ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

こんにちは。

先程、バイク(250cc)を停めようとサイドスタンドを下ろしたのですが、スタンドが完全に下りてなくてバイクを倒してしまいました。
これはこれでヘコみまくったんですが、ガソリンのようなものが漏れだしていました。普通の状態では漏れません。

それからバイクを大きく傾けてみると下にのびたチューブからまたガソリンの様なものが漏れてきました。においからガソリンと思います。

バイクを大きく傾けると燃料が漏れ出すものなんでしょうか?
また、ガソリンの漏れ出すようなチューブは何の為にあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

過去に同様の質問があります。


http://question.excite.co.jp/qa2519806.html

>漏れ出すようなチューブ
は、ガソリンを逃がすためのチューブです。
倒れたときにガソリンがエンジン内に流れ込み、ガソリン浸しにならないよう、オイルにガソリンが混じって薄くならないように逃がすためのものです。
あなたのバイクはメーカーの設計どうりに機能していますね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

過去の質問を参考にさせて頂きました。
そうなんですか。あれはその為のチューブだったんですね。
ガソリンが漏れ出すのは普通のことがわかり安心しました。
ありがとうございました。
 

お礼日時:2006/11/26 14:02

キャブレターには、ガソリンを貯める小さなスペースがあり、中には水洗トイレのタンクと同じような仕組みがついています。

中のガソリンが減るとタンクからガソリンを流し、一杯になると止めます。

この構造に何らかの問題が起きた場合や、熱膨張でガソリンが膨張した場合(ガソリンは水よりも熱膨張率がかなり大きい)に、溢れたガソリンを捨てるのがご指摘のホースの本来の目的です。

しかし、バイクを大きく傾けると、ガソリンが溢れたのと同じ状態になり、チューブからガソリンが出てくる事があります。これは別に故障ではありません。通常走行でガソリンが止まれば何の問題もありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

キャブレターが以上を感じガソリンを溢れるのを防ぐがためにホースからガソリンが漏れ出していたんですね。
故障の症状ではなくて安心致しました。
ありがとうございました。
 

お礼日時:2006/11/26 14:13

キャブレターの原理にかかわる問題なので、絵があれば簡単なんですが。

大気圧と吸気圧の差を利用して、ガソリンと空気の混合気体を作るものがキャブレターです。そのため、常にガソリンの量を一定に高さにしておく水槽のようなものとフロート弁とオーバーフローの配管がはいっています(高架水槽やトイレのロータンクと大きさが違うだけでまったく一緒の構造です)フロート弁がバイクが横倒しになったときフルオープンするのと、液面がオーバーフローの入り口より高くなるので、オーバーフローのチューブの先(漏れたときバイクを汚さないよう、車体の一番低いところまでもっていってあります)からガソリンが漏れます。バイクを走っていない状態で傾けると同様のことになりますが、走っているときは遠心力で常にとめているときと同じ方向に加速度がかかりますので(車と違うところです)液面は変わらない。すなわち漏れません。
何のためというために、いいかえると、キャブレターの内部の大気圧と液面の物理的なセンサーでかつ校正機能の役割ですね。最終機能としてはオーバーフローしたガソリンを廃棄するパイプです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
 
バイクに関しては無知な私ですが、しっかり原理があり適切に作動している事を知り勉強になりました。
ありがとうございました。
 

お礼日時:2006/11/26 14:08

 バイクは、タンクから重力で・・・ガソリンが供給されます


 したがって、外から空気が入らないとガソリンが下に落ちませので、倒れると方向によっては漏れる事があります
 又、キャブレターがオーバーフローすると・・・・・チューブからガソリン漏れますので・・・異常ではありませんよ

https://s133.secure.ne.jp/~s133087/meinte_r3.php
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

URL拝見させて頂きました。
異常なことではなかったんですね。倒してしまい。ガソリンが漏れ出したときは驚きました。
これは普通なことで安心しました。
ありがとうございました。
 

お礼日時:2006/11/26 14:06

私もバイクを立ちゴケさせて、燃料が漏れ出しました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やはり、バイクが倒れた際燃料が漏れるようになっているんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/26 14:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイクから燃料がもれて、エンジンがかかりません。

CBR250RRに乗っているのですが、一ヶ月ままでは調子よく乗っていたのですが、一ヶ月何もしないで車庫に入れていざ乗ってみようと思うと、エンジンがかからずエンジンの下の方からガソリンが漏れているようです。

すぐにバイクやさんにもっていった方がいいでしょうか?
何かバイク屋さんに持っていく前に自分でできることはないでしょうか?

Aベストアンサー

みなさんのご指摘にのとおりキャブのオーバーフローだと思います。エンジンが掛からないのはオーバーフローしたガソリンの一部が燃焼膣内に流れ込んで掛からなくなっているのでしょう。
 その場合プラグを外してセルを回すと勢い良くガソリンが噴出してくることが有ります。もっとたまるとセルでエンジンを回すことが出来なくなります。さらにもっと放って置くとクランクケースがガソリンでたぷたぷになることも有ります。
とりあえずエンジンだけでも掛けたいのであればプラグを外しセルを回しその後新品のプラグをはめて見てください多分掛かります。

御自分で直したいので有ればフローとチャンバーを外しキャブクリーナ等で洗浄し組むだけでガソリン漏れは直ると思いますが同調が狂うのでやめた方が良いと思います。
あまりお勧めしませんがプラスチックハンマーなどでキャブにの下の方を軽くたたくだけでフローとが上がり漏れが止まる事もありますが原因の取り除きにはなりませんから最終的にはバイク屋にお願いすることになります。以上の事が出来ない場合はコックをOFFにするだけにしてください。

Qバイクのガソリン漏れ?

長期間乗らないでおいて、おいたバイクからポタポタとガソリンらしいもの(匂い的に)が出てくるのですがそんな事ってあるのでしょうか?

それとも別のオイルなのでしょうか?

今度、乗る必要になったのですがガソリンなら恐いのですが。。

Aベストアンサー

普通は考えにくいですが、
漏れる箇所はいっぱいあります。
おこりうる順にかいてみると。
○キャブレターのフロートバルブが言うことをきかなくなり、オーバーフローして、そのパイプから漏れている。
○上記原因で、パイプが詰まっており、かつキャブレターのパッキンが不良ならそこから漏れている。
○タンクに燃料コックがついているが、そこのパッキンが不良。
○ガソリンが流れるチューブの接続部が緩んでしまっており、そこから漏れる。
○考えにくいですが、チューブが劣化している。
○これも考えにくいですが、タンクに穴が開いている。
あとはガソリン以外なら
○2ストロークなら分離給油の余分のオイルがどこかにたまっていて、流れ出した
○クランクケースの下からならパッキンの劣化ないしはねじの緩み等でエンジンオイルなりミッションオイルの可能性があります。
いずれにせよ原因をみつけ、修理しておく必要があります。ほっといて自然治癒というのは機械ですので、ありえません。

Qキャブレターのオーバーホールの相場は?

以前バイクのエンジンがかからないということで質問させていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=385457

結局バイク屋で見てもらおうと思って電話で症状を伝えました。
(600cc4気筒エンジン)
キャブのオーバーホールとパッキンの交換で3万円くらいみてほしいと言われました。キャブ内の他の部品も交換すると1万円くらい余分にかかるともいわれました。

さすがに高いなぁと思いましたが修理のためなら仕方ありません。
しかしぼったくられるのも嫌なので、キャブのオーバーホールの相場を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

工賃と部品代含めれば、それくらいになるでしょうね。

でも、バイク屋さんは、あとでお客さんに「あのとき幾らって言ったじゃないか!」と言われるのが嫌なので、高めに見積もる場合が多いです。
実際はもうちょっと安く上がる可能性もあります。

今はどこのバイク屋さんも仕事がなくてピーピー言っていますから、
そんなぼったくるような商売しているところは少ないですよ。
悪い噂はすぐに広まるからね。

そうそう、工賃を値切るのは止めた方が良いですよ。
メカニックはそれが一番頭に来ます。
自分の腕を安く見られるって事ですから。
最初からお客さんの方で、「予算これくらいなんですけど・・・」
と言ってもらえれば、なんとかやりくりしようって気になるかな。

Qバイクのガソリン漏れ 危険性

バイクのタンクから穴などの原因でガソリンが漏れてしまっており、
メタルパテで塞いだ場合、どのような危険性があるのでしょうか。
火災に至るという意見をいただいたのですが、どのように着火するのでしょうか。
そういった知識が浅はかなため、教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>引火点とはどういったものでしょうか。

一応先の回答で書きましたけど 引火点とは、火種があれば燃える温度ということで 例えばその可燃性液体にマッチの火などを付けたとき 液体が燃え出す温度のことです。

ガソリンの場合-20℃から-40℃が引火点といわれてまして その温度以下ならマッチの火を付けたとしても燃えずに火は消えます。

しかし 引火点がガソリンでは、-20℃から-40℃ですから 常温なら火種があれば燃えてしまうということになります。

さらに補足で沸点が30℃からとなっているため 常温では、気化しやすい液体ともいえます。
気化しやすいということは、ガソリンに直接火種をつけなくても その周辺に火種があれば気化したガスに引火して容易く燃え出すというわけです。
最悪静電気でも引火する危険はあります。

後どのくらいガソリンがあるかなって ライターの火でタンク内を覗き込むなんてしてはいけません。

決してタンクからガソリンが漏れる要因は、作らないようにしないとなりません。
また 万が一漏れたらすぐに洗い流すなりして処理しなければなりません。

>引火点とはどういったものでしょうか。

一応先の回答で書きましたけど 引火点とは、火種があれば燃える温度ということで 例えばその可燃性液体にマッチの火などを付けたとき 液体が燃え出す温度のことです。

ガソリンの場合-20℃から-40℃が引火点といわれてまして その温度以下ならマッチの火を付けたとしても燃えずに火は消えます。

しかし 引火点がガソリンでは、-20℃から-40℃ですから 常温なら火種があれば燃えてしまうということになります。

さらに補足で沸点が30℃からとなってい...続きを読む

Q昨日の台風でバイクが倒れてガソリンが漏れてます(泣)で、他箇所をも確認したいのですが。

こんにちは。
昨日の台風の暴風のせいで、バイクが倒れていました(泣)
他のガソリン漏れの回答を見せていただいたら、ガソリンの漏れている所をよく観察して、漏れている所が原因なんですよね。
他に倒れたときの衝撃でダメになっている所がないか確認したいのですが、何をポイントにチェックすれば良いでしょうか?
バイクに詳しくないのでよろしくお願いします。
おのれ!台風16号め!(怒)

Aベストアンサー

大抵のバイクは、倒れるとガソリンがもれます。
これは故障とかではなく、そういう造りの物だと思ってください。
ですから、バイクを起こしてみて、ガソリン漏れが止まれば、特に問題ないと思います。
漏れが止まらない場合には、どこから漏れているのかを確認して、適切な対処が必要です。

その他の点検場所については、倒れた時に地面などに直接ぶつかる場所、ハンドルやレバー、ウインカーやペダル類を中心に損傷やゆがみ、曲がりが無いか良く調べてみてください。
ブレーキレバーなどは、亀裂が入っていたりすると、グッ!っと握った拍子に折れてしまい、ブレーキが効かなくなる事がありますので、よぉ~く調べてください。

Qガソリン漏れでも運転して大丈夫??

4ヶ月程前、ガソリンを満タンに入れたところ、
ガソリンが漏れていることに気づき、
修理に出しました。
タンクの上部にヒビがあるのかとも思いましたが、
ホースとの接続部分がボロボロになっていたので、
そこが怪しいだろうということで、
その部分のみ、修理してもらいました。

その後、何となく怖いので、
ガソリンは満タンに入れず、乗っていました。

昨日、遠出をするので、試しに満タンに入れてみたところ、
やはりガソリン漏れがありました。

しばらくして漏れが収まったので、
そのまま家へ帰りました。

土曜日に、どうしても車で出掛けなければならない所があります。
今回の目的地には、急激な上り・下り坂もあり、
タンク上部にヒビがあるとして、漏れる心配がないかどうか不安です。

そのような点も踏まえて、
ガソリンを満タンにしなければ、
運転しても大丈夫でしょうか・・・?
(これまで大丈夫でしたので・・・)

修理には一週間くらい、時間がかかると思われます。
それほどの問題がなければ、
このまま行ってしまいたいと思います。

どなたか、アドバイスをお願いいたします。

4ヶ月程前、ガソリンを満タンに入れたところ、
ガソリンが漏れていることに気づき、
修理に出しました。
タンクの上部にヒビがあるのかとも思いましたが、
ホースとの接続部分がボロボロになっていたので、
そこが怪しいだろうということで、
その部分のみ、修理してもらいました。

その後、何となく怖いので、
ガソリンは満タンに入れず、乗っていました。

昨日、遠出をするので、試しに満タンに入れてみたところ、
やはりガソリン漏れがありました。

しばらくして漏れが収まったので、
その...続きを読む

Aベストアンサー

輸入車のカテゴリーに書いていらっしゃいますが
どちらのメーカーの車にお乗りなのでしょうか?
前回の修理はディーラーに入れられたのでしょうか?
単刀直入に言うと
その車に乗られないほうがよいと思います。
すぐに再度修理に出してください。
前回修理したのに症状が改善されていないとなると直接の原因が別のところにあるのかもしれません。
それにガソリンは引火性の物質です。
もし、もれたガソリンに引火したときには取り返しのつかないことになるのは目に見えています。
修理にだされる先で代車を借りることは出来ないでしょうか?
うちはフォルクスワーゲンの車に乗っているのですが
ディーラーに修理に入れるときはいつも代車を用意してもらえますよ。
我が家の車もガソリン漏れで修理に出したことがあります。
そのときはガソリンタンクを丸ごと交換で
パーツを本国から取り寄せるのに2週間(これでも通常、船便のところを飛行機便で送ってきたそうです。)
修理完了までに1ヶ月ほど車を預けました。
車種にもよると思いますが・・・

Qオーバーホールしたはずのキャブからのガソリン漏れ。

キャブレターからガソリンが漏れていたのでバイク店でキャブレターのオーバーホールをしてもらいました。

オーバーホールの際フロートバルブが悪いとのことで交換してもらい一旦は漏れが収まりましたが
暫くするとキャブのつなぎ目からガソリンが少しずつ滲み出てきました、

原因は何が考えられるでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

原因は2つ フロートバルブとフロートバブルシートの段付き磨耗です ゴミが中に詰まって確実に閉まらない事も有ります。2番目Oリングパッキンが 溝にはまって無いかもしれません(滲んでいる所の)慎重にはめないと 噛み合い傷が付き滲みます。この回答はあくまで フロートがきっちり付いている事フロートレベルが基準値である事 ネジが締まって事が前提です。以上回答です。2級整備士より。

Qバイクを転倒させたとき、給油口からガソリンが漏れるのは普通ですか?

風でバイク(原付)が転倒し、油が給油口から漏れていました。これは普通のことなんですか?

Aベストアンサー

普通です。倒れるとガソリンが漏れます。

Qエンジンが吹けあがらないんですが・・・

ホンダのR&P(マフラーとパワーフィルターを換えてます)なのですがエンジンはキック何発かでかかりアイドリングも続きます。でも、アクセルを半分位あけたるとボコボコいってエンストしそうになります。発進時は順調なんですがアクセルを開けていくとエンストしそうになりまともに走りません。キャブは分解して洗浄しました。プラグは良い色だとおもいます。いろんなホームページ等で調べているのですが点火時期やタペットクリアランスなんかも関係しているのでしょうか??タンクに入っているガソリンが一年くらい前の物なんですが関係ありますか??どなたか詳しい方よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ガソリンタンクの中の水が錆びを呼んだのでは?
今まで修理したバイクでガソリンタンクが錆びついて吹けないバイクがありました。
ガソリン抜いたら中が錆びだらけでストレーナーまで詰まり、かなり苦労した覚えがあります。
根気良く清掃してください。
マフラーを変えたときに、始めは吹けていたのですか?
部品を変えた時は不具合が出る場合があるので、ジェットやパイロットスクリューなど見なおしてください。

Qフロントフォークからオイル漏れ。そのまま乗り続けたらどうなる?

カワサキ750ccの正立フロントフォークのバイクです。

数日前に片方(左)のフォークからオイル漏れが始まりました。
修理代のことを思うと、漏れたオイルを拭き取りながらついついそのままの状態で乗ってしまって今日に至ってます。
今のところ、操縦性・乗り心地に変化は無いように感じます。

このまま乗り続けたら、オイルは全部抜け切ってしまうのでしょうか ?
操縦性・乗り心地は悪化してゆくのでしょうか ?
最悪、転倒事故に至る可能性が生じるのでしょうか ?
修理を延ばすと損傷が広がるなどして、後に大掛かりな修理になるのでしょうか ?
このまま乗り続けても大丈夫でしょうか ?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔HONDAのCBで片方のオイル漏れの経験があります。
操縦性で変わるところは、フロントがバンプするときですが、一番怖かったのは、コーナーの突っ込み時にフロントの押さえが効かなくなることでした。
フロントの押さえが効かないと、バイクがよれ?てラインが乱れました。

ゆっくり乗っていればそのようなこともないのですが、使い方によっては、転倒や事故の引き金になる可能性もありますね。

オイル漏れは、Fフォークのオイルシールが逝ってるように思いますが、修理を少々先延ばししても損傷が広がるとは考えられないです。(私の乗ったのは、殆ど抜けてました。)

なお、オイルシールの逝った原因がインナーチューブの錆とか傷だと、インナーチューブも交換しないといけませんからその時は少し高く付きます。

どちらにしましても、緊急時の操縦安定性に影響してくるところですから、早急に修理された方が良いと思います。
オイルシール交換だけなら、数千円(工賃の方が高い^^;)で出来るんじゃないでしょうか。


人気Q&Aランキング