息子の急死後、初めて知ったのですが、息子は有限会社の代表者で社員はおらず1人で会社を経営していました。私は死後初めてこれを知った状況で、経営に一切タッチしておらず何の保証人にもなっていません。経営状況は悪くもなく、出資金と借入金とも1千万円くらいと聞いていおり、出資者は数名おります。なお、息子は離婚して未成年の子供を前妻が引き取っています。また、息子名義の土地と自宅が時価1千万円程度で、ローンは残っていますがローンの生保で残債を相殺できます。今のところこの程度しか解りませんが、こんな場合、債権者や会社整理の時等に親が対応しなければならない事があるのでしょうか。そんなことになったら、法的には無知のためお手上げです。弁護士さんにも相談しようと思っていますが、一般論としてアドバイスいただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

時価 土地」に関するQ&A: 土地の時価について

A 回答 (3件)

息子さんのこと、ご愁傷様です。



不束ながら、
>一般論としてアドバイス
差し上げます。

>有限会社の代表者で社員はおらず1人で会社を経営
>出資者は数名
まず、基礎知識として、有限会社の場合、出資者を「社員」と呼びます。会社に対して、出資金に応じた「有限の責任」を持ちます。通常われわれが社員と呼んでいる実際に働いている人は、「従業員」。こちらは0人ということですね。

おおよそ結論になりますが、
父親であるあなたは、息子さんの会社には、タッチしていなかったということは、その会社に対しては、債務や権利は、一切ありません。

会社に対しての息子さんの立場は、おそらく「代表取締役」であり、亡くなられたことによって「取締役を退任」したことになります。法務局の登記所に届けてある定款(ていかん)に、「取締役をx名とする」と限定して書かれていれば、あるいは、息子さんの死亡により役員が0になるのであれば、社員(出資者)は、その欠員を埋めるべく総会で取締役を選任します。借入金もその取締役(会社)が、返済することになります。
つまり、会社に関しては、「社員」が対応することになります。

したがって
>会社整理の時等に親が対応しなければならない事
は、ありません。

息子さんの個人名義の財産(息子さんの出資金)や、個人的債務(借金)については、その相続権を持つ「未成年の子供」さん(つまり前妻)が引き継ぐか、放棄するかを決めることができます。

このようなことを踏まえて、まずは、関係する人に連絡をとって、お話し合いをされてはいかがでしょう。

さぞやお悲しみのところ、何かしら冷酷な感じの文章になってしまいまして心苦しく、スミマセン。

お気落としのなきよう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しく教えていただきまして有難うございます。#1、2さんのご回答を含め今後の参考とさせていただきます。

お礼日時:2002/04/14 23:24

「相続人」は「未成年の子供」であり、その親権者(前妻ですよね)が「正の財産」も「負の財産(負債)」も引き継ぐか放棄するかと言うことになります。



「会社」については会社の出資者が後継者(新たな代表者)を選任して継続するか、解散させて「清算」するかということになりますが、取締役を相続するとかいうことはなく、「出資者」である地位を相続するだけです。

両親には権利も義務もありませんが、解決のためには前妻の方や他の出資者の方と「話し合い」を持って相談するのがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/04/14 21:22

お孫さんが、財産相続になりますが、借入金があるため、実際には、家庭裁判所へ相続放棄の手続きを取ることになります。

息子さんの元・奥さんと相談して。
それに伴って、借金のある会社へは、お父さんから、話をするとややこしいので、
表立って動かないことです。謝って歩くくらいなら、借金返せ、と言われてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/04/14 21:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野草酵素について

酵素には、デトックス効果があると、よく、うたわれていますが、
あくまでも、宣伝チラシ等などで、見ているだけで、実際に、効果を感じられた方などの、
体験談などを、聞いたことがないので、知りたいです。

購入を検討しているのですが、お値段もそれなりで、迷っています。

また、野草酵素とは、普通の酵素とは、違うのでしょうか?

酵素は、タンパク質のため、体に吸収すると、アミノ酸になるから、普通に、たんぱく質を摂取するのと同じ効果しか得られないとネットの書き込みで拝見したりもしたんですが、、、。

体験談や、また分かる方、教えてください!

ちなみに、購入を検討しているのは、通販で、(有)野草酵素 って会社の、野草酵素って商品です。

Aベストアンサー

日本人が長生きなのを御存知だと思いますが、それは自然に酵素をとっているから問うのは意外と知られていません。

では何からとっているのかというと味噌です。

それがまさしくミソですね。

Q店舗経営の出資者ですが騙されました

飲食店経営をするにあたり、出資をしました。立ち上げから経営の大部分をコンサルとして2人の人間に頼んだのですが、かかる経費があまりにも大きいので追求するとかかった経費(内装費など)の領収書が嘘でした。大部分のお金を着服されていました。この場合相手側を訴えることはできますか?その場合民事ですか?刑事事件ですか?
気になるのは会社経営ではなく個人経営であること。知り合いであることから信用して口約束で契約していることです。

Aベストアンサー

 質問者さんが、コンサルタント二人を雇うか、それらに委任して、事業の立ち上げと初期経営を任せたと理解しました。

 その二人が、雇用もしくは委任契約に反して、資金を着服したということですから、民事での提訴も刑事の告訴(背任か、おそらく詐欺)も可能だと思います。

 ただ、口約束ということが問題です。

 民事も刑事も証拠で動きます。

 口裏を合わせて、「そんなことは頼まれていない」「これは約束された報酬だ」とか主張すると、負けるのは質問者さんということになります。

 警察も、被害者が一人二人だと、「民事だから」とか言って介入を渋ります。

 ですから、質問者さんが証明できると判断するかどうかですね。

 証人の証言などによって証明できるなら、民事、刑事ともに提訴、告訴、できます。


 アメリカの弁護士小説に出て来るような優秀な弁護士だと、探偵を使って、二人の素行を調査して、言っていることがウソと証明したりできるのでしょうが、日本の弁護士はそこまでやりません。

 二人がすぐボロの出るようなことを言ってくれる程度の人間だといいんですが、それは私にはわかりません。

 第三者として忠告するなら、「経費倒れになりますので、諦めたほうがいいと思います」という話になりますねぇ。
 

 質問者さんが、コンサルタント二人を雇うか、それらに委任して、事業の立ち上げと初期経営を任せたと理解しました。

 その二人が、雇用もしくは委任契約に反して、資金を着服したということですから、民事での提訴も刑事の告訴(背任か、おそらく詐欺)も可能だと思います。

 ただ、口約束ということが問題です。

 民事も刑事も証拠で動きます。

 口裏を合わせて、「そんなことは頼まれていない」「これは約束された報酬だ」とか主張すると、負けるのは質問者さんということになります。

 警察も、被...続きを読む

Q今は有限会社はなく株式会社しか設立出来ないようにな

今は有限会社はなく株式会社しか設立出来ないようになりましたが、昔に有限会社で設立した有限会社は昔の有限会社の法律が適応されるのでしょうか?

有限会社ということは責任が有限だったはずです。今も有限会社と名乗って看板を出している会社はどちらの会社法?が適用されるのでしょう?

Aベストアンサー

 有限会社の経営者です。
いまでも有限会社の独自の法律が施行されていますよ。

 特例有限会社で検索してみてくださいね。

Q出資 個人での出資 飲食

出資そのものがよく解らないのですが、例えば飲食業開業で個人同士で出資する場合、どの様な契約が通常行われますか? 金銭的な契約の回答をお願いします。

売り上げの?%を支払う? 利益の?%を支払う? 期限は決めるのか?
倒産の場合は?

個人間なので、いちがいには言えないのかも知れませんが、相場等はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

個人事業に出資の概念もなければ配当の概念もありません。

例えば菅が野田に“出資”して、野田が事業を営み、野田が菅に“配当”を支払ったとしましょう。

菅が野田に提供したお金が一定年限ののちに全額返してもらえるものであれば、そのお金は「貸付」であり、菅は定期的に「利息」をもらう権利があります。
この利息は菅にとっては「雑所得」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1500.htm
であり、その額によっては確定申告の対象になります。

野田は支払う利息を事業の経費とすることができます。
利息の割合は市中並みの利率が目安で、売上高の多寡に左右されることはありません。
“配当”が市中の金利を大幅に上回る場合は、上回る分は野田から菅への「贈与」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402.htm
となり、贈与された金額次第では贈与税の申告と納付
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4429.htm
が必要になります。

--------------------------------------

一方、半永久に提供し返してもらうつもりはないのなら、そのお金は「贈与」であり、菅は利息をもらうことはできません。
野田は、贈与された金額次第では贈与税の申告と納付となるのは、前述の場合と同じです。
“配当”は全額が野田から菅への「贈与」となります。

--------------------------------------

要するに、安易に“個人”を投資の対象にしてはいけないと言うことです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

個人事業に出資の概念もなければ配当の概念もありません。

例えば菅が野田に“出資”して、野田が事業を営み、野田が菅に“配当”を支払ったとしましょう。

菅が野田に提供したお金が一定年限ののちに全額返してもらえるものであれば、そのお金は「貸付」であり、菅は定期的に「利息」をもらう権利があります。
この利息は菅にとっては「雑所得」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1500.htm
であり、その額によっては確定申告の対象になります。

野田は支払う利息を事業の経費とすることができます。
利息の...続きを読む

Q有限会社の取締役の競業避止による損害賠償

有限会社○○社の取締役をしていたAが、以下の様な行為をしました。

・取締役在任中に、密かに、有限会社○○社と競業する会社を設立する事を企てた。
・取締役在任中に、勝手に有限会社○○社の複数の取引先に、有限会社○○社の電話番号が変わったとして、自分が新しく設立する競業会社の電話番号を知らせた。
・取締役在任中に、競業会社である有限会社××社を設立した。
・有限会社○○社の取引先が多数、有限会社××に移動した。
・Aは、有限会社××社を設立後、1週間後に有限会社○○社の取締役を辞任した。
・有限会社××社は、他に取締役は存在せず、Aがただ一人取締役の会社である。

上記の様な場合、訴訟にて、どんな請求が出来るでしょうか?
例えば、競業避止を理由に、有限会社××社の営業の差し止めなどを請求出来るでしょうか?
有限会社の場合、取締役にどんな競業避止義務があるのかも、良く分かりません。

Aベストアンサー

酷い人がいたものですね。

有限会社における取締役の競業避止義務は、有限会社法29条、同30条2に規定されています。
基本的に株式会社における競業避止と同等の責任です。

社員総会決議を受けず競業行為を行い、その結果元の会社に損害を与えたようなケースの場合、
その損害の立証が困難なため、競業行為によりその取締役が獲得した利益を損害額とみなすこと
が出来る、という規定です。

在任中のAの競業行為(営業活動・従業員の引き抜き)について、証拠を集めて、弁護士と相談しましょう。

Q「出資法」の「出資」とは?

利息を制限する法律で利息制限法とは別に「出資法」というのがあると思います。
この「出資法」はどういう意図で制定されたものなのでしょうか?
「出資」とは何ですか?
「会社などに対する出資」だったら利息を規定することもないと思いますし。
よく分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「出資」とは,事業のために提供され,事業の遂行の元手として用いられるもので,事業が順調な場合には配当が期待される一方,事業が不成功に終われば一部又は全部が戻らない可能性があるものです。
 質問文にもある,会社への出資と基本的に同じですが,悪質な業者が元手を保証するような誇大宣伝で大衆から出資金を集めた上で,経営に行き詰まり,大衆に損害を与える,インチキ商売を想定しているものです。
 このようなインチキ商売による被害拡散を防止することと,詐欺罪の立証の困難さを考慮する意図で制定されています。
 以上は,いわゆる出資法第1条の出資金についてであり,元手である元本保証が無いことに対し,第2条の預り金の禁止の方は,元本保証がある点が出資との違いということになります。
 法律の正式名称や規制行為については#2のとおりです。

Q特例有限会社の商号変更

新会社法が施行されましたが、当社は有限会社のままで、存続するつもりです。そこで質問ですが、有限会社のままで、商号変更は可能でしょうか。例「山田有限会社」→「田中有限会社」
株式会社に移行しないとできないのでしょうか。
お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなた様の会社は、いわゆる特例有限会社ですね。会社法上は、有限会社は存在しない事になり、株式会社となっていますが、商号中に「株式会社」を使用する変更をしない限り、今までの有限会社のような特典(例えば、決算公告不要、取締役の任期なし等)を受け、今までとほぼ同様な規律を受けます。「有限会社」を使用する限り、その他の部分を変更するのはOKです。「株式会社」を使用する変更をすると、今までの特典は受けれず、また元の有限会社に戻れなくなります。

Q個人的な活動のために、他人から出資してもらい、その出資金で活動をする

個人で(非営利団体として)映像作品を作ろうとしている者です。

その映像作品はYOUTUBEなどで公開する予定なのですが、
その作品を作る際、個人商店などの店舗のコマーシャルを
作成してその映像作品に差し込み、それを公開するというのを
見返りに、出資してもらえないかということを考えています。

万が一、了承してくれるお店などがあった場合、

非営利の映像制作団体(一般的に自主制作団体と呼ばれています)が、

(1) 個人経営の店舗、あるいは中小企業から出資金を受け取る

(2) クライアントのCMを制作しそれを差し込んだ本編の作品をYOUTUBEで流す

この一連の作業で、法律に引っ掛かることはどのようなことでしょうか??

ちなみに出資金が100%製作費のみに回される場合としてです。


出資金が年にいくら以上だと税金を取られるなど、
こういった法律の分野にお詳しい方、情報を頂ければと思います。

                     よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「非営利の映像制作団体」とおっしゃっていますが、出資を募るなら利益配分が前提になるので「営利行為」です。
ただ、質問を読む限り、いわゆる「出資」(事業の費用を分担し、それで得た収益を出資額に応じて配分することを前提とするもので、事業の成果物に対する最終的権利を有する)ではなく、スポンサーとして広告料(スポンサーが行っている事業の経費)を支払うということのように思えます。
広告料だとして、そこから先がややこしいのですが、まず、あなた個人で行うことだとすると、制作自体は基本的に趣味の範疇だと思われますので、それに関連する収入は雑所得になると思われます。最終的に黒字になるのであれば、それに対する所得税が発生します。制作を事業として行うのであれば、当然事業所得になります。
あなた個人で行う行為ではなく、人格なき社団等に該当するような、個人を超越した団体として活動するのであれば、収益事業である請負業に該当し、法人税の申告が必要になるでしょう。
http://blog.goo.ne.jp/kuragaki_2006/e/dd7847116bf531b936e102406728640a
ただし、その広告主が、会社の出資の場合と同様に、その団体の構成員となるために出資し、団体の解散の際には残余財産の分配の対象にもなるような契約であるなら言葉通りの出資金であり、出資金は収益ではないので税金の対象にはなりません。ただし出資金を払うほうも費用にはなりません(株式などと同様に資産になります)。

「非営利の映像制作団体」とおっしゃっていますが、出資を募るなら利益配分が前提になるので「営利行為」です。
ただ、質問を読む限り、いわゆる「出資」(事業の費用を分担し、それで得た収益を出資額に応じて配分することを前提とするもので、事業の成果物に対する最終的権利を有する)ではなく、スポンサーとして広告料(スポンサーが行っている事業の経費)を支払うということのように思えます。
広告料だとして、そこから先がややこしいのですが、まず、あなた個人で行うことだとすると、制作自体は基本的...続きを読む

Q有限会社のメリットは?

現在、父親が有限会社を経営(何年も休眠中)しています。
そこで質問なんですが、来年から有限会社を設立できなくなりますよね。しかし、現在経営中の有限会社はそのまま継続できると聞きました。
又、ある人からも「有限会社は続けたほうが良いよ」と言われました。
簡単に株式会社が設立できる様なのに、何故 有限会社を続けたほうが良いのでしょうか?メリットはあるのですか?

Aベストアンサー

皆さんが書いている通りですね。


【設立】
新しく会社を設立するのに、費用がかかります。
(ご自身で登記されても、印鑑代などを含め約30万円ぐらい)

ただ、有限会社を継続したとしても、役員登記として、ご自身が行っても、1万円かかります。
この場合では、出資者は、父親になります。有限会社の社員(株式会社の株主に相当します)

yo3ro1さんが、出資者になるには、出資金を買い取る必要があります。
毎年、少しずつ贈与してもらうなども考えられます。

【維持】
No.2の方がおっしゃる通り、有限会社は、役員が変更した場合のみ、登記すればよいので、長く続ける場合には、若干のメリットがあります。
(30年で3万円ほど)

【資本金】
私は、株式でも有限でもあまり変わらないと思います。
大手と取引する場合は、過去3年間の売上、利益など提出したりします。資本金だけでなく、業績の方が大切です。

【有限を継続する一番のメリット】
それは、創業年数だと考えます。
会社を経営すれば、登記費用等は、大した事ありません(設ければ、十分吸収できる/お金で買えるという意味です)
しかし、継続年数は、お金で買うことができません。
リースなどを組む場合、創業年数以上のリースを組めません(大手の子会社は別です。個人で創業した場合です)
創業2年では、3年以上の与信をもらえません(でした)

【公告】
新会社法では、ホームページで公告が可能です。
費用面では、新聞に出さなきてもかまわないので、それほどデメリットには、ならないと考えます。

【最後に】
会社を経営して、株式の方がよければ、今年の4月以降、いつでも株式にできます。
4月以降、有限から株式にする場合、費用面でもメリットがあります。
私も、会社を経営しておりますが、有限、株式にこだわるより、いかに経営していくが大切です。今までは、持っている資金、運営形態などから、どちらが有利か?などありましたが、形はあまり関係ないと考えます。

有限だから儲かる、株式だから儲かるという事はありません。しかし、創業当時は、資金繰りに苦しむと思います。そのような時に、無駄な経費は使いたくないので、有限を継続するメリットは、高いと考えます。

yo3ro1さんの、事業計画で、組織形態を決めればよいのではないでしょうか?

皆さんが書いている通りですね。


【設立】
新しく会社を設立するのに、費用がかかります。
(ご自身で登記されても、印鑑代などを含め約30万円ぐらい)

ただ、有限会社を継続したとしても、役員登記として、ご自身が行っても、1万円かかります。
この場合では、出資者は、父親になります。有限会社の社員(株式会社の株主に相当します)

yo3ro1さんが、出資者になるには、出資金を買い取る必要があります。
毎年、少しずつ贈与してもらうなども考えられます。

【維持】
No.2の方がおっしゃる通...続きを読む

Q経営状況を公表していないのに、過去にさかのぼってリサーチ会社から質問状が

会社組織にしていない自営業ですが、あるリサーチ会社より過去3年にさかのぼって、確定申告で出した、売上高・利益・販売先等企業情報調査票なるものが送られてきました。

個人で営業していますので経営状況は公表していません。
これらの情報源は何処から出るものなのでしょうか。

Aベストアンサー

詐欺では?

そんなの聞いたことも見たこともありません。
あるいはごみなどやパソコンから個人情報がもれている?

税務署でなければそんな子細な情報はわかりませんから
税務署などにお尋ねになることをおすすめします。

もしそんな会社と関わったら大変なことになりそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報