ノーベル賞の科学部門での日本人の受賞者の卒業した大学について;

(1)全員が国立大学の卒業者なのは何故でしょうか?
   私立大学出身者はノーベル賞級の研究は無理なのでしょうか?

   国立大学と私立大学は、研究者を育てる環境が違うのでしょうか?

(2)全員が偏差値の高い有名大学の卒業者なのは何故でしょうか?
   「受験勉強では独創性が育たない。」、
   「受験秀才は独創的な仕事が出来ない。」
   とよく聞くように思うのですが、
   全員が、受験秀才だったのに独創的な研究が出来たのは何故ですか?


日本人のノーベル賞受賞者(科学部門)の卒業大学:

湯川秀樹(京都大学)、朝永振一郎(京都大学)、江崎玲於奈(東京大学)、福井謙一(京都大学)、利根川進(京都大学)、白川英樹(東京工業大学)、野依良治(京都大学)、小柴昌俊(東京大学)、田中耕一(東北大学)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

(1)現実的には、私立出身者には無理でしょう。

研究の環境にも教員の質にも
差がありますから。たとえば、研究室での一人当たりの学生数は国立ではせいぜい3人程度
ですが、私立だったら10人以上もざらです。また、昔は違ったのかもしれませんが
大学の施設も国立は24時間利用可能ですが、私立でそういうところは珍しいと思います。
さらにいえば、大学受験時に私立を選ぶような人は研究には向いていない
ようにも思います。

(2)「受験勉強では独創性が育たない。」、
   「受験秀才は独創的な仕事が出来ない。」
この二つの意見が単に受験勉強ができなかった人の僻みから出てくる
もので、全く現実に即していないからです。

ある程度頭がよければ受験勉強になって苦労しません。むしろ楽しいものです。
また、知識がつけばそれだけ独創性は増します。独創と言うのは、基本的に
既存の知識の組合せですから。たとえば、料理なんかでも基礎的な知識の
ある人の方が、無い人より独創的になれるでしょう?
受験勉強で問われるのは、基礎的な知識です。ちゃんと勉強すれば無駄になる
ようなものではないのですが、ちゃんと勉強したことの無い人にはそれがわからない
のでしょうね(だから独創性が育たない~なんて意見が出るのでしょう)。

ちなみに(1)の内容に関係しますが、私立の試験問題より国立の試験問題のほうが
より本質的で考えさせる内容になっている傾向があるように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をしていただき、ありがとうございました。
たいへん詳しくお答えいただき、勉強になりました!
とても参考になりました。

お礼日時:2006/11/05 09:00

遅ればせながら…。



<全員が、受験秀才だったのに独創的な研究が出来たのは何故ですか?

「全員が、受験秀才だったのに…」は例にあげられた先生方に対して失礼だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をしていただき、ありがとうございました。
ぼくは、例にあげた先生方は「独創的な研究が出来た」と書いているのですから、ぜんぜん失礼だとは思いません。
とても参考になりました。

お礼日時:2006/11/07 23:09

既にたくさん回答がありますから、蛇足かとは思いますが一応。


(1)
私立で無理ってことはないでしょう。
私立出身で国立の大学院に入り一流の研究者になる人はなんぼでもいるので。
また、私立の大学院でもすごいとこはすごいわけですから。
ただ、他の方も回答されていますが、全体的に見ると国立の方が金がかかっていて、設備や教官の質が高いとは思います。
特に理系の研究は研究に金がかかりますので、大きなプロジェクトを回せるほどの資金力が無いとそもそも研究ができない可能性もあります。
そして、金を取ってくることができるのは良い業績がある優秀な先生であり、教官の質ということですから、国立の方がそういう人が多いということでしょう。

(2)
確かに受験勉強は本質的な頭のよさが必ずしも反映はされないでしょう。
しかし、本質的に頭の切れが良い人というのは、受験勉強でもすぐに本質を理解して応用につなげることができますから、良い点を得やすいでしょう。
また記憶する力自体も重要です。
過去の研究、知識を蓄えておくと、何かの発想を得たときに、それを発展させ現実の成果に結実させるときに役立ちます。
以前の研究や論文について記憶していないと、新しい結果が出たときに、その重要性について認識できず、重要な結果を見逃してしまいかねません。受験勉強の知識が実際の研究段階で役立つことはなかなか無いとは思いますが、知識を蓄える力の高さという意味で、記憶力のよさというのは研究段階でも重要なのです。

だいたい、秀才なのに独創的な研究ができたのはなぜですか?っていう質問は変ですね。

海外の受賞者も大体は幼少時から秀才っぷりを発揮した人です。
有名な人ですが、50年ほど前に化学賞を取ったWoodwardという人は、子供のときから自分で化学実験をしていたそうです。
受験勉強に限らず、なんにでも興味を持って思索、研究をしていく力が重要なのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をしていただき、ありがとうございました。
私立出身でも可能ということですか。
でもノーベル賞受賞者全員が国立大学出身という事実が説明できますでしょうか。
Woodward博士というのは、1981年に福井謙一博士と共同で化学賞を受賞したホフマン博士の先生ですね。もし、1981年に生きていたら、福井謙一博士、ホフマン博士と一緒に、2度目のノーベル賞を受賞したかも知れない方ですよね。
とても参考になりました。

お礼日時:2006/11/07 23:07

>(1)全員が国立大学の卒業者なのは何故でしょうか?


   私立大学出身者はノーベル賞級の研究は無理なのでしょうか?

可能だと思います。
日本の国立大学へ移りにくければ、しっかり研究できる海外の研究所や大学院へ行けば良いだけです。

>国立大学と私立大学は、研究者を育てる環境が違うのでしょうか?

国立のほうがなにかと恵まれていることがあるようです。

>(2)全員が偏差値の高い有名大学の卒業者なのは何故でしょうか?

一番大きいのは恵まれた環境にいることです。
高卒の人が仮にずば抜けた知能を持っていても、研究させてくれる環境や発表できる機会を持つことは難しいですが、有名大学出身者はその点、恵まれていると思います。

>「受験勉強では独創性が育たない。」、
   「受験秀才は独創的な仕事が出来ない。」
   とよく聞くように思うのですが、
   全員が、受験秀才だったのに独創的な研究が出来たのは何故ですか?

国立であれ所詮、日本の受験勉強において「受験勉強では独創性が育たない。」のは事実だと思います(ただし小論文は除く)。
東大医学部を出て受験対策本を書いている和田秀樹さんも言ってますが、「受験に独創性は不要」で、「ひたすら用意された模範解答をめざすべき」だそうです。

しかし独創性を発揮する上で、基礎学力は必要になります。
実験において数学が必要になることもあるだろうし、英語で書かれた文献を読まなければならないこともあるでしょう。
また1さんがおっしゃるように、独創性とは既存の知識の組み合わせですから、独創性の源でもあるわけです。
つまり、受験勉強だけでは独創性は培われませんし、受験で得た知識は持っているだけではほとんど何の役にも立ちませんが、大学入学後、それらの知識を加工、発展させていけば独創性のあるものを生み出せる可能性もあるということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をしていただき、ありがとうございました。
たいへん詳しい説明をしていただき、恐縮です。
とても参考になりました。

お礼日時:2006/11/07 23:01

うーん、旧制高校からは帝国大学に進むのが基本なので学校制度の違いについての考慮も多少必要かもしれません。

あと、全員が受験秀才という訳ではないと思います。旧制中学受験に失敗した人もいますし大学入学後の成績が良くなかった人もいます。

湯川秀樹(旧制高校→京都帝国大学)、朝永振一郎(旧制高校→京都帝国大学)、江崎玲於奈(旧制高校→東京帝国大学入学、改称した旧制東京大学卒業)、福井謙一(旧制高校→京都帝国大学)、利根川進(新制高校→新制京都大学)、白川英樹(新制高校→新制東京工業大学)、野依良治(新制高校→新制京都大学)、小柴昌俊(旧制高校→新制東京大学)、田中耕一(新制高校→新制東北大学)

参考URL:http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/tour/nobel/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をしていただき、ありがとうございました。
「全員が受験秀才ではない。」とおっしゃいますが、これらの大学に入る人たちは、ぼくのような者からみれば全員秀才です。
とても参考になりました。

お礼日時:2006/11/07 23:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qノーベル賞とは?

ノーベル賞についての理解を深めたいので質問させていただきます。

ノーベル賞は、賞を受け取った本人や所属団体以外に
どういった方が恩恵を受けているのでしょうか?

日本人がノーベル賞を取ることで、
私のような庶民にも何か良い影響はありますか?

「ノーベル賞=最高の社会貢献」という考えは成り立ちますか?

また、ノーベル賞について日頃感じることがあれば語ってください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あくまでノーベル財団の評価ですから。
日本レコード大賞のほうがありがたい、という人も多いでしょう。
ノーベル氏本人が、自分の研究成果が「爆弾」というような戦争への利用という形で「実用化」されたことを悔やんで、基礎研究者に貢献したい気持ちでノーベル賞を作ったわけですから、それで名声を得るつもりでは、遺志に背くように思います。

小柴さんなど、賞を貰うこと自体を自慢するわけでなく、それをもとにさらに研究が進められる(日本では基礎研究に対する評価や出資が貧困だから)ことを喜んでらっしゃるように思えます。

逆に佐藤栄作氏の「ノーベル平和賞」は、M徳義塾みたいにD失格じゃないかと思いますが(核兵器を持ち込んでいたことを米軍側が認めているんだから)

日本で最初にノーベル賞受賞した、湯川秀樹氏は、
戦争に負けて「食うことに一生懸命」で「いつ役にたつか判らない」基礎研究なんかしてられるか?
という時代の功績としたら、すごく画期的なことだと思います。

「グローバル」の時代の、受賞者の国籍で一喜一憂する必要はないと思いますが、

Q秋田大学と、ノーベル賞の出た山梨大学や埼玉大学などの地方大学と何が違うのでしょうか?

秋田大学と、今回ノーベル賞の出た山梨大学や埼玉大学を含め、他の地方国立大学も財政が厳しいと思いますが、何が違うのでしょうか?ノーベル賞はたまたまと思いますが、それなりに堅実にやってきている大学に見えます。東北地方だと学生が集まりにくいのでしょうか?こういう経営状態の悪い大学はつぶれたり、近隣の大学と合併とかしていくのでしょうか?

***********************************

寄付7億円を目的外使用=赤字穴埋めに―秋田大

 秋田大(秋田市)は7日、2014年度の決算で、研究などに使うべき寄付金7億2243万円の使途を無断で変更し、経常損失の穴埋めに使う不適切な会計処理をしていたと発表した。同大は関与した財務担当理事ら7人を戒告などの処分としたり、異動させたりした。

 同大によると、寄付金は特定の教授の研究に使うなどの目的で数百人から集められたもので、目的外使用には寄付者の同意が必要だが、同大は承諾を得ずに転用していた。

 財務担当理事が「大学の財政が立ち行かなくなる」として学長らの同意を得た上で、赤字の穴埋めに回していた。決算は内部・外部監査を通過し、文部科学省も承認していたという。

秋田大学と、今回ノーベル賞の出た山梨大学や埼玉大学を含め、他の地方国立大学も財政が厳しいと思いますが、何が違うのでしょうか?ノーベル賞はたまたまと思いますが、それなりに堅実にやってきている大学に見えます。東北地方だと学生が集まりにくいのでしょうか?こういう経営状態の悪い大学はつぶれたり、近隣の大学と合併とかしていくのでしょうか?

***********************************

寄付7億円を目的外使用=赤字穴埋めに―秋田大

 秋田大(秋田市)は...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、元国立大学関係者です。

提示されている記事は、秋田大学の研究には関係ありません。今回の事件の責任者である国立大学の財務理事は文部科学省の全国異動で各大学をまわっている人です。通常、こういう管理職を「渡り鳥」といっています。この人が赤字をうめるために「寄付金」を流用したのです。

各国立大学には積立金が積み立てられていますが、赤字の補填だったらこの積立金を取り崩して対応すれば良かった話ですが、この財務理事は赤字をだすということは文科省からの「覚え」が悪くなると解釈したのか、それとも基礎的な会計知識をもちあわせていなかったのか、どちかなのでしょうね。お粗末な話です。

秋田大学の赤字は付属病院の改築がらみで生じたものであり、この件で秋田大学を叩くのは気の毒です。

秋田大学はこじんまりしていますが、いい大学ですよ。

Qノーベル賞

昨年、山中伸弥今日中がノーベル賞を取った次の日くらいに本屋さんには山中成就の本が並んでましたが
ノーベル賞を取る場合。数日前から
「あなたはノーベル賞を取りますよ」と本人に知らせてあるのでしょうか?

だから本を作る準備をしてノーベル賞が発表されたと同時に売り出したのでしょうか?

Aベストアンサー

そもそも、山中氏がiPS細胞の研究で注目を浴びたのは07年です。
その頃から、iPS細胞や山中氏に関する書籍と言うのはそれなりの数が刊行されていました。つまり、ノーベル賞を受賞する前から、それなりに売れるだけの需要はあったわけです。
そして、ノーベル賞の有力候補だ、となれば、それだけでも十分な宣伝効果はありますし仮に受賞しなくても、大きな損をすることはありません。

で、調べてみたのですが、昨年の10月8日に山中氏の受賞が決まったわけですが、山中氏やiPS細胞などの新刊が翌日に単行本の形で発売されたものはありませんでした。
10月10日に『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』という、山中氏へのインタビューをまとめた書籍が刊行されていますが、この本の内容紹介では次のようになっています。

「日本で最もノーベル賞に近い男がはじめて明かした、研究人生のすべて」

つまり、ノーベル賞の有力候補である、ということはわかっていても、刊行時点でもまだ山中氏が受賞するという確証はなかった、というわけです。偶然、その刊行の直前に受賞となった、ということでしょう。



書店などで、山中氏の本が並んでいた、というのは、タイミングに併せて新刊が出た、のではなくて、受賞に併せて山中氏の過去の書籍を集めてディスプレイした、ということだと思います。

そもそも、山中氏がiPS細胞の研究で注目を浴びたのは07年です。
その頃から、iPS細胞や山中氏に関する書籍と言うのはそれなりの数が刊行されていました。つまり、ノーベル賞を受賞する前から、それなりに売れるだけの需要はあったわけです。
そして、ノーベル賞の有力候補だ、となれば、それだけでも十分な宣伝効果はありますし仮に受賞しなくても、大きな損をすることはありません。

で、調べてみたのですが、昨年の10月8日に山中氏の受賞が決まったわけですが、山中氏やiPS細胞などの新刊が翌日...続きを読む

Qモスクワ大出身のノーベル賞受賞者っていないの?

wikiでモスクワ大を調べたら、フィールズ賞はいっぱいいるのに、
ノーベル賞は一人もいません。

モスクワ大卒のノーベル賞受賞者っていないのでしょうか。

Aベストアンサー

ゴルバチョフがモスクワ大学出身でノーベル平和賞だなぁ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E8%B3%9E
とかあったんだけど、「資本主義者の賞なんて受けられるか!」って事で作ったらしい

Qノーベル賞について

世界的に有名なノーベル賞。
そのノーベル賞について素朴な疑問があります。
ノーベル賞というのは、一体どうやって決められるのですか?
選考過程は大変厳しく調査されると聞いたのですが、その選考されるというところまでたどり着くまで、どんな過程があるんですか?
日本なら、日本人のだれかの推薦とかいるのでしょうか。

私には今ノーベル賞をとってもらいたい人がいますが、一般の人の推薦とかはないのでしょうか。
ノーベル賞は、やはりノーベル賞を受賞した人が推薦とかするのでしょうか。

素朴な疑問なのですが、もし詳しく知ってらっしゃる方がいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

ノーベル賞の選考は秘密裏にされていて,誰が選考委員かわからないようになっていると聞いています。ですから偏った選考基準によって秘密裏に決定されていることは否定はできないと思います。今回ノーベル平和賞を受賞した人は毎年自分の番が来るとテレビの前で待っていたとテレビで言っていました。私はこんな人間になぜ平和賞なのか?と不信感が芽生えました。今までもなぜという人間が受賞しています。まあ,そんな賞などどうでもいいことですがね,人生何の意味もありませんから,民衆に認められることが最も意味があることだとは思っています。その民衆に認められているかどうかが選考委員にわかっているのかは非常に疑問です,選考委員がそれだけの人物かどうかがわかりませんからね。

Q国民栄誉賞受賞者を2名以上輩出した大学は明治大学のみ(植村直己と古賀政男)のみだとおもうのですが、これ正しいですか?

私が調べた限り、国民栄誉賞受賞者を2名以上輩出した大学は明治大学のみ(植村直己と古賀政男)のみだとおもうのですが、これ正しいでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

なるほど、面白い質問ですね

国民栄誉賞
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E6%A0%84%E8%AA%89%E8%B3%9E

私も見てみました
「国民栄誉賞受賞者を2名以上輩出した大学は明治大学のみ」
で良いのではないでしょうか?

この賞は、芸能・スポーツという感じなので、もともとあんまり大学
という学歴に関係のある賞ではないですけどね

せっかくなら明治大学もこのことをもっと自慢してもいいような
しなくてもいいような・・・笑

Q「エイズウィルスにノーベル賞。なぜ今頃?」

「エイズウィルスにノーベル賞。なぜ今頃?」


エイズウィルスが発見されたのは、
20年以上前と聞きました。
なぜ今頃、ノーベル賞が授与されたのでしょうか?
発見当初にすぐにノーベル賞が授与されなかったのには、何か意味はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

発見当初では、歴史的な意義や、学問の発展における位置づけが評価できないからです。

ノーベル賞には選考委員会が設けられています。しかし、世界的な権威を維持するには、やはりその分野の専門家のコンセンサスも必要です。つまり、学界の評価が定着しないと難しいのです。その上で、選考委員会は世界の権威ある専門家に推薦を求め、その中から選定するのです。
平和賞などは、比較的時事的な要素も入るでしょう。しかし、経済学や物理学、生物学など既存の学問として体系があるものは、やはり上記のような手続きが必要だと思います。

ただ、残念なのは、優れた研究でもノーベル賞に呼応する賞がない場合もあることです。さらに、歴史的な評価が得られても、本人が死亡してしまうと受賞できません。たしかに、発見から20年もたつようでは、業績だけではなく、寿命もノーベル賞受賞に必要な要素だと言わざるを得ませんね。

とはいえ、経済学は自然科学ほど時間が必要ではなく、5,60代の現役の教授がもらうことも多いですね。ただ、経済学賞は、いろいろ議論がある賞のようですが。。。

Q関西学院大学について質問があります。僕は立命館大学経営学部を卒業して京都大学院経済学部に入学したので

関西学院大学について質問があります。僕は立命館大学経営学部を卒業して京都大学院経済学部に入学したのですが、高校を卒業して立命館大学に入学した時から同じ高校出身の関西学院大学の卒業生の知り合いにかなり馬鹿にされていたのですが京都大学院に入学して見返してやろうと思って頑張って勉強して京都大学院に合格しました。
何年かたって同窓会でそいつに会って京都大学院に合格したことを報告すると大学院なんて誰でも入れるわ!などと馬鹿にされました。
関西学院大学卒というのは人をそんなに馬鹿に出来る学校なんですか?
学歴は重要だと思いますし関西学院大も良い大学だと思うのですが…
そいつが異端なだけなのかな。

Aベストアンサー

投稿後に、先投稿の内容を見て、違和感を感じる部分が私にはありました。
人を馬鹿にするようなことを是認するような記述や、
被害者として悩んでいる質問者を、アカウントIDの匿名性に乗じて、
ケナス文章こそが、異常です。

私の経験では、大学院を出て、ポストドクターの連中の中には
人間性のバランスがない欠陥者が、暴言を吐く場面に出くわしました。
悪いのは、そういう輩であり、質問者ではありません。

自ら発奮して、突き進む姿勢は立派です。有意義であり、正しい行為です。
世の中には、納得できないこともあります。
自分で解決、管理、改善できることと、どうしてもできないことに分けて
アプローチするようにしています。働きかけても、改善がみられない事例に
イライラしながらの人生でしたが、トライしなかった人生ではなくて
トライした人生でよかったと思っています。

Qノーベル賞を取れない科学者は評価されないのですか

ノーベル賞を取れない科学者は評価されないのですか
物理学者の有馬朗人氏が、「ノーベル賞を取れない科学者は日本で全く評価されない。」と講演で言ったそうですが、本当でしょうか。
ノーベル賞を取るためには、どのような事が必要なのでしょうか。

Aベストアンサー

> ノーベル賞を取れない科学者は評価されないのですか
そんなことはないでしょう。
オリンピックで金メダルを取ることは確かに偉大なことですが、では金を取れなかった選手に対して「あえて言おう、カスであると」とでも言うのでしょうか。
そんなことがあるわけはないのですが、ただ、一部にはそう考えている人がいるのは事実で、有馬朗人氏(物理学者・俳人・元東大総長・参院議員・元文部大臣など)もどうやらそのお一人のようですね。

> 有馬朗人氏が、「ノーベル賞を取れない科学者は日本で全く評価されない。」と講演で言ったそうですが、本当でしょうか。
『日本で全く』と言ったかどうかは判りませんが、たぶん似たような事をいったのは本当でしょう。
有馬氏はかつてこう書いています(日経新聞2005/10/24 寄稿「私の苦笑い」)。

『……失敗はいろいろあるが、最大のものは、研究以外の色々な事をやり過ぎたことだ。もっと物理学に専念すべきだった。ないしは文学に専念すべきだった。ましてや、行政や政治など学問と無縁のことは一切やるべきではなかった。こう後悔するのも、ノーベル賞をもらえていないためだ。文化功労者にしていただいたのは名誉なことだが、科学者の世界ではノーベル賞をもらえなかったら本当の意味で認めてもらえない。』

有馬朗人氏はノーベル賞をもらっていませんが、もらえなかったのが悔しかったのは確かなようですね。上記の続きには、
『……実は私もノーベル賞をもらえるかもしれないと期待していた時期があった。1995年前後に、原子核モデルの業績が物理学賞の候補になっているといううわさを聞いた。当時マスコミからも追いかけられた。このモデルを作ったのが74年。80年代から日本物理学界の会長とか、日本学術会議の議員だとか、東大評議員だとか、理学部長とか、挙句の果ては学長まで引受けてしまった。
 こんな仕事をやっている暇があったら、物理の研究をもっと徹底的に掘り下げるべきだった。そして世界の物理学会の人々に自分の理論の意義を説得すべきだった。他の仕事をしているうちに、私の研究はだんだん古くなってしまった。物理学と俳句だけならまだよかった。昼間は物理をやり夜と週末は俳句ということで両立できたかもしれない。しかし行政に携わったことは人生の痛恨事だ。』
……だってさ。

有馬さんがノーベル賞にふさわしい学問的業績を本当に挙げたのかどうかは私には判断できませんが、政治家に転身して充分成功しておきながら、おいおいちょっと欲張りすぎじゃないの?という気がしますね。

> ノーベル賞を取れない科学者は評価されないのですか
そんなことはないでしょう。
オリンピックで金メダルを取ることは確かに偉大なことですが、では金を取れなかった選手に対して「あえて言おう、カスであると」とでも言うのでしょうか。
そんなことがあるわけはないのですが、ただ、一部にはそう考えている人がいるのは事実で、有馬朗人氏(物理学者・俳人・元東大総長・参院議員・元文部大臣など)もどうやらそのお一人のようですね。

> 有馬朗人氏が、「ノーベル賞を取れない科学者は日本で全く評価されない...続きを読む

Q大学4年次の研究室配属と大学院での研究室について。

自分は理系大学の2年生です。
大学卒業後に大学院進学希望で素粒子実験系に進みたいと思っていますが、
在学中の大学にはそれにつながる実験系の卒業研究ができる研究室がありません。
代わりに素粒子理論の研究室ならあるのですが、4年次の卒研では同じ分野の理論にいくか、分野は異なるけれど実験系に進んでおいたほうがいいか悩んでいます。
どちらがよいでしょうか。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

まだちょっと早いですが、誰か教授に相談してみると良いでしょう。
こういうことしたいんですがって。
余所の大学でもどこか紹介してくれるかも知れません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報