恥ずかしながら村上春樹さんの本を読んだことがないのでこの機会に読んでみようと思うのですが、どの本からチャレンジしていけばいいのか分かりません。ですので、みなさんのおすすめの村上春樹の小説、もしくはここから読み始めた方がいいのではという本を紹介してください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

村上春樹さんの本は書店や図書館で確かめやすいので、手にとってパラパラと文章を見て、気になったり面白そうな本から読まれたらいいと思います。



ジャンル別にお勧めは(新しい本が多いのですが)
長編    海辺のカフカ
短編集   神のこどもたちはみな踊る
エッセイ  使いみちのない風景
旅行記   雨天炎天
音楽    ジャズ・アネクドーツ
翻訳    グレート・ギャッビー
Q&A     ひとつ、村上さんでやってみるか

村上春樹のお勧めが人によって違うのは、それぞれの作品に何か訴える力があり、読書が大切な体験になっているからだと思います。
どの本から読み始めても村上ワールドを楽しめますよ。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてしまい、申し訳ありません。多数のご返答ありがとうございました。まずは書店にて実際に手にとってみてどれにするか決めたいと思います。今のところ『ノルウェイの森』が一番読みたいです。本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/11/16 02:21

こんにちわ。


村上春樹の小説は殆んど読みましたが、一番最初にお薦めするのはやはり「ノルウェイの森」です。
春樹さんの本は哲学的と言うか心理的と言うか、若干他の作家の本と異なった部分があります。特に「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」なんかは哲学者ピアジェの思想なんかをアレンジしていると思われ、それを知っている人間は大いに楽しめ、その独特の世界に感嘆すると思いますが、無学の人間が読むと「これは何を意味してるんだ?」と若干悩むところです。まぁその表現力が素晴らしいので「世界~」などは評価が高いのだと思いますが。(勿論無学でも楽しめる事は楽しめます)その点で考えた時、一番メジャー的でそう言った(ある意味)毒素が薄い作品が「ノルウェイの森」ではないかと思います。もしくは「羊をめぐる冒険」「国境の南、太陽の西」あたりかなぁと。

長いのはちょっと・・・と言う場合は「パン屋再襲撃」や「東京奇譚集」辺りをお薦めしておきます。
    • good
    • 0

『ノルウェイの森』の路線はわりと現実世界が舞台の小説で、『羊を・・・』『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』は不可思議な世界が多く出てきます。


どちらが好きかは読者によるようです。もちろん両方好きな読者もいますが。
私は『ノルウェイの森』は世間で騒がれたほどには好きではありません。
嫌いではありませんが。

個人的なお勧めは、

『羊をめぐる冒険(上・下)』
『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(上・下)』

です。

『スプートニクの恋人』も良いと思います。
が、ラストが分かりにくいかもしれません。どうにでも解釈できますので・・・・。
もっと近作だと『海辺のカフカ』

エッセイも面白いですよ。小説とは違うノリで。

こんなサイトがありました。
(「アフターダーク」は文庫本も最近出ました。賛否両論の作品です。私にとっては唯一読みきれなかった村上春樹長編)

参考URL:http://www.murakami-haruki.com/syoukai/
    • good
    • 0

初めに読むならノルウェイの森がいいかなと思います。


風の歌を聴け→1973年のピンボール→羊をめぐる冒険→ダンスダンスダンス
これは続いているのでこの順番で読むのが良いです。
世界の終わりとハードボイルドワンダーランドは個人的に一番すごい作品だと思います。
最近の彼の本はあまり好きになれないので古いところを中心としました。
    • good
    • 3

村上春樹さんの本は独特の雰囲気があるので、いきなり短編を読むより中・長編を読んだ方が良いと思います。


僕が一番好きなのは「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」ですが、村上春樹さんの本はとにかく長いものが多いです。

村上春樹さんの世界観を感じたいなら、中編に当たる「スプートニクの恋人」あたりが良いと思います。

また、エッセイ集などは小説の雰囲気と違って単純におもしろいですよ。
    • good
    • 0

私が最初に読んだのは「ねじまき鳥クロニクル」で、これで彼の作品のファンになりました。


今でも一番好きな作品です。

でも、どうせなら処女作の「風の歌を聴け」から読み始めるのもいいかもしれません。
さらっと読めて、余韻の残るいい作品だと思います。
    • good
    • 0

村上春樹といえば「ノルウェイの森」でしょう。

    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上春樹さんの翻訳本を探しています。

海外で村上春樹さんのWhat I Think About When I Think About Runningという本が出版されていますが、この本の日本語版は出版されていますでしょうか。

その場合、タイトルと出版社を教えて下さい。

Aベストアンサー

『走ることについて語るときに僕の語ること』 (文春文庫) [ペーパーバック

http://www.amazon.co.jp/%E8%B5%B0%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E8%AA%9E%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%AB%E5%83%95%E3%81%AE%E8%AA%9E%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5%E6%A8%B9/dp/4167502100/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1292623077&sr=1-3

Q伊坂幸太郎は物足りず、村上春樹はいけすかない人のための本

ここ二年で300冊ぐらいの小説を読みました。

伊坂幸太郎が好きなのですが、少しもの足りません。
好きな点は、出だしから興味を惹き付けられるミステリー的な要素と、
問いかけるような人生観、哲学が明確に描かれているところ。

しかしテンポ良すぎて、少し深みが足りません。
もっとしっかり描いてほしいと感じます。
「オーデュボンの祈り」「モダンタイムス」「ゴールデン・スランバー」が好きです。

一方、村上春樹はいけすかないけど、実力は認めざるを得ない、感じです。
「1Q84」の緊迫感のある感じや、悪夢にうなされるぐらいの暗喩。
伊坂幸太郎には暗喩がないですね。

しかし村上春樹の嫌いのは引用です。
古典作品の引用が多すぎて、イヤミな少年を連想します。

この二人の間の作家、作品ってないものでしょうか?
両方とも読んだことのある人に回答をお願いします。

実は私自身、小説を書いていて、自分はこの2人の間のポジションかな、と考えているのですが、
近い作家がいるのならぜひ読みたいと思って質問しました。

Aベストアンサー

高村薫さんはいかがでしょう。
ここ数年はミステリーではなくなりましたが、以前のものはミステリ色が強く、テーマや描写が深く重いです。
まずは取っ付きやすい「マークスの山」や「黄金を抱いて飛べ」辺りから読まれてはいかがでしょうか。

Q村上春樹さんのネタバレみたいな本。

村上春樹さんの解説本というか、たとえば1973年のピンボールの1973の意味などを載せている本があるというのを聞きました。またその類の本でもかまいません。知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

久居つばきさんの『村上春樹の読み方 キーワードの由来とその意味 』はネタバレとは別にキーワードから意味を探っている本になります。後は割ときちんとした解説本で言えば加藤典洋さんの村上春樹イエローページは1と2が出ていて文庫にもなっています。なかなか読みやすくて深い本でしたよ☆

Q村上春樹の鼠

今「羊をめぐる冒険」(上巻)を読んでるんですが、
読んでいる途中で、混乱してきました、、、なぜ混乱してきたかと言うと、、、鼠=共同経営者だと思っていたのに、共同経営者から連絡があり、男と会い、羊の話をし、その羊の写真を送ってきたのが鼠、、、、
ってところで ??????
となりました。。風の歌を聴け→1973年のピンボール→羊をめぐる冒険の順番で話が続いてますよね、、風の歌を聴け、と1973年のピンボールを読んでから、少し時間が経っているので、いまいち思い出せないのですが。。。
だれかこれらの概要を簡単に教えていただけないでしょうか??
羊をめぐる冒険 下巻はまだよんでないので、その内容には、できれば触れずにお願いします。。
m(._.)m ペコッ

Aベストアンサー

こんにちは!

メチャ簡単にですが、
鼠はどっかに旅にでています。
で、写真と手紙を主人公に送っているところではないでしょうか。
読んでない人もいると思うのでざっとですが。

下巻はマジで鳥肌がたちます!!!!
ちょっと提案ですが、もう一回『風の歌を聴け』から読み直してはいかがでしょうか。
やっぱりつながりがありますので、読み返して記憶を新たにしてから下巻を読んだ方が楽しめるんじゃないかと思います(^^)

参考になればうれしいです♪

Q村上春樹

最近村上春樹の小説が読みたいのですが、ノルウェーの森は人物設定がかなり難しく不可解な行動が多くて俺にはよく把握しきれませんでした。もっと簡単でそれでおもしろいと思える小説があるならば紹介していただけると助かります。

Aベストアンサー

「海辺のカフカ」などはどうでしょう。
不可解な行動は結構あるかも知れませんが、読み進めていくうちにその行動の意味が解ってくると思います。
また、人物は少なかったと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報