事前の宣戦布告なしの奇襲攻撃で戦争がはじまる例は戦史上いくらでもあるのに、なぜ真珠湾攻撃だけが「だまし討ち」として批難されるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

相手国との外交交渉中に奇襲攻撃をかましたのは、戦史上、日本が最初で最後です。


これは、まさに「だまし討ち」といえるでしょう。

ご存知だとは思いますが、おさらいのため当時の流れを記しておきますと、
当時の日本は、アメリカの経済制裁で屑鉄や石油が入らなくなり、ヒイヒイ言っておりました。このままではジリ貧の為、1941年初頭からアメリカと経済制裁解除のための交渉を始めます、日本側のぎりぎりまで妥協した提案(乙案、11月20日)に対する米側の対案(ハルノート、11月27日)が提示され、アメリカ側としてはその返答を待っているところでした。
本来であれば、日本は最低でも攻撃前に交渉決裂を通告しなければなりませんでしたが、それすら行なってません。真珠湾攻撃が問題視されるのは「宣戦布告が無かったこと」ではなく「交渉打ち切りの通告が無かったこと」が大きな理由です。

例えるならば、笑顔で握手をしようと手を差し延べながら、いきなり顔面パンチを喰らわすようなもので、こんなことをされればどんな相手でもブチ切れるのは当たり前な事です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

なるほど。長年の疑問が晴れました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/27 23:16

当時 太平洋への侵略の足掛かりの欲しかったアメリカは


反戦ムードでいっぱいの世論を変える為に 真珠湾攻撃を騙まし討ちと称しました
アメリカは最初から 和平交渉などする気は無く 
経済封鎖、排日移民法など 日本と日本人を痛めつけ
最後まで譲歩案を出し続けた日本に対し
ハルノート(日本の外地における利権を全て放棄)を突きつけました
当然 そんな要求は飲めるはずも無く 日米開戦となりましたが
日本軍の暗号は筒抜けで 米軍はその主力を移動させていました
さらに 宣戦布告が手続きのミスのため 真珠湾攻撃の後となってしまい
戦意抑揚の為に まんまと利用されたわけです
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2006/11/27 23:15

確かどこかの本で書いてあったのをうろ覚えで書かせてもらいますが…。



☆日本が出した宣戦布告文(最後通牒)をアメリカ駐在大使陣が翻訳に手間取り、提出が遅れてしまったため、日本の機動艦隊が真珠湾に奇襲をかけた時間と宣戦布告受諾の時間差が生まれてしまったので、「宣戦布告前のだまし討ち」となった。
☆アジアの権益を欲しがっていたアメリカが「正義は我にあり」という大義名分を欲した為、難癖をつけた。

この2点が真珠湾攻撃がだまし討ちと言われた原因だったと思います。

まぁ…「歴史は勝者が作る」という言葉もありますし、何処までが真実かわからないですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2006/11/27 23:13

そ~いえば, アメリカ海軍上層部は「真珠湾への戦艦の移動」に反対してたらしいです. 「なんであんな (防御がほとんど不可能に近い)

ところに戦艦をわざわざ動かすのか」ってことですね. でも, 最高司令官がそう命令しちゃったんです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2006/11/27 23:14

アメリカの昔からの手口です。



 リメンバー・ロスアラモス…アラモ砦を忘れるな!
メキシコ領テキサスにあったアラモ砦に米国人が立て篭もり玉砕
それの報復攻撃としてサン・ハシントで行われた戦いの時の合言葉

 リメンバー・フォートサムター
アメリカ合衆国から脱退したサウスカロライナの町チャールストンの沖にある砲台に米軍が撤収せず立て篭もり、南軍によって強制排除された。米国はこれを合衆国への攻撃として南北戦争を起こした。その時の合言葉

 リメンバー・メイン
ハバナ港に停泊していた戦艦メイン号が爆沈を起こした。これはスペインによるテロと勝手に断定し、スペインと戦争を行った。その時の合言葉。

 リメンバー・ルシタニア
1914年に米国移民船『ルシタニア』号がドイツ海軍によって誤って撃沈された。1917年に対独宣戦布告する理由として取り出された合言葉。

 リメンバー・パールハーバー
日本軍が宣戦布告の1時間前に空襲したことをだまし討ちとし、対日戦決議に持っていくための合言葉。

 リメンバー911
ご存知の通りです。

真珠湾攻撃をだまし討ちとしとかなければ対日戦争への正統性根拠がなくなるのです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2006/11/27 23:14

「トラ、トラ、トラ」や、「パールハーバー」という、映画を見てください。


感情として、理解できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2006/11/27 23:14

基本的に「宣戦布告の有無」はだまし討ち云々とは関係ありません。



簡単に言えば「最終的にアメリカが勝ったから」としか言いようがありませんね。これが逆(アメリカが攻撃した側)であれば、アメリカは何も言ったりはしません。それはハワイの占領政策を見てもよくわかる。

結局のところ「戦争などに正義はなく、勝った物の言い分だけが後で正義と定義される」だけなのです。それだけ。これはもちろん、アメリカと日本が入れ替わっても同じですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2006/11/27 23:14

NO,3同様、「正義の大義名分」が必要であった。


同じ事が、9.11テロで繰り返されました。
事件同時から、軍関係者の間で9.11テロの「やらせ」が噂されていました。
事件を未然に防げたのに、アルカイダ撲滅とイラクのフセイン打倒の「正義の大義名分」の為に見逃した、という風聞です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2006/11/27 23:14

いろんな説が出るのは仕方ないでしょう、アメリカ人の好きな陰謀説も疑ってみては?もし本当にアメリカ政府が真珠湾攻撃を事前に知っていて、それをわざと見逃し、日米戦争に持ち込む為わざと見逃したなら、それは必ずバレて戦争途中で死んだルーズベルトはともかく、トルーマンはその後とんでもない運命になったでしょう、ただ日本側にも問題はあります、在米大使の失態です、きちんと宣戦布告の連絡をしていたにもかかわらず、外務省職員の怠慢で連絡が遅れ、アメリカ側のだまし討ち説の根拠にもなったかもしれません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2006/11/27 23:14

宣戦布告のない先制攻撃は当時においても条約違反です。



また、「だまし討ちされた」という事実が米軍のモチベーションにも繋がったのでしょう。

アメリカは自分の国の不正には寛容ですが、、、結局「勝てば官軍」というのが戦争なのでしょう。

ウィキペディアにはたくさんの戦争に関する記事が出ていますので、一度閲覧してみてください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%8F%A0% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2006/11/27 23:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報