日本拳法空手道の本部朝基についての書籍を探しています。
ネットなどで調べた結果、
1) 本部朝基正伝:2000.小沼保.壮神社
2) 日本傳流兵法本部拳法:不明.本部朝基.壮神社
という本があるのがわかりました。1)は入手可能ですが、2)については、平成になってからの発行であることはわかるのですが、紀伊国屋やジュンク堂などの書籍販売サイトで検索してもヒットしません。

また、それぞれの本を購入する場合、どうしても注文、取り寄せというかたちをとらざるをえない状況なので、本の内容についても知りたいのです。どちらかの本を読んだことのある方がいらっしゃれば教えてください。2)のほうは以前に発行された「沖縄拳法唐手術組手編」と「私の唐手術」(共に本部朝基著)を再編したもののようです。伝記的内容よりは技術解説書的な書籍を探しています。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

たぶんお役に立てないと思いますが、僕の知っている事を書きます。


「本部朝基と琉球カラテ」(岩井虎伯/愛隆堂)なる本を持っています。
初版が平成12年3月ですので、まだぜんぜん手に入るでしょう。
内容は・・・
第一章 私の唐手術(復刻) ナイファンチの全分解図あり
第二章 沖縄拳法唐手術組手編(復刻)
第三章 琉球及び手史概論
第四章 琉球拳法(唐手術)の歴史

あとは、たぶん半年か一年位前格通か何かで本部朝基についての本が、
新刊案内に載っていたと思います。こちらについては詳しくは知りません。
もうひとつ補足すると、「沖縄武道空手の極意」(福昌堂)という本のなかに
本部のナイファンチの写真が載っていて、「日本O流兵法本部拳法」(壮神社)
よりとなっています。この写真は上の本の第一章のナイファンチ分解図の中
の一枚と同じです。どちらも二著の復刻版でしょうから当然ですけど。そして
内容的に重なっているので、壮神社の方は絶版になっているのでは?と
勝手に予想します。
僕の知っているのは、これくらいです。
PS 神保町の書泉グランデに武術系の書籍がけっこう揃っています。連絡
してみてはいかがでしょうか?

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
>「本部朝基と琉球カラテ」(岩井虎伯/愛隆堂)
本の検索サイトで探すことができ、内容もおもしろそうでした。
「日本傳流兵法本部拳法」はたしかに絶版の可能性が大きいようです。大きな書店二、三に直接確かめてみても「取り扱ってない」「探せない」との返事でした。
>神保町の書泉グランデ
メールでの問い合わせをしてみました。今は返信まちです。
もし絶版だった場合は「本部朝基と~」を購入してみようかと思います。

訂正:質問のなかで
>>日本拳法空手道の本部朝基
と書きましたが、これはわたしの勘違いで日本拳法空手道は本部朝基のお弟子さんが創られた流派であることがわかりました。ここに訂正して関係者の方にお詫びします。

補足日時:2001/01/09 20:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
その後「本部朝基正伝」を入手し、一読しました。

読まなければ今後も空手について誤解をしたままであったろうな、とおもう重要な内容もあり、さらに本部朝基の唐手について興味がわきました。
教えていただいた本についても購入しようとおもいます。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/19 21:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q少林寺拳法の本

息子が少林寺拳法を習い始めました。
今は一緒に行って、私も稽古を見ているのですが
見ている時は解るのですが、家に帰って復習してあげようと思っていても、薄ら覚えで上手く教えられないのです。

そこで、少林寺拳法の教えや技をイラストなどでわかりやすく解説した本でお勧めのものがありましたら、教えていただきたいのですが・・・

今日近所の本屋へ行きましたが、空手や剣道・合気道の本は見つかったのですが、少林寺の本は無かったです。
もっと大きな本屋へ行かないと無いのでしょうか?

Aベストアンサー

連盟のオフィシャルホームページで、ネット販売していますよ。

緑卍にカラフルな帯びをしてるのかな?ちびっこ拳士って、気合いとかかわいいですよね☆
がんばって心身共に強くなってください☆

参考URL:https://i1.infoseto.ne.jp/sk-shop/

Q少林寺拳法と日本拳法の相性

少林寺拳法を4,5年やっているのですが、私の通う道場は乱捕り稽古を危ないという理由でなかなかさせてくれません。
しかし、金剛禅の教え等、技術以外の魅力に魅了され、少林寺をやめて別の格闘技、武道に移る気もありません。
そこで突き手が少林寺と同じ縦拳だという日本拳法を平行して始めようかと思うのですが、少林寺拳法をやる上で相性はどうなのでしょうか?お答えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

少林寺拳法四段です。

自分を高めたいという意欲はすばらしいと思います。

日本拳法経験者からの話を聞いたことがありますが、
似ているのは縦拳を使うところだけで、逆にそれ以外の戦術思想や練習方法などは
全然異なるようです。

例えば、少林寺の運足は相手を避けて裏をとることを基本思想にしていますが、
日本拳法の場合は相手の中心をとって攻撃を封じてしまうそうです。

どんな武道でもその武道の戦術思想があるわけなので、無理に少林寺を適用することを考えず
 「世の中にはこんなやり方があるのだ」
という勉強のつもりでその虚心坦懐に武道を経験することをお勧めします。

Q少林寺拳法は中国拳法ではない?

少林寺拳法をやりたくて調べたら

(1)少林拳とは違う

(2)中国拳法ではなく日本の拳法である

(3)日本拳法(というのがあるんですか??)と古武道がもとになっていて
中国拳法とはぜんぜん関係ない

(4)歴史を偽っている。はじめた人は少林寺に行っていない

などなど色々出てきました。???疑問だらけです。詳細を知っている方がいましたら教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

質問者様の疑問も最もですね。
(1)少林拳とは違う:現在は少林寺拳法自体がそう発表しています。
(2)中国拳法ではなく日本の拳法である:他の方も言われている様に術理のベースは日本の古流柔術と思われます。
(3)日本拳法(というのがあるんですか??)と古武道がもとになっていて中国拳法とはぜんぜん関係ない:少林寺拳法の剛法である振り子突きが縦拳なため、その様に言われることがあるようですが、直接の関連性は低いと思います。
(4)歴史を偽っている。はじめた人は少林寺に行っていない:これに関しては様々な話があります。確認を行おうと思えば出来る話もあるようですが、難しい所だと思います。ただ、初期の著作物で中国武術に対しての文章で首を捻る記載があるのは確かです。

とはいえ、一代であれだけの大系の武道を創始し、青少年の教育を武道を通し行っていることは疑いようのない事実であります。学習においてもよく研究されている様で、個人的見解ですが良い武道だと考えます。

Q空手?唐手?

現在、流派・団体の名称に「空手」ではなく「唐手」をつかっているところは
あるのでしょうか?それとも統一規格(?)ですべての団体で廃止になったのでしょうか?検索しても全くヒットしなかったのですが…。ご存知の方がいらっしゃったらお願いします。

Aベストアンサー

正統唐手成徳会
http://skrt.s43.xrea.com/karatejp/

沖縄唐手昭林流 勵武会舘
http://homepage3.nifty.com/reibukai/

「唐手」もまだまだありますよ。
なにせ一発で変換できるぐらいですから^^

参考URL:http://www.google.co.jp/search?num=50&hl=ja&lr=lang_ja&q=%E5%94%90%E6%89%8B

Q伝統空手 背の高い相手に組手で勝てない

高2の17歳です。
僕の学校は僕らの代で廃校になってしまうので、基本的に部活動の人手が足りず、空手道部は中学まで空手を道場で習っていた僕が人数合わせで試合に出ることになりました。
出るからには勝ちたいのですが、164cm・58キロの小柄な身長のせいで、リーチが足らず全く突きが届きません。
自分の間合いに入る前に、相手の間合いに入ってしまいます。
普通は、それなら中段カウンターで懐にもぐりこめばいいじゃないかと言うことになるかと思いますが、持病で腰を痛めており、姿勢を瞬時に低くすることが出来ません。
中段抜きで背の高い相手に勝てるような戦術はありませんか??

Aベストアンサー

俺も他流派の截拳道なのですが、身長、体重が同じなので参考になるかな。
フットワークが大切です。そして、ヒット&アウェイです。
ウィービングで入る。
細かいイン≫アウトで、相手の技の戻りに入る。
動きながら、こっそり後脚の位置を前にずらして、そこを起点に踏込む。
ローキック(前脚下段)≫リードストレート(前手突き)で入る。
相手の突きを奥手でパリィングして、リードストレート。
相手の前手を奥手で払って、リードストレート。
他にも色々あるけど、腰がな…肉月に要と書いて腰だからなぁ。

攻撃が当たるという事は、相手の予測を上回る攻撃の伸びが必要です。
わざと身体を小さく見せる様に構えを取るとか、零距離戦の「脚の陣取り合戦」とか、相手の「技の起こり」を潰すとか、踏込みの長さ調節とか、小さいならではの闘い方を考えてみましょう。
ルールを知らないので、良いアドバイスが出来ませんが「闘いは、もっと自由であるべきだ」と思って!

考えるな!感じろっ!! 腰を大切にな。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報