日本語を勉強中の中国人です。

 手元に日本の作家の随筆集があります。井上靖の『元旦のこと』から抜粋した随筆を拝読しました。気に入りましたので、『元旦のこと』という本を探してみました。でも、この名前の本はないようです。拝読したのは一つは人生を長い階段にたとえる文章です。もう一つは生と死に対する考え方です。天山の山ひだの中の小さい湖、イミククル湖の畔りに眠っている十九世紀の探検家のことを語りました。「生と死がばらばらにならず、美しいピンで留められている感じである」という結論を出されました。とても気に入りました。この二つの文章はいったい井上靖のどの本から抜粋したのでしょうか。もとの本をぜひ読みたいです。

 井上靖をご存知の方にお伺いしたいのですが、井上靖はどんな感じの作家でしょうか。普通どんな文章を書かれるのでしょうか。だいたいの作風を教えていただければありがたく思います。最近、初めてこの方の作品に触れましたので、もう少し井上靖の作品に触れてみたいと思います。お勧めの作品はありませんか。

 井上靖について何でも結構ですので、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.2です。

お礼及び補足、拝見しました。大変失礼しました。
ひとさまにお奨めする作品のむつかしさを実感しているところです。

現代小説をということですので、乏しい読書経験を探ってみました。
氏の初期の短編の中から「猟銃」及び「闘牛」はいかがでしょうか。
初期といっても作者40歳前後に書かれた、すでに円熟した好編だったと記憶しています。

「猟銃」は同題の散文詩(実際に書かれたもの)が発端となり、ある人物から手紙が届きます。
ここから小説らしい展開が始まります。お読みになってのお楽しみとしておきます。

「闘牛」はいっそう人物描写、心理描写の際立った作品で、芥川受賞作にふさわしい内容です。
日本の敗戦後間もない時期のものだけに、時代性があり、そういう意味から古めかしい作品かもしれません。

「あすなろ物語」は6編からなる短編連作で、作者のいわば「詩と真実」が描かれています。
一編ごとに主人公の年齢に相応した異なる女性が登場してきます。
特に前半3編は少年の抒情が横溢し、子供が読むにも適した内容で、私は小学六年の時これを読んで感銘した記憶があります。

長編では「氷壁」はいかがでしょうか。
長いがすらすらと読め、恋愛とサスペンスに満ちた、いまだ山岳小説を代表する作品ではないでしょうか。
もう何度もTVドラマや映画にもなったはずで、つい先ごろにもNHKで、より現代風な設定に仕立て直して放映されたと聞いています。

晩年の短編では「石濤」が記憶にあります。
石濤は清初の山水画に傑出した画僧と聞いています。ここは質問者様のほうがはるかに詳しいでしょう。
小説のほうは、死が間近に感じられだした老齢の心境が綴られています。

私としてはこんなところです。
参考に資するところありましたら、ご覧になってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 再びありがとうございます。井上靖にとても詳しい方ですね。お勧めの現代小説の中から、自分に合うのを探してみたいと思います。たくさん紹介していただきまして本当にありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2006/12/02 14:13

「しろばんば」が、好きで、好きで、何度も読み返しました。


伊豆の天城(あまぎ)の山中が舞台で、特殊な生い立ちを背負った少年の物語です。
「しろばんば」が、何を意味するかは、お楽しみにとっておきましょう。
しろばんばに登場する、洪作少年が、生い立ちに近いと思います。
先生の生家は、残っていますので、お訪ねになるのもよろしいかと、思います。
文学館もあります。
歴史もの、山岳ものも得意とされていたようです。
それにしても、美しい日本語を使われますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に回答していただき誠にありがとうございます。これはいいですね。大変参考になりました。探してみます。
 励ましていただき本当にありがとうございました。日本語はまだまだ下手で、これからも頑張ります。

お礼日時:2006/12/01 03:33

私も、『元旦のこと』という文章がどの本にはいっているか存じません。



ただ、ご質問の内容から、氏の文章の格調の高さ、清冽な抒情に感銘を受けられたのだろうと判断し、
それならいっそ、散文詩を読まれてはいかがだろうかと提案してみたくなりました。

井上靖は中国、中央アジア、日本を舞台にした歴史小説や
現代日本を描く現代小説を多く手がけた作家(小説家)。
と同時に散文詩らしい散文詩の書き手としても高名で、詩作は生涯にわたって貫かれました。

最近の散文詩はしばしば、散文の文章と比較してみた場合、
わざと奇妙なゆがみやねじれ、軋みを生じさせる効果を狙っていますが、
氏の散文詩は表面上、散文と変わりません。
つまり文章の格調は高いまま、抒情はいっそう豊かに濃縮されている、そんな印象をもたらしてくれます。

詩はご存知の通り、効果的な語句のくりかえしをする一方、思い切った省略、イメージや論理の飛躍があったり、
精緻微細な表現ニュアンスの斬新に工夫を凝らし、言葉はより多義的に使用されます。
日本語を学んでいらっしゃる方に必ずしもふさわしいものとは言えません。

けれども、質問者さんは以前、短歌や俳句のご質問をなさってましたね。
あれらの短詩型の定型詩は日本人にもかなりむつかしいものを多く含んでいます。
それに比べれば相当に味わいやすいと思い、あえてお奨めしてみます。
散文の、随筆などと比べても一編一編はよほど短く、丹念にお読みになる場合にも適しているかも。

「井上靖全詩集」というのが新潮社の新潮文庫から発行されています。
これが比較的入手しやすいのではないかと思います。
ご参考まで。

この回答への補足

>現代日本を描く現代小説を多く手がけた作家(小説家)

 上の分野の作品の中でお勧めの作品がありましたら、ぜひ教えてください。

補足日時:2006/12/01 03:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に回答していただき誠にありがとうございます。俳句と短句はぜんぜんだめなものです。文学常識についての質問を聞いただけです。文法やルールなどがぜんぜんわからないと思います。手元の随筆に井上靖の『詩集・北国』から抜粋した野分という詩がちょうどありました。読んでみましたが、単語が難しいし、文が切れない長文も多くて難しいと感じました。普通の構造の文章のほうが一番ありがたいのですが……お勧めのを心がけます。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/12/01 03:00

随筆は読んだことが無いのですが、井上靖の小説は大好きです。


一般には、歴史、特に仏教と関係のある歴史に関する著作が多いようです。従い、中国も非常によく登場します。歴史の滔々たる時間の流れを表現することに優れた人で、読んでいると数十年から数百年の時の流れを自ら歴史の証人として体感したような気分に浸れます。
以下の作品が代表作だと思います。(個人的嗜好が混じってますが)

「天平の甍(てんぴょうのいらか)」:奈良時代に遣唐使で大陸に渡った留学僧たちの運命の変転を描いた物語。

「敦煌」:敦煌の洞窟に仏典を運び守ろうとした青年の物語。

「おろしや国酔夢譚(おろしやこくすいむたん)」:ロシアに漂流しエカチェリーナ2世に謁見して帰国した江戸時代の商人大黒屋光太夫の数奇な運命を描いた物語。

「蒼き狼」:チンギス・ハーンの生涯を描いた物語。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早々とご回答を頂きまして誠にありがとうございます。歴史小説がお上手な方ですね。随筆を拝読して、人生に対する考え方がすばらしいと感じました。恥ずかしいですが、仏教がよくわかりませんので、たぶん難しいと思います。できれば、一冊目は仏教と関係がない気軽に読めるのから入りたいのですが……お勧めの名前を心がけます。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/11/29 21:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q井上靖について

 日本語を勉強中の中国人です。

 手元に日本の作家の随筆集があります。井上靖の『元旦のこと』から抜粋した随筆を拝読しました。気に入りましたので、『元旦のこと』という本を探してみました。でも、この名前の本はないようです。拝読したのは一つは人生を長い階段にたとえる文章です。もう一つは生と死に対する考え方です。天山の山ひだの中の小さい湖、イミククル湖の畔りに眠っている十九世紀の探検家のことを語りました。「生と死がばらばらにならず、美しいピンで留められている感じである」という結論を出されました。とても気に入りました。この二つの文章はいったい井上靖のどの本から抜粋したのでしょうか。もとの本をぜひ読みたいです。

 井上靖をご存知の方にお伺いしたいのですが、井上靖はどんな感じの作家でしょうか。普通どんな文章を書かれるのでしょうか。だいたいの作風を教えていただければありがたく思います。最近、初めてこの方の作品に触れましたので、もう少し井上靖の作品に触れてみたいと思います。お勧めの作品はありませんか。

 井上靖について何でも結構ですので、よろしくお願いいたします。

 日本語を勉強中の中国人です。

 手元に日本の作家の随筆集があります。井上靖の『元旦のこと』から抜粋した随筆を拝読しました。気に入りましたので、『元旦のこと』という本を探してみました。でも、この名前の本はないようです。拝読したのは一つは人生を長い階段にたとえる文章です。もう一つは生と死に対する考え方です。天山の山ひだの中の小さい湖、イミククル湖の畔りに眠っている十九世紀の探検家のことを語りました。「生と死がばらばらにならず、美しいピンで留められている感じである」という結...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。お礼及び補足、拝見しました。大変失礼しました。
ひとさまにお奨めする作品のむつかしさを実感しているところです。

現代小説をということですので、乏しい読書経験を探ってみました。
氏の初期の短編の中から「猟銃」及び「闘牛」はいかがでしょうか。
初期といっても作者40歳前後に書かれた、すでに円熟した好編だったと記憶しています。

「猟銃」は同題の散文詩(実際に書かれたもの)が発端となり、ある人物から手紙が届きます。
ここから小説らしい展開が始まります。お読みになってのお楽しみとしておきます。

「闘牛」はいっそう人物描写、心理描写の際立った作品で、芥川受賞作にふさわしい内容です。
日本の敗戦後間もない時期のものだけに、時代性があり、そういう意味から古めかしい作品かもしれません。

「あすなろ物語」は6編からなる短編連作で、作者のいわば「詩と真実」が描かれています。
一編ごとに主人公の年齢に相応した異なる女性が登場してきます。
特に前半3編は少年の抒情が横溢し、子供が読むにも適した内容で、私は小学六年の時これを読んで感銘した記憶があります。

長編では「氷壁」はいかがでしょうか。
長いがすらすらと読め、恋愛とサスペンスに満ちた、いまだ山岳小説を代表する作品ではないでしょうか。
もう何度もTVドラマや映画にもなったはずで、つい先ごろにもNHKで、より現代風な設定に仕立て直して放映されたと聞いています。

晩年の短編では「石濤」が記憶にあります。
石濤は清初の山水画に傑出した画僧と聞いています。ここは質問者様のほうがはるかに詳しいでしょう。
小説のほうは、死が間近に感じられだした老齢の心境が綴られています。

私としてはこんなところです。
参考に資するところありましたら、ご覧になってください。

No.2です。お礼及び補足、拝見しました。大変失礼しました。
ひとさまにお奨めする作品のむつかしさを実感しているところです。

現代小説をということですので、乏しい読書経験を探ってみました。
氏の初期の短編の中から「猟銃」及び「闘牛」はいかがでしょうか。
初期といっても作者40歳前後に書かれた、すでに円熟した好編だったと記憶しています。

「猟銃」は同題の散文詩(実際に書かれたもの)が発端となり、ある人物から手紙が届きます。
ここから小説らしい展開が始まります。お読みになってのお...続きを読む

Q三浦哲郎の一冊目の随筆集の題名を教えてください

彼の随筆集(小説も)を愛読しています。
昭和50年講談社発行の随筆集 ゜せんべの耳゛の あとがきに
これが二冊目だと書いてありますが。
娘たちの夜なべ、 春の夜航、 下駄の音、 一尾の鮎
狐のあしあと、と続くのですが、第一作目はなんですか?

Aベストアンサー

『笹舟日記』 (1973年)かと思います。昭和47年4月から翌年3月まで毎日新聞日曜版に連載された全52の掌編集です。

Q井上靖「北の海」を読んで

「しろばんば」「夏草冬濤」「北の海」と読んできて、続きがとても読みたくなりましたが、続きとなる作品はないのですよね?

(1)もしそれに値する作品があれば教えて下さい。

(2)井上靖さんの作品をもっと読みたいのですが、オススメがありましたら教えてください。

井上靖さんの作品に詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(1)についてはsharakoのさんのおっしゃるとおりです。
(2)ですが,井上靖の作品は,詩集,中国・西域物語,恋愛小説,日本の時代小説,登山(山岳)小説,晩年の死を見つめた小説など多岐にわたっていて,これと言い切れません。
三部作読まれたのなら,敦煌,蒼き狼,風濤などの歴史小説や氷壁のようなロマンに富んだのが良いかなと私は思います。

Q井上靖の作品について教えて下さい。

井上靖さんの作品に、「星と空」というものが
あるかどうか知りたいのですが…。

また、あるのであれば何年の執筆作品で、
どういう本に所蔵されているのか
教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

 僕の知っている限りでは、「星と祭」でしたら、ありますが……。昭和46年5月から333回にわたって『朝日新聞』に連載され、翌年朝日新聞社から単行本として刊行されました。現在は、角川文庫版が最も手に入りやすいと思います。

 出版社からの内容紹介には、

 「愛する娘を湖で失った会社社長架山は、悲しみを癒すべくヒマラヤで月を観、娘と共に死んだ青年の父親に誘われ琵琶湖周辺の古寺を巡った。」(角川源義)

とあります。

 間違っていたら、ごめんなさい。

Q夏目漱石・芥川龍之介・安部公房、そして現代

 最近、自分が読んでいる作家(夏目漱石・芥川龍之介・安部公房)の文章力(表現力)についての質問です(三問)。

1・夏目漱石の文章は芥川龍之介の文章と比較すると、軽い文体(今でいう村上春樹の文体)な気がします。
 何故、夏目漱石の文章は良い評価を得ているのでしょうか?(夏目漱石の文章の魅力とは?)

2・大江健三郎が、安部公房が生きていたらノーベル文学賞を受賞出来たと言った様ですが、(安部公房の文章も)芥川龍之介と比較しても、軽い気がしますが、安部公房の文壇での評価は如何なのでしょうか?

3・現代の文学は文学ではないと評する友人がいますが、実際は如何でしょうか?(文壇での評価でなく、回答者の方の意見としては)

Aベストアンサー

 私は芥川読まないし、ノーベル文学賞は信じてないし、小林秀夫も読まない人なので、あまり参考にはならないと思いますが。

3.に関して

 現代の文学は大衆文学と純文学の差がなくなりつつあるといわれています。ですからもし純文学こそが文学だ、というお考えをお持ちなら現代文学は文学ではないといえるかもしれません。

 私も現代の文学より古典を読むことが多いのですが、現代の文学も別の種類としてというか、テレビのような感覚で読みます。さーっと読めておもしろいものもありますよ。人々にゆっくり本を読む時間がなくなって、出版会も経済的にこまっている現在では文学の形もおのずと変わってくるのかもしれませんね。

Qやたら難しい日本語を使う作家

私は文学に関しては全くのド素人なのですが・・・。

10年ほど前、高校の現代文の授業で受けた小説(短編かな?)が今になって急に気になってしまいました。しかし内容はほとんど覚えていません。(確か虎がでてきたような・・・?自信なし。)
覚えている事といえばその文章がものすごく難しい日本語を駆使した文体で、現代文の授業で先生が一旦その文を全部読んだのですが、読み終った頃には生徒の過半数、というかほとんど全員が(進学校であったにも関わらず)眠ってしまったというほど難しい文章でした。(先生も狙っていたようでしたが・・・)

どのくらいの時代の作家なのか良くは覚えてませんが、一応その作家の白黒の写真があったような気がします。(かなりうろ覚えですので、もしかして違うかも・・・。すいません。)

なにぶん私自身が理系で、文学に対して全くもって関心を抱いてない状態でしたのでかなり記憶が曖昧です。
上記の内容も違うかもしれませんが、とりあえず一つ確かなことはやたらに難しい文を書く、ということです。
もし心当たりありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

私は文学に関しては全くのド素人なのですが・・・。

10年ほど前、高校の現代文の授業で受けた小説(短編かな?)が今になって急に気になってしまいました。しかし内容はほとんど覚えていません。(確か虎がでてきたような・・・?自信なし。)
覚えている事といえばその文章がものすごく難しい日本語を駆使した文体で、現代文の授業で先生が一旦その文を全部読んだのですが、読み終った頃には生徒の過半数、というかほとんど全員が(進学校であったにも関わらず)眠ってしまったというほど難しい文章でした。...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

中島敦の『山月記』ではないでしょうか。こんな顔の人じゃなかったでしょうかね↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E6%95%A6

隴西(ろうさい)の李徴(りちょう)は博学才穎(さいえい)、天宝の末年、若くして名を虎榜(こぼう)に連ね、ついで江南尉(こうなんい)に補せられたが、性、狷介(けんかい)、自(みずか)ら恃(たの)むところ頗(すこぶ)る厚く、賤吏(せんり)に甘んずるを潔(いさぎよ)しとしなかった。(冒頭)

中島敦は祖父の代から漢学の家系なので、漢文調の難しい日本語を使う作家という印象を受けたのでしょう。
私も高校のとき読みましたが、すごく魅力的な文章で内容も面白かったので、よく覚えてます。

しかし、いくら理系のクラスとはいえ、これは内容の深い作品ですから、授業をしてて、おもしろくないと感じるわけがないと思います。先生の指導が悪かったのかな?
解説付きの文庫本なんかでもう一度読み直してみると、大人になった今なら理解できるかも・・。

と、偉そうに書きましたが全然違ってたらすいません>

こんばんは。

中島敦の『山月記』ではないでしょうか。こんな顔の人じゃなかったでしょうかね↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E6%95%A6

隴西(ろうさい)の李徴(りちょう)は博学才穎(さいえい)、天宝の末年、若くして名を虎榜(こぼう)に連ね、ついで江南尉(こうなんい)に補せられたが、性、狷介(けんかい)、自(みずか)ら恃(たの)むところ頗(すこぶ)る厚く、賤吏(せんり)に甘んずるを潔(いさぎよ)しとしなかった。(冒頭)

中島敦は祖父の代から漢学の家系なの...続きを読む

Q井上靖について

私は井上靖の研究をしているのですが、それについての質問です。

井上靖は昭和62年6月から平成元年5月にかけての二年間『新潮』に孔子を掲載し、平成元年の9月に単行本を新潮社から刊行していますが、この時に文章の変更などなかったかがしりたいです。またその調べ方でもいいので教えて下さい。

Aベストアンサー

「新潮」の連載から、新潮社の単行本の刊行の際に、若干の文字校はありましたが、文章自体の変更はありません。著者は、満80歳から82歳にかけての高齢での連載ですから、単行本の刊行に際しては加筆していないと思います。因みに筆者が没したのは、刊行の1年余り後の、平成3年1月です。
新潮社の当時の編集者からの話です。

Q東斎随筆の現代語訳

東斎随筆の「おろかなり」(六条の南、~興さむなどは、こともおろかなり。)の現代語訳を教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

 こんにちは。
 私は説話はある程度読んでいるつもりですがこの書名は初めて知りました。説話の概説書は読んでいますから、全く記憶にとどまらなかったのかもしれません。
 それはともかく、現代の出版による校訂版ですらこれしか出されていないようです。
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000001422853/jpn
学術的なもので、東京都立図書館ですら所蔵していません。
 ほかには『群書類従』版なら少数の図書館が持っていますが、いずれにしても一般的な本でないことは明らかです。当然、先の本でも校注はあるとしても、訳文があるとは思えません。
 そうなるとここでの回答を期待するのは無理があると思います。どうしても現代語訳をしてほしいなら、先ず原文を提示するところから始めないといけないでしょう。しかも自分の解釈を記さずにすべてを求めるのは問題があります。更にその本文が校訂版だとすると、これには著作権が生じますから、その点もきちんと確認してください。

 回答でなくて申しわけありませんが、おそらくは唸りながらも自分でなんとか読んでみる方が早いと思います。

 こんにちは。
 私は説話はある程度読んでいるつもりですがこの書名は初めて知りました。説話の概説書は読んでいますから、全く記憶にとどまらなかったのかもしれません。
 それはともかく、現代の出版による校訂版ですらこれしか出されていないようです。
http://opac.ndl.go.jp/recordid/000001422853/jpn
学術的なもので、東京都立図書館ですら所蔵していません。
 ほかには『群書類従』版なら少数の図書館が持っていますが、いずれにしても一般的な本でないことは明らかです。当然、先の本でも校注は...続きを読む

Q北の海はどうしてコバルトブルーにならない?

タイトルどおりなのですが、北国の海の色はなぜか黒っぽいですよね。

海が汚れているのなら分かるのですが、北海道でオホーツク海に面したところは、苫小牧のような大きな工業地帯はないので海はきれいはずです。

ではどうして沖縄のようなコバルトブルーにならないのでしょうか?

たとえば北海道と沖縄、それぞれの海の水を1L採取して分析したら、何か違いがあるでしょうか?

Aベストアンサー

太陽の光には、波長の短い紫から波長の長い赤まであります。長い赤の波長は水の分子によって吸収されます。しかし、青の光は波長が短くエネルギーが高いので吸収されません。
珊瑚礁の海の色はコバルトブルーでとても綺麗ですが、海底に進んだ青い光が白い珊瑚礁で反射されて海面に出て、海面に映った空の青と一緒になって見えるので、あんなに綺麗に見えるのです。曇っていて空が青くなくても、白砂で反射した光が海面に出て、珊瑚礁の海は青く見えます。

参考URL:http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q41.html

Q日本の文化だったり風習、侘び寂びなどといった事に関する随筆文はないでしょうか?

こんにちは。
日本に関する随筆文を探しています。

以前『江戸幻想批判』を手にとって見たのですが、評論文はあまり好きでは無いようです…
あいつのあの文はこうだとか、あのひとの考え方はいかにも雑駁だだとか、そういうのではなく、思うままに綴っていって欲しいのです。
そういう意味では『陰翳礼賛』はよかったです。

どなたか、私に日本に関する随筆文をお教え下さい
よろしくお願いします

Aベストアンサー

中野孝次の『清貧の思想』をおすすめします。
我々日本人にとって美しく気高く感じられる古人の生き方をえがいて、
筆者の惜しみない讃嘆と懐かしみの気持が行間に湛えられている良作だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報