飛行機に乗っていて気圧の変化のため鼓膜が痛くなり、片方の耳が聞こえにくくなってしまったのですが、この原因はなんなんでしょうか?またどうゆうふうに治せばよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

耳抜きをしても直らないとしたら、耳管狭窄症の可能性もありますので、耳鼻科にかかって診てもらいましょう。


外耳道の奥には鼓膜があって、その鼓膜の向こう側には中耳とか鼓室といわれる部屋があります。気圧が変化すると、外耳道側と鼓室側の圧力に差が生じて、圧力の低い方に鼓膜が膨らみます。これが耳が痛くなったり聞こえが変になる原因です。耳管というのは、のどの奥に開口部があって鼓室とつながっている管のことで、通常はごくんとつばを飲み込んだりする事によりこの管を通って空気が出入りし、鼓膜の外側と中耳の気圧が同じになって鼓膜の変形が直るはずなのです。これを耳抜きといいます。ところが、この耳管に炎症があったり、そのほか何らかの原因で耳管が開かない場合には耳抜きが出来ないことになります。
もちろん、中耳炎など鼓室の炎症がある場合にも、鼓膜の変形が治りにくいと思われます。
従って、もしよくならないようなら、耳鼻科にかかってみてもらう方がよいでしょう。
    • good
    • 0

エレベーターに乗った事有りますよね、それと同じ症状です、気圧の変化によるものです、鼓膜が一時的に押されてゆがんでしまったのですね、スキューバダイビングで耳ぬきしますでしょ、あれは、水圧を受けた鼓膜を元の状態に戻す方法ですよね、あれが出来ないと、潜らしてくれないそうです、それ程大事な事なのですが、もしかしたら、そのままにしておけば、戻るかもしれないですが、最悪鼓膜損傷と言う結果になってしまうかもしれませんので、不快でしたら、耳鼻科に行くことをおすすめします。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング