これからヴァイオリンを習おうと思っている、28歳の初心者です。

昨日、ヴァイオリン教室の体験レッスンに行ってきました。
そしたら、昨日行ったところは、慣れるまで指板に黄色いビニールテープを、ギターのフレットのように細く貼ると言うのです。
取れるまで大体3年、飲み込みが早くて2年かかる、と言われました。
私としては、大事な楽器にあまりシールやテープを貼りたくないのですが、どこもこんな感じなのでしょうか?
3年も貼っていたら、剥がしたとき汚なくなっていそうですし…。

もし指板にテープを貼って3年後に剥がしたとき、汚くなっていたとしても綺麗に出来るものなのでしょうか。
それと、大人から始める初心者としては、やはりこのような手段を取った方がよろしいのでしょうか。
私は一応昔フルートをやっていたため、全く音感がないわけではありません。
どうか皆さんのご意見をお聞かせください。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は大学に入ってから初めて弦楽器に触りました。

パッセージがそれほど難しくないのでビオラをやりましたが、音程を覚えるのに1ヶ月とはかかりませんでした。確かに毎日練習していましたのでバイオリン教室のように週に一度のレッスンとは違うとは思いますが、それでも2~3年というのはちょっと大げさです。
確かに、人によっては1の指のポジションに1カ所丸いシールをはる人もいますが、慣れれば必要ありません。
もし、貼るのでしたら、ポストイットのようなはがれるシールのほうが楽器を痛めずに済むと思います。
音感があるひとでしたらシールに頼らず、自分の耳に頼った方が上達も早いと思います。
一年やって音程も取れない、ビブラートもできないようでしたら、好きで楽器を弾くのはやめた方がよいかもしれません。好きでやる人はそれだけ上達もはやいですし、先生さえ良ければ2~3年で一通りの曲(簡単な)は弾けると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっぱり、貼るにしても2~3年は長すぎますよね。
その先生には、「音程がしっかり取れるようにするまで、絶対に剥がさせない」とまで言い切られてしまったので、それもちょっと反感と戸惑いを持ってしまった原因かもしれません。
経験者の方のご意見、大変参考になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/04/19 18:25

私は26才でヴィオラをはじめましたが、最初は貼りました。


2~3年っていうのは大げさなような気もしますが、大人になってから
はじめる人のレベルは様々なので、先生も誇張したかもしれません。
それに、ちゃんと練習してると、テープなんて剥がれてしまいますよ。(^_^;)
心配でしたらメンディングテープがいいと思います。
(質の悪そーなテープはやめましょう。)

私はアマチュアのオーケストラで管楽器を吹いていたので、それなりに音はとれましたが、正確な音程で弾くことは大変だなぁと思います。(アマチュアだと、10年以上楽器経験があってソロやるような人でも音程が怪しい人、いっぱいいます。私も含めてですが。)

テープは音程を取るため、というより、安定した手のポジションを身につけるためと私は考えてます。手の形がくずれると、正確に音をとるのは大変です。
演奏していると、はずした音はわかったとしても、弾き直せないですよね。

社会人だと音を出せる時間は限られていて、学生さんのようには練習できないと
思いますけど、頑張ってください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

メンディングテープという手もありますね、なるほど。
音程を取るためというより、安定した手のポジションを身につけるため、というご意見、大変勉強になりました。そういう意味もあるのですね。
非常に参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/04/19 18:29

そもそも指板なんか見ながら弾く物では無いですし、


逆に目で場所を覚えて弾くようだと却って害になると思います。

中学の時に学校のオーケストラにいましたが,
どんな初心者でもテープを貼っている人は皆無でしたし、
めったなことでは見かけませんね。

当時はフルートやってましたが、
その10数年後(笑)にバイオリンだの、ビオラだの始めてます。
勿論、テープをはろうなどと考えたこともありません。
大人の初心者にも多分2~30人は会っていると重いますが、貼っている人はいませんでした。

私としては貼らない事を薦めますし、
貼るような指導をするところで習わないことをお勧めします。


あと、私のように(笑)音程があやしい場合は、
テープ程度の大雑把な物では役に立ちません(^^;;
もっと微妙な物です。


私に言わせれば,2年もテープを貼っているのは
教え方に問題があるか,練習をちゃんとしていないか、
テープを貼ったため目で音程をとろうし、目でテープを
確かめないと音が出せないというような悪い癖がついたか
あたりだろうと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>そもそも指板なんか見ながら弾く物では無いですし、
>逆に目で場所を覚えて弾くようだと却って害になると思います。

とても説得力のあるご意見です。

また、最後の方のご意見も、肯けるものがあります。
1年たってもA線とE線しか弾かせない、とも言われていたので、余計に「そんなものなの?」という戸惑いもありました。
大変参考になりました。これから別の教室も色々探してみたいと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/04/19 18:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイオリンとヴァイオリン

カタカナ表記の場合、例えば、バイオリンとヴァイオリンではどちらが好きですか?

Aベストアンサー

バイオリン

好きというか、辞書に載ってる方で統一しとかないと、webなんかの検索で不便ですので。

Qヴァイオリンとかにはフレットがないのにギターにはフレットがあるんですか

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなどクラシック音楽で使われる弦楽器はフレットがありません。ジャズベースとかもありません。しかしクラシックギターを含め、アコギ、エレキギターなど全てにフレットがついています。なぜギターにはフレットがあってヴァイオリンなどはフレットがないんでしょうか?素朴な疑問ですかちょっと気になったのでお伺いします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギターの場合、フレットが無いとピッチ(音程)が狂うからです。

もちろんヴァイオリンでも正確に押弦しないとピッチは狂ってしまいますが、弓で弾くヴァイオリンなどの場合、ギターに比べてピッチを戻すことが比較的容易です。

ギターの場合は、基本的に「弦をはじく」ことによって音を鳴らしますので、鳴らしてしまった後にピッチを正確に持っていくことは出来ません。
(例えばコードストロークをイメージして下さい。6本の弦を瞬間的に鳴らしますよね。)
鳴らした瞬間に正確なピッチでないと超音痴な楽曲になってしまいます。

ヴァイオリンなどの場合は、スライドやビブラートを多用します。

このようなこともフレットのあるなしに関係しているのではないでしょうか。

Q外来語などのカタカナ表記について(バイオリンはヴァイオリン、スイーツはスウィーツ)

こんにちは。
以前から少し気になっていたのですが、

バイオリン→ヴァイオリン
スイーツ→スウィーツ
バレンタイン→ヴァレンタイン
コスメチック→コスメティック

のように、書き方を複雑にするのは何故なのでしょうか?
(英語の綴りのせいなのでしょうか・・・)
これから先は、ゼリーがジェリーになったり(ほかに例が思いつかなくて恐縮ですが)するものでしょうか?
また、そのように表記しても、実際にヴァイオリン、やヴァレンタイン、と発音するのは気恥ずかしいものもあるし、そうやって発音している人もあまり見たことがありません。
書くのもほんの少しですが後者のほうが面倒になるし、発音も前者ですることが多いのだから何もわざわざ「ヴァイオリン」等という表記をする必要はないと思うのですが、なぜそうなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

一種の流行ないし政治的などの理由による部分もあると思います。
つまりここのところ原語主義が徐々に優勢になってきています。
ですから、地名や人名については特に原語の発音に近いものを採用する事が多くなってきています。この事からの派生として、一般的な言葉も原語に近い発音で書く、というのが当世の流行でもある、ということでしょう。
ただし#3さんがおっしゃるようにいささか無意味に原語に近いことに拘りすぎる場合もあるようです。
このあたり難しいわけで、もともと外国の言葉であるから、片仮名で正確に表す事そのものが不可能なんですね。おまけに商業的な場で最近とみに外国語、特に英語が乱用される傾向があり、このこともまたVの発音などに関する問題に拍車をかけていると思います。
といってviolinと書くのもそれこそ衒学趣味になるでしょう。
ということで、慣用や伝統がある場合はそれに従い、特に歴史的・政治的などの理由がある場合は原語(に近い発音)で、また決まった書き方が無い場合はどっちでもいい(まああえてあげつらうのもいかがなものかと)が、可能ならむしろ日本語に訳すほうがいいのではないか、と思います。バイオリンは・・・私もヴァイオリンと書く事が多いです。有名なヴェルレーヌの詩(訳詩)でヴィオロンとあるのにひかれてのことなのですが。ヴァレンタインもね、もともと歴史的にはウァレンティーヌスさんが亡くなった日でして、このあたり人名なのでやはり原語に近い方が良いようにも思います。善し悪しまで言うことも無いでしょう。逆に野坂昭如「エロ事師たち」のなかにパンティーをパンテ(だったかな?うろおぼえ)と発音することでわざと猥雑な感じを出している場面がありました。これなど逆にティという書き方でないと通らないでしょう。お茶のティーもそうですね。結論としては拘るほどの事でもないんじゃないか、というしょうもない落ちになってしまいますが・・・・

一種の流行ないし政治的などの理由による部分もあると思います。
つまりここのところ原語主義が徐々に優勢になってきています。
ですから、地名や人名については特に原語の発音に近いものを採用する事が多くなってきています。この事からの派生として、一般的な言葉も原語に近い発音で書く、というのが当世の流行でもある、ということでしょう。
ただし#3さんがおっしゃるようにいささか無意味に原語に近いことに拘りすぎる場合もあるようです。
このあたり難しいわけで、もともと外国の言葉であるから、片仮...続きを読む

Qエレキギターの12フレット以降の指使いについて

エレキギターの12フレット以降は1フレットに指ひとつという、具合にするのですか。(4フレットあれば人差し指から小指、一本ずつを当てるという具合に)。ローポジションではそういう具合にしてるのですが。何か窮屈な感じです。

Aベストアンサー

はじめまして。

>4フレットあれば人差し指から小指、一本ずつを当てるという具合に

例えば12フレットから13,14,15と弾く場合はもちろん人差し指から小指で弾きます。しかし、12フレットから14,15と弾く場合は人差し指、中指、薬指で弾いても構いません。むしろその方がフレット間の狭いハイポジションでは効率が良く、余った小指が自在に移動できるのでフレーズのバリエーションが増えると思います。さらに、チョーキングやビブラードにしても小指より薬指の方でしっかり力が入るので、私の場合ハイポジションでは人差し指、中指、薬指を多用することが多いように思われます。

私はプロではないので参考になるかどうかは分かりませんが、少しでもmddisk123さんのお役に立てればと思い回答させていただきました。

もし質問の意図と回答が違う場合は申し訳ございません。

Qヴァイオリンとバイオリン?

例えばコンピューターとコンピュータで検索結果の件数が違うのは長音の問題によるものですが、
ヴァイオリンで検索するのとバイオリンで検索するのでは検索結果として表示される件数に違いが出ますが、これはどういったことが問題でこうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

#3ですが以下のQ&Aを参考になさって下さい。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=557499

Qフレットを押さえる時指が震えてしまいます

ギター初心者です。フレットを押さえるなどに押さえている指も、押さえてない指もぷるぷると震えてしまいます。これは握力が足りてないということなのでしょうか(´・ω・`)...

Aベストアンサー

おじさんです。
「押さえている指も、押さえてない指もぷるぷると震えてしまいます」
→その状況がよく分りますよ。
私もギターを50年以上やっていますが、練習をしない期間が長いとそういう状況になります。
「これは握力が足りてないということなのでしょうか」
→これは握力だけの問題ではありません。
手の指にも筋肉がありますし、腱もたくさんあります。
それら指や腕なんどの筋や腱の全体が弱いからです。
毎日正しいトレーニングを続けると徐々に解消していきますよ。

Q「ヴァイオリン」と「バイオリン」について

violin をカタカナで表す時に、
ヴァイオリン、バイオリンというのがそれぞれ混在しているように思います。
たとえば、goo のサイト検索なんかでやってみても、
どちらかがメインとかいうことでもないような気がします。

たとえば文部科学省の教育指導指針(?)であるとか、
新聞での用語に関するルール(?)なんかで、
こういった関係のことが何か取り上げられているというようなことはありますでしょうか?
もし、歴史的な経過などについてもお分かりでしたら、その辺りも含めてよろしくお願いいたします。

国際化への対応や子供の教育面などから捉えると、個人的には、
このようなケースでは「ヴァイオリン」に統一するような方向が
あっていいようには思うんですが。

Aベストアンサー

外国語の発音をVだけヴで書いて安心しても何の意味もありません。Th、siも日本語にない音です。混在しているのは
先輩達が使って定着したヴァイオリンなどが残り、新しい単語はバケーション(Vacation)のように無視して表記したりVirus(ウイルス、ビールス )のように適当に書かれるからでしょう。その外来語が何語を通じて日本に定着したかによっても表記が違ってきます。

子供さんには両方の書き方があることを説明の上、我家ではVはヴァ、ヴィ・・と書くと教えればよいと思います。

Qウクレレ4弦の3フレットと4フレットが同じ音に

趣味で弾く程度のウクレレを独学でやっています。

最近、4弦の3フレットを押した音と4フレットを押した音が同じようになってしまいました。
(添付動画の通りです。)

楽器屋に見てもらうのが良いとは思うのですが、ウクレレはハワイで買ったものであり
また家の近くに楽器屋もなく、見てもらえるかどうかもわからないので、少し困っています。

もし個人で何か対処できる方法がありましたらご教示頂ければ幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=rCzTa3e3zz4

Aベストアンサー

これは、LOW-Gチューニングですね。第4弦がスタンダード(レギュラー)チューニングよりも1オクターブ下でOKです。
第三フレットが低いか、第四フレットが高いかということで、第三フレットを押さえても、第四フレットを押さえても、結局第四フレットの頂上が弦にふれているという現象ですが、根本的にブリッジ(サドル)が低い場合が大半です。木の板か、牛骨の板、あるいはプラスチック製のサドル材を買ってきてヤスリで調整して作り直すのが本来ですが、素人には難しいです。ハワイで数千円で買われたものなら、楽器というよりおみやげ物なので、そのような物が多いです。修理費のほうが高くつくので、ウクレレが好きになったのなら日本製の購入を考えたほうが良いと思います。ハワイで5~6万円出して購入された本格品なら、楽器屋さんでそれなりの費用で修理調整をされたら良いと思います。コアロハ、カマカ、Gストリング、というのが量産のハワイブランドの御三家ですが、現地では調整はよい加減で、正規に輸入されたものは、販売する問屋さんや楽器やさんが調整してから店に出しています。
ちなみに、「Low-Gチューニング」はオータ・サンが始めたチューニングで、どこでも通用しますが、「ハイGチューニング」という言い方は、日本人の恥ずかしい間違いで、ウクレレがギターの人に馬鹿にされる一因でもあります。ギターではダウンチューニングがありますが、レギュラーチューニングを「アップチューニング」とは言いません。本来のチューニングに対してLowがありHighがあるので、普通のチューニングは「スタンダード」または、「レギュラー」という言葉が正解です。
「ハイジー」という言葉が蔓延してきているので、阻止しようとしていますが、力が及びません。

これは、LOW-Gチューニングですね。第4弦がスタンダード(レギュラー)チューニングよりも1オクターブ下でOKです。
第三フレットが低いか、第四フレットが高いかということで、第三フレットを押さえても、第四フレットを押さえても、結局第四フレットの頂上が弦にふれているという現象ですが、根本的にブリッジ(サドル)が低い場合が大半です。木の板か、牛骨の板、あるいはプラスチック製のサドル材を買ってきてヤスリで調整して作り直すのが本来ですが、素人には難しいです。ハワイで数千円で買われたも...続きを読む

Q学校ではどんな風に教えてますか?(「ヴァイオリン」or「バイオリン」)

別のカテゴリーで、たとえば violin をカタカナで表す時に、
「ヴァイオリン」と「バイオリン」のどちらが良いとされているのかをおたずねしました。

平成三年の「内閣告示第二号」によると、
原音や原つづりになるべく近く書き表そうとする場合には「ヴァ」で、
これらの仮名を用いる必要がない場合は,一般的に,「バ」で書き表すことができて、
ということのようです。

----
こちらでのおたずねですが、
実際の学校の現場では、どのように教えられているんでしょうか?

それと、学習指導要領とかには、その辺のことについて何か記されて
いたりするんでしょうか?

Aベストアンサー

小学校では「バイオリン」、中学校から「ヴァイオリン」になると聞いたことがあります。
というのは、「バ」と「ヴァ」の使い分けの前提となる、アルファベットや英単語の正確な発音を習うのは中学校からですので、小学生には教えられないからです。

Q1月下旬からヴァイオリンを始めました。 クリスマスプレゼントで買ってもらったヴァイオリンで、最初は音

1月下旬からヴァイオリンを始めました。
クリスマスプレゼントで買ってもらったヴァイオリンで、最初は音すら出なかったんですけど、今は音は綺麗に出てるんです。
けど、伸ばす音とかプロの人はなんか弦をササササって指でこすってるじゃないですか。
あれがどうにも上手く出来なくて・・・。
教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

1月下旬から始めたばかりなら、まだ音や音階の練習に集中したほうがよさそうな気がしますが。
きちんと教本や動画を順番に学ぶなど…

伸ばす音をプロの人が指でササササってこする
→すでに意味不明です。

まさか「ビブラート」のことでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=QhLSRtjdClo

https://www.youtube.com/watch?v=uB6k31OggWI

https://www.youtube.com/watch?v=mkoSg7IAF-s


音のきれい、も本人判断だとあやしいのですが
まず普通に運指できちんと抑えることができ、音階ができたり、音程が正確であること
ある程度弾けてからのほうがいいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング