『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

週刊漫画の発売日の何日くらい前がその原稿の締め切りなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

5です。


発売日は月曜日ですが、早売りされていることも考えると前の週の水・木曜日には納品されていることになり、出荷が月~火曜日と考えられます。原稿完成後は原稿チェック・写植、印刷所へ入稿、印刷、製本という流れが大まかに考えられますし、これらの行程は短くても1週間くらいはかかると思います。そうなるとマンガ原稿の〆切は発売日から逆算すると3週間前くらいかもしれません。ますます大先生の原稿完成度がすごいというのがわかりますね(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。お礼が遅くなり誠に申し訳ありませんでした。
なかなか書き溜めしておくこともできないでしょうし、
漫画家というのは本当にハードなお仕事ですね。連載を何本も
持ってたりしたら遊ぶ時間はおろか睡眠時間もないかもしれませんね。

お礼日時:2006/11/27 11:56

多くの作家のインタビューやスケジュールなどから推測すると、1週掲載分を1週間かけて描いていると考えるのが自然です。

中には「こち亀」の秋本先生のように、手が空いた時に万が一のためのストック原稿を書く、という超人的な方もいらっしゃいますが、それはごく一部で、多くの連載作家は多分週1の締切を守るのがやっと…というところではないでしょうか。「ジョジョ」の荒木先生も、週刊ならあのページ数が限界と仰ってましたし。

どれくらい先まで用意しているかも、作家それぞれで違うと思いますが、ネタの鮮度や季節感、紙面構成の関係などから、ギャグマンガ家はおそらく話の大枠だけ決めて細部はギリギリまで待って書く(ex.「もて王」の大先生は雑誌掲載2週間後にパロディネタにするほど)、ストーリーマンガ家はある程度先の展開まで見越しているはずなので、数話先くらいを書いている、と思います(それでも週刊雑誌なら数ヶ月先の分まで、ということはないのではないかと思います)。また、原作つきマンガ(ex.「アイシールド21」)はマンガ家が話の構成を打ち合わせることがない分、ネームのみなら早い段階で先までできているのではないかと思います。これも人それぞれで「ヒカルの碁」のほった先生はかなり早かったようですが、「デスノート」の大場つぐみ先生は話の整合性のため、敢えて先行させなかったとのこと。

新連載の場合は打ち切り等を考えると、多分事前のストックは5話分くらいなのではないでしょうか(初回のアンケートで打ち切りがほぼ決定するとの噂なので、5週くらいならそれ以降の数話で軌道修正して終了、という見積もり)。

以上はあくまで私がジャンプだけを見て考えたことなので、それほど参考にはならないかもしれませんが、雑誌というのはネタの鮮度が命ですから、半年も先ができている、というマンガはほとんどないのではないでしょうか。ことアンケート至上主義と言われるジャンプにおいては。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご回答有り難うございます。
私の住んでいる北海道でWJの発売が月曜日なのですが、
流通を考えると金曜日には製本されていることになります。
ということは輪転機を回すのは水、木曜日。原稿を印刷屋に
回すのが火曜日で1週間前位の締め切りじゃないかと考えて
いたのですが、他にも色々な作業があって一つの作品に
なるのですね。
漫画家というのは大変な仕事ですね。

お礼日時:2006/11/16 23:39

気になったという理由だけで質問するのは


ダメなのでしょうか

ダメではないですが、
漠然と聞く前に自身で調べてみるのはどうでしょうか?
そのうえで何処まで分かって何処が分からないかを
書くと回答もしやすいです。
    • good
    • 0

> 一体何話ぐらい先が出来ているのか気になった



知っても読者は先読み出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるとおりです。おとなしく発売日まで
待ちますが、気になったという理由だけで質問するのは
ダメなのでしょうか?

お礼日時:2006/11/14 09:57

同じ雑誌の連載陣でも、人気によって締め切りは異なるようです。


以前本宮ひろ志さんの漫画(週刊少年ジャンプ連載)で「どうして(弟子の)宮下あきらより一週間も締め切りが早いのか」と編集者に噛み付いていたシーンがありましたので。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。編集者がなんと回答したのか気になりますね。
ここで疑問なのですが、週刊漫画で1週間締め切りが早くても、
週刊漫画はその名の通り掲載号がずれるだけで1週間ごとに
締め切りがあるものなのでしょうか?それとも2週間で2話分とか
になるのでしょうか?

お礼日時:2006/11/13 09:33

出版社・発行部数・発売時期によって異なりますので、一概にはいえません。


それより、それを知ってどうしたいんですか?
漠然としすぎて質問理由がわかりません。
知りたいなら、ここより出版社に聞いた方が確実ですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言葉足らずで誠に申し訳ございません。
ただ単純にいつも読むWJなどで、次回はどうなるのだろうと
わくわくしているのですが、その時点(発売時)では一体何話ぐらい先が
出来ているのか気になったものですから質問させていただきました。

お礼日時:2006/11/13 09:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漫画の執筆料の相場って?

漫画の執筆料って、どれくらいかわかりますか?

人気漫画家、駆け出し、売り出し前
長編1本、週刊誌の連載1本、4コマ漫画1本、
などごとに、知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

知り合いが今漫画家をしていますので聞いたことがあります。一応自信ありですが、すべての作家がそうではないでしょう。出版社によって違いますし、同じ出版社でも雑誌によって違います。

人気漫画家の場合かなり高いらしいです。具体的には聞いていませんが2~3万以上もあるのではないでしょうか?一般の漫画家で1万~ぐらいだと聞いたことがあります。
それより皆さんが回答しているコミックスの印税が凄いらしいですね。有名な週刊少年漫画誌でトップではなく中堅どころほど人気を取り、コミックスを15巻分の連載した漫画家はおよそ1億の収入がある可能性があります。

#2の方がお答えになっていますが駆け出しが1ページ2万と言うことはあり得ないと思います。バブル前だからではないでしょうか。(スミマセン)知り合いが駆け出しだった頃は有名出版社で1万、マイナーな出版社だと5千~8千円だそうです。4コマ漫画は大抵何誌にもわたって同時に連載を複数抱えている人が多いと思います。それで収入を得ているのではないでしょうか。

知り合いの売り出し前はそれは悲惨な状態でした。アシスタント時代は収入はそれなりに良いので問題ないらしいのですが、雑誌に初めて掲載される作品を描く場合、アシスタントを休業しなければいけません。それで人気が出ずにコミックスが発売されなければ、かなりの借金を抱えてしまうそうです。

#3の方が書いていらっしゃる漫画家の意見は、私が友人から聞いたものと寸分違わず同じです。友人はそれなりにヒットを飛ばし大きな収入を得ていましたが、連載中に電話すると本当に辛そうでした。前に飲みに行ったとき愚痴をこぼしていましたが、連載中は好きな事を描けないストレスから嘔吐や失神などを繰り返していたそうです。天才の作家さんならストレスも多少少ないかもしれませんが、広く一般の普通の漫画家さんはそれこそ命をすり減らして描いてらっしゃると思います。
それで大きな収入を得ているのは妥当な評価だと思いますね。私にはとても無理だと思いました。

知り合いが今漫画家をしていますので聞いたことがあります。一応自信ありですが、すべての作家がそうではないでしょう。出版社によって違いますし、同じ出版社でも雑誌によって違います。

人気漫画家の場合かなり高いらしいです。具体的には聞いていませんが2~3万以上もあるのではないでしょうか?一般の漫画家で1万~ぐらいだと聞いたことがあります。
それより皆さんが回答しているコミックスの印税が凄いらしいですね。有名な週刊少年漫画誌でトップではなく中堅どころほど人気を取り、コミックスを1...続きを読む

Q漫画投稿者です。担当編集者に担当を止めると言われました…

人生でかつてない程落ち込んでいます。

担当をやめるというのはよくあることなのでしょうか。
それとも私によっぽど才能がないと判断したのでしょうか。


もともと、持ち込みで担当になると言ってもらって
一緒に投稿作のプロット・ネームの相談をさせてもらって
完成したのは1本です。
(その投稿作はデビューの賞はとれませんでした。
しかも持ち込みの作品より成績下がった…)

その後プロットを何本か(6本)提出しましたが担当さんの求める技術を
つけられなかったらしく、見切りをつけられました。

「私があなたを何年指導してもデビューできる保証はない」
いや、ぶっちゃけ「何年指導してもデビューできるとは思えない」が
本音だったと思います。

担当についてもらって半年くらいしか経ちません。
短期間でそう判断されたのはつらいところです。
(短期間ではないのかな?一応プロット合計で12本見てもらったし)


私としては漫画家の夢をあきらめる気はないので投稿は続けます。
ただ一気に自信がなくなりました。
一応過去にも別の会社でも担当が付く賞はとれてたのである程度の自信はあったんです。

才能ないのかなぁ… はぁ…頑張らなきゃ

ちなみに「担当さんの求める技術」は「主人公の気持ちを描く」
ということです。
私の主人公は漫画的で人間らしくないそうです。
(雑誌の批評には「キャラは充分」って書いてあったんだけどな…)

同じような経験された方いますか?

また、「こうしたらいいんじゃない?」などアドバイスが
ありましたら宜しくお願いします!

人生でかつてない程落ち込んでいます。

担当をやめるというのはよくあることなのでしょうか。
それとも私によっぽど才能がないと判断したのでしょうか。


もともと、持ち込みで担当になると言ってもらって
一緒に投稿作のプロット・ネームの相談をさせてもらって
完成したのは1本です。
(その投稿作はデビューの賞はとれませんでした。
しかも持ち込みの作品より成績下がった…)

その後プロットを何本か(6本)提出しましたが担当さんの求める技術を
つけられなかったらしく、見切りをつけられま...続きを読む

Aベストアンサー

booterです。まあまあお待ちになって。
気分を毒されたのであれば言葉だけでなく、心から謝ります。申し訳ありません。
文体を普通に戻しますね。

人間臭いマンガとしては・・・と描かれているのですが、
文脈を辿るとそういう風に思われたのかもしれません。が、ちょっと誤解が生じているようです。
下記に挙げた作品なんですが、人間臭いマンガだから勧めたのではありません。
言葉足らずだったと思われますので、少し前回の回答に補足しますと、
・G戦場ヘヴンズドア
・燃えよペン・吼えろペン・新吼えろペン
・編集王
これに「コミックマスターJ」を加えても良いのですが、
これらに共通するテーマは何か・・・を考えれば、分かるかと思ったのですが、
これは漫画家と編集の葛藤を描いているマンガですね。
「私はこういったマンガを描きたいのに、編集がOKを出さない・・・何故だ」
というような。

質問者さんがマンガに対する意気込みが消沈しかかっていたようなので、
この作品郡を挙げさせて頂いたのです。
漫画家を志した人間であるならば、上記の作品にピンと来る事を期待したのですが言葉足らずであったようです。
人間臭いマンガを書く際のヒントではありません。
その人がマンガ自体への熱意をどこに向けるべきかの一助となるべく
消沈しかかっている質問者さんへの回答として挙げさせて頂いたのです。

もし私が、私の趣味で人間臭いマンガを挙げろ、とするならば、
小林まこと「柔道部物語」、西原理恵子「ぼくんち」、中島徹「玄人の独り言」
等、鼻が曲がるくらいの人間臭いマンガを挙げていたでしょう。
また、antidaemonさんが好むようなスマートな人間臭さを紹介したいのであれば、
「起動警察パトレイバー」「勇午」でしょうか。

浦沢直樹は「パイナップルアーミー」「マスターキートン」「YAWARA」
「PLUTO」「MONSTER」を読んでいます。
マスターキートンの「靴とバイオリン」「シャトーラジョンシュ1944」のような作品が好きですね。
antidaemonさんがおっしゃる通り、浦沢関連は下記に挙げる半分が未読です。
「Happy」「20世紀少年」これと、初期作品ですが、これらの展開のグダグダさに途中で挫折しました。
また大友もAKIRAは読了しましたが、何も感銘を覚えておらず(アニメから見たのが失敗だったか)。

>マンガ制作における劇構築や人物描写をするのに必要な「技術」を軽視し、
技術については、他人が書いてくれたものの流用ですが、
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-244.html
で挙げさせて頂いたつもりです。
antidaemonさんが挙げた「物語の体操」と「キャラクター小説の作り方」の両方とも言及されていますよ。
全て読まれたのでは何も言いませんが、途中にきちんと書いてあります(そこまでが長いのか・・・)。

>特殊な経験やこだわりや情熱を盲目的に賛美するその態度
これは主に二つの見方があるようです。
私のように、どんどんいろいろな経験を積むべきだ、という人間と、
経験を積んだ所で素晴らしい空想はできない、という方ですね。
私は無論前者なのですが、私が言っておきながら何ですが、
こうした押し付ける態度による弊害もあると今回のご意見で認識致しました。
ここの点で反省しております。

>作劇の王シェイクスピア先生が聞いたら一笑に付すでしょうね。
ご意見は承りました。
これは私の個人的見解なのかもしれませんが、シェイクスピアは、「過去の人が作った作品をリメイクして自分の作品とした」作品が多いのです。
これを前提にして仰られていますか? 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%A2
シェイクスピアは4大悲劇とベニスの商人を一応読了したのですが、
wikipediaに無い事を私の記憶を辿って書いて見ます。
確か、ベニスの商人は4部構成です。
話しを構成する4つの柱がそもそもシェイクスピアの創作ではなくつなぎ合わせたものです。
巻末のあとがき・解説には、「既にあった4つの話しを滑らかに再構築するその手腕が素晴らしい」と書いてあったのを思い出しました。
この過去の作品を繋ぎ合わせて自分の作品とする、つんくのような仕事をすべきだ、と仰られていますか? 
恐らく違うのでしょうが、残念ながらシェイクスピアは無から有を生み出した作家とは違うのです。

antidaemonさんもそうかもしれませんが、過去に漫画家を目指した自分と質問者を重ね合わせ、
質問者さんは回答者からアドバイスを受け、いろいろと愛されているようです。

ただ、私のアドバイスの仕方が悪かったかと思います。
恐らくantidaemonさんからアドバイスを受けた方が伸びるタイプでしょう、きっと。皮肉ではないです。
しかし私からは、やはり質問者さんを技術力をつけるのではなく漫画家として成長させる為、
例に挙げたマンガを読んで頂きたいという姿勢は崩せません。

アドバイスをあげられる「ホンモノ」が登場したようなので、「ニセモノ」は去ります。
antidaemonさんの挙げるアドバイスを読んで下さいな。
そして、時間があれば私の挙げる本を近い将来見て頂きたいです。

booterです。まあまあお待ちになって。
気分を毒されたのであれば言葉だけでなく、心から謝ります。申し訳ありません。
文体を普通に戻しますね。

人間臭いマンガとしては・・・と描かれているのですが、
文脈を辿るとそういう風に思われたのかもしれません。が、ちょっと誤解が生じているようです。
下記に挙げた作品なんですが、人間臭いマンガだから勧めたのではありません。
言葉足らずだったと思われますので、少し前回の回答に補足しますと、
・G戦場ヘヴンズドア
・燃えよペン・吼えろペン・新吼...続きを読む


人気Q&Aランキング