次の取引を仕分けして見ましょう。
    現金500,000円を元入れして営業を開始した。
  A、(借方) 資本金 500,000 (貸方)現金  500,000
  B、(借方) 現金  500,000 (貸方)資本金 500,000

質問 : AとB、どっちがあってますか?それはなぜですか??

A 回答 (4件)

Bが正しい仕訳です。



前の方も言っていますが、現金の増加は「借方」で資本の増加は「貸方」という簿記の公式というか大原則に倣うとこのとおりになります。
えーと、『大原則』です。
そのことをお忘れなく。
    • good
    • 0

こんにちは



「それはなぜですか??」⇒それは複式簿記原理の公理だからとしかいえないと思います。

複式簿記原理では、
資産=借方:プラス、貸方:マイナス
負債=借方:マイナス、貸方:プラス
資本=借方:マイナス、貸方:プラス
収益=借方:マイナス、貸方:プラス
費用=借方:プラス、貸方:マイナス
という決め事の上で成り立っているではなりませんか…。

もしも、複式簿記原理の公理を左右反対に設定していたら、
答えはAだったが、
そうではなかったからBとしか言えないのではないでしょうか。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A4%87%E5%BC%8F% …
    • good
    • 0

B ではないでしょうか?


なぜなら、現金(資産)を増加させて資本金も増加させているから。

Aだと現金(資産)が減少して資本金も減少している事になります。

取引を見ると現金が減少した様に感じるけどあくまでそれは自分の財布から
現金がなくなったわけで、実際には会社の財布に現金が入るので答えはBではないでしょうか?
    • good
    • 0

Bです。

仕訳は、一つの取引を、お金の調達方法と使いみちの二つの視点から整理します。調達方法を右側(貸方)に、お金の使いみちを左側(借方)に整理します。これはそれぞれ「増えれば」右側・左側に整理するわけです。逆に「減れば」調達方法を左側、使いみちを右側に整理します。
ご質問の場合は、資本金(負債資本)も現金(資産)も増えていますので、Bのような解答になります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貸方、借方とは何ですか?

貸方、借方とは何ですか?

簿記の貸方や借方の意味がよく分からないのです。
本を見ても詳しく載っていないので・・・。
どうか教えてください。

Aベストアンサー

>貸方、借方とは何ですか?

私も長年、簿記をやってますけど、
(1)「貸方」とは仕訳の右側を言い、
(2)「借方」とは仕訳の左側を言う、
という程度の理解です。

学問的に詳しく研究すれば何かは得られるかも知れませんが、実務上はほとんど意味がありません。ですから「貸方」は「右側」、「借方」は「左側」と丸暗記しましょう。

Q貸倒引当金が借方か貸方かわからない(簿記素人です)

英文会計をやっていますが、bad debts expenseは費用なのでプラスになったときは借方に記入されるのはわかります。
貸倒引当金は資産なので、これがプラスになるのは、借方だと思うのですが、ものの本には貸倒引当金が経常されるのは貸方というように書かれています。これはなぜなんでしょうか?

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%B8%E5%80%92%E5%BC%95%E5%BD%93%E9%87%91

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%95%E4%BE%A1%E5%8B%98%E5%AE%9A

http://www.get-boki.com/archives/27/48/000144.html

なので貸方になります

自分の小遣い帳だと借方にマイナスで書いて置いても良いでしょうね
友達に貸したけど返ってこない可能性が有る時とか...(笑)。
返ってこないつもりで小遣いが管理できます

Q貸借対照表の借方・貸方

今年から青色申告を行うため会計ソフトを購入しましたが、借方・貸方の意味がわからず、決算表の辻褄が合わなくなりました。科目内のデータ記入の際、借方・貸方のどちらに記帳するのか、明確な定義を教えて下さい。

Aベストアンサー

簿記の仕訳の原則です。

借り方          貸方
資産の増加        資産の減少
負債の減少         負債の増加
経費(損失)の発生     利益の発生
事業主貸し         事業主借り
   
このように、なります。
1例として、現金は資産ですから、増加(入金)したら借り方で、減少(出金)したら貸方になります。

資産は、現金・預金・売掛金・備品などの固定資産・車両などで、財産となるものです。

負債は、買掛金・未払金・支払手形・借入金などの借金です。

Q期末棚卸し額の貸方、借方科目は?

会計王5というソフトを使って、帳簿をつけています。2007年度に売れ残った商品を棚卸ししたのですが、帳簿につけるさい、その貸し方と借り方科目を何にすればよいのかわかりません。どなたか分かる方いらっしゃいましたらご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

#1です

> 繰り越し商品という科目がみつからなかったのですが、
> 代わりに繰延資産という科目がありました。
> これは棚卸しの場合もつかえますでしょうか?
既に#2様がご回答なさっておりますが、ダメです!
「繰延資産」とは通常、有形固定資産や投資等の下に表示する区分名(科目名にも使える)です。

商品若しくは繰越商品勘定は預金・売上債権(現金、当座預金、受取手形、売掛金)の次に表示されるように設定が一般的ですが、御社の[合計]残高試算表(若しくは貸借対照表)を作成した際には、どのような科目名がありますか?

代表的な勘定科目表を付けますので、お使いのソフトのマスター設定などと照らし合わせて見て下さい。
http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/account1.htm

Q仕訳けで「借方」と「貸方」

こんにちは。
最近簿記の勉強を始めたものです。
お恥ずかしい限りなのですが、4級の問題でどうしても理解
できないところがあります。タイトルにも書きました仕訳けの
「借方」「貸方」についてなのですが、例えば問題で

「4月25日 給料100,000を現金で支払った」
「4月30日 商品を500000販売し、代金を付けにした」

とあった場合、仕訳けすると

     借方            貸方
ーーーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーーーーーー
4/25 給料  100000  | 4/25 現金  100000   
4/30 売掛金 500000  | 4/30 商品  500000    
         
となりますよね?(多分・・)
何で給料が借方なのか?借方、貸方自体どういう意味を持っているのか?
さっぱりわかりません。
どういうふうに考えて仕訳けすればいいのでしょうか?
初心者なので、わかりやすく教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

簿記における貸借の基本的概念は次の通りです。

企業の財産状態に変化が生じたとき、

◆借方(左側)には、
(1)資産の増加または負債の減少
(2)純資産(=自己資本)の減少
(3)費用の発生
を表します。

◆一方、貸方(右側)には、
(1)資産の減少または負債の増加
(2)純資産(=自己資本)の増加
(3)収益の発生
を表します。

なお、借方、貸方という用語自体には、何の意味もありません。借方とは仕訳の『左側』を意味し、貸方とは仕訳の『右側』を意味すると考えておいても、何の問題も生じません。

さて、販売した商品の仕入価額を40万円とします。

付けで販売した場合、
〔借方〕売掛金 500000/〔貸方〕商 品 500000
は誤りです。

○分記法ならば、
〔借方〕売掛金 500000/〔貸方〕商  品 400000
………{空欄}………/〔貸方〕商品販売益 100000

○三分法ならば、
〔借方〕売掛金 500000/〔貸方〕売上高 500000

が正解です。(実務ではほとんどの会社が三分法を採用し、分記法の会社は非常にまれにしかありません。)

簿記における貸借の基本的概念は次の通りです。

企業の財産状態に変化が生じたとき、

◆借方(左側)には、
(1)資産の増加または負債の減少
(2)純資産(=自己資本)の減少
(3)費用の発生
を表します。

◆一方、貸方(右側)には、
(1)資産の減少または負債の増加
(2)純資産(=自己資本)の増加
(3)収益の発生
を表します。

なお、借方、貸方という用語自体には、何の意味もありません。借方とは仕訳の『左側』を意味し、貸方とは仕訳の『右側』を意味すると考えておいても、何の問題も生じま...続きを読む

Q貸借対照表で資本金が借方に計上されるのはなぜですか

貸借対照表を作成したところ、資本金が借方に計上されてしまうのはなぜでしょうか

小さな会社の決算手続きをしている者です。

21年度は会計士にお願いしていたのですが
22年度は自分で行うことになりました。

入力がすべて終わり、決算書を出力したのですが
そこで分からないことが出てきてしまいました。

21年度では貸方に計上されていた資本金が
22年度では借方に計上されています。

(添付画像をご覧ください)

資本金は基本的に貸方に計上されていないといけないと
思っていたのですが、なぜこうした出力がされてしまうのか
どうしてもわかりません・・・。

お分かりになる方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

小さくてわかりづらいですが、貸方計上されているように見えます。

もしかして、数字の内訳と集計のための欄を借方と貸方と見ていませんか?
報告式のため、借方貸方表記ではありませんね。
会計ソフトを利用していると思いますので、勘定式で印刷してみれば問題ないと思います。

私の会社では、貸借対照表は勘定式、損益計算書は報告式を利用しています。
申告などのためであれば、どちらの形をとっても問題ないと思いますので、わかりやすい形を使うことですね。また、税理士ではなく会計士?が作成したものと同じ形で印刷して比較される方が良いと思いますね。

Q貸方、借方とは?

貸方、借方とは?

簿記の貸方、借方がよく分からないのです。
本を見ても詳しく載っていないので・・・。
どうか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お金(もしくは品物)の流れで自分に入る方を借り方、相手に入る方を貸し方と言います。
たとえば、2000円の商品を仕入れると借り方に商品2000円、貸し方に現金2000円となります。
そして、2500円で売ると、借り方に現金2300円、貸し方に商品2500円となります。
自分から見て出て行くのが貸し方、入ってくるのが借り方だと思えばいいです。

QJDL出納帳の借方、貸方について

先月からJDL出納帳2010を自社で導入したんですが・・・
さっぱりです。
まったくの素人です。

例えば現金で会議費/食事代を支払った場合
どうゆう風に入力すればいいのでしょうか?
ちなみに振替伝票に入力しています。

現金伝票に入力するのが早いと思うんですが
今まで税理士さんにやって頂いてて
全て振替伝票で入力なさってたとの事で・・・

私もそのやり方を覚えようと思ったんですが
借方に111現金と入力するのか?
865会議費と入力するのか?
わからないんです。

自分なりに調べたり説明書を読んだりしたのですが
理解できず・・・
初歩的な質問で申し訳ないんですが
JDLに詳しい方、ご存知の方
是非知恵をおかりしたいです。
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

簡単に説明します。

お金は増えたり減ったりします。
増えたら左側、減ったら右側です。

経費を使ったら左側。
(基本的に経費は使う一方なので常に左側と覚えておくと覚えやすい。
右側は修正する時だけなのです)

売り上げは常に右側
(修正するときは左側もたまに出てくるくらい)


振替伝票の場合は

会議費1000/現金1000 という具合です。

Q売掛金の期間借方と期間貸方

先日、会社の残高試算表を見ていたら、

「売掛金」の期間借方と期間貸方どちらにも数字が打ち込まれていました。

・当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

・普通の借方貸方と「期間借方」「期間貸方」は何が違うのでしょうか?

簿記の初歩的な質問ですいません、よろしくお願いします

Aベストアンサー

>当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

’売掛金を回収することしかしない’というのはありえません。発生しない売掛金を回収できるはずがないからです。

・まず、売上を計上したときに売掛金が「発生」します。

  売掛金 500,000  売上 500,000

  この結果、売掛金の借方に500,000という数字が上乗せされます。

・そして、例えば先月分の売掛金30万円を「回収」したとします。

  普通預金 300,000 売掛金 300,000

  この結果、売掛金の貸方から300,000という数字が減額されます

よって、質問文にある

’「売掛金」の期間借方と期間貸方どちらにも数字が打ち込まれていました’ということは当然のように毎月繰り返し起こります。


>普通の借方貸方と「期間借方」「期間貸方」は何が違うのでしょうか?

残高試算表は普通は1ヶ月ごとの「月次試算表」のことですから、例として7月の試算表であれば、7月1日から31日という「期間」に増減があった額が反映されているとうことです。

>当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

’売掛金を回収することしかしない’というのはありえません。発生しない売掛金を回収できるはずがないからです。

・まず、売上を計上したときに売掛金が「発生」します。

  売掛金 500,000  売上 500,000

  この結果、売掛金の借方に500,000という数字が上乗せされます。

・そして、例えば先月分の売掛金30万円を「回収」したとします。

  普通預金 300,000 売掛金 300,000

  この結果、売掛金の貸方か...続きを読む

Q貸借対照表で資本金が借方に計上されるのはなぜですか

貸借対照表を作成したところ、資本金が借方に計上されてしまうのはなぜでしょうか

小さな会社の決算手続きをしている者です。

21年度は会計士にお願いしていたのですが
22年度は自分で行うことになりました。

入力がすべて終わり、決算書を出力したのですが
そこで分からないことが出てきてしまいました。

21年度では貸方に計上されていた資本金が
22年度では借方に計上されています。

ちなみに21年度は黒字決算でしたが、
22年度は
--------------------------------------
資産合計…2500万
負債合計…3000万
資本金……300万

繰越利益余剰金…-800万
純資産…-500万
--------------------------------------
と、赤字となっています。

経理初心者の為、
★資産合計2500万に資本金300万をたした金額から
負債合計3000万を引いた、
-200万が純資産になるのでは?と思ってしまっています。

資本金が去年度は貸方に計上されていたのに今年度は
借方に計上されているのはなぜなのか?
また、上記★の計算は間違っていますか?

ご存知の方、どうぞよろしくお願いいたします。

貸借対照表を作成したところ、資本金が借方に計上されてしまうのはなぜでしょうか

小さな会社の決算手続きをしている者です。

21年度は会計士にお願いしていたのですが
22年度は自分で行うことになりました。

入力がすべて終わり、決算書を出力したのですが
そこで分からないことが出てきてしまいました。

21年度では貸方に計上されていた資本金が
22年度では借方に計上されています。

ちなみに21年度は黒字決算でしたが、
22年度は
--------------------------------------
資産合計…2500万
負...続きを読む

Aベストアンサー

> 22年度は
> --------------------------------------
> 資産合計…2500万
> 負債合計…3000万
> 資本金……300万

> 繰越利益余剰金…-800万
> 純資産…-500万
> --------------------------------------
> と、赤字となっています。
このような場合、貸借を一致させる為に残高試算表レベルでは次のようになります。
(借  方)  [諸勘定名]  (貸  方)
2,500万   資産合計
         負債合計   3,000万
         資本金      300万
  800万  繰越利益剰余金

そして純資産は「資本金」+「繰越利益剰余金」なので、このような集約表示も可能です。
(借  方)  [諸勘定名]  (貸  方)
2,500万   資産合計
         負債合計   3,000万
  500万   純 資産

> 経理初心者の為、
> ★資産合計2500万に資本金300万をたした金額から
> 負債合計3000万を引いた、
> -200万が純資産になるのでは?と思ってしまっています。
貸借対照表は、次の等式となっております。
 総資産=総負債+純資産
ですので、式を変形すると
 純資産=総資産2,500万-総負債3,000万
 純資産=△500万
更に、上で書きましたが
 純資産=資本金300万+繰越利益剰余金△800万
 純資産=△500万

> 資本金が去年度は貸方に計上されていたのに今年度は
> 借方に計上されているのはなぜなのか?
資本金が借方に表示されているというのは信じがたく、使用しているソフトの問題なのか、それとも質問時点で見ている貸借対照表が「試算表」であり「決算報告書」では無いのか、原因は判りかねますが、決算報告書において『資本金』は貸方表示が本来の姿であり、借方表示は間違いです。
なお、初歩的なことを書けば『純資産がマイナスだから』です。

因みに、簿記のテキスト等で説明されている、決算準備から財務諸表(決算報告書)までに作る計算書類は
<決算準備1>
 合計試算表 ⇒ この段階で純資産が借方に表示される事は無い
     ↓
<決算準備2>
 残高試算表 又は 合計残高試算表
     ↓
<決算整理中>
 (8桁)精算表 ⇒ この段階で純資産が借方に表示される事はありえる。
     ↓
<決算確定>
 決算報告書 ⇒ 純資産が借方に表示されるのは望ましくない。 

> 22年度は
> --------------------------------------
> 資産合計…2500万
> 負債合計…3000万
> 資本金……300万

> 繰越利益余剰金…-800万
> 純資産…-500万
> --------------------------------------
> と、赤字となっています。
このような場合、貸借を一致させる為に残高試算表レベルでは次のようになります。
(借  方)  [諸勘定名]  (貸  方)
2,500万   資産合計
         負債合計   3,000万
         資本金      300万
  800万  繰越利...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報