建物がコの字にあります。
このコの字の寸法が三辺とも1820なんですが、
そこにベランダをつけたいのです。1820x1820の正方形で
三辺が壁に取り付く形です。その場合、建築面積に入りますか?
はね出してる場合は出先から1m後退した距離で面積に参入されるそうですが、三方が壁の場合でも、1m後退して1820x820って事にしていいんですか?それとも三方だから全面積(1820x1820)が参入されるんでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは


建築面積は「建築物の外壁又はこれに代わる柱の中心線で囲まれた
部分の水平投影面積による。但し高い開放性を有する場合は
出先から1mの範囲は不算入とする」となっているので、
三方が壁に囲まれている場合は 全面積(1820×1820)が
建築面積に含まれると思います。

但し、上部に屋根や庇などを付けないのであれば
高い開放性を有する場合と考えられると思うので
一度建築指導課に相談に行かれた方が良いと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。指導課に問い合わせてみます。

お礼日時:2006/11/30 20:35

二階部分にベランダがあるということは1階からすると屋根があるということになるのではないでしょうか?であれば、1階部分の開放性がないため建築面積に算入されると思います。

最寄りの行政の建築審査課の判断ですがおそらく入るかと思います。
    • good
    • 0

専門家紹介

岩間誠治

職業:建築プロデューサー

"全国で設計を行っています。
ご要望をじっくり伺い、住む方とともに作り上げていく設計を行っています。
ご要望をかなえる事だけではなく、既成概念にとらわれない発想をもとに、想像を超えるご提案をいたします。"

詳しくはこちら

お問い合わせ先

047-427-5402

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

回答はANo.1さんの言われるとおりです。


追加で、床面積について…
屋外になるベランダ、バルコニーと言っても屋外に有効に解放されていない場合や、屋内的用途に使用されると判断される場合は、床面積にも参入される場合があります。
・有効に解放とは;隣地境界線迄の距離、解放されている部分の高さ(1.1mかつベランダ部分の天井高さの1/2以上)
・奥行きが2mを超える場合、壁に囲まれている部分があるなど。
ですので、事前に地元行政の建築指導課に問い合わせた方がいいと思います。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q庇の建築面積

建築面積算定時における、庇部分の1m緩和について教えて下さい。
基準法をみると、端から1mの部分は建築面積より除外してよい事になっていますが、この端とは
(1)前面だけなのでしょうか?
(2)それとも更に両側面より1m後退してもよいのでしょうか?
例えば、建物前面に間口7m、奥行3mの庇があった場合、建築面積は(1)14m2でしょうか。それとも、(2)10m2にしてもよいのでしょうか?
教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

常識的には14m2でしょう。
3方向(両側も)免除してもらった事も確かに何度もあります。
ただし自走式の例では恐らく建蔽率にかなり余裕が有ったのでは?。

今年同様の例で一応役所に確認したのですが条文の・・・施工令の2条の2を引き合いに出し「壁又は柱の中心線云々」(じっくり読むと納得行くと思います)を根拠とする為うちでは認めていない、と言われましたね、けだし正論と納得しました、ただし「建蔽率に余裕が有れば解釈も変わるかもしれませんが」、なんて頼りないオマケも付いてましたが。
>庇でも、4方向のうち1方向にしか壁が無いのであれば、同様に、3方向について緩和が受けられると思ったのですが...。
御免なさいよく理解出来ないのですがとにかく壁から庇が出ている、庇を支える柱も無い、となれば原則両側は認められないはずです。

所轄に聞いてみて下さい、それが間違いないでしょう。

Q吹き抜けの面積 ベランダの面積と壁量計算

自宅には、一階と二階部分にベランダがあります。このベランダには筋交いがついていますが、ベランダの筋交いも壁量計算に入れるのでしょうか?また、一階にはウッドデッキがあり、ウッドデッキにも筋交いがついています、ウッドデッキの筋交いも壁量計算に入れるのでしょうか?
また、1/4分割法でバランスチェックなどをするときには、吹き抜けの面積や、一階ベランダ、二階ベランダの面積も入れるのでしょうか?

Aベストアンサー

筋交と思うその上下を見て下さい。それが構造体と接続されていれば構造体の一部である事もあります。基礎や梁と接続しているかどうかです。また、床面積として算定する部分のみ計算します。

Q<建築面積>及び<延床面積>の購入後の変更について

今年の夏に分譲マンションを購入しました。11月に管理組合に出席したら、重要事項説明書で<建築面積と延床面積が変更になりました。>とサラッと流されました・・・数字が全然ちがいました。<設計住宅性能評価及び建築住宅性能評価及び住宅性能保証>を取得しているハズなのに建築後に変更ってありえるんですか?何度も問いただしたのら、12月に建築会社に確認して、説明するとの事でした。・・・・そもそも
建築面積及び延床面積ってなんですか?

Aベストアンサー

私も、マンション設計をするものです。

まず、他の方も書いていますが、少し素人さん向けに。
建築面積は、建築物を真上から見た面積。
(水平投影面積分になるのです)。マンションとかならば
だいたいワンフロア分になりがちです。
延床面積は、建物全体の床の面積の合計です。

現在、建築関係の申請がどのような状態なのか
わかりませんが。

建築面積、延床面積は計画が変わらずとも面積は
変わるものなのです。
緩和面積というのあるので。
廊下とか開放されている開放されていないという
区分けで、面積算入になったりします。
(法的に開放されているという意味です)
そして、その算定法も行政によって違う事もあるので
計画が変わらずとも面積は変動する時があります。

ただ、確認申請が終わった状態でそういう変更を
する事は滅多にはないですが。設計住宅性能評価及び
建築住宅性能評価及び住宅性能保証も。

ただ、考えられるのが、そういう正式の申請前にパンフレット
や書類を作製してしまっていたという事かなぁと思います。

施主さんいは、早く内容がわかっていても、
まとめて訂正した方がいいので(個人的関るものは別ですが)
報告がおそくなる場合はあるでしょう。

それと、工事中に他の方の住戸のプラン変更あって、形状は
変わらないが、算定上変更になってしまったとか。

いろいろ面積的には、変更になるケースは珍しくはないです。

私も、マンション設計をするものです。

まず、他の方も書いていますが、少し素人さん向けに。
建築面積は、建築物を真上から見た面積。
(水平投影面積分になるのです)。マンションとかならば
だいたいワンフロア分になりがちです。
延床面積は、建物全体の床の面積の合計です。

現在、建築関係の申請がどのような状態なのか
わかりませんが。

建築面積、延床面積は計画が変わらずとも面積は
変わるものなのです。
緩和面積というのあるので。
廊下とか開放されている開放されていないという
...続きを読む

Q建物面積と(延べ)床面積の違い

これらに違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.4です。

なるほど、No.5さんへの返答でやっと質問の趣旨が理解できました。ごめんなさい。


「不動産売買や不動産登記」と「建築」は、やはり別の観点で考えなければならないと思います。

登記を含め不動産に関わる事は、民法と密接な関係があり(建築に関する規則も然りですが)、「権利の主体」に重きを置いているのではないかと思います。

マンションなどの区分建物の登記は、壁芯ではなく内法(内壁)で床面積を出しますが、専有部分と共用部分の権利を明確にしていると言えると思います。
規約によって共用部分とされた、専有部分に通ずる廊下や階段室等の共用に供されるべき部分は区分所有権の目的となりません。
(壁に関してはどちらに属するのか判例はないようですが、壁自体は共用部分、壁の内側の内装部分は所有者の専有部分と考えるのが妥当です。)

不動産取引や登記に関してはそのような権利の主体(民法総則)に重きを置いていると思われますので、建物そのものに関する規則である建築に関する決まりごととは、ある部分は根本的に切り離して考える必要があるのではないでしょうか。

建物面積という表現ですが、表示の登記には地積測量図や建物図面というものがあり、その書式を元に登記がなされていますね。
そのような登記上の書式や今までの慣習から、不動産にたずさわるサイト等は、そのような表現をもしかしたら使っているのかもしれませんね。経緯は定かではありませんが、登記に関するその表現に問題はないように思います。


どちらにしろ、皆の生活基盤においての人々の生活の快適性や健康、安全等を考慮した街造りをめざすための建物造りである建築と、「個々の権利の保全を目的とした」不動産登記や取引は、似かよった部分が当然あるにしろ、違った規則・基準なのであり、建築基準法等との完全一致を求めること自体が混乱する要素となってしまうと思います。

建築に関する規則は、その建物自体が他の建物や周りで生活する人々に影響を及ぼすため、公共の福祉の制約を受けている規則ともいえ、権利状況・物理的状況を記録し、個々の財産や権利等を保全・証明するための不動産登記法や区分所有法とは根本的に異なります。

同じように建築にも当然のこととして権利等の法的要素はあるにしろ、目的が違う規則同士を完全一致、統一させなければならないわけではなく、登記には登記の、不登法には不登法の決められた規則があり、民法の一物一権主義の例外をなすために区分所有法が民法に優先することによって個々の区分所有者の権利を守る規則となり、また、建築には建築の規則を設けることにより、社会全体の利益と秩序を守って円滑に運営しているのだと思います。

建物面積というものが、不動産に関する規則で定義されているのかは聞いたことがない案件なので私には分かりませんが、建築基準法と異なる表現自体は問題ないはずです。不動産登記法等で別の表現が定義されているのなら別ですが。


またまた回答にはなっていませんが、ご了承下さい。

No.4です。

なるほど、No.5さんへの返答でやっと質問の趣旨が理解できました。ごめんなさい。


「不動産売買や不動産登記」と「建築」は、やはり別の観点で考えなければならないと思います。

登記を含め不動産に関わる事は、民法と密接な関係があり(建築に関する規則も然りですが)、「権利の主体」に重きを置いているのではないかと思います。

マンションなどの区分建物の登記は、壁芯ではなく内法(内壁)で床面積を出しますが、専有部分と共用部分の権利を明確にしていると言えると思います。
規約によっ...続きを読む

Q建築面積について

運送会社に勤務しているのですが、車両収容スペースの件で建築面積についてご教示ください。荷捌き場(トラックが接岸して荷物の積み降ろしをする場所)から大きく屋根(軒)部分が張り出しているような建物(張り出した屋根部分を支える地面からの壁・柱が状態)の場合、建築面積は、屋根全体の大きさを捉えているのでしょうか?それとも荷捌き場のみなのでしょうか?

Aベストアンサー

建築面積は、以下のように算出します。
柱または壁の中心線により囲まれた部分と庇の出の先端から1m減じて残った部分の面積を合計した面積。

Q10m2以下の物置は確認申請上、建築面積や床面積に含まれるか

10m2以下の物置は確認申請上、建築面積や床面積に含まれるか
知りたいです。
カーポートを設置するために確認申請を出すのですが、敷地内に10m2以下の物置
(ヨド物置)が2つ置いてあります。
1つの物置が5.43m2で2つ合わせると10.86m2です。
他に建物はたっていません。

この場合、確認申請の既存建物の床面積、建築面積には含まれますか?
ちなみに防火地区の指定はありません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

物置も今の法律では建築物の扱いです。確かに昔は可動なものだといって法解釈が違いました。
基礎がちゃんとしてないと実は既存不適格扱いになることもあります。
面積を換算する物置の定義は中に人が入って作業するものかどうかです。
5.43m2なら大きいのでこの場合は面積に含まれます。

他に建物が建っていない???増築ではないということでしょうか?
家があるとすれば建物の申請から10.86m2建築したことになり本当はその時点で申請が必要であったということになります。今となってはきびしくいえば手続き違反の状態です。

取り扱いや申請の細かいところは審査機関でご相談ください。
審査期間は違法を摘発するところではないので適法状態にする相談をするとよいでしょう。
審査機関によって実は求められる内容に差がでる部分です。

Q出窓が建築面積算定に参入されない条件の1つに

出窓の建築面積不参入の3つほどある条件の一つに
壁からの水平出寸法が50cm以下の場合は建築面積に参入しないと言う条件がありますが
この場合の50cmは外壁の面からでしょうか?
それとも外壁の中心線からでしょうか?
諸解説には外壁面からの絵で解説しているものが多いように思えますが
中には中心線から50cmで解説しているものもあります。
どっちが正しいのでしょうか?
また、これはどこの出展ですか?

Aベストアンサー

おなじみの図の出典は例の住指発115号だと思っていましたが、今、国交省のデータベースで検索してみてみると115号には図がないみたいですね。(通達が出された当時どうだったのかは不明)
でも、26号の方にはちゃんと図が添付されているので、115号の通達にはもともとは図がなかったのでしょうか。
直接通達にリンクできないので、データベースで検索してください。(すぐにヒットするはずです)

 http://wwwkt.mlit.go.jp/notice/index.html
・住指発第二六号 (昭和三九年二月二四日)
・建設省住指発第一一五号 (昭和六一年四月三〇日)

115号の文章の当該部分を読んでみると、
 ロ 周囲の外壁等から水平距離五〇cm以上突き出ていないこと。
となっています。
どこからかは明記されていませんが、面積関係の取り扱いは壁芯ということになっているので、この情報からだけだと壁芯と判断してもよさそうに見えます。


一方、さらに(まぼろしの?)図を求めて検索してみると、横浜市の法令取扱い基準に以下のものを見つけました。
(出典は、神奈川県行政会議のようです)
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/guid/kenki/kijun/
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/28281.pdf
このなかに、おなじみの図と解説が書かれていますが、
説明文のほうには、『d:周囲の外壁面からの水平距離』という記述があって、これだけ読むと「外壁面」と読取れます。
(原文も掲載されていますが、そちらには当然「面」とは書かれていません)

通常は外壁を同じ構造にしていれば、芯-芯でも面-面でも寸法は同じなのでどちらも同じ結果になると思いまずが、その後の棚付きの平面図をみると、そのまま包絡線を面積として算入するような解説になっているので、図のシングルラインの意味するところは面積算定用のライン(=壁芯など)と解釈することができそうです。(あくまで神奈川の場合ですが)

いずれにしろ、大元の出典は115号でしょうから(そちらには「面」とは書いてない)こちらを解釈するのが良さそう。
結論的には#1様と同様、面積算定の芯でよいと思いますが、最終の確認は主事に…

おなじみの図の出典は例の住指発115号だと思っていましたが、今、国交省のデータベースで検索してみてみると115号には図がないみたいですね。(通達が出された当時どうだったのかは不明)
でも、26号の方にはちゃんと図が添付されているので、115号の通達にはもともとは図がなかったのでしょうか。
直接通達にリンクできないので、データベースで検索してください。(すぐにヒットするはずです)

 http://wwwkt.mlit.go.jp/notice/index.html
・住指発第二六号 (昭和三九年二月二四日)
・建設省住指発第一一...続きを読む

QL字型、コの字型の一戸建て住宅

L字型やコの字型の一戸建て住宅は四角に比べてどうでしょうか?
(1)建坪が同じ場合、値段も高くなるのでしょうか。
(2)居住性は狭く感じますか? 中庭のようなものを造れれば.. というところからLやコの字型です。
(3)耐震性はどうでしょうか? マンションであればコーナー部が弱いというのを聞いたことがありますが、一戸建てぐらいの大きさではあまり影響がないように思っています。

Aベストアンサー

 拝見しました。
■1
 四角と比較して、L字型やコの字型は建坪が同じでも、構造的な部分(躯体費用)での差額が大きくでると思います。
 外壁についてはL字型は四角と比較して差額はないものと考えれますが、コの字型は差額上乗せ分が発生します。

■2
 間取りによります。
 
■3
 耐震性については、いずれの形にしても構造計算上、躯体については考えられていますので、後は施工がしっかり出来ているかによります。
 四角と比較してL字型・コの字型の入隅部分での接合をしっかり施工しないといけません。

 中庭をお考えの様ですね。
 中庭をお考えの際は、開放感をもたせた外構(塀など特に)プランをお考えになられた方が、狭く感じない様にもなりますよ。

Q建築面積について

先日家を建てました。
建築家さんからいただいた資料で、建築面積と1階床面積が2坪分違っていたのですが、そもそも建築面積と床面積の定義は何なのでしょうか?

Aベストアンサー

●床面積とは、基本的に靴を脱いで、我々が生活する部分の面積です。(玄関も入りますが、バルコニーは床面積には入りません)

●建築面積とは、上記+建物から1m以上屋根のある範囲です。(雨に濡れない)例えば、玄関ポーチや1m以上あるひさし部分などです。

上記が違いです。

質問者さんの場合は、2坪分(6.6m2)屋外に屋根のある部分(床以外)があるのでしょう。

Q建築面積に入らない外部床材ってありますか?

今回、住宅を建てる事になったのですが、建蔽率が厳しいので案を貸してください。といいますのは、内部を要望の広さを確保するとバルコニーが確保できません。広いバルコニーがほしいのですが、床を張ると建築面積にはいるらしく基準法違反になりだめみたいです。そこで、テレビか何かで見たのですが、側溝のふたの鉄みたいなもので住宅用はありませんか?工法は木造です。安いに越した事はありませんが、何かいいものありませんでしょうか?検査の後に施工するようなものはパスです。拘りが多く難しいとおもいますがお願いします。担当者の方もあまりやった事がないらしいので・・・。

Aベストアンサー

追加にお答えします。
バルコニーを2・3階に設置したいとの事ですが、この場合バルコニーの荷重を支えるために柱が必要となり、建築面積に含めなくてはなりません。
また、床をスノコ張りにしても、柱で支えるわけですから建築面積に含まれます。
如何しても、建蔽率に余裕が無いなら一階で考えなくてはいけません。
バルコニーの床材については、他の方の意見で出尽くしていますのでそちらを参考にしましょう。
ご再考をしてください。
そうしないと建築基準法違反となりますよ。
建築確認申請も許可されなくなりますよ。
ごまかしても検査済証が取れなくなり銀行融資もパーになりますよ。
再考しましょう。
ご参考まで

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング