建売住宅を購入しました。引渡しはまだです。
不動産屋からもらった設計図には全て「図面と現状が相違する場合は現状優先とさせていただきます」というスタンプが押してあります。これは設計図と違う欠陥などがあっても、直してもらえないということでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

設計図とは住宅を建てるために必要な図面のことです、建物が出来上がった後で渡される図面は竣工図です。


工事中は色んな予期せぬ出来事から設計変更することが多々あります、完成した後で訂正された図面が竣工図です。
従って、欠陥とは何の関係もありません、建築上の瑕疵は引き渡しの時と、入居後1年目、2年目に申し出て修理をしてもらいます、当然ながら無償です。
何の心配もありません、販売業者、建築業者をもう少し信頼しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安心しました。ありがとうございます。どうも心配性で・・。おっしゃる通り、もう少し信頼します。

お礼日時:2006/11/08 21:58

そういうことです。


設計図と違うことは欠陥といわないのが、「現状有姿」ってやつです。
ちなみに私のパソコンの辞書にはありませんでしたが、
不動産取引では重要な取り決めです。私も最初に買ったとき初めて知りました。
ただし、建物として機能しないところは欠陥ですので、主張してください。
見えないところの欠陥は瑕疵(かし)といいます。辞書で調べてください。これも主張できます。
が、設計図に対して、隣家との関係とか、しょせん建築確認だけの参考漫画だけで、家なんて建てるのですから、作る人の気分と、その日の材料で変ったりします。
よくなることもあれば、わるくなってることも。
これが建売の楽しいところで、神経質な人には向かないかも。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建売り8年目。図面と実物の相違が発覚しました

いつもお世話になっています。

建売の戸建てを購入して8年目になります。

別の用件で家の図面を見ていたところ、建築物別概要・設計図(仕様書&短計図)のどの部分にも、屋根材が「日本瓦葺」「瓦葺」「釉薬瓦葺」と表記されておりました。

しかしながら、現状の屋根はカラーベストとなっております。

屋根材の中では単価が高く、最も長い50年程度の耐用年数を持っている瓦に比べて、カラーベストは価格も安く耐用年数は10年程度で塗装などのメンテナンスが必要になるという大幅な差があります。

購入時にきちんと確認ができていなかったことがお恥ずかしい限りですが、こういったケースは修正を施工元(またはメーカー)に申し立てて、修正(図面どおりに瓦の仕様にしてもらう)ことは可能でしょうか?
修正が可能な場合当方も施工代金を負担をすることになるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

不動産業者です。
今回の件は瑕疵担保の保証内容には該当しません。
完成した建売を契約購入されたのであれば、質問者さんは現地を見て、屋根も確認し契約しているのですから、建売などは現況が優先するので、注文住宅のように契約した内容と相違するという事象はありませんから、その要求は通らないでしょう。
現実は、現況と図面が違うということで、図面等が間違っているという事実です。図面等の訂正なら要求できるでしょう。

また、その図面等は最終的な完了検査等受けた原本で、修正など書いてある現物ですか?(建築士の印鑑など押印されているもの)、確認申請書などと一冊で綴じられていても、原本とは限りません。
この場合、現在はCADで図面を打ち出ししますから、修正以前の古いデータの図面や仕様書など一式を誤ってプリントし添付しただけかも知れません。

売買契約書のどこか現況を優先して引き渡すような文面が書かれていると思います。契約書等を良くご確認ください。

Q建物図面、各階平面図のサンプルファイルを欲しい

建物表題登記を自分で行いたいと考えています。1階、2階とも長方形の簡単な造りです。
建物図面、各階平面図を書くのに、JW-CADというフリーソフトが便利と聞きました。
でも、サンプルファイルがないので、一から書くのには荷が重すぎます。
法務局提出用に様式ごと入った(下段に作成者や縮尺を印刷できるもの)、若干修正するのみのサンプルファイルがあるとあり難いです。
エクセルなら得意なので、そのサンプルがあるともっと嬉しいのですが、縮尺等が難しそうです。
最悪、無いようなら、建築会社からもらった図面を縮小拡大コピーして、縮尺を合わせ、様式に貼り付けて作成するしかないかなとも思っていますが、綺麗に仕上がるか心配です。
最も簡単で、綺麗に作成する方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

>ただ、パワポはPCに入っておらず残念です。またパワポはちょっと難しい印象があります。

Office Online
https://office.com/start/default.aspx?WT.mc_id=Office_Products_site

Microsoftのアカウントを取得すれば無償でPowerPointも使用できます。
すべて図形で描画しているのでExcelでもPowerPointでも操作は同じです。
Excelが得意なら一から作ってもそれほど難しくないでしょう。
No2さんの紹介するHPからダウンロードすれば書いてありますが、
縮尺も難しくありません。図形の書式設定でサイズ指定するだけです。

参考
計算で実寸法を縮尺の分母で割れば縮尺寸法が出ますが、すべて計算するのは面倒です。
1m=100cmなので、mをcmに置き換えてサイズ指定すれば1/100になります。
それを1/200にしたいなら縦横比固定して高さ・横の調整を50%。
1/250なら40%、1/500なら20%。
という方法もあります。

Q住宅の引渡しにチェックしてもらいたいのですが

一戸建てを注文住宅で新築しています。引渡しの時にチェックをしてミスや直して欲しいところをその時に言わないと後から直してもらうのは難しいと聞いたので,素人でなくちゃんと知識のある第三者の建築士やそういう機関で一緒に立ち会って点検してもらおうと思っているのですが、実際にやった方はいらっしゃれば意見をきかせてください。

Aベストアンサー

私の場合はマンションですがある程度、図面が読めます。
そこで、注文住宅との事ですが施主である、kazumaiさんの
希望が一番強い(望みとうり)の一戸建てを新築した事と思います。

何にこだわったのでしょうか?
そのこだわりを追求してみてはどうでしょう

また、最終手段は、設計図をかいたひと、会社の人と立ち会うと
一番お金がかからず良いのではないでしょうか

文句はどんどん言って、文書に残すべし、勝手なアドバイスで失礼します。
がんばってください!!!

Q購入した住宅が設計図通りでなかった場合

2年前に分譲住宅を購入しました。設計図には11箇所あるはずの床の換気口が1箇所欠けていることに最近気づきました。
このような場合、建売業者はどのような責任を負うのでしょうか?完成済みの住宅でも換気口をあけてもらうことはできるのでしょうか?
ちなみに10年保証住宅です。

Aベストアンサー

 欠けている1箇所の換気口が、図面上の建築上必要のない換気口だったのか、それとも図面に従わないで完成をしてしまった「忘れ」なのかを確認して見る必要があると思います。新築住宅の場合は、図面の審査を役所の建築担当課にしてもらい、建築基準法や融資対象物件としての条件を満たしているかの確認をしてもらいますので、図面にはあっても実際には必要がなかったと言うことは無いと思います。

 1箇所欠けている理由を、業者から説明をしてもらって、必要があるにも関わらず忘れていたならば、換気口を付けてもらうようにすべきでしょう。

Q字図と地籍図ってどう違うの?

字図と地籍図って別物なんでしょうか?また、おおざっぱにどう違ってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

 【公図】は一般的には【字図】と呼ばれています。土地に対する税金(地祖)の課税台帳であった土地台帳の付属地図として、登記所に備え付けられている地図のことです。この地図は、明治時代に地租改正のために作製されました。土地台帳制度は、昭和35年に廃止になり、この地図は登記所に保管されてはいますが、法的な制度としての存在ではなくなりました。しかも、必ずしも精度は高くありません。それでも、土地についての貴重な資料であり、裁判等では重要な役割を果たすこともあります。役所に保管されていることから公図と呼ばれ重宝されてきました。公図のほかに【法17条地図】と呼ばれるものがあります。不動産登記法の第17条に規定されているためこのように呼ばれています。不動産の権利関係を明確にし取引を円滑に行うための登記制度にそって備えるよう定められており、正確なものです。しかし、法17条地図は、現在でもまだほとんど作製されていないのが現実です。公の図面で精度の高いものに、もう一つ【地籍図】があります。これは市町村が行う「地籍調査」によって作製される地図です。この地図は「写し」が登記所へ送付され、先の法17条の地図、もしくはそれに準ずる図面として扱われます。しかも、登記簿上の地目、地積などが異なるときは、登記簿の記載が変更されます。
 公図は一般的に「大体の方位・地形・隣地との関係位置を知るには有効であるが距離・角度・面積は的確性を欠くもの」とされます。公図を利用するには、十分に考慮する必要があります。以上の公図や法17条地図は、登記所に保管されています。閲覧し謄写することもできます。
以上は引用

 【公図】は一般的には【字図】と呼ばれています。土地に対する税金(地祖)の課税台帳であった土地台帳の付属地図として、登記所に備え付けられている地図のことです。この地図は、明治時代に地租改正のために作製されました。土地台帳制度は、昭和35年に廃止になり、この地図は登記所に保管されてはいますが、法的な制度としての存在ではなくなりました。しかも、必ずしも精度は高くありません。それでも、土地についての貴重な資料であり、裁判等では重要な役割を果たすこともあります。役所に保管されてい...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報