日本語を勉強中の中国人です。

 手元に日本の作家の随筆集があります。井上靖の『元旦のこと』から抜粋した随筆を拝読しました。気に入りましたので、『元旦のこと』という本を探してみました。でも、この名前の本はないようです。拝読したのは一つは人生を長い階段にたとえる文章です。もう一つは生と死に対する考え方です。天山の山ひだの中の小さい湖、イミククル湖の畔りに眠っている十九世紀の探検家のことを語りました。「生と死がばらばらにならず、美しいピンで留められている感じである」という結論を出されました。とても気に入りました。この二つの文章はいったい井上靖のどの本から抜粋したのでしょうか。もとの本をぜひ読みたいです。

 井上靖をご存知の方にお伺いしたいのですが、井上靖はどんな感じの作家でしょうか。普通どんな文章を書かれるのでしょうか。だいたいの作風を教えていただければありがたく思います。最近、初めてこの方の作品に触れましたので、もう少し井上靖の作品に触れてみたいと思います。お勧めの作品はありませんか。

 井上靖について何でも結構ですので、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.2です。

お礼及び補足、拝見しました。大変失礼しました。
ひとさまにお奨めする作品のむつかしさを実感しているところです。

現代小説をということですので、乏しい読書経験を探ってみました。
氏の初期の短編の中から「猟銃」及び「闘牛」はいかがでしょうか。
初期といっても作者40歳前後に書かれた、すでに円熟した好編だったと記憶しています。

「猟銃」は同題の散文詩(実際に書かれたもの)が発端となり、ある人物から手紙が届きます。
ここから小説らしい展開が始まります。お読みになってのお楽しみとしておきます。

「闘牛」はいっそう人物描写、心理描写の際立った作品で、芥川受賞作にふさわしい内容です。
日本の敗戦後間もない時期のものだけに、時代性があり、そういう意味から古めかしい作品かもしれません。

「あすなろ物語」は6編からなる短編連作で、作者のいわば「詩と真実」が描かれています。
一編ごとに主人公の年齢に相応した異なる女性が登場してきます。
特に前半3編は少年の抒情が横溢し、子供が読むにも適した内容で、私は小学六年の時これを読んで感銘した記憶があります。

長編では「氷壁」はいかがでしょうか。
長いがすらすらと読め、恋愛とサスペンスに満ちた、いまだ山岳小説を代表する作品ではないでしょうか。
もう何度もTVドラマや映画にもなったはずで、つい先ごろにもNHKで、より現代風な設定に仕立て直して放映されたと聞いています。

晩年の短編では「石濤」が記憶にあります。
石濤は清初の山水画に傑出した画僧と聞いています。ここは質問者様のほうがはるかに詳しいでしょう。
小説のほうは、死が間近に感じられだした老齢の心境が綴られています。

私としてはこんなところです。
参考に資するところありましたら、ご覧になってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 再びありがとうございます。井上靖にとても詳しい方ですね。お勧めの現代小説の中から、自分に合うのを探してみたいと思います。たくさん紹介していただきまして本当にありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2006/12/02 14:13

「しろばんば」が、好きで、好きで、何度も読み返しました。


伊豆の天城(あまぎ)の山中が舞台で、特殊な生い立ちを背負った少年の物語です。
「しろばんば」が、何を意味するかは、お楽しみにとっておきましょう。
しろばんばに登場する、洪作少年が、生い立ちに近いと思います。
先生の生家は、残っていますので、お訪ねになるのもよろしいかと、思います。
文学館もあります。
歴史もの、山岳ものも得意とされていたようです。
それにしても、美しい日本語を使われますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に回答していただき誠にありがとうございます。これはいいですね。大変参考になりました。探してみます。
 励ましていただき本当にありがとうございました。日本語はまだまだ下手で、これからも頑張ります。

お礼日時:2006/12/01 03:33

私も、『元旦のこと』という文章がどの本にはいっているか存じません。



ただ、ご質問の内容から、氏の文章の格調の高さ、清冽な抒情に感銘を受けられたのだろうと判断し、
それならいっそ、散文詩を読まれてはいかがだろうかと提案してみたくなりました。

井上靖は中国、中央アジア、日本を舞台にした歴史小説や
現代日本を描く現代小説を多く手がけた作家(小説家)。
と同時に散文詩らしい散文詩の書き手としても高名で、詩作は生涯にわたって貫かれました。

最近の散文詩はしばしば、散文の文章と比較してみた場合、
わざと奇妙なゆがみやねじれ、軋みを生じさせる効果を狙っていますが、
氏の散文詩は表面上、散文と変わりません。
つまり文章の格調は高いまま、抒情はいっそう豊かに濃縮されている、そんな印象をもたらしてくれます。

詩はご存知の通り、効果的な語句のくりかえしをする一方、思い切った省略、イメージや論理の飛躍があったり、
精緻微細な表現ニュアンスの斬新に工夫を凝らし、言葉はより多義的に使用されます。
日本語を学んでいらっしゃる方に必ずしもふさわしいものとは言えません。

けれども、質問者さんは以前、短歌や俳句のご質問をなさってましたね。
あれらの短詩型の定型詩は日本人にもかなりむつかしいものを多く含んでいます。
それに比べれば相当に味わいやすいと思い、あえてお奨めしてみます。
散文の、随筆などと比べても一編一編はよほど短く、丹念にお読みになる場合にも適しているかも。

「井上靖全詩集」というのが新潮社の新潮文庫から発行されています。
これが比較的入手しやすいのではないかと思います。
ご参考まで。

この回答への補足

>現代日本を描く現代小説を多く手がけた作家(小説家)

 上の分野の作品の中でお勧めの作品がありましたら、ぜひ教えてください。

補足日時:2006/12/01 03:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に回答していただき誠にありがとうございます。俳句と短句はぜんぜんだめなものです。文学常識についての質問を聞いただけです。文法やルールなどがぜんぜんわからないと思います。手元の随筆に井上靖の『詩集・北国』から抜粋した野分という詩がちょうどありました。読んでみましたが、単語が難しいし、文が切れない長文も多くて難しいと感じました。普通の構造の文章のほうが一番ありがたいのですが……お勧めのを心がけます。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/12/01 03:00

随筆は読んだことが無いのですが、井上靖の小説は大好きです。


一般には、歴史、特に仏教と関係のある歴史に関する著作が多いようです。従い、中国も非常によく登場します。歴史の滔々たる時間の流れを表現することに優れた人で、読んでいると数十年から数百年の時の流れを自ら歴史の証人として体感したような気分に浸れます。
以下の作品が代表作だと思います。(個人的嗜好が混じってますが)

「天平の甍(てんぴょうのいらか)」:奈良時代に遣唐使で大陸に渡った留学僧たちの運命の変転を描いた物語。

「敦煌」:敦煌の洞窟に仏典を運び守ろうとした青年の物語。

「おろしや国酔夢譚(おろしやこくすいむたん)」:ロシアに漂流しエカチェリーナ2世に謁見して帰国した江戸時代の商人大黒屋光太夫の数奇な運命を描いた物語。

「蒼き狼」:チンギス・ハーンの生涯を描いた物語。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早々とご回答を頂きまして誠にありがとうございます。歴史小説がお上手な方ですね。随筆を拝読して、人生に対する考え方がすばらしいと感じました。恥ずかしいですが、仏教がよくわかりませんので、たぶん難しいと思います。できれば、一冊目は仏教と関係がない気軽に読めるのから入りたいのですが……お勧めの名前を心がけます。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/11/29 21:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q井上靖について

 日本語を勉強中の中国人です。

 手元に日本の作家の随筆集があります。井上靖の『元旦のこと』から抜粋した随筆を拝読しました。気に入りましたので、『元旦のこと』という本を探してみました。でも、この名前の本はないようです。拝読したのは一つは人生を長い階段にたとえる文章です。もう一つは生と死に対する考え方です。天山の山ひだの中の小さい湖、イミククル湖の畔りに眠っている十九世紀の探検家のことを語りました。「生と死がばらばらにならず、美しいピンで留められている感じである」という結論を出されました。とても気に入りました。この二つの文章はいったい井上靖のどの本から抜粋したのでしょうか。もとの本をぜひ読みたいです。

 井上靖をご存知の方にお伺いしたいのですが、井上靖はどんな感じの作家でしょうか。普通どんな文章を書かれるのでしょうか。だいたいの作風を教えていただければありがたく思います。最近、初めてこの方の作品に触れましたので、もう少し井上靖の作品に触れてみたいと思います。お勧めの作品はありませんか。

 井上靖について何でも結構ですので、よろしくお願いいたします。

 日本語を勉強中の中国人です。

 手元に日本の作家の随筆集があります。井上靖の『元旦のこと』から抜粋した随筆を拝読しました。気に入りましたので、『元旦のこと』という本を探してみました。でも、この名前の本はないようです。拝読したのは一つは人生を長い階段にたとえる文章です。もう一つは生と死に対する考え方です。天山の山ひだの中の小さい湖、イミククル湖の畔りに眠っている十九世紀の探検家のことを語りました。「生と死がばらばらにならず、美しいピンで留められている感じである」という結...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。お礼及び補足、拝見しました。大変失礼しました。
ひとさまにお奨めする作品のむつかしさを実感しているところです。

現代小説をということですので、乏しい読書経験を探ってみました。
氏の初期の短編の中から「猟銃」及び「闘牛」はいかがでしょうか。
初期といっても作者40歳前後に書かれた、すでに円熟した好編だったと記憶しています。

「猟銃」は同題の散文詩(実際に書かれたもの)が発端となり、ある人物から手紙が届きます。
ここから小説らしい展開が始まります。お読みになってのお楽しみとしておきます。

「闘牛」はいっそう人物描写、心理描写の際立った作品で、芥川受賞作にふさわしい内容です。
日本の敗戦後間もない時期のものだけに、時代性があり、そういう意味から古めかしい作品かもしれません。

「あすなろ物語」は6編からなる短編連作で、作者のいわば「詩と真実」が描かれています。
一編ごとに主人公の年齢に相応した異なる女性が登場してきます。
特に前半3編は少年の抒情が横溢し、子供が読むにも適した内容で、私は小学六年の時これを読んで感銘した記憶があります。

長編では「氷壁」はいかがでしょうか。
長いがすらすらと読め、恋愛とサスペンスに満ちた、いまだ山岳小説を代表する作品ではないでしょうか。
もう何度もTVドラマや映画にもなったはずで、つい先ごろにもNHKで、より現代風な設定に仕立て直して放映されたと聞いています。

晩年の短編では「石濤」が記憶にあります。
石濤は清初の山水画に傑出した画僧と聞いています。ここは質問者様のほうがはるかに詳しいでしょう。
小説のほうは、死が間近に感じられだした老齢の心境が綴られています。

私としてはこんなところです。
参考に資するところありましたら、ご覧になってください。

No.2です。お礼及び補足、拝見しました。大変失礼しました。
ひとさまにお奨めする作品のむつかしさを実感しているところです。

現代小説をということですので、乏しい読書経験を探ってみました。
氏の初期の短編の中から「猟銃」及び「闘牛」はいかがでしょうか。
初期といっても作者40歳前後に書かれた、すでに円熟した好編だったと記憶しています。

「猟銃」は同題の散文詩(実際に書かれたもの)が発端となり、ある人物から手紙が届きます。
ここから小説らしい展開が始まります。お読みになってのお...続きを読む

Q山岳怪談作家の安曇潤平氏の作風について

山岳怪談作家の安曇潤平氏の文庫本「赤いヤッケの男」

http://www.amazon.co.jp/%E8%B5%A4%E3%81%84%E3%83%A4%E3%83%83%E3%82%B1%E3%81%AE%E7%94%B7-%E5%B1%B1%E3%81%AE%E9%9C%8A%E7%95%B0%E8%A8%98-%E5%B9%BDBOOKS-%E5%AE%89%E6%9B%87%E6%BD%A4%E5%B9%B3/dp/4840121702

は、怪談として読むのは前提ですが、設定や描写にムリがあり「胡散臭い」感じを受けます。所詮は、素人がネットなどで得た情報を怪談風にまとめただけの様子です。

【質問】安曇潤平氏の作風や詰めは、胡散臭いと感じますか?(当然に、反論もOKです。むしろ、いいところを教えてください。)

Aベストアンサー

「数々の顔を持つ日本の山にまつわる怪談奇談を集めた本である。
作者自らが体験した話もあるし、山仲間や、あるいは一杯やりながら
山小屋のオヤジから聞いた話もある。
怪談というと、身の毛もよだつ話を想像しがちだが、不思議なことに
山の怪談には、聞き終わって心が温かくなる話も意外と多い。
この本にもそんなホロリとさせる話もいくつか載っている。
この本を手に取り、そして数々の不思議な話を読んだ後に、
みなさんが日本の山を、今よりもっと好きになってくれれば幸いである」

http://www.amazon.co.jp/%E8%B5%A4%E3%81%84%E3%83%A4%E3%83%83%E3%82%B1%E3%81%AE%E7%94%B7-%E5%B1%B1%E3%81%AE%E9%9C%8A%E7%95%B0%E8%A8%98-%E5%B9%BDBOOKS-%E5%AE%89%E6%9B%87%E6%BD%A4%E5%B9%B3/dp/4840121702

と、あるように基本は山で一杯やりながらの与太話ですから、
胡散臭いもなにもそれ以前の話と思いますが。

要はそういうのを面白いと感じられる人が読めばいいだけかと。

「数々の顔を持つ日本の山にまつわる怪談奇談を集めた本である。
作者自らが体験した話もあるし、山仲間や、あるいは一杯やりながら
山小屋のオヤジから聞いた話もある。
怪談というと、身の毛もよだつ話を想像しがちだが、不思議なことに
山の怪談には、聞き終わって心が温かくなる話も意外と多い。
この本にもそんなホロリとさせる話もいくつか載っている。
この本を手に取り、そして数々の不思議な話を読んだ後に、
みなさんが日本の山を、今よりもっと好きになってくれれば幸いである」

http://www.amazon.co...続きを読む

Q井上靖「北の海」を読んで

「しろばんば」「夏草冬濤」「北の海」と読んできて、続きがとても読みたくなりましたが、続きとなる作品はないのですよね?

(1)もしそれに値する作品があれば教えて下さい。

(2)井上靖さんの作品をもっと読みたいのですが、オススメがありましたら教えてください。

井上靖さんの作品に詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(1)についてはsharakoのさんのおっしゃるとおりです。
(2)ですが,井上靖の作品は,詩集,中国・西域物語,恋愛小説,日本の時代小説,登山(山岳)小説,晩年の死を見つめた小説など多岐にわたっていて,これと言い切れません。
三部作読まれたのなら,敦煌,蒼き狼,風濤などの歴史小説や氷壁のようなロマンに富んだのが良いかなと私は思います。

Q作家・山崎豊子の作品で皆様の好きな作品を教えていただけませんか?

作家・山崎豊子の作品で皆様の好きな作品を教えていただけませんか?

因みに私は「不毛地帯」です

Aベストアンサー

『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』ははまりました。

で、キムタク版の『華麗なる一族』の再放送で、
こんなに面白い話で、山崎豊子作品だったのかと(知らなかったので)
機会があったら読んでみたいと思っているところです。

Q井上靖について

私は井上靖の研究をしているのですが、それについての質問です。

井上靖は昭和62年6月から平成元年5月にかけての二年間『新潮』に孔子を掲載し、平成元年の9月に単行本を新潮社から刊行していますが、この時に文章の変更などなかったかがしりたいです。またその調べ方でもいいので教えて下さい。

Aベストアンサー

「新潮」の連載から、新潮社の単行本の刊行の際に、若干の文字校はありましたが、文章自体の変更はありません。著者は、満80歳から82歳にかけての高齢での連載ですから、単行本の刊行に際しては加筆していないと思います。因みに筆者が没したのは、刊行の1年余り後の、平成3年1月です。
新潮社の当時の編集者からの話です。

Q多和田葉子のような文章を書く作家

多和田葉子さんの作品の文体や雰囲気が好きす。彼女の作品は独特だと思うのですが、もし彼女のような雰囲気の作品を書く他の作家さんをご存知でしたら、教えて頂きたく、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も多和田葉子さんの作品は大好きです。ちょっと他の人には真似のできない雰囲気と文体で、これまでずばり似ている作家とはお目にかかったことがないですが、柴崎友香さんの一部の短編小説はちょっと近いかなと感じたことがあります。

似ていると思った小説は「私のいなかった街で」「ビリジアン」「週末カミング」あたりです。

似ているところは、「自分自身の意識の流れを延々と記述する。」「現実の描写と空想の風景が時として混然一体となっていく。」あたり。違うところは、多和田さんの方がやや哲学的(その割に下ネタも結構好き)なのに対し、柴崎さんの方がやや形而下的(結構ミーハー)&アナーキーなところか。

Q井上 靖の・・・

井上靖の「利休の死」という小説をどなたか知りませんか?
単行本になっているかいないかだけでもいいのですが、
学校の国語の問題として二回ほど見かけて続きがみたくてしょうがないんです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.ask.ne.jp/~morioka/novel/novels_2.html
によりますと、角川文庫「天目山の雲」に
収録されてるそうですが、↓でしらべましたら
絶版になっているようです・・・

参考URL:http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=01977941

Q官能小説で、お勧めの作家、作品を教えてください。

官能小説で、お勧めの作家、作品を教えてください。

できれば、女性作家、体験もの、海外が舞台、
ゲイ、ニューハーフ系、風俗
セリフが多い、外国人がでてくる。
など、が希望です。
ハーレクインロマンスの官能小説版のようなシリーズの
なかで、おすすめはありますか?

いつから、官能小説という言い方になったのでしょうか。
理由や、呼び方の変遷も知りたいです。

古典や、昔からの作家のものも、読みたいのですが、
言葉の使い方など、苦手で、読みにくいです。
ポイントを教えてくださると、
もう1回、チャレンジしてみるのですが、、、

Aベストアンサー

「女性作家」ということでお答えさせていただきます。

正確には「官能小説家」ではないのですが、
【室生佑月】の短編群は、面白く読めます。
「設定はリアル/展開はドラマティック」という雰囲気で、
それだけに、登場人物の心情に共感しやすくて好きです。
自分は男性ですので、主人公の女性よりも
その彼氏のほうに親近感をいだきますけれど、、、

あと、女流の正統派(?)官能小説家に【藍川京】がいます。
こちらはそのものズバリ!な路線のようですが、
たとえば『人形の家』で、主人公の初老男が
人形を通して性愛をかなえる描写は、
「女性にしか思いつかないのかな?」と考えさせられます。

じつは【藍川京】の作品は
「いかにも官能小説的」な展開が多すぎて
途中で挫折してしまったのですが、
そのテのストーリーもOKでしたら、
一読の価値があると思いますよ。

Q井上靖小説「氷壁」について

井上靖の小説「氷壁」がNHKでドラマ化されています。興味があって原作を読んでいますが、登山家の死が登山具のザイルが切れたことによって引き起こされたということになっています。ドラマでは登山具の会社で作られたカラビナが原因のようになっています。私の母が、小説が書かれた当時にはザイルが切れるということが話題となったようなことを言っていましたが、昭和32年当時には、実際まだザイルについての研究が進んでいなかったのでしょうか。また井上靖は登山についてのそのような知識があったのでしょうか。カテゴリがここでいいかわからないのですが・・。

Aベストアンサー

いわゆるナイロンザイル事件です。
検索エンジンで「ナイロンザイル」を検索してください。

当時麻のザイルからナイロンザイルに変わったころの話しです。製造元および製造元の息のかかった大学教授まで、縦方向の引っ張りには強いナイロンザイルも横方向の鋭角にはたやすく切れることをみとめなかったどころか、事件後の実験データも捏造していました。

Qiいま森本 哲郎という作家が書いた「音」という文章をよんでいます。

この文章をよんで理解できないことろがあります。ご存知のさま教えていただきたいと思います。
次はこの文章の一部分ですけど。
現代の日本の文明は、静寂だけはつくりだすことができないのである。
いや、つくりだせないのではなく、つくりだそうと思わないのだ。静寂な空間とは、空白な空間であり、むだな空間だと思っているからである。自然は真空をきらうというが、現代の日本人は沈黙をきらう。きらうのではなく、恐れているのだ。だから、少しでも静寂の場所があれば、あわててそこを騒音でふさごうとする。

質問(1)「空白な空間であり、むだな空間だと思っている   からである。」の「空白な空間」は具体的に何の   空間ですか。他の言葉で言い表すことができます   か。
質問(2)「自然は真空をきらうというが、現代の日本人は   沈黙をきらう」
   「真空」は具体的に何をさすのですか。虫の鳴    き声や人が生きる気配がないなどをさすのです    か。 
質問(3)「沈黙」は理解しにくいのですが。
   日本人さまの意見をもとめたいとおもいます。教    えてください。よろしくおねがいいたします。

この文章をよんで理解できないことろがあります。ご存知のさま教えていただきたいと思います。
次はこの文章の一部分ですけど。
現代の日本の文明は、静寂だけはつくりだすことができないのである。
いや、つくりだせないのではなく、つくりだそうと思わないのだ。静寂な空間とは、空白な空間であり、むだな空間だと思っているからである。自然は真空をきらうというが、現代の日本人は沈黙をきらう。きらうのではなく、恐れているのだ。だから、少しでも静寂の場所があれば、あわててそこを騒音でふさごうとす...続きを読む

Aベストアンサー

宿題などの質問と間違われると回答こないので、日本語の勉強をしている、のように書き添えるといいと思います。
かなり難しい内容なので、必ずしも私も正しくお伝えできるかわかりませんが……
(1)空白な空間、ニュアンスでしかわかりませんが、空白=なにもない、ぽっかりと空いた、周囲からの影響をなにも受けていない、まっさらな……といったイメージです。なんの自己主張もしない、特徴もない透明な感じ?
ざわついた歩行者天国やラッシュアワーの電車の人混みの中に、透明プラスチックの大きな箱があるような情景を想像して読まれると意味がわかるかもしれません。

(2)真空(例えば宇宙空間のように空気のない状態)では音は伝わりません。自然世界で生きるものは酸素を含む空気がなければ生きられません。なので自然は空気のない真空という状態を嫌うとなります。

(3)沈黙Chinmoku……この言葉の意味は「押し黙る」ですが、私は「他者とのコミュニケーションから切り離され、一人きりになる」と解釈します。昔の禅僧のように一人きりで静かにものを考えることができなくなっている、と言う意味ではないでしょうか。

少しでもお勉強の足しになればいいのですが……。
追記「日本の人(方)」という言い方はありますが「日本人さま(様?)」とか「日本人さん」という呼び方は普通はありません。

宿題などの質問と間違われると回答こないので、日本語の勉強をしている、のように書き添えるといいと思います。
かなり難しい内容なので、必ずしも私も正しくお伝えできるかわかりませんが……
(1)空白な空間、ニュアンスでしかわかりませんが、空白=なにもない、ぽっかりと空いた、周囲からの影響をなにも受けていない、まっさらな……といったイメージです。なんの自己主張もしない、特徴もない透明な感じ?
ざわついた歩行者天国やラッシュアワーの電車の人混みの中に、透明プラスチックの大きな箱があるよ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報