのグラフを横軸時間、縦軸電圧で描きたいのですが

過渡現象について

RLC直列回路で、コンデンサについてのグラフを横軸時間、縦軸電圧で描きたいのですが、どのような式で求めれば良いか教えてください

Aベストアンサー

先ずは、電流の過渡応答の式を求めてください。
時間ごとの電流を加算していけば、コンデンサーの充電電荷量Qが求まります。
但し、t=0の初期値を加算してください。
これから、コンデンサーの電圧が求まります。
Q=CV ∴V=Q/C

Q音声編集ソフトの波形画面の縦軸について

手元に「SoundEngineFree」という音声編集ソフト(フリーソフト)があります。画面は波形が示されていますが,この縦軸についてご質問いたします。縦軸は中心の「Inf」から上に-18dB,-12dB,-8.5dB,-6dB,…とあります。同様に,「Inf」から下へ-18dB,
-12dB,-8.5dB,-6dB,…となっています。縦軸はデジベルですから音の強さを表しており,「Inf」を基準とした相対的な数値であると考えます。しかし,「Inf」から上と下の両方の数値が同じというのはどのようなことなのでしょうか。自分が持っているフリーソフトのFFTアナライザーの波形画面では,中心を「0」として上へ10,20,30,40,…であり,「0」より下へ-10,-20,-30,-40,…です。これはよく分かります。しかし,
「SoundEngineFree」の縦軸の数値はどのように読んだらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

・dBの表記は、比率を対数で表した物ですので、プラスやマイナスといった符号は表現できません。そのため、絶対値の対数値を表記してますから、上側にも下側にも同じ対数値表記が並びます。
同じ表記ですが、上側はプラス、下側はマイナスと読み取ってください。

・dBの基準は数値0(Inf)ではありません。dBは「何倍か」という倍率を対数をとって表したものですから、0は基準にはできないのです。
 そうではなく、振幅の数値のとれる最大値を基準にしています。そのため、上下の端が0dBになります。

・その間の値は、「最大値」よりも小さいので、dB値で見るとマイナスになります。たとえば、最大値の半分の値は、対数を取ると、20log(0.5)=-6dBになります。0は対数ではそのままでは表現できないというか、-∞dBになります。

Qオシロの波形から発振周波数を求めるには?

今回、LC発振回路の実験を行いました。
そのときの出力波形をオシロスコープで観察したのですが、そのオシロスコープの波形から発振周波数を求めるにはどのようにしたらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

まずは目盛りのレンジを確認します。
一目が何ミリSec.になっているかです。
それから波形の一周期の時間を読みます。
周波数は1/周期ですから1秒を周期で割ります。
20ミリSec.(0.02Sec.)なら50Hzですね。
波形は読みやすいところでもいいと思います。
Peak-to-Peakだと見づらい場合もあるので中心線から立ち上がるところと次に立ち上がるところの間隔を読んでもいいと思います。

QFET、周波数を高くすると波形の振幅が縮む

MOSFETのハーフブリッジ回路を組んで波形を見てみたのですが、周波数が20kHz周辺などの低めの周波数のときはちゃんと方形波が確認できたんですが、周波数を高くすると周波数の高さに比例して方形波が縮んでいってしまいます。
以前IGBTを使ってやってみたときもこのような状態になってしまったんですが、これはいったい何が原因なのでしょうか?
なるFETとならないFETがあるのでFETの特性に問題があるのかと思うんですが、仮にそうだとしても何の特性が問題なのかもわからずほとほと困ってます。
どなたか原因を教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

MOSFETのハーフブリッジ回路で、周波数を高くすると周波数の高さに比例して方形波が縮んでいってしまう原因には、出力側のトランスの周波数特性と、ドライブ回路のドライブ特性・設計回路の良し悪しで左右されます。

出力側の問題としては、使用しているトランスの材質による周波数特性で、波形が頭打ち現象を生じるのと、出力容量(Coss)の影響が関係します。

ドライブ回路の問題としては、駆動回路インピーダンスと入力容量(Ciss)の影響が関係します。
これらの容量にはバラ付きがあり、50pFから100pFあり、この入・出力容量(Ciss)・(Coss)の影響を受けないように、回路インピーダンスを可能な限り低くしてやる必要があります。
MOSFETの直流の入力インピーダンスは充分に高いですが、周波数が高くなると方形波の立ち上がり・立下りの特性の部分においては、入・出力容量(Ciss)・(Coss)の影響で切り替えが遅くなってしまうのです。

>なるFETとならないFETがあるのでFETの特性に問題があるのかと思うんですが、仮にそうだとしても何の特性が問題なのかもわからずほとほと困ってます。
この現象は、ドライブ回路のドライブ特性・設計回路の良し悪しで差異が発生します。
多分ドライブ回路のインピーダンスが高く、入力容量(Ciss)の影響でバラ付きが生じて発生していると判断します。

MOSFETのスイッチング時間は、5nS~20nS程度ですので数MHz程度までは追従します。
周波数が20kHz程度で波形が頭打ち現象を生じるのは、周囲回路に問題があり特に駆動回路インピーダンスと駆動方法に問題があります。

*MOSFETのハーフブリッジ回路であれば、設計回路の良し悪しで百kHz程度までは伸ばすことは可能です。
 

MOSFETのハーフブリッジ回路で、周波数を高くすると周波数の高さに比例して方形波が縮んでいってしまう原因には、出力側のトランスの周波数特性と、ドライブ回路のドライブ特性・設計回路の良し悪しで左右されます。

出力側の問題としては、使用しているトランスの材質による周波数特性で、波形が頭打ち現象を生じるのと、出力容量(Coss)の影響が関係します。

ドライブ回路の問題としては、駆動回路インピーダンスと入力容量(Ciss)の影響が関係します。
これらの容量にはバラ付きがあり、50pFから100pFあり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報