母80歳が肺癌のため定位放射線治療をしました。2センチのガンでした。
11月6日に退院しました。22日に以前からかかっている整形外科に行き
肺癌の事も話しました。レントゲンをとり先生からの話で転移の可能性が
ある。と言われました。2週間後にもう1度レントゲンを撮ります。
放射線治療の1ヶ月前にPETを撮っています。
その時は肺の2センチ以外にはガンはありませんでした。
そんなに早く転移はするものですか。
肺の治療に入る前に転移の可能性について先生は大丈夫です。治療も
もう1ヶ月先でもいい位だ。と仰いました。
話たので念の為でしょうか。そんなに早く転移する可能性はあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私の祖父は転移したんですが高齢のため、ガンが進行するのは遅かったので3年生存しました。


ご年配の方はそんなにすぐは転移しませんよ

この回答への補足

ありがとうございます。
追加質問ですが、あなたのおじいさまは肺癌でしたか。
転移先はどこですか。
差しさわりなければ教えて下さい。

補足日時:2006/11/23 05:53
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「肺癌」と「肺がん」の使い分け

「はいがん」には「肺癌」と「肺がん」という表記があります。この2つの差には意味があると聞いたことがあります。調べてみたのですが、分かりませんでした。どなたか御存じの方教えて頂けませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>がん=悪性腫瘍全体の事を指す
>癌=悪性腫瘍のうち上皮性のものを指す
http://www.paci-iryo.com/kiso/3386/

>「癌」は、一般的に「上皮性の悪性腫瘍」を指すといわれています。
http://www.gan-info.com/oyakudati/hyouki-imi.html

漢字の「癌」のほうがより狭い範囲のガンを指すようですが、
医学的には明確に使い分けられているわけではないようです。
肺にできる悪性腫瘍は上皮性のものですから
「肺癌」「肺がん」のどちらの表記もされますし、意味の違いはありません。

Q肺がん生検しなくても放射線治療できますか? 90歳の父に肺がんが見つかりました。放射線治療が良いみた

肺がん生検しなくても放射線治療できますか?
90歳の父に肺がんが見つかりました。放射線治療が良いみたいなのですが、生検と言って、針を肺にさして、細胞をとる検査をしなければ放射線治療できないということです。生検は、90歳にはリスクがあるそうです。生検をせずに放射線治療できるところ、ご存知でしたら教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

妻70歳で肺がんに亡くしました。

一番副作用が少ないという放射線治療20回照射もしましたが、骨が弱ってしまい背骨骨折で激痛、今度は、骨を強くする点滴を毎月。

抗がん治療も。ハッキリ申し上げて、何もしなのが一番よかったと。90歳のお父さんを苦しめずに、余命を家族そろって楽しく暮らすのが一番です。妻は肺のガン潰瘍45mmから13mmに縮小しましたが、ガンでは死亡せず、治療のための副作用に心臓が耐えきれずに、逝ってしまいました。治療を始めるまでは通常生活でしたが、治療を初めてすぐに、ガンでない痛み、下痢、嘔吐、やけどのような皮膚のただれ、それでも、治したい希望で抗がん治療に。3年半、苦しみまくり、最後の半年は、自分で起き上がることもできずに。

最後は、医師の診断中、息子も私も立ち会っているときに、心臓停止、医師は、まだ蘇生できる可能性はあり、と心臓マッサージを始めましたが、息子も、もう逝かせてあげてください、と。

何もしなければ、1年以内余命宣言でしたが、せめて自分の足で歩ける、食事もおいしく頂ける、体に優しい旅もできる期間が長かかったのに残念です。

標本採集の生検は、手術室で全身麻酔をして標本採集で手術と同じ。体の負担もすごいです。

妻70歳で肺がんに亡くしました。

一番副作用が少ないという放射線治療20回照射もしましたが、骨が弱ってしまい背骨骨折で激痛、今度は、骨を強くする点滴を毎月。

抗がん治療も。ハッキリ申し上げて、何もしなのが一番よかったと。90歳のお父さんを苦しめずに、余命を家族そろって楽しく暮らすのが一番です。妻は肺のガン潰瘍45mmから13mmに縮小しましたが、ガンでは死亡せず、治療のための副作用に心臓が耐えきれずに、逝ってしまいました。治療を始めるまでは通常生活でしたが、治療を初めてすぐ...続きを読む

Q肺がんの症状について

私自身は煙草を吸っていませんが、生まれたときから約30年間親が吸っている煙草の煙の中で(自宅)暮らしてきました。その後職場でも約5年間、煙草の煙の中ですごしていました。相当な煙を吸ってきたと思います。健康診断では(X線)特に引っかかったことはないのですが、最近喉が痒いような、チクチクした感じでタンが喉に少しとどまっている様な感じになります。カーッペッ!っと出すほどではなく、喉で止まっている感じです。肺がんなのか心配なのですがCTをやるほどでもないのか、どうしようかと思っています。「心配ならCTやれば?」と言われればそれまでですが、こういった症状ですでに肺がんになっている可能性はあると思いますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

肺癌の場合、めったに症状は出ません。
気管の近くであるとか、進行してくると、症状が出てきます。

ただ、初期でもそのような症状が出ることがありますので、心配であったら検査することをおすすめします。
いきなりCTではなく、通常まずレントゲンと喀痰細胞診というものを行います。

呼吸器内科(あるいは外科)へ。

調べてなんでもなければ、それはそれで安心じゃないですか。
ほっといて何かあったときに、後悔しても遅いですからね。

Q肺腺癌(肺繊維症)の放射線治療

52才の父が2月末に肺腺癌の宣告を受けました。
遠隔転移は無いものの、同側のリンパ節転移があり、
また肺繊維症を併発しているため、手術・抗がん剤・放射線は
適用外とのことでした。しかし、今日、別の病院で放射線治療
を5月9日から行うことが決まりました。

質問は
肺繊維症を併発している肺癌の放射線治療の予後は一般的に
どうなのでしょうか?一気に肺機能が低下することもあるそうですが、
確率的にはどうなのでしょうか?
今までダメだと言われてきた治療法があっさりやることになり、
とても心配です。
医者からは最悪の場合、逆に旨く行った場合の、説明は受けましたが、
まだ迷いがあります。

どんなことでもかまいませんのでご存知の方教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お父様の病状がだいぶ理解できました。」
抗癌剤の使用に関しては、低頻度ながら肺線維症の合併症が起きることがあります。腺癌という組織型が、抗癌剤に対する反応が得られにくいタイプであることから、使用することで得られる延命効果よりも、副作用で失う肺機能がQOL(生活の質)を低下させたり、場合によっては直接死につながるような重大な副作用が発生したりする可能性を重要視したということだと思います。さらにリウマチという疾患をお持ちということですが、(リウマチと肺線維症も関連している可能性が高いと思いますが)その場合、特にステロイドを使用しなければならないほどの活動性がある場合、当然、抗癌剤の副作用の発現はより強くなる可能性がありますから、確かに使用しにくいということはいえると思います。それよりは、局所療法である放射線療法の方が、むしろ副作用のリスクを低く抑えることができるだろうとの判断だと思います。放射線治療を単独で行うことは、決して珍しいことではありません。ただ、現在の肺癌治療は、様々な治療を組み合わせて、最大限の効果を得る(集学的治療といいます)という方針で進めますから、一般的に単独での治療頻度が少ないだけだと思います。治療方針というのは、患者さんの病状に応じて一人一人異なります。別の病気をお持ちである場合は、当然治療が制限されることは、やむを得ない事だと思います。それから、放射線科だから抗癌剤の治療を行わないということはありません。現在かかっておられる放射線科の先生も上記のような考えで、放射線の単独療法を考えておられるのだと思います。
リウマチのような合併症がある場合、抗癌治療しないほうが予後がよいのではないかという疑問についてですが、これはとても難しいことです。それは副作用の発現の予測が非常に難しいからです。ただ、早期に副作用の発現を発見できれば、ある程度、対処可能ですから、慎重に経過を見る必要があると思います。

お父様の病状がだいぶ理解できました。」
抗癌剤の使用に関しては、低頻度ながら肺線維症の合併症が起きることがあります。腺癌という組織型が、抗癌剤に対する反応が得られにくいタイプであることから、使用することで得られる延命効果よりも、副作用で失う肺機能がQOL(生活の質)を低下させたり、場合によっては直接死につながるような重大な副作用が発生したりする可能性を重要視したということだと思います。さらにリウマチという疾患をお持ちということですが、(リウマチと肺線維症も関連している可能性が...続きを読む

Q肺がん症状について教えてください。

私の父は約3年ほど前から軽く咳き込んでました。そして、去年の冬くらいに風邪を引き、なかなか治らず、むせ込んで苦しそうでした。けど病院嫌いの父は病院にも行かず約1ヶ月ほどかけて風邪?を治しました。
そして、最近1週間ほど前から、また咳き込んで息継ぎができないほどむせこんでます。本人は夏風邪と言っていますが、私はどうも疑問で…
医者に行ったようですが、それは接骨院?針治療の先生に診てもらったくらいでレントゲンなどの検査はしていないみたいです。いちを風邪薬は貰ってきて飲んでいるようですが、なかなか治りません。
けど、3年ほど前から健康診断で肺に陰があるみたいで検診ではひっかかっていました。
以前に比べ、だいぶ痩せました。
総合病院へ行くように言っても行ってくれません。本当に体が動かなくなるまで行こうとはしません。
けど、私は見ていて辛いです。
私が思うに、肺がんの症状ではないかと疑っています。
夏風邪って1週間以上も続くものなのでしょうか?
父は67歳、すごいタバコを吸います。お酒も飲みます。

Aベストアンサー

1週間続く夏風邪もありますし、そうでない場合もあります。
また、肺癌の他に肺気腫や慢性気管支炎といった病気を元々
持っていて、それが一時的に悪くなった可能性もあります。

肺の影に関しても、年齢からいって古い結核とか胸膜炎とか
いったものの可能性もありますが、もちろん肺癌のこともあります。

いずれにせよ、本人に受診の気がないところが一番の問題ですね。
ここは家族で解決するところかなと思います。

受診されるなら大きい病院の呼吸器内科を。

Q大腸がん肺転移の治療について

家内が大腸がんステージIVで肝、肺転移でした。
昨年6月大腸がんの手術後、化学療法を行っておりますが、肺転移のがんの治療がこれ以上ないとの返事を聞きました。OP不可、イレッサ等の薬、放射線治療も不可とか。肺の複数の箇所が空洞になってきているとの事です。色々調べていますがよくわかりません。本当に治療法はないのでしょうか。

Aベストアンサー

転移があるということは全身に微小な転移が起こっていることが想定されます。それゆえに、手術や放射線治療という局所の治療でしかない治療法は余命を延長させる効果に乏しく、負担だけを強いることになるので選択されません。
イレッサについては、もっぱら肺がんに用いられるのみで、それもがんの性質によって選択されます。
結果、抗がん剤を何種類か併用した化学療法に期待するほかないのです。最近注目されているアバスチンという薬は、非常に高価ですが、それに見合う成績を出しています。現在使用されているのでなければ、試してみる価値があるかもしれませんが、それでも完治させることは難しいと思います。

Q肺がんの症状?

肺癌になると腰から少し上の骨や鎖骨から少し下の辺りが痛くなったりしますか?
他の臓器は検査済みなのですが、肺だけまだ検査してないので不安です。

咳や痰は元々喘息があるので少し出ますが、先日の検診では胸の音は悪くないと言われました。
痰も透明で色は悪くないです。

Aベストアンサー

肺がんの初期症状は風邪に似ています
肺がんに現れる初期症状は、血痰(けったん)やひどい咳の出る症状があります。
頻繁に咳が出始めカゼに似た症状が現れ、これと同時に発熱を起こす場合があります。
このためカゼと勘違いして市販のかぜ薬を飲まれる方が多いようです。
その後、症状が進むと痰に血の混じった血痰が出て、
この血痰にはがん細胞が混ざって出る場合があります。
また、声がれの症状が現れ、食欲不振や身体がだるくなり、
時間が経つにつれ痩せてきます。
したがって、腰から少し上の骨や鎖骨から少し下の辺りが痛くなったりは他の原因
かと思われます

Q肺がんの放射線治療

この間から度々質問させて頂いています。
脳梗塞に肺がんを併発している67歳の母の事ですが、非小細胞ガンだとの診断で、今週中に放射線治療を始めますがその治療に成果が出る確率は100分の1だと言われました。放射線治療は身体が衰弱しやすいと聞き、心配しています。
100分の1に掛けてみたいけど、副作用に苦しむ母の姿も見たくない!
脳梗塞も良くなっていないようで、実際どれぐらい本人が耐えられるのか・・・。
個人差もあるでしょうが、放射線治療をして本人は楽になるのでしょうか?
難しい質問ですみませんが、お願いします。

Aベストアンサー

不思議な話ですね、それは。

医師は、その治療の有益性が、その治療のリスクを上回る
と考えるからこそ、患者さんに治療を勧めるハズです。
どんな場合でも、治療の意義は、その一点にあるはずです。

放射線治療には、放射線宿酔(全身倦怠感・食欲不振・嘔吐など)
や、皮膚障害、骨髄抑制、食道炎(これは照射部位によって)
など、様々な副作用があります。

これらの副作用が出れば、苦しむのは医者ではなくてmonkoさんの
お母さんですよね?
そのことを考慮しても、百分の1の可能性の方が有益だとその医師は
考えているのでしょうか。

末期癌なのですか?
その場合、手の施しようが無いから、放射線でもかけてお茶を
濁しておこうかというぐらいの意図しか、私には感じられません。

小細胞癌でなければ、第一選択は手術ではないかと思います。
たとえそれが不可能だとしても、可能性のきわめて薄い治療を
選ぶ理由にはならないと思います。

いずれにせよ、納得がいくまで医師と話し合うべきでしょう。
monkoさんが心配されるお気持ちは、当然ですよね。

不思議な話ですね、それは。

医師は、その治療の有益性が、その治療のリスクを上回る
と考えるからこそ、患者さんに治療を勧めるハズです。
どんな場合でも、治療の意義は、その一点にあるはずです。

放射線治療には、放射線宿酔(全身倦怠感・食欲不振・嘔吐など)
や、皮膚障害、骨髄抑制、食道炎(これは照射部位によって)
など、様々な副作用があります。

これらの副作用が出れば、苦しむのは医者ではなくてmonkoさんの
お母さんですよね?
そのことを考慮しても、百分の1の可能性の方が有益...続きを読む

Q肺ガンの症状について

先日呼吸が苦しくレントゲンをとりました。
右肺の下部がなく切断したような状態でした。
以前から胸が苦しくなることはしばしばありましたが、今回ほど苦しいことはありません。
すでに肺がんがひろがっているのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。
詳しい検査をする予定との事、今後とも医師との話でご自身の体のことをよく聞いてください。

心臓が原因かもしれないということですので、余談まで。
心臓と肺は密接に関係していますので、心臓の機能が落ちて呼吸が苦しくなることは珍しくありません。簡単に説明しますと、肺でガス交換をしても、その酸素を充分に含んだ血液が身体に流れなければ(心臓のポンプ機能が衰えていれば)苦しくなりますし、レントゲンでは心臓が大きく写ったり肺が白く写ったりします。

心臓は血液を送り出すポンプの役目なので、そこが上手く働かなければ、肺に限らず他の臓器に影響が出ても不思議はありません。というのも、酸素や栄養分を含んだ血液が心臓によって全身にくまなく送られることによって、人は身体を動かすことが出来、内臓自体も栄養を受けて働くことが出来るのです。
だからといって、他の臓器への心配まですることはないですよ。ごく初期の症状で検査を受けるような感じですので、まずは心臓の安静のため、身体の動きをゆっくりとして脈や早くなったり血圧が上がりすぎないよう、心臓の安静を心がけるだけで良いんです。

現在の息苦しさのほかに、むくみやおしっこの出が少ない、頭重感や胃がむかむかするなど、何か気になる症状があれば何でも相談して見てくださいネ。また、大切なお体ですので、お仕事などで都合がつかないとしても、必ず薬を飲んで定期的に病院に行くことだけは心がけてください。一番怖いのは、薬を飲んで自覚症状が落ち着いたからといって自己判断で受診を止めてしまうことです。自覚症状がなくても、検査(痛みを伴わないエコー検査なども有効な検査)によってしっかりと診てもらう。そうしないと、再度自覚症状が強く出たときに大掛かりな治療が必要になりますし、それまでの間身体に相当な負担をかけている事になりかねませんから。
脅かすようで申し訳ないのですが、意外とそういう人も少なくないので書かせていただきました。

もしなんらかハッキリしたことがわかったら、是非、毎日の生活でどんな事に気をつけたら良いかを聞いてください。日ごろの身体を動かすことから食事内容など、薬と同じように効果のある情報が得られると思いますので。

#2です。
詳しい検査をする予定との事、今後とも医師との話でご自身の体のことをよく聞いてください。

心臓が原因かもしれないということですので、余談まで。
心臓と肺は密接に関係していますので、心臓の機能が落ちて呼吸が苦しくなることは珍しくありません。簡単に説明しますと、肺でガス交換をしても、その酸素を充分に含んだ血液が身体に流れなければ(心臓のポンプ機能が衰えていれば)苦しくなりますし、レントゲンでは心臓が大きく写ったり肺が白く写ったりします。

心臓は血液を送り出すポン...続きを読む

Q肺がん : 化学・放射線治療の副作用について

こんにちは。

(この場をお借りしていつもアドバイスを頂いている者です。)

肺がんの父は、8月中旬~10月頭まで

■抗がん剤
タキソール+?(名前忘れました)を3回でワンクール。

■放射線
計35回照射

という形で治療を受けました。

治療後は今まで自宅で療養中なのですが、
副作用がだんだんひどくなってきているようで
大変心配です。

具体的には、食欲不振、吐き気(むかむか感)、
全身倦怠感、あと、これは副作用かどうかわかりませんが、
胸をしめつけらるような違和感 などがあるようです。

それから、この前までは椅子に座ると楽だと
言っていましたが、もうどの姿勢も楽でなくなったようです。
(これって、がんが大きくなっているため
でしょうか。レントゲン上では変化がありません。)

---

上記の治療が終わって3週間くらい経っていますが、
いっこうによくならず、むしろ副作用がひどくなって
いるようで、家族として正直辛いです。

もう少しで良くなってくる可能性はありますか。
といいますか、もともろ副作用ってこんなものでしょうか。
もしそうならば悲観せずに時が経つのを待てる
と思いますが。。。

ご意見・アドバイスをいただけたら幸いです。
どうぞ宜しくお願いいたします。

※食欲がない中でもがんばって1日3回食事を取っています。

こんにちは。

(この場をお借りしていつもアドバイスを頂いている者です。)

肺がんの父は、8月中旬~10月頭まで

■抗がん剤
タキソール+?(名前忘れました)を3回でワンクール。

■放射線
計35回照射

という形で治療を受けました。

治療後は今まで自宅で療養中なのですが、
副作用がだんだんひどくなってきているようで
大変心配です。

具体的には、食欲不振、吐き気(むかむか感)、
全身倦怠感、あと、これは副作用かどうかわかりませんが、
胸をしめつけらるような違和感 などが...続きを読む

Aベストアンサー

タキソール、あります。イチイの木から取り出され、20世紀最高の抗がん剤といわれるそうです。
私の知人も、肺がんでこれを使っていましたが、副作用がきついらしいです。白血球の数が減るので、そんなときは、病室の外にも出ませんでした。タキソテールというのもあって、これはタキソールよりも副作用が弱いのですが、タキソールよりは効きも弱いとききました。

↓ご参考までに。
http://kawa2000.at.infoseek.co.jp/index-301.html

でも、治療終了後には必ず回復します。
治療、ご本人もご家族にとってもつらいものであると思います。
体力温存して、協力し合って支えあって(付き添う側にはこれくらいしかできないのが辛いところですが)乗り越えてください。一日も早いご快復を願っております。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報