もしかしたら海外旅行かもしれません。いわゆる北方領土へ行きたいのですが、可能でしょうか?それもバックパッカースタイルで。当然私は一般ピープルで、ビザ無し渡航等はあり得ないと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

あんな怖い国には恐ろしくて行けません。

2006年のカニかご漁船「第31吉進丸」のロシア国境警備隊の銃撃による民間日本人の殺害はご存知ですか?「第31吉進丸」は現在、サハリンの民間会社が釣り船として使っている報道があり、海賊同然です。まともな国のすることではありません。
    • good
    • 3

ロシアのビザを取って北方領土に旅行することは、可能です。

外務省の勧告は「自粛要請」で、法的強制力は無いから心配無用。返還の具体的見通しが全く無い状況下、ロシアのビザで北方領土に行った日本人個人は結構いるようです。

ルートは、フェリーor飛行機でまず樺太へ→大泊からロシア船(3~12月は週2便)or豊原空港から飛行機(週に3.4便、ただし欠航が多い)→国後島or択捉島着、となります。樺太から北方領土行きロシア船とサハリン航空便は、手続きさえ正しく踏めば日本人も利用可。

手続の手順は、次のとおり。
1.樺太豊原にあるロシア人経営旅行社に英文でメールを送り、旅程を示して、手配を依頼。そのとき、乗船券or航空券と、訪問する島に有効なプロプスク(通行許可証)の手続を必ず依頼する。ロシア語ができなければ現地通訳の依頼が必要。また島は広いので、移動のため運転手つき車の予約も必要。ホテルも依頼の必要がある(テントで野宿はできない)。日本の旅行社は、どこも取り次いでくれないので、樺太へ直接連絡する必要がある。
2.まず自分の旅券のコピーを送り、この旅行社から樺太豊原(ユジノサハリンスク)行きのバウチャーと招待状を送ってもらい、日本のロシア大使館でビザを取得。バウチャーや申請書に、北方領土の地名が書いてあってはいけない。通行許可証さえあれば、ロシア入国後、バウチャーや申請書に書いていない場所に行っても問題ない。
3.取れたら、ビザのコピーをファクスなどで旅行社に送る。約束どおり手配が進んでいるか、随時確認を取る。確認が取れたら、完了!
4.稚内か函館から、Bon Voyage! 千島の自然を楽しんでください!

参考URL:http://travel.sakh.com/?lang=en&div=tours&place= …
    • good
    • 1

もし「バックパッカー」、即ちツアーに入らずに北方領土へ行くには、サハリン経由以外に手段はないはずです。

(沿海州からの飛行機はないと思いますが・・・)
サハリンのユジノサハリンスクまでなら日本から定期の船も飛行機もあります。これはJTBやJRの時刻表で問題なく確認できます。
そこから北方領土へは船か飛行機になるはずですが、スケジュールはあってなきが如しで、日本で確実な情報を入手するのは無理ではないかと推測します。
また、それらに外国人(含む日本人)が乗れる(切符が買える)のかはわかりません。
いずれにせよ、勝手な言い方で申し訳ありませんが、ロシアのビザを通常の手続きでとり、一旦サハリンに行かなければ話にならないと思います。
ただ、一般のロシアビザに北方領土訪問に関する制限があれば、交通の問題以前に訪問自体が困難でしょうから、少なくともこの点だけでも日本国内でロシア領事館に確認されることをお勧めします。
    • good
    • 1

 ロシア経由ですといけますが、日本政府がよく思いません。

本来日本の領土なのに、ロシア経由で行くことは、あなたが、北方領土がロシアのものであると認めていると思うからです。日本政府は平成元年に「最近一部の我が国国民がソ連当局の査証の発給を受けて北方領土に入域するという事例が見られたが、我が国国民がソ連の出入国手続に従うことを始めとしてソ連の不法占拠の下で北方領土に入域することは、我が国固有の領土たる北方領土に関する国民の総意及びそれに基づく政府の政策と相いれないものである。(中略)政府は、国民に対し、北方領土問題の解決までの間、このような北方領土への入域を行わないよう要請することとする。」と自粛勧告を行っています。ですから、マスコミもビザなし渡航でいく以外には、外国の報道局や地元に撮影を任せています。しかし、実際にこの勧告を無視しても、罰則はありませんが、なにかあったとき、国の保護が受けれなくなる恐れがあります。

参考URL:http://www.sanspo.com/geino/g9909/0905top7.html
    • good
    • 0

いけるかどうか、わかりませんが北方領土に行くには、まず、パスポートを持ってロシアに入りますね。

それから、島に渡ると思いますが、日本人がパスポートを持って島に入ると「日本人が島を他国(ロシア)と認める」事になるので、やめた方がいいでしょう。数年前に島に行くツアーがあったそうですが、やはり中止になったと聞いたことがあります。(さだかではないのですが)私も北方領土には興味がありますが、島が返還になるまでは、無理かな?と思っています。でも、帰ってくるのはいつのことやら。難しいことはよくわかりませんが、政治家の方たちにうまく外交してもらうしかないですね。ホントに頑張ってほしいですね。でも、ホント北方領土行ってみたいですね。魚はおいしそうだし、温泉もあるらしいし・・・私もすごく興味あります。
    • good
    • 0

まず無理でしょう。

そういう形での入国をロシア政府が
認めないと思います。どうしてもというのなら、ロシア大使館に問い合わせてみてはどうですか?
    • good
    • 1

行けそうもないような場所ですが、ロシアというお国柄、官憲や軍隊に鼻薬を嗅がせたら意外と行けたりして(笑)


でもバックパッカーということはお金をかけないで、ということですから無理ですかねぇ?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ウクライナ問題」と「北方領土問題」

正直、私には難しい事はわかりません。
でも、素朴な疑問がありますので、ぜひ教えてください。

今日の某新聞を読んで思った事です。
あくまでも、その新聞の見解なのでそれが正しいという保証はありませんが、ここではその見解が正しいものとして、話を進めさせて頂きます。

ウクライナ問題に対して、日本の対応についてですが、「北方領土問題を抱え苦慮、日本は板挟み」と書いてあります。
わかりやすく言えば「ロシア首脳とせっかく良好な関係を築き上げているのに、それを壊したくない」との趣旨のようです。

そこで、私は疑問に思いました。
もし仮に(本当に仮にです)、このウクライナ問題が起こる前に、もし仮にですが「北方領土4島無事(日本に)返還」となっていたら、どうなっていたでしょうか?

「ロシアさん、ありがとう、このウクライナ問題も北方領土を返してくれたのですから、ロシアを全面支持しますよ」となるでしょうか?

あり得ませんよね?
なぜなら「北方領土は日本固有の領土」とうたっていますから、「返還されて当然」となるハズです。
となると、必然的にもし仮にですが、「北方領土返還」されていたら、アメリカと同じような制裁措置がされていたとしても、不思議ではありません。

ロシアとしては「北方領土を返還しなければ、ロシアに対して"配慮"してもらえる」。
ならば、必然的に「北方領土は絶対に返還しない事が得策」と、ロシア側とはなりますよね。

つまり「北方領土返還のメリット」がどこにも見当たらないわけですからね。

そんなことは、アメリカだってEUだって、すでにお見通し。
もちろん、そんなヤツ(日本)を「信頼」するハズもなく。

こんなことをやっていて、日本は一体「誰の得」になると思っているのでしょうか?

私としての「答え?」は、「北方領土は北方領土で別問題」として、日本としての「ウクライナ問題の見解」を明確に示す事こそが、ロシアやアメリカ、EUを含む、全世界からの信頼に繋がると思うのですが、どうですかね?

日本は、世界の「笑いもの」になっていると思うのですが、どうなんでしょう。

正直、私には難しい事はわかりません。
でも、素朴な疑問がありますので、ぜひ教えてください。

今日の某新聞を読んで思った事です。
あくまでも、その新聞の見解なのでそれが正しいという保証はありませんが、ここではその見解が正しいものとして、話を進めさせて頂きます。

ウクライナ問題に対して、日本の対応についてですが、「北方領土問題を抱え苦慮、日本は板挟み」と書いてあります。
わかりやすく言えば「ロシア首脳とせっかく良好な関係を築き上げているのに、それを壊したくない」との趣旨のようです...続きを読む

Aベストアンサー

>なぜなら「北方領土は日本固有の領土」とうたっていますから、「返還されて当然」となるハズです。
根拠は何でしょうか。
クリミヤはロシアとオスマントルコとの戦争の結果1783年以降はロシアの領土です。
ソヴィエト連邦崩壊後クリミヤの独立を阻止したのはウクライナです。
現在もクリミヤ自治共和国として国家内国家として独自の憲法を制定しています。
北方領土をロシアに向かって日本固有の領土であると主張するのであれば、上記のロシア及びクリミヤの主張をどのような観点から非難されますか.

>つまり「北方領土返還のメリット」がどこにも見当たらないわけですからね。
他の国にメリットがあろうがなかろうが、日本にはメリットがあります。
自国の領土交渉にアメリカやEUの力を借りるおつもりですか?
アメリカやEUが日本に力を貸すメリットは何でしょうか?

>私としての「答え?」は、「北方領土は北方領土で別問題」として、日本としての「ウクライナ問題の見解」を明確に示す事こそが、ロシアやアメリカ、EUを含む、全世界からの信頼に繋がると思うのですが、どうですかね?
外交交渉は国益がかかった交渉です。それはそれ、これはこれとご都合主義は通りません。
あらゆる事柄が交渉のカードとなります。
ロシアがNOといった瞬間交渉は停止します。
ロシアが中国と手を結んで尖閣諸島へ艦隊を派遣したらどのようにされますか。
ロシアと中国は地続きです。

EU加盟諸国は一枚岩ではありません。
フランスはフランスとしてドイツはドイツとして行動しています。
アメリカも腰が引けています。
日本はクリミヤやウクライナについて何か直接的な利害関係を持っていますか?
直接的な関係もなく影響力もない、遥かユーラシア大陸の東の外れの海を渡った島にある日本が何をどう言おうが関心はありません。

>こんなことをやっていて、日本は一体「誰の得」になると思っているのでしょうか?
日本国の政府は日本のために働いています。他人の国の為に働いている訳ではありません。

>日本は、世界の「笑いもの」になっていると思うのですが、どうなんでしょう。
さしたる影響力も行使できない問題に口を挟んで、挙句の果てに肝心の自国の領土も取り戻せないようでは、笑いものどころか徹底的にバカにされます。

ロシアを北方領土交渉のテーブルに着かせる方法を具体的にご提案願います。

>なぜなら「北方領土は日本固有の領土」とうたっていますから、「返還されて当然」となるハズです。
根拠は何でしょうか。
クリミヤはロシアとオスマントルコとの戦争の結果1783年以降はロシアの領土です。
ソヴィエト連邦崩壊後クリミヤの独立を阻止したのはウクライナです。
現在もクリミヤ自治共和国として国家内国家として独自の憲法を制定しています。
北方領土をロシアに向かって日本固有の領土であると主張するのであれば、上記のロシア及びクリミヤの主張をどのような観点から非難されますか.

>つま...続きを読む

Q沖縄本島で、石垣のあるいわゆる「沖縄の風景」がみたいのですが、あります

沖縄本島で、石垣のあるいわゆる「沖縄の風景」がみたいのですが、ありますか?
テーマパークではなく本物の、石垣があり、ハイビスカスが咲き、民家が立ち並ぶ細い路地を歩けば三線の音が聞こえる・・・みたいな場所って、本島にはないのでしょうか?
お詳しい方がいましたら、ご意見おねがいたします。

Aベストアンサー

そうですね~~~

最近は、石垣は、ハブが住み着かない様にコンクリートで石の間を埋めているところが多いですね~。

首里の方には石垣とハイビスカスは有ると思いますが三線の音が聞こえる様な所は本島では無いと思います!!!

実際、沖縄の人でも三線を弾ける方よりも弾けない方の方が圧倒的に多いですね~。

それと、マナーとしてですが民家が立ち並ぶところは、観光地では無く、居住空間ですので騒いだり、覗き込んだり、敷地内に許可無く入ってはいけません!!!
これは、沖縄でも他の都道府県でも同じ事なので注意して下さい!!!

Q竹島問題と北方領土問題

日本政府は直近の竹島問題を国際司法裁判所に提訴する構えですが、先に同類問題のあった北方領土のケースでは国際司法裁判所に提訴しませんでした。

これらの外交問題対応の相違を対比すると後者では北方領土の領有権を日本は主張しなかった事を意味する事になって不法占拠中の某国の思う壺だと思います。

第2次世界大戦で日本が敗戦の折のドサクサに火事場泥棒宜しく北方領土を不法占拠した某国を日本政府は容認して北方領土の領有権を自ら放棄する積もりでしょうか?

日本の外交問題対応の不手際が云々されていますが、ここでは現在の政権によって戦後最大の不手際を露呈する気配が濃厚です。

Aベストアンサー

北方領土は、大戦終結を目的としての『ヤルタ会談』で米・英・ソが、戦後処理に関する秘密裏の取り決めで、当時の国際連盟条約に反する『領土の問題』を決定していたからです。
1.日本による全占領地の返還。
2.ソ連の北方領土占領。
3.米の全日本の占領。日米講和後も、沖縄・小笠原の占領支配は続いた。

千島列島全域は、樺太との領土交換条約により、平和的に日本固有の領土となっていた。『ポツダム宣言』を受諾し、日米単独講和した時点で、日本政府はヤルタ協定を承認した(米に逆らえないから)。
ポツダム宣言受諾は、『宣言の内容に同意して敗戦を認める』と言う条件での敗戦同意であり、同宣言は国際連盟加盟の各国も、遵守が義務づけられる筈のものである。従って、ヤルタ協定は国際法上無効である。北方領土問題を四島返還論に矮小化したのは、歴代自民党政権の負け犬根性である。

竹島問題は、朝鮮半島の南北分裂・対立による朝鮮戦争停戦後のドサクサに、李承晩軍事独裁政権が、日本の合意もアメリカとの協議もへないで、日本海(韓国では東海)上に勝手に設定した『李承晩ライン』を国境線とするというもので、歴史的根拠が争われている。問題が明治政府による日韓併合にまで遡るので、最初の利用者は誰かという問題が焦点になる。日韓併合以前に韓国の領土だったとする根拠も明白でない。安全な船着き場もない孤島で、最初に燐鉱石を採取したり、ラッコ猟をしたのは島根県民であった。
日本は過去三回、国際司法裁判所に提訴したが、韓国が応じようとしなかった。日本船が接近すると銃撃を受ける危険な状態。アメリカが守ってくれないのだから、何のための安保条約なのやら。
以上ご参考までに

北方領土は、大戦終結を目的としての『ヤルタ会談』で米・英・ソが、戦後処理に関する秘密裏の取り決めで、当時の国際連盟条約に反する『領土の問題』を決定していたからです。
1.日本による全占領地の返還。
2.ソ連の北方領土占領。
3.米の全日本の占領。日米講和後も、沖縄・小笠原の占領支配は続いた。

千島列島全域は、樺太との領土交換条約により、平和的に日本固有の領土となっていた。『ポツダム宣言』を受諾し、日米単独講和した時点で、日本政府はヤルタ協定を承認した(米に逆らえないから)。
...続きを読む

Q日ソ間で北方領土は問題になってますか?

日ソ間で北方領土は問題になってますか?
ソ連は日本との間に領土問題は存在しないと考えているのでしょうか。
また戦後ずっと実効支配されてきた北方領土が戻ってくる可能性はありますか?
あるとすればどのような展開で返還されるでしょうか。

Aベストアンサー

1、去年2月の日露首脳会談で北方領土問題を解決しようということを話し合っています。
2、この首脳会談の相手は、今回北方領土はロシア国内だと言って訪問したメドヴェージェフ大統領です。
ロシアの大統領がなぜ日露首脳会談を無視して北方領土を訪問したかと言うと、もうすぐ大統領選があるので、ロシア国内で軽く見られている大統領が自分に力があるというアピールをしたかったからです。

Q北方領土問題について

北方領土問題で北方四島のうち、二島返還だとか、いろいろ言われており、なかなか解決まで至らないですね。
でも、仮にロシアが北方領土を日本に返還することになったとしても、沖縄返還後のアメリカ軍駐留みたいに、少なからずロシア軍駐留とかいったように、ロシアの影響はうけることになりますよね?
そうなると日本の領土内にアメリカ軍とロシア軍が駐留することになるので、日本国内を舞台にこの二国間では緊張が高まることになるんじゃないでしょうか?
仮にロシアが北方領土を返還したとした場合の話ですが。

Aベストアンサー

ロシア軍が数年でも駐留することを条件にした返還を日本政府・国民が飲むわけがありません。
それでは返還になりません。
また、95年のデータとして3500人が駐留していますが、
返還後にロシアが軍を駐留させる意味がないので国境沿いに配備すると思います。
また冷戦時代と違い、米露は緊張関係にありません。

Q北方領土と竹島問題の相違点

北方領土問題に関しては、日本は国際司法裁判所にはこの問題を提起していると全く聞きませんがどうなのでしょうか?
竹島問題に関しては国際司法裁判所には問題提起していますが、一部の韓国人らは「北方領土で国際司法裁判所に提訴しないのは相手が大国だから尻尾巻いているし、もともと国際司法裁判所は日本が有利」などと発言しているそうです。

Aベストアンサー

北方領土は、日露双方でどこまでを北方領土と見なすか、という見解に相違があるものの、「第二次世界大戦終了前後に、ソ連が日本固有の領土を一方的に占領し、それ以降支配し続けている。」という見方については一致しています。つまり、ロシアも「本来の日本領を自分たちが占領し続けている」ことには同意しています。

その日本領が「北方4島」なのか、「歯舞・色丹だけ」なのか、極端に言ってしまえば、その違いです。ロシア、その前身のソ連は「歯舞・色丹だけ」の返還に関しては、1956年に基本的に同意しています。ただ、それだけでは日本政府は納得できないので、こう着状態が続いています。

これに対して、竹島問題に関して韓国は「日本固有の領土」と認めておらず、朝鮮固有の領土と主張していますので、根本的に違います。

日本政府としても、北方領土は2国間で十分協議の上、解決が可能と考えているのでしょうし、竹島問題は2国間で解決が不可能だと考え、国際司法裁判所に訴えているのだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報