【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

2月下旬に駐車場に面した道路で、
車対車の接触事故に遭いました。

相手方は一方通行の道路を直進。
私は駐車場から車の前方を出し
(ちゃんと道路に出るときは確認して発進しました)
その後切り返しをしようとバックギアに入れて
停止していたところぶつかってきた、という事故でした。

私の車は左前に横長の傷が数本つき、
相手方の車は、左タイヤの上の部分を
擦っていたようですが、運転者が手で撫でたら
傷と思しきものはボディの汚れと一緒に消えました。

事故から2週間後ぐらいに
私の加入している保険会社側からの指示で、
事故の傷が分かる写真と、修理見積もりを
出して欲しいと言われたので、指示通りに送りました。
その後、何も連絡がなく昨日
「自損自弁ということで解決します」といった内容の
記された文書が届きました。
(しかも示談内容の書かれた紙には何故か私が「甲」になってた)

修理代は見積もりでは7万円弱の金額です。
最初は自損自弁で・・・と、あまり納得行かないけど
長引くのも面倒臭いし、仕方ないかと思っていましたが、
保険会社が間に入ってくれたので少しぐらい相手側から修理代を
取れるようになるのだろうと思っていました。
こんな文書がイキナリ届いて、驚いています。
相手方は自分の車を修理する必要はないようです。
保険会社からは、自損自弁ということで今回の保険請求は
取り下げとさせていただきます、といった文章が書かれてありました。
初めは自損自弁でと納得(?)していましたが、
私だけが払い損になると思うと何だか納得行きません。

このように一度取り下げられた事故については、
もう私は保険請求をすることはできないのでしょうか?
全部自腹で修理というのは納得行かない気がして。

まとまらない文章になりましたが、
どなたか回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

少し整理しましょうね…



1.自損自弁
2.保険請求の取り下げ
3.過失割合
おおまかに、この三つについてですが、

1.示談書(または免責証書)は、作成しましたか?
「自損自弁ということで解決します」とありましたが、これは保険会社がそう言ってきただけですか?
最終的に、当事者同士が「示談書」に署名捺印しなければ、自損自弁もなにもあり得ません。

2.何を取り下げる(取り下げた?)のでしょうか?
相手の車の傷がほとんどない(直す必要がない程度)だったら、対物保険を使う必要は全くないわけで、
もし仮に、自分の車を(自分の)車両保険で直そうとして、それを取り下げたのでしょうか?
あるいは、相手の方が yoshimitさんへ対しての対物保険を取り下げた、と言うことなのでしょうか?
まだ、示談書を作成していなければ、保険請求は可能です。

3.過失割合についてですが…
駐車場を出ようとした車と、道路走行中の車との接触の場合、
過去の判例から言って「8:2」というのが通例となっています(出ようとした車の過失が8割です)
ただし、これはあくまでも「過去の判例」であって、すべてがこうなるとは限りません、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=238423
↑ここで、過失割合について簡単に触れてあります。

よほどの不注意が相手側になければ、やはり2割以上の過失を問うことは難しいと思います、
逆に言えば、少なくとも2割の過失に対しての損害賠償は相手に充分(過ぎるくらい)出来ると言うことです。
修理代が7万円程度とのことですから、相手に対して少なくとも2割は払ってもらいましょう…、

事故から2週間ほどたって「写真と見積もりを送れ」というくらいの保険屋さんですから、
あまりやる気がないのでしょうね、(失礼…)
私だったら、その日のうちに(遅くとも翌日には)こちらから出向いて、お互いの車の損傷を目で確認しますが…。

相手の方と、直接交渉になるかと思いますが、
1.電話(で済んでしまえば話は早いのですが…)
2.内容証明郵便で請求
3.少額訴訟(できれば、ここまで行くのは避けたいところですね…)

いずれにしても「事故証明」が必要です、用意は出来てますか?

分からない点があれば「補足」下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただき、ありがとうございました。
損保側からの文書には「示談書作成省略制度を
採らせていただきました」とあり、普通なら示談書に
書かれるであろう内容(事故の日時、場所、甲乙・・・などなど)が
書かれてありました。それを示談書の控えとして持っていてください、とのことです。

で、この件に関する保険請求は取り下げとさせていただきます。と
書いてありました。文頭には「円満に解決しましたので
お知らせいたします」なんて書いてありましたし。
今回は、もう仕方ないかなと思うのですが、
これだったらもっと早く保険会社が処理して欲しかったって感じです。
傷も修理できないまま2ヶ月弱過ごすのはかなり辛かったですし。
満期更改は他社にしようかな・・・と思ってますが
そういう問題では無いですね(--;)

色々と愚痴ってしまいましたが、ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/22 21:21

ちょっと言い忘れ(書き忘れ)ました、



「自損自弁」というのは、そもそも…
事故の程度が小さく、損害額も低く、人身ではなく、こんなのいちいち保険屋の出る幕じゃないよ、
みたいなときに使います。

保険屋サイドの勝手な言い分として…
お互い様なんだから、当人同士で何とかしてよ!という感じでしょうか?

お互い、何もなかったことにして、自分の車は自分で直して「はい!終わり」

つまり、「お互い様」と言うことは『両者に過失がある』と言うことですね。
だから、yoshimitさんも釈然としない(スッキリしない)気持ちが残ったのでしょう(当然です)。

保険を使わないのであれば、保険会社は示談交渉に介入できません(手も足も出ません)、
保険会社の示談交渉サービスとは、そもそも「保険を使うこと」が前提になっています。

それと、今回の質問は「法律」カテゴリーにされていますが、
このサイトには、何人か損害保険会社(含む代理店)現役の方がいらっしゃいます、
マネー>暮らしのマネー>損害保険カテゴリーで質問すれば、さらに「名回答」「良回答」が出ると思います。
    • good
    • 0

 道路外から道路へ出る車と、道路進行中車の事故では、出る車のあなたの方が、言葉にすれば加害者という考え方になってしまうと思われますので、甲となっているのが加害者欄であれば、仕方ないでしょう。


 出る車ではなく、下がっている途中だった、という主張は、裁判になって、目撃者が出て、それが認定されないと、相手がそれを認めてない限り、事実上はあまり論点にならないと思います。逆に、下がっている途中だから、その程度の損害で済んだに過ぎない、という考え方もできてしまいます。
 過失割合的には、あなた7で相手3程度だと思いますので、あなた7万相手ゼロの損害として、うまくいっても相手から21,000円ということになりますが、その7万について争いが出たり、その示談書で合意しなければ、相手がいくらかの損害があったといってくることもあり、ドロドロになってしまうことでしょう。
 双方お怪我もなく、車の損害も少ないということから、仕方ないものとして、むしろ次回以降の無事故に執心されるほうがよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答、ありがとうございました。
相手の車がボロボロで、私の新車だったので
余計に納得行かない・・・っていうのが正直なところです。
ま、とにかく、以降事故に遭わないように
再度お祓いにでも行ってきます。

お礼日時:2002/04/22 21:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険金の請求取消とは?

先日、事故を起こしてしまいました。
保険会社に任せているのですが、本日、保険会社より
「保険金のご請求取消についてのご案内」というハガキが送られてきました。
「今回の事故につきまして、システム上、ご請求の登録を取消させていただきましたので、ご連絡いたします。」
と書いてあります。
取消担保種目「対物賠償」と記載されていますが、このハガキがどういう意味かよくわかりません。対物賠償について保険金が支払われないという意味でしょうか?不安です。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問だけで判断すると、現段階では(対物賠償については)保険が機能しないということです。
ただその後再請求手続きをとるなど、その経緯については保険会社・代理店に確認する以外の方法では確実なことはわかりません。

普通に考えれば「その後再請求」「相手側に対する賠償義務なし」「賠償額が少額なので保険を使わないと判断した」のいずれかだと思われます。

Q自動車任意保険の車両保険金 請求取り下げについて

2月の大雪で凸凹の路面を走行して、車の底面を強打しました。一部部品が破損したので車両保険で直るのか確認したら可能とのことでしたが、3等級ダウンといわれました。

新品部品で見積もりが9万円程度の修理代でしたが、幸い1回目の免責は0円でしたので、とりあえず連絡しました。もし。中古部品が見つかって直れば、車両保険を使わずに済むし、しばらく中古部品を探さすので保留にしてくださいと頼みました。

結局、中古部品が見つかったので、車両保険を使わない旨を伝えると、「保険金請求取下げ確認書」にサインを下さいと送られてきました。

それと一緒に、参考までにと添えて、保険金試算書が入っていて、3等級ダウン事故、据え置き事故、ノーカウント事故でそれぞれ使用した場合の向こう3年間の試算書が入っていましたが、小さな時で「請求権放棄など保険不使用事故を含む」とありました。

つまり、今回のように保険請求を取り下げても「事故を起こしたには違いないから、翌年以降は等級が下がりますよ」という事でしょうか?

雪道での破損で1カウントなんてありえませんよね?

Aベストアンサー

日本の大手損保でしょうか。
それなら、事故の取り下げをすれば等級ダウンはしません。
事故報告時にカウントされても、取り下げれば戻ります。
通販や共済などについては、会社ごとに微妙な箇所で日本の損保とは
相違があることがありますので分かりません。

Q車両保険請求で調査員に疑われて・・・

アドバイスお願いします。
凍結した道で自損事故(全損)をおこしてしまいました。車両保険金請求をしましたが、調査の方に疑われて(偽装事故)一ヶ月たっても保険金がもらえません。
警察の現場検証もしたのですが、その日に事故をおこした証明を下さいと言われて困ってます。
例えば ●当日にコンビニやガソリンスタンドに立ち          寄ったならばその領収書の提出
    ●事故現場近くの住人と会話をしたのか?
    ●事故直後連絡したところの確認の為携帯の     通話記録の提出
     (記録を出しても会話の内容なんてわから      ないと思うけのですが・・・)
朝早くの出勤でどこにも寄らすに、山道のような所で民家は近くにありませんでした。レッカー移動は、知り合いの業者へ頼んで引き取りに来てもらいました。
これ以上証明のしようが無いんです。
最近では写真を見せられて2度同じところをぶつけた様な痕跡がある。(そんなこと絶対無いのに・・・)
とまで言われてます。
まるっきり偽装扱いのような気がします。
保険屋さんにどうしたらいいのか訪ねると「調査の為にご協力下さい」としか言われません。
自損事故での車両保険請求した際、皆さんこのような調査を受けているのでしょうか?
もっとこちらから強く出ても良いのでしょうか?


         

アドバイスお願いします。
凍結した道で自損事故(全損)をおこしてしまいました。車両保険金請求をしましたが、調査の方に疑われて(偽装事故)一ヶ月たっても保険金がもらえません。
警察の現場検証もしたのですが、その日に事故をおこした証明を下さいと言われて困ってます。
例えば ●当日にコンビニやガソリンスタンドに立ち          寄ったならばその領収書の提出
    ●事故現場近くの住人と会話をしたのか?
    ●事故直後連絡したところの確認の為携帯の     通話記録の提出...続きを読む

Aベストアンサー

警察の事故届けはどうなっていますか。
文面から見て事故直後に届けていないと受け取れましたが、いかがですか。

事故後の経緯を見て、総体的に判断をしたいのが保険会社の意図とするところです。

あと老婆心までに!
保険会社とケンカをすれば、あとは弁護士対応となり、保険金が払われる可能性はゼロに等しくなります。
最近、別の判例が出ましたが、事故の立証は契約者側にあるのが実情です。
言い換えると、調査の人は貴方に代わって立証の手伝いをすると言っているようなものです。

何事も交渉事であることを忘れてはなりません。

Q交通事故で加害者に保険を取り下げられてしまった

母親がバイクで走行中、双方に停止線のない交差点で出会いがしらに軽乗用車と衝突して転倒、骨盤を3か所骨折、腹腔内出血で一時危篤状態となり、その後事故の影響で大腸が壊死して、人工肛門を付ける手術をしました。(全治4カ月と診断所が出ました)双方直進で、母親は10km/hで交差点に進入、加害車両は30~40km/hで交差点に進入したと思われます。加害者にけがはなく、車両の破損もへこみはなく、こすった程度です。事故当初は加害者も任意保険をかけていたため、保険で対応するということで加害者の加入している保険会社と今後のことを話し合いしました。その話し合いの中では、加害者の過失割合が大きいので、治療費は全てこちらが支払います。(損害賠償や慰謝料も含めて)ということだったので安心して話を進めていました。ところがが、加害者側の態度があまりにも不誠実だったため、そのことに関して直接文句を言いました。すると次の日になって、相手の保険会社から連絡が入り、加害者が保険を取り下げたので、こちらとしては手も足も出せなくなりました。契約者が保険を使わないという限り、こちらとしては何もできません。こちらもほとほと困っております。と言われました。ADRにも事情を言って動いてもらいましたが、どうにもならないようです。現在治療費はすべて自腹で払っており、弁護士をたてて訴訟の準備をしています。加害者は過失は全くない10:0だと言っているようです。過失割合は加害者の保険会社も母がかけていた保険会社も8:2~7:3で加害者の過失が大きいと言っており、担当の警察官も10:0なんてありえないと言っています。母は傷害補償特約をかけていなかったため、こちらの保険会社に治療費の請求もできません。
このような場合、治療費や損害賠償、慰謝料など加害者からとれるようになるのでしょうか?弁護士は回収できるといってくれていますが、相手が払わない限りどうしようもない気がします。また、加害者は弁護士特約をつけているため、こちらが弁護士をたてたら加害者も弁護士をたてるようです。裁判になって、過失割合が大きく変わり、逆転敗訴ということもあるのではないかと、毎日不安でたまりません。どうか良いアドバイスをお願いします。

母親がバイクで走行中、双方に停止線のない交差点で出会いがしらに軽乗用車と衝突して転倒、骨盤を3か所骨折、腹腔内出血で一時危篤状態となり、その後事故の影響で大腸が壊死して、人工肛門を付ける手術をしました。(全治4カ月と診断所が出ました)双方直進で、母親は10km/hで交差点に進入、加害車両は30~40km/hで交差点に進入したと思われます。加害者にけがはなく、車両の破損もへこみはなく、こすった程度です。事故当初は加害者も任意保険をかけていたため、保険で対応するということで加害者の加...続きを読む

Aベストアンサー

まぁ、余分な事をされたみたいですね。

加害者の誠意なんて何を求めるんですか?
保険から払われる以外のお金ですか?
謝りに来て、小判の入ったお見舞いでも持ってこいと言う事でしょうか?
謝りに来て土下座しろと言う事でしょうか?

まぁ、上の内容は、冗談を多く書いて居ますけどね。

基本的に、交通事故の加害者の誠意とは、自動車保険に入って居て、事故が起こった時に保険に入って居て、その保険で必要な賠償をしてくれる。

これが一番重要な誠意で、謝るやお見舞いを持ってくるなんて言うのは役にも立たない誠意でしか無いんですよ。
その部分を一番勘違いされて居ます。

良く考えてみてください。
保険に入っておらず、治療費なども一切出せない人が、貴方の前で土下座してくれたら、それで貴方は十分。と言えるのでしょうか?

治療費が出されると言うのは現実的な話として被害者側として一番の安心出来るものであり、誠意なんです。
それを良く理解されてください。

事故に遭ったのは貴方のお母さんですが、貴方は相手に誠意が無いからと文句を居られたのなら、それこそ筋違いな話です。
貴方に怪我をさせた訳じゃないのです。

日本の法律から行けば、治療費などの損害賠償は、本来損害額が確定してからでないと請求が出来ません。
つまり治療が終わるまで、請求できないんです。
保険に入って居るとその間も保険会社が肩代わりをしてくれると言うだ消えの話であって、それ自体義務では無いのです。

はっきり言って、余計な事をされてしまったと言う事になる訳です。

今後、後遺障害の認定を受け、自賠責保険の請求を行い(自賠責保険へは被害者側から請求する事が可能ですし、後遺障害の認定や、自賠責保険の範囲内の後遺障害慰謝料や逸失利益の請求は出来ます。)その後に裁判となります。

結構時間が掛かる作業になって行きますが、これは余分な事をされた事も原因になって居ると諦められてください。
感情で突っ走ると、こういう馬鹿な目に遭います。

交通事故の過失割合に関しては、裁判を行うと、まったく0からの再出発になります。
警察の実況見分調書やお互いの事故状況の主張などからすべて始まり、その前に保険会社同士で、どの様な話が行われて居たとしてもすれはすべて0に戻されて再出発となります。


過失割合に関しては、書かれている内容だけではまったく判断する事は出来ません。
お互いの道路の幅、実際に主張する速度、相手を発見した位置、相方どの地点で相手を発見したのか、緊急回避措置はどの様に行ったのか?など様々な情報が必要になります。

貴方のお母さんは、時速10Km位でで交差点に進入したと書かれて居ますが、なぜ10km程度に速度を落として居たのか?なども聞かれて行く事になります。
(通常、原付の法定速度は30kmですからね)
単に10Kmに落としたと言えば、なぜ?といわれ危険だからと言えば、危険だと思って居たのなら、なぜもっと安全確認をして居ないのか?などと突っ込まれて行く要素にもなりうる話に繋がります。

話の矛盾点はこのようにして追及されて行く事になりますので、変なウソなどを付くと余計に不利になる可能性もあります。

また、事故状況を見れば、双方の速度の予測は結構簡単に出来たりもしますからね。
当然相手の保険会社も、事故の専門の人に、警察の実況見分調書や見取り図、事故を起こした双方の写真なども見た上で、戦いに来ますので、その部分はある程度覚悟をする必要があります。

こじらせてしまった以上、貴方が謝って相手が理解してくれるか、後はそのまま裁判でと突っ走るかのどちらかです。

あとは、裁判を起こしてどうなって行くのかを見守るしかないでしょう。


再度書きますが、交通事故などでは、理性を無くして、感情で突っ走った方が不利になると言う事だけは、肝に命じられてください。

まぁ、余分な事をされたみたいですね。

加害者の誠意なんて何を求めるんですか?
保険から払われる以外のお金ですか?
謝りに来て、小判の入ったお見舞いでも持ってこいと言う事でしょうか?
謝りに来て土下座しろと言う事でしょうか?

まぁ、上の内容は、冗談を多く書いて居ますけどね。

基本的に、交通事故の加害者の誠意とは、自動車保険に入って居て、事故が起こった時に保険に入って居て、その保険で必要な賠償をしてくれる。

これが一番重要な誠意で、謝るやお見舞いを持ってくるなんて言うのは役にも立...続きを読む

Q対物賠償保険金の取り下げ

裁判で 0(自分):100(相手)の過失割合の判決がでました。ただ相手の住所不明につき
相手に公示送達で2週間経過後判決が確定しました。

今相手の保険会社へ賠償請求をしています。
最近になって、こちら側の保険会社から対物賠償保険金を取り下げませんかという電話がありました。
担当者が言うには取り下げてもまた取り下げ解除できるとのことなので、電話にて取り下げしました。
また0:100という判決も出たので問題ないだろうとは思ってます。

ただ今後、相手保険会社から賠償額の異議申し立てがあった場合や対物に関して損害があったこと等
もしこちら側の対物賠償を使うようになった時、本当に使えるのかどうか聞きたいです。
保険会社名はあいおいニッセイ同和損保です。
他にもこちら側対物賠償を取り下げによるデメリットがある場合教えてください。

Aベストアンサー

なるほど、そういうことであれば、取り下げしても問題ありません。
担当者は長期滞留事案になるので、一旦取り下げして区切りを付けたいのでしょう。

再度、相手方と裁判になって判決が出たものについては、保険会社が対応します。
たとえば、保険契約を解約したとしても、当時の保険契約事実があれば保険会社は対応しますので、とくに問題はありません。
念のため、事故日時が契約期間の保険証券は問題が解決するまで保管しておくことです。

Q自損事故の質問です??

4ヶ月前の大雨の日に前方からきた、無灯火のバイクをよけ車が用水路に落ちバイクはそのまま闘争、車は廃車になりました。事故後すぐに警察に連絡し、翌日、保険会社に事故の連絡をしました。事故から2週間程経ってから調査事務所から連絡があり、家を出た時間等いろいろ聞かれましたが、家を出た正確な時間は、覚えていなかったので何時位で答えてました。その後、調査事務所が事故証明書を取り、私の事故を起こした時間と事故証明書との時間が1時間半位違うと指摘があり、飲酒運転ではないかとの疑いをもたれ調査が続いてます。自分はほとんどお酒は飲みませんし、警察の現場検証の時も、もちろん飲酒の検査はありませんでした。調査事務所は110の時間をはっきりしたい為、携帯の通話明細で確認したいとの事でした。しかし、110は通話明細の記載に残らないとの事でした。事故証明の時間に私は納得いかなかったので、調査の人に事故の時間を調べる方法はないか?と尋ねましたが、警察は絶対に時間を間違える事はない為、事故証明を基準に調査するとの事でした。私は、再度警察に確認すると110した時間は事故証明の時間より40分程前であり、結局は交番の記載間違えで、事故現場に着いた時間を書いていた様子で事故証明は訂正されました。その後、それでも時間が40分ほど合わないので今度は携帯の通話明細を提出との事でした。提出してから連絡があり3ヶ月位経ってから事故の15分位前にTELした人と話しをしたいとの事で、電話をされたようです。とりあえずおおまかな内容です。結局、現場検証が、事故後2週間ぐらい経っていたため自宅を出た時間などはっきりとは分からずだいたいの時間で答えていましたが、その時間と、110の時間が若干合わないという事で現在も調査が続いています。携帯明細を見ると、家を出た時間が違ってると思いますが証明するものがありません。

4ヶ月前の大雨の日に前方からきた、無灯火のバイクをよけ車が用水路に落ちバイクはそのまま闘争、車は廃車になりました。事故後すぐに警察に連絡し、翌日、保険会社に事故の連絡をしました。事故から2週間程経ってから調査事務所から連絡があり、家を出た時間等いろいろ聞かれましたが、家を出た正確な時間は、覚えていなかったので何時位で答えてました。その後、調査事務所が事故証明書を取り、私の事故を起こした時間と事故証明書との時間が1時間半位違うと指摘があり、飲酒運転ではないかとの疑いをもたれ調...続きを読む

Aベストアンサー

飲酒の有無をはっきりとさせたいのが保険会社の主旨とするところでしょう。

時系列に行動を精査し、事故に至る過程のなかに飲酒する時間と場所があったか否かを確認するのは別に珍しいことではなく、むしろ夜間・深夜帯の単独事故となれば日常的に実施しているものです。

行動経緯に40分ほどのタイムラグが生じるのも決して珍しいことではありません。通話明細を提供したのであれば、ご自分で再度記憶を掘り起こし、細かく誰とどんな内容を話したか文章等に起こし、調査員に説明するべきでしょう。

曖昧な態度は取らずに、わかっていること、正しいことはきちんと説明をする。現時点ではこの程度しかとる策はありません。

今後の展開では支払い拒絶もありうるでしょうから、弁護士依頼も視野におかれてください。

Q自動車事故で保険会社から調査って・・・

噂ですが・・事故の休業損害補償について「3ヶ月をこえるものは調査(勤務会社に)が入る」と保険会社がたまにいってくるようですが、この調査とはどういったものでしょうか?たとえば 事故による首の捻挫に対する治療期間がおもに3ヶ月だからそれで3ヶ月を超える場合といっているのでしょうか?友達が勤務先に調査がはいるよと保険会社にいわれ、なにか恐い印象があるようです、会社に調査がはいるのはほんとうなのでしょうか?また調査とはどういう調査をするのでしょうか?

Aベストアンサー

休業の実態調査と言う事です。保険会社には強制的に調査できる権利はありませんので保険会社の損害調査員かあるいは保険会社によってはリサーチ会社などで聞き取り調査を致します。特別に問題が在りそうな案件では弁護士に依頼する事もあります。内容的には勤務実態はどうだったか、事故の治療期間の休業損害請求期間に会社は給与を支払っていないのかどうか、(実際には会社で立て替えた場合は会社に求償権が有ります)有休の扱いに付いての会社の考えは、更には会社として怪我で勤務が出来ないような状況と考えているのか。と言うような調査を致します。尚 「3ヶ月こえるものは調査がはいる」と決まっているわけでは有りません、受傷部位と休職状況を考慮して保険会社の損害調査員が判断致します。

Q損害保険の実費請求

知人から相談を受けました。
旧第一火災の損害保険(家財などの家の中の物)に入っていて、その保険を使おうとしたそうです(去年春先)。
経験された方もいらっしゃると思いますが、いろいろ内部事情などを調査しますよね?その調査があまりにも細かい(要は本人がめんどくさくなった)ので、取り下げしたそうです。(保険金を受け取らなかった)
そして、6月に破綻して、現在は損害保険契約者保護機構に移ってるわけですが、去年終わりから今年頭くらいに内容証明(配達証明)で封書が送られてきました。しかし、送り主がわからない、名前が間違ってるのと、振り込め詐欺が怖いため、受け取り拒否をしたそうです。

そして最近になり、裁判所から呼び出しの通知が来ました。内容としては
1.内容証明(配達証明)を受け取らなかったこと
2.取り下げした保険の調査費の請求
3.請求に対する延滞金?
4.その裁判にかかる費用
らしいです。
現状では知人が裁判所に答弁書を送る前です。

事細かに聞いていないので申し訳ないのですが、気になる部分としては
1.取り下げした保険の調査費は実費支払いが一般的か?
2.取り下げした時点で実費請求の旨をきいていない
3.配達証明の前に催促の連絡がない
4.この状態での延滞金支払い

知人からの電話相談と旧第一火災が破綻して情報収集ができないため、皆様に質問させていただきました。
これから知人に訪問して事情を聞いてきます。
乱筆乱文ですが、アドバイス・間違いなどご指導お願いいたします。

知人から相談を受けました。
旧第一火災の損害保険(家財などの家の中の物)に入っていて、その保険を使おうとしたそうです(去年春先)。
経験された方もいらっしゃると思いますが、いろいろ内部事情などを調査しますよね?その調査があまりにも細かい(要は本人がめんどくさくなった)ので、取り下げしたそうです。(保険金を受け取らなかった)
そして、6月に破綻して、現在は損害保険契約者保護機構に移ってるわけですが、去年終わりから今年頭くらいに内容証明(配達証明)で封書が送られてきました。しか...続きを読む

Aベストアンサー

皆さんが詐欺だと言っているので蛇足として言います。
(本当に詐欺なら問題は簡単なので)

去年の春先に支払い事例が発生したとすると、既に保険者は損害保険契約者保護機構になっています。保険者とは契約を請け負っている所を言いますので通常は保険会社とか共済組合ですが、この問題では損害保険契約者保護機構の事です。

損害保険契約者保護機構は保険会社が行っていたサービスを完全に承継しているわけでもなく、以後事業を拡大していくという使命もないので淡淡と現状での契約者保護の活動をできるだけ平等に行っていきます。

従って保険金支払いが速やかに遂行されていれば、それに付随する調査費用も必要経費とみなされますが、保険金支払いに関係ない調査費となればその原因が追求されます。それが現時点での結果といえるかもしれません。

関係ない話ですが、保険金請求したけどめんどくさいから途中で止めてほっといた・・・という事例も最近話題になった保険金未払い問題の一部です。(保険会社がサービスとして曖昧にしていた部分も責任問題になったのです)

保険金請求の取り下げと承認が文書で残っていれば問題なく裁判所に説明できて終わりになりますが、、、
非常に稀なケースなので判例がありません。
専門の弁護士に相談した方が良いと思います。
(本当に詐欺だったら余計なことをごめんなさい)

皆さんが詐欺だと言っているので蛇足として言います。
(本当に詐欺なら問題は簡単なので)

去年の春先に支払い事例が発生したとすると、既に保険者は損害保険契約者保護機構になっています。保険者とは契約を請け負っている所を言いますので通常は保険会社とか共済組合ですが、この問題では損害保険契約者保護機構の事です。

損害保険契約者保護機構は保険会社が行っていたサービスを完全に承継しているわけでもなく、以後事業を拡大していくという使命もないので淡淡と現状での契約者保護の活動をできるだ...続きを読む

Q物損・調査会社の調査を断って良いでしょうか?

物損事故の被害者です。(当方過失なしを主張)
相手保険会社から、第三者の調査会社で調査したいとの依頼があり
承諾しました。
(過失割合でお互いの主張に開きがある)

保険会社へ調査会社に依頼する理由を聞いたところ、双方の意見が食い違うからとのことでした。
そんなに食い違いあったっけ?と思いながら、
食い違う点を教えて欲しいといったところ、面倒臭そうに
「先日話しましたけど」との回答。それをもう一度確認したいというと、渋々話しましたが、殆どがすでに解決されている内容でした。
食い違うのは一点だけで、それも警察へ相手が話している内容なので、
わざわざこちらを調査しなくても警察ですぐに確認できる内容でした。

解決している内容について、先日それは話しましたよね?というと明ら
かにムッとした態度で後は調査会社から連絡がありますからとのこと。
また時間はどのくらいかかりますか?と聞くと、1時間くらいじゃない
ですか~と投げやりというか他人事というか。

こちらとしては、むこうから調査に協力してほしいと頼まれている立場
で、今までも散々待たされている中で承諾しており、さらに休日の調査
ということで休みを拘束される形になるのに、この態度なので、調査に
ついてはもう断りたいと思っています。調査の必要性も感じていません。

これを断るこちらに不利になるのでしょうか?
我慢してでも受けるべきですか?

物損事故の被害者です。(当方過失なしを主張)
相手保険会社から、第三者の調査会社で調査したいとの依頼があり
承諾しました。
(過失割合でお互いの主張に開きがある)

保険会社へ調査会社に依頼する理由を聞いたところ、双方の意見が食い違うからとのことでした。
そんなに食い違いあったっけ?と思いながら、
食い違う点を教えて欲しいといったところ、面倒臭そうに
「先日話しましたけど」との回答。それをもう一度確認したいというと、渋々話しましたが、殆どがすでに解決されている内容でした。
...続きを読む

Aベストアンサー

ご意見拝借させていただきました、
1.事故調査は受けていただいていいと思います、ただし自分に不利な判 定がされてもなんら考慮する必要がありません
2.非常に重要です、事故にあわれて2週間以内なら直ちに整形外科で
 受診して人身事故にしましょう、まったく状況が変わってきます。
 実は物損事故での被害者は非常に不利になりますが、人身事故は各種
 証拠を警察で作成してくれますので、後が非常に有利になります。
 参考;「実況見分調書」これで過失割合が決定されます、実際の内容    は「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」通称、別冊    判例タイムズ No16を参照してください、調査会社の調査など
    これにかかれば茶番で、裁判等は全てこれで決まります。
3.追突以外は過失ゼロはない?(笑い)加害者代理の保険会社代理店の
 担当の常套句で通常想定できる安全管理から想定できない事故は過失 ゼロです(判例が多すぎて、興味があれば「判例タイムズ」を参照)

4.今回人身事故にしなかったあなたの不注意が災いして苦労されていま す。間に合うようでしたら絶対に人身事故にすべきです。
 それ以降もさまざま保険会社の嫌がらせがありますが、
 (1)人身事故にする (2)週2~3回牽引で整形外科へ(お近くの整形外  科) (3)紛争処理センター
 以上のキーワードであなたは勝利です。
 

ご意見拝借させていただきました、
1.事故調査は受けていただいていいと思います、ただし自分に不利な判 定がされてもなんら考慮する必要がありません
2.非常に重要です、事故にあわれて2週間以内なら直ちに整形外科で
 受診して人身事故にしましょう、まったく状況が変わってきます。
 実は物損事故での被害者は非常に不利になりますが、人身事故は各種
 証拠を警察で作成してくれますので、後が非常に有利になります。
 参考;「実況見分調書」これで過失割合が決定されます、実際の内容    は...続きを読む

Q自身の車の任意保険で保険金支払いが遅く困っています。

自身の車の任意保険で保険金支払いが遅く困っています。
4月7日に自身が運転している自身所有の乗用車で当方の過失でダンプカーに突っ込んでしまい、自身怪我をして、役1カ月通院しました。

自身の任意保険で
・1通院1日4200円の慰謝料と

・治療費、通院交通費(タクシー代も中には数回あります、ほとんど都バスの乗り換えで通院しました)

が5月初めに治療を終了し必要な書類すべて揃えて保険会社に提出しましたが未だ支払ってもらえていません。

支払われる金額は
・立替えている、治療費と通院交通費で20万円以上、
・慰謝料1日4200円で23日通院しましたので96600円
・搭乗者障害金というのが10万円でるそうです。

正直、立替えてる20万円以上が金銭的にキツイです。

保険会社には何度も担当者に「いつになったら、お支払い頂けるのですか」と何度も問い合わせをしましたが、
いつも回答は
「社内で今、検討中です」とだけでです、もう3カ月過ぎました、

保険の約款上は「遅滞なく支払う」記載があります、「遅滞なく」という言葉だけでは1週間が遅滞なのか1ヶ月が遅滞なのか、現状の3カ月なのか?1年なのかはっきりしません。

職業は自営業なので「休業補償」はでないようです。

早く立替えている20万円以上だけでも先に払って欲しいです・・・

(1)何故そんな、不道理なことになってしまうのでしょうか?必要書類は不備なくすべて、とっくに提出しています。

(2)支払いが遅滞して被害を被った、ということで民事で例えば遅滞1日につき1万円の訴訟を起こしたら勝てますでしょうか?
保険会社ですから、最後まで争うでしょう、でも私も頭に来ているので最後の最高裁まで争う気持ちはあります、一応、法学部出身で民事訴訟は個人訴訟を起こしたことが2回あります、

それは、タクシーが停車中の私の車に追突(オカマほり)をしてきたにも関わらず、車の修理代等を払ってくれないからでした。
和解を進められ、タクシー会社も納得して、結果、私の全面勝利の内容で和解致しました。

今回の保険会社の保険金支払いの遅滞ということで、簡単な案件なので頭にきたので訴訟を起こしてやろうかと考えてしまいます。
保険会社は誰でも知っている某大手保険会社です、
訴訟に「勝つ、負ける」だけではなく、「保険金支払いを遅滞する保険会社」というレッテルを訴訟を起こすことではらせ、企業イメージにダメージを与えるという意味で効果があるかと思います。

如何でしょうか?
宜しくお願い致します。

自身の車の任意保険で保険金支払いが遅く困っています。
4月7日に自身が運転している自身所有の乗用車で当方の過失でダンプカーに突っ込んでしまい、自身怪我をして、役1カ月通院しました。

自身の任意保険で
・1通院1日4200円の慰謝料と

・治療費、通院交通費(タクシー代も中には数回あります、ほとんど都バスの乗り換えで通院しました)

が5月初めに治療を終了し必要な書類すべて揃えて保険会社に提出しましたが未だ支払ってもらえていません。

支払われる金額は
・立替えている、治療費と通院交...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

保険法21条の二項を参照して下さい。意訳すると
"約款に支払い期限が書いていない場合は、必要な期間を経過するまでは遅滞の責任を負わない"とあります。
なので、保険会社に必要な期間を確認してみて下さい。

以下は参考までに。
約款は各保険会社によって異なりますので、その一例を書きます。
◆国内損保大手
"当社(=保険会社)が求めた書類が全て揃ってから原則30日以内"
つまり、5月初めが始期となります。

但し、調査が必要な場合は60日~180日の範囲で変更となります。
この場合保険会社は契約者に対して、調査が必要な旨を通知する必要があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング