[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

韓国の歴史を調べているのですが、韓国併合直前の韓国の軍事力がどの程度のものだったかが分かりません。
組織された軍隊はあったのでしょうか?また、戦闘機や軍艦などはあったのでしょうか?
どんなことでも構いませんので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

韓国併合直前の軍事力ということですが、この場合大韓帝国は国としての歴史そのものがあまりにも浅く、またこの時点で日本の干渉を大きく受けていたこともあるので除外するとして、やはり日韓併合直前まで2世紀続いた李朝の軍事力と考えた方がいいかと思います。



ということで李朝末期の政府軍(官軍とも呼んでいます)の軍事力を述べますと、当時陸海空のうち陸軍と海軍がなんとか存在していました。何とかというのは当時の李朝は外からの侵略というものをまったく想定していない政府であり、また当時の宗主国であった清国の軍が各地に駐屯していたこともあって、見るべき軍事力はほとんどないというのが実情です。つまり国としての防衛力はほとんど清国に他力本願していたということです。これは李朝時代の政府官僚が軍事にまったく関心を持っていなかったことにも由来します。

とはいえ末期の李朝公式文書には軍事力について、その当時8つあった道(日本の県にあたります)にそれぞれ10万人前後の兵力を置いていたとあり、総計で100万弱の兵力が存在しているとあります。
これだけをみれば立派な軍事力なんですが、これには大きなからくりがあり、当時李朝は国民皆兵を基本としていて、両班(貴族のようなものですね)を除くすべての国民(といってもほとんどが農民ですが)を徴兵することになっていました。

しかし徴兵してもそれらを訓練したり、また食わせたりする財源が恒常的になかったため結局この国民皆兵制度は形骸化し、単に国威発揚のためと税金(人頭税)を取りこぼさないため、数字だけが一人歩きしたままになっていました。

海軍力については、これも海軍力としての艦艇や兵器には見るべきものはなく(というか存在していなかったと言う方が正確ですが)、単に海軍という制度だけがあっただけと考えてもいい程度です。ただ日本の海軍艦艇に砲台から砲撃をしてこれを撃退したという記述がある文献があるのですが、これが本当なら砲台の管轄が海軍だった可能性もありますが、正直に言えばこれの確証はありません。

陸軍は現在手に入れられる資料で言えば、当時1万人前後の兵力があったことだけは確かです。これはソウルに2個侍衛隊(連隊程度です)、各地に少数部隊の鎮衛隊を合計した数です。ただこれらのほとんどは対外用の兵力ではなく、国内治安用と近衛兵的な存在だと考えられます。
当時の伊藤博文が朝鮮併合時に朝鮮軍の解散を命じ、約9千人の兵士が追放されたとありますので、これに符合するかと思います。

位についてですが、李朝時代の軍人の階級はそれほどシステマティッ久なものではなく(他のすべてもそうなんですが(-_-;))、大将(テジャン・少々から大将までの将軍です)、兵使(ピョンサ・道を担当する軍の指揮官クラス)、営将(ヨンジャン・連隊長クラス)、中軍(チュングン・大尉)監牧官(カンモククヮン)、別将(ピョルチャン)と別れていましたが、大将・兵使などは官僚が兼任してしたことからも、軍事に重きを置いていないことが伺えると思います。

さらにその軍事力ですが、朝鮮半島最大の兵器庫がソウルにありましたが、そこには50門の中国製の旧式大砲と近代戦争にはとても使えない甲冑が数十着、それに若干の小銃があっただけでした。最大の兵器庫がこれですので後は想像しても無駄なほどの軍事力でしょうね。

とはいえ併合前には近代軍隊の必要性を感じ、清の在朝鮮駐屯軍から訓練を受けたこともありましたが、その規模は200人にも満たないものでした。またこれらの軍隊に関しての文献などがほとんど皆無であることを考えれば、どれほどのものだったのかが容易に想像できると思います。結論から言えば小銃と朝鮮刀で武装しただけの前近代的な武装集団ということだったと思っても間違いはないかと思います。


日韓併合後これに反対した国民が蜂起し、農民軍、両班・郷吏(地方役人)が組織した民堡軍(義兵とも呼ばれました)、各地方の警備兵によって組織された砲軍などがあり、その数は数十万を超えていましたが、これは正規軍ではないので参考にならないかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変詳しく教えていただき、とても参考になりました。

お礼日時:2006/11/11 21:17

朝鮮李氏王朝は中国と冊封関係を結び、朝鮮半島における統治権を保障されていました。

 国政は科挙の試験に合格した文官が行っており、軍事力は発展しませんでした。 
20世紀に入り、日本の管理下に入り、1910年7月24日には第三次日韓協約を結んで内政権を日本が掌握します。 そして、直後の8月1日には大韓帝国の軍隊を解散させるに至ったのです。
これを不満とした元兵士などを中心として、抗日目的の反乱が起きます。しかし、兵のほとんどが旧式の武装しか持たず、兵としての練度もなかったためにほどなく鎮圧されてしまいます。
もともと、軍隊としての存在意義が薄かったための解散でもありました。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9F%93% …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2006/11/11 21:18

 ザッと調べて、正確な人数はネットで発見することはできませんでした。

が、推測する手掛かりはありました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE% …
を元に考えてみます。ここで、将校のリストを約し、纏めると
中将2、少将2、
陸軍歩兵中佐2、陸軍歩兵少佐2、陸軍歩兵大尉6、陸軍歩兵少尉2
陸軍工兵少佐1、陸軍工兵中尉1。
陸軍騎兵少佐1、
陸軍砲兵大佐1、陸軍砲兵少佐1、陸軍砲兵大尉2、
こんな陣容の軍隊があったようです。
 最高位の中将が2人、少将が2人がいますが、その下の佐官・尉官クラスの数があまりおらず、かなり偏った編成です。さらに、ここでは合計するために無視してありますが、所属が侍従武官などの儀礼的なポストであって、実際指揮を執るモノでは無さそうです。

 歩兵大尉の数だけ歩兵中隊(一般的に200人位とされています)がいたとすると、歩兵1200人位、なんでしょうか。
 その他、騎兵、工兵、砲兵がちょぼちょぼとついて、私の個人的な目算では最大2乃至3000人位なんじゃないかなぁ、と思えます。ただし根拠はありません。

 これに先だち、明治42年に、大韓帝国軍を廃し、「親衛府」という組織に改組しています。この時に独自の士官養成を止め、日本に委託するようにさせています。
http://www.geocities.jp/nakanolib/etc/colony/rr0 …
 また、これとは別に、近衛歩兵、騎兵隊を朝鮮歩兵隊・朝鮮騎兵隊として存続させています。これも規模不明ですが、数百人規模のような感じです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%A1%9B% …

 また、海軍はなく(そもそも海防は宗主国たる清に丸投げしていたので、それが日本に変わっても同様)、飛行機は登場しているモノの、軍が組織的に運用する段階ではありませんでした(ちなみに日本での初飛行が、明治42年です)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
あまり大きな組織ではなかったようですね。

お礼日時:2006/11/11 21:16

時代から言って、飛行機は存在しません。


また、併合直前の韓国は、日本の保護領という扱いだったので、軍隊というより警察機構に順ずる程度のものだったでしょう。
軍艦は長年の鎖国政策もあり、必要なかったと思います。
いずれにせよ、国家としては浪費のツケで経済的に困窮していたので、十分な人員・装備を整えるのは、不可能であったのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
飛行機はまだだったんですね。

お礼日時:2006/11/11 21:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓国人が一発で黙る歴史の真実

東アジアでは昔から「王」は「皇帝」の家来です。
従って朝鮮王と名のることは中国皇帝の家来ですと宣言することです。(日本は天皇がいた。)
このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

Aベストアンサー

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。

>このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

私も激しくなる事はあっても黙らないと思います。
まず、李氏朝鮮は古くは明、後に清に冊封していた事は明らかです。
韓国でどういう歴史を教えているか知りませんが
嘘の多い韓国の大河ドラマですが「チャングムの誓い」「イ・サン」「トンイ」で世子(セジャ・次期朝鮮王)、世孫(セソン)を世継ぎとして明や清に認めてもらうと言う場面が多々あります。
少なくとも、李氏朝鮮は明や清に朝貢、冊封していた事は認めています。
もし、そう言う認識が韓国に無いのならばこのドラマを作った監督は韓国マスコミや民衆に袋叩きになっていると思います。

中国に対しても韓国5000年の歴史と大統領が発言したりして中国より歴史があると言ったりしています。歴史観でほんの少しでも日本寄りの発言をすると韓国メディアや国民から袋叩きにあって社会的に抹殺されます。
それがソウル大学の教授でもですよ!
まだ、社会的な抹殺で殺人でないだけ良いですが…
(添付YouTubeを見てください)

韓国の有識者は日本併合(植民地)時代の本当の歴史等を知っているとは思いますが全体としては臨時政府などと言い方を変えたり、テロリストを反日であれば英雄にしてしまうように都合のいい歴史観にしています。
考古学的に何の検証もしていない神話レベルの話で韓国5000年の歴史と大統領が発言してもはばからない国です。
現在は日本は、歴史は歴史で神話とは別というのが日本人の共通認識のはずですが韓国人がどこまで区別しているのか、全く分かりません。

何せ、韓国では日本は悪でなくてはならない国であり、韓国は常に正義であり善であると教えている国です。
今の韓国には日本人が何を言っても逆なでする事はあっても肯定する人はなく無駄な気がします。
多少の隠れ親日派は作れるかもしれませんが公に口にする人はいないと思います。
韓国で権威のある歴史学者、大学の教授の発言でも親日でなくとも日本を少しでも擁護する内容であれば叩かれます。

李氏朝鮮末期の記録は欧米の記録や写真などが多少なりとも存在しています。
そう言った物、資料を直視する韓国人は少ないのです。
今の韓国と日本で歴史観を埋めようとしても一方的に韓国の歴史観を押し付けられるだけです。
今のうちに、そう言った客観的な資料を集めておくとか、日本、中国の文献を集めておくとか準備しておくくらいしかないと思います。
あまり人の事を言える立場では無いですが慰安婦問題なら「韓国軍のベトナム人大虐殺」「米軍慰安婦」とかで対応するしかない。

添付YouTubeでも言っているように
韓国とは暫く距離を置いて付き合うのが無難だと思います。

【日韓問題】 韓国人から見ても異常な…韓国人ブロガー・シンシアリー氏 .
↓↓(YouTube)

https://www.youtube.com/watch?v=cluHbI5i7gU

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。

>このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

私も激しくなる事はあっても黙らないと思います。
まず、李氏朝鮮は古くは明、後に清に冊封していた事は明らかです。
韓国でどういう歴史を教えているか知りませんが
嘘の多い韓国の大河ドラマですが「チャングムの誓い」「イ・サン」「トンイ」で世子(セジャ・次期朝鮮王)、世孫(セソン)を世継ぎとして明や清に認めてもらうと言う場面が多々あります。
少なくとも、...続きを読む

Q朝鮮の李王家はなぜ再興できなかったのか?

朝鮮の歴史についての長年のギモンです
かつての李氏朝鮮(この呼び方はヨロシクないそうですが)は、長年の内紛や日本を中心とする列強の圧力により、最終的に当時の日本の併合され以降「日帝36年」の時代が続きます。朝鮮の皇族方は東京に送られ(招かれ?)以後日本の"準皇族"として赤坂(紀尾井町でしたっけ?)にお住まいになることになったそうです。
日本が連合国に降伏し東アジアが 西欧列強+日本 の支配から開放された後、当のエリアが次々と国家として独立を果たす中で、朝鮮半島も南北に分かれながらも一応の独立政府を持つに至ります。

このとき..朝鮮半島の人々の中には李王家についてどのような感情をもっていたのでしょうか?
シロート考えでは、儒教の盛んな国とのこと
「独立回復の暁には、何よりもまず苦労された皇族方をお迎えしてダナ...」
なんて動きがあったのかとおもいきや、どうもそういう話は聞きません。
それどころか、当の皇族方は日本に居続けたような話も聞きます。
独立後の当時の半島の人々の李王家に関する扱いや、想いがどのようなものだったのか?
なぜ、李王家は再興できなかったのか?
後存知の方があれば教えてください。

朝鮮の歴史についての長年のギモンです
かつての李氏朝鮮(この呼び方はヨロシクないそうですが)は、長年の内紛や日本を中心とする列強の圧力により、最終的に当時の日本の併合され以降「日帝36年」の時代が続きます。朝鮮の皇族方は東京に送られ(招かれ?)以後日本の"準皇族"として赤坂(紀尾井町でしたっけ?)にお住まいになることになったそうです。
日本が連合国に降伏し東アジアが 西欧列強+日本 の支配から開放された後、当のエリアが次々と国家として独立を果たす中で、朝鮮半島も南北に分かれな...続きを読む

Aベストアンサー

戦中、李王家は日本の皇族と同じ待遇を受けていました。(日本政府からです)
朝鮮本国からはかなり批判の的でした。(なんせ自分の国にいず、いわば敵国(のような存在の日本)でのうのうと暮していたのですから…実際はかなり情報が入らない状況に王家側がされていたのですが
で、戦後のGHQの指導により、皇族解体がなされます。他の臣民降下(ですか?)した元宮家には、天皇側からの下賜金(が何円か出て、高額な税金対策に対応したそうです)が出たのですが、準皇族であったこと・夫の李垠が陸軍に所属していたこと(戦犯者に属します)・他国の王朝の人間だったことによりもらえませんでした。(ただし所有地に高い税金はかかったので家屋敷は手放さねばなりませんでした)

日本では皇族ではなくなったため、朝鮮本国への帰国を希望しましたが、当時(1948年から)韓国では李承晩政権がはじまりました。彼は李王家の分家筋にあたる人でした。李垠・方子夫妻が帰国すれば直系の方に人気が行くことを恐れて、反日教育をし、李王家は日本に朝鮮を売ったのだと言い、彼らの帰国を許しませんでした。ようするに新政権には邪魔な存在だったのです。VISAの発給もしてくれなかったそうで、長い間無国籍状態で日本で生活していました。

また、李王家の直系は韓国併合時代に死んでいますし、李垠の妹の徳恵姫は元対馬藩主と結婚したものの精神病を患い、日本で入院していました。李垠・方子夫妻は日本、夫妻の息子はアメリカに留学してましたので、戦後の李王朝は直系がいなかったため再興されなかったのだと思われます。実際、李垠・方子夫妻・徳恵姫が帰国できたのは李承晩政権が倒れた後で、日韓の国交正常化が結ばれた後で、1960年代に入ってからでした。(既に国が成り立っていることと、帰国当時の李垠は脳血栓により意識が既になかった状態から再興の考えは上がらなかったようです。息子もずっとアメリカに永住していますし、奥さんはアメリカ人だったかな?)

韓国国民のほうはそんなに李王家に対し嫌悪的な感情は持っていなかったそうで、あまりにも冷遇を続ける李承晩元大統領のほうの人気が下がったらしいです。
しかし、李垠・方子夫妻の帰国前・後でも方子妃が日本人だというのはかなり冷たい目でみられたそうです。

北朝鮮の方はソ連指導下に置かれたため、全く音信不通でした。

戦中、李王家は日本の皇族と同じ待遇を受けていました。(日本政府からです)
朝鮮本国からはかなり批判の的でした。(なんせ自分の国にいず、いわば敵国(のような存在の日本)でのうのうと暮していたのですから…実際はかなり情報が入らない状況に王家側がされていたのですが
で、戦後のGHQの指導により、皇族解体がなされます。他の臣民降下(ですか?)した元宮家には、天皇側からの下賜金(が何円か出て、高額な税金対策に対応したそうです)が出たのですが、準皇族であったこと・夫の李垠が陸軍に所属していたこと(戦...続きを読む

Q朝鮮出兵が大河ドラマ(等の時代物)に取り上げられない理由

文禄・慶長の役に関する質問です。

天下統一を成し遂げた秀吉はその勢いで朝鮮半島に兵を送り、日本軍は連戦連勝で李氏朝鮮の首都漢城を陥落させるなど目覚ましい働きをしています。
派兵されたのは毛利、島津、加藤、宇喜田、黒田、小早川など戦国のヒーロー達で、明の大軍と日中韓三国入り乱れて戦う様子は戦国のオールスターが外国と戦う、エキサイティングでスリリングなもの(近世以前の戦争はありふれた政治手段なので近代以降のように”悲惨”という枠で捉えてはいけないと思います。そうなればチンギスハンは極悪人ということになってしまいます。)だったと思うのですが、ほとんどテレビで取り上げられたことはなく、高校の歴史教科書でも秀吉が朝鮮半島に出兵し秀吉の死とともに引き揚げたと書いてあるだけで、普通の人はあまり知識がないと思います。NHKの「その時歴史が動いた」にも取り上げられたことがありませんし。

この戦国の”夢のオールスター”文禄・慶長の役はなぜテレビで取り上げられてこなかったのでしょうか?(日本が中国・韓国に迷惑をかけたからだとしたら、日中戦争の方が遥かに生々しいのによく取り上げられています)

文禄・慶長の役に関する質問です。

天下統一を成し遂げた秀吉はその勢いで朝鮮半島に兵を送り、日本軍は連戦連勝で李氏朝鮮の首都漢城を陥落させるなど目覚ましい働きをしています。
派兵されたのは毛利、島津、加藤、宇喜田、黒田、小早川など戦国のヒーロー達で、明の大軍と日中韓三国入り乱れて戦う様子は戦国のオールスターが外国と戦う、エキサイティングでスリリングなもの(近世以前の戦争はありふれた政治手段なので近代以降のように”悲惨”という枠で捉えてはいけないと思います。そうなればチンギ...続きを読む

Aベストアンサー

個人的には、文禄・慶長の役の大河ドラマ化は、日韓関係で問題が多い今の情勢では難しいと思います。

大河ドラマの場合、作成するのはNHKです。
国民から視聴料を取る公共放送というのが建前ですが、外国から見れば日本政府の代弁者みたいなものです。
たとえエンターテイメント作品とはいえ、作品中で述べられた史観が日本政府もしくは日本国民の公式見解だと受け止められかねません。

元寇のように、歴史的な評価もかなり定まり(さすがに神風うんぬんは、戦後数十年経った今、一般国民は誰も信じなくなりました)、またクレームをつける国も無ければ別ですが、文禄・慶長の役についてはまだ隣の国から多くの文句が飛んできそうです。

しかし、かつての文禄・慶長の役(韓国では壬申倭乱)については、韓国側でも自国の問題点についてそれなりに問題点は認識してますし(基本的には国の政治・軍備に不備があり過ぎた)、日本でも豊臣秀吉の暴走という見方がそれなりに定着してますので、イデオロギー色の少ない識者を選抜すれば、割と客観的なドラマ作りは可能かと思っています。


余談ですが、嫌韓論の広まりからか、李舜臣について奇妙な評価が広まっているようです。
客観的に見れば、李舜臣は十分名将ですよ。
限られた兵力を有効に活用するには、ゲリラ戦をせざるを得ません。
李舜臣を批判する人は、同じくゲリラ戦を活用して奮戦した楠木正成も批判しなければ、公平とは言えないでしょう。
また、遠征軍の補給を絶つという戦い方は、戦略的に見ても非常に有効な手段です。(理解できない人は、ナポレオンのロシア遠征で、ロシア側がとった焦土戦術を勉強されたし)
参考:『焦土戦術』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A6%E5%9C%9F%E6%88%A6%E8%A1%93

さらに重要な会戦には、正面から挑んで戦術的な勝利を収めています。
(参考:『鳴梁海戦』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%B4%E6%A2%81%E6%B5%B7%E6%88%A6)

戦死した露梁海戦(参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%B2%E6%A2%81%E6%B5%B7%E6%88%A6)についてはさすがに疑問を感じますが、仮に生き残ったとしても、宮廷の政争に巻き込まれて失脚するか死を賜ることになったでしょうから、討ち死にして名誉を残したことは、かえって本人にとって良かったかもしれません。

ついでに言えば、李舜臣が自国の国民から略奪したという史実は記憶にないのですが。(清野の計といって、李王朝が政策的にそうしたことは、知っています)


文禄・慶長の役は結果としては日本の負け戦ですけど、局地戦を見ればすごい戦いも幾つかあります。
特に『泗川の戦い』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%97%E5%B7%9D%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84は、「島津すんげーえっ!」の一言です。国内の戦いで、この時の島津軍以上の戦果を上げた戦いは、他には無いんじゃないかと思います。

今すぐは無理でしょうが、私も文禄・慶長の役の大河ドラマ化(もしくは四時間くらいの長さで映画化)を期待します。

個人的には、文禄・慶長の役の大河ドラマ化は、日韓関係で問題が多い今の情勢では難しいと思います。

大河ドラマの場合、作成するのはNHKです。
国民から視聴料を取る公共放送というのが建前ですが、外国から見れば日本政府の代弁者みたいなものです。
たとえエンターテイメント作品とはいえ、作品中で述べられた史観が日本政府もしくは日本国民の公式見解だと受け止められかねません。

元寇のように、歴史的な評価もかなり定まり(さすがに神風うんぬんは、戦後数十年経った今、一般国民は誰も信じな...続きを読む

Qなぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なの

なぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なのでしょう?

米国アメリカ海軍の原子力潜水艦より性能が上な理由を教えてください。

Aベストアンサー

>なぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なのでしょう?

音が静かで深く潜水できるからです。

まず、日本の海上自衛隊のような通常動力型潜水艦と米海軍の原子力潜水艦とでは使われ方が全然違います。

原子力潜水艦は速度が速いが音がうるさい、だから敵に見つかる可能性が高い。
原子力潜水艦の使われ方は、敵を攻撃したら後はバンバン音を出して高速で逃げる戦法。

通常動力型潜水艦は速度は遅いが音は静か、だから敵に見つかる可能性は原子力潜水艦より低い。
通常動力型潜水艦の使われ方は、敵を攻撃したら見つからないようにひっそりと隠れる戦法。

どっちの戦法を使うかですよ。
敵に見つからないようにひっそりと隠れる戦法では日本の海上自衛隊の潜水艦の方が上なんです。

ただ見つかっちゃったらもう終わりですけどね。速度が遅いので逃げ切れない。

Q秀吉の朝鮮出兵時の明の兵力

秀吉が朝鮮出兵した時に明が属国契約していた朝鮮を助けた明の兵力が数万というのですが、この頃の明というのは既に弱体化していたのでしょうか?
中国というと、三国志のときは何十万という兵力でぶつかり合っていたというイメージがあるのですが、もうこの時代は多くの戦力は持たなかったのでしょうか?
また、馬に乗って槍や大きな剣で敵をなぎ倒し、弓矢もすごいという印象があるのですが、結局は鉄砲には勝てなかったということでしょうか?それとも、戦国時代に鍛え上げられた武士はそうとう強かったということなのでしょうか?
それなら、清の時代に欧米の列強にいいように食い物にされた理由も納得できるのですが。

Aベストアンサー

明の朝鮮に送った援軍は、文禄2年正月李如松の
率いた、4万人余りと知られています。
日本軍が撤退したあと、しばらく駐留していた
明軍は2万4千といわれていますから、総数5万
以下でしょう。

少な過ぎるようですが、下記を知ると理解出来ます。

明の軍制では全国の5都督合わせて319万人もの
大軍でしたが、この頃は明は経済的に疲弊しており
実際は60万人程度であったと推定されます。
数万の援軍でも400万両もの戦費を費やし、明は
さらに疲弊し戦後僅か40年後に滅亡し、清に代わり
ます。
(鄭和の大艦隊航海と朝鮮援軍、明を滅ぼす)

中国はもとより、朝鮮も日本も経済的にも大きい
損失を受け何とも不毛の戦でした。

  上垣外 憲一 「文禄慶長の役」 参照

Q韓国ドラマ ホジュン 朝鮮王朝の品階と職名

韓国ドラマ ホジュン 朝鮮王朝の品階と職名

主人公であるホジュン
最後は正三品 堂上官の品階を与え、御医になりますが

途中の品階がどうなったのが・・・2階級特進した時もあった見たいですが・・・・

最初にどの品階(職名)与えられて・・・
どのように上がって行ったかがドラマを見ても良く判りません

特に直長から僉正の間が良く判りません
(見てない話がある)

韓国ドラマ通の方・・・宜しく願います

Aベストアンサー

直長から検正の間はドラマでは描かれていません。
参奉から直長へは特別功労による飛び級で、その後、主簿への昇進内定が出ましたが、
過去の罪が明るみに出ることによってうやむやになってしまいました。
ご存知のように、恩赦は受けましたが、その後直長のまま放浪に出て一気に話が飛びます。

経国大典関連の資料を見ても、現実的には余程のことが無ければ飛び級と言うのはほとんどありえないような制度でしたので、
年数も相当ですから、数年の放浪の後内医院に戻り、主簿、判官、僉正と順当に昇進したものと思われます。

もしかすると途中ならネタバレになるといけないので詳しくは書きませんが、許浚は正三品堂上官が最終位ではありません。(^^;
もし、ご存知でなければまだ見所が有りますのでお楽しみに。
私は、イェジンの心情を絞り出すような弁明がとても心に残っています。

Q明治期、日本より朝鮮が近代化が遅れた理由

ネットを眺めていまして、韓国の方の主張として日本が明治期に近代化に成功して朝鮮半島がその後塵を拝した理由は、単に西洋文明に接した機会がたまたま日本が早かっただけだ、と言うような主張があり、どうも多くの韓国の方の意見も共通しているように思えるのですが、本当にそうなのでしょうか。
私の漠然とした印象としては、江戸時代に日本が到達した農業生産性の伸長や各地の豪商や豪農といった新興市民勢力の台頭、世界的にも類例を見ない市民文化の発展など多くの現象が、総合的で潜在的な国力を形成し明治期に一気に日本を列強の座に押し上げ、一方では朝鮮は過酷な身分制度に汲々としほとんど社会発展も人口の増加もなく、その差が日朝の差となって現れてその後の併合へとつながっていったと感じます。
坂本龍馬がどうしたのと偏狭なヒロイズムではとうてい理解できない歴史の底流がそこにはあると思うのですが、一方の朝鮮半島の社会発展史というべきものに何の知識もないので判断がつかないところでもあります。
他国への誹謗が質問の目的ではありませんので、事実レベルで近代化の遅れを論点とした日本と朝鮮の歴史の違いというものをお教え頂ければと思います。

ネットを眺めていまして、韓国の方の主張として日本が明治期に近代化に成功して朝鮮半島がその後塵を拝した理由は、単に西洋文明に接した機会がたまたま日本が早かっただけだ、と言うような主張があり、どうも多くの韓国の方の意見も共通しているように思えるのですが、本当にそうなのでしょうか。
私の漠然とした印象としては、江戸時代に日本が到達した農業生産性の伸長や各地の豪商や豪農といった新興市民勢力の台頭、世界的にも類例を見ない市民文化の発展など多くの現象が、総合的で潜在的な国力を形成し明...続きを読む

Aベストアンサー

 専門外ですが,儒教かなと考えます。
 なにも,日本人が優れているとかに結びつける気はないのですが,

第1点
 儒教は強く師を尊敬し,乗り越えてはいけないものと捉えがちと
伺いました。
 そこへ,西欧文化がやってきた場合,
師はわからず,
子弟はこれを超えてはならないでは西洋文明は根付きにくいでしょう。

第2点
 庶民の教育水準が挙げられます。
 日本は,寺子屋で文字やそろばんを習い,活用していました。
「沢三伯=高野長英」といった 判じ物さえ町民文化で,皆楽しんで
知識を使っていました。ご存じの事恐縮ですが,沢三伯を解いて
捕縛に至ったのは岡っ引き(=町人)です。金の力で武士株を
売り買いもしており,自分の向上に熱心でした。西洋蒸気船内部を
を見ただけで再現してしまったのも,鉄炮や大砲の炸裂弾の,西洋を
上回る品質での改良を行ったのも庶民の大工や鍛冶です。

 一方韓国は 清廉な士族と両班による中央集権が徹底し,
まして,父系血族関係を重視する社会では日本のような
士族株の売り買いや,そこへ婚家することもかないません。
 これはもう少し調べる必要があるのですが,
農民は,ほとんど小作で恐らくは士族の異動に付随して,
一つのマウル(村)に定住することなく,移動をくり返して
いたようです。向上の途はなく,これでは庶民パワーは引き
出されにくかったでしょう。

 第3点
 江戸の研究が進むと,地方はさておき,江戸の女性は結構
発言権があったようです。このためか,レディーファーストの
文化が日本に入るやいなや,早くから女子大などができ,
ある意味,内側から西洋文化が花開きました。

 韓国では,ほんの10数年前まで男子を産まない嫁の地位
たるやで,そのような参画は困難だったでしょう。
 先の見える女性は先を争って改宗し,米国・カナダなどに嫁いで
行きました。(そこら辺から韓国の主張が米国方面により重く
信じられている理由が派生するのだとか・・・)

 では駄文ご寛恕にて・・・

 専門外ですが,儒教かなと考えます。
 なにも,日本人が優れているとかに結びつける気はないのですが,

第1点
 儒教は強く師を尊敬し,乗り越えてはいけないものと捉えがちと
伺いました。
 そこへ,西欧文化がやってきた場合,
師はわからず,
子弟はこれを超えてはならないでは西洋文明は根付きにくいでしょう。

第2点
 庶民の教育水準が挙げられます。
 日本は,寺子屋で文字やそろばんを習い,活用していました。
「沢三伯=高野長英」といった 判じ物さえ町民文化で,皆楽しんで
知...続きを読む

Qレオパルト2が最強と言われる理由

レオパルト2が最強と言われる理由

現在の西側先進国が保有する第三世代戦車のうち、レオパルト2が最強だと言われている理由は
何でしょうか?
また、よく戦車ランキングが出ますが、これも大方どのような評価の元ランク付けしているのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 この質問に本気で応えようと思えばいったい何時間掛かるのか分かりません。ということでざくっと回答すれば、正直いろいろな分野で様々な兵器が世界最強という言葉を冠されていますが、これらが果たしてどのような視点から見た世界最強なのか、誰もその答えは持ち合わせてはいないはずです。もっとも限定的に言えるなら、やはり数次の実戦を経験したM1エイブラムスが最強の言葉にふさわしいかもしれません。

 とはいえこの手のランク付けは、簡単に言えば単なる主観的な問題でしかないといえるのではないでしょうか。レオパルド2が世界最強の戦車というタイトルを付けられたのはずいぶん昔のことですが、その当時でもかなりの攻撃力と斬新な機能や防御力をもった戦車が世界中にありました。それでもレオパルドが最強のタイトルを持っていたのは、やはりレオパルドが先鞭をつけた先進的な攻撃、防御、機動性能を各国の軍隊が後追いしたことによるものと、なんといっても第二次世界大戦でのあの病的ともいえる、しかしあまりも魅力的だった戦車開発の歴史を、世界の陸軍が忘れきれないでいるからでしょう。

 現代の戦車戦はあらゆる要素と資源をシステム的に機能させなければ、とても戦い抜けないほど複雑になっています。広大な開豁地で大量の数の戦車同士が戦うという構図は、湾岸戦争で終焉を告げたと考えていいかと思います。現在は極言すれば一人の歩兵が携帯したATMであっさりと撃破されるほど、対戦車兵器は劇的な進歩を遂げています。イラク戦争(第二次湾岸戦争)ではあのM1エイブラムスでさえも、イラク兵のRPGで撃破されています。しかもHAがです。

 それぞれの戦車の各能力を数値化して、これを比較すれば確かにそれなりにランク付けは出来るでしょう。しかし実際に360度全てが戦場になっている場所で、この数値は何の意味も持ちません。必要なのはトータルシステム的な戦車部隊とその支援部隊の運用法です。

 戦車はほかのサブ的な支援部隊を引き連れていなければ、その性能は十分に発揮できなくなっています。ということで、これからは世界最強の戦車というランク付けは意味をなさなくなると思います。

 この質問に本気で応えようと思えばいったい何時間掛かるのか分かりません。ということでざくっと回答すれば、正直いろいろな分野で様々な兵器が世界最強という言葉を冠されていますが、これらが果たしてどのような視点から見た世界最強なのか、誰もその答えは持ち合わせてはいないはずです。もっとも限定的に言えるなら、やはり数次の実戦を経験したM1エイブラムスが最強の言葉にふさわしいかもしれません。

 とはいえこの手のランク付けは、簡単に言えば単なる主観的な問題でしかないといえるのではないで...続きを読む

Q朝鮮半島はなぜ一応の独立を保てたか?

東アジアでは、歴史を通し、軍事的・文化的に拡大する中華帝国の影響で、周辺の国や民族が次々に飲み込まれて行きました。その過程で、現在で言うところの少数民族が生まれしたし、時代が下るにつれ、中央から離れた地点でも、少数民族が漢化しいて行きました。明・清期になると、広東省のような中華圏でいえば辺境の地においても、多数派が自らを中国人だといました。(・・以上が、私が中国史の授業や本で学んだことのまとめです。これを前提に質問いたします)

中国の政治・文化の中心地からそれほど遠くない位置になる朝鮮半島においても、当然に冊封態勢に組み込まれ、多くの影響を影響を受け続けてきたです。しかし、(封鎖・従属の程度、その様態については、政治的民族的感情により争いがありますが、それは本件では無関係なので、置いておきます)一部の時代を除けば、完全に中国に取り込まれることはなく、一応は別の民族・文化として存在を保ち、現在でも(北朝鮮ですら)中国一部にはなっておりません。周辺民族の歴史と比較すれば、半島全体が「中華人民共和国朝鮮自治州」となる歴史展開になっても、それほど不思議ではないと思われます。

中国がどんどん拡大し、ほとんどの民族が取り込まれて行く中で、中国からあれだけ近い朝鮮半島の人々が(文化的・政治的に冊封されつつも)一応の独立を保てたのはなぜでしょうか?

東アジアでは、歴史を通し、軍事的・文化的に拡大する中華帝国の影響で、周辺の国や民族が次々に飲み込まれて行きました。その過程で、現在で言うところの少数民族が生まれしたし、時代が下るにつれ、中央から離れた地点でも、少数民族が漢化しいて行きました。明・清期になると、広東省のような中華圏でいえば辺境の地においても、多数派が自らを中国人だといました。(・・以上が、私が中国史の授業や本で学んだことのまとめです。これを前提に質問いたします)

中国の政治・文化の中心地からそれほど遠くな...続きを読む

Aベストアンサー

1.漢時代以後、中国が朝鮮半島を直接支配していた時代が短い事と、またそれにより漢民族の流入が少なかった事。

2.北方民族の国家が朝鮮半島と漢民族の国家の間に存在した時代がかなりあり、緩衝地帯となった事。

3.中国のその時々の事情により朝鮮半島に力を入れられなかった事。

上記の点から自立した独立国家が朝鮮半島に長年存在できました。


漢の時代に朝鮮半島には漢の支配機構である楽浪郡、帯方郡が成立し、朝鮮半島のある程度はその支配下にあったわけですが、次の晋の時代の戦乱期、晋が滅びを迎えた時に楽浪郡と帯方郡は高句麗などに攻め滅ぼされてしまいます。

そして五胡十六国時代という中国が分裂した時代が到来し、各国は中華の覇権をめぐって戦争にあけくれます。朝鮮半島の支配どころではなくなります。こうした分裂時代が約300年も続きます。
この時、朝鮮半島のお隣、遼東半島に鮮卑の建てた前燕という国ができ高句麗と戦ったりします。
後に高句麗は朝鮮半島北部から遼東半島と満州の一部にもその支配地を広げています。

結局、晋の滅亡後の中国の分裂時代は隋によりようやく再統一されます。
隋と高句麗は冊封関係に入りますが、高句麗の嬰陽王は、他国と結ぼうとし、怒った隋に三度攻められますが、戦いに勝利します。
そのうち隋が滅び唐が建国されます。
その後、高句麗は唐と朝鮮半島南部の新羅に攻められ滅びます。
唐は朝鮮半島の支配を強めようとしますが、今度は新羅が立ち塞がります。
この頃、唐は吐番との戦争で敗北するなど深刻な問題が別にあり、結局支配していた朝鮮の地域すら新羅に委ねます。唐が朝鮮半島の旧高句麗の地を支配したのは8年に過ぎませんでした。
つまり、隋と唐の時代、両国は朝鮮半島の支配に失敗しています。

唐が滅ぶとまた中国は分裂の時代になり、後に宋が統一しますが、北辺は北方の契丹族が建国した遼となります。この時代、朝鮮半島はこの遼とお隣になり遼と高麗は何度も戦います。
そのうち遼は女真族の金に倒され、高麗のお隣はこの金になりますが、金は高麗よりも宋との戦いに力を入れました。
この金も蒙古(元)に倒され、高麗は蒙古と戦い敗北し、蒙古の支配を受けますが、高麗の王家は存続を許され傀儡政権のような形になり存続します。
ただそれも約100年ほどの事で、元が衰退すると高麗は元に叛旗を翻し独立を取り戻しました。

元を倒したのは明で、明は元の後継である北元や北方民族のオイラート、タタールなどとの戦いに忙しい状態でした。朝鮮半島は高麗から李氏朝鮮の時代になっていますが、やはり北方の民族と戦っています。
李氏朝鮮と明軍は連合して女真族と戦ったりもしています。
明も李氏朝鮮もやはり外敵として北方の民族が問題であったようです。
この後、明は女真族の清にとって変わられ、李氏朝鮮もその支配下になりました。

このように、必ずしも統一された中国の大帝国が必ず朝鮮半島のお隣に存在したというわけではなく、それなりの勢力を持った国が間にいたり、高句麗のように朝鮮半島から飛び出てかなりの勢力を保持していた国が存在したり、中国も内部分裂や外敵の存在により、朝鮮半島にまで支配を及ぼせないという期間がかなりありました。だから取り込まれませんでした。

なお広東省など華南の地に住む人々が自らを中国人というのは至極当然だと思います。古来、中原での戦乱を避けるために多くの人々が華南の地に逃れ住みました。また、北方の民族が華北を支配したため、漢人の政権の国が華南の地にできた事もすくなくありません。それだけ古くから支配が進んでいましたから。

なお明・清時代に広東省が中華の辺境というのは個人的にはどうかなと思います。
唐の時代に都護府という組織が辺境と異民族支配のために置かれていますが、南を担当する安南都護府が設置されたのは679年の事であり、その場所は広東省より南の現在のベトナムのハノイです。

1.漢時代以後、中国が朝鮮半島を直接支配していた時代が短い事と、またそれにより漢民族の流入が少なかった事。

2.北方民族の国家が朝鮮半島と漢民族の国家の間に存在した時代がかなりあり、緩衝地帯となった事。

3.中国のその時々の事情により朝鮮半島に力を入れられなかった事。

上記の点から自立した独立国家が朝鮮半島に長年存在できました。


漢の時代に朝鮮半島には漢の支配機構である楽浪郡、帯方郡が成立し、朝鮮半島のある程度はその支配下にあったわけですが、次の晋の時代の戦乱期、晋が滅びを迎え...続きを読む

Q◆なぜ韓国人と在韓人は姑息で卑怯者が多いのですか?

どうも初めまして。

僕は20代で父はバブル世代と言われる40代後半です。

僕の世代は、所謂、ユトリ世代と言われる世代ですが
僕は父親から幼少の頃から厳しく躾られてきました。

特に父から下記を徹底して教育されてきました。

・礼儀作法の徹底
・人様に迷惑をかけてはいけない
・弱い者イジメをしてはいけない
・日本の歴史を広い視野から勉強する
・卑怯者には絶対になってはいけない

こういった父からの教育で、僕自身は強い国家間を持ち、愛国者として育ちました。

日本の歴史に関しては、日本の出版物だけではなく、米国・イギリス・フランスの
書物からも検証しながら勉強しました。

その結果、韓国人と在韓人が叫んでいる日本の歴史について、およそ95%が
嘘・捏造である事を知りました。

代表的なものでは、従軍慰安婦問題です。

僕の韓国に関する質問にコメントする在韓人と思われる人達は、何の根拠も示さずに
「貴方の言ってる事は間違っています」と反論してくるので、僕は証拠を持って示します。


◆韓国人の嘘と捏造の従軍慰安婦問題の証拠

http://makizushi33.ninja-web.net/

また、昨今では、日本や海外の図書館で、図書物である地図に
犯罪行為を行っています。

◆韓国人が世界中の図書館で地図の「日本海」の上に「東海」シール貼る証拠

http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1591.html

他にも竹島問題等も明らかに日本の領土です。
「竹島」でググれば沢山証拠が出てきますので検索下さい。


このように、韓国人及び在韓人は、平気で嘘・捏造行為を行いますが
その本当の理由は、「日本人から金をせびる」事が目的です。

しかしながら、なぜ?韓国人や在韓人は、そのような姑息で卑怯な行為を
平気で行えるのか!?

ドイツの医学博士が、韓国人のDNAには、過度の近親相姦でないと有り得ない
DNDが認められ、それによって60%以上の韓国人が精神疾患を伴っている
と証明されています。

それが原因なのでしょうか?

また、僕の質問で何の根拠も示さず、否定的なコメントを入れてくる在韓人と
思われる人達もなぜか全員、自身の質問・コメント・履歴を非公開にされています。


僕には、この民族の異常な性質や性格が全く理解できません。

宜しくお願いします。

どうも初めまして。

僕は20代で父はバブル世代と言われる40代後半です。

僕の世代は、所謂、ユトリ世代と言われる世代ですが
僕は父親から幼少の頃から厳しく躾られてきました。

特に父から下記を徹底して教育されてきました。

・礼儀作法の徹底
・人様に迷惑をかけてはいけない
・弱い者イジメをしてはいけない
・日本の歴史を広い視野から勉強する
・卑怯者には絶対になってはいけない

こういった父からの教育で、僕自身は強い国家間を持ち、愛国者として育ちました。

日本の歴史に関しては、日本の出...続きを読む

Aベストアンサー

> 僕には、この民族の異常な性質や性格が全く理解できません。

よく勉強なさってるのに、理解出来ないのは不思議ですね。(^^;)
そこまで判れば、その先は簡単ですよ。
後は、少し「憐み」の目で、朝鮮半島の歴史を見てやれば、簡単に答えに到達すると思います。

彼らの代表的な特徴の一つは「歪曲した自己主張」であって、これは韓国(人)の思想として、「小中華思想」と言われるものです。

そもそも中華思想と言うのが、「自分は世界の中心である」と言う自己中思想ですが、中国の様な大国が言うならともかく、一方の韓国は・・とても世界の中心と言える様な、国では有り得ません。
しかし、たとえば「孔子は韓国人である」などと、他国の優れた文化・歴史・思想などを、「それは韓国発祥だ!」などと、やたら主張したがるのですよ。

これは「韓国起源説」などと言われるもので、ウィキペディアなどで調べてみて下さい。
他にも、韓国のサッカー協会が、「サッカーは韓国発祥」とHPに書き、世界中からバッシングされ、その記載を消した・・など、笑い話の様な話しも沢山ありますが・・・。

しかし、サッカー選手個人が、「独島は韓国領!」とプラカードを掲げるなら、個人レベルで破廉恥で済みますが、サッカー協会が、世界の常識を覆す様な主張を、公に堂々と行うと言う点からは、その破廉恥が、国民性・民族性と言え、韓国(人)の気質をよく表しています。

また、もう一つは、この小中華思想の特徴からも、彼らが「文化・歴史・思想などを捏造・歪曲する」と言う点が挙げられます。
ご質問の従軍慰安婦問題なども、基本はその「歴史」ですね。

実際は、韓国には「正史」と言える様な歴史書は存在しません。
だから上述の「韓国起源説」の根拠として採用しているののの中には、「檀君神話」と言われる「物語」なども存在します。
その神話に基づけば、確かに韓国の歴史は世界最古と言えるレベルであり、サッカーどころか、サッカー発祥のイギリスでさえ、韓国が祖であると言え、事実、韓国には「イギリス韓国発祥」「エジプト韓国発祥」などと言う起源説まで存在しています。

そんな神話や物語を根拠にして良いなら、日本だって「古事記」を根拠にすれば、世界最古を主張出来ますが・・・そんな愚かで恥ずかしい主張はしませんね。
それを平気で出来るのが、韓国(人)です。

更に言えば、その檀君神話などにしても、日本の古事記に相当する様な歴史資料では無く、言わば「桃太郎」の様な物語を、数百年前に取りまとめたものなんですよ・・。

即ち、韓国(人)にとっての歴史とは、事実である必要は無く、自分達に都合良く解釈したり、心地良いものにするために、編集・加工を行うものであると言うことです。
極論すれば、韓国の歴史とは、自分達が「歴史がこうだったら良いなぁ・・」と思う理想や憧れが、そのまま彼らの歴史なんです。

だから韓国人の多くは、「豊臣秀吉は朝鮮半島に渡った」なんて思ってますよ。
さもなきゃ、彼らの英雄譚のいくつかは、成立しないから。

あるいは伊藤博文公を暗殺した安重根は、韓国(朝鮮)の歴史上、最高クラスの英雄ですが日本人に限らず、史実に基づく歴史を考察する人にとっては、「伊藤博文公が暗殺されたことによって、当時の日本の国論は、征韓論に統一された」であり、安重根はそう言うキッカケを作ったと言う位置付けです。

朝鮮半島の歴史的事実は、中国や日本に支配された様な歴史しか無く、他国の文化や思想を強要されてきたワケですが、韓国(人)・朝鮮人の立場からすれば、歴史や事実を認めることは屈辱であって、素直には受け入れ難いものなんですね・・。

これらの結果、他国にとっては「誇り」である歴史や文化の重要性は理解が出来ないし、その誇りをパクるのも、蹂躙することも平気で出来るワケですよ。
また、そもそも誇るべきものが韓国には無いので、それをパクるか、自分の誇りを守るには、相手の誇りを傷付けるしか無いとも言えます。

極めて無礼で破廉恥なコトではありますが・・・。
違う言い方をすれば、韓国には「誇るべき歴史や文化が存在しない」と言うことは、気の毒と言えば、非常に気の毒でしょ?
「オリジナルが無い」と言う、「コンプレックスの裏返し」が、「オリジナルだ!」と言いたがる韓国(人)の根底と理解すれば、彼らの言動は、概ね理解出来ますヨ。
この「オリジナル」を、「正当性」などと言い換えても構いません。

でもまあ、そう言う韓国(人)の思想の根底を理解すれば、対処も簡単ですよ。
たとえば、そもそも韓国人の中にある「小中華思想」などの自己中心的な考え方こそが、韓国の大先輩・師匠である中国から移入されたモノでしょうからね。

従い、韓国人が自国の「ニセの歴史や文化」などを誇らしげに語れば語るほど、「韓国って・・中国的ですねぇ・・」と、ニヤニヤしながら言ってやれば良いですよ。
そんな風に言われたら、韓国人はますますムキになりますが、「中国人と全く同じ反応だ!」などと大爆笑し、トドメを刺せば良いです。

中国が、日本からの技術導入で作った新幹線でも「オリジナル」と主張したがるのは、自己中的なプライドなどかと思いますが、韓国は「コンプレックス」です。

それゆえ、中国の自己中思想はオリジナルですから「中華思想」であって、韓国の捻じけた矮小な自己中思想は「小さな中華思想」と言われ、思想面では未だに中国の属国です。
日本の属国時代に、もっと「謙譲」などの日本的思想・精神も、教えてやれば良かったのでは?とも思いますが、いくら歴史的に虐げられ続けた朝鮮人には、受け入れられないでしょうね。

朝鮮人にとって、「相手を受け入れる」と言うことは、自己の存在が消え去る「滅亡」にも等しく・・「恐怖」と言っても良いでしょう。
その恐怖の裏返しが、「虚勢」であって、「クロでもシロと強固に主張する」様な、現在の韓国(人)の気質に影響しているとも言えますね。

> 僕には、この民族の異常な性質や性格が全く理解できません。

よく勉強なさってるのに、理解出来ないのは不思議ですね。(^^;)
そこまで判れば、その先は簡単ですよ。
後は、少し「憐み」の目で、朝鮮半島の歴史を見てやれば、簡単に答えに到達すると思います。

彼らの代表的な特徴の一つは「歪曲した自己主張」であって、これは韓国(人)の思想として、「小中華思想」と言われるものです。

そもそも中華思想と言うのが、「自分は世界の中心である」と言う自己中思想ですが、中国の様な大国が言うならともかく...続きを読む


人気Q&Aランキング