H6年式ミニカトッポです。今までディラーでランエボ用の化学合成10W-30を使っていたのですが、4000キロで急激に性能が低下するので、今回実験で冬場のドライスタートも考えて5W-30のオートアールのストリート(鉱物油)にしてみたのですが、10W-30より5違う分軽く回る印象はあります。この5Wの差って大きいものでしょうか?他のクラスのオイルと使用感や性能的に違いを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

Wの前が小さいほど低温度での流動性が良くなります。


0W、5W、10W、15Wと一般的にはこれぐらいでしょうか。
日産には以前7.5Wなんてのもありましたが・・・

ドライスタートについては、週に1回以上エンジン始動するのならそれほど気を遣うようなことは無いと思います。
ドライスタートにはオイルより添加剤の方が有効だと思っています。

ABブランドの化学合成油10W-30を使ったことがありますが、3000キロで機械音が大きくなったのと、オイルの滲みが出たので使用をやめてしまいました。
部分合成か、鉱物油の方が相性が良かったです。(SR20ED)
個人的にはこいつと相性が良かったです。ドライスタート対応
http://www.super-tetsu.com/nenpi/nenpigoodssx800 …
AT用にQMI SX6000 ATF用があったんですが、型落ちしちゃってますねぇ・・・
1-2キロほど燃費が伸びました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

具体的な感想ありがとうございます。オイル交換5000キロといいつつ、やっぱり化学合成は3000-4000キロで劣化するのが共通しますね。(本当は化学合成のほうが鉱物より長持ちすると聞いていたけど)。SX8000は高そうですね。モーターレブ使ったのですがやはり5000キロ行く前に効力なくなりましたね。高い値段はそれなりに効果あるということでしょうか。

お礼日時:2006/11/05 22:45

 詳しい話は他の回答者がご親切にしていますので、基本中の基本だけちょっと。


 オイルの粘度は、特性であって性能ではありません。レースでもするのでしたら別ですが、通常はちゃんとメーカーの推奨粘度のオイルを使用しましょう。整備手帳か取扱説明書に記載されているはずです。推奨粘度に幅があったら、夏場は固め、冬場は柔らかめがいいのではないでしょうか。#3、4さんがおっしゃってるとおり固すぎても柔らかすぎてもいいことはありません。
 また、一言で5W-30、10W-30と言っても幅があります。固めの5W-30もあれば、柔らかめの10W-30もあります。体感できる差の大きさはオイルによって違います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

同じ規格のなかでもバラツキがあるのですか。メーカーによって使ってみないとわからないということですね。ありがとうございます。

お礼日時:2006/11/07 06:22

 No.3の者です。


書いてからレスを読んでみたら、ノーマルエンジンでしたね。

>軽はエンジンを酷使するから、15W-60を入れたらいいのでは。
とレスされておられますが、それは絶対ダメです。
それはとんでもなく硬くてレースで使うようなオイルですから、もし使ったら間違いなくエンジンの回転は重くなり、燃費は最悪化します。

5W<10W<15Wと硬くなりますが、
-20<-30<<<60というぐらいに硬くなり、ランエボ用のオイルをNAエンジン車に使用したどころではないですよ。
レース用のオイル、高価なオイル、高性能なオイルを使えばベストだと勘違いされてます。

 クルマじゃなく、単車ですが、モトクロッサーがレースで使用しているオイルは何だかご存知ですか?
どこにでも売っているメーカー純正の安いノーマルオイルです。

NAエンジンの軽なら、5W-30(鉱物油)を使用して、定期的に交換するのがいいです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。しばらく5W-30で様子を見ます。

お礼日時:2006/11/07 06:21

>ミニカトッポにランエボ用の10W-30の化学合成オイルを使っていた。



 乗っておられるトッポはノーマルエンジンですか?
もし、そうならせっかくの高級グレードオイルを適材適所に使っていなかった事になります。(そのつもりで説明していきます。)

 私はノーマルエンジンの軽に乗っていますが、10W-30のオイルから5W-30のオイルに換えたところエンジンの回転が軽くなり、燃費も約7%伸びました。(共に鉱物オイル、日産、トヨタの普通の4L¥2000前後のオイルでホームセンターで購入。)

 このように軟らかいオイルで燃費が伸びるなら、もっと軟らかい0W-のオイルを入れたらさらに低燃費が期待できると思ってメーカーに問い合わせたところ、「エンジンがかなり前のもので正式に0W-のオイルには適合していなくて、不具合なく使用できるかは保証しかねる。」とのことでした。 で、さらなる低燃費は諦めました。

>ディーラーでオイルを交換していた。
なら、オイルのグレードを間違うことは考えにくいですが。
主に街中使用で高速、スポーツ走行はしない乗り方をされてるのでは。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。今の三菱のディラーはどの車も一律ランエボ用10W-30なのです。燃費はこれからどうなるか楽しみです。ドライスタートは確かに前より軽いのがわかります。

お礼日時:2006/11/06 18:45

5Wと10Wの差は大きいかどうかと言うよりも、明らかに違うはずですよ。

No1さんがおっしゃってるように低温時にはもっと違います。液体は普通低温になれば固まりやすくなりますよね。もちろん10Wでもー15℃位でも使えないことは無いですよ、でもエンジン始動しにくいかもしれないし、掛かっても適正温度になるまでに時間を要します。5Wや0Wの方が同じー15℃でもずーと適正な粘度を保ってくらるし、当然より低温時にも対応しています。

そもそも10W-30のオイルというのは、(乱暴な言い方をすれば)どんなエンジンに入れても特別問題は無いのです。
逆に言えば、どのエンジンにも最適では無いということです。
でもハイパワー(特に大排気量ターボ車)には心もとないし、最近の(平成12年以降に発売されたほとんど全ての新車)の省燃費環境エンジン(0or5W-20指定)にはお薦めできません。

エンジンオイルを選ぶときに初めに考慮すべきことは、(そのクルマの年式・状態・性格+予算を考慮した上で)ユーザーの希望が何か?どういう使い方をするか?何を求めているかです。
・高速に頻繁に乗ったり、エンジンを軽快に回して走りたいのか(スポーツ走行)?
・あまり回さず、街乗り中心なのか?
・かなりハードに乗るのか(サーキット走行などで)?
・とにかく燃費重視なのか?

通常、ランエボと軽自動車とでは求められるオイルが違います。これは単純にどっちが高性能とか優れているとかの意味ではありません。
クルマの性格が違うのです。
存分にランエボのハイパワー・ハイトルクを楽しみたいと選んだオイル(例えば\3000/1Lする15W-60など)を、軽自動車のNA車に入れたら、街中ではエンジンが重く感じるかもしれないし、燃費にも悪影響を与えます。
逆に軽自動車に入れて調子が良かった5W-30(100%化学合成オイルででもです)をランエボに入れても、軽快に回るかも知れないけど低速トルク感が無くなるかもしれないし、ハイパワーに耐えられず油膜切れをおこしてエンジンを痛めるかもしれないし、耐久性は無いし、何よりタービンに良くありません。
*もちろん、ランエボに乗っていて省燃費を最重要視してるとか、軽自動車でサーキット走行しているというなら、また話は別です。

また同じ車種でもユーザーの使い方によって、より適正な粘度は違ってきます。
最近は大排気量エンジンでも低粘度オイルの指定になっています。排気量あるから低速トルクも充分あるし、工作精度の向上のおかげで精密に組みあがっているし、ならば低粘度のオイルの方が抵抗が少なくスムーズに回るし、何よりも燃費に好影響だからです。
でも大排気量ですから、当然パワーもトルクも大きいので、かなりスポーツ走行するのなら、低粘度オイルでは不安です。だからそのパワー・トルクに見合った粘度のオイルを選択することも出来るのです。

それから質問者さんのミニカトッポは、NA(自然吸気)車とターボ車のどちらなのでしょうか?それによってもまた違ってきます。
NA車なら5W-30は合ってると思うし(年式からみて5(0)W-20は絶対ダメです!)、ターボ車なら10W-30の方が適しています。でも、寒冷地に住んでいるとか、そちらに頻繁に出かけるというなら話は別です、5Wの方が良いでしょう。コンデションの良いターボ車なら5W-40でもいいと思います(100%化学合成油ならベストです)。
今回の10W-30の化学合成油から、5W-30‘鉱物油”への変更は(諸条件にもよりますが)初期性能は始動性や(NAであれば)燃費の向上や、軽快感は感じられるかもしれませんが、性能劣化はさらに早まることが想像されます。
あと軽自動車のエンジンというのは、わずか660ccの排気量でその倍以上の排気量のクルマの流れと一緒に走行しています。それだけ高回転まで回すことも多いですし、酷使されています。
それは当然オイルにも言えるのです。より適した粘度の、より高品質なオイルをお薦めします。

それから個人的には、申し訳ないが、かなりの実績のあるもの以外のオイル添加剤はお薦めしません。
私は、3,4千円の添加剤を入れるくらいなら、3,4千円分高いオイルを入れることをお薦めします。
おっしゃるとおり高いオイルにはそれなりの効果があるということです。良いオイルを定期的に入れている(オイル交換している)クルマとそうじゃないクルマとでは、長く乗れば明らかな差が出ます。

これはより専門的な方、その分野の化学の詳しい方から言わせれば、異論があるかもしれません。
ですが、僕自身が試してみての経験、私が接客させていただいた数千人のユーザーさんでの経験を合わせて言わせていただいています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。NAエンジンです。さすがに5W-20や0W-系は使えませんか。ガソリンも安いのを入れてばかりだとあとでエンジンが壊れるといいますし、オイルも同じことになるというわけですね。軽自動車の場合は、実質毎日が高速運転しているほどのエンジン負荷なのでしょうか?それなら高温に耐える15W-60がいいのでは?

お礼日時:2006/11/06 06:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジンオイルのグレード

エンジンオイルのグレードはSG以上であれば、レースでもしない限り
まったく問題ないと聞きました。粘度については冬場であれば、
10Wより小さいものが良いそうですが、変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

>グレードはSG以上であれば
API規格と言います。
このグレードは品質規格ですから、環境性能と考えて良いです。
ですから、普段使いであれば大きな影響は無いと思います。

>10Wより小さいものが
こちらはSAE規格と言われ、粘度指数を示します。

10wの指数だと、外気温-20度のところでも使えます。となっています。
5wだと-25度、0wは-30度です。
と、いうことで、寒くなっても流動性が維持できると言うことですね。

水の中を泳ぐのと、ドロの中を泳ぐのでは、固いドロは疲れますよね。
同じことで、冷えて固くなったオイルだと、機械の抵抗になって燃費が悪くなったり、回転が重くなったりします。
温度が上がれば、柔らかくなりますから同じことですけど。

高温側の指数の場合、温度が高くなっても油膜を維持できると言うことです。
高出力エンジンは排熱も高くなる傾向があります。

0w20などのオイルが使われますが、外気温35度を超えると厳しいオイルと言うことになります。
このオイルをレースで使うと、排熱を受け止めきれません。油膜が維持できないと言うことですね。
40になると、外気温55度までいけます。 エンジンの排熱が高くても、油膜を維持することが出来ます。

そこまでエンジンの熱が上がらないエコカーや、ファミリーカーでは、燃費が重要ですから0w-20や5w-30で十分なんです。

基本的にこの辺を使う理由は、オイルの抵抗を減らして燃費を稼ぐためのものです。

ただし、古い車に低粘度オイルを入れると、パッキングから漏れ出すことがありますから、無理に使わない方が良いです。

>グレードはSG以上であれば
API規格と言います。
このグレードは品質規格ですから、環境性能と考えて良いです。
ですから、普段使いであれば大きな影響は無いと思います。

>10Wより小さいものが
こちらはSAE規格と言われ、粘度指数を示します。

10wの指数だと、外気温-20度のところでも使えます。となっています。
5wだと-25度、0wは-30度です。
と、いうことで、寒くなっても流動性が維持できると言うことですね。

水の中を泳ぐのと、ドロの中を泳ぐのでは、固いドロは疲れますよね。...続きを読む

Q0w30 5w30 10w30 温間時の違い。

数字の小さい方が冷間でwはウィンターを示す。
低温下でのエンジン始動時に影響。その後、関係なくなる。

30の方が温間(エンジンが温まった後)を示す指数。


そのように認識しています。

では、0w30 5w30 10w30 この3種類のオイルは温間時では、粘度、油膜、、潤滑性能、耐久性などは同等なのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

後者の数字は、確か100℃の時の粘度を表していたと思います。
つまり100℃ならば、ほぼ同じ粘度を示すが、それを超えたところでは違ってくる可能性があるわけです。

Qエンジンオイルのグレードについて

 エンジンオイルのグレードで、SJとSLはどちらが格が上なのでしょうか?

Aベストアンサー

APIでは、今年の7月1日から新しくSL規格が制定されました。
SL規格が、今までのSJ規格に代わり最高の規格になりました。
SLはSJよりも高い温度で痛みにくく、蒸発量も少なくなっています。

Q10W-40のオイルは10W-30と性能が違いますか?

H6式、ミニカトッポです。NAエンジンです。先日チューニングショップで相談したら、「年式のある軽自動車なら逆に10W-40ぐらいのオイルにしたほうが圧縮高くなるからいいんですよ」と言われました。
10W-30、5W-30は経験がありますが、10W-40はまだなので、もしお使いの方の感想や違いがはっきりわかることなど、教えてください。

Aベストアンサー

H16年式のハイゼット・デッキバンに乗っています。NAエンジンのMT車です。2年前新古車で購入して、すでに3万kmを走破してます。
現在使っているオイルは「え゛ーっ」と言われそうですが、シェル・ヒリックス・ウルトラ(5w-40の100%化学合成)です。
使うきっかけは去年実家に戻った際、近くのセルフのGSで、旧のSLのパッケージが安売りされていたから。それまでは純正オイル、カストロールのSLX(5w-30の100%化学合成)の買い置き(以前のクルマに使っていた)を入れてました。
シェル・ヒリックス・ウルトラに替えてから、燃費は約1km/L向上しました。春・秋のACを使わない時期だと14km/Lは走ります。
特に3・4速であまりアクセルを踏み込まなくてもスピードがのっていくという感じですので、ドライバビリティも向上しています。1回毎の爆発が、無駄なく動力になっていく、よくいわれるシリンダーの密封作用が向上しているという感じはします。
また中高速域でエンジン音がわずかながら静かになった分、カーオーディーのボリュームを絞っても大丈夫なようにもなりました。
ですのでチューニングショップの言うことも一理あります。
これから真夏を迎える時期ですから、始動直後の抵抗・負担を考慮しなくてもいいので、ぜひいれてみるのをおすすめします。ご参考まで。では。

H16年式のハイゼット・デッキバンに乗っています。NAエンジンのMT車です。2年前新古車で購入して、すでに3万kmを走破してます。
現在使っているオイルは「え゛ーっ」と言われそうですが、シェル・ヒリックス・ウルトラ(5w-40の100%化学合成)です。
使うきっかけは去年実家に戻った際、近くのセルフのGSで、旧のSLのパッケージが安売りされていたから。それまでは純正オイル、カストロールのSLX(5w-30の100%化学合成)の買い置き(以前のクルマに使っていた)を入れてました...続きを読む

Qエンジンオイルのグレードについて

現在トヨタのスターレット(EP91)に乗っています。
近々、ホームセンターかカーショップでエンジンオイルの交換を考えているのですが、古い車なので取扱説明書に書いてあるグレードのオイルが見つかりません。この場合、グレードは取扱説明書(SJ)よりも上(SLもしくはSM)なら問題ないのでしょうか。
また、TOYOTA純正オイル(SM/10W-30)よりHONDA純正オイル(SM/10W-30)のほうが安いのでこちらを使用したいと思うのですが平気でしょうか?
乗り方としては、普段は街乗り+年に4回往復500キロ程度の遠出くらいです。

エンジン:4E-FTE(ターボです)
走行距離:10万キロ程度
推奨オイル:トヨタ純正クリーンSJ/GF-2/SAE10W-30

Aベストアンサー

時代と共に グレードがUPしていますが SJでも十分です。
しかしながら 最近のオイル流通からすると SMが安価に容易に入手可能です。 トヨタ純正SM5W-30だと 20Lペール缶で 7000円あれば買えます。 4Lは?
あえてSJを選ぶこともないですし SL,SM入れても問題ありません
冬を考えると 5W-30が優位(始動性燃費性) 春夏なら10W-30(耐熱的に)でもOK

ホンダのオイルは 他社オイルと比較して同じ数値でも柔らかいと私自身7年使用してて感じました。 
使って問題はないですが トヨタ純正もあまり変わらない価格なら トヨタ純正をお勧めします。
ターボなので 走行距離が少なくても 期間 半年とかで交換した方が
ターボトラブル回避になると思います。
大切にメンテすればまだまた快調に乗れます。 貴重車です可愛がって上げて下さい。

Qエンジンオイル【0W-20】と【5W-30】はどちらがお勧めですか?

現在、平成14年式ステップワゴンに乗ってますが、取り扱い説明書には推奨オイルの欄に※【0W-20】【5W-30】【5W-40】【10W-30】
「※:【0W-20】は、最も省燃費性に優れたオイルです。」
と書いてあり
【0W-20】と【5W-30】で悩んでいます。
【0W-20】と【5W-30】で乗ってみて違いが分かりますか?
カーショップでは、千円ぐらい違いますが、やっぱり【0W-20】の方がお勧めなのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0W-20のオイルで 夏場でも油膜切れはおこりませんよ。
素人判断ですね(笑)

イメージだけで考える人は、そう思うのかも知れませんね。
確かに0W-20は 専用エンジンのみの指定になっています。
(5W-20も専用エンジン指定です)

整備手帳に記載が あるなら そのオイルを入れてもいいと
いう事です。

0W-20のオイルは、カーレースでも使用され メーカーの
厳しいテストを受け世に出ていますので なんら問題ありません。

だいたい油膜切れまで AT車が、激しい走行を公道で可能でしょうか?

素人のイメージ専攻型の人は 皆さん そう言いますね。
大きな間違いです。

ちなみに 私は1年中 5W-20を入れてます。

Q自動車エンジンオイルのグレードについて。

エンジンオイルの性能についてですが、販売価格で3000円前後くらい
までのオイルでは性能に差は出るものでしょうか?

2000CCのターボ車で、76000キロの中古車を購入します。
年間2万キロほど走行し、15万キロまでは乗るつもりです。
オイルの交換は3000~5000キロで交換するつもりです。
使用地区は札幌です。

Aベストアンサー

ターボではありませんが実体験を少し・・・。
以前古いTE27という車に乗っていました。
エンジンがいじってあったのですがお金が無いので用品店で3980円で売っているオイルを使っていました。
いつも使うオイルはC社の物でしたが、違うブランドも試してみようと思い有名他社(特に名を秘す)のオイル(値段・グレード・粘度は同じ)を入れましたがちょっとがんばって走った後はアイドリングがばらついてしまい、次の交換時期を待たずに前の物に換えました。
 
ここで言いたいのは同じ値段でも性能差はありますよ、というのと"車によってオイルとの相性が有る”ということです。

私の使っていたオイルは最近某掲示板上でかなりけなされていましたが、いまだに私はそのメーカーのオイルを使っています。何事も無く。

まだこの質問が残っていたので書かせていただきました。

Qオイル粘度調整について。レッドラインのオイルですが、5W30と2リッタ

オイル粘度調整について。レッドラインのオイルですが、5W30と2リッターと10W302リッターを+とオイル粘度はどうなりますか?

Aベストアンサー

リスクを考えるなら5Wの性能はスポイルされて10W-30になっていまうと考えた方がいいでしょう。
混ぜて中間的になる発想を考える以前に無意味な事でしょうね。

Qエンジンオイルの交換の季節と、オイルグレードについて。

皆さまこんにちは!いつもお世話になっております、チビオニと申します。

自分はしょっちゅう軽自動車で軽い遠出(一日40km位。)をしているので、
半年で5000キロは超えてしまいます。

前回6000キロの段階(新車です。)で、オイル交換をし、
現在13000キロを超えたので、「そろそろオイル交換をしよう」と思っています。
そこで質問なんですが、「燃費が良い」という理由で、SAEが0W-20のオイルを入れた場合、
今年の冬場はいいけど、現在の残暑で、オイルが劣化し易く、逆効果、なんてことになるでしょうか??
それと、そういった「低燃費オイル」って本当に燃費の向上につながっているのでしょうか??

「エンジンオイルの交換に適した季節とそれに見合った商品」、
「少燃費をうたったオイルの効果」について、教えてもらえるとうれしいです!

Aベストアンサー

低燃費オイルが指定されている エンジンなら良いですが
そうではない場合 0W-20や5W-20は焼きつきや 油膜切れにより 燃費は悪くなる傾向に有ります

オイル粘度は適正なものを選ばないと 燃費も調子も良くなりません!

軽ですので 普通車よりエンジンオイル量は少なくエンジン掛かる負担は大きい(800kg前後の車重を660ccで動かしてる)ので 早めの交換を推奨します。 半年か4~5000kmのどちらか早い方ですねー

1万kmまでも使えますし 直ぐには壊れませんが
エンジンノイズが徐々に増えたり ゆっくりと異常は蓄積されると思うので この距離を推奨します。
汚れ過ぎない前に 交換という説明が良いかな
交換サイクルは 短・長いずれかに派閥割れ 水掛論になりますので ご自身で判断して下さい。

オイル粘度は5w-30とかで オールシーズン良いと思います。
粘度だけでなく オイルメーカーや種類で 良し悪しが有りますので 粘度だけで 燃費向上とか 何キロ交換しなくて良いと言う 表現が 一概にはいえません

メーカー純正オイルで 4~5000kmかな
純正が一番無難

高価なオイルを1万km使うより 4L980円のオイルを3000kmサイクルで交換した方が良いと考える派です。(長期間使用は経年劣化が発生するから)
化学合成オイルでも 良し悪しがあり
化学合成オイルは 劣化が始まると 一気に成分分解が始まるとも聞きます。

5W-30であれば交換時期は特に無しです
オールシーズンこの粘度でOK

自分は 2000ccターボで 3~4000km(オイルメーカーの交換推奨は6000km)(3ヶ月位)サイクル交換で 冬場5W-40 夏場10W-40で使い分けてます。 
ちなみにオイルは レッドラインと言うオイルです。あらゆるオイルを試し 自分の車には コレがベストと見つけ出しました。 

低燃費オイルが指定されている エンジンなら良いですが
そうではない場合 0W-20や5W-20は焼きつきや 油膜切れにより 燃費は悪くなる傾向に有ります

オイル粘度は適正なものを選ばないと 燃費も調子も良くなりません!

軽ですので 普通車よりエンジンオイル量は少なくエンジン掛かる負担は大きい(800kg前後の車重を660ccで動かしてる)ので 早めの交換を推奨します。 半年か4~5000kmのどちらか早い方ですねー

1万kmまでも使えますし 直ぐには壊れませんが
エ...続きを読む

Q平行輸入品レッドライン5W30とネットで安く販売しているスピードマスタ

平行輸入品レッドライン5W30とネットで安く販売しているスピードマスター0W30はどちらがよいでしょうか?要はレッドラインとスピードマスターどちらが良いか?です。

Aベストアンサー

ホームセンターのプライベートブランドの方が 安くて確実じゃないですか 怪しい外国製よりも


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報