ぼくはいま高二で理系志望です。
この時期に何をすればいいのか迷っています。
数学は得意なほうだったので、高一の基礎は定期テストのときはしっかりしていました。(いまはちょっとあやしい)
この時期高一の範囲の入試問題をやるべきなのか、基礎をもう一度確認すべきなのかわかりません。
どうすればいいのでしょうか?またそれに会う問題集や参考書など紹介してもらいたいです。
アドバイスおねがいします。

もちろん校二の勉強もしっかりやるつもりです!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

入試問題をやるべきか、基本を確認すべきか……


現役の高校生のみなさんは
どうしてもこういう悩みに陥りますよね(^^)

入試問題を経験すると分かってきますが、
本当に「難しい」問題よりも、
基本的な事柄がいくつか組み合わさった
「複雑な」問題が多く見られます。
そこで、
「入試問題を利用して基本を確認する」
という姿勢を心掛けてみてはいかがでしょう。
入試問題を解いてみたり、模範解答を吟味したりしているうちに、
1年生の間にごまかしていた事柄がたくさん露呈してくると思います。
そのときが実力を固めるチャンスです。
1問の入試問題からできるだけ多くの基本を学ぼうという気持ちで
頑張ってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

入試の難しい問題というのは基本があつまっているのですね。一問一問から効率よく知識や解くコツなどを得れるようにがんばります。
とても参考になります。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/13 17:57

高校は普通科なら文理選択があると思いますが、理系ですか?


高2の数学の範囲は1年のときに習う範囲の応用みたいなものなのでわざわざ問題を解かなくても良いと思いますよ。数(1)なら数(2)、数Aなら数Bというように。数(2)がわかれば、数(1)は簡単に理解することができると思います。
問題集は学校で購入した物で十分だと思いますが、不安ならば自分に合った問題集を買うことをおすすめします。
数研出版のチャート式はレベル別にいろいろ出ていますよ。

そんな事思ってないかもしれませんが、理系だから、文系科目はあまりやらなくていいと思ったら大間違い!!!
すべての科目に共通していることは、問題を読む力ですよ!大学受験を考えているなら英語は必須!

今は入試レベルの問題を解ける力より、すべての科目の基礎力をつけておいたほうが良いと思います。応用(入試問題)は休日に少しずつ手をつけるとか...。

高2は学校生活に余裕が出てきて、この時期はなかだるみしやすい時だと言われます。また将来について真剣に考えるようになり不安な事があると思いますが基本がわかれば後が楽になりますから、授業を大切にしてくださいね。(^0^)/
勉強や部活や遊びの時間をバランスよく使おう!
    • good
    • 0

今学校での授業に対する勉強はどうしていますか?


国・数・英その他、予習・復習ちゃんとやって、時間は余っています?

前にやったことを確認し、基礎固めをしたい気持ちはわかります。
ただ、それをやって他のことが疎かになるのはお勧めできません。

今の時期は授業に対する学習、すなわち「予習・復習・定期考査の為の学習」に集中すべきです。1年で理解できなかったことが、2年で新しく学んだことで理解できたりします。

使っている教科書が一番の宝物です。授業で教えてもらったポイントは、ノートではなく教科書に書き込む。よほど余裕(学力と時間)が無ければ、参考書はゴミになってしまいます。なので、じっくり考えて。

今使うべき問題集は、学校で買った(買わされた)問題集で十分です。
3年になったら、受験用の問題集(できるだけ解答の分厚いヤツ。例えばZ会のものとか)を買いましょう。

勉強も遊びも頑張ってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっと神経質になりすぎてたようです。
今やってる内容をしっかり穴をあけないようにがんばっていきます。
買わされたやつをしっかりやっていこうと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/04/13 18:03

高二理系の者です。


志望校がわからないので何ともいえませんが…。とりあえずどこの大学を受けるにしても共通することだけ。

1.教科傍用(学校で配られる)の問題集を完璧にする。
これを土台にします。この問題集全部に丸がつくまでやり直します。
全部丸がついていないのに次の問題集に取り掛かるのはやってはいけない事です。
学校で問題集が配られていない場合は黄チャートでもいいので、基礎的なもので問題数が多いものを買いましょう。

2.これの一つ上の問題集をつかいます。
選ぶポイントは、問題が比較的少ない・ぱっと見て解けそうな問題と解けなさそうな問題が混在している物がいいと思います。
これも上と同様、完璧にします。全部出来るまで他の本題集はやらないほうがいいです。
これを守らないと宙ぶらりんになり、受験前に弱点が見えてきて焦ることになるでしょう。
これだけで十分過ぎるくらいだと思います。

3.さらに余力があるのなら、上級の問題集を使いましょう。
具体的に言うと「大学への数学」等です。
いきなり本編(?)に入るときついので「1対1対応の演習」がいいと思います。


それと受験する大学の過去問は受験する前にやってください。
これは問題を解くことに意味があるのではなく、出題形式をつかむことに意味があるからです。

参考URLには参考書などの人気投票があります。ぜひどうぞ。


さらに一言。
受験予定の大学(決まってないならどのレベルか)・学部等の情報があるともっとアドバイスが来ると思いますヨ。

参考URL:http://www.jukensei.net/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

浮気はしないでこの一冊!
いろいろ手を出しそうでした。
一冊やり終えたら自信になりますもんね。
くわしくありがとうございました。

お礼日時:2002/04/13 18:00

こんばんは、私は数年前に理系の大学を卒業したものです。


私も確か高二から理系のクラスになったと思います。

その当時は、ひたすら基礎をやっていました。実際に入試問題を
始めたのは高三からでした。基礎が出来ればある程度の応用も
効くと思い、そのような方法でやりました。結果として現役で
第一志望の大学に入ることが出来ました。

私が使っていた旺文社の問題集は、今検索したところ載っていない
のでもう廃刊になったのかもしれません。

内容は典型的な問題が200問載っていたものでした。
受験の数学は基本的な解法をマスターすれば、合格レベルの点数が
取れるのではないかと思います。応用も基礎をいくつか組み合わせた
ものがほとんどです。

今は基礎固めが重要ではないかと思います。
以上私の経験に基づく意見ですが、ちょっとでも参考になればうれしいです。

頑張ってください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

基礎がやっぱり大事ですか。
複雑なものは基本が集まってるっていいますものね。
とても参考になります。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/13 17:54

学校では問題集などは使っていないのでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

つかってますよ。
それをやるほうがいいのですか?
どうもありがとうございます。

お礼日時:2002/04/13 17:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数楽と数学会の読みは何ですか?

数楽と数学会の読みは何ですか?

最近、よく「数楽」という言葉を見かけますが、この言葉の読みは何でしょうか?。

普通に読めば「すうらく」だと思いますが、数楽舎という塾は、「すうらくしゃ」ではなく、「すうがくしゃ」と読むそうです。
どちらかが造語ですか?

また、数学会の読みは、「すうがっかい」ですか、「すうがくかい」ですか?

Aベストアンサー

私も、「すうがく」、「すうがっかい」でよいと思うが。

数楽というのは、数学者や数学愛好家が「数学とは楽しいものだ」ということを強調するために、わざと漢字を変えて使っているものである。
だから、数学と同じく、「すうがく」と読んで問題ない。

>どちらかが造語ですか?
「数楽」は造語、「数学会」は「数学」と「会」の合成語だろう。

余談だが、「楽」と言う字は、
・「楽園」「行楽」など、「たのしい」「のびのびする」という意味では「ラク」
・「音楽」「楽器」など、「うたう」「音をかなでる」という意味では「ガク」
と読むのが原則である。
「数楽」の場合は、上記のような理由で敢えて例外的に「ガク」と呼ぶのである。

Q二項定理の基礎?

こんにちは二項定理の基礎で感覚的に解らない所があります。

参考書に

1/(1-x)=(1-x)^(-1)=1+x+x^2+x^3+........

とありますがxに適当な数を代入をしてみると等式が成り立ちません

なぜなのでしょうか?

ニュートンの一般二項定理? のひとつみたいですが解りません
よろしくお願いします。



参考web
http://en.wikipedia.org/wiki/Binomial_theorem

Aベストアンサー

等比級数の公式で、級数が収束するときに成り立ち、|x|<1の
とき成り立つ式です。
無限級数なので、数値を代入して一致することを確かめようとすると、
相当な項まで足さないといけないでしょうね。

ニュートンの一般二項定理で考えてもでますか。
リンクに| x/y | is less than oneとも書いてありますね。
普通は等比数列の和でn→∞とするんですが。

Q読みは何でしょう

読みは何でしょう

Aベストアンサー

「網目」です。

写真から箱書きのように見えますが
網目模様の焼き物か塗り物でも入っているのでしょうか?

Q二項定理(基礎)

かなり数学苦手なので、回答の解説などを見ても理解できません(涙)
ぜひ教えてください!
(1)二項定理の展開式の一般項
まず一般項とは何かというのが分かりませんが・・・
(3x-2y)^30=30Cr(3x)^30-r(-2y)r
上の問題は分かります。
(1+x)^n=nCrx^r
なぜこのようになるのか分かりません。
私は(1+x)^n=nCr1^n-r(x)^rとなると思ったんですが・・・
解説を見ると(1+x)^nを使うと書いてあったのですが、その式すら理解できません。
(2)二項定理の係数の問題
(3a+2b)^6の展開式におけるa^4b^2の係数
私の解き方は、6C4(3a)^4(2b)^2=4860a^4b^2で解けました。
しかし、次の問題は私の苦手な一般項を使うようです・・・
(3x-2/x^2)^7におけるx^2・・・Iと1/x^2の係数・・・II
Iの答えは「0」IIの答えは「-22680」となるようです。
(3a+2b)^6の解き方のようには解けないでしょうか?
全く分かりません。
どうかご回答よろしくお願いします。

かなり数学苦手なので、回答の解説などを見ても理解できません(涙)
ぜひ教えてください!
(1)二項定理の展開式の一般項
まず一般項とは何かというのが分かりませんが・・・
(3x-2y)^30=30Cr(3x)^30-r(-2y)r
上の問題は分かります。
(1+x)^n=nCrx^r
なぜこのようになるのか分かりません。
私は(1+x)^n=nCr1^n-r(x)^rとなると思ったんですが・・・
解説を見ると(1+x)^nを使うと書いてあったのですが、その式すら理解できません。
(2)二項定理の係数の問題
(3a+2b)^6の展開式におけるa^4b^2の係数
私の解...続きを読む

Aベストアンサー

> (1+x)^n=nCrx^r
> なぜこのようになるのか分かりません。
> 私は(1+x)^n=nCr1^n-r(x)^rとなると思ったんですが・・・

区切りが良く分からないので何とも言えませんが、
両者は同じ式に見えます。
1^(n-r)は常に1ですよね? (1は何乗しても1のままなので)
だから1^(n-r) = 1と考えれば

(1+x)^n
= nCr1^n-r(x)^r
= nCr × 1 × (x)^r
= nCrx^r

となり、両者は同じ式になります。

> (3x-2/x^2)^7におけるx^2・・・Iと1/x^2の係数・・・II
> Iの答えは「0」IIの答えは「-22680」となるようです。
> (3a+2b)^6の解き方のようには解けないでしょうか?

[ (3x) - { 2/(x^2) } ]^7でしょうか。
基本的な考え方や解き方は同じです。同様の方法で解けます。
ただ、x^2を作るために3xがいくつ必要で、(-2/x^2)がいくつ必要かを考える必要があります。
同様に1/x^2を作るために3xがいくつ必要で、(-2/x^2)がいくつ必要かを考える必要があります。
後者だったら3xが4乗、(-2/x^2)が3乗で1/x^2が作れますが、前者はどうなるでしょう?
最終的な答えが0になるということは、何を意味しているのでしょう?

> (1+x)^n=nCrx^r
> なぜこのようになるのか分かりません。
> 私は(1+x)^n=nCr1^n-r(x)^rとなると思ったんですが・・・

区切りが良く分からないので何とも言えませんが、
両者は同じ式に見えます。
1^(n-r)は常に1ですよね? (1は何乗しても1のままなので)
だから1^(n-r) = 1と考えれば

(1+x)^n
= nCr1^n-r(x)^r
= nCr × 1 × (x)^r
= nCrx^r

となり、両者は同じ式になります。

> (3x-2/x^2)^7におけるx^2・・・Iと1/x^2の係数・・・II
> Iの答えは「0」IIの答えは「-22680」となるようです...続きを読む

Q本を読み事で何が得られますか?

本を読み事で何が得られますか?

Aベストアンサー

楽しい時間。展開を想像すること。新たな知識、作者の思想。

Q二項分布、二項定理の「二項」って何?

超文系人間です。
文系人間向けの統計処理の解説本に「二項分布はなぜ二項分布というかというと、二項定理を展開したときの形だからです」と書いてありましたが、これだと理系の人向けの説明で、文系向けの説明にはなっていません。数学の「項」という場合、どのような概念なのでしょうか?
どなたか、教えてくれる人いたら、教えてください。
よろしくお願いします・

Aベストアンサー

文字式が足し算で繋がっているとき、その一個一個の固まりを項と呼びます。

例えば次の文字式
  x^2 +ax +ab +acy
このときかけ算の部分はひとまとまりと見て
x^2 と ax と ab と acy がそれぞれ"項"
ですから上の式は4項が足し合わさったもの

二項定理は
  (a+b)^n
の展開の仕方を説明するためのもの
aとbという二つの項が足し合わさって掛け合わさったものを展開するから、二項展開と呼ぶ。
二項展開の定理だから、二項定理。
二項定理に形が似ているから、二項分布。

Q「故れ」の読み方と意味は何ですか

「故れ」の読み方と意味は何ですか。

本居宣長の「古事記伝」に出てきます。
一応、自分の解釈は
読み方は「これ」
意味は「これによって」
と思うのですが、国語学的な根拠がないので、
自信がありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えば古事記傳七之卷神代五之卷の二段目「須佐之男命御啼伊佐知の段」の冒頭を見てください。「故各隨依賜之命所知看之中」に、「カレ オノモオノモ ヨサシタマヘル  ミコトノ マニマニ シロシメス ナカニ」と訓みが添えられています。

「かれ」は、「か・あれ」の縮まったもので、「か」は「あれ」「あそこ」と物を指し示す語、「あれ」は物が明瞭に見える意の「ある」の「已然形」で、「あるので」「あるのだが」というような意味。併せて、「そのようなことであるから」といったような意味に使われます。

「自分の解釈」と仰るのはとても良いことですね。国語学的な根拠など参考程度にすればよいでしょう。それこそ宣長の言う「おほらか」ということでしょう。

Q不等式の証明! 高二

不等式n/2<1+1/2+1/3+……+1/2^n -1≦n^2
を証明せよ。

数学的帰納法でやるのかなーとは思います。
n=1の時は成り立つのは分かりました。
n=kが成り立つと仮定したときn=k+1のときに成り立つことの証明が出来ません^^;

どなたか分かる方教えて下さい!

Aベストアンサー

こんばんわ。

証明する不等式のキーとなるのは、やはり真ん中にある「和」の部分です。
n= k+ 1としたときに、「どれだけの項が加えられているか」を見極めなければいけません。

ここで問題の不等式について確認なのですが、和の部分は
1+ 1/2+ 1/3+ ・・・ + 1/2^(n-1) (1から 2^(n-1)分の1までの和)

ということでいいですよね。
以下では、そのつもりで書いていきます。^^


n= kのときは 2^(k-1)分の 1までの和をとりますが、
n= k+ 1とするときは 2^k分の 1までの和をとります。
つまり、さらに
1/{ 2^(k-1)+ 1 }+ 1/{ 2^(k-1)+ 2 }+ ・・・ + 1/2^k

を加えていることになります。

そして、この和について以下のようなことを考えてみます。
・追加された項はいくつあるのか?
・加えられたそれぞれの分数は、ある数より大きく、ある数以下であることがいえる

たとえば、項の数が 10個あって、それぞれの項が 1/3よりも大きいことがわかっていると、
その和は 10/3よりも大きいといえますね。
これと同じようなことを考えていきます。

新たに追加された項の大きさと n= k+1としたときの式の
大小関係を考えることで不等式を示すことができます。

少しややこしいかもしれませんが、
一度大きめの紙に加えられている項の様子などを書き出してみて
考えてみてください。^^

こんばんわ。

証明する不等式のキーとなるのは、やはり真ん中にある「和」の部分です。
n= k+ 1としたときに、「どれだけの項が加えられているか」を見極めなければいけません。

ここで問題の不等式について確認なのですが、和の部分は
1+ 1/2+ 1/3+ ・・・ + 1/2^(n-1) (1から 2^(n-1)分の1までの和)

ということでいいですよね。
以下では、そのつもりで書いていきます。^^


n= kのときは 2^(k-1)分の 1までの和をとりますが、
n= k+ 1とするときは 2^k分の 1までの和をとります。
つまり、さらに
1/{...続きを読む

Q「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?

「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?
人名のようなのですが、[馬前]原という記述がありました。
第2水準にも無い漢字のようですが、何と読むのでしょうか?
また意味は何ですか?

Aベストアンサー

漢字辞典で調べたらありました。人名については分かりません。

読み:「セン」古い中国の読み方だと「ゼン」の場合も
意味:蹄の白い馬
「[馬前]原」の読み:「きばはら」

参考…大修館「漢語新辞典」

Q法線ベクトルの基礎中の基礎

度々お世話になります。

直線のベクトル方程式とその法線ベクトルの関係で、
「直線ax+by+c=0において、n↑=(a,b)はその法線ベクトルである」との事ですが、このn↑=(a,b)というのは、成分表示ですから、n↑の始点を原点Oに取って、その終点の座標が(a,b)である、という捉えで良いのでしょうか。
例えば、次の基本的な問題

問 「二直線x+√(3)y-1=0…(1)、x-√(3)y+4=0…(2)について、
a,直線(1)(2)の法線ベクトルm↑、n↑のなす角θ。
b,二直線(1)(2)のなす鋭角α。
をそれぞれ求めよ」

を内積を使って計算だけで求めるのは教科書通りにやれば簡単に求まりますが、特に問題のbについて、自分で座標平面に作図してみたら、先の当方の捉え方ですと…
まず、n↑=(1,√(3))、m↑=(1,-√(3))ですから、これをそれぞれ始点を原点に取って、それぞれの座標通りに終点を取りますと、n↑が二直線(1)(2)の内部のm↑と交わらずII象限で交わってしまうのです。
解説を見たところ、bの問題は、円に内接する四角形の定理からαを求めているように見えるので、法線ベクトルn↑は四角形を作るように、m↑と交わらないと定理が成り立たない気がするのです。

という事は、n↑に限らず、法線ベクトルは、普通のベクトル同様に、位置は問題にせず、任意に平行移動しても良いということになるのでしょうか。
 計算間違いがあるかもしれないし、漠然とした内容の質問で申し訳ありませんが、アドバイス下さると有り難いです。
宜しくお願いします。

度々お世話になります。

直線のベクトル方程式とその法線ベクトルの関係で、
「直線ax+by+c=0において、n↑=(a,b)はその法線ベクトルである」との事ですが、このn↑=(a,b)というのは、成分表示ですから、n↑の始点を原点Oに取って、その終点の座標が(a,b)である、という捉えで良いのでしょうか。
例えば、次の基本的な問題

問 「二直線x+√(3)y-1=0…(1)、x-√(3)y+4=0…(2)について、
a,直線(1)(2)の法線ベクトルm↑、n↑のなす角θ。
b,二直線(1)(2)のなす鋭角α。
をそれぞれ求めよ」

を内積を使って計算だ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。

方向ベクトルにしても、法線ベクトルにしても、
書かれているようなイメージでいいと思います。

方向ベクトルは考えている直線が進んでいく方向を表し、
法線ベクトルは考えている直線に対する垂線が進んでいく方向を表しており、
いずれも直線の方向を与えているだけです。

たとえば、直線の方程式が 2x+ 4y- 3= 0であれば、
法線ベクトルは n→= (2, 4)と表すことになりますが、
n→= (1, 2)としても「その進んでいく方向」は同じであり、これも法線ベクトルと言えます。
さらに、-1を乗じた n→= (-1, -2)も法線ベクトルと言えます。
値というよりも「比」がポイントなのです。


「なす角」を考える問題では、質問に書かれているとおり「平行移動」させて構いません。
2直線の交点となる点を原点まで平行移動させているイメージになります。


最後に「方向ベクトル」に関する過去の質問を参考URLとしてつけておきます。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6229779.html


人気Q&Aランキング