次の取引を仕分けして見ましょう。
    現金500,000円を元入れして営業を開始した。
  A、(借方) 資本金 500,000 (貸方)現金  500,000
  B、(借方) 現金  500,000 (貸方)資本金 500,000

質問 : AとB、どっちがあってますか?それはなぜですか??

A 回答 (4件)

Bが正しい仕訳です。



前の方も言っていますが、現金の増加は「借方」で資本の増加は「貸方」という簿記の公式というか大原則に倣うとこのとおりになります。
えーと、『大原則』です。
そのことをお忘れなく。
    • good
    • 0

こんにちは



「それはなぜですか??」⇒それは複式簿記原理の公理だからとしかいえないと思います。

複式簿記原理では、
資産=借方:プラス、貸方:マイナス
負債=借方:マイナス、貸方:プラス
資本=借方:マイナス、貸方:プラス
収益=借方:マイナス、貸方:プラス
費用=借方:プラス、貸方:マイナス
という決め事の上で成り立っているではなりませんか…。

もしも、複式簿記原理の公理を左右反対に設定していたら、
答えはAだったが、
そうではなかったからBとしか言えないのではないでしょうか。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A4%87%E5%BC%8F% …
    • good
    • 0

B ではないでしょうか?


なぜなら、現金(資産)を増加させて資本金も増加させているから。

Aだと現金(資産)が減少して資本金も減少している事になります。

取引を見ると現金が減少した様に感じるけどあくまでそれは自分の財布から
現金がなくなったわけで、実際には会社の財布に現金が入るので答えはBではないでしょうか?
    • good
    • 0

Bです。

仕訳は、一つの取引を、お金の調達方法と使いみちの二つの視点から整理します。調達方法を右側(貸方)に、お金の使いみちを左側(借方)に整理します。これはそれぞれ「増えれば」右側・左側に整理するわけです。逆に「減れば」調達方法を左側、使いみちを右側に整理します。
ご質問の場合は、資本金(負債資本)も現金(資産)も増えていますので、Bのような解答になります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕訳けで「借方」と「貸方」

こんにちは。
最近簿記の勉強を始めたものです。
お恥ずかしい限りなのですが、4級の問題でどうしても理解
できないところがあります。タイトルにも書きました仕訳けの
「借方」「貸方」についてなのですが、例えば問題で

「4月25日 給料100,000を現金で支払った」
「4月30日 商品を500000販売し、代金を付けにした」

とあった場合、仕訳けすると

     借方            貸方
ーーーーーーーーーーーー|ーーーーーーーーーーーーーー
4/25 給料  100000  | 4/25 現金  100000   
4/30 売掛金 500000  | 4/30 商品  500000    
         
となりますよね?(多分・・)
何で給料が借方なのか?借方、貸方自体どういう意味を持っているのか?
さっぱりわかりません。
どういうふうに考えて仕訳けすればいいのでしょうか?
初心者なので、わかりやすく教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

簿記における貸借の基本的概念は次の通りです。

企業の財産状態に変化が生じたとき、

◆借方(左側)には、
(1)資産の増加または負債の減少
(2)純資産(=自己資本)の減少
(3)費用の発生
を表します。

◆一方、貸方(右側)には、
(1)資産の減少または負債の増加
(2)純資産(=自己資本)の増加
(3)収益の発生
を表します。

なお、借方、貸方という用語自体には、何の意味もありません。借方とは仕訳の『左側』を意味し、貸方とは仕訳の『右側』を意味すると考えておいても、何の問題も生じません。

さて、販売した商品の仕入価額を40万円とします。

付けで販売した場合、
〔借方〕売掛金 500000/〔貸方〕商 品 500000
は誤りです。

○分記法ならば、
〔借方〕売掛金 500000/〔貸方〕商  品 400000
………{空欄}………/〔貸方〕商品販売益 100000

○三分法ならば、
〔借方〕売掛金 500000/〔貸方〕売上高 500000

が正解です。(実務ではほとんどの会社が三分法を採用し、分記法の会社は非常にまれにしかありません。)

簿記における貸借の基本的概念は次の通りです。

企業の財産状態に変化が生じたとき、

◆借方(左側)には、
(1)資産の増加または負債の減少
(2)純資産(=自己資本)の減少
(3)費用の発生
を表します。

◆一方、貸方(右側)には、
(1)資産の減少または負債の増加
(2)純資産(=自己資本)の増加
(3)収益の発生
を表します。

なお、借方、貸方という用語自体には、何の意味もありません。借方とは仕訳の『左側』を意味し、貸方とは仕訳の『右側』を意味すると考えておいても、何の問題も生じま...続きを読む

Q借り方貸し方について教えて下さい。

借り方貸し方について教えて下さい。
経理の用語で借り方貸し方とあります。
借り方は左、貸し方は右、借り方は増えた方、貸し方は減った方と覚えて良いのでしょうか。
仕訳というのは、借り方と貸し方に振り分ける事でよいですか?

文字で書いてあるのを見ても殆どわかりません…。
動画などで実際にやっている所など見たいのですが、探してもありません。

よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

現代の会計学においては、借方=左側、貸方=右側、という程度の意味しかありません。

数学の世界では、プラス・マイナスは、+・-という記号を使って表します。
これに対して、簿記会計の世界では、右側・左側という位置関係でプラス・マイナスを表します。


初学者が注意すべきことは、「貸方」「借方」という言葉(文字)にだまされてはいけない、ということです。
「貸方」「借方」という言葉には、「貸す」とか「借りる」という意味はまったく全然ないのです。
あくまでもプラス・マイナスを表しているだけなのです。
(どちら側にくるとプラスになったりマイナスになるのかは、その科目の性質によっていろいろですが。)


ちなみにドイツ会計学では、左側を「積極」、右側を「消極」といいます。
左側にくる資産は「積極財産」、右側に来る負債は「消極財産」だからです。
しかしこのドイツ会計学といえども万能ではありません。
この「積極」「消極」という表現方法では、貸借対照表はいいとしても、損益計算書(費用・収益)はうまく説明できません。
(費用が積極で、収益が消極というのは、どう考えてもおかしいですからね。)


ちなみに日本の「貸方」「借方」という言葉は、明治時代に英米式簿記から輸入した言葉にすぎず、しかも「貸す」「借りる」という文字の意味はまったくありません。

頭のいい人ほど言葉によくだまされますから、くれぐれも注意です。

現代の会計学においては、借方=左側、貸方=右側、という程度の意味しかありません。

数学の世界では、プラス・マイナスは、+・-という記号を使って表します。
これに対して、簿記会計の世界では、右側・左側という位置関係でプラス・マイナスを表します。


初学者が注意すべきことは、「貸方」「借方」という言葉(文字)にだまされてはいけない、ということです。
「貸方」「借方」という言葉には、「貸す」とか「借りる」という意味はまったく全然ないのです。
あくまでもプラス・マイナスを表しているだ...続きを読む


人気Q&Aランキング