先日,建築関連の問題で弁護士さんに相談をしたのですが,その際に
建築関連書類のコピーを取りたいということで,多数の書類を弁護士さん
が持ち帰りました.普通ならば借用した書類のリストを作成して依頼者に
渡しておくとか,返却日を明確にするのが当然のことと思うのですが,
その弁護士さんはリストも返却日の教えてくれませんでした.
その弁護士さんを疑っている訳では無いのですが,一般的に弁護士さん
が依頼主の書類を借用する場合に,借用書類リストや返却日の明確化という
手続きは行わないものなのでしょうか?
よろしければ教えてください.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

訴訟では、書類の「原本」が必要です。

そのため持って行ったと思われます。コピーをとって原本を渡すのが普通です。原本が必要なら、その旨お話すれば、必要なときに渡してくれると思います。何でも遠慮なくお話下さい。それが最も大切ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました.
早速,弁護士さんに連絡してみます.
ありがとうございました.

お礼日時:2002/04/12 18:47

 弁護士さんにしてみれば、「借用」という意識はありません。

コピーをしたのですから、借用ではなくて問題解決のために関係料をもらった、ということになると思います。1通しかない原本を持ち帰る場合には、持ち主が確認のためにリスト作成を依頼する場合もありますが、通常は信頼関係の中でのことですので、よほどのことが無い限りご質問のようなリストを作成したり、借用書を作成したりと言うことはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます.
やはりリスト等の作成はしないのですか・・・信頼関係って難しいですね.
確かに問題解決のための資料入手ですね.解りました.
ありがとうございました.

お礼日時:2002/04/12 16:39

弁護士に相談したり、事件を依頼した時に、弁護士が資料を預かる場合、特に書類のリストを作成したり、返却日を明確にはしません。


あまり聞いたことがありません、実際にそういうことはしませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます.
あまり気にすることはないようですね.ちょっと安心しました.
ありがとうございます.

お礼日時:2002/04/12 14:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私有地の迷惑中で弁護士さんとか司法書士さんに依頼すると

こんにちは。

ここの質問でもよく私有地の迷惑駐車がありますが、
あまり有効な解決手段はないようですね。

せめてもの手段として
相場の駐車料と迷惑料を支払ってもらうくらいかと思うのですが、
これを弁護士さんとか司法書士さんに依頼すると合計いくらくらいになるのでしょうか。

この迷惑料に依頼料を含めることはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

弁護士費用の請求は、まず認められないでしょう。
現状交通事故のときくらいしか、弁護士費用は認められていないようです。

弁護士費用は、現在基準価格のようなものが存在しないので、千差万別としかいいようがないのですが、
あえて言うなら着手に10万、成功報酬に3割といったところでしょうか。
このような小さな案件を引き受けてくれる弁護士をみつけるのも難しいかもしれません。
あと交通費のかからないようにすぐ近くに事務所を抱えている弁護士じゃないと、諸経費もかさみます。


このサイトでは違法行為を平気で勧める回答も時につきますので、慎重に行動してください。

Q債務整理の依頼で司法書士と弁護士への依頼の違い

質問のとおりなのですが債務整理(自己破産や個人再生、任意整理)で司法書士さんに依頼する場合と弁護士さんに依頼する場合どのような違いがあるのでしょうか?
詳しい方いろいろメリットやデメリットについてもご解答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>司法書士と弁護士との違いは、単に依頼費用の違いだけだと思います

 というような意見もありますが、全然、違います。なぜなら、司法書士には、たとえ簡易裁判所での代理行為の出来る認定司法書士であっても、「示談交渉の権限はない」からです。簡易裁判所の事物管轄である140万円までの訴訟を代理できるとして、それを根拠に前提となる負債について債権者とする交渉も出来るという解釈をとるとしても、やはり140万までです。基本は示談交渉は非弁行為となるからです。
 その結果、債権者側が嫌がるのです。司法書士の方と示談して、後で弁護士が無効であると主張した場合、それを認めざるを得ない、とすれば、最初から司法書士相手の示談交渉に二の足を踏むことになります。真正面から、額の如何を問わず、司法書士に負債整理の示談交渉の権限があると、言い切っている方や、サイトがあるとしたら、それは政策的に範囲を広げていこうとしてあえてしている「確信犯」なのです。

 よって、結論は、費用の違いだけではありません。

Q生前祖母が弁護士さんに預けていた通帳等を返却してもらう場合の書類の書き方について

先日祖母が亡くなりました。
生前、祖母の後見人だった弁護士さんに祖母の通帳や保険証を預かってもらっていたのですが、
祖母の遺産の相続や、所有している建物の名義変更の為にそれらを弁護士さんから返却してもらいたいと思っております。
弁護士さんは、書式はどんなものでも構いません、返却して欲しい旨を書いて、相続人の署名と印鑑証明があればいいですと、
おっしゃってるそうなのですが、もしそのような書類の書き方・例文などおわかりになる方がいましたら教えて頂きたいのですが。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

          平成20年6月5日
****事務所御中
             住所
             氏名
      受領書
亡***の後見事務終了により、下記書類を受領しました

***    1通

       以上
簡単な文面にしました。一般的には事務所にあり署名のみですませる。

Q依頼料の安い弁護士団体や弁護士知りませんか

給料の未払い、パワハラ、クレジットカードの使い込みについて
150万円程度の簡易裁判を行う場合
会社から脅迫等があるため代理人として弁護士に依頼したいのですが
依頼料の安い弁護士団体や弁護士知りませんか。

Aベストアンサー

地域の役所に無料法律相談窓口が有るでしょう、 こちらの都合で日時を合わせてもらえませんが問い合わせて見てはいかがでしょうか?

又は地域の弁護士会に相談を。

費用は一般的に内容により決まっていますのでまずは公的機関でご相談をしては。

Q起訴前に依頼された弁護士は私選弁護士が必要な事件かどうか見極めて受任断ったりしないのですか??

刑事事件で弁護士依頼しましたが、弁護士は事件の内容を聞いた時点で起訴前の弁護が特に必要もなさそう(罰金で終わりそう)な案件だとか自分でわからないのですか??分かったら受任すべきではないのでは??わかっていて受任しては着手金目当てと思われるのですが。

公務執行妨害→勾留10日間→略式起訴→罰金 となりました。
どうなるのか何も分からず弁護士を頼みました。実は執行猶予中(残り数か月)でした。

勾留8日目に被害者に謝罪文を送りたい、と言ったら「今は何もしなくていいよ、やらなくていい」と言う弁護士。

9日目には、「あと10日の勾留延長決定ね、それから起訴かどうかが決まったら2か月は出られないから」という弁護士。

しかしその日の夜に刑事から家族に電話で、「明日罰金で出られそうですからお金持ってきてください」と。

刑事はこの弁護士と一度も会ったことがないそうです(それは通常そうなのですか?)

(1)受任の必要がないのに着手金目当てに引き受ける人いるんでしょうか?
(2)この弁護士のしていることは普通のことですか??謝罪はしなくていい(起訴前だから?でもこちらはとにかく謝りたいと言っているのに)、罰金刑になって釈放されて数日して電話してきて「あのさ・・・示談(謝罪)の件どうする??」ですって。釈放されたし何も自分が動いて示談交渉しなくていいか、てことですか?
(3)罰金→釈放のときに弁護士は居ないのは普通ですか?その後も釈放されたら事務員に電話しといて、ボク居ないから、と言っていただけ。
(4)契約書には刑事事件弁護;起訴前、一審、とあり、執行猶予なら報酬30万、罰金なら報酬21万などど書かれていますが、結局略式で、罰金
これは成功報酬払う必要あるんでしょうか?彼の手柄とは思えません。
刑事も弁護士を頼んでしまってからですが、「要らないのに、」と言っていました。

刑事事件で弁護士依頼しましたが、弁護士は事件の内容を聞いた時点で起訴前の弁護が特に必要もなさそう(罰金で終わりそう)な案件だとか自分でわからないのですか??分かったら受任すべきではないのでは??わかっていて受任しては着手金目当てと思われるのですが。

公務執行妨害→勾留10日間→略式起訴→罰金 となりました。
どうなるのか何も分からず弁護士を頼みました。実は執行猶予中(残り数か月)でした。

勾留8日目に被害者に謝罪文を送りたい、と言ったら「今は何もしなくていいよ、やらなくてい...続きを読む

Aベストアンサー

全てがご質問者様の早合点より事が起こってます。
当然弁護士依頼=私選弁護士 なので着手金・成功報酬は支払わないと駄目です。
今回の件は支払うためにお願いしたみたいですね。
お金持ちと言うか何というか 余りにも焦りすぎです。
起訴されてからでも遅くないのに・・・・

なので支払う物は支払いましょう。
支払い拒否すると 民事訴訟で請求されますよ。

でも その弁護士 濡れ手に泡ですね!
無茶苦茶 美味しい仕事です。その様な仕事をお願いしたのはご質問者様!
ある意味 ご愁傷様です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報