人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

現在経営の勉強をしているのですが、本をを読んでいると、業界の分析をしたり競業企業の分析を通じて、各種フレームワークを使い問題解決に道筋をつけるやり方を多く見られます。そのやり方自体は分かるのですが、上記のように、業界の詳しい情報、競業企業の詳しい情報をどういうところから入手したらよいか分かりません。
例えば○○企業の△△製品のシェアを調べたい等の場合はこれを調べたら良い。□□企業の△△製品における変動比率を調べるにはこれを調べたら良い等の、情報源を統括的にまとめた書籍、もしくはそれを調べられるサイトがあれば非常に助かります。
何でも良いので、教えて頂けますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

経営コンサルタントを業にしている者です。



はっきり言えば『情報源を統括的にまとめた書籍、もしくはそれを調べられるサイト』があればコンサルタントは苦労しません。
そういう情報はバラバラに存在しますので、それらを色んな情報源から検索・収集してくるのも経営者や経営コンサルタントの能力の1つである、と考えます。

世の中にシンクタンクやコンサルティング会社、マーケティングリサーチ会社が成り立つのは、単に分析が出来るからだけではなく、これらの情報を“目的に合わせて適切に”検索・収集できる能力があることも理由の1つです。(事実、コンサル会社の中で一番下っ端の職位にリサーチャーやアナリストというのがありますが、まさにこの検索・収集・分析の部分を主に担っている人材です。つまり、まずコンサルタントなどはこのような能力がなければ始まらないとも言えます)

商業統計や工業統計のような各種統計、各種月報・年報なども役立ちますし、コンサルタントが良く使うのは『業種別審査事典(きんざい)』という金融機関などで融資審査の際に良く使われる業種単位の平均的な分析結果を事典形式にしたものをベース資料にします。財務指標に関しては、TKC全国会からTKC経営指標(BAST)というのが出ています。これは全国のTKCに属する会計事務所から集計された各社の財務分析資料の業種別一覧です。黒字企業の数値をベースにしているのでベンチマークに出来ます。この他、東洋経済新報や日経からも業種別審査事典やTKC経営指標と同じような資料が出ています。
マクロ情報であれば総務省統計局のサイトや電子政府の総合窓口から検索をかけるのが早いでしょう。経営に関して言うならば、経済産業省や中小企業庁、各種外郭団体、商工会議所、それらの関連機関のサイトを訪れるのが早道かもしれませんし、また、公認会計士・税理士・中小企業診断士などの経営に関係する国家資格保持者の団体のサイトに行くのも1つの手です。
業界団体がある場合は、その公式サイトに統計資料やその速報値が出ていることが多いです。(例えば、日本自動車工業会などは毎月の速報値を時系列に公表している)
また、経営を軸にしている大学の研究室のサイト・ページなどにも分析資料は載っていることがあります。但し、研究テーマによって公平性が失われる可能性もありますので、学術機関の出している研究データを鵜呑みにするのは危険です。(自分の目で確かめて適切かどうかを判断して下さい。)

要は全てがまとまったサイトなどはありませんが、特定分野に関しては、それをまとめたポータルサイトがあったりしますので、それを使うのも1つの手です。(アパレル業界ならアパレルウェブ、など)

尚、日本能率協会総合研究所のMDB(マーケティング・データ・バンク)は主に有料会員制のリサーチファームですが、会員になると東京・大阪の事務所にある各種調査資料が一同に集められており、これを使うという手があります。但し、費用は初年度入会金含んで70万円、次年度以降60万円/年という費用がかかります。インターネットでは得ることが難しい様なデータ集や各種シンクタンクの有料レポートなども見れますので、本業になれば使うことも想定内かもしれません。
有料サイトでよければ、日経テレコン21、日経goo、東洋経済オンライン、ダイアモンド社D-VISION NET、帝国データバンクCOSMOSNET、G-Search、東京商工リサーチ公式サイトなどから分析レポートを購入したりすることも可能です。(無料で見れるものも多数あります)
書籍・レポートなどの印刷物になっているものであれば、東京商工リサーチ、帝国データバンク、矢野経済研究所、日本能率協会総合研究所のようなリサーチファームを利用する手もあります。
この他、公開会社に関しては、証券会社や投資会社、ベンチャーキャピタルなどからもデータを手に入れることが可能です。特に小口株式のネットトレードなどを証券会社の口座から行っている人は、その証券会社から様々な情報を手に入れることも可能です。この他、CRDなどのデータベースを利用する手もあります。(この他には...キリがありませんね。この辺でやめときます)

以上のように、様々な入手方法があります。正直言って、ネットで無料で手に入れられる情報も多数ありますが、有料だったり、書籍などでないと駄目なものもあったりします。

まあ、これらの会社も自分の飯の種ですから、タダで全部公開するとか、どこかに集めたポータルにする、ということはないでしょう。(自社サイトをポータルにしたいでしょうから)
書籍にするには情報がありすぎてまとめ切れないので、現実に存在するものは統括的とは言えません。

元々の質問事項である「業界分析や競合企業分析をする為の情報収集の仕方」において、取っ掛かりになるベースデータと言うことであれば、やはり
●総務省統計局サイト
●電子政府の総合窓口サイト
●各地方自治体サイト
●経済産業省・中小企業庁・特許庁・文化庁サイト
●上記省庁の各種外郭団体サイト
●政府系金融機関サイト
●各商工会議所/商工会サイト
●各種資格者団体サイト(会計士・税理士・診断士等)
●民間金融機関サイト(銀行/信金/信組等)
●業界団体サイト
●公開会社サイト(いわゆる大手対象の場合)
●証券取引所サイト
●日経関連サイト(日経goo、日経テレコン21含)
●東洋経済/ダイアモンド社サイト
●証券会社/VCサイト
■各種白書
■各種統計資料
■業種別審査事典
■TKC経営指標(BASF)
■日経経営指標
■会社四季報(上場/未上場)
★国会図書館/大学図書館/公立図書館/省庁図書館
★各省庁/自治体役所
あたりでしょうねぇ...
●のサイトで概要データを確認して、■にある資料で確実なデータをベースにして分析を行う。足りない部分は★に行って補足する、というところでしょうか?
業種別審査事典は8分冊で、買うと計10万円以上するのですが、内容的には経営の勉強になりますので、それこそ図書館を大いに利用すべきでしょう。TKC経営指標は経営者としてであれば、顧問税理士がTKC所属であれば必ず見れますし、確認するのも手です。

細かな商品単位のデータは業界団体が出さない限り、一般的な情報としては出回りにくく、公的機関からのデータがなければリサーチファームなどから手に入れるしか方法はないでしょう。
首都圏・関西圏にお住まいであれば国会図書館(本館・関西館)を活用されることをオススメします。
また、各種統計資料や各種白書を読み、調べることがこの類の調査・分析をやる上では一番簡単で信頼度が高いデータが集まりますので、それらに慣れることから始めるのもよいのではないでしょうか?

以上、ご参考まで。お役に立てば幸いです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

非常に丁寧なご回答ありがとうございました。
国立国会図書館に行く等して、教えて頂いたデータを見てみたいと思います。

お礼日時:2006/11/20 17:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Qエクセル 0や空白のセルをグラフに反映させない方法

以下の点でどなたかお教えください。

H18.1~H20.12までの毎月の売上高を表に記載し、その表を元にグラフを作成しています。グラフに反映させる表の範囲はH18.1~H20.12の全てです。
そのためまだ経過していない期間のセルが空白になり、そこがグラフに反映され見づらくなります。
データを入力する都度グラフの範囲を変更すればいいのですが、うまく算式や設定等で空白や0円となっているセルをグラフに反映させない方法はありますか?

お手数ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

売上高のセルは数式で求められているのですよね?
それなら
=IF(現在の数式=0,NA(),現在の数式)
としてみてください。
つまり、0の場合はN/Aエラーにしてしまうんです。N/Aエラーはグラフに反映されません。

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q伸び率の計算方法

こんにちは。簡単な質問で申し訳ないですが、
伸び率の計算方法ってどうするのでしょうか?

1970年の中国の漁獲量は3096000トン
2000年の漁獲量は24433000トン。

答えをみると、2000年÷1970-1で689.2%となっております。
なぜ1をひくのですか??

2000年÷1970でよさそうな気がするのですが…

おねがいします。

Aベストアンサー

 伸び率とはすなわち、増加率のこと。
 増加率とは、増えた量÷基準値
 ここでは増えた量=2000年の漁獲量-1970年の漁獲量
 基準値=1970年の漁獲量
 だから、本当の式は(2000年の漁獲量-1970年の漁獲量)÷1970年の漁獲量です。
 これは、変形すると、2000年の漁獲量÷1970年の漁獲量-1970年の漁獲量÷1970年の漁獲量 = 2000年の漁獲量÷1970年の漁獲量 - 1
となります。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q会社名の後につくInc.とは?

こんにちは。
会社名の後につく、Inc.とは、どういう意味でしょう?会社の法的な位置付けをあらわしていると思うのですが、実際の所どうなんでしょう?1.日本語でどういう意味か、2.英語の原型はどういうかたちか。教えて下さい。


ちなみに、co.,ltd.はcompany limited か、または、cooperation limitedで、株式会社(有限責任)の意味ですよね??


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

inc.は
incorporated の略で
「一体化した,法人組織の」の意味だそうです。
「有限責任の」の意味もあります。

映画「モンスターズ・インク」のインクもこれですね。

Q【Excel】3軸以上のグラフを作成できますか?

Excelでグラフを作成する場合
Y軸が2本で平面のグラフまでは
標準で用意されていると思うのですが、

例えば下のようなX軸が共通でY軸が3本以上必要となる(吸塵率「%」・粉塵量「個」・騒音レベル「dB」)
表をグラフ化する場合
どのようにすればいいのでしょうか?

銘柄   吸塵率% 排気中粒子 駆動音平均
手軽    16.3%      0個    54dB
排気0   13.4%    4000個    60dB
JET    35.3%    1000個    62dB
かるワザ 67.5%      0個    63dB

(表記中の固有名称その他は現実のそれとは何ら関係なく・またデータも説明用に一時的に作成されたものとする)

Aベストアンサー

 散布図でダミーのY軸を作成作れば、3軸でも4軸でも可能です。ただ、その軸をどのように配置するかという問題があります。
 また、3軸なら「三角グラフ」、4軸なら「Jチャート」というグラフもあります。2つとも散布図を工夫すれば、Excelで作成可能です。

 しかし、今回の表の場合は、作成元のデータを加工して、スネークプロット(縦の折れ線グラフ)またはレーダーチャートを作成したらいかがでしょうか。

 データの加工は、偏差値・達成率・最大値の対する比率などを使って基準を揃え、評価が高いほど値が高くなるように調整します。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q原価になる費用と、販管費になる費用 ルールは?

会社の費用は、原価になるものと、販管費になるものがあると思いますが、どの費用がどちらに分類されるのかというルールはあるのでしょうか?それは何によって規定されているのでしょうか?

Aベストアンサー

>原価

 製品の製造にかかる費用
 材料費、製造に係わる労務費、外注費、製造部門で使う備品費、消耗品費、固定資産の減価償却費、電気代など
 製造に係わる間接要員(管理部門、管理職)の費用も含まれる。

>販管費

 販売や管理にかかわる費用
 営業、総務、経理の労務費や消耗品費やその他
 運送費

 上記の区分けがが基本だと思いますが、会社の考え方や区分けにより若干変ります。
 製造コスト以外を販管費(販売管理費)としています。
 細かいことをいうと、原則、建物費用や電気代、水道代も、製造コストと販管費に分けます。


人気Q&Aランキング