最新閲覧日:

皮膚の特性について、詳しく調べられるURLがあれば、教えてください。
以下のようなことが、調べたいのですが。

(1)皮膚のある(同じ)一点に力が加わり続けた場合、褥創が出来、最終的には潰瘍が出来たり、壊死してしまうと思うのですが、褥創が出来ないようにするためには、どの程度の弱い力でなければいけないでしょうか?(この場合、体位変換は考えないでください)

(2)皮膚組織(表皮+真皮、皮下組織)の機械的特性、強度、伸び、弾性率、硬さ などを詳しく知りたい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご質問は褥創についての院内検討会かなにかに用いられるのでしょうか?


とりあえず、初めのご質問に対して;褥創は皮膚表面よりも骨に近い部分に強く発生しますネ。これは圧力によって骨近くの筋肉の毛細血管が破壊されてしまうことによります。特に高齢者などではクッションとなる脂肪も少なく、体位変換をこまめに行わないと発生率は高くなりますネ。
70mmHgの圧力を2時間以上負荷することによって危険となりますので、それ以下の圧力とすべきですネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「70mmHg」という具体的根拠は、ご経験によるものでしょうか?もし、文献かなにか参考資料がありましたら、
もう一度、教えてはいただけないでしょうか?
教えていただいているのに、申し訳ないですが、出来れば、宜しくお願いいたします。

お礼日時:2001/01/10 19:15

専門的過ぎてどうでしょうね。

そこまでのものだと雑誌として出ているものを探したほうが良いような気がしますが。英語が多少出来れば、下のサイトで探すのも良いかと。

参考URL:http://www.med.toho-u.ac.jp/library/pubmed/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速アクセスしてみます。

お礼日時:2001/01/08 19:58

回答では無いですが、


老婆心ならぬ、老爺心で申し上げます。
URLの紹介でなければいけないのでしょうか?
持っている知識の書き込みではいけないのでしょうか?

この回答への補足

もちろん、ご存知のことを教えていただけますと、とても嬉しいです。ただ、きちんとした、根拠や裏付けも知りたいし、自分でも確認したいので、URLや文献などがあるほうが、よりありがたいのです。

補足日時:2001/01/08 14:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
是非教えてください。

お礼日時:2001/01/08 12:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報