明石元二郎が、日露戦争の折にスパイとして潜入し、フィンランドのカストレンや「戦艦ポチョムキン」のデカンスキーと交渉を持ち革命勢力をバックアップした。と、この程度の概略は知ってますが、以下について教えてください。

・明石のような「日本人」がロシアで行動して怪しまれなかったのでしょうか?日本人とバレないまでも、アジア人がうろちょろしてても目立たなかったのでしょうか?
・具体的にどのような方法でバックアップしたのでしょうか?
・かつてのソ連政府は、明石の協力をどのように見ていたのでしょうか?(特にスターリンは)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

明石大佐が諜報活動を行なったのはロシアではなく、主としてフィンランドのヘルシンキです。

ですからロシア官憲の目は届かなかった筈です。
彼は政府から大金を預かり、これを革命分子に提供することでロシア革命を起こさせようとしました。レーニンも彼から援助を受けたそうです。
ソ連政府はまだ発足していません。帝政ロシアが政権を維持していました。スターリンはまだ下っ端でしたから明石大佐の存在は知らなかったと思います。

この回答への補足

ありがとうございます。
ソ連政府が後世に彼に対して何か評価したり発言で触れたりしたことがありますか?というのが3番目の質問の趣旨です。申し訳ございません。

補足日時:2006/11/19 21:41
    • good
    • 0

>ソ連政府が後世に彼に対して何か評価したり発言で触れたりしたことがありますか?というのが3番目の質問の趣旨です。


 これは失礼しましたm(_=_)m

 一般にスパイを国内で逮捕した場合を除き、諜報活動に対して政府が言及してこれを非難するということはまずやらないのが常識になっているようですね。手の内を知られたくないということなのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、言葉足らずで申し訳ありません。
そういえば他国のスパイを(特にポジティブに)評価するということはそれだけ活動を許したということで、すなわち自国の防諜体制のずさんさを示すようなもんですものね。
「なかったこと」が一番無難なのかもしれませんね(笑)

ついでにお伺いしたいのですが、明石元二郎(=アバズレーエフ)の諜報活動をノンフィクション小説にしたり、ドキュメント風にした本はありませんか?もっと詳細に知りたいと思っています。

お礼日時:2006/11/21 20:20

ロシア革命は共産主義革命が帝政を倒したという姿勢ですから、他国の援助や介入が寄与したなどということは認めない姿勢でした。



後世のスターリンは特にこの態度でした。

ソ連崩壊後ロシアの歴史家は事実として認め始めたと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家系図を作成・・

フリーシフトで家系図の取り込めるものご存知ないですか?
また 流通業の中で個人資料として利用できるフリーソフトありましたら
紹介してください。

たとえば 勤務ローテェーション表・作業ローテェション表・など
どんなものでもかまいません

Aベストアンサー

家系図は完全なフリーソフトではないのですが、体験版で使えそうなのがありました。
機能は制限されるようです。
便利そうなので、私もインストールしました(笑)

参考URL:http://www.incl.ne.jp/fam/simap/

Q日露戦争後の日露関係。

1905年9月 ポーツマス条約調印。
1907年7月には、第一次日露協約。

日本は、戦死傷者約20万人、戦費17億円?を費やし、国民の不満は爆発して日比谷焼き打ち事件も起きています。
それなのになぜ、戦後2年間ほど経つと日露両国は、協約を結ぶほどの関係ができたのですか。
何が両国に協約を結ばせたのですか。
仲直りするには早ければ早いほどよいに決まっている、と思っていますがすっきりしません。
なお、1916年2月2日の読売新聞には、「露から続々と軍器の注文があって、砲兵工廠では昼夜の分かちなく大多忙を極めている…」とあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

主戦場が中国だったので、双方の国民に悪い感情が残らなかったのでは、と思います

Q家系図の信憑性

ある日、うちに家系図があることを知りました。
その家系図の最近のは地方の豪族?地主?藩主?かなんかで、それは信用できると思ったんですが、戦国時代らへんに有名武将の名があり、え?と思いました。で調べてみてもその武将の、うちの家系につながっている息子にあたる人物の名前は見つかりませんでした。
それ以前のは偽造みたいなもんだと思っていますが、その家系図の謎の人物らへんに関してはどうなんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 家系図について

 江戸時代には、仕官するため(家柄が良いと仕官しやすい)に家系図偽造するなどが横行し、家系図偽造の専門家までいました。

 ただ、地方の相当古い名家(室町時代は土豪で江戸時代は大庄屋を勤めたなど)の場合は、ご質問のような事例が時折見られます。

 こう言ったケースでは、かなり信憑性のあることがあるのです。

事例:
 都から有力な貴族が荘園や領地に行き来したり、有力守護大名などが領地を見回ったりした場合、宿屋などはありませんから、その通りがかった村の有力者=土豪の家に泊まることになります。
 その時、土豪の家に年頃の娘が居れば「チャンス!」とばかりに、夜の伽に出されます。
 上手くいって子供ができれば、手紙を出し子供が出来た旨を報告し、生まれれば認知してもらいます。
 生まれた子供が男であれば、貴族・大名の血を引く貴種として、その土豪の家の格を上げ有力なものとすべく当主として育てられます。

 この場合は認知しても、父親にはほとんど新たな義務は生じません。(祝いの品と自分の子供である旨の書付を送る程度。子供の家の方では、忘れ去られてしまうと困るので、毎年付け届けを送るようになり、利益の方が大きいかも。)
 逆に貴族や大名にとって、騒乱などで地方に逃げたり兵を集めるときなど、協力が期待できます。(実際は貴族・大名の子でない場合もあったでしょうが、どちらにもメリットのある話なので、割合簡単に認知したようです。)

このような場合、家系図は・・・?
 
 当然正式な結婚の元に生まれたわけではなく、父親の屋敷に引き取ってもらうわけでもありませんし、このようにして生まれた子供が、その貴族・大名の家系図に載せられることは、ほとんどありません。
 また、その土豪の家系図からはそれ以前の男系は消えてしまい、その大名や貴族の家系図が正規の男系として記録されるようになります。

 家系図について

 江戸時代には、仕官するため(家柄が良いと仕官しやすい)に家系図偽造するなどが横行し、家系図偽造の専門家までいました。

 ただ、地方の相当古い名家(室町時代は土豪で江戸時代は大庄屋を勤めたなど)の場合は、ご質問のような事例が時折見られます。

 こう言ったケースでは、かなり信憑性のあることがあるのです。

事例:
 都から有力な貴族が荘園や領地に行き来したり、有力守護大名などが領地を見回ったりした場合、宿屋などはありませんから、その通りがかった村の有...続きを読む

Q日清戦争や日露戦争は海外ではどのような評価がされているのでしょうか

最近コミックの影響もあり日清戦争や日露戦争に興味お持ち、少し調べたのですが、当然日本側からの見方が大半でした。相手側つまり現在の中国、ロシアはどのようにとらえているのか、特にその国の教科書などではどのように書かれているのか知りたいのですが、
ご存知の方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

中学校の歴史の時間に聞いた話ですが,ロシア人は割と好意的にとらえているらしいですよ.悪い為政者を追い出した日本ということで.
その先生は旅行好きで,現地の人たちともよくコミュニケーションをする方でしたので,信憑性は高いのでは?
中国は分かりません.

Qエクセルかワードで家系図を作りたい

エクセルかワードで家系図を作りたいのですが
なかなか上手く作れません。
どなたか良い見本でもあれば見せてください。

Aベストアンサー

Wordの「組織図」を使うと楽ですよ。

「挿入」-「オブジェクト」-「新規作成」の「オブジェクトの種類」ボックスにある [MS Organization Chart 2.0] をクリックします。

ここにない場合は、[コントロール パネル] の(アプリケーションの追加と削除)でインストールします。

Q(+_+) 日清・日露戦争は、イギリスのかわりに戦った代理戦争?

 日清戦争と日露戦争は、イギリスのかわりに日本が戦った代理戦争、という説があるようですが、これは定説になってるんでしょうか?
 司馬遼太郎さんは明治時代のことにとてもくわしかったそうですが、そのへん、どう見ておられたんでしょうか?

Aベストアンサー

日清戦争についてはその様な事は全くありません。日露戦争については多少その側面があったと言えます。というのは当時イギリスは清国領土内に多大な権益を有していましたが義和団事件以後のロシアの満州不法占拠等の露骨な極東に対する侵略的行動により、それらの権益を脅かされていたからです。その為に光栄有る孤立政策を捨ててまで日英同盟を締結し日本の後ろ盾となったのです。しかしながら日本の戦争目的は朝鮮の安全、ひいては日本本土の安全を確保するというものでした。結果的にはイギリスの権益を守ったという事にもなりましたが、たとえ英国の権益が無くても日本はロシアに対し開戦せざる終えなかったと思われます。但しイギリスとの同盟の存在がが日本にとってこの戦争に踏み切る決断の際大きなウェートを占めた事、またバルチック艦隊の航海を陰に陽に妨害するなど戦局に有利に作用したことは間違い有りません。
司馬遼太郎氏は日清日露両戦争とも帝国主義時代の中で日本が独立国として生きようとしたぎりぎりの状況のなかでの戦争であると考えておられたと思います。代理戦争という捉え方はほとんどされていなかったように思われます。
小説ですが”坂の上の雲”(司馬遼太郎)を読まれたらいかがでしょう。
とのことです。(歴史に詳しい家族より。)

日清戦争についてはその様な事は全くありません。日露戦争については多少その側面があったと言えます。というのは当時イギリスは清国領土内に多大な権益を有していましたが義和団事件以後のロシアの満州不法占拠等の露骨な極東に対する侵略的行動により、それらの権益を脅かされていたからです。その為に光栄有る孤立政策を捨ててまで日英同盟を締結し日本の後ろ盾となったのです。しかしながら日本の戦争目的は朝鮮の安全、ひいては日本本土の安全を確保するというものでした。結果的にはイギリスの権益を守った...続きを読む

Q無料の家系図作成ソフトを教えてください

無料の家系図作成ソフトを教えてください

お世話になります。
自分の親族の家系図を作りたいと思っています。
それほどたいそうなものでなくてもいいので、各自の簡単なデータが入力できて、階層的に管理できるような無料の家系図作成ソフトを探しています。
おすすめのソフトがあれば、お教えいただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

検索しただけですが。(^^;

http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/01/28/kakeizutoolsfree.html
http://evaral.com/kakeizu/
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/home/se445963.html
http://www.vector.co.jp/soft/win95/home/se477463.html
http://www.vector.co.jp/soft/win95/home/se478779.html

同様な質問を見つけました。
http://q.hatena.ne.jp/1256510012

Q日清戦争と日露戦争

日清戦争と日露戦争には相互に関連はあるのでしょうか?

関連があるのでしたらどの様なことですか?

Aベストアンサー

ロシアの南下政策を阻止したい日本が緩衝地帯として、朝鮮半島を自陣に引き込もうとしたのを清が気に入らなくて起きたのが日清戦争。
朝鮮半島を緩衝地帯にし損なった日本が南下するロシアと直接ぶつかったのが日露戦争。

つまり、「南下するロシア」がキーワード。

Q家系図 Pedigree treeを書くソフト

家系図 Pedigree treeを簡単に描けるソフトはないでしょうか。個人使用なので、フリーソフトが好ましいです。お勧めを教えて下さい。ちなみにウィンドウズです。(マックでも良いものがあれば教えて下さい)

Aベストアンサー

フリーではないですがかなり安い(\630)のであまり負担にはならないかと。
試用もできるみたいなので試してみてはいかがでしょう?

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/home/se196628.html

Q日清戦争、日露戦争について

日清戦争、日露戦争について詳しく書いてあり、分かりやすく解説されたホームページを教えてください。
また、分かりやすく解説してくださる方、ご回答お願いします!

Aベストアンサー

日清・日露の遼戦争を歴史の流れから理解し、戦争の推移、展開を概観することは必須ですが、私はこれに加えてこの両戦争を個々の日本国民がどう戦ったか、を是非勉強してほしいと思います。
 ひとつの方向として、戦争中の指揮官や一兵卒が残した戦争の一局面やここの兵士の意識などです。これらの一局面から戦争全体を眺め「帰納法的」なアプローチが、次の意味からも面白いと思います。

 日清戦争の「勇敢なる水兵(黄海開戦)」や日本軍が北京を目指して進軍した際の「雪の進軍」、日露戦争では「橘中佐」「広瀬中佐」「水師営の会見(乃木大将)」など、物語風に作られた素晴らしい「文部省唱歌」があり、感動させられます。これらの唱歌からは兵士たちのいじらしいほどの国を思う気持や意識が伺えます。「年表」だけの戦争では、なんともつまらないと思います。
 今に起こる愛国心の議論なども、我々の先人が日清・日露の戦争をどんな思いで戦ったのか、しかっり見据えた上でやってほしいものです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報