園山俊二さんがかって朝日新聞意に連載していた「ペエスケ」について下記の内容のことをご存知の方、おられましたら教えて下さい。

ペエスケくんと同僚がボーナスを心待ちにしている。それを見た社長は、ボーナスの出費を抑制したいと思い、講師を呼んで社内研修を行なおうとする。講師は和尚さんで、講話の題は「知足について」であった。

上記の内容のマンガの朝日新聞の掲載日、もしくは単行本の第何巻に所収されているか、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

回答が遅くなりました。


さて、表紙見開きの裏に、連載時期について記述がありましたので以下に記します。言葉などはそのままですが、この解答欄は横書きですので漢数字を算用数字に直してあります。

1巻 1982(昭和57)年1月から'85(昭和60)年6月までの分から編集
2巻 1985(昭和60)年7月から'86(昭和61)年12月までの分から編集
3巻 1987(昭和62)年『朝日新聞』連載分から編集
4巻 1988(昭和63)年『朝日新聞』連載分から編集
5巻 1989(平成元)年『朝日新聞』連載分から編集
6巻 1990(平成 2)年『朝日新聞』連載分から編集
7巻 1991(平成 3)年『朝日新聞』連載分から編集
8巻 1992(平成 4)年『朝日新聞』連載分を中心に編集

8巻の巻末にある年譜によりますと、1993年1月20日に園山俊二氏死去。
「ペエスケ」は連載3764回まであったそうです。
実際には8巻の頃にもなりますと殆ど休載の連続でありましたね。

お探しのエピソードが見つかるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。何度もすみません。

1月分から6月分から編集と云う事は、新聞に掲載したマンガが全部単行本に収められていない可能性がある訳ですね。そのことがわかっただけでも大助かりです。あとは何とか時間を作って縮刷版を見てみます。

本当にありがとうございます。心より御礼申し上げます。

お礼日時:2006/11/29 14:56

お礼をありがとうございました。


追加回答遅くなりましたが、一応全8巻ざっと目を通してみました。
関係のありそうなところで。

1巻74ページ
 よそのボーナスはこんなに…いいなあ、とペイスケが寺に写経に行く。
 「たしか去年もこの時期写経にござらっしたのう」と和尚

2巻136ページ
 ボーナスとは関係なし。社員研修で和尚講和。
 ハナシが古臭い、といわれて、ワープロで写経をしてみせる和尚。

3巻39ページ
 社員研修会で座禅。これもボーナスネタではない。肩に打ち据える棒(無知ですみません。なんていうんでしょうね)の握りが甘い、グリップは…と社員で小僧さんにツッコミ。

8巻48ページ
 大家さんが山歩きの折に珍しい山野草を摘んだこと(44ページ)を気にして、旅に出る。笠をかぶり、修行中の坊さんみたいな格好。
 山の中で「知足」について考え込む(1コマ)。家出しワニンとガンコちゃんに出会って「欲もほどほどに」とさとる。

ボーナスネタ、和尚さんネタは結構あるんですが、両方が出てくるねたというのは余りありませんでした。見落としもあるかもしれませんがこれでお役に立つでしょうか。

この回答への補足

わざわざ単行本を全巻お調べいただきましてありがとうございます。

全巻見ても該当するものが無いと云う事は、私の記憶違いでしょうか?

単行本の巻末に、朝日新聞の掲載時期が付いていると思います。ご面倒をおかけしますが、この点についてご教示下さい。あとで新聞の縮刷版で確認してみたいと思います。よろしくお願いいたします。

補足日時:2006/11/25 21:19
    • good
    • 0

懐かしくなって単行本をひっくり返しておりました。



まだ全部チェックしたわけではないのですが、「知足」が出てくるエピソードが一つあります。残念ながらボーナスの話ではなく、大家さんとのハナシですね。

「吾唯足知(われただたるをしる)」という形で出てきました。
単行本6巻138ページ~139ページです。

もう少し読んでみて、街頭のエピソードが出てきましたら追加回答します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にありがとうございます。
「ボーナス」の方もわかりましたら、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2006/11/20 11:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「タッチ」の最終回って感動的ですか?

タッチが人気があるのはわかりました。
次に引っかかっているのが、タッチの最終回がそれ程感動的だったのかという事です。
決定日本のベスト100では、感動した最終回2位だったので…
何度と無く最終回見た事ありますが、最終回の印象が無いのです。

Aベストアンサー

1話からずっと見られてました?
私はかなり入れ込んで見てたものですから、あの最終回にはものすごく感動したんです。
和也の想いと自分の想いの中で、達也がやっと出した答えを声にする重要なシーンです。
まさにこのシーンの為に和也が殺されたといっても過言ではないでしょう。(笑)
あまりのめり込めなかった人には、案外評価は低い作品かもしれませんね。

Q朝日新聞連載漫画、朝刊と夕刊どちらが面白い?

朝日新聞には、朝刊にはいしいひさいち「となりの山田くん」、夕刊にはしりあがり寿「地球防衛家のヒトビト」が連載されていますが、正直、どちらが面白いですか?
私は三十代女性ですが、小さい頃兄の影響でいしいひさいちの「がんばれタブチくん」が大好きで、いしいひさいちの大ファンでした。しかし、となりの山田くんは、あまり面白くありません(特に最近はサッパリ・・・)。地球防衛家のヒトビトの方がずっと面白いです。
ですので、地球防衛家のヒトビトに1票。
年齢・性別を添えて、どちらが面白いか、ズバリお答え頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんにちは。26歳 女性です。
 私は、地球防衛家のヒトビトに1票。断然面白いです。そもそも一般市民なのに地球防衛って何?大真面目に時事ネタに対して何かやろうとしてくれる防衛家のヒトビトが大好きです。四こまの面白さを言葉で説明するのって難しいですが、地球防衛家の方が、時事に対するウィットが効いているというか、新聞の四こまらしい仕上がりだと思います。(山田君は日常ネタが多いですよね。←不満ではないのですが・・山田君も好きだし。)
 でも、夕刊前作のミスターボォ(でしたっけ)がつまらなすぎたので、地球防衛家がそれに比べて素晴らしいものに見えすぎちゃっている可能性も・・

QNHK大河ドラマ『龍馬伝@最終回』の感想

みなさんこんばんは。

私は初めて質問させていただきます。

今日はNHK大河ドラマ『龍馬伝』の最終回です。

NHK大河ドラマ『龍馬伝』最終回をご覧になった方へ感想を募ります。

NHK総合で、先程始まりました。(20時~21時15分までです。)

私はNHKハイビジョンで既に鑑賞しました。

感想をご自由にお書き下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は『龍馬伝』好きでしたよ(^^)
まぁ龍馬伝てくらいだから、主役は格好よく描かれて当たり前でしょう。
ホントの龍馬はどんなだったか、調べてみようと思います(^m^)

ただ、知事選速報には呆れた。。
苦情きて当たり前です(-ω-)

Qこうの史代さんの連載『ぼおるぺん古事記』

こうの史代さんの連載『ぼおるぺん古事記』を、1話から読みたいのですが・・・
「その十二.しにしに」までのバックナンバーしか探せませんでした。


ここにあるよー
or
もう見られなくなったよー


など、ご存知の方、教えていただければ幸いです。


こうのさん作品のファンなので、ぜひとも単行本で刷っていただきたい!と思っています。

Aベストアンサー

単行本が刊行予定です。

こうの先生も書き込みされている、「こうの史代ファンページ
掲示板」で、元日のファンの書き込みに、昨年末に発売された
「太陽の地図帖 出雲」に、カラーの古事記「おとうと」があり、
その最後に来春発売予定と書いてあるそうです。
(その方は来春が1012年か1013年か心配されていますが、
私は昨年末の来春なので、この春だと解釈しました。)

ググってみたら、他にも同様の記述があり、現在は前半終了
で連載お休みですが、神代編だけ全3巻の予定らしいです。
平凡社サイト以外は違法UPなので、単行本を待ちましょう。

平凡社「別冊太陽 太陽の地図帖11 出雲」
http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/viewer.cgi?page=browse&code=945040

【こうの史代ファンページ掲示板】
(2012年1月1日の書き込み)
「太陽の地図帳」に話は戻りますが、「おとうと」の最後に
「ぼおるぺん古事記を来春に刊行する予定」とありました。
http://6404.teacup.com/kouno/bbs?page=1&

単行本が刊行予定です。

こうの先生も書き込みされている、「こうの史代ファンページ
掲示板」で、元日のファンの書き込みに、昨年末に発売された
「太陽の地図帖 出雲」に、カラーの古事記「おとうと」があり、
その最後に来春発売予定と書いてあるそうです。
(その方は来春が1012年か1013年か心配されていますが、
私は昨年末の来春なので、この春だと解釈しました。)

ググってみたら、他にも同様の記述があり、現在は前半終了
で連載お休みですが、神代編だけ全3巻の予定らしいです。
平凡社サイト以外は違...続きを読む

Q最終回が好きな漫画

オススメの漫画をお聞きしたいのですが、漠然に聞いても悪いので、「最終回が良い漫画」を教えてください。
また、ネタバレしない程度に、理由も教えていただけると嬉しいです!

ちなみに今のところ私が好きな漫画の最終回は、「うしおととら」、「からくりサーカス」や「ラフ」などです!

少女漫画は読む習慣がないので、少女漫画以外だと尚嬉しいです!

Aベストアンサー

うしおととらの最終回、いいですね。

少年サンデー系は、打ち切りが少ないイメージなので、だいたいきちんとした最終回ですね。

「GS三神」も、打ち切りでない終わり方ですので、オススメです。おもしろかったなあ・・・
あとは、「お茶をにごす」も好きです。「天使な小生意気」も良いです。ちょっとヤンキー路線になりますが同じ作者の「今日から俺は!!」も好きです。

結局、余裕ある最終回のまんががきちんとしていておもしろいんですよね。

サンデーの作品を挙げられているので、どれもご存知かとおもいますが・・・

少女まんがでも、恋愛要素のあまり無い「BASARA」も、最後まできちんと描かれているのでおもしろいですよ。

絶版だったのが4年前くらいに文庫全3巻で出た「SWEET三国志」の最終回も大好きです。全編ギャグだったのにすごく泣けます。三国志しらなくてもオススメです。コンパクトにまとまっていながら、コアファン向けの三国志ネタももりこまれていてニヤリとできます。

うる星やつらの最終回も良いですね。
サンデーばかり・・・笑
いかにジャンプ作品の最後が印象に残らないかが伺えますね・・・連載時は大人気でも、人気がなくなったら打ち切りなので作者が一番描きたいもの(最後にもっていきたかった落としどころ)が描けないで終わってしまうのだと思います。

はーーー・・・おもしろかった・・・
と最期に思えるまんがって貴重ですね。
ダイの大冒険も最後は打ち切りなので(最終章手前で終わっています)、最終章まできちんと読みたかった・・・

うしおととらの最終回、いいですね。

少年サンデー系は、打ち切りが少ないイメージなので、だいたいきちんとした最終回ですね。

「GS三神」も、打ち切りでない終わり方ですので、オススメです。おもしろかったなあ・・・
あとは、「お茶をにごす」も好きです。「天使な小生意気」も良いです。ちょっとヤンキー路線になりますが同じ作者の「今日から俺は!!」も好きです。

結局、余裕ある最終回のまんががきちんとしていておもしろいんですよね。

サンデーの作品を挙げられているので、どれもご存知かとおも...続きを読む

Q’99年頃、講談社の「Kiss」連載のもりたゆうこ『DESTINY』について

こんにちは。

7年くらい前に講談社の漫画雑誌「Kiss」に連載されていた、もりたゆうこの『DESTINY』のストーリー&結末を教えて頂けないでしょうか。

もうすぐ30歳になろうとしている、つまらない男にばかりひっかかっていて、借金取りにも追われているキャバ嬢が主人公。
彼女が突然18歳の姿になって当時にタイムスリップしてしまい、人生のやり直しをするという話です。

あの当時「Kiss」を毎号読んでいたのですが、何かしらの拍子に『DESTINY』連載途中に読むのを止めてしまいました。
なので、その後のあの物語の展開については何も知らないのです。

私が覚えているのは、18歳の姿で当時に戻った主人公が、「キムタク」がモチーフになっていると思われる(笑)アイドルと、結構いい感じの仲になるところまでです。

気になるのなら、コミックを買って読めばいいのですが、そこまでしようとは思わなくて、ただ、その後のあらすじと結末が判ればいいのです(すみません‥汗)。

今日、久しぶりにふっと思い出して気になりましたので、質問させて頂きました。
ご存知の方おられましたら、よろしくお願い致します。

こんにちは。

7年くらい前に講談社の漫画雑誌「Kiss」に連載されていた、もりたゆうこの『DESTINY』のストーリー&結末を教えて頂けないでしょうか。

もうすぐ30歳になろうとしている、つまらない男にばかりひっかかっていて、借金取りにも追われているキャバ嬢が主人公。
彼女が突然18歳の姿になって当時にタイムスリップしてしまい、人生のやり直しをするという話です。

あの当時「Kiss」を毎号読んでいたのですが、何かしらの拍子に『DESTINY』連載途中に読むのを止めてしまいました。
なので、そ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
うろ覚えですが(どこかに本はあるはずなのですが・苦笑)…。
主人公は結局、彼の将来の事を思って、ひどい言葉を吐いて彼とは別れます。
その後、ライバルだった女の子にアドバイスしてその子を売り出す事が出来たのを切欠に、芸能プロダクションを始めます。
その手始めに、街で声をかけてきたニートっぽい青年を一生懸命口説いて、ついには香港でアクションスターとして売り出すのに成功します。
彼を看板スターに会社は成功し、彼女は社長として頑張ります。
ですが、現実の時間に近づいていくにつれてアイディアの貯金が無くなり、実は好きだった看板スターも事故で行方不明になり、歯車が狂い始めてついにあの時と同じ日、会社は乗っ取られ、何もかも失った上に、借金取りが現れます。
結局また、振り出しに戻るの?と思った彼女の元に、学生時代の二人の友人や誤解を解いたアイドルや、彼女のお陰で売り出せた元ライバルの女の子が現れ、代わって借金を払ってくれるのです。
そして、再び一からの出発を決意した彼女の元に、怪我でしばらく身動き出来なかったという看板スターが現れて、プロポーズ、というところで終わります。

…こんな感じで大丈夫でしょうか?(^_^;)説明が下手ですみません。

こんにちは
うろ覚えですが(どこかに本はあるはずなのですが・苦笑)…。
主人公は結局、彼の将来の事を思って、ひどい言葉を吐いて彼とは別れます。
その後、ライバルだった女の子にアドバイスしてその子を売り出す事が出来たのを切欠に、芸能プロダクションを始めます。
その手始めに、街で声をかけてきたニートっぽい青年を一生懸命口説いて、ついには香港でアクションスターとして売り出すのに成功します。
彼を看板スターに会社は成功し、彼女は社長として頑張ります。
ですが、現実の時間に近づいてい...続きを読む

Q東京DOSC 最終回の最後の台詞

最後の飛行場での場面で、由岐ちゃんが抱き投げられたあとの
由岐ちゃんの台詞は何と言っているのでしょうか?

(1) 「最後に投げられた~女の子なのに」
(2) 「最後に投げられた~女の子だとし」ってるのに~(途中でカット)
(3) 「最後に投げられた~女の子なのし」ってるのに~(途中でカット)

意味的には(1)だとは思うんですが、音的には(2)に聞こえてしまいます。
実際はどうでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは♪
私には(1)に聞こえました。
ただ、投げられた痛みで、苦しみながらのセリフなので
違う聞こえ方がするのではないでしょうか。

Q『サファイアブルーハムスター』『王子』『変身』のキーワードの少女マンガのタイトルと作家さんを教えてください

『王子』が呪い(?)で『サファイアブルーハムスター』に変えられてしまい、女の子のキスで人間に戻れるという少女漫画のタイトルと出版社、作家さんを探しています。
『王子』には妹がいて、その子も『ハムスター』になる呪いを受けています。王子様と呪いを解ける女の子は恋人同士だった気がします。
女の子と王子様は同居していました。何回か連載していた記憶があります。
2,3年くらい前だった気がするのですが。雑誌に掲載されていてそれから、見なくなってしまったので単行本を探したいのですが、雑誌名も何も覚えていなくて。情報が少ないのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自信はないけど「不思議の国でCHU」(一綺サチア)かも。

参考URL:http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=07101596&introd_id=Xmo46WkGo3619m9ki81GiGX166G43868&pg_from=u

Qドラマ「誰にも言えない」の最終回について

動画で15年前にやっていた「誰にも言えない」というドラマを見ましたが最終回だけまだアップされていないので見れません。
最終回の内容を知りたくて投稿しました。
最終回は加奈子とマリオはどうなったのでしょうか?

Aベストアンサー

昔見ただけなので、おぼろげなのですが・・・・
 監禁されたマンションの部屋にまりおさんが火をつけて、加奈子と心中をはかる。
 加奈子「こんなことしたら、あなたのお父様、冬彦さんが悲しむわ!」と泣きながらまりおさんに訴える。
 それを聞き、「なぜ僕の父さんの名前を知ってるの!!加奈子、何故なんだ。」
 加奈子泣き崩れてその場でなかなか言えない・・・
 でも、結局告白する。
 加奈子「あなたのお父さんと私のお母さんは結婚していたの。私にはね、兄がいたの。その兄はあなたにそっくりだった。私はあなたを最初に見たとき、兄を思い出したのよ。」
 かつて加奈子の母親は、冬彦という男性と結婚していたが、離婚して昔の恋人(大岩洋介、つまり加奈子の父)と再婚。その時すでにおなかには冬彦の子供がいたが、大岩洋介はその子供ごと受け入れた。
 そして、数年後二人の間に加奈子が誕生。
 つまり、まりおと加奈子は異父兄弟。
 それを知ったのは、加奈子が中絶手術をし、体と心の痛みを癒すために一旦仕事を辞めて実家に帰ったときに
母に告白した事で分かった衝撃の事実だった。

 そしてまりおは、美和(加奈子の母親をが忘れられなかった冬彦が、
美和そっくりの女性と再婚して産まれた子供だったのだ。
 それをしったまりおは、ようやく加奈子を諦める。
 そして、そんな夫を非難することなく、妻は彼を暖かく守りたいと思い、夫婦は元のさやに。最初は義理のお母さんに厳しくいわれるも、二人は一緒に暮らす事に。
 加奈子は以前の中絶のせいで、子供が出来にくい体になっていたが、
懸命に病院に通い、また落ち着いた生活の中で暮らすうち、妊娠そして双子の女の子を出産。一方まりおの妻も出産するが、出産後すぐに病院から告知される(告知のシーンは医者が具体的にどうのこうのいったのではなく、妻が何かを言われてがっかりというかちょっと遠くを見つめる目をした演技だけだが、それだけでも「あ、何かあったな」と思わせるものだった)。
 それから何年か経ち、海の近くで偶然、まりお夫婦とその息子、加奈子と娘達が出会う。
 妻は気を利かせて、その場を離れる。その際に二人で会話。そして穏やかに話し合う。まりおはつきものが取れたように穏やかな顔になっていて、妻や子供を愛してるし、大事にしてるという。ただ、息子に障害があってそれが気がかりだと。義理の母もその息子をとても可愛がってくれるとも話す。それを黙って聞く加奈子。
 場面変わっていよいよ最後のシーン。
 障害のある息子は自分で歩く事も出来ない。
 が、加奈子の娘達が砂浜をはしゃぐのをみているうちに、最初の一歩を踏み出す。涙を抑えきれないまりおの妻。
 希望を感じさせるシーンで終わりました(^_^)

昔見ただけなので、おぼろげなのですが・・・・
 監禁されたマンションの部屋にまりおさんが火をつけて、加奈子と心中をはかる。
 加奈子「こんなことしたら、あなたのお父様、冬彦さんが悲しむわ!」と泣きながらまりおさんに訴える。
 それを聞き、「なぜ僕の父さんの名前を知ってるの!!加奈子、何故なんだ。」
 加奈子泣き崩れてその場でなかなか言えない・・・
 でも、結局告白する。
 加奈子「あなたのお父さんと私のお母さんは結婚していたの。私にはね、兄がいたの。その兄はあなたにそっく...続きを読む

Q朝日新聞掲載のサザエさんで、「養殖魚と抗生物質残留」についての漫画を探しています。

 朝日新聞に掲載されたサザエさんの4コマ漫画で、「抗生物質が残留している養殖魚(ハマチ?)」が取りあげられたことがあります。養殖魚に抗生物質が大量に使われているというニュースが出たころ、「風邪をひいたら医者に行く替わりに、養殖ハマチの刺身を食べれば良い」、というような内容でした。
 もう一度見てみたいので、掲載された朝日新聞の日付か、サザエさん全集でしたら何頁に載っているのか、どなたか判りましたら教えてください。よろしくお願いいたします。 

Aベストアンサー

私の覚えている限りでは、その話は「サザエさん」の話ではありません。
同じく朝日新聞に連載されていた、「フジ三太郎」のエピソードです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報