AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

じぬし(地主)じしん(地震)等 ち(地)に濁点なのにじ
しかし鼻血は はなぢ 。
みぢか(身近)等 語中では ぢ になっております。
語尾 語中では ぢ で使用 語頭では じ を用いるのが正しいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私は、国語に関する原稿執筆を仕事としており、各サイトで何度か同じご質問に答えて参りました。

今回はいい機会ですので、網羅的に説明させていただきたいと思います。部分的に、他の方のご回答と重なる点もございますが、ご了承ください。

まず、国が内閣告示・訓令で定めた「現代仮名遣い」(昭和61年 全文は文化庁のHP=下記URL内にあります。)では、「ぢ」「づ」を使うのは次の二つの場合(例外)に限り、それ以外は原則としてすべて「じ」「ず」を使うことになっています。

例外1)同音の連呼によって生じた「ぢ」「づ」
例 ちぢむ(縮む) つづく(続く) つづみ(鼓)
例外2)二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」
例 はなぢ(鼻+血) そこぢから(底+ちから) たけづつ(竹+筒) みちづれ(道+連れ)

以上のことから結果的に(現象的に)、
「語頭には『ぢ』『づ』は来ない。」
ということになります。

なお、次のような語は「二語の連合」ではあるけれども、「現代語の意識では二語に分解しにくい(元々の言葉を想起しづらい)」という理由で、当初(昭和21年の内閣告示・訓令)は「じ」「ず」と書くことになっていました。
例「世界中(せかいじゅう)」「稲妻(いなずま)」
しかし、「現代語の意識では二語に分解しにくい」という理由が主観的すぎるなどの批判があってか、昭和61年の内閣告示・訓令では、上記のような語について、
「『じ』『ず』を用いて書くことを本則とし、『せかいぢゅう』『いなづま』のように『ぢ』『づ』を用いて書くこともできる」
と、規範が緩められました。

その規範の緩和がなければ(「中」を「ぢゅう」と読むことが許されなければ)、現象的に次のようなことがいえたのです。
「『ぢ』『づ』は、和語(訓読みの言葉・漢字)に限られ、漢語(音読みの言葉・漢字)には用いられない。」

さて、ご質問の「地震」の「じ」ですが、これは、上の二つの例外にあてはまりません。しかも、現象的な面(語頭には来ない・音読みである)から見ても、「ぢ」とは読めません。
つまり、もともと「地」には、「ち」「じ」という二つの音読みがあるのです。「省」に「せい」「しょう」という二つの音があるのと同じ事です。(ここらの経緯は、日本における漢字受容の歴史に関係しているのですが、煩雑になるのでここでは触れません。)
「地震」の「地(じ)」は「ち」が濁ったものではないのです。

ただ、ややこしいのは、「地震」をかつて(歴史的仮名遣いで)は「ぢしん」と書いていたということです。しかし、この「ぢ」も「ち」が濁ったことを表しているのではなく、かつては「じ」と「ぢ」の発音が実際に異なっていたことの名残なのです。
今では、全国的に「ぢ」「じ」、「づ」「ず」はそれぞれ同じ音で発音されますが、歴史的仮名遣いの定められた平安時代の共通語では、文字どおり異なった音で読んでいたのです。つまり、その当時「地」は「ぢ」という「じ」とは違った読み方をしていたのです。
しかし、江戸時代ごろまでには、ごく一部の地域(九州など)を除いて、「ぢ」「じ」、「づ」「ず」は、それぞれ同じ音で発音されるようになりました。つまり、「ぢ」「じ」は発音上区別されなくなったのです。

そのような表記と発音の不一致は、国民の言語教育にとって、大きな障害となります。そこで明治以来、仮名遣いの改革が論じられ続け、ついに戦後間もない昭和21年に、前記のごとく「内閣告示・訓令」が出されて今のような現代仮名遣いが行われるようになり、それが昭和61年に一部修正され、現在に至っているのです。

長くなりましたが、以上が「ぢ」「じ」にまつわる仮名遣いについてのあらましです。

「国語学辞典」(東京堂)「日本文法辞典」(有精堂)「日本文法大辞典」(明治書院)「日本語の歴史」(岩波新書)などを参考にしました。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20061 …
    • good
    • 26
この回答へのお礼

素晴らしい回答ありがとうございました。
これほど詳しく応えて頂けるとは思っておらず感激いたしました。
日本語を正しく使うことは難しいと常日頃思っておりました。
kyouzaiya-kさんのような日本語を正しく使える方は日本にとって宝だと思います。
これからも日本語に関する疑問あれば是非ご指導をお願いいたします。
回答してくださったみなさまもありがとうございます。

お礼日時:2006/11/12 22:48

過去にあった同様の質問・回答です



「じ」と「ぢ」の違い。
http://okwave.jp/qa826683.html
「じ」と「ぢ」
http://okwave.jp/qa1267451.html
「ず」、「づ」と「じ」、「ぢ」の違いは?
http://okwave.jp/qa1849947.html
「ぢしん」ではなく「じしん」なのは何故?
http://okwave.jp/qa2385374.html
    • good
    • 1

「地」という漢字については、現在の標準的な読みは、


「ち」「じ」となっています。
(元々は、「ぢ」だったのが、「じ」に変化した可能性はありますが)

ですから、地主が、「じぬし」なのは、「ち」に濁点ではなくて、独立した、「じ」という読みなのです。
ですから、「意気地」も(語頭ではありませんが)「いくじ」です。
    • good
    • 3

現代仮名遣いでは「ず」「じ」が原則で、二語の連合の場合に「づ」「ぢ」に


なるようです。
但し、同音の連呼の場合は「しじみ」、「すずき」、「ちぢみ」、「つづき」と
なるようです。
    • good
    • 6

二語の連合による連濁、一語中の同音の連呼にのみぢを使用。


江戸時代よりぢは基本的にじを使用するようになっているためです。
語頭で使うことはありません。
ぢ (痔) で使われているのを見かけますがあれは登録商品です。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「じ」と「ぢ」の正しい使い方は?

娘に質問されたんですけど答えられませんでした(汗)
内容は「じ」と「ぢ」の使い分け。
更に「ず」と「づ」の使い分け。
恐らく常識なのかもしれませんが、いまいち分りません。
特に「ぢ」なんかは私は使ったことありません。
無知な質問かもしれませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

元々「ち」だったものが濁る場合は「ぢ」。

「続く」は「つづく」、「鼓」は「つづみ」、「綴り方」は「つづりかた」、
つまり、一つの言葉の中で「つ」の後ろに来るのは、「ず」ではなく「づ」

「縮む」「縮める」「縮まる」「縮れる」は「ちぢ・・」、



上記以外の場合は、(大概)「ず」や「じ」。



注意点その1
「1個ずつ分ける」の「ずつ」は、「づつ」とは書かないことになっている。
(大きい辞典だと「づつ」も載っていますが、「ずつ」と書くのが常識的です。)


注意点その2
「一日中」「一晩中」など、「ずーっと」を表す「中」のふりがなは「じゅう」とするのが普通。


注意点その3
「地震」「地面」「生地」などの「地」は「じ」。
これらは、理屈で考えるよりも、個別に覚えるほうがよい。



以上を押さえておけば、九分九厘困りません。

Q現代仮名遣いの「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」の使い方

ワープロを打つとき、いつも気になるのが、「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」の使い方です。
地面は「じめん」より「ぢめん」、稲妻は「いなずま」より「いなづま」の方が、良いと思うのですが、文部科学省のご指導では、「じ」「ず」だということのようです。
昭和61年7月1日内閣告示第一号「現代仮名遣い」を読みましても、納得しにくいです。
このことについて、ご解説いただければと思います。

Aベストアンサー

↓【昭和61年7月1日内閣告示第一号「現代仮名遣い」】該当箇所

5 次のような語は、「ぢ」「づ」を用いて書く。

(1) 同音の連呼によって生じた「ぢ」「づ」

例 ちぢみ(縮) ちぢむ ちぢれる ちぢこまる

つづみ(鼓) つづら つづく(続) つづめる(約△) つづる(綴*)

〔注意〕 「いちじく」「いちじるしい」は、この例にあたらない。

(2) 二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」

例 はなぢ(鼻血) そえぢ(添乳) もらいぢち そこぢから(底力)

ひぢりめん いれぢえ(入知恵) ちゃのみぢゃわん

まぢか(間近) こぢんまり

ちかぢか(近々) ちりぢり

みかづき(三日月) たけづつ(竹筒) たづな(手綱) ともづな にいづま(新妻) けづめ ひづめ ひげづら

おこづかい(小遣) あいそづかし わしづかみ こころづくし(心尽) てづくり(手作) こづつみ(小包)  ことづて はこづめ(箱詰) はたらきづめ みちづれ(道連)

かたづく こづく(小突) どくづく もとづく うらづける

ゆきづまる ねばりづよい

つねづね(常々) つくづく つれづれ

★なお、次のような語については、現代語の意識では一般に二語に分解しにくいもの等として、それぞれ「じ」「ず」を用いて書くことを本則とし、「せかいぢゅう」「いなづま」のように「ぢ」「づ」を用いて書くこともできるものとする。

例 せかいじゅう(世界中)

いなずま(稲妻) かたず(固唾*) きずな(絆*) さかずき(杯) ときわず ほおずき みみずく

うなずく おとずれる(訪) かしずく つまずく ぬかずく

ひざまずく あせみずく くんずほぐれつ さしずめ でずっぱり なかんずく うでずく くろずくめ ひとりずつ

ゆうずう(融通)

★〔注意〕 次のような語の中の「じ」「ず」は、漢字の音読みでもともと濁っているものであって、上記(1)、(2)のいずれにもあたらず、「じ」「ず」を用いて書く。

例 じめん(地面) ぬのじ(布地)

ずが(図画) りゃくず(略図)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
質問者さんがお気に召さないのは、上記告示の★を付けたところ、すなわち、「なお書き」のところと〔注意書き〕のところだと思います。
ご意見は以下のようなことかと推察します。

「世界中」は「世界(せかい)+中(ちゅう)」に分解できる。だから「せかいぢゅう」が正しい。

「稲妻」は「稲(いね)+妻(つま)」だ。だから「いなづま」だ。「新妻」は「にいづま」が正しいとなっているではないか。なんで「にいづま」がよくて「いなづま」がダメなのか。(「にいずま」とタイプすると「二伊豆間」と出ました)

「地面」も「土地(とち)」の「地」が「ち」だから、「地面(ぢめん」の方がよい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★なお書きのところについて・・・
例に挙げられているものは、ほとんどが二語に分解できると思います。そして、これらは昔から「ぢ」「づ」でやってきていたのであるから、「ぢ」「づ」の方が良いと私も思います。

★〔注意〕のところについて・・・
告示の『「じ」「ず」は、漢字の音読みでもともと濁っているものであって』というのは、「地面」の「じ」は、呉音です。「ち」と発音するのは漢音です。
ですから、「地面」の「じ」は、「ち」が濁ってできたものではない、もともと呉音で「じ」と発音していたのだから、「ち」とは無関係であるという理屈です。
「図画」の「ず」も呉音です(漢音は「と」)。ですから、もともと「ず」と発音していたということです。

文部省のおっしゃることのスジは通っているようです。しかし、中国の呉地方の方には申し訳ないですが(^-^ 、漢音との関連で「地面(ぢめん)」、「図画」は漢音の「とが」との関連で「ずが」よりも「づが」の方がいいように思います(実際は関連はないのですが、私たちには関連付けた方が覚えやすい)。

私は、この「現代仮名遣い」の該当部分を読んだ限りでは、「じ、ず」よりも「ぢ、づ」の方が良いと思いました。
しかし、仮名遣い全体について考えてみたわけではありませんし、また【専門家様!】でもありませんので、実際に「ぢ、づ」であったらどうだったのか、混乱したのかどうか・・・これはわかりません。

なお、都築という名字を間違えて「つずき」とフリガナを振った小学生を知っていますが、大人でそういう人を知りません(大人でも、日本全国のたくさんの都築さんの中に、マレにそういう方がいらっしゃる可能性については否定しません。)。

↓【昭和61年7月1日内閣告示第一号「現代仮名遣い」】該当箇所

5 次のような語は、「ぢ」「づ」を用いて書く。

(1) 同音の連呼によって生じた「ぢ」「づ」

例 ちぢみ(縮) ちぢむ ちぢれる ちぢこまる

つづみ(鼓) つづら つづく(続) つづめる(約△) つづる(綴*)

〔注意〕 「いちじく」「いちじるしい」は、この例にあたらない。

(2) 二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」

例 はなぢ(鼻血) そえぢ(添乳) もらいぢち そこぢから(底力)

ひぢりめん いれぢえ(入知恵) ち...続きを読む

Q「じ」と「ぢ」の違い。

あるまんがで、「じ」と「ぢ」の違いって?と言った事が書いてありました。確かに、「ぢ」は使い方が限定されている様に思います。(病気の「ぢ」に「ぢ」と使うぐらいでは?)ならば、「ぢ」も「じ」と書いてもおかしくはないのではないでしょうか?「じしん」「ぢしん」も同じですね?使い分ける理由を、教えて下さい。

すでに、出ている質問でしたらすみません。m(__)m

Aベストアンサー

1.同音の連呼によって生じた「ぢ」「づ」
  *ちぢむ・つづく など
2.二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」
  *はなぢ・そこぢから など

上記二つに付いては「ぢ」「づ」を使います。

しかし、現代語の意識では一般に二語に分解しにくいものは基本的に「じ」「ず」を用いて書きます。
  *せかいじゅう・つまずく・いなずま など

しかし次のような語の中の「じ」「ず」は,漢字の音読みでもともと濁っているもので、上記にあたりません。
  *じめん(地面)ぬのじ(布地)ずが(図画)りゃくず(略図)

「地」には「チ」という読みも「ジ」という読みももともとあるんです。
ややこしいですね。
日本語学を専攻しましたが、この辺は難しいところだと思います。

#文頭に来る本来「ぢ」になりそうなものは(ぢしんなどですね)
#「じ」と表記するのが決まりだと聞いた事があります。

Q「ぢ」のつく言葉、大急ぎです。

子供の宿題で「ぢ」のつく言葉を捜してきなさい。と言うのがありまして、思い当たるのは「ちぢむ」「はなぢ」くらいしかありません。お願いします。明日の朝まで教えてください。

Aベストアンサー

「ぢ」の多くは現代語では「じ」に置き換わっており、生き残っている「ち」連濁、つまり本来語頭に清音の「ち」が付いていたのが、上に別の言葉が付いて濁ったものがほとんどです。

●「縮む」系の動詞
縮む、縮まる、縮める、縮れる

●その他例外
こぢんまり、千々に(「千々に乱れる」など成句でのみ使用)

●「知恵」の連濁
浅知恵、入れ知恵、猿知恵、悪知恵

●「調子」の連濁
一本調子、上調子(うわぢょうし)

●「近い」の連濁
手近、近々、間近、身近

●「力」の連濁
糞力、底力、馬鹿力

●その他の連濁
散り散り、御飯茶碗、鼻血、緋縮緬(ひぢりめん)、盆提灯(ぼんぢょうちん)

Q『う』と『お』の違い。

小学一年生の娘の質問に誰か答えてはいただけないでしょうか?
『お父さん』は『おとうさん』なのに、
何で、『氷』は『こおり』なの・・・

解っていただけたでしょうか??
同じ『お』と発音する物でも、
書き方は『お』や『う』がある。
同じように『じ』と『ぢ』、『ず』と『づ』・・・

なんでって聞かれたらどう答えたらいいのでしょう?
何か、法則でもあるのでしょうか?
バカバカしい質問ですが、
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 オ列長音の問題に関して、#5、#7、#8の回答が非常に正鵠を得ているのですが、一般の方にはわかりにくく、ましてや小学生にそのまま伝えてもちんぷんかんぷんですよねえ。
 以前に小学生を塾で教えていたときには、私は次のように言っていました。
(1)漢字の音読みに出てくる「オー」という音は「おう」と書く。
(2)漢字の訓読みに出てくる「オー」という音は「おお」と書く。
(3)「お父さん(おとうさん)」「扇(おうぎ)」「今日(きょう)」などは例外なので覚える。
 なぜそうなるかは、今はまだ難しいから、高校へ行って「歴史的仮名遣い」という昔の書き方を習ったときに、国語の先生に聞きなさい。

Q「ず」と「づ」の使い分けが分かりません。

文章を書いていて、「ず」と「づ」の使い分け方が分かりません。
例えば「気付く」の場合でも悩むのですが、少し考えて「気が付(つ)く」だから「きづく」だ。と分かるのですが、
やはりすぐに書けません。
他の文章でもたくさん「ず」や「づ」が出てくるのですが、判断が付かない場合が結構あります。
さすがに「お」と「を」は完璧に分かるのですが、
何か使い分けるコツとかあるのでしょうか?

いい年をして小学生レベルな質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#7です

大人ほど子供のとき習った改定前のことを覚えているので、返って判断が困難だと思います。
「そんなの普通に書けるよ」といった人に難しいそうなところを選んで、テストして笑ってやってください。

Q「わかりづらい」  と  「わかりずらい」

「わかりづらい」  と  「わかりずらい」
漢字にすると(判り辛い、解り辛い)なのかと思います。

「わかりづらい」が正しいとおもって使っていたのですが、
最近「わかりずらい」もよく目にします。

二者択一だったら皆様はどちらを使うべきですか?

アドバイスを頂きたいと思います。

Aベストアンサー

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn.x=29&jn.y=11&kind=jn&mode=0

私は辛い(つらい)→づらい、と考えて「づらい」を使っています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn...続きを読む

Qこんにちわ と こんにちは

こんにちわ と こんにちは。
一体どちらの表記が正しいのでしょうか。
意味合いを調べたら「今日は」から来ている挨拶で
多分「こんにちは」の方が合っていそうな気がしますが
「こんにちわ」と書く方もいますよね。

…長年日本人やってますけど、よくわかりません。
皆様のご意見を聞かせて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

尚、♯5さんの回答には誤解があるようです。
「ha」の音は初期の日本語には存在せず、
「は」と書いて「pa」と発音していました。
次に平安時代に「fa」になり、
今では「は」は「ha」なんです。
助詞のwa を「は」 と書く、
助詞のe を「へ」で書く、
これは表記上の約束事です。
発音の変遷とは別テーマです。

>最近では、「お」と「を」について、
>前者を「O」、後者を「wo」と発音する人が増えてきて

これもちょっとした誤解でしょう。
歴史的に「を」は長い間 wo と発音されてきましたが
大正時代ごろからどちらもoになる傾向です。
地域的に・年代的に
をwo と おo を区別して発音する人は
いまもいらっしゃいます。
歌手などは、歌の意味をはっきりさせるために
きちんと弁別して発音するので
そうしたアーティストの影響をうけた若い方が
をwo と おo を区別するようになっています。

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q「づつ」?「ずつ」?

今、ワードを使っていて壁にぶつかりました。
恥ずかしながら「~を一つずつ(づつ)あたえる」と入力したいのですが「づつ」と「ずつ」どちらが正解なのでしょうか?
あと「わかる」と言う漢字も、「分かる」「解る」「判る」と色々あってどちらを使って良い物か分からない場合が多いです・・・・社会人としてお恥ずかしい

Aベストアンサー

(1) 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。したがって、『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。

(2) 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。
【解る】理解する。ことの筋道がはっきりする。
【判る】判明する。明らかになる。
【分かる】上二つの意味を併せたいい方。
『常用漢字音訓表』(昭和56年10月1日内閣告示)に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。
質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。


人気Q&Aランキング