はじめまして。外交員の方との打ち合わせが今週
なので、アドバイスをお願いいたします。

昨年11月に結婚し、退職したため生保の見直しをしたいと
考えています。私は、現在の保険を解約せずに内容を見直したいと思ったのですが、外交員の方にそれは無理なので新しく保険に入ってください、と言われています。下記のような条件の場合、どういった方法で、どのような内容の保険に変更すればよいでしょうか。


当面のライフプラン:数年は共働き(私は再就職予定)
          子供が生まれたら数年は専業主婦
         (収入が夫だけになる期間がある)
現在の保険:加入して3年強
      日本生命の定期付き終身 月額¥8489
 概要   終身30年 100万円
      定期保険特約15年 1200万円  
      生活保障特約15年 120万円(10年確定年金)
      入院特約15年 5000円
変更後の保険に求めるもの
・夫婦2人の入院、手術等の保障
・夫の死亡、高度障害時の保障(これは子供ができてから
 でもいいか?)
・できれば、月額¥12000以内

以上です。
         
       

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私も保険の見直しをした時、外資系の営業マンと話をして目から鱗が落ちました。


民族系の生保の売り方は、
1.終身(いわば貯金)の満期保険金を抑え、特約部分(いわば掛け捨て)を大きく取り、
あたかも万一の保険金が大きくなるかの様に見せる。
(当然死ねばめっけもんですが、若い内は当然死ぬ確率が低い)
2.尚かつ特約部分は5年とか10年で保険料の見直しがあるので、ぐんぐん保険料が上がっていく。
(尚かつこの部分は掛け捨て)
3.下取り制度を利用すると、大抵がこのお金を特約部分に充当するので、最初はあたかも保険料が安いように思えるが、恩恵が無くなった以降の保険料が、恐ろしく上がる。
(下取りを利用するなら、終身部分に充当すること)
4.幾ら払えるかで、商品設計をする。
彼から教わったのは、
1.まず最低限必要な保険金額(当面の生活費とか葬式代とか)を決め、これは終身で運用する。
2.ライフスタイルの変化に伴う追加保険金部分は、必要な期間だけ必要な金額の特約保険にする。
3.1つの保険だけで考えずに、簡保・年金積立等全ての保険・年金類で考える。
4.不必要な保険に入らない。(不必要な金額の保険金にしない)
そんなこんなで従来の生保は解約し(ホントは終身部分だけでも残したかったのですが、出来ないと言われ)、新しく入り直しました。
裏技は保険料の支払を90才までにしたことです。多分90才までは生きられないでしょうし、それまでに死ねばこっちの儲け。万一保険料が払えなくなったら、保険金を下げて保険を維持するか、保険金はそのままで保障期間を短くするか、或いはいっそのこと解約するかその時に考えます。

さておき、一度外資系に声を掛けて話を聞くことを是非お勧めします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的なアドバイスありがとうございました。
今まで、漠然としかとらえられていなかった部分も
ありましたので、一度上記手順で改めて考えてみます。

お礼日時:2001/01/08 11:23

たくさんご意見が出たあとなのですが、まずやはり貴殿が


保険に求めるものを的を絞った方が良いように思います。

その上で
>変更後の保険に求めるもの・・・は例えば他の会社で補填するとかリスクを分散させることも一つの手段ですし、また、現在ご契約の保険に付加あるいは増額することは外交員さんが出来ないとおっしゃるかもしれませんが有効な見直しだと思います。掛けた三年間も有効にいかせるし。

転換については内容を(15年後と30年後に予測される
保険料の見直しとか)よくご理解の上で加入されるのなら、
現時点では安い保険料で高額の保障が得られます。
総括すると個人的意見としては単に保障の上乗せということであれば新たに安価な共済や外資系などでのリスク分散が共稼ぎが一時中断した場合でも、ご自分で管理し易いと
思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
‘生保’と、ひとくくりに考えていましたがもっと
幅広く検討したいと思います。
可能であれば、現在の保険の終身部分を多くし、
過剰とおもわれる定期特約部分をなくしたいのですが
そういう変更は、きっとできないのでしょう。
自分でお金を払うのに、自由にチョイスできないとは
全く、おかしなものですね。

お礼日時:2001/01/09 08:40

保険は家の次ぎに高い買い物です。

(月額*年*契約年数=数百万円~千万円)それと基本的に自分の必要な保証内容と、金額をハッキリ決めること。その際、公的保証(遺族年金/子供が18歳に成るまで86万円/年支給・老齢年金・各保険組合毎の保証)を加味し考えるべきだと思います(保険会社は聞かない限り、教えてはくれません)。
以上のことを、念頭に置いて考えるべきです。
必要ならば、保険に関する本又は、サイトを調べると良いでしょう。
とにかく本屋さんへ行くべし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですよね、公的保障でカバーできないと
思われる部分を検討すればいいんですね。
もう少し、調べてみます。

お礼日時:2001/01/09 00:09

『補足』に対しての回答です。



>>「死亡保障のうわずみになって必要以上の・・・」

と申しましたのは、balibali01さんが現在の保険を元に”ニッセイ”で保証の見直し(現契約を”下取り”して保証の上積みは可能です。)をされる場合、仮に『定期保険特約15年払い込み1200万円を2000万円にしたい。』と、思っても保険会社の取り扱い規定では最低1500万円(保険会社によって違うと思います)の増額をしないと外交員の成績にならない・・・・
つまり、2700万円あるいは3000万円にしないと取り扱わない。
などという顧客無視とも言えるような”決まり”があるはずです。
『必要以上に・・・・』と申しましたのはこういったことがあるからです。ご理解いただけましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外交員に「増やすのはいいけれど減らすのはできない」
と言われて腑に落ちなかったんですが、そういう事
だったんですね。やっと理解しました.ありがとう
ございました。

お礼日時:2001/01/08 16:47

 生保では、契約時顧客と約束した予定利回りと実際の運用利回りの差に苦しんでいます。

生保側としたら、高利の既存契約を解約させて、新規の低利契約に切り替えようと躍起になっています。特に養老部分の契約については、解約は絶対に不利です。

この回答への補足

たった3年前の保険でもそんなに高利なんでしょうか?

補足日時:2001/01/08 11:24
    • good
    • 0

>>私は、現在の保険を解約せずに内容を見直したいと思ったのですが、外交員の方にそれは無理なので新しく保険に入ってください、と言われています。



上記の件ですが、これは”保険外交員の利益のため”だけのものです。
定期特約つき終身保険の見直し(ニッセイでは確か”コンバージョン契約”というと思います)ができないことなんてありません。ただし、定期保険特約を増額せず終身保険の増額というような取り扱いはできないかもしれませんが・・・・
現在の保険を解約して新しい保険に入るように勧めるのは外交員に禁止されたいる行為のはずです。
にもかかわらず、なぜそのような募集行為をするかといえば、
balibali01さんが結婚後「姓(苗字)」が変わったからでしょう・・・・
「姓(苗字)」が変わることで重複契約に引っかからなくなったからです。
現在の契約は「旧姓」のままじゃないですか?
ためしに『現在の契約を新しい「姓(苗字)」に変更してから解約して新規に契約します。(あまり合理的ではありませんが・・・)』というと「それはできない」というような態度になるはずです。(重複契約に引っかかって自分の成績がなくなるからです。)
保険外交員優位の保証の見直しはおやめになるべきです。
balibali01さんの保険なんですから・・・・・

で、今後の保証内容のご検討ですが、
今後どういった保証に重きをおくかでお考えになったほうがよろしいかと思います。
「予算がこれくらいだから何かいいのはありませんか??」というような考え方では保険外交員の思う壺です。
ニッセイに加入して約3年の保険ですが、
ご加入内容から見て”解約返戻金”はほとんどないようなものです。
この保険を”下取り”してニッセイで見直しを・・・・
と考えると、さらに死亡保障の上積みになって必要以上の保険料を払うことにもなりかねません。

『誰のために、何のために入るのか?』ということをよくお考えになってから保険外交員との面談をするべきです。
場合によっては他社の外交員の方も同席させた上で面談するのもひとつの方法かと思います。
その場でそれぞれの意見を聞いて比べて見るのもいいんじゃないでしょうか。
結構正直な”ライフプラン”を提示するはずです。
『現在の契約は見直しできない』というようなことも言わなくなるかも・・・・・

重ねて申し上げますと、
ご自分の保険です。外交員本位の契約にならないようご注意ください。
専門的なアドバイスが必要であれば、
他社外交員の同席をご検討されるのもひとつの方法かと思います。

この回答への補足

ありがとうございます。確かに現在のものは
旧姓のままです!
一つわからないことがあったのですが
上記「死亡保障のうわずみになって必要以上の・・・」
とはどういう意味ですか?

補足日時:2001/01/08 11:31
    • good
    • 0

私自身、外資系の生保の外交員です。


内容の変更できない生命保険なんて辞めた方がいいです。新しいのに加入しなければいけないなんてその外交員の利益のみを考えてのこと、そんな信用のおけない方ならお付き合いをやめるべきです。
そもそも、生命保険とは何のために入るのですか?
結婚したから、入院の為だけに、、、考えものです。
入院保障を得るために支払う保険料の方が入院時に払う金額よりも高いのってご存知ですか?
それを承知の上で保険に入るのならまだしも、だいたい12000円なんて言えば適当に入院さえ付けとけば入るなと、外交員の思うつぼです。
それなりに、ご自身で勉強したり、外資系の生保の外交員の話も聞いた方がいいですね。
私も終身払いや90歳払い60歳払いと色々保険をつくりますがちゃんと理解した上で自分にあったスタイルを見つけるべきです。
単に90歳払いにすれば安くはなりますがデメリットも生まれることは知っておいた方がいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
まだまだ、生保にたいして勉強不足で漠然とした
考え方しか持っていなかったなぁと思います。
家族と、ライフプランを話し合ったうえで、
各社の商品をもっと比較検討してみます。

お礼日時:2001/01/08 11:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定期保険特約付終身保険

定期保険特約付終身保険ですが、60歳で払い済みになります。
その後、80歳まで特約を続ける場合、20年一括か年払いで特約保険料を支払うわけですが、これは、全期前納払いとなるのでしょうか、
それとも一時払いとなるのでしょうか?
全期前納なら、払った保険料は死亡した場合、戻ってくるはずですが、
一時払いの場合は戻らないですよね。
又、どうして、月払いはできないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「全期前納」払いとなります。
ご質問のとおり80歳以前に死亡した場合、未経過分の保険料は返ってきますし、解約した場合も同様です。

元来払済後の特約保険料の払い方は一括払(全期前納)しかなかったところ、一括払の負担が大きいという声に応えて分割払を導入したものです。月払制度を作らないのは、保険会社の手間とコストがかかるという事情だと思います。

Q第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険の契約更新について

1.現在、加入している保険内容
1)第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険
(1)主契約 2,000,000円
(2)特約(定期保険特約) 16,000,000円
(3)特約(生存給付金特約) 2,000,000円
(4)特約(傷害特約)  5,000,000円
(5)災害入院特約   5000円
(6)疾病特約 5,000円
(7)女性特定疾病入院特約 5,000円
2)契約期間等
(1)保険契約日  平成4年(更新年が平成19年)
(2)保険種目   30年払済み
(3)主契約  終身
(4)契約年齢  23歳
3)保険金額
(1)団体払い保険料 月額13,602円
(2)年払い保険料  年額159,032円(現在はこちらを選択している。)
(3)解約返還金額 166,800円(15年)365,600円(25年)

また、現在の保険料159,032円×3年-200,000円(生存給付金)-33,360円(3年分の解約返還金)=243,736円(3年分)=81,245(1年分)=6,770円
と考えておりますが、仮に更新したとするとかなり保険料が上がるのではないかと推測しおります。25000円前後でしょうか?もしかすると予定利率も違うのでもっとでしょうか?
今後、月々の支払いを1万円前後の負担に抑えたいと考えています。特約等の変更をして保険金額を下げるべきなのか、それとも主契約の終身保険のみをのこして、職場の会社割安?の保険に入るのがいいのか考えているところであります。
現在のまま、契約内容を変更せずに更新した方が得なのか判断付きかねるところであり、先日、現在の第一生命の担当者は、現在の保険を下取りにして新しい契約を勧めてきました。内容についてはよく覚えていませんが、こちらの希望する趣旨に反しており、とにかく契約をお願いしますというような、イメージしか残りませんでした。保険外交員は自分の利益にならないことは勧めないのはわかります。それではこちらにとってメリットもありません。ご教授下さい。

1.現在、加入している保険内容
1)第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険
(1)主契約 2,000,000円
(2)特約(定期保険特約) 16,000,000円
(3)特約(生存給付金特約) 2,000,000円
(4)特約(傷害特約)  5,000,000円
(5)災害入院特約   5000円
(6)疾病特約 5,000円
(7)女性特定疾病入院特約 5,000円
2)契約期間等
(1)保険契約日  平成4年(更新年が平成19年)
(2)保険種目   30年払済み
(3)主契約  終身
(4)契約年齢  23歳
3)保険金額
(1)団体...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!

私もこれと同じ保険に入っていました。(金額は異なりますが)
と言っても恥ずかしながら「お金は払うから適当に決めて・・・」と母の知人に頼んで決めたプランで内容には頓着なく10数年支払っていました。

2~3年前に急に他の営業が来るようになりやはり「転換」を奨められましたが、内容的に転換する意味もなくその頃は私も保険の営業をやっていたので知恵が付き「これ幸い!」と主契約の終身と疾病特約(災害特約はペア)だけ残してすべて解約させていただきました。
(これで保険料は月1万円ほど浮きました。)
浮いた分で「終身医療保険」+ 「個人年金」に加入しました。(私の場合「死ぬリスク」より「長生きのリスク」の方が大きいので)

で、本題ですが。
1万円前後の保険料で・・・ということであれば、主契約の終身は残し医療関係の特約ははずして別途「終身医療保険」への加入、生存給付金特約は解約、定期保険特約は解約または減額。
がよろしいかと・・・(死亡保障額に関してはその方の家庭の状況によって変わってきますのでなんとも言えませんが)

保険は損得ではないのでどちらが得?と言われると困りますが、予算内でどれだけ自分の希望する保障が付けられるか・・というパズルのようなものです。

まだ26歳(?ですか)とお若いのでパズルも色々自由がききますね。
女性でも誰かを扶養しているのであれば別ですが、1600万円の定期特約は多いと思います。

今、3人に1人はガンで亡くなり2人に1人はガンにかかり3人に2人は3大疾病で亡くなっています。
「終身医療保険」はぜひお若い健康なうちに確保してください。(できれば入院日額1万円。若ければ保険料も安いのでガン保険も考慮しましょう)

最後に「自分の利益しか考えない営業」も確かに多いようですが、本当にお客様にあった保険を・・・と考えている営業もいます。
そういう営業に出会えると良いですね。

こんにちは!

私もこれと同じ保険に入っていました。(金額は異なりますが)
と言っても恥ずかしながら「お金は払うから適当に決めて・・・」と母の知人に頼んで決めたプランで内容には頓着なく10数年支払っていました。

2~3年前に急に他の営業が来るようになりやはり「転換」を奨められましたが、内容的に転換する意味もなくその頃は私も保険の営業をやっていたので知恵が付き「これ幸い!」と主契約の終身と疾病特約(災害特約はペア)だけ残してすべて解約させていただきました。
(これで保険料...続きを読む

Q生命保険?終身(総合)保険?医療保険(終身?定期?)

はじめまして
現在なのも加入してなく新たに保険加入しようとしている 結婚している子供もそろそろと考えている29歳男です 相談にのってください
保険の種類は数知れず どれに入ればいいのか比較もしずらくわかりません 掛け捨てがいいよ医療保険は掛け捨て+年金保険で利回り良資金運用 総合に一本はいっておけばといろいろな考え方があるのでしょうが わたしはまずは入院特に長期の入院に備えたい、
次に残させる家族に備えたい、そして最後に資産形成
と考えます。考え方から商品等いいもの知っている方教えてください

Aベストアンサー

初めまして。
お若いのに、きちんとお考えですね。ご家族への愛情も感じられ、羨ましい限りです。
さて、ご質問内容にありますように、どれに入ればいいのか比較もしづらい、そう、一般の方もネットや書物である程度のことはお調べになれるでしょう。しかし今回のように、複数の回答がありますね。迷うばかりではないでしょうか。事例に対して参考までに申し上げることはできますが、真っ白で、これからお入りになるのです。生命保険は、1軒のマイホームを建てるくらいの大きな買い物ですので、そばに信頼できるライフプランナー(保険外交員等)を備えることも同時進行ですすめていただきたいです。
さて前置きでおわっちゃうところでした(A^^;)
1:入院の備え・・・単体の終身医療保険がよろしいかとおもいます。日額1万円は必須でしょう。
2:家族への備え&資産形成・・・いい商品・・じつはこれが一番イイ!というのは、一番アナタに合っている!という事であります。おこさまはこれからですので、23年位はしっかりした保障が必要かと。
そして、敢えて資産形成はもう少しあとにスタートしてもいいかと。先の2本が先決と思いますので。
むしろ、奥様の医療保険が先かな、と。妊娠が解かる前に。ただしトラブルにならぬよう、告知はありのままにしてくださいね。
お子様がいらっしゃるようになると、逓減タイプの商品をご検討されるとよろしいかと思います。みなさまのご健康と安心ライフプランの早期獲得をお祈り致します。

初めまして。
お若いのに、きちんとお考えですね。ご家族への愛情も感じられ、羨ましい限りです。
さて、ご質問内容にありますように、どれに入ればいいのか比較もしづらい、そう、一般の方もネットや書物である程度のことはお調べになれるでしょう。しかし今回のように、複数の回答がありますね。迷うばかりではないでしょうか。事例に対して参考までに申し上げることはできますが、真っ白で、これからお入りになるのです。生命保険は、1軒のマイホームを建てるくらいの大きな買い物ですので、そばに信頼でき...続きを読む

Q定期特約付終身保険の特約満期で悩んでます。(長文)

43歳男性、妻あり、子供2人(高1、小3)です。
平成2年の12月に契約した下記保険の特約満期が来ます。

A生命 ロイヤルワイドKing
主契約 500万円
特約死亡 4500万円
災害割増 1500万円
傷害特約 500万円
災害入院 5000円/日
疾病入院 5000円/日(手術給付付)
成人病入院5000円/日
解約返戻金は約95万円
予定利率 1.5%

現在、生保レディから、積立金の逓減取崩しにより、
同程度以上の保障内容で10年の特約更新を勧められています。
(現行保険料約2万円→更新後2万5千円)

私自身も、まだ下の子が小さいため、
貯蓄性と保障では保障を優先させたいと思っていますので、
提案の趣旨には同意するところです。

ただし、どうしても気になるのは、同社の格付けなんです。
一時期、財務状況についての噂もあったので、できれば保険会社を変えたいと思っています。

そこで質問ですが、私の年齢や現在の金利情勢からして、
同じような条件で別会社で契約すると、
大幅に保険料は上がるものなのでしょうか。(終身部分も含めてです)
あるいは、継続も新規も変わらないのでしょうか。
(もちろん、積立金を逓減で取崩す前の保険料の比較です。)

もし他社で契約すると大幅に保険料が上がるなら、
多少のリスクを負ってもA生命で更新しないとしょうがないですね。
(保険料の差は、月々一万円くらいが判断の目安でしょうか)

いろんな保険会社に見積もりを依頼すればいいんでしょうが、
セールスに追い回されることになるのも困るので
身勝手な質問をさせていただきました。

詳しい方の回答をよろしくお願いします。

43歳男性、妻あり、子供2人(高1、小3)です。
平成2年の12月に契約した下記保険の特約満期が来ます。

A生命 ロイヤルワイドKing
主契約 500万円
特約死亡 4500万円
災害割増 1500万円
傷害特約 500万円
災害入院 5000円/日
疾病入院 5000円/日(手術給付付)
成人病入院5000円/日
解約返戻金は約95万円
予定利率 1.5%

現在、生保レディから、積立金の逓減取崩しにより、
同程度以上の保障内容で10年の特約更新を勧められています。
(...続きを読む

Aベストアンサー

「5年更新、10年更新の通販というのは、やはり定期特約付終身ですか?」は定期保険を特約ではなく主契約で考えてください。更新型と全期型があり、更新型というのは5年、10年があり、全期型というのは契約時に20年、30年の設定で契約することです。定期保険を主契約には漢字生保はまず提案しません。募集手数料・初年度手当が定期保険特約付終身保険より低く設定されているからです。
「医療保険も重要なポイントと考えてますが、死亡時の保障も同様に担保しておきたいんですが・・・。」死亡保障は定期保険で、末子が18歳になるまで定額定期保険で3000万円あれば十分でしょう。もしくは逓減定期保険で3000万円もいいでしょう。定額定期・逓減定期があなたの家族に対する提案ができるカタカナ生保の保険代理店の方をお探しになることです。

Q収入保障保険(生活保障保険・家族収入保険)でおすすめは

現在、収入保障保険(各社、生活保障保険・家族保障保険・家族収入保険など呼び名は異なる)の検討をしております。
条件は、
●月額15万円【金額固定型で可(逓増型でも、そうでなくても良い)】
●31歳開始、65歳払込完了
●主契約でも特約でも可。(特約の場合は、主契約の終身又は養老の保険
 金額を契約可能最低額にする。)

安くておすすめの商品をご存知の方がいらっしゃれば、情報お願い致します。      

尚、自分ではプル・ソニー・GEエジソンの見積り依頼をしており、ソニーの
●主契約 100万養老    保険料1,539円
●特約  家族収入(15万) 保険料5,325円
が最安です。

Aベストアンサー

保障期間は、65歳まで必要ですか。
なぜなら、保障期間を60歳間でに限定すると保険料が数段割安になるはずです。

各社保険料は、60歳までの保障と以降の保障に対する保険料は、大幅に異なります。保障は長期間の方がいいですが、保険料の負担は高額になってします。

一度、生命保険協会のページに各社が販売している保険・特約の種類が表になっていますのでごらんくださぃ。

参考URL:http://www.seiho.or.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報