厚生労働省の日本におけるトリインフルエンザ予測では,発症25%(5200万人)死亡17万~64万人となっております。しかし,今回のトリインフルエンザの死亡率は50%を超えているようです。厚生労働省の予測は日本における1918年のスペイン風邪,発症2300万人,死亡39万人,死亡率1.68%よりも少ないものです。なぜなのでしょうか。私なりに予測した理由は下記です。

(1)ヒトに感染するようになる頃には病原性が弱まる。
(2)治療技術が進歩し死者数が減少すると予測される。
(3)パニックにならないために内輪の数字としている。

スペイン風邪もトリインフルエンザが数回変異を起こしたもののようです。現在のトリインフルエンザも3~4回すでに変異し,必ずヒトに感染するようになるはずですが,予測数があまりにも低いもので,どのような理由が考えられるのかご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 はじめまして。

ヒトではなく鳥の方ですが、一応専門知識を有する者です。

>劇症や死亡の事例、またはそのシーズンで最初の発生などでなければ、インフルエンザの型までは確認しないのではないでしょうか

 ヒトのインフルエンザワクチンの培養株を決めるために、毎年ある一定数のサーベイランスは実施されています。
 ヒトで流行するA型インフルエンザのH亜型は1-3なのですが、同じ1型でも抗原性は様々でして、違うタイプのウイルスが流行すればワクチンが効かなくなってしまいます。
 それで今年はどのタイプが流行しそうだ、という予測を、前年のサーベイランス成績に基づいて行っているということです。

 また、現在は質問者が書かれたとおり、H5亜型のインフルエンザがヒトで流行するという懸念がされていますので、診断マニュアルのようなものが厚労省から出ていて、ある程度重篤な症例はウイルスのH亜型まで判定することになっているはずです。(このあたりの細かい基準は私はよく知りませんが・・・)

 で、質問の死亡数予測についてですが、ピンからキリまで様々な数字が予測される中で、厚労省がこの数字を公式見解として選んだということでしょう。
 その理由付けとしては、(1)から(3)まで、それぞれが正解と言うことだと思います。

 今アジアで人に感染しているH5が、そのままの病原性でヒトに容易に感染するようなことになれば、全世界で何十億という人が死ぬ、なんて予測もできましょうが、ウイルスは流行に伴って病原性が弱くなるという一般的な現象がありますから、この最悪の予測が当たる可能性は極めて低そうです。
 というのは、極めて病原性の強いウイルスは、致死率が高く経過も短いので、他の人に感染するチャンスが少ない→病原性の弱い株が生き残る、というわけです。

 (2)に関しては、現在では抗インフルエンザ薬も有効なものがありますし(課題は生産が追いつくか)、ワクチネーションの考え方も昔よりは進歩しているので、同じ病原性であってもスペイン風邪(当時はウイルス疾病であることすら判明していなかった)よりは人的被害は抑えられるはず、という考え方です。

 でも、不利な要因もあって、昔より交通機関が遙かに発達している現在では、「感染拡大の速度」は遙かに大きくなることも懸念されます。
 とある国で強い病原性を持ったままヒトに親和性が高いウイルス株が出現したとして、その株は1~数日のうちに世界中に拡散する(人間が運ぶ)可能性があるわけです。
 病原性がマイルドになる前に人間が広げてしまっては、人的被害も多くなるかも、という考え方です。

 ま、こういう数字、私は占い程度に考えてますけどね。
 その年のノーマルのインフルエンザの流行予測すら、まともに当たった年が少ないというのに、どんな代物が出てくるかも判らない新型インフルエンザの流行予測なんて、まともにできるわきゃない、と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な回答ありがとうございます。「占い程度」言い得て妙ですね。Jagar39さんと同じようなことをアメリカの専門家もいっております。

心配性な老人としましては,もし流行すればインフルエンザ用マスクは何日かでなくなるでしょうし,タミフルは医療従事者の使用でなくなるでしょうし,ワクチンの開発は間に合わないようですし,大丈夫なのかなと思ったわけです。しかし,致死性の鳥インフルエンザワクチンを鶏卵を使用してどのように製造するのかも疑問なのですが…

アメリカがこのインフルエンザ対策に60億ドル必要とのこと,日本の政府は何を考えているのかも心配です。

お礼日時:2006/11/24 05:07

補足です。



劇症や死亡の事例、またはそのシーズンで最初の発生などでなければ、インフルエンザの型までは確認しないのではないでしょうか。
例えば抗インフルエンザウイルス薬の使用に際しては、薬が有効な型かどうかは確認していますがどの型かは確認していなかったと思います。
つまり、現在判明している死亡率50%というのは、サンプルが少ないため極端に大きな数字が出ているものと考えます(もっと高くなる可能性は否定できません)。

また、研究者も死亡率を出す際には、たった数十例のデータよりは普通のインフルエンザやスペイン風邪などのデータを重要視すると想像されます。
    • good
    • 0

>(2)治療技術が進歩し死者数が減少すると予測される。


が、一番適当な理由と思われます。
それから、栄養状態が良好であることや、併発しやすい肺炎等に対する治療法があることも大きな理由かと。
なにより、不十分とはいえ備えられることが最大のアドバンテージです。

>予測数があまりにも低いもので
スペイン風邪と同等であれば、当時の日本の人口/死者数は5500万人/39万人ですから、現在の日本の人口だと約90万人が死亡するのでは、ということでしょうか。
決して低くはないと思います。最大で69万人と見積もっているのなら。
ですが、

>(3)パニックにならないために内輪の数字としている。
というのも、いくらかはあるでしょう。
国が意見を求める学者・研究者というのは、良くも悪くも中庸な答えを出す方々だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございます。スペイン風邪(前回のトリインフルエンザ)の死亡率はアメリカでは平均2%,日本でも何回かの流行がありましたが1~5%で平均して1.68%です。現在のトリインフルエンザの死亡率は50%を超えています。スペイン風邪でもそうでしたし,現在のトリインフルエンザでも栄養状態が良く,免疫力のある青年の死亡率が決して低くないことです。日本での発症者数が2000万~3000万としましても,死亡率が50%なら単純に計算すれば死亡者数は1000万~1500万になるはずです。

スペイン風邪では世界各地で村が全滅しました。今回はもし死亡率が50%強なら国が全滅してもおかしくはないのではないかと思うわけです。そうならないことを祈りますが…

お礼日時:2006/11/19 04:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトリインフルエンザは、人間とトリとではどちらが危険なのでしょうか?

トリインフルエンザが、たくさんの鳥を殺していますが、人間は鳥よりも頭が良く体重も重いので、トリインフルエンザは簡単に人間を殺せないのではないでしょうか?つまり人間の免疫システムの方が鳥の免疫システムより優れているのではないでしょうか?それとも、人間と鳥の免疫システムに大差なく、人間の方が鳥よりもインフルエンザに強いという事は無いのでしょうか?

Aベストアンサー

 免疫システムは鳥もヒトも大差なく、どちらが優れているとかいうことはありません。
 また、ウイルスや細菌等の"病原性"に、宿主である鳥やヒトの体重差は関係ありませんし、まして頭の良さとは無関係です。

 鳥インフルエンザがヒトにあまり感染しないのは、単にウイルスの抗原と宿主側のレセプターの関係によるもので、ヒトで流行しているインフルエンザは鳥には基本的に感染しません。
 他にも、例えばつい最近までヒトの最重要疾病だった天然痘ウイルスはヒトにしか感染しないウイルスですし、逆に狂犬病ウイルスは全てのほ乳類に感染します。

 同じインフルエンザでもヒトの間で流行しているウイルスは、昔(といっても100年以内の話ですが)に鳥型からヒト型に変異を遂げたウイルスです。ヒト型に変異したので逆に鳥には感染しません。

 豚は鳥型とヒト型両方のレセプターを持っている動物です。
 なので鳥インフルエンザもヒトインフルエンザも感染します。
 インフルエンザウイルスは遺伝子を8本持っているので、同じ動物に違うインフルエンザが重感染した場合、ウイルスはお互いの遺伝子を交換し合い(このことを"遺伝子再集合(リアソータント)といいます")、その結果「新しいインフルエンザウイルス」が誕生する可能性が高くなります。
 豚にヒト型と鳥型のウイルスが重感染すると、鳥に対する病原性を持ちながら容易にヒトに感染するウイルスが出現するかもしれません。
 というわけで、インフルエンザに関しては豚は重要視されます。
 新しいインフルエンザウイルスが出現すると、ヒトはそのウイルスに対する抗体をまったく持たないため、激しい大流行が起きます。これを"パンデミック"と言います。

 人類は過去3回、インフルエンザパンデミックを経験しています。
 スペイン風邪、香港風邪、アジア風邪がそれです。現在ヒトの間で流行しているA型インフルエンザウイルスは、これらの病原性がマイルドになってヒトの間で定着したものたちです。
 スペイン風邪は100年前のことなので詳細な検証は難しいのですが、少なくとも香港風邪とアジア風邪のパンデミックの際は、前述のように豚が重要な役割を果たしたと言われています。

 ただし、現在は既に「鳥→ヒト」の感染はアジアで頻繁に起きています。もう100人以上が亡くなっています。
 リアソータントは別に豚でなくても起きるので、ヒトにヒト型インフルエンザと鳥型インフルエンザの重感染が起きても同じことです。
 ですから、アジアで鳥→ヒトの感染が頻繁に起きていることは、非常に危険な状況なのです。

 免疫システムは鳥もヒトも大差なく、どちらが優れているとかいうことはありません。
 また、ウイルスや細菌等の"病原性"に、宿主である鳥やヒトの体重差は関係ありませんし、まして頭の良さとは無関係です。

 鳥インフルエンザがヒトにあまり感染しないのは、単にウイルスの抗原と宿主側のレセプターの関係によるもので、ヒトで流行しているインフルエンザは鳥には基本的に感染しません。
 他にも、例えばつい最近までヒトの最重要疾病だった天然痘ウイルスはヒトにしか感染しないウイルスですし、逆に...続きを読む

Q鳥インフルエンザは、野生の水禽類では感染しても発症しない。一方、家禽類には感染すると発症するそうです

鳥インフルエンザは、野生の水禽類では感染しても発症しない、そうですね
一方、家禽類には感染すると発症し、大騒ぎになります。
なぜ、野生と家禽とでは、発症の有無があるのですか?

Aベストアンサー

鳥の種の違いによるのではないでしょうか。家禽の大部分を占めるのはニワトリですが、烏骨鶏、チャボ等様々な品種が作られていますが、元の種としては一つです。野生鳥類も、種によりウイルスの病原性(感染しやすさ、症状の強さ等)が違うと思われます。鳥インフルエンザによる野鳥の大量死の事例もあります。

また、一口に鳥インフルエンザウイルスといっても、亜型や株により病原性は様々です。野生水禽類は元気な状態でしばしばウイルスを持っていますが、このウイルスが家禽に感染しても大抵は病原性は低いといわれています。たまに、野生水禽には病原性が低かったウイルスが家禽に強い病原性を示したり、最初は低病原性であったウイルスが家禽の中で伝播するうちに変異をおこして病原性が高くなる、ということがおこります。

Q哺乳類霊長目ヒト科ヒト属ヒト?

 この分類はあっているでしょうか。私の知る限り、(UMAは別として)ヒト科にはヒト属しかなく、ヒト属にはヒトしかないと思うのですが、他にこのような生物はいるのでしょうか。また、ヒトだけがそうだとすれば、なぜなんでしょうか。
 そう思いたくはありませんが、人間は自分の兄弟や親戚を皆殺しにしながら進化したのでしょうか。

Aベストアンサー

申し上げ難いのですが少し違うと思います、まず生物を分類する際には、種を基本単位にするのですが、界・門・網・目・科・属・種となり<人>の場合は
動物界・脊椎動物門(有羊膜亜門)・哺乳綱・(真獣亜綱)・霊長目(真猿亜目)
類人猿科(ヒト亜科)・Homo(ヒト属)Sapiensとなります。
それとQuarkさんが仰るヒト科とはヒト上科の中にあるヒト科だと思うのですが、ヒト科にはHomo ergaster Homo erectus Homo neanderthalensis
Homo heidelbergensis Homo habilisが私の知る限りあります。
きつい事を言うかもしれませんが、自分の兄弟や親戚を皆殺しにするのは人間だけでなく生物界に於いては日常的に起こっている事です。
ですが、高度な社会を作ることができ尚且つ共存できる者達が自らのエゴで殺し合うのは悲しいことですね。

Qトリインフルエンザについて

トリインフルエンザが話題になることが多いですが、野鳥は、糞便の中にウイルスを排出していても健康だと聞いたことがありますが、鶏は別なのでしょうか。又鶏に感染するとヒトに対しても危険なウイルスに変わるのでしょうか。

Aベストアンサー

ウイルスの類は必ず宿主を持っており、
その宿主の中ではさほど大量増殖はせず、
宿主を殺すことはありません。

何らかの形で、ウイルスが宿主以外の動物に感染すると、
様々な症状を引き起こします。

Qインフルエンザの変異について

最近鳥インフルエンザの変異が騒がれてますがそれについて質問です。
私は鳥のウイルスが人に感染する場合二通りあると認識してます。
・鳥と同じシアル酸がある肺の末梢に感染し、重症になり、致死率は高い。ただ末梢故人人感染はしにくい
・変異して上気道のヒト特有のシアル酸に付着して感染出来るようになる。ただ上気道故そこまで重症にならず、致死率は低い。中枢寄りでヒトヒト感染もし易い。
この二つの認識は合っているのでしょうか?。

Aベストアンサー

その2つ以外にも、挙げられたものがミックスしたようなことも
起こるかもしれません。

致死率が高く、ヒトーヒト感染が起こる、とか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報