6種類の金属の高温引張試験を行うのですが,この6種類の高温引張試験の比較は主にどのようにすればよいでしょうか?
 引張強さや0.2%耐力以外の論文で発表されるような考察,比較は何でしょう?

A 回答 (1件)

> 引張強さや0.2%耐力以外の論文で発表されるような考察,比較は何でしょう?


これらは強度側のパラメータばかりですよね。
延性側のパラメータも報告すべきでしょう。均一伸び、破断伸び。
前者はチャートから読みとるしかないですが、後者は破断後の試験片を
つきあわせて長さを測るのが吉。

延性をもう少しマニアックに示すのでしたらSEMでみて絞りをはかる。
なら、ついでに破面もよく見て破断形状を云々する。
で破面にディンプルが生じているようなら、たぶん底の方に析出物か
介在物が確認できて、試験前試料の電子顕微鏡組織と対比する・・・。
というのをやるのはさすがにかなりマニアック。

そこまでやらないでチャートをシャブリ尽くすのなら加工硬化指数出す、
用途によっては真応力-真ひずみ曲線に換算して議論する。
もし、チャートがギザギザになってたりすると一応気にしてみる・・・
(試験機のせいだったりする場合も・・)
といったところかしらん。

以上「高温」という要素は入っていない引張試験一般のはなしですが。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q構造用合板を用いた耐力壁の長さ

はじめまして。
平屋の住宅をプランしていただいているものなのですが、設計図に軸組判定図となるものがありまして、
構造用合板d9.0(釘N50@150以下)を用いた壁(L=770、サイドには105×105の柱、中間に105×45の間柱がある)を耐力壁としてみているのですが、それが耐力壁とみていいのでしょうか?
回答の程お願い致します。

Aベストアンサー

枠組工法(2×4)では巾600以上の壁が耐力壁とみなされますが、
軸組工法では巾900以上を耐力壁(筋交などのある壁)とみなして計算します。
軸組工法で構造用合板を貼った場合、軸組計算で750は認められるのかは、見解が分かれているようです。
性能表示では、タレカベや腰壁なども耐力になるとしてみなされますし、実際750でも耐力を無視できないのですけどね。

参考(5ページ目)
http://www.jpma.jp/shiryo/tebiki_kouzou/10_16.pdf

参考URL:http://www.jpma.jp/shiryo/tebiki_kouzou/10_16.pdf

Q引張試験

板状の試験片(アルミニウム合金)の表・裏にひずみゲージを付け、弾性限度内で引張試験をしました。
σ(応力)-ε(ひずみ)線図は、σ=Eε (E:縦弾性係数)のため、傾きEの直線になるはずですが、
実験結果からσ(応力)-ε(ひずみ)線図を作成すると、応力が大きくなるにつれて表・裏の実験結果とも直線から外れていきます。

なぜこのような結果になるのでしょうか?お分かりになる方教えてください。よろしくお願いします。

試験機: 横型引張試験機
荷重測定装置: ロードセル
ひずみ測定装置: ひずみゲージ
固定法: 試験片をピンで留め、ユニバーサルジョイントを入れる

Aベストアンサー

No1です。
フックの法則(σ=Eε)に従っている場合、金属結合した原子間の距離が引き伸ばされているだけですので、転位は起こっていないと考えてよいと思います。転位が起こると、塑性変形しますので、フックの法則に従わなくなります。

弾性変形と塑性変形では、変形のメカニズムが違うんです。

それから、「引張試験なのに曲げひずみが生じる」というのは、どういうことでしょうか?正しい試験が行われていれば、曲げひずみはかかりません。特に、「ピン負荷&ユニバーサルジョイント」の組み合わせは、曲げひずみのかかりにくい試験方法です。

強いていうなら、塑性変形時に横方向の引張りが生じるため、くびれた領域では軸方向と周方向の引張りがかかり、多軸応力の条件になります。

Q耐力壁にコンパネと構造用合板どのような事が起こる?

障子を取り払い板張り耐力壁で耐震化を考えています。手に入りやすくローコストなコンパネでの施工を考えていました。でも構造用合板の使用をすすめられました。素人目には作りの違いがわかりません。具体的に将来どんな不都合が生じるのでしょうか?お分かりになる方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 構造用合板というのはJAS(日本農林規格)にて定められた強度や耐久性・耐候性などの品質を確保して製作された合板で、コンパネはそうした規格によらず作られたものと考えてください。
 合板で耐震壁を構成するには所定の厚みの構造用合板をN釘という建築用の太い釘で所定のピッチで柱・梁・土台の四周と中央の間柱で打ち付けなければ耐震性を発揮できません。
 コンパネで普通の釘を使って張っても効果はゼロではありませんが、期待した効果は得られませんし、経年と供に結露にやられて腐るリスクもあります。

 また、耐震補強を専門外の人が行うのもおすすめできません。
耐震壁はバランス良く配置しないと地震時に建物がねじれて却って崩壊しやすくしてしまう危険がありますし、耐震壁の端っこの柱には抜け落ち防止の金物やアンカーを設置しないと地震時に耐震壁が地震の力を受け止める前に柱がすっぽ抜けて壊れてしまう危険もあります。

Q許容耐力と破断耐力の違いってなんですか?

許容耐力と破断耐力の違いってなんですか?

Aベストアンサー

こんばんは。 一般的な意味では
賞味期限と、消費期限みたいなものです。

ここまでは美味しい、と
ここからは食べられない。

ここまでは使える、と
ここまでやると壊れる。みたいな。

Q確認申請交付後の耐力壁の倍率変更について

木造3階建ての確認申請中の者です。
交付後に筋交の耐力壁を構造用合板に変更したいと考えています。
倍率は、筋交いW:4.0→合板W:5.0、筋交いS:2.0→合板S:2.5になり、すべて安全側になります。
構造設計の方も、耐力壁のバランスとしては、このように変更しても問題ないという判断です。

この場合、軽微な変更にあたるのでしょうか?
申請の出し直しになるのでしょうか?

ご回答の程を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

筋交いを構造用合板に変更するのみで、耐力壁の配置はそのままなのですよね?

計画変更確認申請が必要という方向に進んでいるようですが、私の知る限りでは、「筋交い(壁量)の変更で、壁量が減少しない場合は変更確認を要しない」に該当するので、変更部分の報告でOKと思います。
ちなみに、これは逆読み規定で、元は「筋交い(壁量)の変更で、壁量が減少する場合、変更確認を要する」ですが。

また、計画変更確認申請が仮に必要だとした場合の手数料の算定ですが、私の知る限りでは、壁量の減少の場合でも、手数料算定上の床面積は「0平方m」ですので、それだけなら手数料は最低の30平方m以下の額となります。

それと、確認申請中(審査中)なのでしょうか?
そうであれば、すぐに申請先に連絡して、差し替えさせてもらえるようお願いするのが一番かと思います。
6月20日前なので、今なら差し替えさせて貰えると思いますよ。

Q小松川高校,都立城東高校,墨田川高校の評判比較

この間受けた模試で偏差値62でした。
小松川高校、都立城東高校、墨田川高校の特進クラスで第一志望を絞ろうと思います。

墨田川高校は、春の授業見学会へ行ったのですが、マジメな雰囲気があって授業も良かったです。ほかの高校はこれから行こうと思います。

評判や学校生活などで3校すべての情報が欲しいです。全て書いてくれた方にベストアンサーをさしあげます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小松川高校……中堅国公立大学進学に強いです。かなり面倒見が良い。3泊4日の勉強合宿あり。英語と数学は学力別授業。先取り授業をしていて3年1学期までに主要教科の範囲は全部終わりで残りは受験演習。過去10年でMARCH・早慶上智・国公立大でそれぞれ現役合格者数が一番多かったということなので、めっちゃ進学実績が伸びてます。女子の制服は評判がかなりよくて23区内で屈指と言われてます。


都立城東高校……スポーツ系の進学校。スポーツの城東という言葉で有名。ほとんどが運動部に所属。複数甲子園出場の野球部が都内屈指の強豪。なぎなた部、バスケ部、陸上部、テニス部、サッカー部なども強いです。体育会系的な校風。運動部をバリバリやって有名大に進学したいならココ。


墨田川高校……雑誌で何度か取り上げられるほど大学受験指導に熱心。下町では1番面倒見が良いらしい。ウワサでは某大手進学塾が墨田川高校を強く推しているらしいです(入学後の学力の伸びが良いから)「塾いらず」で3年も大半は予備校に通わないで大学受験に臨んでる。特進クラスがあります。英語・数学・国語が学力別少人数授業。水泳部と吹奏楽部が有名です。あと体育祭は族っていう墨田川高校独特の学校内の集まりがあって、それによる応援合戦がスゴイと評判です。

偏差値がもう一歩ほしいですね。まだ夏前なので、夏休み猛勉強すれば偏差値は+2ぐらいいけるはず。都立3番手校なら偏差値65あればまず安全です!問題集とかも下のサイトとか参考にしてください。
http://www12.atwiki.jp/toritsu/pages/90.html

小松川高校……中堅国公立大学進学に強いです。かなり面倒見が良い。3泊4日の勉強合宿あり。英語と数学は学力別授業。先取り授業をしていて3年1学期までに主要教科の範囲は全部終わりで残りは受験演習。過去10年でMARCH・早慶上智・国公立大でそれぞれ現役合格者数が一番多かったということなので、めっちゃ進学実績が伸びてます。女子の制服は評判がかなりよくて23区内で屈指と言われてます。


都立城東高校……スポーツ系の進学校。スポーツの城東という言葉で有名。ほとんどが運動部に所属。複数甲子園出場の野球...続きを読む

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Q引張試験

今、伸び計をつかって引張試験をおこなおうといしています。

その試験条件として『引張歪1%、2%、5%、10%、破断』をそれぞれ行うのですが、この%は何に対しての%なのでしょうか?

おしえてください。

Aベストアンサー

元の長さを100%(基準長)としたとき、+1%の伸び(合計で101%の長さ)になったときが、ひずみ1%の状態です。

基準長+1%の長さにしたときの応力、+2%の長さにしたときの応力、・・・、と測定し、最後は破断するまで伸ばして破断する直前の応力を測定することになります。

Q建築確認後の耐力壁の追加

耐力壁を増やしたいという相談をしたところ
すでに建築確認の許可がおりていて困難といわれました。
ちなみに木造在来工法です。 
 
 筋交いの追加、あるいは片筋かいを両筋交いにしたいと相談したが
  建築確認の許可が下りているので
  中間検査とJIOの検査からのがれて
   違法改造はできないといわれ、それには納得しています。 
 
 そこで
  たとえば、図面上は何もない壁のところに
構造用合板あるいは石膏板での耐力壁の追加もNGなものなのでしょうか?
 
 なにか、いい案よろしくお願いします。
 現在、地盤改良中です。 
 工事の着工等がおくれており、工事をとめて申請のやりなおしはできない 状態です。

Aベストアンサー

<工事の着工等がおくれており、工事をとめて申請のやりなおしはできない状態です。>
それならば、尚更、今から設計変更は無理でしょう。
筋交いが変わったり追加したり、構造用合板に替えたりすれば、足下のホールダウン金物なども変わってきます。
申請の出し直しは免れないと思います。

ただ、図面上は何も無い壁と言っても、内壁には下地として普通石こうボードが貼られています。HMに確認してください。

Qコンクリート引張強度について

学生で建築を学んでいるものです。
コンクリートの割裂引張試験で圧縮強度が16.1N/mm2に対して引張強度が7.1N/mm2になりました。一般的にはコンクリートの引張強度は圧縮強度の1/8~1/10になると参考書等には書かれています。
引張強度がこれほどずれて出てしまう原因には何があるのでしょうか?
よろしくお願いします。
今回は低強度コンクリートでの実験で、設計基準強度が15N/mm2で、水セメント比が74%と特殊なものでの実験でした。

Aベストアンサー

まず実験方法が正しかったかチェックしてみてください。
たとえば、一般的な配合コンクリートで同じ実験をして、一般的な強度関係になったのかどうかなどによりです。

その結果が正しかったら、それは配合による影響ではないかと思います。
特殊な配合をするということは、授業と言うよりも研究テーマじゃないですか?なぜなるか原因を突き止めるのが研究ですよ。

自分の感触としては、水セメント比が高いので引っ張り強度が高くなっていると言うよりも、圧縮強度が何らかの影響で低下しているのだと思います。


人気Q&Aランキング