ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

最近全力で走ると.右の太ももの上のほうが痛くなるんです。
前に無理して走ったら、歩くだけで痛むほどになってしまいました。
4.5日たってるので筋肉痛ではないと思うんです。
今は湿布をはっていますが
病院行ったほうがいいでしょうか?

A 回答 (2件)

股関節を痛めてしまっているのではないでしょうか。


私はジョギングし始めの時に、歩けなくなるほど痛くなったことがありました。(ある角度で体重をかけると痛みが増す)
その時の診断名は、「股関節周囲炎」でした。
私の場合、「急に運動を始めたのが原因でしょう」と笑われました。

念のため病院で診てもらった方がよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

股関節を痛めた可能性もあるんですね
回答ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/19 21:28

貴方の年齢がわかりませんが、全力で走った後なったのですから一時的に筋肉疲労が起こったのかと思います。


それを無理して又走ったので軽い筋肉に炎症が発生したものと思われます。基本的に急性の場合は患部を冷やすことです。3日程度経過したら温シップの方が良いと思います。但し、完治しないうちに動かせば直りにくくなるので筋肉の一部に傷が付いてると思うので、シップして安静にしているのがベストかと思います。
もちろん、素人考えですけど。(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません14歳です
回答ありがとうございます
安静が一番ですね

お礼日時:2002/04/19 17:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脇毛や、股間付け根の毛に白い妙な物質がこびりついている。

脇毛や、股間付け根の毛、つまりいつでも湿り気を帯びているような部位の毛に、
白い妙な物質がこびりついています。毎日風呂に入って、爪でこそげ落としたり、
石鹸やシャンプーしたりするのですが、全く落ちません。取れません。
むしろ、風呂上りの方が白さを増しているような気がし、そこから推測するに、
「水に触れて分離する=皮脂?油脂?みたいなもの?」かと。

以前はワキガなどなかったのですが、半年くらい前からこの白いヤツらが出現し、
それ以降、たまに小憎たらしいスメルを発してます。これからの夏が不安です。
忙しく、2日ほど泊まりで仕事をしているときにふと見てみたら、
脇がびっしり真っ白に汚染されていて、驚愕したこともあります。
ちなみに痛くも、痒くもありませんし、制汗スプレー等は効果が見られませんでした。

この白いつら、いったい何なんでしょうか?
原因、落とし方、または同じ境遇の方いらっしゃったら、お教え下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

■ご推察は近いものです。この白い付着物は体毛の脂腺から分泌される脂肪分がこびりついたものです。というより、ワキガの原因となる皮膚細菌がその脂肪分を分解した産物です。

■かなり強くこびりついているのでなかなかとれません。

■対処方法は、お湯によくつかってふやかしてから(湯に入る前に洗ってもほとんどとれません)、もう一度よく石鹸で洗います。これを根気よく繰り返していきます。風呂上りにはベビーパウダーをつけてすぐに乾燥させます。

■制汗スプレーは臭いだけをとる「その場しのぎ」ですのでこの対処をしているとだんだんこびりつきがひどくなってきます。

■なぜ、以前にはなかったのがでてきたか、と申しますと、「歳をとってきたから」です。体が中年になってきて歳をとると分泌される脂肪の組成が変わってきて、細菌の繁殖に適したものになるからです。

Qジョギングで左太もも前面が筋肉痛です

運動不足解消とダイエットをかねて、3週間ほど前からジムでジョギングを始めました。

今まで運動経験はほとんどありません。(たまにウォーキングしたり水泳したりとはありますが・・・)

週2回、45分間を時速8.4キロで走っています。

最初のころは下半身全て筋肉痛だったのですが、今はなぜか左太もも前面だけが筋肉痛になっています。何か走り方とかフォームが悪いのでしょうか?気をつけたら良い点などご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

シューズに問題がないという前提でアドバイスさせていただきます。

【週2回、45分間を時速8.4キロで走っています。】

40分は有酸素の20分の2サイクルですから、基本的には心肺機能に無理はないです。

さらに下半身すべてに筋肉痛の状態を脱しているなら、少なくとも走る下半身はできています。

その上で、申し上げますが、一度、腕のふりを走っているときにチラッと見てください。

これ、意識するとダメなのですが、
前面で見たとき、腕の振りが左右とも同じように中心線(体の正中)を超えていますか?

つまり、腕の振りに強弱が左右の腕である。

基本的に、走りは、どちらかの足でけって、進む。
で、もう片方の足は、けって進んだ体重をドンと支える。
イメージとしてキックスケーター?。

で、コレを左右均等になるべく近づけていくというのが極意です。

足を意識すると走りがわからなくなりますので、あくまでも見るのは腕。

腕の振りに偏りがあると、ドンの支えるほうが疲弊するのです。

左足があなたのドンの足なのでしょう。
コレは人によって、利き足があるので左右が違います。
ドンしたときにグッとこらえてひざ関節を庇護するのが、太ももの前の筋肉。

着地時間が長い、いつまでもぐらぐらやっているということです。
それを腕の振りを調節することで、シャープに持ち上げる。

あくまでも早く足を持ち上げようとしてはダメ。

まずは、腕の振りで前で見たときに正中を越えてないほうの腕の振りを
時々、意識して、正中を越えるようにする。

一流の選手でも癖はあります。
それを自分のリズムとして、なるべく時々、正中を取り戻すという感じで腕の振りを作っていく。

正中が正しいと、ストライドが稼げるのです。

シューズに問題がないという前提でアドバイスさせていただきます。

【週2回、45分間を時速8.4キロで走っています。】

40分は有酸素の20分の2サイクルですから、基本的には心肺機能に無理はないです。

さらに下半身すべてに筋肉痛の状態を脱しているなら、少なくとも走る下半身はできています。

その上で、申し上げますが、一度、腕のふりを走っているときにチラッと見てください。

これ、意識するとダメなのですが、
前面で見たとき、腕の振りが左右とも同じように中心線(体の正中)を...続きを読む


人気Q&Aランキング