【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

無知ですみません!

電話やファックスを多用しており、いまだにフレッツISDNです。

IPSはソネットです。パソコンはパワーマックG3(機種ID510)・TAはINSメイトV30DSUです。

通常は通信速度を64Kbsで使用しておりますが、128Kbsにする事が可能でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

他の回答者のおっしゃるとおり、フレッツISDNでは2つのBチャネルを束ねたMP(128Kbps)での通信はできません。



フレッツISDNではなく、通常の従量制の接続で通信料金を気にしなければ、ISDNで128Kbpsでの通信に対応したプロバイダがあれば可能だと思います。
フレッツISDNが普及する前には、128Kbps対応のプロバイダが一部あったと聞いたことがありますが、今現在あるかどうかはわかりません。

おそらく、現在ISDNで128Kbpsで通信しているのは、企業の拠点同士のデータ伝送など、ごく限られた用途ではないかと思います。

128Kbpsで通信すると言うことは、2つしかないBチャネルの全てを使ってしまうことですから、通信中は電話やFAXの発着信はできないことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2006/11/27 08:57

フレッツISDNでは出来ません。



テレホーダイ契約してアクセスポイントとプロバイダと128kbps通信可能なTA(ISDNルータ)あれば深夜から早朝「128kbps」通信可能です。
(定額)

昼間も128kbps可能だが通信料かさみます。
プロバイダと同じ建物に入居して、内線電話でプロバイダにかかるときは(^^)128kbps通信費無料です。プロバイダ料金は5000円/月。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2006/11/27 08:59

フレッツISDNは基本的にBチャンネルx1の64K通信のみです。


B2通信128kは対応していないはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2006/11/27 09:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QISDNの速度

ADSLの速度は飛躍的に増加していますがISDNは何故
64Kのままなのでしょうか。

Aベストアンサー

ISDNもADSLも似たような通信方式です。
搬送波(テレビで言えばチャンネルの周波数)に、4kz(1秒間に4000回)の信号を入れます。
1回に送れるデジタル信号は16ビットです。
16ビット×4000回/秒=64,000ビット/秒=64kビット/秒

ISDNは同時に1チャンネルまたは2チャンネルしか扱えない規格なので、64kb/S、128kb/Sとなります。

一方、ADSLは信号の効率的利用と搬送波の周波数を上げ、幅広い周波数帯域で(TVにたとえるとVHFもUHFも)同時に100ch以上のチャンネルを同時使用します。

64kb/s×100チャンネル=6400kb/s=約6Mbps以上

12Mとか50Mとかありますが、単純には○M/0.064 のチャンネルを同時使用していると考えて下さい。

ISDNは遠距離であっても不公平無く使ってもらうため、今以上周波数帯域を広くできません。
ADSLは距離が遠くなると使えないことを前提にしていますので、いくらでも?周波数帯域を広げて公称速度をアップしています。

QフレッツISDNで128kで接続するには?

現在フレッツISDNを使っているのですが、やはり回線が遅いため、どうにかして速く出来ないかと悩んでいます。
以前、2回線分を契約して使っている・・・というような話をネット上で見かけました。
実際に”2回線を契約して使っている”という方にお聞きしたいのですが、その場合に回線のスピードは128kで使えるのでしょうか?
もし使えるようでしたら、どのような機器をどのような環境で接続しているのかをお聞かせいただければと思います。
こちらの現在の接続環境はフレッツISDNに最大3台のPCがアクセスしていて、うち一台が回線のほとんどを占有しています。他はHPを見る程度です。
どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の友人が使ってますが「OCNエコノミー」というサービスがあります。
以前はもっと高かったのですが、どうやらちょっと安くなったようです。

http://www.ocn.ne.jp/ocnweb/service/eco/index-e.html

友人がこれを利用してるのは「固定IPアドレス(最大8個)」が欲しかったのと、光どころかADSLも来ない田舎に住んでいて、64kでは何ともならないと感じたのがきっかけでした。
これですと専用線ですから電話が切れることもなく、定額でつなぎ放題です。
ただ固定IPアドレスが不要な方にとってはこの値段設定は納得できかねると思いますが、田舎でサーバーを運用する方には十分納得の行く(他に手段が無いのでそう思うしか)価格と思います。
値下げを機に加入されたユーザーも多いのではないかな。

Q光・ADSL・ISDNの違いについて

インターネットで光・ADSL・ISDNと言う単語をよく見るのですが。
違いは何でしょうか?出来るだけ初心者なので分かりやすく説明して頂くとありがたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

光ファイバは、極めて高速にインターネット通信のできるサービスです。光ファイバの速度は最高速度100Mbpsであり、これより速いものは、個人向けサービスとしては、事実上、光ファイバとCATV用のケーブルを併用して最高速度160Mbpsを出すものしか存在しないと思います。ADSLと違い、データを引き落としてくる時も、データを送り出す時も同じ速度なので、例えば、これからホームページを作り、そこにデータ量の大きな画像や音楽ファイルなどを組み込もうとする場合、ADSLよりはるかに快適な作業ができます。弱点は、まず、(1)光インターネットだけなら問題になりませんが、電話まで従来の金属線から光ファイバ上に移してしまうと、停電時に通話ができなくなることです。それに対し、旧来型の電話サービスでは、たとえ停電中であってもNTT局舎から電話機への給電が行われているため、高度な追加機能は動かなくなっても、最低限の通話機能は確保する機種が今でも一般的に売られています。通常、親機の受話器がコードレスになっておらず、じゃばら線で本体につながっているタイプの電話機は、今でもこのNTTからの給電という機能に対応しています。これは、災害大国である日本において、非常に重要な機能です。また、(2)光と言っても個人宅に引く場合は問題になりませんが、マンションタイプで共同利用の場合は、光ケーブルが直接、各部屋に引き込まれることは極めてまれであり、一般的には光ケーブルをどこかで受け止めた後、既存の電話線を利用し、VDSLと呼ばれる電気シグナルで各部屋に届けるのが一般的です。このVDSLですが、ISDNとの干渉が発生し通信品質に悪影響がでる可能性を否定できないような気がします。

ADSLとは、従来の電話線をそのまま使ったデータ通信サービスで、最大の特徴は、データを引っぱり込むのは速いが、送り出すのは遅いということです。最大速度はサービスによっても異なりますが、46Mbps程度であることが一般的です。大きなファイルを送り出そうとすると、少々、遅く感じるかと思います。光ファイバとことなり、自宅住所がNTT局舎より離れると、速度が遅くなる傾向があります。また、ADSLは、ISDN回線と干渉しあって通信品質が落ちることがあります。具体名を出してしまうと、NTT、Acca、eAccessのADSLは、このISDNとの干渉を軽減するための特別仕様が入っています。しかし、軽減はできても、ゼロにすることは出来ません。干渉をゼロにするには、ISDN回線とは場所を分け遠ざけるなどの小技が必要です。Yahoo!のADSLモデムは、現在ではどうなっているか知りませんが、かつては外国製モデムを使っており、このISDNとの干渉という問題を抱えたままビジネスをしていました。

ISDNは、従来の電話線を使っているサービスで、もともとの基本思想は、一本の回線で2つの機械をサポートすること、電話サービスに使う時は、音声がアナログではなくデジタル信号に変換されてから伝えられるようになっていることが特徴です。かつては、ISDNを使って、ひとつは電話機に、もうひとつはFAXにつなぐとか言うような使い方をされていました。音声をデジタル信号に変える技術には、CDとほとんど同じPCMという規格を使っているため、ISDN電話どうしで通話すると、非常にクリアな音が聞こえます。また、インターネット接続の場合は、2つあるチャンネルを同時利用して128kbpsの速度を出すという技も使えましたが、これはADSLや光ファイバの通信速度に全くかなわないものであり、インターネット接続用としては、すでに、ほとんど歴史的使命を果たし終えた古いサービスと言えます(ただし、最大速度128kbpsなのではなく、速度は一定に保証されている)。しかし、ISDNには捨てがたい機能が多く、NTTとしては、廃止したくとも廃止できない状態にあると思います。例えば、法人の中には、ISDNのパケット通信の機能を利用してネットワークを組んでいるところもあることでしょう。また、ISDNはPHSのバックボーン回線としても利用されており、ISDNサービスが停止されると、PHS事業者のウィルコムはサービス提供エリアが激減してしまうと思います。ちなみにPHSは、見た目は携帯電話ですが、本質的にはISDN電話の末端区間のみを無線化したものであり、電波が安定している限り、これを超える音質の移動体電話機は、現在、存在しません。PHSは音声をデータに変更するにあたり、旧来型のPCMではなく、改造型のADPCMという規格を使っています。これは、CDのように全ての音を全部ひろうという方式ではなく、前の音との差分だけをひろっていくという方式なので、データ圧縮が可能で、PHSは32kbpsのサービスでありながら、64kbpsのISDN電話と同等の音質を実現できるのです。現時点で、ISDN電話とPHSを超える音質の電話サービスは、存在しないと思います。

光ファイバは、極めて高速にインターネット通信のできるサービスです。光ファイバの速度は最高速度100Mbpsであり、これより速いものは、個人向けサービスとしては、事実上、光ファイバとCATV用のケーブルを併用して最高速度160Mbpsを出すものしか存在しないと思います。ADSLと違い、データを引き落としてくる時も、データを送り出す時も同じ速度なので、例えば、これからホームページを作り、そこにデータ量の大きな画像や音楽ファイルなどを組み込もうとする場合、ADSLよりはるかに快適な作業ができます。弱点は...続きを読む


人気Q&Aランキング