ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

まったくの素人でお恥ずかしいのですが、教えてください。
重量鉄骨造と軽量鉄骨造はどこで違いを判断するのでしょうか?

先日、現在建設中の家の構造設計仕様書なるものを見せてもらったのですが、使用している鉄骨は柱がロ型3.2mm、梁がH型5.5mm×8mmとなっております。
過去の質問やWebで検索をしてみると、鉄骨が6mm以上だと重量鉄骨造となるようですが、この様な3.2mmと5.5×8mmの鉄骨を使用している場合はどうなるのでしょうか?
ちなみに、壁・床共に開口部以外にはブレースが入っております。(軽量鉄骨ブレース工法って言葉をどこかで見かけたような…)

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

梁は重量鉄骨を使って有りますが、


柱に ロー75×75×3.2、を使ってある質問者さんのお宅は軽量鉄骨造です。
軽量鉄骨造は柱を木造住宅と同じように、たくさん立てます。
梁は軽量鉄骨を組み合わせてトラスを組む事も有りますが、H型鋼や薄手のライトHを使うことも多いです。
柱と梁の接合はピン接合、
X方向Y方向、両方向の壁の中にはたくさんのブレスを入れ
揺れは木造と同じでブレース(スジカイ)に負担させます。
窓の位置や場合によっては、続き部屋が取れない事もあります。
柱が壁の中に納まり、仕上がりは木造に似ています。

重量鉄骨造の住宅の場合、柱はロ‐150×150以上を使い(通常ロ‐200×200)、主要な柱の数は4本とか6本です。
柱と梁の接合はラーメン接合
スジカイは両方向とも必要ない接合方法を取ります。
柱が細いとスジカイの必要の無い工法は取れません
スジカイが必要有りませんから、窓や開口部の位置に制約がありません。
室内に柱が飛び出し、仕上がりは鉄筋コンクリートに似ています。

ここに説明したのは一例で、工法は他にも有ります。
    • good
    • 0

仰るように・・・ウィキペディアによると



重量鉄骨 - 厚さが6mmを超える鋼材
製鋼所で熱間圧延加工により製造される。主としてラーメン構造、トラス構造に用いられる。

軽量鉄骨 - 厚さが6mm以下の鋼材
重量鉄骨と同様に熱間圧延加工により製造される場合もあるが、多くは鋼板を冷間圧延加工して製造される。主としてブレース構造に利用される。

と、あります。
□型鋼管の場合は厚みが3.2mmならおそらく100mm角か125mm角でしょう。
H型の場合は5.5×8mmとあるのは
巾=100mm、高さ=200mmのものではないでしょうか?
Hを横にした状態で上と下の2枚が厚さ=8mmで縦の1枚が5.5mmという意味だと思います。
H-200×100×5.5×8という表記です。

この回答への補足

早速のお返事ありがとうございます。

鉄鋼の表記を見てみると仰るとおり、
ロ型は75×75×3.2、H型は200×100×5.5×8 となっております。
この場合ですと、梁に8mmのH鋼が使われているから、重量鉄骨造と言うのか。はたまた、殆どが6mm以下の鉄鋼なので軽量鉄骨造と言うのか…。基準は何処にあるのでしょうか?

それにしても、75×3.2mmの柱って…細くないですか?

補足日時:2006/11/30 20:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄骨造(骨格材肉厚)の厚さを知る方法

手元に竣工図があります。
素人です。鉄骨造ですが、下記のどれか知るためには竣工図のどこを見ればわかりますか。

鉄骨造(骨格材肉厚4ミリ超)
鉄骨造(骨格材肉厚3ミリ超)
鉄骨造(骨格材肉厚3ミリ以下)

Aベストアンサー

構造図の中の「柱梁リスト」という図面があるとおもいます。
H鋼ですと、#1さんの回答です。
角の柱などもサイズの後に書いてあるのが厚さです。
□300×300×12
でしたら厚さ12ミリということです。

Q軽量鉄骨と重量鉄骨の違いは何ですか?

年始に引越しを考えていて、物件を色々検索して見ています。

基本的にマンションは重量鉄骨というもので造られているものが多いように感じます。
アパートなどでは軽量鉄骨というものを見かけたり、木造というのも見かけます。

そもそも重量鉄骨と軽量鉄骨の違いとは何なのでしょうか?
私は単身女性で、騒音などが気にならない建物に住みたいのですが、
その場合やはり重量鉄骨で造られた建物が良いのでしょうか。

是非教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

軽量鉄骨 【けいりょうてっこつ】
厚さ1.6mmから4.5mm程度の薄い鋼板を成形した鉄骨のこと。「軽量形鋼(かたこう)」ともいう。常温(再結晶温度以下)でロールでのばした「冷間圧延鋼材」の一種。形は、溝形、リップ溝形、Z形、山形などがある。小規模な倉庫、工場、住宅などの鉄骨造の建築物に使われる。軽量鉄骨を使った建築物を「軽量鉄骨造」または「軽量鋼構造」「薄板鋼構造」などという。鉄骨系プレハブ住宅は軽量鉄骨造が多い。重量鉄骨よりも強度は弱い。

重量鉄骨 【じゅうりょうてっこつ】
厚さ6mm以上の構造用鋼材のこと。形鋼(かたこう)や鋼管がある。形鋼は、回転するロールに高温で金属塊を通して特定の断面に成形加工した「熱間圧延鋼材」。H形鋼、I形鋼、溝形鋼、山形鋼などがある。鋼管には円筒形と角形(ボックス)があり、角形鋼管は溶接して組み立てたものと圧延成形したものがある。H形鋼や角形鋼管は、大規模な高層ビルやマンションなどの柱や梁などに使われる。戸建て住宅でも重量鉄骨造がある

単純に言うと文字通り薄くて軽いのが軽量鉄骨です。
重量鉄骨は高層ビルなどでも使われるくらい強度があるということです。

騒音振動が気になる場合は、それだけではなくて、床厚にこだわるべきでしょう。
http://sumai.nikkei.co.jp/invest/qa/qa.cfm?no=037
遮音等級はL+数字で表わされますが、L45以下の住宅くらいの
レベルであれば、よっぽど神経質の人でない限りは大丈夫ですが、
なかなか、そのレベルのものはないというのが実情です。

軽量鉄骨 【けいりょうてっこつ】
厚さ1.6mmから4.5mm程度の薄い鋼板を成形した鉄骨のこと。「軽量形鋼(かたこう)」ともいう。常温(再結晶温度以下)でロールでのばした「冷間圧延鋼材」の一種。形は、溝形、リップ溝形、Z形、山形などがある。小規模な倉庫、工場、住宅などの鉄骨造の建築物に使われる。軽量鉄骨を使った建築物を「軽量鉄骨造」または「軽量鋼構造」「薄板鋼構造」などという。鉄骨系プレハブ住宅は軽量鉄骨造が多い。重量鉄骨よりも強度は弱い。

重量鉄骨 【じゅうりょうてっこつ】
...続きを読む

Q柱としてH型鋼があまり使われていない理由

重量鉄骨の住宅でも、柱としてH型鋼が、あまり使われないのはどうしてでしょうか。(殆どの住宅メーカーは軽量鉄骨 重量鉄骨でも柱に角型鋼を使っています)

柱にH型鋼を使うと何か問題でも有るのでしょうか。(耐震性とか、ねじれに弱いとか)

Aベストアンサー

H型鋼見てわかるとおり4方向対象ではありません。
よって、X方向Y方向の曲げに対する強さが違います。

構造計算ではX方向Y方向に同じ力が加わると想定して計算しますので、X方向は大丈夫でもY方向はダメになる場合があります。
その対応策としてブレス(筋交い)を入れるのです。
ブレスを入れた面は、建具をつけるのに制限が出てきます。
よって、コラム(角型鋼管)を使ってX方向Y方向共に同じにして(専門的にはラーメン構造と言う)ブレス無しにするのです。

X方向Y方向の力の弱いほうに合わせてブレス無しにすることもできますが、鋼材費が高くなりすぎます。

QH型鋼と角型鉄骨の強度の違い

10センチ×10センチ、厚さ6ミリのH型鋼と
15センチ×15センチ、厚さ6ミリの角型鉄骨

の強度はどれくらい違うのでしょうか。
素人的な考えなのですが、H型鋼のほうが、真ん中に支えがある分強度は強いような気がするのですが・・・

力が加わる方向にもよると思うのですが、それぞれの強度の違いについて触れているサイトなどがあったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単純に断面性能表からみると、
H鋼100×100(ウェブt6フランジt8)の断面係数は、
x軸y軸によって、76.5cm3、26.7cm3
住宅用□150t6の断面係数、
x軸y軸共、153cm3
確実に□150の方が強度はありますね。

主にH鋼は一方向の力(重力荷重など)を強く受ける梁に、□パイプはどの方向からも力のかかる柱に使います。

断面性能表で検索してみては?

Q【主体構造部】軽量鉄骨造と鉄骨造の違い

 ど素人です。

 構造が軽量鉄骨造と鉄骨造では、使われている鉄骨(の厚さ)が違うため、分けられているのだと思いますが、具体的にどこで区別しているのでしょうか?

 私見ですが、
 (法人税とかの)償却の計算上で、主体となる鉄骨の厚さが4mm、3mmで区分けされているので、4mmを境に軽鉄造・鉄骨造を分けているのでは? と推測しました。あと調べましたが、分かりませんでした。

 大変基本的な質問と思います。
 基本的過ぎて、力が抜けられるかも知れませんが、ご存知の方よろしくお願いいたします」。

Aベストアンサー

>4mm、3mmで分けていました。(軽鉄造とか鉄骨造という言葉は使っていませんでした)

固定資産の件(だったと思う)で以前(と言ってもだいぶ前)に聞いた際には確か6mmで分けてるって聞いたのですが、現在は変わってるんですかね?
ただ、↓のページの「か行」から「軽量鉄骨」を調べてみたらやっぱり6mmでした。

ちなみに建築基準法上は「軽量」とか「重量」とかって一切分けてないんですが、建築業界の通例って感じではNo.2の方の言われる通りやはり6mmで分けてますね。

ただ、プレファブ等の型式認証(または認定)は別として余程特殊な工法でない限り、軽量鉄骨であっても普通に構造計算はできますよ。

参考URL:http://www.re-words.net/

Q鉄骨造の部材(骨格材)の肉薄の調べ方

鉄骨造3階建てのアパートを購入しました。
耐用年数(減価償却)を決めるために部材の肉薄を調べたいのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

売主さまから分厚い図面をいただいたのですが、どこを見てよいのかわかりません。

部材リストというページがあり、そこにH鋼の図とともに
H-350*175*7*11
という数字がありますが、これに答えはあるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>H-350*175*7*11

 この表記の「7」、「11」が鋼材の厚みです。
 具体的には、Hの横の部分が7mm、縦の部分が11mmと云う意味になります。

http://www5.ocn.ne.jp/~seikou/HKOU-A.HTM

Q築30年のセキスイハウスの軽量鉄骨。リフォーム出来る?

S52築のセキスイハウス製2階建ての実家を今度、完全に取り壊して新築を建てようか、リフォームしようか迷っています。
資金の関係上できればリフォームしたいのですが、もう30年以上が経過している軽量鉄骨って今後、20年も30年も耐えうるんでしょうか?

最近のリフォームは新築みたいに出来ると聞き、骨組み以外は改築したいと考えています。出来ればベタ基礎じゃないのでベタ基礎にしたいのですがそれはリフォームじゃ無理かな?

築30年の軽量鉄骨のリフォーム、実用性はあるんでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

メーカーの軽量鉄骨の住宅は構造計算で安全が保証されています。
当時の建築基準法の強度計算では現在の基準が満足出来ないと思います。木造などでは、筋交いを増やしたり、基礎を補強したりして耐震補強できますが、メーカーのユニット住宅では難しいでしょう、建物全体で保つように設計されていますので。

ベタ基礎の件ですが、何故ベタ基礎にされようと思っているのでしょうか、ベタ基礎にすれば建物の自重が増えるので、圧密沈下の恐れがある場合もあるのです。何でもベタ基礎にすれば強度が増えるというわけでもないのです。

私はセキスイハウスの者では無いので、ひょっとするとセキスイハウスに相談すれば補強方法について何らかの技術があるかもしれません。
一度相談されてみればどうでしょう。
(まあ、新築を進められそうですがね)

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Q「見付け」と「見込み」

初歩的な質問ですいません。窓廻りの「見付け」と「見込み」の違いについてわかりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

「見付け」は「見付け部分」ともいい、
取り付けた際に外から見える部分のことです。
「見込み」というのは
サッシの奥行きのことで、壁の収まりの際に重要な寸法になります。
内部などに使う木製などの枠のあるのは「枠見込み」という表現になります。

QALCの壁の厚さはどのくらい?

ALCの壁の厚さは一般的に何cmくらいでしょうか?
また、ALCの壁内部の構造はほとんど空洞に近いのでしょうか?

Aベストアンサー

ALCには外壁に用いるものは基本的に100,120,125,150mmが一般的です。外側がリブ状になったデザインという物もあります。板一枚の幅は通常600mmです。横に600又は縦に600という具合に固定していきます。
ALC自体は空洞ではなく詰まっており,内壁は基本的にALCは鉄骨造ですのでLGSが一般的でLGSは65mm,90mm,100mmなどあり壁の高さなどで幅を使い分けますね。だいたい65mmでしょう。LGSにボードをとめて壁の出来上がりです。ALC部屋内面よりボードの部屋内面まで通常100mmくらいでしょうか。(断熱15mmくらいとして)
ALC自体空洞ではないのでアンカー等の施工も可能です。(ALC用のもの)
あとはALCライトというものがあり,これは壁というより外壁仕上材といった感じで使用します。100幅のC形鋼という下地が一般的でALCライトの厚さは50mmが一般的です。
内壁の間仕切壁に用いるALCは75,100mmが一般的ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング