組み立て式の木製の飛行機(タウベという名前の飛行機発明初期のものです。鳩という名にふさわしく鳥の骨格のようなところが気に入り購入しました)模型を組み立てる際、部品1つ1つにニスを塗り、新聞の上で乾かしておりました。1度塗りの時はよかったのですが、2度塗りの乾燥の際、どうしても新聞にくっついてしまい、さんさんたる有様です。
 ここに質問するのは場違いかとも思いますが、もし木製のこまごました部品に水生ニスを塗る要領、注意点など、もしお答え頂けるのでしたら教えて頂けないでしょうか。
 木はかなり柔らかく、部品そのものは厚さが2ミリ強ほどあります。また部品の数は70か80か・・・そのぐらいだったと思います。
 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

縫い針または昆虫標本用の針多数と、大きめの油粘土を用意します。

油粘土は四角いまま新聞紙の上などに置いて、模型のパーツの気にならない部分(接合部など)に針の先を刺して、針を持ちながらニスを塗ります。塗り終わったら、針のお尻を粘土に刺して立てて乾かします。こうするとニスを塗るときにも塗りやすく、乾いた後も綺麗です。大きめのパーツには針を数本刺すなど工夫すると良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 眼から鱗の解決法ですね。さっそく試してみました。裁縫用の針もたくさんあったし。
 針が曲がりました。指につきささり、かなり痛いですね(笑)。薄い板を3枚貼り合わせたようになっており、真中の部分だけこげ茶色の木で多少硬めで針が刺さりにくくなっていました。
 出だしで痛い目にあいましたが、教えていただいたやり方は大変名案だと思います。不器用なので、ニスを塗ってから針を刺すようにしてみました。まだ1度塗りですが、自己満足に浸れる良い出来です。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/12 00:16

一度に全面を塗らないで1面だけ残しておいて乾かしてから、残った面を塗ったらどうでしょうか。


たっぷりと塗りすぎると垂れてくるので、薄く良く伸ばしたほうが良いですね。
あるいは、部品を並べておいてスプレー式のニスを吹き付けて、乾いたらひっくり返して残りの面に吹き付けるなんていうのも良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 実は、1度塗りのときは何の問題もなく、2度塗りの時にどうしてもくっついてしまうのです。朝日新聞の文字が逆に転写されている私のタウベ(笑)。
 部品ひとつひとつが小さい(といっても細かい模型に比べればほとんど平面だし塗りやすいのですが)く、数があるので早く仕上げようと焦ったこともあります。でも、2つめを買ってきても上手くいかず、詳しい方にお伺いしてみようと思いました。タウベが初めてのニスを塗る模型なのでスプレー式は初耳です。
 知識を新たにしました。ありがとうございました。
 

お礼日時:2001/01/12 00:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチョコエッグ未組み立て

チョコエッグやチョコQがオークションに出品されているのを見ると商品詳細に「未組み立て」ってよく書かれているんですけど、1度も組み立てたことがないほうが価値があるものでしょうか?プラモデルとかと違ってボンドでつけたりとかしないのでいつでもばらばらにできるとおもうのですが、何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

>1度も組み立てたことがないほうが価値があるものでしょうか?

そうです。
フィギアの場合、塗装されている場合が多いので、一度組み立ててばらすと、場合によっては、わずかに塗装がはがれる事もあります。
組み立てていないのならば、そういう心配はいっさいありません。
もっと端的に言えば、袋も未開封なら、新品。組み立ててばらしたら、中古ということだと思います。

Q組み立て人型ロボット

完成品でなく自分で作る人型ロボットを探しています。
人型ロボットで組み立て説明書付きの物。
また、ロボットコントローラー(無線のプロポ)対応。

Aベストアンサー

☆ツクモRobot王国

http://www.rakuten.co.jp/tsukumo/index.html

二足歩行組立てキット

http://www.rakuten.co.jp/tsukumo/487433/530578/

オプションの無線コントローラーを使用する事に
なると思います

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/tsukumo/487433/530578/

Q筆塗り塗装

プラモデルを筆塗りで塗装しているのですが、気泡が入ってしまいます。
どうすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

気泡が出来る原因のほとんどは塗料が濃い&筆に漬けすぎです。

まず塗料を溶剤で薄めてください。
適量はプラモのランナーを突っ込んで引き抜くとポタポタたれるレベルで、
糸を引く場合は濃すぎ、ジャーっと流れ落ちる場合は薄すぎです。

塗料をつける際は筆をビンに突っ込んでビチャっとつけるのではなく
筆先半分位までひたす程度にたれなくなるまで容器のふちで筆をしごきます。

筆は一定方向に走らせるように薄く塗るのですが、
この際塗りムラが出来てもその場で無理に直そうとせず
一回塗ったら完全に乾かしてください。
そして乾いたらまた同じように薄く塗り重ねます。
これを2、3回繰り返すとムラなく綺麗に仕上がりますよ。

ちなみに、
使用塗料がラッカー系の場合は、溶剤に加えリターダーも混ぜると
更に塗りムラが出にくくなります。
また、筆の毛の中に貯まっている空気を抜く意味で
塗る前に溶剤で筆洗いして塗らしておくといいかも知れません。

Qモデルガン組み立てキット

今モデルガンの購入を考えてるのですが、とりあえず形だけを楽しみたいので格安のものが欲しいです。
マルイの組み立てキットで3千円程度のものがあると聞いたのですが、どこに行けば購入が出来るのでしょうか?
インターネットで検索してもなかなか見つからないのですが。

Aベストアンサー

ネットでもいいけれど、「GUN」という雑誌、ご存知でしょう、こちらの広告からコンタクトする方法もありますよ、たいがい着払いで送ってくれると思います。
 どちらにお住まいか分かりませんが、一度モデルガンショップが集まっている上野御徒町のガード下商店街などを散策されるといいですよ、同じモデルでも仕上げが微妙に違っていたり、店によって値段が違っていたりしますから、実際に目で確かめることもしたいものです。

Q船のプラモデルの組み立てかた

最近急にプラモデルが作りたくなり、大和みたいな船のプラモデルを作ろうと思ったんですけど、多分普通にやったんじゃ、うまくつくれないと思うんですよ。で、戦艦とかのプラモデルの作るコツとかって何かありますか?また一般の方がやっているプラモデルのホームページで、見やすいのってどのへんでしょうか?なんて打って検索したらいいのかわからなくて・・・。

昔バイクのプラモデルを、色とか塗ってきれいに作ったことがあるんですけど、ほとんど作ったことがないので、あまりうまくないと思います。

なんか変な文ですが、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

下の人が言っているので大和は基本的には問題ないので(ただ、私の場合基本的には船体を先に塗ってしまいます)、ほかの艦種についての補足などを・・
基本的に上部構造物と船体は別々に仕上げていくというのが大前提です。上部構造物は非常に細かく、かつマストがある船は折れやすいですし(塗装時にうっかり触れて・・・ということが結構あります)、折れると後が大変なので、別々に組んでいきます。これは大和でも共通ですね。最後に上部構造物をくっつける形で作ります。
大体こんな手順でしょうか・・・
1 甲板、船体、船底を接着、塗装
2 上部構造物を組み立て(説明書と相談しながら、マスト等細いものはなるべく後につけるようにします)
3 上部構造物を塗装(日本の艦船ならば大体一色)
4 船体と上部構造物を接着
5 機銃などを塗装した後接着(接着した後塗装という方法もありますが、これはガッチリつ接着できる反面、塗りにくいという弱点があります)
6最終仕上げ
という具合でしょうか。煙突も上部が黒ですから、塗り分けた後に着けたほうがよいかもしれません。
では、それぞれの艦種について・・・
空母:基本的には戦艦と同じです。ただ、甲板が広いため、甲板を別に塗装してから船体と接着という方法が多いです。そうしないと下甲板が塗れなくなったりします(特に日本の空母では、艦首のあたりは支柱で支えている艦が多いので重要です)

巡洋艦:基本的には戦艦と同じです。ただし、全体的に細かいので戦艦よりも取り扱いに気を使います。軽巡洋艦はさらに小さいですし・・・
駆逐艦:とにかく小さいです。塗装をうまくやらないとなんだかオモチャっぽくなりますので、結構難しいです。ある程度ディティールアップができるようになってからのほうがよいかもしれません。
潜水艦:良くも悪くも簡単なつくりが多いです。もともと上部構造物が艦橋くらいしかないので、それほど難しいという印象はないですが、駆逐艦と同じく塗装で見せるという面が大きいです。
なお、練習用の艦としてよいのは・・・重巡洋艦でしょうかね。値段は2000円ちょっとですが、このごろ新規金型で再販が多い艦種ですので、すんなり組みあがります。なので塗装の練習にはよいです(アオシマの鳥海なんかは近年の再販なのでかなり組みやすいです)。
ほかにはイギリス、アメリカの戦艦も安くて結構合わせがよいです。ただしこれらは塗装が「迷彩」のため、きれいに仕上げるには上部構造物も船体もすべてくっつけてから上部構造物の上まできれいにマスキングする技術が要求されるため、かなり大変です(プロモデラーさんもこのあたりは苦戦しているようです)。
軽巡洋艦は、安いのですが金型が昔のままのが多いため(まだ再販されているのが少ないです。重巡洋艦にくらべて人気が薄いのとマイナーなのが原因)、組み立てるときにバリやヒケが結構あるかもしれません。
ですが、そういった合わせ加工なども、練習のうちと思えば、安い艦もよいと思います。
ただ・・・お勧めできないのはアオシマの古いキットですかね。俗に言う「昔のアオシマ」のできというもので、合わせ、ディティールともによくないです・・・

下の人が言っているので大和は基本的には問題ないので(ただ、私の場合基本的には船体を先に塗ってしまいます)、ほかの艦種についての補足などを・・
基本的に上部構造物と船体は別々に仕上げていくというのが大前提です。上部構造物は非常に細かく、かつマストがある船は折れやすいですし(塗装時にうっかり触れて・・・ということが結構あります)、折れると後が大変なので、別々に組んでいきます。これは大和でも共通ですね。最後に上部構造物をくっつける形で作ります。
大体こんな手順でしょうか・・・
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報