痴呆高齢者のフロアで肺炎がはやっています。徘徊などにより安静が守れず、隔離もできません。水分補給をしたくてもなかなか飲んでもらえません。(お茶でしています)何かいい方法があれば教えてください。お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

23価肺炎球菌ワクチンの接種はいかがでしょうか?

    • good
    • 0

こんにちは!!


介護福祉士のものです。老人病院に勤めている際かなり肺炎の予防に力を入れていました。その際行った事です。
①水分補給
②加湿
③換気
 
①について   他の人の解答にもあるように茶ゼリーを食べさせるのも、手ですが味がなく食べてくれないかたもいました。「とろみアップ」も、使用しましたが、結構お金がかかり、買えない事になり、最終的には「葛湯」をつかいました。つくりかたを、’一応、、、、。
(材料)
 片栗粉
 お湯
 砂糖
    これだけです。
  
 つくりかた
 コップに片栗粉をカレースプーン3杯くらい入れます。(大盛りで!)
 砂糖は適当。そこにお湯を少し(半分くらい)いれ、混ぜます。すると、、、、トローっとしたものができ、案外みんな、たべてくれます。
お湯の量はかたさを見て調節してみて下さい。
  安くていいですよ。

②について。
  加湿器を何台も買うのではなくタオルを濡らしあちこちにかけていました。1日3回くらいぬらしていましたね。これで、十分加湿されました。
 
③について
 1日何かいか決めてドアをぜんかいにしていました。ただし、誰かでていかないように監視がひつようでした。

大変でしたが、効果はかなりあり、その年の肺炎は前年度の半分以下に減りました。
  以上ですが、参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。葛湯は思いつきませんでした。確かにお茶ゼリーは、味が無くあまり食べてくれません。きっと葛湯なら食べてくれると思います。
加湿と換気についても参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/02/05 20:59

水分補給は「とろみアップ」など、市販で売られているものですが、なんにでも使えるし、分量も調節できるので


大変使いやすいと思います。
痴呆高齢者となると、大変だと思いますが顔をみるとお茶ゼリーを食べさせてみるなど、あと、お味噌汁や、スープ
ジュースなど何でもOKです。
がんばって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有り難うございます。やはりくじけず水分補給を促すのが一番のようですね。頑張ってみます。また何かいい方法があればよろしくお願いします。

お礼日時:2001/01/10 19:43

こんにちは。

私は昨年夏まで特養に勤務していた現ケアマネージャーです。
痴呆の方の介護、特に風邪の季節は大変ですよね。流行るとすぐに蔓延してしまいますものね。
naokunさんがおっしゃるように、入院していただくのが良いのですが、仮に提携している病院があったとしても、なかなか受け入れてくれないと思います。sorami99さんの施設は「肺炎が流行っている」くらいですから、入院させたい方はたくさんいらっしゃるでしょうから、それだけの方を入院させるのは不可能でしょうし。
現実的には嘱託医の処方で薬を出してもらい、高熱が続く方は受診し、うまくいけば入院させてもらう、それがだめなら主治医の指示の元で点滴をするくらいでしょうか。蔓延を防ぐためには、加湿と換気、職員の健康管理、水分補給、予防接種・・と当たり前のことしかできませんね。
特に痴呆の方の施設の場合、加湿器を置けなかったり、換気も困難だったり、そもそも職員数が足りないところに病欠の職員が出たりして、加湿器の水の補給もままならないのが、現実だったりします。(私、嫌というほど経験しました。)
水分補給も、下手をすると誤嚥性肺炎の原因を作ることにもなりかねませんしねぇ。
特に食事や水分補給に介助が必要な方の場合は、お茶の変わりにお茶ゼリーにしたり、ジュースもゼリー状にすると飲んでいただきやすくなりますよ。味噌汁もゼリー状にしてました。ご存知かも知れませんが、「とろみアップ」などの商品名で市販されてると思います。ゼリー状の水分補給用品もあります。医務室に出入りの業者をつかまえて聞いてみてください。

とにかく大変かと思いますが、ご自分の身体をいたわりつつも、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になる回答を有り難うございました。私は、老健に勤務しておりますが、年末年始に続けて病院に転院を余儀なくされた例が何件か有りました。加湿器もおけず、閉鎖のフロアであるがゆえに換気も思うようにできないのが現状です。でも何とかしたいんです。痴呆高齢者が一般病院に行ったらどんな扱いを(言い方が不適切です、ごめんなさい!)されるかきっとご存じだと思います。何とか予防したいたいんです。楽しくおかしく人生を全うしていただきたいんです。トロミは嚥下の問題ある人にしか使っていませんでしたのでやってみます。食べてくれるかもしれません。長々とすいません。本当に有り難うございました。もしまた何がありましたらよろしくお願いいたします。      sorami99

お礼日時:2001/01/07 21:05

話が少しそれてしまうかもしれませんが、あなたの勤務しているところは特別介護老人ホームとか老人保健施設のようなところですか?もしそう

だとすると、肺炎の治療そのものが出来ないのではないですか?本当に肺炎なのであれば、提携している病院に入院してもらった方がよいのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございました。ご指摘のように肺炎になれば施設での治療は無理なので転院して頂くしかないのですが、そういう事態にならないようにできるだけのことをしていきたいと思い、質問させていただきました。何とかしたいのです。もしまた良いご意見がありましたらよろしくお願いいたします。  sorami99

お礼日時:2001/01/07 21:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QC型肝炎治療の副作用による間質性肺炎

私の父がペグイントロンなどの注射によるC型肝炎の治療をおこなってきていたのですが、副作用の影響か間質性肺炎になってしまい、ペグイントロンの投薬治療を中止することとなりました。調べてみる限りこの間質性肺炎は様々な原因でなりえること、そして、特発性の場合は治療法もなく、命さえ奪う非常に危険な病気と書いてありましたが、C型肝炎の治療における副作用で間質性肺炎にかかった場合は完治するものなのでしょうか?また一度、完治した場合はC型肝炎の投薬治療を再開してもいいものなのでしょうか?ぜひともみなさま、お教え下さるようお願いいたします。

Aベストアンサー

まず最初に、この質問への最適な回答の持ち主は主治医であるということを大前提とした上で一般的なことを述べさせていただきます。

一般的に原因がわかっている間質性肺炎は、その原因が排除されれば回復が見込めます。どこまで回復するかは個人の年齢、肺機能、間質性肺炎の重篤度、罹病期間などによります。
基本的に一度間質性肺炎を起こした場合は、同じ治療薬の再投与は行いません。

Q80歳の義父:痴呆症状あり、嚥下困難で誤嚥性肺炎のため胃ろう形成、「食

80歳の義父:痴呆症状あり、嚥下困難で誤嚥性肺炎のため胃ろう形成、「食べたい」との欲求あり
いつも皆様のご質問とご回答で勉強させていただいております。
父は有料老人ホームに入居して6年になります。入所当初は、痴呆もほんの軽い程度でしたが、最近、進行してきたようです。成年後見人には、自分がなっております。
3ヶ月ほど前に、食べ物か何かを誤って気道に入れたようで、肺炎となり、関連病院に入院し、嚥下困難とのことで「胃ろう」を作られ、ホームへ戻ってきました。チューブを外してしまうので、手を拘束されています。
従来より食べることが好きで、これまでも何か珍しいものやおいしそうなものを買って持っていくと、たいへん喜んで食べておりました。それが、肺炎を起こしてから、ホームの方も胃ろうからの経管栄養のみで、口から食べさせてくれません。本人は、そのことが不満で、「食べたい、食べたい」とうったえています。
担当医に相談し、口から食べさせてもよいとの了解を得たのですが、ホームの職員さんはあまりよい顔をされません。食事後に、誤嚥+窒息となればと不安なのは、自分も同様に考えているのでよくわかります。家内もこれまでよくしてくれましたが、窒息が考えられるこの状況では精神的にも家内に負担をかけてしまうので、血のつながった者だけで経口食を与えていきたいと思います。家内は十分してくれましたので、万が一、家内が食べさせてくれた時に窒息等となってはと思ってるのですが、考えすぎでしょうか。
また、健常ならばいざ知らず、痴呆が進んできた父にとって、胃ろうが果たして良かったのかどうか正直わかりません。形成の手術(といっても簡単なものでしたが)に同意しておきながら、父にとっては不本意だったかもしれません。今更わがままな考えですが、胃ろうを除去してしまうことも考えております。
まとまりのない文章で恐縮ですが、ご意見・アドバイスを頂戴できれば幸甚です。

80歳の義父:痴呆症状あり、嚥下困難で誤嚥性肺炎のため胃ろう形成、「食べたい」との欲求あり
いつも皆様のご質問とご回答で勉強させていただいております。
父は有料老人ホームに入居して6年になります。入所当初は、痴呆もほんの軽い程度でしたが、最近、進行してきたようです。成年後見人には、自分がなっております。
3ヶ月ほど前に、食べ物か何かを誤って気道に入れたようで、肺炎となり、関連病院に入院し、嚥下困難とのことで「胃ろう」を作られ、ホームへ戻ってきました。チューブを外してしまうので...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは^^

施設の職員がいい顔をしないのには、おっしゃるとおり 窒息、誤嚥性肺炎などのリスクももちろん
ありますが、三食の食事介助をしなくて済むから 経管栄養でいてくれたほうが楽なんです。
入居者は他にも居ますし、手の掛かる方も沢山居るでしょうし、業務は山のようにあるからです。
職員の都合です。

本当なら、医師の了解を得たのですから ケアマネや、栄養士と相談の上
少しずつ経口摂取していいはずです。
施設側に 強く訴えてみてはいかがでしょう?

口から食べ物を食べ 噛み味わうことは とても大事だと思います。
生きている実感さえ味わえます。

とってもとっても不謹慎な言い方をします。
たとえ 経管栄養で生きながらえても お父様は幸せだと思っているでしょうか?
私は 介護職をしていて つくづく思うのです。
本人が望むなら 食べさせてあげた方が幸せだと。
結果 亡くなってしまったとしても 本望じゃないかと・・・

人はいつかは死ぬものです。 80歳までがんばってきたのだから
残りの人生 好きなもの食べて好きなようにしてもいいのではないでしょうか?
ご家族としては、少しでも長く 生きていて欲しいと思うでしょう。
でもどこかで 割り切ることも必要だと思うのです。
決して 諦めるとは違います。

人間としての尊厳とか、難しいことは言えませんが、
ただ 食べること 味わうことは、生きる希望でさえある。
と 思うのです。

まず、おやつにゼリー ひとくち
それだけでも お父様は とっても喜んでくれるはずです。

責任は取るから!ぐらいの勢いで 話し合えば 施設側もノーとは言わないと思います。

こんにちは^^

施設の職員がいい顔をしないのには、おっしゃるとおり 窒息、誤嚥性肺炎などのリスクももちろん
ありますが、三食の食事介助をしなくて済むから 経管栄養でいてくれたほうが楽なんです。
入居者は他にも居ますし、手の掛かる方も沢山居るでしょうし、業務は山のようにあるからです。
職員の都合です。

本当なら、医師の了解を得たのですから ケアマネや、栄養士と相談の上
少しずつ経口摂取していいはずです。
施設側に 強く訴えてみてはいかがでしょう?

口から食べ物を食べ 噛み味わうこ...続きを読む

Q肺がんと間質性肺炎を併発してる場合の治療法について

はじめまして。
父が、肺がんと診断され、6月に手術を受けました。
右下の扁平上皮癌ということで、切除したのですが、直後に、間質性肺炎を発病し、一時危ない状態までいきました。

現在は、退院でき、ステロイド20mg服用と在宅酸素で、食欲もあり、軽い歩行は出来ておりますが、先月の検査で、肺リンパに再発が判明いたしました。転移している可能性もあるとのことです。

医師に、一度手術後、間質性肺炎になっているため、本来なら、抗がん剤、放射線治療をする段階なのですが、リスクが高いため、出来る治療は、緩和くらいしかないといわれました。


まだ、せっかく手術をしたのにすぐに再発で、もう緩和しかないとは本人には、言えず、健康保険外治療もあたっていますが、免疫治療は、出来ないといわれております。


肺がんと間質性肺炎がある場合、もう緩和しかないのでしょうか?なにか、治療法等ご存知なかたいらっしゃいましたら、お願いいたします。

Aベストアンサー

投稿しましたが、間質性肺炎について表現が曖昧になっていましたので再度記入致します。

間質はコラーゲン(膠原質)からなる結合組織ですが、結合組織をつくるのは繊維芽細胞です。
結合組織が破壊されるということは、繊維芽細胞が破壊されるということです。
何らかのウイルスとどのように関係するかと申しますと、
繊維芽細胞にウイルスが感染し、このウイルス感染細胞を白血球が異質な細胞として破壊するわけです。自己の繊維芽細胞を自己の白血球が破壊するということで、ある種の自己免疫疾患と言えます。

リウマチなど膠原病に併発することもあるということは、膠原病自体、繊維芽細胞の破壊ですから同様の疾患を意味します。また、抗癌剤などによる免疫低下によって、繊維芽細胞に感染する何らかのウイルスが増えて発症もするということにもなります。
治療は破壊している白血球の働きを抑えるステロイドなどで対処するのが一般的であり、ウイルスは放置されますから治すことはできないわけです。
(ステロイド等の免疫を抑制して治療する疾患のほとんどはウイルス性の自己免疫疾患です)
ハスミワクチンにより白血球の働き=免疫が活性化し、原因となるウイルスの排除が進む場合、感染細胞が減少しますから破壊は終息し、治癒にむかう可能性が高いということです。
その効果は期待できると私は考えます。

投稿しましたが、間質性肺炎について表現が曖昧になっていましたので再度記入致します。

間質はコラーゲン(膠原質)からなる結合組織ですが、結合組織をつくるのは繊維芽細胞です。
結合組織が破壊されるということは、繊維芽細胞が破壊されるということです。
何らかのウイルスとどのように関係するかと申しますと、
繊維芽細胞にウイルスが感染し、このウイルス感染細胞を白血球が異質な細胞として破壊するわけです。自己の繊維芽細胞を自己の白血球が破壊するということで、ある種の自己免疫疾患と言えます。

...続きを読む

Q徘徊について

私の気のせい…勘違いかも知れないですが、施設内を徘徊されている入居者の方は左回り(反時計回り)が多いような気がするのですが…なにか徘徊についてのいろんなデータがあるサイト又は文献をご存知の方教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「人間」「左回り」でググると結構出てきますよ。

Q間質性肺炎におけるステロイド治療について

間質性肺炎におけるステロイド治療についてお尋ねします。
私の友人がかなり重篤な間質性肺炎になり、やむなくステロイド治療に切り替えました。
量としては25~30ミリの大量投与でした。
結果、たくさんの副作用を発症し、先日亡くなりました。
遺族から相談を受けたのですが、亡くなる一ヶ月くらい前からステロイド投与量を5ミリ程度に大幅に減らしたそうです。
私の記憶では、ステロイドの投与をやめるとか、大幅に減少させると症状が急激に悪化すると聞きましたが、これくらいの量の減少は医学的に問題はないのでしょうか?
専門家のご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

文面から想像で書きます。事実と異なるかもしれません。

肺線維症は間質性肺炎の7つの分類のうちの一つです。また薬剤性の間質性肺炎もあります。エクセグランは間質性肺炎をおこす可能性はあります。

薬剤性の間質性肺炎であれば、薬を中止しステロイドを使えば治ります。病態のメインは肺線維症であったと想像します。肺線維症は間質性肺炎の中でも予後が悪く、ステロイドも効きません。次第に肺が線維化し機能が低下していきます。酸素が必要となります。

きっかけはエクセグランによる薬剤性間質性肺炎であったかもしれませんが、肺線維症により病態は悪化し、ステロイド導入となったが効果は薄く、効果がないため維持量のみのステロイドを内服し、亡くなる直前に感染症の肺炎を併発しそれが原因で急性増悪した、という流れであれば十分にありえます。

肺線維症であれば治療法はほとんどなく、避けられない結果であったと思います。

Q徘徊が心配...でもGPSはつけてくれない。どうすれば?

85歳の祖母についてご相談です。

体力、気力ともにとても元気だった祖母ですが、ここ1年さすがに認知症の傾向が出てきてしまいました。今日の日にちがわからなくなったり、約束を忘れたり、調味料を間違えたり、話が通じなかったりなど、いまはまだ生活に支障をきたすほどではないのですが、徘徊の心配なども少しずつ現実味が増してきました。

祖父と二人暮らしの祖母ですが、祖父も耳が遠く体が不自由なため見守りに限界があります。祖母も、つい最近まで元気に活躍していたプライドがあり、GPSを携帯することには抵抗があるようです。

なんとか気付かれず、あるいは了承をもらってGPSを携帯してもらう方法はないものか?
と思案しております。

どなたか経験談などでも助かります、よいアイデアをご存知の方いらっしゃいませんか?
アドバイスを頂ければと思います。

Aベストアンサー

こんにちは

携帯でもGPS着いているものがありますので
携帯を持たせるとか
小さな袋を作ってGPSを入れ洋服にこっそり付けておくとか

Q間質性肺炎の治療について(乞う専門家、経験者のアドバイス)

私の知り合い(69才、男性)が間質性肺炎と診断され、肺機能も正常な状態の60%であると言われました。この病気の専門家の方、又現に治療をされていらっしゃる方にどのような治療方があり快方に向かわれた方の治療方など教えていただければ有りがたいのですが・・・・咳きが出ますと発作状態で大変苦しそうではらはらします。

Aベストアンサー

たまたまこの質問を見ました。私の義父が間質性肺炎にかかりました。
大変発作もつらく年々咳がひどく辛くなっていきました。この病気は「難病」の種類に入ります。直接効く薬はありません。義父は入退院の繰り返しで去年亡くなってしまいました。7年この病気と闘っていました。60才で発病して67才で亡くなりました。医者にも「よくはならない」とはっきり宣言され、病気がひどくならないように付き合うしかないと言われました。
宣告どおり、よくはなりませんでした。
咳がとまらないと血液中の酸素が不足するのであまりひどいときは我慢せずすぐ医者へ行ったほうがいいです。
 快方に向かう話でなくてすいません。
病状がこれ以上ひどくならないようお祈りいたします。

Q徘徊者の対応

認知症徘徊者の対応に付いて
70歳男性、 毎日PM1:00~PM3:00ごろまで凶暴に成り徘徊をします。
(2階から1階に 2時間歩きまわる)
最近は厚かましくなり他利用者様の居室に入り住人が居ようが
押入れから衣類を持ち出します。
前に立ちはだかると 暴言を吐き喧嘩ごしに成ります。
又この時間帯 入浴時間と重なり 1階の利用者や職員に迷惑が
掛かります。
(1階の配膳前のおやつを台所に入り食べる事も有ります)
徘徊時間30分位で納得してもらえる 介護術が有れば教えて下さい。

Aベストアンサー

質問者様は、介護施設の職員ですね?
ご質問は、認知症で徘徊する利用者(入所者)さんへの対応についてですね?

1.
入所に際して
「他の利用者様に迷惑が及ぶ行為がある場合は退所を求めることがある…」
などの申し合わせがある場合は、退所をお願いすることも検討するケースです。
他の入居者様への介護の質が落ちることは、他の入所者様とご家族との契約違反になる場合があります。
施設での対応のキャパ内なのか、キャパを越えるのか見極めが必要です。

2.
ある施設の例
・フリースペース(徘徊ルームとも言います)として、自由に歩き回る空間を設けている施設もあります。
外の廊下からは自動ドアで入ることは出来ますが、フリースペースから出るためには、暗証番号を押さなければドアーは開きません。

・外部からのボランティアさんが付きっ切りで徘徊の付き添いをしている施設もあります。
また、ボランティアさんが話し相手やオセロや囲碁の相手をしてくれることで徘徊が治まったケースもあります。
 もちろん、認知症の方の相手ですので、正式なゲームにはならずに「なんちゃってオセロ」みたいな感じですが…


施設内のミーティングでは、どうなっていますか?
このようなケースの対応は、施設として方針を出すべきだと思います。
質問者様が一人で抱え込まないようにしてください。
ひと時も気を緩めることの出来ない苦労の多い職種ですよね。
質問者様、くれぐれもご自身の健康にも気をつけてご活躍くださいね。

質問者様は、介護施設の職員ですね?
ご質問は、認知症で徘徊する利用者(入所者)さんへの対応についてですね?

1.
入所に際して
「他の利用者様に迷惑が及ぶ行為がある場合は退所を求めることがある…」
などの申し合わせがある場合は、退所をお願いすることも検討するケースです。
他の入居者様への介護の質が落ちることは、他の入所者様とご家族との契約違反になる場合があります。
施設での対応のキャパ内なのか、キャパを越えるのか見極めが必要です。

2.
ある施設の例
・フリースペース(...続きを読む

Q薬の副作用による間質性肺炎発症後の治療について

82歳の母がリウマチ治療薬の副作用で間質性肺炎を発症しました。
5年程前から内服薬によるリウマチ治療をしていましたが、痛みが改善せず今年の6月からヒュミラという注射を始めました。その頃から食欲が低下しました。9月になりレントゲンを撮ったところ間質性肺炎がわかり、内科に2週間ほど入院しステロイドによる治療を行い、今のところ落ち着いています。
間質性肺炎の原因は、ヒュミラ又は5年前から飲んでいたリウマチ薬のどちらかと思われるとのことでした。

それで、お尋ねしたいのは、内科を退院後エンブレルという薬で治療を再開したことについてです。
ネットで検索すると、ヒョミラとエンブレルは同じ種類の薬のようですが、副作用は大丈夫なのでしょうか?また、副作用に結核もあり、母は若い頃結核患者と接触していたという話もしていたのでそちらも心配です。
現在リウマチの方は落ち着いています。手首の腫れも引きました。それでも治療は再開した方がよいのでしょうか?リウマチ治療はしないという選択肢はないのでしょうか?
整形外科の主治医は、一生リウマチ治療が必要と母に説明したそうです。

病気や治療について知識がないため、リウマチ治療で寿命を縮めるのではと心配しています。
どうぞよろしくお願いします。

82歳の母がリウマチ治療薬の副作用で間質性肺炎を発症しました。
5年程前から内服薬によるリウマチ治療をしていましたが、痛みが改善せず今年の6月からヒュミラという注射を始めました。その頃から食欲が低下しました。9月になりレントゲンを撮ったところ間質性肺炎がわかり、内科に2週間ほど入院しステロイドによる治療を行い、今のところ落ち着いています。
間質性肺炎の原因は、ヒュミラ又は5年前から飲んでいたリウマチ薬のどちらかと思われるとのことでした。

それで、お尋ねしたいのは、内科を退院...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)現在のところ母は、リウマチ症状もほとんど消え自立した生活ができています。
それで、副作用の可能性のある治療をわざわざしなくてもと思いましたが、そんな単純なことではないのですね。
(A)状態が良いのならば、悪化を覚悟で、
休薬するという方法もあります。

医師の方から、わざわざ悪化する可能性のある治療を
患者に勧めることはないと思ってください。
余程、状態が良くなって、薬をやめても良いと判断できる
場合でなければ、言い出せないものです。

なので、このようなことは、患者から言い出すことが重要です。
これも、医師との相談です。

Q痴呆介護とアリセプト

母の痴呆が進んでしまい、不安な毎日を送っています。
エーザイのホームページで、アリセプトがアルツハイマーだけでなく脳血管性痴呆にも効果有りなことが判明した。と出ていまして、少し光明が差した気分なのですが、介護者の見たアリセプトの効果はどんなものでしょうか?副作用やその対処法等体験者のお声を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

祖母が処方を受けたことがあります。 
薬に弱かったため(特に大きな病気も無く薬を飲みつけていない、体重が30kg以下、市販の風邪薬でも子供の量)薬の効き目より副作用が辛かったようです。医師にも肝臓に負担が出ているので薬は止めになりました。
祖母の場合、めまいと吐き気、食欲減退などがありました。多少はハッキリとした受け答えを出来るようになりましたが、副作用のほうが辛そうでした。
体力がある方や元々食欲旺盛な方であれば試す価値はあると思います。
とりあえず、医師に相談してみるのはいかがでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報