会員登録で5000円分が当たります

例えば「2002年11月9日~11日」を英語で書く場合はどのようになるのでしょうか?
Nov 9-11, 2002 ??
Nov 9-Nov 11, 2002 ???
Nov 9, 2002-Nov 11, 2002 ?????
それとも全然違いますか?

また、月をまたいだ場合もあわせて教えて頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

えとぉ、略語を使ってシンプルに表すなら1つめでも充分かと思います。


それでも「Nov」のあとに「.」を打った方がよいかとは思いますが。

あと、月も年もまたいでなくて同じなら2つ目や3つ目は同じ言葉が続いて少しくどいような感じもします、個人的感覚ですが。
またぐ場合、違う場合は明示すればよいのではないでしょうか?
例:from Nov. 30th through Dec. 3rd of 2002

更にAからBまでという時、日本語でも英語でもその期間の端っこが含まれるのかどうかというのが紛らわしくなることが多いですよね?
「to B」と言っちゃうとこの誤解が起りやすくなります。
前置詞toが示すコアは「ある目的地・到達点を示す」だけであって必ずしもそこに到達していることは表さないからです。
もちろん、常識的に誤解がない場合は構わないのですが、含まれることをハッキリさせたい時にはthroughを使った方がよいというか無難な気がします。
#2さんはそのことを示されたのかなぁと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kerozirusiさん、ありがとうございます。
今回書こうとしている「期間」というものが、色んな試験の実施期間やその結果の承認日などの一覧表の中の日付の部分にあたります。
ですので、ここに限っては「期間の端っこは必ず含まれている」状態になります。
何せ一つの表を1ページに収めたい、という思惑(?)があったため、何処まで書くのだろう(逆に言えば何処まで省いていいのだろう)と思い質問致しました。
それでも伝えたいニュアンスというのは英語が本当に不得手な私には皆目検討つかず、皆様のご回答に本当に感謝致します。(toって、矢印みたいなモノなんでしょうか。恐らく今までthroughの意味するところと間違えていたのか?と、ふと苦笑い中です。)

お礼日時:2006/11/15 10:10

・・・から・・・までを単純にfrom・・・to・・・とするのは間違いです。

例えば月曜から金曜までをfrom Monday to Fridayとするならば日本語的には月曜から金曜までで大丈夫だと思いがちですか、実は違います。from Monday through Fridayという言い方が由緒正しい英語です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sparky_5さん、どうも有り難うございます。
感覚的なものが全く伴っていないため、教えて頂くしかなくて何とも悲しいのですが。また何かありました際は宜しくお願い致します。

お礼日時:2006/11/15 09:56

限りなく書き方があります。

例えば

from Nov. 9th to Nov. 11th of 2002
between Nov. 9th and Nov. 11th of 2002
from November the 9th to November the 11th of 2002
from 11/9 to 11/11 of 2002
from 11/9/2002 to 11/11/2002
from November 9, 2002 to November 11, 2002

www.yahoo.com 等でいろいろ見られると思いますけど。例えば下のサイトが非常に参考になると思います。↓

http://en.wikipedia.org/wiki/Calendar_date

ここの中の「Middle endian forms, starting with the month」がアメリカ式になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

thepianomanさん、早速ありがとうございます。
質問文が十分でなかった事を解答を拝見して気がつきました事、お詫び致します。
実は「実施日一覧」の表のセルの中に書き込むため、出来るだけシンプルに書きたい、という背景があります。
どうやら月と日はセットで扱うと考えてよろしいのでしょうか?
またお時間がありましたら是非宜しくお願い致します。

お礼日時:2006/11/14 11:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「5/19~5/20まで」を英語にしたいです

初歩的な質問ですみません。

「5/19~5/20まで」を英語にするとどうなるのでしょうか?

from May 19th to 20th
from 19th to 20th on May
とかでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です。

#2さんと3さんの回答見てはっと気づいたので、補足です。

質問を良く考えないで思い込みで答えたのですが、
私の回答は、ホテルなどの予約で「~から~まで」の場合でした。
この場合、2日間でもfrom ~ to ~ を使った方が誤解を招きません。
海外でホテルのフロントやってましたが、お客さんもスタッフも皆さん一泊二日でもfrom ~to~ を使ってました。

ついついホテル予約に当てはめちゃって、てっきりそういう場合だと思い込んじゃってました。
誤解を招いたらすみません^^;

ただ、旅行に行く時に「いつからいつまで?」と聞かれた場合は、やはりfrom ~ to ~を使ってますよ。

throughは使いますが、口語では使う事はないかなぁと思います。
書面の文章ならもちろん使えます。

Qbetweenとfrom A to B 違い

betweenとfrom A to B の違いがよく分からないのでお聞きします。
今まで私は,betweenは2つのものについての関係について、
from A to B は,A、Bという2つのものの間 ”~” に相当する
と理解していました。
例えば、
・some value between 0 and 1 
(0か1のなんらかの値)

・some value from 0 to 1
(0以上1以下のなんらかの値)
という感じ。


しかし、以下のような例文があり、よくわからなくなりました。

Space ALC の"between"の例文より(http://eow.alc.co.jp/between/UTF-8/)
Between 100 and 150 comedians will take turns at performing on stage.
公演では100人から150人のお笑い芸人が入れ替わりで舞台に立ちます。

100か150とは考えないのか?

Aベストアンサー

こんにちは。
between と from ~to については、どちらでも使える場合とそうでない場合があります。感覚さえ掴めれば、それほど難しくはないコンセプトです。

1.
between と from~toの両方が同じように使える場合:
・The distance between Tokyo and Nagoya is about 366km.
・The distance from Tokyo to Nagoya is about 366km.
、、、「~から~まで ⇒ ~と~の間」と言い換えられますから、この場合はどちらでもOKですね。

2.
between しか使わない場合:
・You have to choose one between two (among three).
、、、対象が二つあって、それから一つを抽出する場合などは「~から~まで」ではなくて「~と~との比較で」ということですから、betweenとしか言いません。

3.
from ~ toしか使わない場合:
・To go from NY to Tokyo, there is no other way but to fly.
、、、この場合、「~から~まで移動」という意味合いです。単に「~と~の間」ではなく「~から~に動く」という文意では from ~to が使われます。つまり「起点と終点」がある時ということですね。

また:
・She studied from history to mathmatics at the college. (歴史から数学までいろいろな学科)
、、、「~様々な、あらゆる」という意味合いでも from ~ toが多用されます。これもやはり betweenでは表現できません。

4.
・Between 100 and 150 comedians will take turns at performing on stage.
、、、この場合の between とは、「100~150人なのは確かだが、正確な人数は分からない ⇒ ただ99人でもなければ151人でもなく、多分その間のどこか」という「漠然」とした数値を指しています。


余談ですが、以前も Space ALC(http://eow.alc.co.jp/)云々を参照していたご質問者がおられました。僕は見たことさえありませんが、その正確性や実用性については何故かあんまり良いことを聞きません。参照する程度に留めておくとよろしいかと考えます。


ご参考までに。

こんにちは。
between と from ~to については、どちらでも使える場合とそうでない場合があります。感覚さえ掴めれば、それほど難しくはないコンセプトです。

1.
between と from~toの両方が同じように使える場合:
・The distance between Tokyo and Nagoya is about 366km.
・The distance from Tokyo to Nagoya is about 366km.
、、、「~から~まで ⇒ ~と~の間」と言い換えられますから、この場合はどちらでもOKですね。

2.
between しか使わない場合:
・You have to choose one between ...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q〇月〇日~〇月〇日まで

〇日~〇日・・と英語で記載するには?

英語で、〇月〇日~〇月〇日・・と英語で記載するには、どのようになるのでしょうか?

例えば、 2012年1月5日~1012年1月15日

JAN 5、2012~JAN 15、2012

でいいのでしょうか?

正式な書類に記載します

宜しく御願い致します

Aベストアンサー

正式な書類といっても例えば軍関係であれば月より日が先に来たりします。またご提示になったショートバージョンをうけつけない場合もありますので、相手に記入に関する規定などがあるかどうか確認なさることをお勧めします。
その上で、ショートバージョンがOKだとした場合でも日本で使われる「~」は使いません。
使うのであれば「-」(半角のハイフォン)です。また同じ月で日付だけ違うので
・5-15 Jan
・Jan 5-15
のどちらも見たことがあります。

これが文字でのdate rangeであるならば
・January 5th through 15th
・From January 5th to January 15th
・From January 5th through January 15th
のどれも見たことがあります。

Q期間の範囲を表す記号(日本語例:○月~□月)には何を使いますか?

例えば、日本語だと

10月6日~11月21日
10/6~11/21

のように波ダッシュ(波線、~)を使いますが、英語だとこれに当たる記号は何でしょうか?

それから、テキストデータやインターネットの掲示板などの場合には、どのような記号、記法を使うのでしょうか。
簡易のテキストデータ(Windowsでしたら、Wordなどの文書作成ソフトで編集されたものではなくて、メモ帳などで編集されたテキストデータ)で使用される期間の範囲を表す記号が、印刷物と異なる記号を使うようでしたら、そちらも教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

言葉で書くなら#1さんにようにtoを使いますが,記号なら
October 6 - November 21
こんな風に-を使います。

Q例 の省略 ex と e.g.

これまで、「例」の省略として、e.g.(exempli gratia,for example)を使ってきたのですが、Ex.もよく見かけます(主に日本語の文中で)。
私の読む英文は学術系に偏っているので、e.g.しか使われないのかもしれないと思いました。普通の英文でもexは、使われることが多いのでしょうか。
goo辞書、アルク英辞郎、Yahoo辞書では、EXが、exampleの略とは出ていなかったので質問させていただきました。

Aベストアンサー

e.g.は文中の括弧内で例を列記するときに使いますよね(e.g. こ、ん、な、ふ、う、に)。

一方Ex.は、例文とかの文頭に使うのがほとんどじゃないでしょうか。Ex. こんなふうに。

Ex.は単にExampleの略、e.g.はfor exampleの略といった感じでしょうか。

参考URL:http://philosophy.byu.edu/classes/dj/phil200hwin05/Basic%20Grammar%20Packet%2010jan05.pdf

Q英語で「個数」「件数」は?

質問は単純です。
英語で「個数」や「件数」をなんというか、です。

とりあえず、思いついたのは、numberでした。
たとえば、「りんごの個数」は"a number of apples"ですか?
でも、"a number of"は「いくつかの」という意味ですよね。

「データの件数」は"a number of data"でしょうか?

私は英語はほとんど出来ませんが、numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。

Aベストアンサー

>「個数」や「件数」をなんというか、です。
>とりあえず、思いついたのは、numberでした。
意外に思われるかもしれまんせんが、語の選択はnumberであっています、と思います。

>「りんごの個数」
the number of (the) apples

>「データの件数」
the number of (the) data

>numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。
実は、昔、私も、「個数や件数はなんていうのかな、え、number? え、本当?」と、奇異に感じたことを、思い出しました。

Q日付と時間を組み合わせた表現方法について

こんにちは。

例えば、「私は5月3日の2時に図書館で彼女と会った。」という文を英語で表現します。
I met her at the library on May 3 at 2pm.
or
I met her at the library at 2pm on May 3.

どちらの表現も可能でしょうか?
また、日付と時間は基本的にどちらが先に来るのでしょうか?

Aベストアンサー

これは、結構、統一した順番というのはないのです。日本語の場合、ほぼ100%、大きい時間範囲から狭い範囲という順番になりますが、英語はそういった順番というのは、ないと言っていいのです。

日本語ですと、「明日の午後3時に」というように、「明日」、「午後」、「三時」ときれいに大きい時間範囲から狭い範囲へ並びますが、
英語は、tomorrow at three in the evening または、tomorrow at 3 p.m. のように tomorrow が最初に来ることが一般的です。 at three p.m. tomorrow とも言えると思いますが、あまり使わないはずです。

同様に、「日曜日の朝9時に」は「日曜日」、「朝」、「9時」と日本語はきれいに規則通り並びます。
しかし、英語は、Sunday morning at nine が最も一般的で、次に、at nine Sunday morning が来ます。
at nine in the morning Sunday と言う言い方はしません。

「私は5月3日の2時に図書館で彼女と会った。」については、多分、

On the third of May, I met her at two p.m. とか、または、I met her May third at two. のように言うことも多いと思います。

これは、結構、統一した順番というのはないのです。日本語の場合、ほぼ100%、大きい時間範囲から狭い範囲という順番になりますが、英語はそういった順番というのは、ないと言っていいのです。

日本語ですと、「明日の午後3時に」というように、「明日」、「午後」、「三時」ときれいに大きい時間範囲から狭い範囲へ並びますが、
英語は、tomorrow at three in the evening または、tomorrow at 3 p.m. のように tomorrow が最初に来ることが一般的です。 at three p.m. tomorrow とも言えると思いますが、...続きを読む

Q英語で括弧を使いますか? 「」、()、<>

英語では、鍵括弧や丸括弧ってあまり使わないと思うのです。代わりに[ ]を使うと思います。

しかし、調べるとparenthesisという言葉がありますよね。ということは、丸かっこを使うのでしょうか?

また、「 」鍵かっこはどうでしょうか? angled bracketという言葉がありますが、かぎかっこにも使えるのでしょうか?

あと<>はどうですか? ちょっと日本語でもなんと呼ぶかわからないのですが。

Aベストアンサー

( )の英語の文章での使い方。↓の記事を読んでみてください。
http://news.yahoo.com/s/usatoday/20050913/en_usatoday/proofisinthefriendship;_ylt=Auao9cGxlIe8PhDYXWSoyfqs0NUE;_ylu=X3oDMTA3YXYwNDRrBHNlYwM3NjI-
半ばほどに・・・
her mentally ill dad (Anthony Hopkins)
"got famous when (she was) 30,"
"I started to kind of show near the end. I wanted to tell (Hope) so badly, but (Chris and I) had a pact."

又 " " と' 'の使い方も参考になる会話が書かれています。
" 'Mama' and 'Dada.' 'Agua' was her first word. She says a lot of words in Spanish. She says, 'Check it out.' For hummus, she says 'hummy.' I speak to her in Spanish sometimes because I want her to learn."



後 電話番号で(201)555-1234のようにエリアコードを囲って使います。

( )の英語の文章での使い方。↓の記事を読んでみてください。
http://news.yahoo.com/s/usatoday/20050913/en_usatoday/proofisinthefriendship;_ylt=Auao9cGxlIe8PhDYXWSoyfqs0NUE;_ylu=X3oDMTA3YXYwNDRrBHNlYwM3NjI-
半ばほどに・・・
her mentally ill dad (Anthony Hopkins)
"got famous when (she was) 30,"
"I started to kind of show near the end. I wanted to tell (Hope) so badly, but (Chris and I) had a pact."

又 " " と' 'の使い方も参考になる会話が書かれています。
" 'Mama' and ...続きを読む

Q英語で「担当者」は?

一覧表で「担当者」という欄を英語で書くときに適当な単語をご存知の方いらっしゃいますか?「the person in charge」だと長すぎてしっくりこないし、「contact (person)」としても、連絡窓口というわけではないから正しくないような気がしていつも迷ってしまいます。。

Aベストアンサー

例えば,ビジネスでは,owner というのをよく使います.責任者の意味もあり,その仕事を lead して行く立場です.ex) product owner, project owner, 等.
文脈によっては,manager からある仕事を任せられた場合に,assignee という場合もあります.状況により,他にもいろいろあります.
一語の条件が無い場合は,key person というのも.プロジェクトの場合は,ライン管理者でなくとも project manager になることもあります.team leader もそうですね.

「担当者」というのはかなり広い意味合いですから,まずどんな担当者かを決める必要があります.極端には,指示にしたがって命ぜられた仕事をこなすだけの人も「担当者」ですから.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング