芥川龍之介の小説で「何気なく石を投げたらとんでもない事になってしまった」
という内容のものがあるということが、読んでいた本に書いてありました。
この小説の題名をご存じの方があったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

志賀直哉しか思いあたらないんですが、芥川龍之介の作品についてのHPあったんで、参考までに。



参考URL:http://www.din.or.jp/~i-iku/lit.html
    • good
    • 0

すいません、芥川龍之介では思い当たりませんが


志賀直哉に「城崎にて」という短編があり、ふと投げた石が
イモリ(?)を死なせてしまうという場面がありました。
ご参考までに。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報