パリ講和会議のなかで「ラインラント」と「東プロイセン」を要求していた国はそれぞれどこでしょうか?

どなたかご教授下さい!

パリ講和会議の結果、連合国は敗戦国ドイツとヴェルサイユ条約を結んで、この条約でラインラントを非武装地帯としたのは知っております。


もし質問の内容自体が間違っていましたら、その内容もご指摘いただければ幸いです。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ラインラントは当時ドイツの重工業地帯で豊富な炭田、交通の便もありフランスがその領有を主張しましたが、フランス人の居住したこともなく連合国特に英、アメリカが反対し非武装地帯宣言をする事でドイツ領にとどまりました。



「東プロイセン」についてはポーランドとロシアが争ったようでポーランド-ロシアの戦争にまで発展しましたが、緒戦はポーランドが破れましたがフランスの援助で巻き返し、連合国の仲介もあって住民投票によりドイツ領に留まりました。

その結果ダンティッヒが自由港としてポーランドの優先使用が認められました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そうでしたか!
分かりやすい回答、感謝致します。

お礼日時:2006/11/28 21:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロイセンについて

プロイセンは元々国で、現在はもう無くなっているということで合ってますか?

Aベストアンサー

合っています

細かく言うと、十字軍に派遣されたけど、
パレスチナから逃げ帰った
神聖ローマ帝国のチュートン騎士団が、
ハンガリー方面から、東プロイセンを占領、
騎士団総長ホーエンツォレルン家のアルブレヒト・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハは1525年ルター派に改宗、領内の騎士団を解散してポーランド王国の諸侯となりプロイセン公領を創始する。
西プロイセンと合わせて、神聖ローマ帝国のプロイセン王国となる。

プロイセンは、神聖ローマ帝国滅亡後、北ドイツ連邦の盟主、
さらに普仏戦争後、ドイツ帝国の中核となった後、
ワイマール共和国で、王政廃止、プロイセン州となる。
戦後、プロイセンの一部はソビエト・ロシアやポーランド領となり、またプロイセンの名称自体忌避されたので、現在のドイツではブランテンブルク州などに分割改名され、地名・行政区画名としても、プロイセンは見られない

Qパリ講和会議での人種差別撤廃案について

 パリ講和会議で、日本が発議した「人種差別撤廃案」は、アメリカ・イギリス・フランスなどの反対で成立しませんでしたが、もし、成立していたら、日本は植民地である台湾への政策で、何か変更しなくてはならないことがあったのでしょうか?
 
 『人種差別』と『植民地政策』のからみが、よくわかりません。このふたつは全くリンクしていないのでしょうか?質問内容が絞れていなくてすみませんが、関連することでも良いので教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは
>何か変更しなくてはならないことがあったのでしょうか
もともとこの「幻の15条」は、
「人種あるいは国籍如何(いかん)により法律上あるいは事実上何ら差別を設けざることを約す」でしたが、米英などの根強い反対により、日本は、
「国家平等の原則と国民の公正な処遇を約す」と妥協・修正します。(これも、議長ウィルソンの突然の「全会一致」という原則変更によって葬り去られますが)

この条項は、アフリカ大陸、アジアにおいて白人(コーカソイド)帝国主義国家による植民地支配(白人優位の世界)への対抗・牽制として後発帝国主義国家日本が打ち出したものですね。
(日本が想定した)主要対象は米英でしょうが、仮に成立していたとしたら、日本もこの条項の「縛り」を受けるわけです。したがって、朝鮮や台湾の統治に際しては「 国民の公正な処遇」を履行することが、当然求められたでしょう。
事実、日本のこの提案に対しては、「日本も朝鮮では抑圧的・差別的な統治を行っているではないか」という内容の非難が浴びせられます。

「公正な処遇」とは何か、という問題もありますが、私見では雇用・労働条件、居住・社会生活等における不当な差別をしないことがあるでしょうし、最終的には「参政権」という政治的権利に行き着くと思います。黒人問題をかかえるアメリカ、インド支配を行っているイギリスも、この「政治的権利」に行き着かざるを得ない点を、最も警戒(嫌悪)したのではないかと思います。
日本の場合も、「法的な処遇」において改善が必要になったであろうと予想されます(具体的には、申し訳ありませんが現時点では私もよくわかりません)。しかしパリ講和会議の席上においては、朝鮮・台湾の問題は小事にすぎず、欧米白人列強と如何に対抗するか、が大事(優先事項)であったのではないでしょうか。

余談ですが、日本の「人種差別撤廃案」は、当時としては画期的・先進的なものとして一定の評価できます。しかし、のちの太平洋戦争or大東亜戦争を「欧米白人列強に対するアジア黄色人種解放の闘い」として「人種間闘争」のように捉え位置づけることは、事の本質を矮小化する皮相な見方である、と考えます。

ご質問の趣旨から離れてしまったかもしれません、ご参考までに。

こんばんは
>何か変更しなくてはならないことがあったのでしょうか
もともとこの「幻の15条」は、
「人種あるいは国籍如何(いかん)により法律上あるいは事実上何ら差別を設けざることを約す」でしたが、米英などの根強い反対により、日本は、
「国家平等の原則と国民の公正な処遇を約す」と妥協・修正します。(これも、議長ウィルソンの突然の「全会一致」という原則変更によって葬り去られますが)

この条項は、アフリカ大陸、アジアにおいて白人(コーカソイド)帝国主義国家による植民地支配(白...続きを読む

Qプロイセン憲法って・・・?

プロイセン憲法について詳しく教えてください!!

Aベストアンサー

1850年に発表されたプロイセン憲法は大日本帝国憲法の土台になった憲法です。なぜそうなったかというと天皇主権をおもな内容にしたかった日本にとってプロイセン憲法(ドイツの憲法)は絶好の憲法だったからです。ついでにこの憲法を取り入れようとしたのは伊藤博文です。

参考URL:http://www.sendai-sentyuri.co.jp/sup/maijikenpou.html

Qサンフランシスコ平和条約と講和条約の違い

あの、教科書にはサンフランシスコ平和条約とかいてあるのですが、
プリントにはサンフランシスコ講和条約とかいてあって。

なにが違うのか教えてください。

Aベストアンサー

講和とは交戦国どうしが取り決めを結び、戦争をやめ平和を回復することで、講和条約とは戦争の終結を宣言し、領土・賠償金などの講和に伴う条件について規定する国際法上の合意のことをいいます。
つまり平和を回復するための条約ですので平和条約という言い方もあります。

なので講和条約と平和条約とは一緒です。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/65935/m0u/%E8%AC%9B%E5%92%8C/

Qプロイセン=ジャイアン?

 プロイセンはジャイアン声だといわれますが、あれは声優さん的な意味なのでしょうか?でも調べてみるとプロイセン役の人はジャイアンの声はしていなかった・・・と思うのですが。聞いたかんじの声がジャイアンに似ている、ということでしょうか?

Aベストアンサー

アニメの初登場がジャイアンぽかったことと、原作者がプロイセンの声優を探す時に「某がき大将的なイメージで」と言ってた辺りでプーにジャイアンのイメージがついたんだと思います。
今月発売のCDの曲も中々ジャイアンでした(笑)

Qヴェルサイユ条約での戦争責任条項について

第一次世界大戦の講和条約となるヴェルサイユ条約では、ドイツに対する戦争責任条項を含んでいました。
なぜドイツに戦争を起こしたとする戦争責任が求められたのでしょうか?

直接的な原因はサラエボ事件後、オーストリア=ハンガリー帝国がセルビアへ宣戦布告したことであったと認識しています。

パリ講和会議が開かれた際には既にオーストリア=ハンガリー帝国がなかったとはいえ、どこかに責任をなすりつけ、補償をがっぽり頂きたいという連合国側の姿勢しか見えてこないのですが。

Aベストアンサー

第一にヴェルサイユ条約は対ドイツの講和条約です。

ヌイイ条約(対ブルガリア王国)
サン=ジェルマン条約(対オーストリア共和国)
トリアノン条約(対ハンガリー王国)
セーヴル条約(対オスマン帝国)→オスマン帝国が倒れたためローザンヌ条約(対トルコ共和国)

が別に結ばれています。

あと直接的な原因が何であろうと、同盟側の主力があくまでドイツだったのは間違いありません。1914年までの数年間とサラエボ事件後にドイツが慎重な外交姿勢を取っていれば世界大戦への拡大は避けられたかもしれないし、実戦でもオーストリア他の軍隊はドイツ軍の添え物程度でした。

同じ事は程度の差はあれ協商側にも多分いえるので同盟国側にだけ開戦の責任を問うのは勝手といえば勝手です。が、それまでの戦争で勝った方が負けた方から問答無用で賠償を取っていたのに比べれば「開戦に責任があるものは(責任に応じて)処罰される」という普遍化可能なルールを示した事は戦争違法化への一歩として評価しても良いのではないでしょうか。そうやって一次大戦では勝った国も明らかに不当すぎる事はやりにくい世界に段々なっていった訳ですから。論理構成の問題であってドイツに苛酷な賠償が課されたのは変わりませんが。

第一にヴェルサイユ条約は対ドイツの講和条約です。

ヌイイ条約(対ブルガリア王国)
サン=ジェルマン条約(対オーストリア共和国)
トリアノン条約(対ハンガリー王国)
セーヴル条約(対オスマン帝国)→オスマン帝国が倒れたためローザンヌ条約(対トルコ共和国)

が別に結ばれています。

あと直接的な原因が何であろうと、同盟側の主力があくまでドイツだったのは間違いありません。1914年までの数年間とサラエボ事件後にドイツが慎重な外交姿勢を取っていれば世界大戦への拡大は避けられたかもしれないし...続きを読む

Qフリードリヒ二世(プロイセン)の本

現ドイツの基盤を作り、旧プロイセンを強国にまでした偉大なる名君主、フリードリヒ二世。
どのような本がオススメでしょうか。題名を教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして

フリードリヒ大王がお好きなら既に入手されているかも知れませんが

為政者、軍人としてのフリードリヒ大王なら
『フリードリヒ大王 啓蒙専制君主とドイツ』 清水新書 村岡皙著

文化人としてのフリードリヒ大王なら
『フリードリヒ大王 啓蒙君主のペンと剣』 中公新書 飯塚信雄著

後者も興味深いエピソードはあるものの
小国プロイセンをマキャベリに批判していた大王が7戦争に苦戦しつつもマキャベリズム的に軍事強国へ育てていく過程を描いている前者の方がお勧めですね

Qサンフランシスコ講和会議に中国はなぜ招かれなかったか

1951年のサンフランシスコ講和会議に中華人民共和国(台湾の中華民国も?)は参加してませんが,どのような理由から会議に招かれなかったのでしょうか?イギリスとアメリカの確執があったようですが,詳しく知り対と思います。

Aベストアンサー

中国は、昭和24年の革命により中華民国から中華人民共和国に変わった為に、条約の対象国とはな りませんでした。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/0815-sf.htm

Q「プロイセンの歌」音源

プロイセン国歌だというPreuβenlied(エスツェットをベータで代用してます)が七番まで聞けるCDとか無いでしょうか?
聞いたことあるのは確か二番三番四番六番…と飛び飛びだったので、七番まで通して聞きたいです。

Aベストアンサー

YouTube には、1、3、4、6番の音源しかありませんでした。
PreussenLied - National Anthem of the Kingdom of Prussia - Preussen Hymne

こちらには1~7番の歌詞カードがあります。
http://ingeb.org/Lieder/preussen.html

こちらは1~6の楽譜です
http://www.notendownload.com/8/dpshop/__Preussenlied__NSF79MC1.sco_10.06.html

Qサンフランシスコ講和条約と朝鮮戦争

サンフランシスコ講和条約と朝鮮戦争は何か繋がりがあるのでしょうか?
あるのだったらその繋がりはどのようなものなのでしょうか?
わかる方いましたら教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

戦前は日本にソ連のコミンテルンの工作員を侵入させないため治安維持法で取り締まり共産党員の摘発を行っていました。一方アメリカはコミンテルンは単なる民族運動ぐらいに軽く考えていました。日米開戦の決定的な文書であるハルノートは戦後ハル自身があのような文書を私が書いたなどと思われたら心外だと言ったそうです。ルーズベルトの側近の工作員の一人が作成したものでないかと言われている。勿論ルーズベルトは日本と戦争したくて仕方の無い人間であり、全くソ連には何の警戒もしていません。結果はソ連のコミンテルンの思惑どうり日本はアメリカに破れ、中国はアメリカからの援助に頼っていた国民党はコミンテルンの援助の共産党と内戦になり、追い出されて台湾に逃れます。その後昭和25年にコミンテルンの援助により北朝鮮は韓国に攻め込みます。北朝鮮軍は怒涛の勢いで釜山まで南下してきます。その時米軍は仁川に上陸して反抗に転じますが、そこで中国軍が参戦して米軍は苦戦したためマッカーサーは原爆の使用を本国に許可申請しますが反対されて結果解任されます。朝鮮戦争で初めて日本の中国での戦争の意味が判り日本の再軍備が必要ときずきますが、憲法を破棄しないかぎり軍隊にできないため警察予備隊、保安隊、を経て自衛隊になっています。日本を早く独立国にして日本人の手で防衛させないと米軍の負担がおおきすぎるため昭和27年4月28日にサンフランシスコ講和条約を西側諸国と締結して独立国になりました。アメリカは朝鮮戦争が起るまで自国の政府内に200人以上もコミンテルンの工作員がいることにきずかずにいましたがマッカーシー旋風により赤狩りが行われて彼等の摘発と日本の独立が平行して行われました。日本の左翼系の若者はこの講和条約を単独講和だと言って反対運動をしていました。
アメリカは味方であるべき日本を潰したため、アメリカ一国で共産勢力と戦わざるをえなくなり日本は平和憲法をアメリカから押し付けられたことを逆手にとって、アメリカに日本の防衛をしなければ共産勢力側に
付くぞと冷戦時代は高みの見物で過ごせたが、はたしてこのまま自国の
防衛をアメリカに任せてよいでしょうか、貴方達若者が決めることです。

戦前は日本にソ連のコミンテルンの工作員を侵入させないため治安維持法で取り締まり共産党員の摘発を行っていました。一方アメリカはコミンテルンは単なる民族運動ぐらいに軽く考えていました。日米開戦の決定的な文書であるハルノートは戦後ハル自身があのような文書を私が書いたなどと思われたら心外だと言ったそうです。ルーズベルトの側近の工作員の一人が作成したものでないかと言われている。勿論ルーズベルトは日本と戦争したくて仕方の無い人間であり、全くソ連には何の警戒もしていません。結果はソ連の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報