ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

前回自分の質問がへたで意味をちがったように伝えてしまいました。
僕は、試験勉強で初見の過去問で合格点とったとしても、違う年数の過去問を解きなおしたとき合格点に達しないときもあります。
しかしこの科目しかやるわけにいかないです。何回過去問で合格点とったらひとまずおわりにします?10回中7回とか5回中3回とかでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No1さんと同意見です。


何回合格点を取ったらという発想は捨てた方がいいですよ。

大学入試であれ、何らかの試験であれ
過去問はその試験の傾向、、
つまりどういう形式で出されるのか、
どのような内容が中心となってでてくるのか、
そして自分の実力、理解度を測るいわば練習問題です。

過去問を解いて合格点に一喜一憂するのではなく、
間違えたところを理解する。正解した部分はきちんと理解、記憶して解けたかを確認する。
そして、時間があればもう一回解いて今度は満点が取れる。
このように使うのが私の過去問の使い方です。
大学受験の二次試験でしたらNo2さんのようにちょっと
対策が立てづらいですが、そのほかの試験ですと
急に傾向が変わることはありませんので、年一回の試験ならば二年か3年分の、年に数回行われる試験なら2回か三回分を振り返って
その内容を完璧にしてみるといいと思います。
もし急に傾向が変わった場合は、質問者さんだけでなく
周りの人も戸惑っているので条件は同じですからね。

何の試験かは存じませんが、いい結果につながるといいですね。
    • good
    • 0

皆さんが既に言われておられる様に、過去問題が100点満点でも、実際の試験で100点取れるわけでは有りませんね。

要するに、出題の傾向/その学校の試験の難しさの程度/自分の実力などを知るための資料に過ぎません。どうしても納得の行くような結果が欲しいのなら、試験課目の内容を全て頭の中に叩き込まねばなりませんね。全く不可能でしょうね。しかし全てに目を通す必要はあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました
そのような考えがあるんですね!思いつきませんでした。

お礼日時:2006/11/14 22:35

大学受験の話と勝手に解釈します。



第一志望か、第二志望か、滑り止めかによって違います。
滑り止めなら毎回合格点取れて当たり前だし…
第一志望なら、10回中7回くらいで満足するかなぁ。5回だと不安です。

センターはともかく、二次試験の問題って毎年かなり傾向が変わりますよね。聞けば助教授、助手、講師らが毎年持ち回りで作ってるそうです。
だから年によって自分に合う問題、合わない問題があるのは当たり前で運に左右されますから、あまり深く考えないほうが良いですよ。
    • good
    • 0

過去問はもう出題されないわけですから、何回合格点とったらいいという考え方は捨てたほうがいいとおもいます。


過去問は傾向をつかむために使うものなので、傾向さえつかめればそれでいいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4日連続受験はやはり厳しいか?

私大の話なのですが2月の中旬に受けたい大学が4日連続で
繋がってしまいました。

生々しいですが

早稲田2学部2学科
東京理科大2学部4学科
中央1学部2学科
法政1学部1学科 で計9回受けるつもりなのですが、

東京理科大理学部数学科
東京理科大理学部数理情報科学科
中央大学理工学部電気電子情報
中央大学理工学部情報科学科  の4つが連続になってしまいました。

高校受験の時、全勝で終わったのでそれはそれでよかったのですが
どうも最近もっと上の高校を受けていたらどうだったんだろうと
思う事が良くあるのです。
そういった理由から現実を見れば東京理科大がやっとと言う所ですが
受かったらラッキー落ちて理科大なら自分の実力を知った上で入学できる
と言うスタンスで早稲田は受けます。受験大学にカウントするのも恐れ多いです

というわけで私の第一希望は東京理科大なのですが中でも
2日目の数理情報に入りたいので削れません。3日目の中央も
理科大に落ちたならそちらの方がいいという理由で削りたくありません。

すると1日目か最終日のどちらかを削りたいのですが理科大を受けるチャンスが
減るのも嫌だし最終日の方も一応B判定が出てるので浪人を考えた時に
怖くなってしまいます。

そもそも4日連続は相当つらいでしょうか?
担任は3日でもキツイ。2日までだと言いますが現役生なので
未体験ゾーンなのです。

アドバイスお願いします

私大の話なのですが2月の中旬に受けたい大学が4日連続で
繋がってしまいました。

生々しいですが

早稲田2学部2学科
東京理科大2学部4学科
中央1学部2学科
法政1学部1学科 で計9回受けるつもりなのですが、

東京理科大理学部数学科
東京理科大理学部数理情報科学科
中央大学理工学部電気電子情報
中央大学理工学部情報科学科  の4つが連続になってしまいました。

高校受験の時、全勝で終わったのでそれはそれでよかったのですが
どうも最近もっと上の高校を受けていたらどうだ...続きを読む

Aベストアンサー

sharp-penさん、こんばんは。
私が大学を受験した時には、受験日程は最低1日は間隔を
空けるようにしていました。なぜなら疲れて実力を発揮
できなかったら、と思ったからです。

最初に受験した大学は第4志望の大学だったのですが、
試験開始直前に膝ががくがく揺れました。とても緊張して
いたようです。幸いにもその後は膝ががくがくすることも
なかったのですが(^^;)
それくらい精神的に疲れました。私の場合ですが。

それからchiriko2002さんもアドバイスされていますが、
同じレベルの大学を多く受験されるようですが、この
レベル以下の大学には進学されるお気持ちがないという
ことなのでしょうか?私は浪人ができなかったので、
レベルを少しずつ間隔を空けて受験しました。幸いにも
第一志望に合格できましたが。

いよいよ追い込みの時期ですね。お体には気を付けて
がんばってくださいね。

Q【大学受験】過去問を何年分解くか

ぼくは東○ハイスクールに通っていますが、

「絶対に志望校の過去問は10年分解け」
と言われます。

ぼくは第一志望を今5年分といたのですが、
あと5年分も解くことに疑問があります。

解説がない上に傾向も違うのでやる必要はないかなと思うのです。


そこで、5年分を何周も解くか10年分を解くか

どっちがいいですか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

過去問は演習というより大学との対話。取材、インタビューです。

何度も繰り返すより、一年分にかける時間を長くして、大学の
発するメッセージ(何を学んでいてほしいか、何を答えてほしいか、
どんな生徒がほしいか)を細大漏らさずすくいとるべきです。
何度も回すことを前提としていると、どうしても雑になります。

あなたが本当に行きたい大学であれば、5年分×n回と10年分×1回
なら、後者をお勧めします。入試問題を外注したり、いいかげんな出題が
多いようだったら、少なくとも教育に関してはその程度の大学なので、
そんなにやる必要もないでしょうけど。

ただし、私大(文系)なら同一学部の10年分よりは、鮮度と
バリエーション優先で他の学部を含めた5年分のほうを、私なら選びます。

何にせよ過去問を『繰り返す』のは(絶対に出ないので)あまり意味は
ないと思います。手を縦【時間】か横【学部横断、同レベル他校】に
広げるべきでしょう。過去問をやるのは勉強ではない、という意見には賛成です。

Q旧帝大ってどんくらいすごいですか?

旧帝大ってどんくらいすごいですか?
私の祖母はめっちゃ旧帝大信者です
姉が私立大なのですが 実家帰るたび嫌味を言われていてかわいそうです
信者はうちの祖母の世代に限るんでしょうか?
皆さんは「旧帝卒」って聞くとどう感じますか?
教えて下さい

Aベストアンサー

国立大の話をすると、各県に教育学部と医学部が必ずあります。学校の先生とお医者さんは、各県に必ずいる大切な職業で、しかも高等な教育が必要だから、地元に養成機関を作ったんですね。また、ほとんどの県で、工学部か農学部、希に水産学部があります。これも地元の産業を担う人材を育てたい、ということですね。
旧帝大は、これら各県の枠では収まらない優秀な人材を集めて地元の産業の枠を超えた、国として産業や学問を発展させよう、という研究機関となります。北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の各地方(なぜか中四国にはないんですよね)にあります。
特徴としては総合大学として、文学部、商学部、法学部、理学部、工学部が必ずあり、各分野の進歩を担う人材の育成を目的としています。
要は、「研究者」つまり「学者」を養成することが大きな目的です。

対して私立大の両雄、早稲田、慶応の例で書くと、これらは、社会に実際に役立つ人材を広く育成することが目的で、「実学」(実際の社会活動に役立つ学問)を教えることが主になります。
たとえば、建築の話ですると、
旧帝大は建築学の権威を育てたいと考え、私立大は優秀な建築家を育てたい、と考えているわけです。

ここでのポイントは、学者さんと技師さんとで、どちらを尊敬するか、ということですね。
昔は多くの人は中学にも行かずに職人や商売人になりました。職人は技師と同じ職場にいますし、経営者も商売人と直接関わる間柄になりますよね。技師さんや経営者さんは大学を出ていても身近な存在なんです。大学を出たばかりの設計技師さんよりも、現場で腕を磨いた頭領の方が優秀なことも多かったでしょう。
でも、身近に学者さんはいなかったでしょう。

で、回答になりますが、「旧帝大卒」と私が聞いた場合、研究者になるための一通りの作法を学んだ人だ、という認識を持ちます。実際に研究者になっていなくても、学んだ、つまりそういう考え方を習ったというところがキーになります。お茶の師匠になっていなくても、その作法を習った人は、茶道とは、というところを知っているだろう、というのと同じです。

これ、言い換えると、「私大卒」と私が聞いた場合、社会に実践的に役立ついろいろなことを知っている、身についている、と思います。

上下がある話ではなく、社会に貢献するやり方の違い、だという認識です。

国立大の話をすると、各県に教育学部と医学部が必ずあります。学校の先生とお医者さんは、各県に必ずいる大切な職業で、しかも高等な教育が必要だから、地元に養成機関を作ったんですね。また、ほとんどの県で、工学部か農学部、希に水産学部があります。これも地元の産業を担う人材を育てたい、ということですね。
旧帝大は、これら各県の枠では収まらない優秀な人材を集めて地元の産業の枠を超えた、国として産業や学問を発展させよう、という研究機関となります。北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の各地...続きを読む


人気Q&Aランキング