人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

 原稿用紙のルールで、行の最初には句点。や読点、は打たないで、前の行の最後の文字のところに一緒に書くか、枠の外に書く、といったものがありますよね?
 しかし、東京都立高校の入試での「二百字以内で書け」というように文字数の制限がある場合の作文では、そのルールは破ってもいいものなのでしょうか?
 字数がきっかり決まっているので、句読点も行の先頭にきてもいいのでしょうか? ほかに閉じカッコなども、どうなのか。
 そういう特殊な場合のルールについてくわしいかた、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

句点や句読点は行の最初には書かないと言うのは禁則事項として守りましょう。


たとえ文字制限がありそれを守っても、禁則を守らないと減点対象になります。

また、文字数があまりにも少ない場合も減点の対象になります。
二百字以内とあるのであれば百八十字前後を目安にすると良いです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文章題の最後のマス、句点も入れていい?

国語の字数制限がある文章題で、最後のマスまで文字が入る場合、その一緒のマスに句点を入れてよいのでしょうか?原稿用紙の使い方から判断すると、良いような気もするのですが、作文ではないですし。。。
バツなのかマルなのか教えてください!出来れば確かなお答えをいただきたいです。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私の仕事はまさに模擬試験を作成したり、採点することです。

さて、実際の入試の採点現場ではすでにNO.1・2さんがお答えのように、
ブレが生じるでしょう。

しかし、質問者さんがお知りになりたいのはもっと突っ込んだ部分だとおもいますので、
そちらに合わせて回答します。

端的に言って「解答欄のマス目は原稿用紙ではない」です。
つまり、原稿用紙の使い方を知っているがゆえに
その原則を適用したくなりますが、国語の記述式問題への
解答は作文ではありません。
よって、「1マスに1字」という原則を貫いたほうが無難です。

最後のマス目に文字と句点を共に記入した場合、
ほぼ間違いなく減点されると覚悟されたほうがよいと思います。

Q【緊急】課題作文の「具体的な」字数指定について

就職活動をしている者です。
この度、入社試験のための応募書類として、課題作文を課されました。
テーマに沿った内容のものを書くといういたって普通のものなのですが、字数の指定が普通ではありません。
具体的には「400字詰め原稿用紙に手書きで600字」となっています。
要は原稿用紙を約1枚半使えばいいのだろうと思っていたのですが、家に帰ってみると疑問な点が続出です。

1.「600字程度」ではなく「600字」であること
まさかキッチリ600字にしろという訳ではないと思うのですが、そうなると「600字以上」書くことを意図しての記述なのか「600字以内」に抑えることを意図した記述なのか分からなくなります。
2.字数の数え方
字数はスペースや改行により使われなくなった分もカウントしていいのでしょうか。
例えば名前やタイトルなどを無視した行数から、文字数をカウントするということでいいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 >よろしくお願いいたします。

 ワープロソフトで作文して、文字数をカウントしてみたらいいと思うよ。そういう機能がついているソフトもある。ここの解答欄の下にも「あと●●●●文字入力できます。」というカウント機能がついてる。

 もし企業のこだわりが「600字」だとすると、それを外すのは得策ではない。例えば新聞社とか雑誌社とかなら、文字数に制限を設けるのは有りえる。その場合は踏襲した方がいいし、改行やスペースはカウントしないだろう。
 650字くらいで作文して、600字に削る。ちょっと表現を変えて、文章の伝達力は維持して、文字数を揃えればいいと思うよ。

 


人気Q&Aランキング