AI天使がイケメン天使に変身!>>

 素朴な疑問ですが、
(1)みなさんは、たとえば「A国では女性一人当たり1.36人の子供を産む」とか「B市の1平方キロ当たりの人口は19.38人である」といった表現に違和感を感じたことがありますか。わたしの友達はひどく違和感を感じるというのです。平均だとわかっていても、人間を0.2人などと数えるのは絶対おかしいというのです。
(2)0歳児という表現もありますが、これまたこの友人に言わせると、おかしいということなるようです。なんだかまだ生まれてないみたいじゃない、というのです。みなさんはどう思いますか。
 わたしはこれらの表現を別におかしいとも思いませんが、彼女の感じ方がちょっとうらやましく思えたりもしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

私も別に違和感は覚えませんが,なるほどそういう人もいるのか,と興味深く拝見しました。


まあ,平均だとわかっていて,それでも気になるというのなら,個人の感覚ですから,それはそれで仕方ないのでしょうね。

ただ,あえて大胆な推測をしますと(違ってたらごめんなさい>ご友人)おそらくその方は,小学校の算数で「単位あたりの量」(1あたりの量)とか,二つの量の比,といった単元をあまりきちんとやらなかったのかもしれません。
自分がいた小学校では,算数教育をかなりしっかり研究していたようで,単位あたりの量の単元は小学5年のときに相当徹底的に扱いました。自分たちで問題を作ったりもしました。
そのおかげで,こういった言い方に違和感を覚えない,というより,それはそれで自然な言い方だなと感覚的に納得できるようになった気がします。
ときどき「はじきの法則」(はやさ=じかん÷きょり)なんて言葉を耳にするところをみると,本質的な理解に至らずに公式の暗記だけですましている授業も案外あるのかもしれません(まして最近は授業時間も減っているので,ゆっくりやっていられないのかも…)。
それでも,いろいろな統計を扱ったりする中で,「出生率1.36人なんてのは便宜的な用法なのかな」と自分なりに納得していくのでしょうが(そもそも数の概念というのは人間が便宜的に考えたものですから),その方は何か納得しないままで来ているのでしょうね。

人間が「数」というものを使い始めた時は,1つ,2つ,3つ…と個数を数えるところから始まったのでしょうね。
正の整数のことを「自然数」というように,ある意味では一番自然な,数の使い方の原点ともいえるでしょう。
その後,数の使いみちがだんだん広がっていって,量を表すために自然数の間の数(小数)が考えられたり,逆方向を示すためにマイナスの数が考えられたり…。
その友人の方は,おそらく「1つ,2つ,3つ…」という素朴な感覚をかなりひきずっていて,数の使いみちが自分の感覚の中で広がりきれずにいるのではないでしょうか。
「平均だとわかっていても、人間を0.2人などと数えるのは絶対おかしい」とおっしゃっていたそうですが,数えているわけではないのですから。

そう考えれば,「0歳児という表現はおかしい」という彼(彼女)の発想も一応理解できます。個数の数え方にこだわっている限り,「0=存在しない」ということですから。
数え年が1から始まるのは,その友人のような感覚が昔は普通だったということなのでしょうね。
でも,「0歳●か月の子供をまとめて0歳児って呼んじゃいけないの?」と聞き返したくなりますが…。

あともう一つは,単位が「人」だからなのでしょうね。なにしろ一番身近な存在なだけに,感覚としてついつい「1人,2人…」の原点に引き戻されてしまうのでしょう。
これが農作物の生産高だったりすると,「1アールあたり3.58トン」に違和感は覚えないのではないでしょうか。
株価の日経平均や為替レートの最低単位は「銭」ですが,実際に「銭」単位で売り買いしているわけではないですよね。
これも,平均株価はまさに平均だから端数が出るわけですし,為替も「1ドル=125円80銭」は「1億ドルを125億8000万円で取り引きした。1ドルあたり125円80銭」と考えれば,比率であり,1あたり量と考えることもできますね。(そもそも,為替レートの「レート」(rate)とは割合,比率,の意味です)
この「銭」表記には違和感を持っているのかどうか,伺ってみたい気もします。

ついついあれこれと考えていたら長くなってしまいました。つまらない話でスミマセン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 丁寧な回答ありがとうございます。総合的に論じていただいたので、いろいろな観点から考えてみることができました。いくつか感想を記しておきます。
 1)「自然数」について:高校時代のことだったと思いますが、数学の授業で「自然数というのは、きわめて特殊な数である」と習った記憶があります。数には整数、分数、少数のみならず、負の数、おまけに虚数というものまであって、そういった数の全体からみれば、日常使っている自然数というものは微々たる位置しか占めていないのだ、という話を聞いたときは、「コペルニクス的転換」にも似た気分を味わったものでしたが、最近よくよく考えると自然数はなにも数学固有の領土ではないので、数学教師でもないわたしがそのように考えることは必ずしも必要ないのでは、と思い直しているところです。
 2)数え年について:数え年と満年齢というふたつのシステムは、プラス(あるいはマイナス)1で換算すればすむようなものではなくて、もっと根本的な発想の違いがあるようですね。数え年で2歳3ヶ月なんて言い方はしないはずだろうし。ネットで検索すると、数え年で生まれたときを一歳とするのは母親の胎内での十月十日を含めているからだという説明にしばしば出会いますが、これは一体だれが言い始めたのでしょうかね。これなんかは満年齢の発想で数え年を理屈づけているようにしか思えませんから、おそらく最近のことなのでしょう。
 

お礼日時:2002/04/23 04:26

こまかいことを言うと、


「赤ちゃんの年齢」
「0歳何ヶ月」であっても、ほんとうは「0歳何ヶ月何日何時間何分何秒・・」ですね。
「何ヶ月」以下は「端数切捨て」で問題ないと思えれば「何ヶ月」でかまわない、ということになります。新生児で保健婦さんがみるときには「何週間」(といっても、7日の幅があるわけでなく、ほとんど日数計算で訪問されているのだと思いますが日曜日とかの関係があるので1日2日の幅をもっているのでしょう)

おまけでいうと、年をとるというのは「かけざん」で増えていくそうで、たとえば100歳の人が1つ年をとるのは「1歳プラス」でなく「101%になる」ことだということで、同じ1つでも、「1歳から2歳」は「200%」だから重みが違う。
当然、生後1ヶ月から3ヶ月は「300%」ですから、1歳の子が3歳になるのに等しい・・とか。

ニュージーランドでは、小学校の入学が、日本みたいに4月に一斉でなくて、誕生日を迎えた子供が毎月はいってくるそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

年をとるのは「かけざん」であるというニュアンスはよくわかります。それがまた0歳と言いづらい原因のひとつでもあるのでしょう。それにしても、0歳のことなんかを考えていると、ふと「馬齢」を重ねてきただけの我が身をふりかえり……。

お礼日時:2002/04/24 05:13

#6 で答えたruneeです。

(1)に関して、言い忘れた事があったので、再登場です。

私は、計算によって求められた数字に出会ったら、どのように計算されたか自分で試すという習慣があります。最近このサイトの中で見つけた「平均寿命」の質問に答える為に、この計算方法を厚生労働省のサイトの定義を参考にして試してみました。実際に、数字を当てはめて計算しようと思ったのですが、インテグラの計算方法を忘れたので、やらなかったのですが、数式を何度も見直して、計算の仕方を(多分?)理解していると思います。そうして初めて、「平均寿命」が何かわかりました。

前置きが長くなりましたが、統計上のデータって、何らかの方法を用いて計算されて出た数字ですよね~? 前回、こういった数字は見ているうちに慣れが生じて、単にデータの一種とみなせるようになる、なんて大きな事を言いましたが、この「慣れ」が生じる過程に、「計算方法を理解する」というステップがありました。これを踏まないと、「1.36人」なんて現実にはありえない人間の数え方をすんなりと受け入れられないように思います。

(2)に関してですが、#7のpuni2さんのご回答を拝見し、「0歳児」とは、「0歳○ケ月の幼児」と考えれば良いんだと納得しました。

話しは変わりますが、私は3歳9か月になる子供の母ですが、思い返せば、この子が2歳半になるまで、子供の年齢を聞かれたら、「○歳○ケ月」と細かく描写していました。子供が小さいと、たった一月の差でも、身体も心も成長しているので、私の周りのお母さんは、大抵、子供の年齢を2歳半になる位まで「○歳○ケ月」と言っています。

まれに「0歳」という人もいないことはないですが、puni2さんのご説明にあったように、公の場というのか、保育園などは、このようにグループ分けするのかもしれませんね~。(私の場合はアメリカ在住なので、日本の事はわかりません!)

ということで、子供の年齢を「0歳」という人は、「0歳○ケ月」の中の月齢を切り上げて「0歳」とし、あえて月齢を使う人は無意識に「0歳○ケ月」の「0歳」を省いているのかと気が付きました。

puni2さんのご回答を拝見しなければ、一生気がつかなかったと思います。ありがとうございました!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再回答ありがとうございます。「計算方法を理解するというステップ」の必要性についてのコメントを読んで、わたしが友人のことばに(どちらかといえば)共感を抱いていた理由がわかりました。わたしもまた、数学が苦手だったのです!!

お礼日時:2002/04/24 04:56

>「女性100人当たり136人の子供を産む」


これも結局は「概数」だから、本当は100人あたりで「136.13人」とかいう数字になります。じゃあ10000人当りでは・・といっても小数ですね。

(2)については、日本では「満年齢」で計算するから、端数切捨てで「0歳」ですね。(1)は四捨五入ですが。

「数え」年では、生まれたときに「1歳」で、新年毎に1歳ずつ年を取ります。
競馬の競走馬の年齢計算が、最近まで「数え」計算していたのが、去年ぐらいから「満」で計算するようになったので、以前の4才馬といまの3才馬は同じことになります。

なお、小数表示に違和感のある人、というのは、「順序数」に思い入れが強いのではないでしょうか。たとえば、「2番目」とか、これは小数にはならない。「0歳児クラス」というのも「3年生」と同じようなものですね。
(ちなみに、うちの子は、4月生まれで、ほとんど「0歳児クラス」を「1歳児」ですごした・・・。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。なるほど「順序数」ですね。これは「自然数」とは異なる概念なのでしょうか。まあ、読んで字のごとく「順序を表す数」のことだとは思いますが。順序数は少数にならないということですが、では0は順序数にはいるのでしょうか、はいらないのでしょうか。たまたま二つの質問を同時にしてしまったことで、話が混乱してしまうようですが、思いのほかこの二つは密接な関係にある気がします。よく考えてみたいと思います。
 馬の話ですが、よく考えると、現在の馬齢計算は「数え」から単純に1を引いたもので、純粋な「満」年齢ではなく、いわば「数え」と「満」の相の子なのだと思います。

お礼日時:2002/04/24 04:47

私も昨日出勤途中に,世界や日本を人口100人の村に縮小した絵本(?)のことをふと思ったのですが,あの種の本では,確かに人数が自然数だからこそすっきりと読めるといえましょう。


もし,「この村には,日本人は2.15人います」(数字は適当)と書いてあったら,あれあれ~という感じです。(もしそこまで細かく表記するのだったら,村にたとえたりせず,もっとストレートに「世界の人口における日本人の比率は2.15%です」と書いてもらったほうが抵抗が少ないでしょう)
このケースで小数が不自然に感じられるのは,統計上の数値を統計らしくなく,実際に一人一人個性を持った人間が100人集まって構成されている村が存在しているように書いてあるからなのでしょう。またそういうイラストまでついていますから,なおさらです。
そのかわり,「この村には,自家用飛行機をもっている人は…」のように,あまりにも率の少ないものは村人として登場しにくいですね。1人の下は0人になってしまうので。

こういうケースではなくて,一般の統計表の数字や,マスコミなどで報じられる統計値発表の記事などで,違和感を持つかどうかは,No.6の回答にもあるとおり,多分に慣れの問題が大きいと思います。

もう一つ,0歳児について。
確かに一人の赤ちゃんを指して,「この子おいくつですか?」ときかれた時は,0歳と答えず何か月と答えるかもしれません。
しかし,保育園のクラスわけはどうでしょうか。
保育園では(幼稚園や学校のように),4月1日現在の誕生日でクラスを分けているところが多いでしょう。
4月1日現在で5歳の子どもたちの組は年長組という言い方もできますが,4月1日現在で1歳に満たない子どもたちの組は,0歳児クラスと呼ぶでしょう。
「うちの園では,0歳児のクラスはもも組と呼びます」…特に不自然なところはないと思いますけれど。
もちろん「1歳に満たない子どもたちのクラス」といっても構わないわけですが,一人一人については,確かに2か月とか7か月とか言うのが普通だからといって,「11箇月までの子どもたちのクラス」と言わないと不自然だとは感じられません。
1歳児の下に呼び名をつけるとしたら,やはり0歳児ではないでしょうか?

満年齢というのは,生まれた時点を起点として,それから何年何か月たっているから「何歳何か月」と言い表すわけですよね。
もっと詳しく言う時は「何歳何か月何日」となるでしょう。(先日,Jリーグ出場選手の最年少記録を更新,というニュースの中で,日まで言っているのを聞きました)
1年たっていない子供の場合は,たとえば0年6か月たっているとすると,0歳の部分は省いて「6か月の子供」と言い表す。これはこれで自然だと思います。
しかし,まとめて呼ぶ時は,0歳児と呼ぶのって変ですかねえ。少なくとも便利だと思いますけれど。
たとえていうと,東京都千代田区に住んでいる人,東京都八王子市に住んでいる人,などなどをまとめて「東京都民」といったり,北海道の人も沖縄の人もまとめて日本人といったりするようなものではないでしょうか。

違う例を出します。
何か物干し竿みたいな細長い商品がたくさんあるとして,これを長さで1メートル単位に区切って,整理するとします。
1m以上2m未満の品物は,「1m台」のケースにまとめる。
2m以上3m未満は,「2m台」。
1m未満は…やっぱり「0m台」となると思いますが。(そんな短い物干し竿はないよ,って言わないでね。物干し竿みたいな商品,ってことで…)
個別の商品の長さを測ったときは,「0m70cm」と言わないで単に70cmというでしょうけど。

あれこれ書きましたが,結局は自分の感覚で納得できるかどうかなので,こういう説明でもやっぱり不自然だといわれてしまえばそれまでなのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お礼に代えて、雑感を少々。
 『世界がもし100人の村だったら』は読んでいませんが、もともとは100人ではなく1000人だったという話を聞きました。それが100人になってしまうというのは、多くの人にとって、いまでも結局100ぐらいが具体的なものとしてイメージできる個数の限界だからのような気がします。それと同時に、自然数への信仰は相変わらず根強いものだと思いました。
 物干し竿のたとえはよくわかります。おそらくそのようなものとして「0歳」はあるのでしょう。「ゼロ歳」で検索してみると、保育園でのクラス分けといった制度的区分としての用法にとどまらず、母親が実の子に対して「0歳」を使っている例が多数見つかりました。「0歳」という言葉への違和感はこれからますます薄れていくのだろうと思います。

お礼日時:2002/04/24 04:23

1,36人なら単純に100倍して、Aさんが100人いました。

Aさん100にんは136人の子供を産んだって私はいつも考えます.

普通0才とはいわないでしょう。何ヶ月って呼びますよね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ひとそれぞれの理解の仕方があるものですね。おもしろいものです。

お礼日時:2002/04/23 06:26

私が数学に弱いだけだからかもしれないけど、人間が1.36人って「変」ていうの解る気がします(^^)


統計データの中の「数字」として見るときは特に気にとめないですが、いきなり「このバスには1.36人が乗っている」なんていわれたら、ドキッとしますよね?
有名な「世界が100人の村だったら」は、その辺りを考えて、すべて小数点以下を切り捨てたのかな~て思いました。だって本当なら、それこそもっと細かい小数点以下の人数が出て来るはずですから・・・。

スッパリ切れるリンゴのようなものでも、例えば「平均4.5冊 本が借りられた」と聞くと、その0.5冊は、まんなかで千切れてるような図が頭に浮かびます。
実際、「絵グラフ」では半分に切られたイラストで表現しているものもありますね。割り合いをイラストの大きさで大、小つけて表現している「絵グラフ」もあります。どちらも、感覚がつかみやすいですよね。

0歳児の件に移ります。もし「トランペットを始めて○ヵ月目」というときに、1年目、て使うとしたら、こちらの方が変な気がしませんか?「歳」=「年」とすると、3ヵ月の赤ちゃんは、やっぱり1歳ではないなーと思えませんか??

数字が与える違和感やインパクトって他にもありますよね。
重箱の隅をつつくような感覚だけど、けっこう重要なことかも?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。「絵グラフ」のことはまったく念頭にありませんでしたが、案外こどものころの教科書のイメージって記憶の片隅に残っていたりするものですよね。なるほどなるほど参考になりました。

お礼日時:2002/04/23 06:21

(1)もし誰かに「彼女は過去に1.36人いたよ」と言われたら、う~ん、とうなってしまいます。

でも、統計の上での「1.36人」だったら、頭の中で「一人以上二人未満」と勝手に編集して、感覚的に納得しているように思います。ようは、論理的に理解できないこのような統計関連のデータを感覚的に理解できないから、saturnienさんのお友達は違和感を感じられるのだと思います。私のように、感覚を掴む為に「編集」をしながらデータを見ていると、だんだんと違和感が薄れていき、「1.36人」をただの数字とみなせるようになると思います。

(2)私はアメリカ在住ですが、家の子が12か月未満の時に「この子は『0歳』なのよ~!」と近所の5歳児に説明したら、変な顔をしていました。家の子は大きかったので、「こんなに大きなヤツが『0歳』の赤ちゃんのわけない~~!」と思ったようです。

この表現も『慣れる』まで違和感を感じる人が多いかもしれません。特に、育児を経験していなかったりすると、余計にそう感じるようです。また、歩いていたり、アルファベットを諳んじるような『0歳児』に対しては、『赤ちゃん」と呼ぶことさえおかしなもんだと思った事がありますよ。

ということで、感覚の違いというよりも『慣れ』ているかどうかではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。なんとなく、数え年の有無などから、日本よりアメリカの方が0という「数字」にたいする違和感が少ないように思いますが、いかがでしょうか。日本のプロ野球の背番号で「0」の選手が登場したときにはわたしも少し動揺したものです。

お礼日時:2002/04/23 06:50

(1)の方は、皆さんの回答の通りなんですが、(2)の方で、ちょこっと・・・


実際、子どもができるとわかるんですが、「0歳」という言い方より、「生後○ヶ月」という言い方になりますね。年齢ではなく、月齢で数えます。
「あら~、可愛い赤ちゃん。いくつ?」という場合、「0歳です」というのではなく、例えば「今度の○日で、○ヶ月です~」という会話の方が一般的です。
odd-artさんの書かれている検診でも、1ヶ月検診、4ヶ月検診・・・という用語(?)で行われますし。
私も子どものいないころは、saturnienさんのお友達のように、違和感を感じましたが、出来てからは、月齢にすっかり馴染んでしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 そういえば、「可愛い赤ちゃんですね。おいくつですか?」ときかれて、「0歳」と答えるお母さんはあんまりいませんよね。何ヶ月っていえばいいんですから。「月齢」っていうんですね。初めて聞きました。わたしなどは月齢と聞くと、お月様の話かなと。いろいろ参考になりました。

お礼日時:2002/04/17 03:20

はじめまして。


ご質問のような見方をした事がなかったので、興味深く読ませていただきました。
(1)便宜的に1単位(一人、1平方キロ)当たりの人数としているために、小数点以下の人数となっているだけで、本来の意味は「女性100人当たり136人の子供を産む」「100平方キロ当たりの人口は1938人」であるという見方をすれば、納得されるかと思います。
(2)おっしゃる通り、「0=無」のイメージとして捉えた場合、そんな気がします。この場合1歳未満と言った方が感覚的にはあっているような気がします。
話がそれますが、以前は数え年(生まれた時を1歳とする)がありました。「子供が生を受けてから、母親の胎内で10ヶ月(約1年)を経た後生まれてくるのだから、数え年のほうが感覚的には正しい」と言っていた人がいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。うーん、まったくみなさんのおっしゃるとおりなんで困ってしまいます。
 要するに、言葉の問題なんでしょうね。たぶん、「女性100人当たり136人の子供を産む」「100平方キロ当 たりの人口は1938人」という言い方は気にならないんだと思います。わたしなりに考えると、変な話になっちゃいますが、たとえば、りんご1.5個だとそんなに違和感ないと思うんです。りんごはどこを切っても同じですから。それにりんごは切られるものですから。それが人間になると、1.25人のその0.5の部分は頭なのか足なのか、それになんだか人間が切り刻まれてるみたいな言い方でイヤだ、とそんな風に感じるひともいるのかな(といっても、わたしの友人もどこまで本気かよくわからないのですが)と思ったのです。そうして、そういう言葉の感じ方はちょっとチャーミングだなと。なんだかとっても優しい気がしませんか。
 あと、数え年なんですけど、数え年は新年にみんないっしょに年をとるのではなかったですか。あ、それは馬の話かな。競走馬の年齢は誕生日に関係なく、年が明けると、一歳増えることになっているようです。とこれは関係ない話ですね(と思ったのですが、最近馬齢の数え方が人間並みになって、以前は生まれた年が当歳[一歳]だったのが一歳に変更になったという話を思い出しました)。

お礼日時:2002/04/17 03:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング