チェスキーナ永江洋子さんの著書「ヴェネツィア私のシンデレラ物語」を読みました。この中にチェスキーナさんが東京芸大ハープ科に入学するところからイタリアで留学するところまでが興味深かったです。

ピアノを持っていなくて、レッスンも頻繁に定期的に受けていない、しかしモーツアルトのソナタを試験で弾く
ハープを持っていないし、弾いたことも無い、
フランス語を少し習っただけ、
で合格されたそうですが、芸大のハープ科は今でも事前準備を長年みっちりしなくても入学できるのですか?それとも50年以上前だからこの程度の受験準備で入学できたのでしょうか?
また、芸大で2年学んだ後、東京交響楽団に入団されたそうですが、ハープは2年程度でプロのオーケストラで演奏できるほど簡単なのですか?
どうしても東京芸大に入学したくて、ハープ科なら入れそうだと言うので受験されたそうですが、ハープはとても簡単な楽器なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

昔、と言っても戦後ですが、記憶に間違いがなければ、「ハープ専攻の場合、実技試験をハープではなくピアノで受けることが可能」、だったと思います。

ハープなんか、ヤマハのような楽器屋でもそんなに扱っていなかった時代ですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/28 18:28

50年前の話だからでしょう。


ハープは難しいですよ。
友達のハープの弦をつまびかせてもらったことがありますが
(私は弦専門)、音が出ませんでしたよ。

それまでは、お琴のような感覚で、弦をはじいたら音が出るのかと
思っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ハープを弾くのは簡単ではないのですね。
東京芸大はピアノ科やバイオリン科は、50年前でも一流演奏者が鎬を削る厳しい入試が今と変わらずあったのに、ハープ科は誰でもフリーパスのように書かれているのが不思議でした。
当時でも吉野直子さんのお母さんの篤子さんが芸大でハープを専攻していらしたので、全員が適当であった訳では無いと思うのですが。

お礼日時:2006/11/21 20:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪芸大と東京芸大

この二つの芸大の入試難易度はかなり差がありますか?また関西だと京都市立芸大がトップですか?

Aベストアンサー

東京芸大は言わずもがなトップです。
芸大における東大です。
芸大における京大が京都市立芸大です。
行けるものなら行きたい、何浪しようが行きたい、そゆとこです。
ですから、入試難易度も同様に考えて下さい。
その2大芸大に受かるような人は他の芸大には受かるでしょう(同じ専攻なら)。
という説明でわかりますか?

大阪芸大は私大です。京都精華大学のように独自の学科を作ったりコダワリのある講師を呼んだりしています。憧れの職種に近づけるとか好きな作家がいるという事で選ぶ受験生も多いでしょう。

ちなみにどのような芸術家を輩出するかで大学の真価は問われるべきと私は思っています。鬼才中島らもとかね^^

Q東京芸大デザイン科の良いところ

東京芸術大学デザイン科の倍率は20倍超えだと聞いたことがあります。
美大の代名詞的な存在の多摩美術大学や武蔵野美術大学ですら、デザイン計の学部の倍率は10倍近いのに、2浪、3浪と、そこまでして芸大のデザイン科を目指す理由は何なのでしょうか?

仮に21歳で入学したとして、卒業、社会に出る頃には既に25歳・・

そこまで時間をかけて入学、卒業するだけのメリット、強みが何かあるのでしょうか?

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 授業料が破格。年間授業料だけで私大は180万、芸大は55万。しかも超有名校である。私立美大の4年で800万払えない人は多い。

 自分は人とは違うと自負している人が多いから。学校じゃ地方じゃ一番で、自分も周りも芸大へ行くべきだと思い込んでいるから。

 知名度、一人当たりの教授人数、授業料の安さ、ブランド力はやはりダントツ。そりゃ、誰だって芸大にいけるなら行きたい。約600万の節約!      

Q芸大の入学式 「ついてゆけないものは邪魔するな」

名前を忘れてしまったのですがある画家(?)が、芸大に合格して、意気揚々で望んだ入学式で

、「私たちの使命は、君たちの中にいるかもしれない1人の芸術家を育てることであるので、私から君たちにお願いしたいのは、途中でついてゆけないと思った者は、才能ある奴を邪魔するな、ということだ。」

というような趣旨の祝辞を受け、何倍もの倍率をくぐりぬけ合格していい気分だったのに、そんな気持ち、一気に吹き飛んだ、ということを言っていました。

この祝辞をした学長(?)と、入学式の思い出を懐かしく語っていた「大成した」芸術家がどなたであったか、ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

おそらく平山郁夫のことだと思います。

平山郁夫が1947年に東京美術学校(現、東京芸大)に入学したとき、上野直昭校長の訓辞です。

「諸君らのうち宝石はたった一粒です。その一粒を見つけるために君らを集めた。他は石にすぎません」(2009年12月4日 朝日新聞「天声人語」)

当時、平山郁夫も自分を石だと思い、三年生のときに見切りを付けると、新任の先生に「君の絵はこれ以上、下手にならない。おおらかにやりなさい」といわれたそうです。

Q芸大の指揮科に進むのは…

今、私は19歳で関東の理系4年制大学の一年の男です。
音楽歴は4歳~小1までピアノ、小1~現在バイオリン
をやっていて、今はバイオリンと指揮法のレッスンを受けています。
高校生だった頃にも深く悩んだ上両親の反対もあり音楽への道に進むことを諦め、今の大学に進んできているのですが、約一年間学校で学んでいて、最近自分の進路を見失っています。
自分の中では音楽への道を諦め切れていなく、今からでも間に合うのなら、中退し1~2浪を覚悟で指揮科に進みたいと思っているのですが、どうしても後の事を考えると一人で決意しきれません。

もちろん音楽へ進んだあとの将来の道は険しいというのも、芸大に入るのも生半可な気持ちでは無理だとわかっています。
ですが、このまま大学を続けていって後悔するのも嫌なのです。

皆さんの意見を聞かせてください。お願いします。

Aベストアンサー

 新たな思いが湧きましたので、追記します。忘れないうちに。何度も書く不遜な面がありましたらみなさまおゆるしください。

 私は、無責任にも、あなたは目指すに足る人だと思います。あなたのような人こそが音楽の奥深さを追究していける根性の持ち主、誠実な人だと思うからです。先に述べたことは、自分と他者の過去を想像し、自分が持っていた青二才の頃を恥じる意味で警鐘としてあなたの未熟さをわざと想定させて書きました。

 相当苦しい境遇もありうる;このことは単に芸術では喰えないという意味以上の真実があるのです。それはどのように頑張って一流の洗礼を得て踏み出しても、芸術を世の中で問うて行くのは芸術の奥深さがゆえに並大抵ではなく、かつ万人が芸術に造詣が深い世の中でもないことから、需要の面で誰でもプロになり得て一線で活躍できることが「四六時中継続できる訳ではない」という意味なのです。音楽は確かに凄さや洗練の極致、感動を与える力を持っているものの、一過性で実態の見えないものです。そして誰にとっても解釈・受け留め方は異なるものです。だから、あなたの人間性・人間的魅力が最終的には伝わるもので、そこで勝負が決まっていき、積年の活動に結びついて行くというものなのです。そういう道程(自分との、また世間の中)における戦いという意味で、自立しにくい苦境が予想されるという意味なのです。当然なことですね。でもあなたはそれに向かって行ける若者だと信じたい。

 それと、師が藝大に多数送り出している実績があることと、あなたがそれで安泰なことは違います。師から情報と示唆、要点と技は教えられても、自分がどうそれを習得できるかは異なっていて、自分を知る分析と実際にとことんする物理的時間をかけることが必要です。つまり、いろいろ知って理想が嵩じるだけでもダメだし、自分の限界を乗り越える習得に必要な要領を「実感として得ないと(体得できないと)ダメ」なのです。結局捨て金にならないよう、あなたは「自分を知り抜いて」ください。
 あなたなら軽いハードルかもしれませんが、現実問題として文句ない共通テスト成績も念押ししたい。再生への道に賭けるあなたは、そこまでの決意でぬかりないことがあり過ぎることはありません。すべての点でクリアできるレベルを考えてください。専門がすべてと言っても過言でない学府ですが、それでもあなたは両方に完璧な準備が求められる人なのです。そして、そうした頭脳の冴えや感受性、包容力のようなオーラを表出する青年として受験に望むなら、きっとあなたは勝ち抜けると思います。
何をもクリアできる素養と人徳、人格、冷静な覇気、未熟の残る実技レベルの中にもそういう可能性が感じられる者を師は見抜くだろうと思います。門弟云々に拘らず、誰が見ても捨て難い・自分の門下に欲しいと思わせる受験生を目指してください。そしてそれこそが、継続的に専門家としてやって行ける将来への器量でもあるのです。それを心がける努力の人に未来への不安は必要ないでしょう。

 この最重要な思慮の上で、先の私の意見を再度読み直してください。現実に「達していなければ藝大が認めないレベル」が在るからです。そのレベルがすなわち競争に勝つ受験の合格最低条件だと思います。
 藝大は(名誉欲という意味ではなく)自分次第で音楽の真髄に触れてあらゆるジャンルの努力人・才能人と出会える「認識されている名前だけはある」素晴らしい学窓です。
 どうか頑張ってください。あなたの意欲と決意そして「感性」に賭けて欲しいと両親に懇願してみるべきです。ある条件を出されてもそれには頷いて(今自信がなくても)誓えばいいでしょう。

偉そうに書いてすみません。指揮者たる音楽性は、謙虚さの上に立った心意気ある誠実な人格と意欲・真摯(その意欲こそがカリスマ性をも生むことになる)に宿ることを念押しして、悲願が達成されるように祈っています。懼れずに模索+挑戦してください。

 

 新たな思いが湧きましたので、追記します。忘れないうちに。何度も書く不遜な面がありましたらみなさまおゆるしください。

 私は、無責任にも、あなたは目指すに足る人だと思います。あなたのような人こそが音楽の奥深さを追究していける根性の持ち主、誠実な人だと思うからです。先に述べたことは、自分と他者の過去を想像し、自分が持っていた青二才の頃を恥じる意味で警鐘としてあなたの未熟さをわざと想定させて書きました。

 相当苦しい境遇もありうる;このことは単に芸術では喰えないという意味...続きを読む

Q交響楽団の運営について

大阪府から補助金をカットされた交響楽団のニュースを見て気になったのですが、
交響楽団というものは補助金をカットされたら運営できなくなるのが普通ですか?
日本や他の国で政府や自治体から補助金をうけなくてもやっていける交響楽団ってありますか?

Aベストアンサー

一般論としては、ここの記述が詳しいです。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9#.E3.82.AA.E3.83.BC.E3.82.B1.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.A9.E3.81.AE.E7.B5.84.E7.B9.94


人気Q&Aランキング

おすすめ情報