12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

最近ブラックジャックに嵌って読んでいるのですが、

手術の前に、腕はまっすぐ前に、肘から上の手の指先までは
まっすぐ上に、(言葉にすると難しい・・・)
何というか、
横から見ると→ L こんな感じです。

肘から直角に伸ばしている。
この仕草はどういった意味があるのでしょうか?

ブラックジャックだけでなく、
助手を務めるピノコでさえも、
あの動作をしているので
気になります。

「ではこれよりオペを始める」
この時の、動作です。
想像できるでしょうか。

文字で伝えるのは難しい・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

ほかと比べて清潔度を上げた部分を、ほかの部分に触って汚染させないためです。



国によりますが、微生物のつき易い木の台があったりするし、野戦ではもっと不潔なのが周りに多く有りますので、あのような形になって行ったのです。

一度、汚染されると、術前でも術中でも最初からやり直します。

日本や先進国の一流のオペ場はIC生産の部屋と同じ程度に管理されていますが、普通は微生物などは空中に多く居ますので、すぐにつきますし、グローブをしても今のは良くなりましたが、
以前のは侵入していました(ブラックジャックの時代はその材料のグローブを使っていたはずです。その為材料が変更されています)から、実際はそれほど気をつけても(私は当時は二枚を重ねていましたが)、自分と患者を守るのは(^_^;)完全ではないのです。

なお、手洗い後に水は綺麗にふき取ります。 
手洗いの方法はもちろんですが、ふき取りの為のマニュアルも外科では覚えこまされていますから、水が落ちてくるなどありえません。
簡易手術の場合は超音波槽に肘までつけるだけですので、そういうことも起こりえますが・・・・。(^_^;)

まあ、いくら手を洗っても、患部を決まった方法で消毒しても、毛穴の中までは出来ないから、時間とともに感染の危険性は増えます。
    • good
    • 1

 病名と術式を厳かに言うところですよね?(笑)


 手術室でのお約束として、『腰から下は不潔とみなす』があります。腰から下…ちょうど手を下に下ろした状態で、肘から下に当たる部分です。
 床面に近くなれば近くなるほど、ホコリや細菌などによる汚染の度合いが高く、それら不潔(細菌で汚染されている)な部分に触れないよう気をつけるために、あのようなポーズをとるのでしょう。
 実際のところ、手洗いが終わった後の、肘まで流れた水滴が指先に戻らないよう手袋を装着するまではあのポーズを取りますが、手袋装着後の手術操作をしない時などは、あそこまで極端なポーズではなく、前腕部分を肘から下に下ろさないよう指を組んだり腕組みしたりしますよ。
 
    • good
    • 0

みなさんの回答は70点ですね。


正解は、
まず、手術前の手洗いをしますがこのときも同じ動作をします。
なぜかといえば洗い終わって一番清潔にしておきたい手(指先)に水が落ちてこないようにするためです。
手術前の動作もそうですが、他のものを触らないようにするためというのはもちろんです。が、最も重要なのは洗った場所より上の部分からの細菌の落下による汚染を防ぐためです。
    • good
    • 0

知り合いに外科医がおりまして、聞いた話です。


消毒してからは常に自分の視界に手を入れておき、無意識に何かに触り、菌を付けないためだと聞いたことがあります。
これから人の体の内部に触れるわけですから、当然の行為だと思います。
    • good
    • 0

細菌をつけないためです。

    • good
    • 0

オペ前には、念入りに手を洗いをします。


理由は、患部に雑菌が入らないようにです。
その上に手袋をするのです。

手を上げているのは、手洗いをした手を汚さないためです。
計器などに触れたら、もう一度手洗いをしなければいけません。
手袋を変えればいいという問題ではないのです。
    • good
    • 0

消毒をした腕が汚染しないように上に上げているのです。


手を下に下げていると何かしらの拍子に台や出入り口などに接触したりして、せっかく時間をかけて手洗いしたのに台無しになる可能性もありますから、手を上げ両手の指で組んでいることも多いです。
自分のほうに手のひらを向けるのは外側に向けるより更にその危険を回避するためです。
    • good
    • 0

だからどこにも触ってはいけないのです。

    • good
    • 0

手袋が滅菌(完全な無菌)されているからです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベッドメーキングの各理由

看護のベッドメーキングについて質問です。

下シーツを作るとき、コーナーを三角にすることって言うのは、
どういった理由なのでしょうか?

もちろん、崩れにくいっていう理由があると思うんですが、なぜ崩れにくいのか?

先生いわく、シーツの繊維の目が、縦と横になっていて、・・・が重なるからとか言っていたのですが、
いまいち分からず・・・

上シーツに関しても、なぜコーナーを四角にするのか?

分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして・・・なにか新鮮なご質問ですね、何かの役に立てれば幸いに感じます。

さてまず三角ですが、
枕側を横、として最初にシーツの端を枕元からマットレスに敷き込んだほうと、
縦に織り込む部分とで二重に絞まり、シーツがずれにくい。
それが、先生の言う縦と横の重なりではないでしょうか。
四角は、三角よりもずれやすい。

ということで・・・
敷きシーツの方はシーツがずれてシワができると床ずれの原因になるので、ずれにくいように
三角折り。
掛けシーツの方は寝返りをうったりしても足元が窮屈にならないようにゆとりを持たせるために
四角折り。

では、ないのかな?

Q患者様に手洗いしていただくことの意義とメリットについて

はじめまして、私は病院で介護職についているものです。
私の勤務する病棟の4割くらいの患者様は車椅子に乗っておられ、患者様には
食事前には必ず手洗いをしていただくように心がけています。

しかし、大半の患者様はお一人では手洗いをすることが難しく、職員がお手伝いしてさしあげています。

それで、お尋ねしたいのですが、患者様にお手洗いをしていただくことで、
患者様にとってどれだけメリットがあるのか教えていただけないでしょうか?

患者様にお手洗いをしていただくことにいろいろと患者様自身にとっても
有益がなことがいろいろとあると思うのですが、職員の中には、食事前に
消毒スプレーを手にかければ済むことだと訴える者もいて、それに対して
私は何か違うだろ、とは思うのですが、どう説明すればいいのかわかりません。

洗面台の前で手洗いをするからこそ意味がある、ということがあればぜひ、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。看護師をしています。

手洗いの意義ということですが、たしかに洗浄によって目に見える汚れを落とすこと、流水によって目には見えない細菌類を流すことが期待できることがあると思います。免疫が低下しているお年寄りや疾患を持つ方が集団生活をしている場合には感染症がおきやすいので手指を含めた保清は大切なことです。
そのほかでは(これはあくまで看護学生向けの話ですが)生活の場を自宅から移して集団生活をしている場合にはもともと持っていた生活のパターンが画一的な施設の生活スケジュールに変えられていて、なんとなくそれに乗せられて1日が終わるということがあります。食事の前に洗面台の前に行って手を洗うことが生活のめりはりをつけ、これから食事をするという切り替えをするのに役立ちます。そのほか、手を洗ってさっぱりすることで快の刺激を感じてもらうことができるし、洗面台に行くのであれば鏡が見えるかもしれませんが、これも人間にはとても大切なことです。また介助してでもできるだけ活動範囲を拡げて実際の生活に近づけていくということも看護の観点からは大切なことです。

とはいえ以上は建前で、実際には患者さんは多くの人間に直接触れる医療者や食品を扱う調理担当者ほどには手洗いが必要なわけではありません。MRSAやノロウイルスといった院内感染の媒介は医療者や調理者であって、患者自身(患者同士の接触)ではありません。また医療的な理由で安静指示がある場合には洗面所やトイレに移動して手を洗うといったことができないことがあります。その場合には蒸しタオルを提供することでかなり汚れを落とすことができます。入浴ができない時に清拭をするのと同じ、また外食時に暖かいおしぼりが出てくるのと同じです。汚れが落ちてさっぱりするのは使ったことがあればわかると思います。快の刺激は状況によって違う方法で提供されうるものだと思います。食事の時間は3食いずれも通常勤務体制上人手の少ない時間帯でもあってなかなか実行するのが難しいという事情も多くの医療機関であると思います。

またここ数年、院内感染を防ぐという観点のみでいうならスプレー式の消毒剤の噴霧をもって流水による手洗いに替えることができるといわれるようになりました。その前はどんな消毒剤よりも石けんと流水で流すことが何よりも大切だと繰り返し言われていてそれを信じて、一人のバイタルを測るたびに石けんで手を洗っていたものですが、どうもそれは古く、またそれによる手荒れによるささくれなどが洗いにくくなって細菌のすみかになるとか…感染予防とか褥創治療といった看護のセオリーは数年ごとにころころ変わるのでついていくのが大変です。

患者さんの手洗い介助は時間も人手もかかることだと思います。それをどうするかは基本的には病棟がどういった目的で患者さんの手洗いをしたいのかということによると思います。それが感染対策であれば最終的にはエビデンスに基づくべきで、院内の感染対策委員会といったような組織がどう考えるかが重要になると思います。

いろいろな考え方があると思います。いずれにせよお身体に気をつけて勤務なさってください。

はじめまして。看護師をしています。

手洗いの意義ということですが、たしかに洗浄によって目に見える汚れを落とすこと、流水によって目には見えない細菌類を流すことが期待できることがあると思います。免疫が低下しているお年寄りや疾患を持つ方が集団生活をしている場合には感染症がおきやすいので手指を含めた保清は大切なことです。
そのほかでは(これはあくまで看護学生向けの話ですが)生活の場を自宅から移して集団生活をしている場合にはもともと持っていた生活のパターンが画一的な施設の生活スケ...続きを読む

Q手術室の温度

手術室の適温は25度前後とされていますが、なぜですか?是非誰か教えて!

Aベストアンサー

 手術室の空調温度は、一般のオフィスビル等の温度(通常 26~28℃ 程度)よりも やや低めに設定されています。 ご質問のごとく、多くの病院では 手術室の温度を 年中 25℃ 前後 に設定しているようです。

 言うまでもないことですが、手術の際は 医師・看護士の方々は、夏冬とも 長い手術衣を着ています。 この状態で、短時間で手際よく しかもミスは絶対に許されない状況のもとで手術をするのは、彼らにとって 重労働で 汗びっしょりになるそうです。
 更に 手術台の上には、無影灯・白熱灯等の 強力な照明器具が沢山取り付けられていますが、これらはみんな 大きな発熱源となっています。

 これらの理由から 手術室の空調温度は、半袖・ノータイで仕事の出来るオフィスビルなどの一般空調よりも、やや低い温度(25℃ 位)に設定されています。 医師によっては、もう少し低い温度(24℃位)を好む方もあると聞いております。

 なお 手術室の空調は、温度もさることながら 湿度制御が非常に大切です。 静電気の帯電を防止するのが最大の目的で、年間を通して 相対湿度 50~60% にコントロールします。

 手術室の空調温度は、一般のオフィスビル等の温度(通常 26~28℃ 程度)よりも やや低めに設定されています。 ご質問のごとく、多くの病院では 手術室の温度を 年中 25℃ 前後 に設定しているようです。

 言うまでもないことですが、手術の際は 医師・看護士の方々は、夏冬とも 長い手術衣を着ています。 この状態で、短時間で手際よく しかもミスは絶対に許されない状況のもとで手術をするのは、彼らにとって 重労働で 汗びっしょりになるそうです。
 更に 手術台の上には、無影灯・白熱灯等の 強...続きを読む

Q一般道でも後部座席のシートベルト着用は義務ですか?

高速道路では自家用車の後部座席でシートベルトを着用しないといけないのは知っていますが、一般道でも後部座席にいる人がシートベルトを着用しないと取り締まられて運転手が反則金をとられたりするのでしょうか?

タクシーのお客さんで後部座席でシートベルトをしない人も結構いるのではないかと思いますが、そのせいでタクシーの運転手さんが免停になったりする事はないのでしょうか?

自家用車とタクシーとでは規則が違うのかも知れませんが、道路交通法ではどのように決められていますか?

Aベストアンサー

まず結論。
義務です。

勘違いしている様子なのでその指摘。
高速道路でも反則金は取られません。シートベルト着用義務違反には「(通常の意味での)罰則規定がない」ので、当然、「反則金制度もない」のです。
あるのは、一定の場合の違反基礎点数だけです。

道路交通法上、シートベルトの着用義務を定めるのは、道交法71条の3第1項および2項。

 自動車(略)の運転者は、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルト(略)を装着しないで自動車を運転してはならない。(以下略)
 自動車の運転者は、座席ベルトを装着しない者を運転者席以外の乗車装置(略)に乗車させて自動車を運転してはならない。(以下略)

2項において適用場所の限定はなく、かつ、いわゆる助手席と後席を区別していないことから明らかな通り、道交法の適用を受ける場所で運転する限りどの席であっても装着「させる」ことが運転者の「義務」であることは間違いありません。

この規定の違反について定めるのは、道交法施行令別表第2の1の表で、基礎点数1点のみ。
そして、同表の備考104号括弧書きに、

座席ベルトを装着しない者を運転者席の横の乗車装置以外の乗車装置に乗車させて自動車を運転する行為については、高速自動車国道等におけるものに限る。

とあるのでいわゆる助手席(運転席の横の席)以外の場合には高速自動車国道等での違反のみが対象になります。ちなみにこの規定はタクシーを除外する規定がないので、タクシーも同じく適用されます。
よって、タクシー運転手がこの違反を繰り返し、又は、他の違反と相まって、免停となる点数に達すれば当然、免停になります。もっとも、普通の運転者ですら取締りを滅多に受けない違反ですから、タクシー運転手も同様に滅多なことで取締りを受けることはないと思います。しかし、絶対にないとは言えないので点数ヤバい運転手だとお願いされるかもしれません。

なお、「高速自動車国道等」とは同施行令27条の4に

自動車の駐車の用に供するため区画された高速自動車国道又は自動車専用道路(以下「高速自動車国道等」という。

とある通り。

以上

まず結論。
義務です。

勘違いしている様子なのでその指摘。
高速道路でも反則金は取られません。シートベルト着用義務違反には「(通常の意味での)罰則規定がない」ので、当然、「反則金制度もない」のです。
あるのは、一定の場合の違反基礎点数だけです。

道路交通法上、シートベルトの着用義務を定めるのは、道交法71条の3第1項および2項。

 自動車(略)の運転者は、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定により当該自動車に備えなければならないこととされている座席ベルト(略)を...続きを読む


人気Q&Aランキング