先日、3ヘッドのカセットデッキを購入しました。カタログを見たらバイアス調整ができると書かれていました。バイアス調整とはどういうことなんですか?あと、最近の3ヘッドのカセットデッキは消磁する必要がないといわれました。実際はどうなんでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

◆Naka◆


再登場です。そう言えばそうでしたね~、suno-manさん。どうも失礼致しました。 m(_ _)m
バイアスは、基本的に120μsと70μsの2種類があります。
120μsは、別名ノーマルバイアスとも言います。70μsはハイポジションとメタルポジション用のバイアスになります。
ただ、これはあくまで基本値ですから、suno-manさんのおっしゃるように、メーカーによって、いや、それどころかテープによって微妙に違います。その微調整をしてやることを「バイアス調整」と言うんです。(実際には感度レベルの違いやヘッドの状態等によってバイアスの調整が必要になるんですが)
個々のカセットデッキには、「リファレンス・テープ」というものが設定されていて、そのテープでフラットになるように調整されています。したがって、リファレンス・テープを使う限りは、チューニングの必要がないということになりますね。(厳密に言えばチューニングの必要はありますが、ここではそういうことにしておきましょう)
リファレンス・テープは各ポジションによって、設定されています。例えばメタルポジションではTD●のMA-●だとか、ハイポジションではS●だとかいう具合に。
ところでノーマルはよくタイプI、ハイポジはタイプII、メタルはタイプIVと書かれていますが、なぜタイプIIIがないのかご存知ですか?(関係ないですね、失礼しました) (^^;)

だいたいのデッキでは、バイアスのつまみは±20%、モノによっては±30%まで調整可能になっています。
+の方に回せば「バイアスが深く」なり、-の方で「浅く」なります。
バイアスを深めにして録音すると、中低域の厚みと深みが出て、落ち着いた音で録音することができます。逆に浅くすると、高域にアクセントのある輝いた音で録音できるんです。
どこを基準に+、-かと言いますと、テープによりフラットに調整した段階でのつまみの位置を0と考えていただければよろしいと思います。

調整する際ですが、実際(ソース)の音と聴き比べながら微調整するのが一番いいのですが、大抵のデッキには調整するためのレベル(感度)メーターが出ていますので、それを見ながら合わせてやることができます。もっとも最後の最後は自分の耳が頼りで、どこまでソースの音質に迫れるかは、慣れと勘の勝負ということになるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これでやっとバイアス調整の意味がだいたいわかりました。ありがとうございました。あと、(3)はフェリクロームテープでしたっけ。2度塗りしたテープでしたよね。今は消えている・・・・・・

お礼日時:2001/01/10 22:27

◆Naka◆


subway2001さんのおっしゃる通り、テープ録音時にテープに与える電流の深さを調整する機構のことですね。
ちなみに浅く(-)すると、軽く高音が出る設定になり、深く(+)すると、中低域に厚みのある録音が可能です。
大抵は「レベル調整」(感度ですね)とペアで用いられます。

さて、消磁についてですが、2ヘッドではヘッドに電流がかかる際に、磁気が多少取れてきますが、3ヘッドでは再生ヘッドはどうしても帯磁し、高域が落ちてきます。
関連質問がありますので、そちらもごらんになってみてください。(下記参考URL)

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=20793

この回答への補足

気づいていましたか?参考URLの質問も自分が質問しました。本題ですが、バイアスはテープによってもちがうんですよね(例えばTDKのハイポジションと違うメーカーのハイポジション)あとポジションによってもちがうんですか?バイアス調整の意味はわかりましたが、バイアスの深さ浅さなどがよくわかりません。わかる人はおしえてください。

補足日時:2001/01/09 19:49
    • good
    • 0

アジマス調整とすっかり勘違いしていました。

subway2001さんの仰有るとおりです。
ご免なさい。

この回答への補足

気にしないでください。勉強になりましたよ。

補足日時:2001/01/09 20:05
    • good
    • 0

 テープに能率よくいい音で録音するために音楽の信号だけではなく、テープにあったバイアス電流を一緒に与えてやらなければならなく、テープの栄養のようなものとおもっていいでしょう(例えです)。

テープによって最適値が違います。これの微調整機能のことでしょう。
 デッキにより差がありますが、基準としているバイアス値から最大で±20%程度の可変ができるようになっています。バイアス調整機構には、自動のものとマニュアル式のものがあります。バイアス調整ツマミのあるマニュアルのものであれば、テープに合った条件を与えるためにバイアス電流を手動で調整でき、フラットな特性を得るために使用するのですが、逆に好みの特性を演出することもできます。
 調整はバイアス調整ツマミを「0」位置にしたまま発信器の音などを利用し録音し、テープ、ソースを交互に切り替えて音質の変化をモニターしながらバイアス調整ツマミを動かし、高域をツマミを+または-方向に動かし、最も音質が似てくるポイントを探します。(調整方法は、取説にあるとおもいますが、自動調整機構のものはこれらを自動で行ってくれます)バイアス調整は各々のテープによる高域の特性を録音、再生で音質差を小さくするものです。(詳しく説明するとMOL等の理解がいるのですが、こんなところで使用上OKと思います)。
 joshuaさんのいう再生ヘッドの角度調整はバイアスではなくアジマス調整機構のことと思います。ナカミチなど一部の高級機にはアジマス調整できるものが存在します。
 消磁はいまのデッキでも(最近、新製品は出てないと思うのですが・・・)2,3ヘッドの何れでも行うべきと思いますが・・・。買ったデッキにはイレーサー機能が付いているのですか?
 10年近くカセットデッキは使っていないので、バイアス調整など少し懐かしく感じました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。バイアス調整の意味がわかりました。イレーサー機能はついているようです。

お礼日時:2001/01/09 20:01

この場合のバイアス調整とは、録音時の録音ヘッドの角度に対し、再生ヘッドの角度を合わせることを言います。

録再兼用ヘッドだと片方が傾けば同様に傾きますので、調整の必要がありません。(というより調整のしようがありません)
バイアスが狂っていると、高音のレベルが落ちたり、位相が狂ったりします。とは言え、あくまで同じ機械で録音再生した場合の話で、録音ヘッドが狂っていたら、他の機械で再生したときにやはり同じ不都合が起こります。
本当は基準テープから録音・再生両ヘッドを調整するのが正しい方法ですが、業務用ならともかく、民生用ではそこまでは行いません。但し、メーカーでヘッド関係をいじくったときは、必ず調整する項目です。
最近のと言われると疎いですが、2ヘッドであろうが、3ヘッドであろうが消滋はするんじゃないですか? 脱滋機能がついてるんですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますバイアス調整と違ってアジマス調整というものもあるのですね。でもどうやって調整するのでしょうか?

お礼日時:2001/01/09 20:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカセットデッキのカタログの裏に「高速ダビング機能付きのカセットデッキを

カセットデッキのカタログの裏に「高速ダビング機能付きのカセットデッキをテレビに並べて置いた場合
テレビを見ながらの高速テープ編集(録音)はできません。」と書かれていますが、何故なのでしょうか?
通常スピードのダビングなら大丈夫なのですか?
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

テレビは水平同期信号(15.739KHz)を出すからではないでしょうか。
テレビから音声を録音すると、その信号がノイズとして乗ってきます。
ですが、キーンという高音なので普通は気がつきません。
テレビからの録音でなくても、テレビが点いている状態での録音にこのノイズが乗る可能性があります。
倍速でこのノイズがのると、通常速度で再生した場合は周波数が半分になるので、目立ってしまうのでしょう。
通常のスピードでのダビングなら、高音域にノイズがのるだけなので大丈夫といえば大丈夫です。

Qカセットデッキやオープンデッキについているヘッドのアジマス等のネジを固

カセットデッキやオープンデッキについているヘッドのアジマス等のネジを固定しているボンドには、赤や青がありますが、あれはロックタイトでは無いのでしょうか?

ロックタイトは、空気に触れていては、固着しないと書いてありましたが、ヘッド部分等の固定されたネジは、空気に触れている部分でも固着しているのですが、異なるのでしょうか?

Aベストアンサー

スリーボンドの1405というネジロックペイントを買って使っていたことがありますが、あれは小さな相手にはちょっと使いにくいですね。粘りがありすぎるのと、精密な部分には出過ぎがこわいです。
テープヘッドの調整ネジはスプリングをかんでいるのでペイントロックはいらないはずですが、念のためということでしたらむしろ普通のラッカーペイントの方がよいと思います。爪楊枝の先にちょっとつけてそれをビスの接触面に塗ればそれで充分でしょう。

Q真空管アンプの調整(固定バイアス電流)

真空管アンプの回路と調整について、2つ質問があります。
このアンプはKT88のプッシュプルです。

質問(1)プッシュプルの片側だけ、突然、カソード電流が減少して、VRで調整しようとしても、40mAまで増えません。
  以前は、VRの真ん中あたりで40mAまで流れていたのに、今は最大に回しても、35mAまでしか増えません。
  実際には、カソード抵抗10Ωで測定しているので、0.35V位です。
  真空管に異常があるのでしょうか?
  異常なら、球を早く手配したいです。

質問(2)KT88の第2グリッドとプレートの間に47pFのコンデンサが付いています。Webで調べてもこの意味、効果がわからないので、教えてください。
  オシロで波形を見ると、方形波の時に、リンギングが少し減る様に見えますが。
  この手法はあまり知りませんので、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

他の回答者様の指摘のとうり、真空管の寿命です、早めに予備の真空管と交換してください、真空管は半永久的に使えるトランジスタ半導体素子とは違いだんだん性能が劣化する消耗品です、また片方が寿命が着ます、プッシュプル回路ですので、なるべく特性が沿ったペアの真空管を選んだほうが歪が少なくなります
真空管は内部インピーダンスが高く、以上発振を、しやすいので、それをとめるために、コンデンサーで、出力の一部を入力側に逆位相で戻すことで、、打ち消してとめるのです、以上発振防止コンデンサーです、真空管回路では、増幅率が高いので、どうしても起こりやすい現象です、高周波増幅回路では真空管自体を放熱用の穴が開いたシールドケースに入れて防止します、内部インピーダンスの低いトランジスタ回路とは違いのひとつです、

Q米国アマゾン販売の新品カセットデッキは日本で使えますか?

米国アマゾンで新品カセットデッキを見つけました(Sony TC-WE305)。
http://www.amazon.com/Sony-TC-WE305-Cassette-Discontinued-Manufacturer/dp/B00004VWGK/ref=sr_1_5?s=aht&ie=UTF8&qid=1447918874&sr=1-5&keywords=cassette+player

マニュアルを探してみたら、裏側にVOLTAGE切り替えスイッチの絵があり、スイッチ左側に「上段220V・下段110V」、右側に「上段240V・下段120V」とあります。スイッチは一個です。四段階設定可能かは分かりません。
この場合、日本で使用可能でしょうか?
もし使用できない場合、内部ではたぶん降圧して使用していると思うのです。その場合トランスを交換する等も考えています。

日本で新品が買えれば良いのですが、なかなか見つからないので探してみました。
特に高級なものではなくても良く、普通に聞ければ良いと思っています。

また、日本で販売している手頃な物があれば教えて頂ければ助かります。
よろしくお願いします。

米国アマゾンで新品カセットデッキを見つけました(Sony TC-WE305)。
http://www.amazon.com/Sony-TC-WE305-Cassette-Discontinued-Manufacturer/dp/B00004VWGK/ref=sr_1_5?s=aht&ie=UTF8&qid=1447918874&sr=1-5&keywords=cassette+player

マニュアルを探してみたら、裏側にVOLTAGE切り替えスイッチの絵があり、スイッチ左側に「上段220V・下段110V」、右側に「上段240V・下段120V」とあります。スイッチは一個です。四段階設定可能かは分かりません。
この場合、日本で使用可能でしょうか?
もし使用できな...続きを読む

Aベストアンサー

海外で販売されたものは電圧の規格が違うので使えません。
仮に110Vに設定して日本国内で使用しても
モーター回転数が誤差範囲を超えてしまうのでおかしな音になります。
そのための対処も明記されていますが絶対にやめてください。
「たぶん」とかあいまいな知識のまま「トランスを交換」するのは極めて危険です。
発火、火災事故が起きれば自己責任だけではすまされません。

電源トランスを交換しても各種調整が必要なのですが意あります。
調整出来ますか?

型番TC-WEからするとエントリークラスのダブルデッキです。
そのクラスのデッキでしたらTEACが販売を続けていてくれます。
そちらを買われたほうが安心、安全です。

Qカセットデッキの足の裏についてる滑り止めについて

カセットデッキ(TC-WE475)の足の裏についてるゴムでできた滑り止めみたいのが部屋の暑さで取れてしまって機械が揺れてしまいます。
また滑り止めを貼り付けるには両面テープでできますか??

Aベストアンサー

はじめまして♪
 お使いの「TC-WE475」の実物を使用した事が無いので、一般的な対処方法をアドバイスです。

かなりの高級機種なら「足」には防振、静振などで特殊な設計の物も有りますが、一般的には傷防止と有る程度の振動遮断のためにゴム系やフェルト等が貼られています。 
 
ゴム系の場合、薄いシート状の物が貼付けられている状態の物と、「足」の形状の物がネジ止めや接着されている場合が多いと考えますので、これらの場合での対処方法をお知らせいたします。

まずは 薄いシート状のゴム足の場合ですが、ほとんどがなんらかの方法で接着されているだけです。 この場合は がっちり付けるな前出回答のとおり G17等のボンドで大丈夫です。 また 両面テープでも可能ですが、厚みの少ないタイプを準備して、ピッタリサイズにカットしてから貼れば ほとんどの場合は問題なくOKですよ♪

「足」の形状の場合は 滑り止め程度の「シート」ではないので、本体の重量を支える構造の場合が有りますので、がっちりと固定させるためにも前出のG-17等のボンドやネジ止め、あるいはメーカー純正補修部品が入手しづらいなら4個(機種によっては3個や5個の場合も有りますが、、)全部を代替え品に交換する事もありそうですね。

高度なオーディオマニア的には「足」の問題に万単位の出費をされる方も多いそうですが、基本的には不要な振動を「受けない」「伝えない」事で対処する自作系マニアなら ガタつき(本体の揺れ)が押さえられたら良いわけですので、ホームセンターや文具店で購入できる対処が良いとされています。(私は 安価でも工夫次第って こちらをオススメです)

接着剤でも両面テープでも 必要な設置面は確保して、余分な部分にさわらいようにするのが基本です。 知人で凹んだ部分に押し込む感じのゴムに対して 接着剤を凹んだ方に注入したため 多すぎた接着剤でテーブル側にも接着され、家族に怒られたそうですよ。(笑) 

接着剤でも両面テープでも 状況に合った物を選んで、上手に使ってくださいね~♪

はじめまして♪
 お使いの「TC-WE475」の実物を使用した事が無いので、一般的な対処方法をアドバイスです。

かなりの高級機種なら「足」には防振、静振などで特殊な設計の物も有りますが、一般的には傷防止と有る程度の振動遮断のためにゴム系やフェルト等が貼られています。 
 
ゴム系の場合、薄いシート状の物が貼付けられている状態の物と、「足」の形状の物がネジ止めや接着されている場合が多いと考えますので、これらの場合での対処方法をお知らせいたします。

まずは 薄いシート状のゴム足の場...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報