変形性頚椎症で今年の9月に頚椎6番、7番の前方固定術を行い、10月に頚椎5,6番の椎間板ヘルニアの手術を行いました。今現在、退院して、仕事も復帰しておりますが、首から背中の痛み、手足の痺れ等、改善されておりません。主治医の先生からは、冷えから来ているのではないか、痺れも2~3ヶ月もすれば、直ると言われました。術後約2ヶ月なので、このような症状は、当たり前なのでしょうか。痛くて、まともに寝れません。
頚椎の手術をされた方、あるいは、専門の方、ご意見の程、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は8月に頚椎5,6番の外傷性ヘルニアの前方固定手術を行いました。

私の場合は症状がかなり酷く両腕の痺れのとれる確率60%痛みは時間の経過とともに無くなるとのことでした。手術前の説明では低い確率ですが場合によっては症状が改善せずしかも酷くなることもあると聞きました。

術前よりは遥かに良くなりましたが、両腕の痺れと一部の痛み握力低下 指の麻痺が今も残っており(痛みは日付薬で取れるそうです)、飲み薬で誤魔化しています。今だ仕事にも復帰出来ていない状況です。(気候で痛み加減もかなり違います)
この状況でも外科手術的には大成功だそうです。
(症状が進行せず改善がみられている、圧を取り除けた)
神経に傷が付いている場合は完全に修復することがないので私の様に後遺症が残るらしいです。
※この手術は症状が進行しないと言うのが一番の目的のようです。
治療がんばってください。
    • good
    • 20
この回答へのお礼

有り難うございます。
お互いにがんばりましょう。

お礼日時:2006/11/28 07:51

症状としては軸性疼痛と呼ばれる合併症かもしれません。

ただまだ術後2ヶ月なので症状としては多少はあってもおかしくありません。もう少し経過を見て6ヶ月から1年ほどの経過を観察する必要があるかと思います。また手足のしびれ等に関してはもともとの圧迫度合いによっては改善されないことが多いとされています。しびれの程度にもよりますがしびれは神経の障害が末期の状態で起こることが多いため術後の圧迫を解除されても改善されないことが多いとされています。
    • good
    • 3

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

頚椎や腰椎の手術は、多くの場合「進行を防いで脊髄が圧迫され四肢麻痺になるのを防ぐ」のが最大の目的です。

ほっておけば歩けなくなる、手が使えなくなる、ことを防ぐのが最大の目的で、手術前の症状がとれるかどうか、は保証は無いのです。

この点に大きな誤解があって「手術前よりも症状が良くなる」「楽になる」という説明を医師から受けているかもしれませんが、現実的にはそうはうまくいきません。

おしゃる症状が手術前から続いているようであれば、今後も続く可能性はあります。

「主治医が2-3ヶ月もすれば直る」と言っているので3ヶ月以上経って直っていなければ「直らないじゃないか!」と言ってみてください。医者はいろいろ言い訳を言うと思いますが、そもそも手術をした方の3割くらいは、自覚的症状は手術前に比べて「変化なし」なのです。これは手術が失敗したのではなくて、手術するまでにすでに不可逆的(直らない)変化が脊髄に起きてしまっていたからです。手術は「もっと悪くなる」ことを防ぐ点では成功しているのですが、患者さんの満足度とに開きがあります。

脊髄の手術はそういうものでもあります。
    • good
    • 37
この回答へのお礼

いろいろと調べたら、症状が改善された事例しかなかったので、ひょっとしたら失敗ではないかと思っていました。
症状の進行を防げたと思えば、やはり手術は成功だったとおもいます。
有り難うございました。

お礼日時:2006/11/26 16:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q頚椎神経症の手術

70才男性、同年輩としては運動もする方です。
MRI所見で頸椎神経に複数の狭窄(くびれ)があり、手足の痛み、しびれがだんだんひどくなりました。
痛み止め等の薬服用もほとんど効果ありません。
医師には「加齢により一般的に多かれ少なかれ現れる症状で、あまり勧められないが最終的に解決するには手術しかない…」と言われました。
それほど危険な手術でしょうか、また結果がおもわしくない場合どんな症状に見舞われるのでしょうか、いまいち踏み切る勇気がありません。
専門家、経験者のご意見拝聴できればと思います。
寝ても起きても毎日がつらいのです。

Aベストアンサー

No,2です。

>薬の件については同感です。

処方されたお薬はなんですか?
痛み止めではなく、非ステロイド系の炎症止めでないですか?
痛み止めと炎症止めは別物です。炎症が治まれば自然と痛みは消えますが。

>血管を閉じて血流を悪くし、体温を下げ、体の自然な治癒力を大幅に
低下させます。知覚を鈍化させた結果、痛みを感じなくさせる恐ろしい
薬なのです。

ではなぜ病院に行くのでしょうか?
病院は手技で治療するところではないので、だいたい薬で治療です。

根拠のない理論で不必要に不安を煽り、サプリメントなどの民間療法
を薦める輩がいます。
ただ処方薬はしっかりしたデータがあります。
そのデータがあるので副作用とかも、しっかり開示できるわけです。
薬を飲まず食事を減らす方法は、良くなった例と悪くなった例を
症状別にデータにしているでしょうか?おそらくしていないでしょう。
そんなのは所詮個人の経験にしか過ぎません。
何百、何千と臨床データを取っている処方薬の方が信用できませんか?

またお薬は、そのほとんどが自然界からの物質を使用しています。
これを最初に聞いたときは、私自身、薬全部が化学的に合成されたもの
だと思っていたので、正直驚きました。
自然界にも少なからず毒(副作用)はありますが、
飲まなかった毒を考えてみてください。

炎症を放っておくと症状は悪化の一途をたどります。
椎間板の変性、骨の変形はどんどん進みますよ。
いても立ってもいられなくなり、本当にお辛い状況になると思います。
ステロイドではないのですから、医者の指示通り服用してください。

食事はバランスよく適度に摂取して、お薬は指示通り服用してください。
(副作用があっても胃の調子が悪くなるくらいのことだと思います。)
あとは、ドクターにリハビリが出来ないか聞いてみては?
手術は質問者さんの意思なので、良くお考え下さい。

No,2です。

>薬の件については同感です。

処方されたお薬はなんですか?
痛み止めではなく、非ステロイド系の炎症止めでないですか?
痛み止めと炎症止めは別物です。炎症が治まれば自然と痛みは消えますが。

>血管を閉じて血流を悪くし、体温を下げ、体の自然な治癒力を大幅に
低下させます。知覚を鈍化させた結果、痛みを感じなくさせる恐ろしい
薬なのです。

ではなぜ病院に行くのでしょうか?
病院は手技で治療するところではないので、だいたい薬で治療です。

根拠のない理論で不必要に...続きを読む

Q変形性頚椎症から筋緊張型頭痛?

始めは首痛が酷く整形外科を受診し「経度の変形性頚椎症」と診断され理学療法による治療を始めました。(薬による治療はしていません)
しばらくすると、こめかみ辺りを中心に頭全体が締め付けられるような痛みがあり、脳神経外科(頭痛外来)で診察をしてもらい「頚椎からくる筋緊張性頭痛」と診断されました。(変形性頚椎症の事は話しました)整形外科で頚椎のリハビリを続けていれば大丈夫と言う事で理学療法による治療を週2回ですが2ヶ月続けています。しかし頭の圧迫感(目の回りの圧迫感、頭痛等)がなかなかよくなりません。

変形性頚椎症状から緊張型頭痛になる事はあるのでしょうか?

まだ2ヶ月程度のリハビリですが、このまま理学療法による治療を続けていれば改善の方向に進むのでしょうか?

頭の圧迫感は頚椎と関係ないのでしょうか?

違う病院の診察を考えた方がよいのでしょうか?

頭、首の事なのでとても不安な気持ちが強くでてしまっています。
皆様のアドバイスや御意見を聞かせて頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>補足させて頂きます。枕はビニールパイプの物を使っています

枕とは医学的に見て結構重要なアイテムで、けしておろそかには出来ません。ですから当然選ぶ時も正しい知識を持って、じっくり選ぶ必要があります。これを誤れば、寝違い、慢性的な肩コリはもちろんですが、変形性頚椎症など、頚椎の退行変性を早めてしまう可能性が非常に高いわけです。 「全身性の疾患の原因に成りうる」 と説く医師もいるほどです。百貨店や枕専門店にいる自称専門家や、枕診断士、ピローフィッターなんて人が言うことは真に受けない方がいいと思います。他人にアドバイスするためには解剖学や臨床学などの専門的知識を要します。 しかし現実は、自称専門家の医学の素人が、製造や販売にかかわっているので多くの枕難民が出るのだと思います。例えばある(自称)枕専門店のサイトでは 「枕が肩口に当たるように深く頭を乗せましょう。それが正しい当て方です」 と紹介していますがこれは間違いです。このような医学的知識がない自称専門家の方たちが、巷には沢山いますので十分に注意されてください。

枕の当て方の話に戻りますが、上記の枕の当て方では首が下から持ち上げられる結果になります。この状態では頚椎は前に膨らむようにカーブしてしまいます。頚椎には全身に行く神経の束、脳に行く動脈などがあります。この状態はそれらの走行を妨げる結果になります。例えば頚を上げるような高所の作業 は、短時間でも辛いですし、長く続ければ手の痺れ、立眩みなど起こりえます。きっとご経験している方も多いと思います。ここまで極端ではなくても、似たような状況を作り上げる結果になっています。毎日何時間も頭を支えるものですから、その影響もとても大きなものになります。枕なし、低すぎる枕でも全く同じような状況になりますので注意が必要です。前置きが長くなりましたが、正しい枕の当て方は、頭だけをちょこんと乗せる感じです。しかし慣れていないうちは痛みが出るかもしれません。正しい枕、正しい使用方法に慣れるということも重要になってきます。

では 「最適な枕とは?」 ですね。枕の選びの条件は以下のとおりになります。

・少し厚みがあるもの
・波型など形がついていないもの
・頭の重みで形が変わるもの
・寝て気持ちがいいもの

高さの簡単な目安は横向きに寝たときに、頭が真っ直ぐになる高さ(上がったり、下がったりしないもの)がいいとされています。素材は個人的にそば殻が優秀だと思っています。低反発や高反発は避けたほうが良いかもしれません。しかしどんな素材でも経年のへたりが出てきます。数年おきに新しいものに 変えるのも重要です。

条件に合う枕は新たに購入しなくても家の中にあるかもしれません。どうしても家になければ、形のない枕をとりあえず選び、バスタオルで厚さを調節してみてください。それでもバスタオルで調整した枕は、寝てるうちにずれる可能性がありますので、早めに条件に合う枕を購入されることをお勧めいたします。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

No.1です。補足ありがとうございます。


>補足させて頂きます。枕はビニールパイプの物を使っています

枕とは医学的に見て結構重要なアイテムで、けしておろそかには出来ません。ですから当然選ぶ時も正しい知識を持って、じっくり選ぶ必要があります。これを誤れば、寝違い、慢性的な肩コリはもちろんですが、変形性頚椎症など、頚椎の退行変性を早めてしまう可能性が非常に高いわけです。 「全身性の疾患の原因に成りうる」 と説く医師もいるほどです。百貨店や枕専門店にいる自称専門家や、枕診断士、ピロ...続きを読む

Q東京・埼玉で頚椎全般に強い鍼を教えて下さい

頚椎捻挫かヘルニアによる圧迫か、手にしびれが出ています。
首も痛いです。
原因は交通事故によるものなのですが、一年たっても治らないので、
かなり長い間治療を続けなければならないのだと思います。
牽引・薬・注射以外で(一般的な治療を行う整形外科では治りませんでした)
数日でもいいのですが、痛みを緩和する若しくは治す方法を
探しています。
どこか、いいところがあれば教えて欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

良い鍼灸院の見分け方~3か条~。
1、店構えは関係無い。
 鍼灸師は職人です。職人は受けの良い店構えとかにうといです。
 又そういった院を開く資金が無い場合も多いです。
2、質問する
 聞きたい事があれば遠慮なく質問下さい。
 納得行く説明をしてくれないときは、違う所を探しましょう。
 その先生に掛かると決めたら、決めた間は先生の事を信頼しましょう。
3、実感する
 行く度に改善されてるなと実感出来ることが大きな判断材料です。
 実感出来ないなら、どれ位で実感出来るか?
 又、その通りになるのかを実感下さい。
 良い院かどうかは自身の体に聞くのが一番です。

Q変形股関節症 手術したくない!

私は50代の主婦ですが、変形股関節症です。特に左の股関節の痛みがつよく、台所仕事をしていてもつらくなります。しかし手術はしたくありません。何か良い方法があったら教えてください。漢方、サプリメント、整体どのような方法でも試してみたいと思っています。

Aベストアンサー

整形外科医をしていますので、私の意見はすでに病院でお聞きになっているかも知れませんが、ちょっと裏事情的な内容を。

まず、股関節症治療に対してヒアルロン酸という意見が出ていますが、股関節には保険が適用されていませんので、原則使用できません。

手術をしなければいけないか、という点に対してですが、関節症の場合、これは必ずという物ではありません。というのも、関節症のレントゲン所見と痛みとは相関しないことが知られています。ぼろぼろの関節でも動きは悪いですが、痛みはそれ程でもなく、機嫌良く過ごされている方はたくさんおられます。また、数ヶ月の激痛の後、痛みが改善してくるケースも良くあります。

ですから、手術が必要かどうかは、レントゲンの傷み具合ではなく、あなた自身がどの時点で、どれほど痛みを取り除きたいか、ということにかかっているのです。極端な話、痛みさえ我慢できるレベルなら、手術は必要ありません。
ただ、関節症は日常の動きが激しいとやはり症状は出やすくなります。
症状改善へのキーワードは「局所の安静(杖や手すりを積極的に使う、台所仕事はイスに座って、など)」と「筋力による関節の安定化(特に外転筋といわれる筋肉)」です。具体的には規約違反になりますので、病院で聞いてください。
これらを基本とすれば、色々と試されてもよいとは思いますが、くれぐれも人の弱みにつけ込むような商売に引っかかることのないようにしてくださいね。
軟骨再生に関しては世界中で研究中であり、そこらのメーカーが簡単に開発できる代物ではありません。もし開発すれば、いくら日本のサプリ業界が潤っていると言ってもたかが知れてます。特許をとって世界中の製薬会社に売り込む方が商売としては成立しやすいですし、孫の代くらいまで遊んで暮らせる金が入ってきます。
また、骨盤のゆがみ等の理屈も余りあてにならないことも多いです。骨盤のわずかなゆがみよりも、股関節そのものの変形の方が大きいわけですから。
弱り目につけ込んでくる類が多いですが、ちょっと冷静になれば、何が正しいことか判断できると思います。手術するしないはあなたの判断です。あなた自身がもっともよいと思う道を選択されてもよいと思いますが、確率的には手術した方がメリットは多いと思います。
どうぞ、お大事にしてください。

整形外科医をしていますので、私の意見はすでに病院でお聞きになっているかも知れませんが、ちょっと裏事情的な内容を。

まず、股関節症治療に対してヒアルロン酸という意見が出ていますが、股関節には保険が適用されていませんので、原則使用できません。

手術をしなければいけないか、という点に対してですが、関節症の場合、これは必ずという物ではありません。というのも、関節症のレントゲン所見と痛みとは相関しないことが知られています。ぼろぼろの関節でも動きは悪いですが、痛みはそれ程でもなく...続きを読む

Q認定医と専門医の違い

病院のホームページに各学会の認定医や専門医という表現があります。
No.379166の質問のNO2の回答に専門医(認定医)とありますが、
どちらが正式なのでしょうか?
XX学会認定医?XX学会専門医?もしくはXX学会認定専門医?

Aベストアンサー

>(1)専門医=認定専門医?

以前は単に内科専門医と呼んでいました。日本内科学会がその称号を内科専門医ではなく、認定内科専門医にした理由を正確には知りません。多分マスコミになどで専門医試験に合格していない医師を「この医師は内科が専門です」→「内科が専門の医師」→「内科専門医」となってしまうのを避けたかったのではないかと思います。

>(2)認定医と専門医とは違うので、内科の医師が3人いるからといって、
   専門医ではないのに、みんなの資格名称を専門医に統一はできないですね。
   証明書(賞状のような)を見ないとわからないのですね?

開業医では、認定医証、専門医証を張り出している人もいます。それが無いと患者さんには判らないとは思います。国家資格ではないので、専門医試験に合格をしていなくて、専門医と表示していたら何か罪になるか否かは判りません。不当表示かな?

専門医を取得していない医師でも素晴らしい医師は沢山おられます。但し、若い医師は資格取得に熱心な人が多くなっています。又前回の回答に書きましたように、専門医の取得の有無で診療報酬に差が出て来る可能性がありますので、今後この流れは更に増すものと思います。

内科医が小児科の患者さんを診察する事を先進国の外国の医師が聞いた場合、「よく訴えられませんね」と言われる事があります。やはりその科のトレーニングを受けた医師が、その科の患者さんを診ると言う当たり前の事が患者さんの為にもなる事と思います。

>(1)専門医=認定専門医?

以前は単に内科専門医と呼んでいました。日本内科学会がその称号を内科専門医ではなく、認定内科専門医にした理由を正確には知りません。多分マスコミになどで専門医試験に合格していない医師を「この医師は内科が専門です」→「内科が専門の医師」→「内科専門医」となってしまうのを避けたかったのではないかと思います。

>(2)認定医と専門医とは違うので、内科の医師が3人いるからといって、
   専門医ではないのに、みんなの資格名称を専門医に統一はできないで...続きを読む

Q頚椎症性神経根症という病気について

一昨年の6月、頚椎症性神経根症という病気になり

「この症状ではあまり手術をしない」
と言うことで、他の病院でも同じことを言われました。

投薬治療をし、毎月一度の通院をしました。
しかし左肩、肘、手の痛みと痺れが一向に治らず

今年の1月に「頚椎症性脊髄症」という傷病名で
入院し、首の後ろから手術しました。

神経に変形した骨があたらないように
広げて人工骨が4つ入っていました。

肩こりが出るということと、痺れは残るということでしたが
少しでも楽になればという思いで手術に挑みました。

しかしもうすぐ1年ですが、左肩、肘、手の痛みと痺れが
一向に治りません。

疼痛、重い痺れで眠っているとき以外は辛い毎日です。

かなりの薬を出してもらい、ガバベンとデパスは
効いているような気がしますが

痛みと痺れが軽い日はありません。

リハビリのつもりで接骨院に通っていますが
1時間もすると戻ってしまいます。

首を鍛えることも何度かやりましたが
その晩は痛みが激しくなるので止めました。

効く薬や方法を知っていらっしゃる方が
いらっしゃいましたらぜひ教えてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

一昨年の6月、頚椎症性神経根症という病気になり

「この症状ではあまり手術をしない」
と言うことで、他の病院でも同じことを言われました。

投薬治療をし、毎月一度の通院をしました。
しかし左肩、肘、手の痛みと痺れが一向に治らず

今年の1月に「頚椎症性脊髄症」という傷病名で
入院し、首の後ろから手術しました。

神経に変形した骨があたらないように
広げて人工骨が4つ入っていました。

肩こりが出るということと、痺れは残るということでしたが
少しでも楽になればという思いで手術...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>週2くらいで行きます。今はまた痛みがでてますが
楽になるという感触があります。

そうですか、よかったですね!


>はい、完全に治るものではないのは承知しております。

手術もしたのですし、症状は完全に消えるかもしれませんよ。それには
病院を続け、それと並行して鍼灸治療を根気良く続けてみてください。

ご自分では、正しい枕を使い、ウォーキングなど軽めの運動をしましょ
う。少し状態がよくなれば、腕立て伏せなどをして首の筋肉を鍛えるの
もいいと思います。

しかし、直後や次の日に痛みが出るようではやりすぎです。しかし全く
止めてしまっては意味がないので、そこは負荷をうまく調整しましょ
う。痛みが強い時はやらないで下さい。


他にも何かあれば遠慮なくお聞きください。

Q埼玉県内で信頼できる腰痛専門医

この掲示板でも腰痛でお困りの方がかなりおられるみたいですが、私もそのうちの一人です。先日古傷を痛めて腰痛を再発させてしまいました。以前から通っている医者でもある程度までは回復はしますが一時的なので思い切って医者を変えようと思っています。不治の病とは思っていますが、どなたか埼玉県内で腰痛を得意とする医師をご存知な方がいらっしゃいましたらぜひご紹介をよろしく願います。当方上尾市在住です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はさいたま市に住んでいます。
私の場合、接骨院は必ず「加藤整形外科」に行きます。
スポーツ医ということでこの辺では有名です。
腰は痛めたことはありませんが、リハビリもできるのでいいのではないでしょうか?

Q頚椎症性脊髄症(脊椎の病気)について。

最近「頚椎症性脊髄症」という診断をされました。
あまりこの病気について情報と知識がありません。
どのような手術なのか?その後の後遺症、手術以外に治療法はないのか分かる方が居たらお教えて下さい。

Aベストアンサー

○頚椎症性脊髄症とは
http://hilltp-c.hp.infoseek.co.jp/cs1.htm

○手術について
http://akm.jp/qa/c_spine/mye.html

○手術以外の治療法
・牽引療法
・低周波治療
・温熱療法
・鍼灸治療
・炎症を抑えたり筋肉のしこりをほぐすための薬物治療
・頚椎固定装具
・入院しての持続牽引

Q頚椎捻挫で首から音がします。

以前から「頚椎神経根症」なのですが、
(以前も質問させていただきました)
         ↓   
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1063277

それに付け加えてまたご相談したいことがあります。

一週間前に、少林寺拳法を教わる際に、両手を持たれて力いっぱい引っ張られました。
油断していてまったく不意だったので、首がむち打ちのようになって、そのときにしばらく痛くてうずくまってしまいました。

おそらく健康な人ならともかく、以前から頚椎を傷めているので、そのせいでよけいに首にきたのではないかと思います。

翌日から痛みもあったのですが、むしろ首を左右や前後に動かすと、妙な音がするのが気になりました。
文字にはできにくいのですが、「ジャリジャリ」というか「ジュルジュル」という音でへんな表現ですが、
「ジャリピキジュル・・・」と表現したほうがいいかもしれません。なんかヘンですね(^_^;)

これはいったい原因はなんでしょうか?
安静にしていると消えるのでしょうか?

以前から通っている病院に行ったのですが、その音は頚椎の近くの筋肉の音だということでしたが、どうも頚椎から来ているようにも感じます。
頚椎捻挫プラスむち打ちだと診断されました。
意志の言われるとおりなのか若干の疑問もありましたので質問させていただきたいです。

できれば今後のことも考えて(少林寺拳法の道院長からもしっかりと原因を、と言われたこともあり)MRIをお願いしたのですが、以前の診断からみて(レントゲンは撮影済)症状は把握できているので必要ないと言われました。
今は首にカラーをして、薬をもらって飲んでいます。

頚椎神経根症のほうも症状は一進一退でしたが、今は若干痛みが増しています(左胸肩腕と指先に痛み)。
とくに首を後ろや左に傾けると痛いです。

以上、長くなりましたがよろしくお願いいたします。  

以前から「頚椎神経根症」なのですが、
(以前も質問させていただきました)
         ↓   
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1063277

それに付け加えてまたご相談したいことがあります。

一週間前に、少林寺拳法を教わる際に、両手を持たれて力いっぱい引っ張られました。
油断していてまったく不意だったので、首がむち打ちのようになって、そのときにしばらく痛くてうずくまってしまいました。

おそらく健康な人ならともかく、以前から頚椎を傷めているので、そのせいでよけ...続きを読む

Aベストアンサー

低髄液圧症候群だと、首を動かすと「ジャリジャリ」と音がするという患者が多いらしいです。

私も、現在交通事故による低髄液圧症候群になっており、首を動かすとジャリジャリいいます。

一度、低髄液圧症候群の専門医に診てもらってみてはどうでしょうか?
しかも、この病気の診断は専門医にしかわかりません。また、MRIの撮影方法も特殊です。
一般の病院の医師は、平気で診断できるようなことを言いますが、いい加減なことが多いのでご注意下さい。
低髄液圧症候群を診てくれる医師は全国でも少ないので、お近くにあればいいのですが・・・

↓参考サイトですが、私は、直接病院へ電話をして予約を取りました。

参考URL:http://www.npo-aswp.org/list.html

Q脳外科手術の後遺症について。

先日、家族が二回目の良性の脳腫瘍の手術をうけました。
長時間の手術体位によると思われる、腕にしびれ、痛み、違和感が残っています。
しばらくすると治るものなのですか?
(腕の神経には関係のない腫瘍摘出手術でした。)

ネットで調べたところ、、、
麻酔の合併症として,手術後に手や足のしびれや麻痺などの神経症状が永続する場合があり、手術や麻酔,術中術後の体位の異常などで,何らかの神経損傷を起こした可能性があります..と、いくつかのサイトに同じような内容が書いてありましたが、”神経損傷”と聞くと怖い感じがします。なにも治療しないで良いものなのでしょうか?予想外の後遺症だったようで、本人が病んでおります。一般的な事でしたら安心なのですが、下記のような記事も目にしてしまいましたので、気になって仕方ありません。。ちなみに一回目の手術の時はなかったです。。

何年か前の医療事故で<某病院にて、長時間の手術体位で腕のしびれ。示談成立>という記事がありました。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問とは関係ないですが・・・

腕には感覚が残っているのですよね?
感覚が残っていれば神経は生きています。
現在は部分的な損傷を受けていると思われます。

病院から痺れ対策の薬はもらっていませんか?
もらっていなければ医師に相談して処方してもらってください。

医師が薬はいらないと言ったらこの薬を飲んでみてはどうでしょうか?
ビタミンB群・ビタミンEが傷んだ神経を修復してくれます。
http://www.kenko.com/product/seibun/sei_662199.html

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング