故 田中角栄 首相は どのようにして
または、どこから政治の資金源を得ていたのでしょうか?

ご意見ありましたら、コメントください。
よろしくおねがいします。

A 回答 (2件)

>どこから政治の資金源を得ていたのでしょうか?


公共事業

>建設業界からかなりのお金を頂くのが支流のようですが、現在の政治家でこれをかなりやっている方はどなたなのでしょうか?

この質問に答える勇気がある人はいないと思います。
命を狙われます。

>自分の息子や親戚などが建設会社をもっている
代議士は実際多いのでしょうか?

割りと多いでしょうね。
    • good
    • 0

新潟で土建業を営み、政治家と二足のわらじ。

自分で公共事業を引っ張ってきては自分の(息のかかった)会社に受注させる。まあ、今の政治家も同じですね。土建業を自分でやるか他人がやるか、の違いだけで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。

参考になりました。

基本的に、自分出身の県に、公共事業を引っ張ってきた

代価として建設業界からかなりのお金を頂くのが支流のよ

うですが、現在の政治家でこれをかなりやっている方は

どなたなのでしょうか?

または、自分の息子や親戚などが建設会社をもっている

代議士は実際多いのでしょうか?

ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/13 03:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q田中角栄元首相はすごいのでしょうか?

田中角栄元首相の功績について本がたくさん出版されています。私はただの馴れ合いによる貸し借り政治のように思います。今も功績について高い評価をする評論家はたくさんいます。本当に田中角栄という人はすごいのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

5さんの意見が冷静で客観的だと思います。いい悪いは別にして、高度成長期に必要な政策を次々実行し議員立法して答弁に立ち続けた骨のアル政治家です。おかげで旧建設省は世界最大の道路予算を大蔵省に口出しされずに駆使する巨大利権を手にしました。旧建設省官僚は誰も田中氏に足を向けて寝れないほどの恩恵を与えました。
しかし、田中氏自身も言っているように、その後安定成長期に入った日本に必要な政策を実現し答弁に立ち続ける根性のある政治家が90年代に出てこなかったことが現代日本の最大の不幸でしょう。自民党を割って出た当時の小沢一郎にその片鱗が見えましたが、その真意は国民と当事の社会党に理解されず自社政権という腸捻転政権を作るきっかけになってしまいました。その後のわが国の国債乱発と政治的混迷、真紀子氏の妄言、迷走・・・それに益々進む官僚支配を見るにつけ、後継者を育てるのは難しいのだなぁとつくづく感じます。

Qなぜ多くの政治家が靖国神社を参拝したがる?

素朴な疑問です。
靖国神社は庶民はあまり行かない所と思います。
良い悪いは置いといて、議員や閣僚がこぞって靖国神社を参拝する理由は何でしょうか?
政治家だけが特に神道の信仰者の比率が高いということはないと思うのですが。

Aベストアンサー

まず、回答そのものでは無いですが、この問題を考える上での基本的な事実の認識が必要と思いますので、書きます。

伊勢神宮を始めとする、神社神道(神社を持たない神道として教派神道がある)は、日本の民族宗教、原始宗教として、伝統のあるものです。

しかし、靖国神社、全国の護国神社、忠魂碑は、全然異質のものです。
国民を戦争に駆り立てるために、国家があえて作った神社です。
また、国家(現代的意味での国家)のために死んでいった軍人を英霊として祭る、という発想は、明かにこの時代の国家による新興宗教です。
民族主義=国家主義=ナショナリズム、国粋主義、帝国主義、覇権主義、全体主義、を正当化する、ハードウエアとして、機能していたのです。

教派神道である大本教などは弾圧され、
戦争に反対した、無教会主義キリスト教の内村鑑三、創価教育学会(創価学会の前身)の牧口常三郎などが、弾圧された歴史があります。

占領地域、韓国、台湾、サイパンその他多数に神社を作りました。
また、神社の神官たちは、公務員でした。

日本の憲法(20条、89条)が信教の自由の条文だけでなく、あえて、徹底した政教分離(国家と宗教団体の分離(separation of charch and state))を規程したのは、この民主主義の敵を解体し、復活させないため、です。
過言では有りませんし、事実と言って間違いでは有りません。
ポツダム宣言に、日本に精神的自由権(表現の自由、信教の自由、学問の自由など)を保障し、民主主義的な国家を作る、というようなことが書いてありますが(戦勝国を弁護する気はさらさら有りません)、その趣旨の延長からです。

あらためて、書きますが、
つまり、従来の神社神道と靖国神社などはイコールでは括れない、ということです。

外国の(一応、何らかの伝統的な宗教の形式を整えている)戦没者墓地と、日本の靖国神社とでは、成立の背景が違います。
また、慰霊と、英霊を拝むのは、違います。

日本では、よく勘違いされていますが、仏教も拝むのは本尊であり、死人ではないのです。


上に書いたことを踏まえて
一応、回答っぽいことを

一部の政治家が、靖国神社を国営化する法案を、年中、しょっちゅう、国会に提出しています。そのたび、廃案になってますが。
そういう政治家たちが、靖国神社に参拝したがるのは当然ではないでしょうか?

日本に侵略された歴史を持つ、国々が、政治家が靖国神社を参拝することに懸念若しくは反対の感情を持つ理由は、東条英機などを英霊として祭ることもさる事ながら、日本の帝国主義に関し、反省が無い、侵略戦争に反省が無い、もしくは、単に自己の反省と言うことだけでなく、不幸な歴史について、考察が無い、と受け取っているからでしょう。

まず、回答そのものでは無いですが、この問題を考える上での基本的な事実の認識が必要と思いますので、書きます。

伊勢神宮を始めとする、神社神道(神社を持たない神道として教派神道がある)は、日本の民族宗教、原始宗教として、伝統のあるものです。

しかし、靖国神社、全国の護国神社、忠魂碑は、全然異質のものです。
国民を戦争に駆り立てるために、国家があえて作った神社です。
また、国家(現代的意味での国家)のために死んでいった軍人を英霊として祭る、という発想は、明かにこの時代の国家に...続きを読む

Q太平洋戦争で利益を上げた企業は。

太平洋戦争中に、日本の製造業の民間企業で大儲けした会社はありますか。
戦時体制の統制経済では、原材料の調達も、作業者も、燃料や電力も、輸送もすべて国家管理ですから、利益を上げようにも上げようがない、と思っているのですが、そうですか。
製造業以外では、遊郭や料理屋は儲けたような気がします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大儲けの範囲がわかりませんが、意外な業種が。

製菓・製パン業界です。あと醸造、お酒つくる会社はいつの時代も変わらずです。

チョコレート、キャラメル、乾パン、などは陸海軍共に絶えない需要があります。もちろん民間からも引く手あまたですね。乾パンは、いまでも缶にはいって氷砂糖がいっしょになっている商品がありますが、これは海軍の規格そのままです。陸軍は、布袋にコンペントウがはいっているので、痛みやすいと嘆いていたといいます。また乾パンはもつ物で、日中戦争のころに作られ、茶箱にいれられ納品された物が、今でも食べることができた、とニュースでやっておりました。

今でも売っているアンコの缶詰は、日中戦争のとき、慰問袋(戦地の兵隊さんにおくってあげる、お菓子・小物などをいれて縫った布袋。文房具、手紙なども人気アイテムでした)にいれる需要をみこんで製造がはじまったものです。戦前からつづくお菓子(某エンジェルのミルク・キャラメルなんかが代表)ブランドをもっている会社は、戦争の特需がまちがいなくあり、戦後もつづいた数少ないメーカーでしょう。

また、米が統制品となったので、日本酒醸造業界は3倍醸造という、従来の1/3の米で作った、ぶっちゃけうすめた日本酒をつくり、それを正価で流通させました。当然、もうかります。某グルメ・マンガでもネタにされていましたね。。ただ、日本酒のカビに関する技術が応用され、日本は意外ですが抗生物質を自力で実用化し、量産化しています。

ビールもメーカーが統廃合されてラベルが1種類になりましたが、醸造量は本格的に内地が空襲されるまでむしろ増えています。米をつかわず大量に速成できるので、軍はもちろん、軍需工場の工員さんへの慰問用の需要があり、あとビンがリサイクルできるのでつくるだけ売れました(日本酒も今と違って、口金という金具のついたビンをつかっていたので、容器はリサイクルしています)。
銀座のエビス・ビア・ホールとキリン・ビア・ホールが、東京都市部では配給拠点となっていました。配給券もっていくと、ビンを4本、荒縄でくくったのをわたしてくれたそうです。

遊廓・料理屋は、物資の欠乏が直撃する業種ですから、特殊な例外をのぞいて儲かりはしなかったと思います。女の人がお化粧できない、キレイを維持できない、という大打撃がありました。
特殊な例外は、海軍基地、特に鎮守府がある軍港にずっと店をかまえている料亭とか、シンガポールに出店をだしていた料亭くらいでしょう。

大儲けの範囲がわかりませんが、意外な業種が。

製菓・製パン業界です。あと醸造、お酒つくる会社はいつの時代も変わらずです。

チョコレート、キャラメル、乾パン、などは陸海軍共に絶えない需要があります。もちろん民間からも引く手あまたですね。乾パンは、いまでも缶にはいって氷砂糖がいっしょになっている商品がありますが、これは海軍の規格そのままです。陸軍は、布袋にコンペントウがはいっているので、痛みやすいと嘆いていたといいます。また乾パンはもつ物で、日中戦争のころに作られ、茶箱にいれ...続きを読む


人気Q&Aランキング