よく、自殺した人はものすごーくひどい地獄におちるとか
悪いことしたら地獄行きになるとかいうけど、ホントなのかな?試しに死んでみるってわけにもいかないし(そりゃそうだ)私はあると思うけど、皆さんの意見を聞かせてください。

A 回答 (9件)

直接回答になっていませんが、参考にして下さい。

誰が言った言葉かも忘れてしまいました。
「もし、神々の存在を信じるほうに賭けていて、それが外れても損することは何も無い。しかし、神々の存在を信じないほうに賭けていて、それが外れたら、お前は全てを失うだろう。」
    • good
    • 4

ご存知かもしれませんが、禅宗でのお話をひとつ。


老師と若い雲水(修行僧)との問答です。

雲水:地獄、天国と言いますが、そんなものは本当にあるんですか?
老師:たしかにある。でも、天国も地獄も、一見したところ見分けはつかん。
    天国も地獄も、住む環境は何も変わりはせんのだよ。いただくご飯も、
    寝るところも同じ。でも、ただひとつだけ大きく違うところがある。

そこで、老師は例え話を始めます。

「あるとき、天国に住む人たち、地獄に住む人たち、両方にご馳走が出た。
 釜ゆでのおうどんだ。
 大きな大きな釜のなかに、おうどんがグラグラとゆだっている。地獄界に
 いる人たちは、釜のまわりをぐるりと取り囲み、早く茹であがらないか、
 まだか、まだかと待っている。さあ、ゆであがった。だけれども、食べる
 にはルールがあって、1メートルもの長いお箸を使わなければならない。
 地獄界の人たちは、われ先に食べようとするのだけれど、お箸が長すぎて
 うまく手元の付け汁のつけられない。あっちにツルツル落ち、こっちにツ
 ルツル落ちてしまって、一向に口に入らない。
 ひょっと向こうの奴を見ると、長いお箸を使って、自分の前にあるうどん
 をつかもうとしている。あっ、これはオレのだ! とばかりにそれを邪魔
 する。向こうの奴も、なんだ! と応酬する。ひとりがうまく付け汁につ
 けて、さあ、口に運ぼうと思った瞬間、それを見た奴が、オレがうまく食
 べられないのに、あいつだけに食べさせるわけにはいかん、と邪魔する。
 それに応酬する。お釜のまわりで、みんながケンカを始め、あちこちにお
 うどんが散らばるわ、付け汁はひっくり返すわ、阿鼻叫喚の巷と化す。結
 局、おうどんは誰の口にも入らずに、食事の時間が終わってしまう。
 一方、天国界に住む人たちはどうだろうか。地獄界と同じように、大きな
 釜におうどんがゆでられている。もちろん、天国界の人も1メートルのお
 箸を使わなければならん。さあ、ゆであがった。天国界の人たちも長いお
 箸を使っておうどんをつかむのだけれども、それを自分の付け汁にはつけ
 ようとしない。向かい側の人の付け汁につけて、それを向かい側の人の口
 に運んであげる。『ああ、ありがとうございました。美味しゅうございま
 したよ。どうぞ、次はあなたも』
 お釜を取り囲む人たちがみんな、互いに向かい側の人に食べさせてあげる。
 やがてお釜のおうどんはきれいになくなり、『今日のおうどんは美味しゅ
 うございましたね』と、みんなが満腹する」

ちょっと端折り気味に書いてしまいましたが、こういう例え話をして、老師は
若い雲水に言います。

老師:天国も地獄も、いろいろな絵が描かれたり、ずいぶんと環境が違うよう
    に思うけれども、それは違う。みんな一緒なのじゃ。天国も地獄も、少
    しも変わりはせん。違うのはただひとつ、住んでいる人の心なのだよ。
    自分が持つ心によって、天国と地獄はつくられるのじゃ。

これって、我々が生きる現世でも同じですよね。同じ環境にありながら、イラ
イラして不平不満ばかり口にする人もいれば、明るく朗らかに生きている人も
いる。実際にいますよね、さほど悪い環境でもないのに、不平不満を鳴らし、
あいつが悪い、こいつのせいだということばかりを言っている人が。逆に、他
人から見て、これほど劣悪な環境はないな、可哀相にと思うのに、ケロッとし
て、明るく生きている人もいます。
地獄、天国をつくるのは、自分の心なんですね。心の持ちようです。環境とし
てどう違っているのか、ということではないと思います。
従って、現世にも天国と地獄があり、あの世(死後)があるとしても、そこに
は天国と地獄があると思います。ただし、それは針の山があったりするのでは
なくて、自分の心がつくる天国と地獄なんですけれどもね。

死んだ人のことを悪く言うことはできませんが、自殺をするということは、何
かしらの恨みやそねみ、または逃げがあると思うんです。そのために自らの命
を自らの手によって断ってしまうのだとすれば、老師のお話のように、まさに
心が地獄をつくっているわけですね。

もうひとつ。「試しに死んでみるってわけにも」とありますが、死ななくたっ
て実験できますよね、この老師の話を本当だと思えば。生きている今現在も、
自分を取り巻く環境をどういうふうに捉えて生きるか。その結果、あなた自身
がどういうふうに思うか。善きことを思っていこうという実験をすれば、多分
天国を体験できるでしょうし、悪いことばかりを思っていこうという実験をす
れば、必ずや地獄を体験できるでしょうしね。
どちらの実験をしてみるか、あなたにお任せするしかありませんが。
    • good
    • 3

天国や地獄という概念は、科学には属してなくて宗教に属しています。

でありますから、在るか無いかではなく、信じるか信じないかと問われなければならない命題だと思うので、答えられません。回答になってませんかね?すみません。
    • good
    • 0

ちょっと他の方々とはちがいますね(^^)



私は地獄も天国も死後の世界のものと認識しません。
本当にあると信じてますが、それは現世に存在します。

そして、人によって、考え方によって、宗教・思想・属する国家・集団・・・あらゆるものに左右されると思います。

死後の世界については「浄土」と認識しています。
これは私の家が信仰している宗教の教えでしょう。
特別に習ったり、熱心に勉強したわけでもないのですが
物心ついたころには自然にそう認識していました。

まあ、こんな考えもあるんですーって程度に。
    • good
    • 0

天国とか地獄ってのは無いと思っています。



だって、もし本当に天国か地獄に行くとすると、
そこは今までに死んだ全ての人(さらには動物までも)の霊が集まってくるわけですから、
どう考えても収容しきれるはずはないのです。
(天国/地獄が無限に広いとか、時間が経てば地上界へ戻るというのなら別ですけど)

でも、もし無限に広いのであれば、
「天国で逢いましょう」なんて言うセリフがありますが、
一体、天国のどこで逢うんでしょうね。
ディズニーランドで人捜しするよりも難しいですよ...
    • good
    • 0

わたしは以前バイクで事故って、脳挫傷で死にかけました。


このときの事故は今でも、まったく記憶にありません。
前の晩に寝たところまでは覚えていますが、朝起きて、着替えて、どこをどう通ったかもわかりません。
わたしは死にませんでしたが、記憶がないため、当然あったはずの事故の時の恐怖や痛みがまったくありません。
(入院中のケガの痛みはありましたが)
仮にあの事故でわたしが死んでいたら、前の晩に寝たところで記憶が終わっているわけです。
これは、寝るときに電気を消すようなものだと感じました。
今生きているのは「ON」、死んだら「OFF」。
生きているのと死んでいるのは、このくらいしか差がないと思います。
だから、地獄とか天国とかは全くもって信じていません。

生前の行為に対する評価は、やはり生前の時だけです。
せいぜいお葬式に人が来るか来ないかぐらいで、それにしたって、「OFF」になっている本人には、全く関係ないことです。

すいません参考になりませんでした。
    • good
    • 1

言い出しっぺはパスカルでしたっけ?



A)もしホントに地獄があるのなら、悪いことするのはまずいが、悪いことしなければ心配なし。
B)もしホントは地獄がないのなら、悪いことしてもしなくても心配なし。
 さあ、どっちに賭ける?どっちに転んでも悪いことしなければ心配なし。って訳です。
    • good
    • 1

宗教において天国・地獄という概念は元々は人が良い事をすることを奨励し、悪い事をしないようにする動機付けとして発達したものと考えられます。


仏教でも釈迦は仏がいることすら明言していないです。経典に書かれているのは全て象徴としての存在で一般の人にわかりやすく説明するために作り出されたものです。同様に天国・地獄の概念も同じように一般の人にわかりやすく説く為のツールです。

しかし、私は死後の世界を否定してるわけではありません。ただ、各宗教の説くような天国・地獄は存在しないと考えます。世の中の善悪の基準は時代によって変わるのだから。。。
    • good
    • 1

解答はないので結論もでないと思いますけど、



脳の一部に、死んだ時だけに電流が走る箇所があるらしいです。そこに刺激を与えると死後の世界が見えるんだって。
そのイメージは、国(宗教)によって違う。
それが、死にかけた人が見る三途の川の正体ってところですかね。

私は死後の世界はないと思ってます。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地獄絵の、三本の竹の前でひざまずく女性

地獄絵の、三本の竹の前でひざまずく女性

先日、奈良の長岳寺で地獄絵を見たのですが
三本の竹の前でひざまずく女性が描かれていました。
これは何を意味しているのでしょうか。

Aベストアンサー

蝋燭の芯の糸で、竹の根を掘っている図ですね。

仏教和讃三百題 なかほどに、石女地獄という題があります。
 http://porta.ndl.go.jp/service/servlet/Result_Detail?meta_item_no=I000013322&meta_repository_no=R000000008

こちらで直に内容が読めます。ページは61/103。表示に少し時間がかかります。
文字は拡大できます。
 http://kindai.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/818756/61

要は、女三界に家なしの教義です。
下記はなかなか面白いホームページから、女性に関する和讃の紹介です。トップに行きますと、歴史好き、旅好きの方は楽しめると思います。
 http://www.edu-project.com/wasan.htm

Q山猿とか野良犬とか野良猫とか

こんばんは!

山猿が人里に降りてきたり、野良犬、野良猫がゴミをあさったり
カラスがゴミを漁ったりって人間が原因ですよね?
まずこれが1個目の疑問です…。

人間のせいで動物が捨てられて、でも原因がいくら人間にあったとしても
そういうことするなら駆除するよ?って事なんでしょうか?
すごい自分勝手だと思うんですが、人間同士ならそうは話は進まないですよね。
犯罪の原因が被害者にあっても犯罪を犯した方が悪いって言われればそれまでですが…。

別にどうしたらいい?という回答は求めてないのです。
原因が人間にあるのかと、人間が原因でも邪魔になるから始末するのか?
というのが疑問なのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 以前、行政で市民からの相談に対処する部署にいたことがあり、こうした野生動物や捨てられた動物への対応(苦情)を求める相談がよくありました。そのときの経験を思い出しながら書かせていただきます。

○野猿の被害について
 野猿の被害は住民や農業者には深刻な問題です。
 おっしやるとおり、宅地開発が進み元々、野猿の縄張りの近くまで人が住むようになったのが大きな原因ではありますが、野猿の学習能力に人間が対応できていないと感じました。

 農作物の被害は、勿論、山に成っている自然の食べ物より、農作物の方がおいしいと学習しちゃったんですね。しかも、食べ方がひどいんです。例えば、大根だと二かじりしたくらいで捨てて、次のやつを食べちゃうんですね。つまり、根こそぎ中途半端に食べちゃうんです。

 また、人的被害もあります。野猿は賢くて、大人の男性には手を出しません。女性や子供を狙うんです。スーパーの買い物の帰りに、後ろからスーパーの袋を引っ張られて、転倒して骨折したおばあさんや、家の窓ガラスを割って家中の食べ物を食べられたお宅もありますし、さらに賢い野猿は、玄関の戸を自分で開けて、仏壇のお供え物を食べたりするんですね。

 それと、これは遊んでいるとしか思えないんですが、屋根の上で日向ぼっこをしたり、屋根の瓦を剥ぎ取って投げつけたり、テレビのアンテナを揺さぶって折ったりするんです。

○烏の被害について
 烏もご存知のとおり、頭のいい生き物です。
 これも、野猿と同じく、人間の開発による住処の減少も勿論原因ですが、人間の出すゴミの方が手っ取り早く食べられておいしい、と言うことを学習しちゃったんですね。
 烏は、産卵時期になるととてもナーバスになります。知らずに巣に近づくと、攻撃する真似をします。しかし、滅多に本当に攻撃はしません。確かに自分に向かって飛んできたら、攻撃されたと思われる人が多いかもしれませんが、烏が本当に襲うときは嘴で突付いたりしません。足で蹴っ飛ばすんですね。それを、知っているとそんなに怖がる必要は無いと思います。

○捨て犬、捨て猫について
 これは、人間のエゴとしか言いようがないですね。

(まとめ)
 捨て犬、捨て猫以外は、人間も動物もどっちもどっちだと思います。
 野猿や烏などの野生動物は、通称「鳥獣保護法」で守られています。これらの動物を保護鳥獣と言います。つまりこうした動物を勝手に捕まえたり、危害を加えたら人間に罰則が与えられることに成っています。
 それと、余りにひどい被害が出た場合は、許可を貰って捕獲しようとするんですが、実際、こうした賢い動物は簡単には捕まってくれません。

 結局、人間が彼ら野生動物のテリトリーを減らしたのと、彼らが楽な食料の確保方法を学習しすぎたのが原因と言うことですね。
 実際に野猿の被害者のお宅に何度か行ったことがあるんですが、窓ガラスは割れている、樋が取れている、瓦が散乱しているなど、ひどいものがあります。
 また、農業者は、被害が生活に直結します。

 お互いが共生できるのが一番いいのは確かですが、被害の当事者の立場に立てば深刻な問題なんです。傍観者が、声高に「かわいそうじゃないか」と言うのは無責任だと、仕事を通じて思うようになりました。

 こんにちは。

 以前、行政で市民からの相談に対処する部署にいたことがあり、こうした野生動物や捨てられた動物への対応(苦情)を求める相談がよくありました。そのときの経験を思い出しながら書かせていただきます。

○野猿の被害について
 野猿の被害は住民や農業者には深刻な問題です。
 おっしやるとおり、宅地開発が進み元々、野猿の縄張りの近くまで人が住むようになったのが大きな原因ではありますが、野猿の学習能力に人間が対応できていないと感じました。

 農作物の被害は、勿論、山に...続きを読む

Q天国と地獄の本について・・・・・・

こんにちは。私がまだ子供だった頃、祖母に2冊の本をもらいました。リアルなマンガだったような記憶はあるのですが、天国と地獄の本です。祖母はお寺めぐりをやっていましたのでその時に買ってきたようですが、とっても地獄の本は怖かった覚えがあります。今では手にはいらないのでしょうか?ご存知の方がおられましたら教えてください。

Aベストアンサー

「地獄と極楽」ではありませんか?「八大地獄」をめぐったあと、主人公が極楽に行くという・・・。私も小さい頃買ってもらいました。大人になって、あのマンガの強烈さが忘れられず、探したところ、知恩院のサイトでみつけました。問い合わせメールで丁寧に対応してくれ、購入できます。(500円+送料)また大きめの仏閣、寺院の売店でも、今も売られているようです。

参考URL:http://www.kanshin.com/keyword/966588

Qもんじゅや原燃の敷地内にある「建屋」って、工場とか研究所とかとどう違うの?

もんじゅや原燃の敷地内にある「建屋」って、工場とか研究所とかとどう違うの?

Aベストアンサー

建屋は、機器や設備を覆う建物の事。タービン建屋etc
工場も建屋ですよ。
研究所・オフィス・店舗・住居等の建物は建屋とは呼びません。

Qストリンドベリの地獄という本を知っている人はいませんか??

ストリンドベリという人の地獄と言う本は、彼が自信の日記を元に書いたものです。作中にエドヴァルド・ムンクも登場します。
日本語訳もでているはずなのですが、絶版になっていて手に入りません。
もしお持ちの方、読んだことのある方がいらっしゃったらお話が聞きたいです。
ほかに、ムンクと分裂病に関する資料に心当たりのある方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

埼玉の方でしたか。
なーんだ、じゃあさっき書いとけば良かった。
*私がさっき紹介したものは、所蔵してなかったので書かなかったんですけど。

書 名:ストリンドベルグ小説全集 第5巻(地獄・伝説)
著 者:ストリンドベルグ(アウグスト・ストリンドベリ)
訳 者:秦豊吉
出版社:新潮社
出版年:1924.12

ならば、埼玉県立浦和図書館で所蔵しています。(請求 949-st8)

ただ、古ーい本なので、「禁帯出」の可能性がありますが。
とりあえず、行動範囲内の図書館に問い合わせてみてください。

Q海外が「エコ」ってホント??

欧米を初めとした海外諸国は、一般的に日本より「エコ」と言われており、その指標として「寄付金額」や「SRI」の投資額が頻繁に上げられています。
しかし、これらの指標は、海外の一般の人々の消費活動が「エコ」であるかは、表しきれていません。

そこで、どなたか海外において、一般の消費活動(スーパーや百貨店、家電量販店などでの購買活動)が、日本よりもエコであるという指標をご存知の方はいらっしゃいませんか??

Aベストアンサー

在米者です。

少なくても一般人の「エコ」意識が進んでいるという感じがしません。
ゴミの選別はいい加減(一応リサイクル用のゴミ箱はあるが、紙もペットもアルミも一緒)だし、エコを売りにしているスーパーは聞いた事がありません。一般人の意識もかなり低いです。

指標とされる寄付金等はわかりませんが、一般消費者レベルでは日本の方が格段に先進国です。

Qフォイエルバッハの本を探しています「この世は地獄

http://okwave.jp/qa/q32515_5.html
>私の判断はフォイエルバッハの人生観からくるもので、
>「この世は地獄であり、つねに苛まされ、そして自らも苛ます地獄の鬼」

この一文が書かれているフォイエルバッハの著作の題名は何ですか。

Aベストアンサー

もとのかたも
実際に読んで話しているわけではないと思います。

主意としてはありますね。

「キリスト教の本質 第27章」
人を愛さないキリスト者は、信仰者とはいえない
と述べている箇所にその「地獄に関する記述」があります。

フォイエルバッハは、「キリスト教の本質」第27章「愛と信仰の葛藤」のなかで
キリスト狂信者が、異教徒と自分は違うとやっきになるその原因は、
キリスト狂信者の持つエゴイズム・ナルチシズム・欺瞞によると一刀両断しています。

さらに、かれら擬似信仰者にとっては、起源としての全ての悪は、不信人者のカテゴリーに分類されるという癖がある。そして、不信人者にとって死後の世界は、地獄であると表現したことで体系的に教義を整えることとなった。生起的にみても不義による失楽園・堕天使ルシファーの居城のたとえが、象徴的に示すとおり、不信がこの世にあるということは、結局、地獄がこの世にあるということと解釈され、あの世に業火があり死を通じて、世界がつながっているとするならば、この世にその業火も漏れ出しているのである。現に、不信の闇夜を照らし出す為に地獄のほのおが轟轟として立ちのぼっているのであり、自分は最高の信者であるとの慢心から、無実の人々を火刑に処したその「人悪」を浮き立たせているのである。

Okwaveの項目でも日常として起こっていることのようです。人を愛していないものが聖者を騙れるなら、この世は地獄であるということが出来るでしょう。

エゴとオレオレの地獄というわけです。

もとのかたも
実際に読んで話しているわけではないと思います。

主意としてはありますね。

「キリスト教の本質 第27章」
人を愛さないキリスト者は、信仰者とはいえない
と述べている箇所にその「地獄に関する記述」があります。

フォイエルバッハは、「キリスト教の本質」第27章「愛と信仰の葛藤」のなかで
キリスト狂信者が、異教徒と自分は違うとやっきになるその原因は、
キリスト狂信者の持つエゴイズム・ナルチシズム・欺瞞によると一刀両断しています。

さらに、かれら擬似信仰者にとっては、起源とし...続きを読む

Q椿がおちるという事の迷信?。

椿がおちるというのは縁起が悪いのですか?
それは全国的な考え方でしょうか?特定の地方でしょうか。

純邦楽の曲に、お寺の地面におちた椿の花を読んだ曲があり、その名も曲名「おち椿」なのですが、それっておかしいんですか?

また花にちなむ迷信のようなもの(日本)があれば教えてください。

Aベストアンサー

ツバキの花は咲いたままポタリと落ちるので敬遠するという人がいる一方で、上を向いて落ちるので縁起がいいという話もあるなど地域によってさまざまなようです。地域別までは分りませんが。

縁起に関していうと
・鉢植えは「根付く」ので、縁起が悪い
・菊は仏花なので、よろしくない
といったようなものがありますね。

Qどちらが多い? 天国と地獄・・・

世の中にはたくさんの天国と地獄がありますが、一体どちらの方が多いんでしょうか。

両方合わせた「天国と地獄」というのは、映画の題名にも音楽の曲名にもありますけど、一般に映画では「地獄」が多いようで、曲名には「天国」が使われやすそうな感じです。

もちろん他にもいろいろな天国と地獄があると思います。
本の題名やゲームの名前、或いは慣用句でも多そうですし、どんな形でも結構ですので、皆さんのご存知の「天国」と「地獄」を教えていただいて、どちらが多いか調べてみたいと思います。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

思い浮かんだのは、
地獄の沙汰も金次第。
地獄で仏に会う。
地獄の釜の蓋が開く。
地獄耳。
借金地獄。
生き地獄。
地獄谷。
地獄絵図。

あら~地獄ばっかり。

天国に一番近い島・・行けそうもない。
温泉天国。
地獄極楽はこの世にありとか・・
今年も温泉につかって極楽極楽(天国)と言って過ごしたいです。

本年もよろしくお願い申しあげます。

Q九州の電力を東北地方に送給電する・・ホント?

九州の電力を、東北地方の地震被災地に送給電するので、みんなで節電するように協力を求め、また、メールを拡散するように!とメールが来ました。
節電は良い事ですが、本当に行われなければ、協力を呼びかけることをためらいます。
テレビやラジオで、このような(九州で節電しましょう)事は、全然言ってないし、真偽が分かりません。
知ってる方、教えてください。

Aベストアンサー

いたずらです。
関東への周波数変換送電能力は弱く120万kw、中部・関西でその程度の発電余力は十分あるはずです。
よって中部以西(60Hz圏)は電力需給は逼迫しておらず、特別節電の必要はありません。


人気Q&Aランキング