親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

土地1250万と家(上物3千万くらい)を購入することになりました。
土地は10日後に仮契約の予定です。すぐに一緒に暮らせないものの、主人の両親を呼んで暮らしたいので、2世帯住宅を建てる予定です。

主人の父親から1千万と母親から3百万←土地代金とそれにかかる諸経費を持ってくれる。両親は遠くに暮らしており、そちらの固定資産税もあるので主人の土地名義が良いのかな?

嫁である私の両親から1千万の援助を受ける予定。その中から
新居の家具・家電・食器など諸々をその中から捻出しますので、実際には5百くらいを手元に残して新居完成時に使おうと思っています。

私たち夫婦の蓄えはもしものために取っておく考えです。


年間130万までは贈与税がかからないと聞きましたが、せっかく援助してもらえるのに、贈与税でたくさん持っていかれてしまうと、残りの借入金額が大きくなってしまうと思い、できれば一銭も取られたくはありません。もし税金を取られるとするといくらくらいでしょうか?

生前贈与等の手続きによって税金がかからないなら、どんな手続きが必要か教えてください。

こちらの家族構成は
夫(一人っ子 34) 公務員
妻(弟あり 30) 第2子が生まれたら働く予定
息子(来月2歳)

後に一緒に住む予定の父・母64です。父はサラリーマンとして勤務中

土地、建物の名義などこうしておくと良いなどアドバイスを教えてください。


手付け金として120万を仮契約時に収める予定ですが、残りの支払を12月31日までにした方がよいのか、年が明けてからの方がよいのか教えていただけますか?売り主側はできれば年内中に希望するが、年明けでもよいと言っています。
無知なので分かりやすく教えていただけるとありがたいです。
情報が足らなかったら補足致しますのでよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>毎年110万円までの基礎控除とありますが、これは確定申告等で届け出る必要があるのでしょうか?


必要ありません。
>それとも110万1円以上の人が届け出ればいい物なのでしょうか?
そうです。


>建物で融資を受ける予定の銀行に話をして、土地決済時には銀行の融資も受けるようにすれば(金額を幾らにするのかはともかく)、書類上は銀行融資金は土地に回して、贈与は建物に回したと記入しても特に矛盾は生じない

これに関してですが、土地に関してかりる必要がなくても多少借りることにして、

>建物の時に頭金があるというような融資の受け方は銀行側は受け入れるのでしょうか?
それ自体は全く問題ありません。一つ言えば土地先行融資の形では建物竣工までの期間を短くするように言われるかもしれません。建物の見積もり程度は概算で良いから提出が必要です。

>それとも、税金逃れだからダメだという反応になるのでしょうか?
全く関係ありません。

>残高証明とやらがどんな内容まで書かれているのか知識がないのでピンと来なくてすみません。
一度サンプルを見せてもらってはどうですか。

>土地代1200万に対してどのくらい融資を受けているのかは税務署にはわからないということですよね?

>でも、あまりに少なくてもおかしいし、
いえ、相続時清算課税制度の住宅取得特例を受けるための建築資金贈与の金額に下限は特にありませんから、建物資金のうち幾らでも良いから贈与を受けた形にすればよいので、1万でも10万でもよいのです。

平たく言えば建物資金を全額ローンでまかなわなければよいということです。必ず贈与分を含めるようにするために、その分を土地融資してもらうということです。

>銀行での相談の際に、ストレートに相続時清算制度を利用したいとか、贈与税の対策のためと相談しても良いのでしょうか?
そうしてください。

もう少し具体例で説明しましょうか。仮に土地2000万、建物2000万でローンを2000万借りる予定としましょうか。

その場合たとえば、土地の支払いを1900万を贈与資金、ローンで100万とすれば、建物資金ではローン1900万、100万を贈与資金とすれば、建築資金贈与100万により特例適用となるので、のこり贈与資金1900万は本則の2500万非課税枠適用が出来るのです。

仮に、土地2000万、建物2500万、ローン2000万とすれば、この場合には建物2500万のうちローンは2000万のみだから、土地2000万の贈与をうけて全額贈与資金でまかない、更に建物500万の贈与を受けて、ローン2000万をあわせて決済しても、建物500万の贈与があるので特例適用できるから、土地2000万贈与は本則の2500万非課税枠を使えるのです。

意味がわかりましたか?

この回答への補足

再度教えていただけたらうれしいのですが、仮に土地の分をローンを組まずに、不足分を親から借用するとどうなのでしょうか?
税務署から「実質、ぞうよじゃないか?」と言われずに済むには、借用書等はどのように書くのが良いのでしょうか?金利や支払の開始がいつからなどはどの程度なら、常識的な範囲というか、親子間での情として許されるのでしょうか?
それも税務官次第なのでしょうか?もし基準があるとするならどの程度なのでしょうか?

当然ですが、毎年110万円ずついただいたことにして、110万円ずつ親に返しましたと言ったら、当然実質贈与だから追徴課税・・・みたいになるんですよね。出世払い等は贈与になっちゃうということだけは知っているのですが、こういう世界での常識がどの程度か計り知れないのでご存じでしたら教えていただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

補足日時:2006/12/18 22:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的に数字を示していただきありがとうございます。やっとわかりました。
土地先行のの融資が建物がどれくらいの物を建てるかやはり提示は必要なのですね。
義父母との調整がまだまだであることと、今週のメーカーとの打ち合わせで、メーカーで建てることさえも迷いはじめ、地元建築家(設計士)に設計監理をお願いして、入札によって工事請負先を決定しようかと思い、設計士に相談したところです。銀行としては大体の家の規模と融資金額が分かっていた方が良いと思うのでその辺ももう少し話を先へ進めないと銀行でいろいろ聞かれても困る気がしてきました。

タンス預金は銀行からしてみたらどこにも預けていないお金ですので、預けている以外にお金は持っていないとみなすわけですよね。私としては主人の利用するATMの利用手数料が、年間の預金の利率よりずっと多くて、銀行に預けるより自分で持っていた方がよっぽどお得なのです。もちろん自分でタンス預金として持っていることは盗難に遭うリスクがあることも承知しています。その保証料として利用手数料を支払うことを納得できればいいのですが、時間外に利用することがほとんどで1回あたり210円もとられています。1000万のタンス預金を持っていますということは、不自然なことなのでしょうか?もちろん1000万も預金があるわけではないので、仮定の話なのですが。

何はともあれ、希望がもてるようになってきました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/12/14 13:29

>素人でも分かる言葉で再度分かるように教えていただけないでしょうか?


住宅ローン減税を受けるときには銀行から送られてくる年末残高証明書というものが必要になります。
この年末残高証明書には、融資対象が、「建物のみ」なのか「建物と土地」のどちらなのかがわかるようになっています。
ただ融資金のうち、幾ら建物、幾ら土地代なのかの区別は年末残高証明書ではされていません。

>やはり土地代金を「タンス預金で払った」と言うことは言いにくいということでしょうか。
タンス預金ではまるっきりおかしな話になりますよね。ないお金の話をするわけですから。

あくまで税務署が言っているのは、銀行から融資を受けたお金が土地に使われたのか建物に使われたのか区別が付かないのであれば、それをいちいち問いただしたりはしないという意味です。

>銀行の融資審査はそんなにあまくないのでしょうか?
という話は関係ありません。

ですから、建物で融資を受ける予定の銀行に話をして、土地決済時には銀行の融資も受けるようにすれば(金額を幾らにするのかはともかく)、書類上は銀行融資金は土地に回して、贈与は建物に回したと記入しても特に矛盾は生じないのです。

しかし残高証明書で建物のみの融資となっている場合には、銀行では土地融資はしていないと宣言しているわけでして、それを税務署に見せて融資金を土地に使ったといっても納得はしてくれないでしょう。
書類上つじつまがあいませんから。

銀行では実際に建物にしか融資していないのに残高証明書で土地にも融資したとの記載はしてくれないでしょうし(残高証明書自体がそもそも法令にしたがって作成されるものだから)、土地決済後に土地融資してくれといっても、難色を示すと思いますから、土地決済前に銀行に相談下さい。

この回答への補足

あともう一点忘れていたのですが、毎年110万円までの基礎控除とありますが、これは確定申告等で届け出る必要があるのでしょうか?それとも110万1円以上の人が届け出ればいい物なのでしょうか?

補足日時:2006/12/14 00:29
    • good
    • 0
この回答へのお礼

毎回図々しくもいろいろと質問し、それに懇切丁寧に教えていただきありがとうございます。

>建物で融資を受ける予定の銀行に話をして、土地決済時には銀行の融資も受けるようにすれば(金額を幾らにするのかはともかく)、書類上は銀行融資金は土地に回して、贈与は建物に回したと記入しても特に矛盾は生じない

これに関してですが、土地に関してかりる必要がなくても多少借りることにして、建物の時に頭金があるというような融資の受け方は銀行側は受け入れるのでしょうか?(返す能力があると見なせば貸してくれるという判断をするのでしょうか)それとも、税金逃れだからダメだという反応になるのでしょうか?
金額はともかくとしてとありますが、少なくとも年末の残高の時に土地分を返し終えてしまうような金額ではダメなのでしょうか?残高証明とやらがどんな内容まで書かれているのか知識がないのでピンと来なくてすみません。土地代1200万に対してどのくらい融資を受けているのかは税務署にはわからないということですよね?でも、あまりに少なくてもおかしいし、多すぎても1月に土地については決済するのでお金を返す期間があまり長くなるようでは困るのです。

銀行での相談の際に、ストレートに相続時清算制度を利用したいとか、贈与税の対策のためと相談しても良いのでしょうか?それとも内緒にしておいた方が良いのでしょうか?もし銀行での融資を受けるならすぐに審査申し込みをしないと1月の決済に間に合わなくなってしまうと思い焦ってしまいます。
毎度毎度、ご厚意に甘えて頼ってしまい申し訳ありません。またの回答よろしくお願い致します。

お礼日時:2006/12/14 00:29

はい、一点気をつけてほしいのは、



>土地の決済を自己資金でしたことにして、援助分を建築資金に回したことにすればわかりませんから

ここで銀行のローンを建物資金のみとして、土地資金融資を受けない場合だとその判別が年末残高証明書でついてしまうことがあるので気をつけてください。

つまり銀行の年末残高証明書では、融資対象が建物のみなのか建物+土地なのかという区別がなされています。もし建物のみで融資を受けますと、そのローン代金は建物資金でしかなくなり、土地資金とはいえなくなるので書類のつじつまが合わなくなりますので。

これは住宅ローン減税を受けようとしたときに書類をそろえていくと気がつくことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまた回答ありがとうございます。

>ここで銀行のローンを建物資金のみとして、土地資金融資を受けない場合だとその判別が年末残高証明書でついてしまうことがあるので気をつけてください。

つまり銀行の年末残高証明書では、融資対象が建物のみなのか建物+土地なのかという区別がなされています。もし建物のみで融資を受けますと、そのローン代金は建物資金でしかなくなり、土地資金とはいえなくなるので書類のつじつまが合わなくなりますので。

これは住宅ローン減税を受けようとしたときに書類をそろえていくと気がつくことになります。

上記のことが分からないのですが、素人でも分かる言葉で再度分かるように教えていただけないでしょうか?

やはり土地代金を「タンス預金で払った」と言うことは言いにくいということでしょうか。銀行からは建物のみの融資を受けるつもりでいるのですが、銀行の融資審査はそんなにあまくないのでしょうか?

お礼日時:2006/12/13 17:21

(1)案として、今年中に主人、私ともに親から110万円の贈与を受け、年が明けたら10(父):2(夫)の割合になるように土地の購入をする。



(2)案としては、今年は嫁側の父から110万円をいただくことにして、義父の土地として購入し、主人がその土地を借用して土地を借りるという形で110万円を頭金に住宅のローンを組もうかと思います。

>(1)(2)案共に65歳になった時点で贈与は可能なのでしょうか?
可能です。
またそれ以前でも建築資金として来年にいくらか贈与してもらえばその時点で相続時精算課税制度が適用できます。適用できれば土地の贈与は精算課税制度で可能です。
(もちろん建築資金のうちその分をきちんと割り当ててください。これは住宅ローン控除の申告の時に書かねばなりませんので総額がつじつまあわないと困ります)

>父が亡くなるまで贈与しない方がいいのでしょうか?
唯一懸念されるのは相続問題です。父の遺産となると、相続人全員に権利が生じます。

>(2)案の場合には土地を借りるとなると地代として多少のお金を振り込むなどしておかないと、実質的に贈与とみなされてしまうのでしょうか?

いいえ、使用借地(ただで借りる、、、とはいえ固定資産税程度は支払うことになります)でかまいません。
ただ相続時に借地権を主張したい場合には相場から著しく低い借地料だと使用借地になり借地権の主張が困難になります。つまり税金上は問題はないけど相続で問題になる可能性を秘めているということてす。
だから相続問題が発生する懸念があれば、生前贈与してしまった方が簡単ではあります。
相続の話では、たとえば夫の父所有としていて、夫が夫の父より先に死亡してしまった場合、夫の子供は夫の分を代襲相続できるけど、妻にとっては相続とは関係ない立場になります。
一方夫に生前贈与がなされていれば、妻は夫が亡くなった時に相続人になります。

(1)と(2)の比較では要するに贈与を受けるのが土地全部なのかその8割なのかという違いになります。この場合に手続きに与える影響は贈与の時の所有権移転登記料の違いになります。
ちなみに土地贈与となる場合には、土地の相続税評価額にて決まりますので、こちらの価格を税務署で事前に確認するとよいでしょう。

ただ土地決済を来年(2007年)に行うのであれば、そして2008/3/15までに建物を建てて居住しているという条件を満たすのであれば(建物については建築請負契約の場合は工期の遅れがある場合には2008/12/31までに居住すればよい特例がある)、
今年は110万の枠の贈与と自己資金で手付け金を乗り切り、来年になってから、まず土地資金贈与を受けてはじめから夫、妻名義で土地登記、また建築資金贈与もそのときに受けて(金額問わず)、相続時精算課税制度を一気に適用する(住宅取得特例を使い年齢条件を外す)ということも考えられますよ。
費用的には土地贈与にかかる登記費用がかからない分、一番安上がりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

3度にわたり回答いただきありがとうございました。
ここで伺ったことを参考にして、税務署へ電話して聞いてみましたが、
やはり同じ年度であればお金の出所を通帳や振り込み用紙で確認するところまではしないと言われました。ローンを組む場合にはやはり銀行の方が余程細かく資金についてチェックを入れているので、税務署の出て行く余地はないとのことでした。税務署員が言うのもなんですが、お金に名前書いてあるわけじゃないので、同じ年度内ならそこまで細かく追求することはまずないとのことでした。土地の決済を自己資金でしたことにして、援助分を建築資金に回したことにすればわかりませんから、そのかわり、確定申告で相続時清算制度を使用し、いつお金を受け取ったかくらいは書き入れていただきますので、覚えておいて下さいねと言われました。
事前にここで伺っていたので、税務署員の話がスムーズに理解でき、大変ありがたかったです。本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/12/13 01:16

>私の方の父は12月上旬に65歳になりますし、来月1月下旬に主人の父が65歳になります。



であれば、土地に対する資金贈与は65歳になってからもらうようにすればよいのではと思います。土地の決済は来年に出来るようですから来年早々にまずご質問者の父からの1000万に自己資金をあわせれば決済できるはずです。これは来年1月に贈与ですから、申告は再来年3/15までに行います。
「相続時精算課税制度の本則が受けられますから、この本則については使途に制限はないので問題はないのです」

来年1月末にご主人のお父様が65歳になってから、ご主人の父からご主人への贈与を受ければこちらも相続時精算課税制度の本則が受けられます。これも使途に制限はないから問題ありません。

「あくまで住宅取得特例(65歳未満で贈与を受ける)を受ける場合に使途の制限があるのです」

あと、もう一つのやり方として一度夫の父と夫や妻が土地を出資割合にて購入してから、来年お父様が65歳になってから、土地贈与という形で夫の父の持ち分を夫に移す方法もあります。ただこの方法は贈与登記の必要が出るので余計な登記費用がかかります。


もちろん本則の非課税枠2500万より、住宅取得特例の1000万の方が条件はよいので(相続税分含めて完全非課税だから)、双方の親からもらうお金のうち建築資金に回す分があればなるべくそうした方が得なのは確かです。ただ親に相続税がかかるほどのおおきな資産がないのであれば損得はありませんので、無理をする必要まではないかと思われます。

>当たり前なことを再度伺いたいのですが、それを譲り受けた日にちが贈与の対象となるわけですよね。

そうです。

>銀行の振り込みでもらう予定なので、それを示す通帳を保管していればいい
とりあえずそれでかまいません。どのみち申告時にはいつ贈与を受けたのかという証明はする必要はありません。自己申告だけです。一応税務署から問いただされたときの証拠として持っていれば十分です。


>今は建築の打ち合わせをしている最中で来年の12月までに新居に入るつもりなので
であれば来年早々に双方から住宅取得特例による建築資金贈与をうければよいです。
このとき、次のようなことが出来ます。

1)今年12月の妻の父65歳以降
 妻の父から「相続時精算課税制度」により1000万受け取る。
  ->これは来年3/15に普通に相続時精算課税制度により贈与申告します。
 時間的に間に合わなければ今年は110万非課税枠を使い、来年早々に普通に相続時精算課税制度を使ってください。

2)来年1月
 夫の父から建築資金としてA万、土地資金として(1000万-A万)の贈与を受ける 土地資金の(1000万-A万)は土地決済に使う。不足分は妻が出してください。(すでに妻の父から贈与を受けていますので)
 ここで建築資金のA万ですが、極端な話1万でもよいのです。つまり1万を建築資金、999万を土地に使ってもかまいません。この1万の贈与で来年の贈与では住宅取得特例を受けることにします。つまりその1万は建築資金として使います。さすがに1万では気が引けるのであれば適当に金額を増やしてください。

よって夫の父からの贈与は再来年3/15までに建築資金贈与として1万もらい、相続時精算課税制度を「住宅取得特例を使って」選択し、残り999万については本則の非課税枠を使います。

このやり方のポイントは、

1.住宅取得特例を使うには建築資金贈与が必要..いくらでもよいからもらえば適用できる

2.住宅取得特例を使って選択した相続時精算課税制度の本則2500万の非課税枠には、使途に制限はない

という2点なのです。

>制限がややこしいことも素人にはわかりにくいものですね。
はい、ややこしいですよね。

まあ何にしてもわかりにくい話だから、税務署でよく説明を聞いてください。土地持ち分をどうすればよいのか、贈与のタイミングなど細かく自分たちが迷いなく実行できるように全部書き出して、OKなのかどうか聞いてみるのがよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございました。
再度年齢を確認しましたら自分の父親が来年の12月で65歳に、主人の父親も再来年の1月に65歳になることがわかりました。1歳間違えていました。この1年の違いは大きいですね。
(1)案として、今年中に主人、私ともに親から110万円の贈与を受け、年が明けたら10(父):2(夫)の割合になるように土地の購入をする。
(2)案としては、今年は嫁側の父から110万円をいただくことにして、義父の土地として購入し、主人がその土地を借用して土地を借りるという形で110万円を頭金に住宅のローンを組もうかと思います。

(1)(2)案共に65歳になった時点で贈与は可能なのでしょうか?父が亡くなるまで贈与しない方がいいのでしょうか?税金がかかるならなくなるまで待ちたいと思いますが・・・。
(2)案の場合には土地を借りるとなると地代として多少のお金を振り込むなどしておかないと、実質的に贈与とみなされてしまうのでしょうか?

追徴課税などという悲惨なことにはならないようにしたいのです。

私たち夫婦には蓄えが少しあったのですが、10年乗った車がそろそろ限界が近いのでその分が少しと、主人が人が良いため昨年だまし取られてしまいほとんどお金が残らなかったので、頭金できるお金はありません。親の金をあてにしているところは多々あるのですが、金利の点からは今がチャンスと思っています。力になって下さい。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2006/12/03 22:52

まず不動産の持分登記は原則出資した人の割合ですべきものです。


それ以外は贈与になります。ちなみに贈与税は非常に高い税率です。
http://www.taxanser.nta.go.jp/4408.htm
年間110万までは基礎控除としてあるので非課税ですが、それ以上になるととんでもなく高い金額になります。
ご質問のように1000万ともなると膨大な金額です。


で、ご質問にある生前贈与の制度ですが、相続時清算課税制度といいます。
この制度では2500万までは贈与税が非課税となります。
ただし親の年齢が65才以上、20才以上の子供への贈与と決まっています。夫の親であれば夫が、妻の親であれば妻がこの制度による適用を受けることが出来ます。
ご質問では現在64歳ということで一年足りません。

で、この相続時清算課税制度には住宅取得特例というものがあります。
この住宅取得特例とは、

贈与してもらった金銭を「建築資金」または「建物購入費」に使うこと。(原則は土地代は含まず。ただし建売住宅や建築条件付宅地販売など建物と土地が一体の契約となる場合には土地代を含めて良い)

を条件として親の年齢が65才未満でも適用でき、さらに特別に1000万の非課税枠を本則の2500万に追加されます。これを利用すると3500万まで非課税となります。
もちろん1000万の特別非課税枠はあくまで先に書いた建築資金に使う場合のみです。

またこの特例を使う場合には贈与を受けた翌年3/15までに居住して申告することが要件です。
遅れると特例は受けられません。建築が長引いたなどの事情があることもあるので、居住用件については延長申請があります。ただ初めからこれを当てにするのではなく、延長しなければならない場合には事前に税務署に相談下さい。

さて、この制度を御質問者のご質問に当てはめてみますと、

>主人の父親から1千万と母親から3百万←土地代金とそれにかかる諸経費を持ってくれる。
土地代や諸経費は原則住宅取得特例の適用外です。
65才以上であればよいのですけど65才になっていないのであれば相続時清算課税制度が利用できません。

建築条件付の土地であれば、住宅取得特例を適用できますので、
 土地代金支払->特例適用で1000万の非課税枠を使用
 諸費用->特例の非課税枠1000万は使えないので本則の2500万の非課税枠を使用

ということで問題ありません。
贈与を受けるのは夫ですから、土地代金としてもらった分は夫の名義にしなければなりません。
もちろん相続時清算課税制度は、父から子供、母から子供、それぞれに適用の申告が必要です。

建築条件付でない場合には厄介です。そのままでは特例は受けられません。親が65才になるのを待って相続時清算課税制度適用による贈与を受けるのが一番確実ですが、それ以外には、建築資金贈与と同時に土地資金贈与を行い、建築資金贈与で特例を適用させることで土地資金は本則の2500万の非課税枠を利用する方法があります。
ただ建築資金贈与は受けた年の翌年3/15に居住していなければなりませんので、これにより制約が出ますから注意が必要です。

>嫁である私の両親から1千万の援助を受ける予定。その中から
>新居の家具・家電・食器など諸々をその中から捻出しますので、
>実際には5百くらいを手元に残して新居完成時に使おうと思っています。

これも住宅取得特例は受けられる用途ではないので、住宅取得特例は使えません。
贈与してくれる親が65才以上であれば問題なく相続時清算課税制度を利用できます。

>年間130万までは贈与税がかからない
110万です。

>できれば一銭も取られたくはありません。
残念ながら相続時清算課税制度の申告に必要な書類の為に数千円程度は覚悟下さい。(住民票、戸籍、戸籍の附票、登記簿など)

>もし税金を取られるとするといくらくらいでしょうか?
たとえば1000万の贈与では贈与税は231万です。

>生前贈与等の手続きによって税金がかからないなら、どんな手続きが必要か教えてください。
基本的には贈与を受けた翌年3/15までに贈与税の確定申告です。
これにより相続時清算課税制度の適用をうけます。
この期限を過ぎるとこの制度適用は受けられませんので注意が必要です。

で、この制度は先に書いたように結構ややこしく制限があるので、具体的にこうしたいということを税務署で事前に相談して確認してください。一つ間違うと適用できない事態になり困ることになりますので。

>土地、建物の名義などこうしておくと良い
出資した人の割合で登記です。
贈与を受けたものについては贈与を受けた人が出資したことになります。

>残りの支払を12月31日までにした方がよいのか、年が明けてからの方がよいのか
これに贈与資金が関係するのであれば、先の制約などと合わせて考えねばなりません。
状況がわからないのでお答えしかねます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な数字で回答いただき、本当にありがとうございます。
予算内の土地を探したにもかかわらず、やぱり1000万までにしてと、後から言われたのを、必死でオーバー分250万+αを出してもらえるように説得したので、231万円も税金に持っていかれてしまったら土地のオーバー分全部持っていかれることになっちゃうしで、涙が出そうです。
実は私の方の父は12月上旬に65歳になりますし、来月1月下旬に主人の父が65歳になります。でも、土地に対する分の贈与を受けられないということがわかったので、相続時清算課税制度を利用するためには建築する建物のローンを組むときに親から援助を受けた分を頭金として利用する方が賢明のようですね。もし、土地分に当てる場合には、今年中に110万円をもらい、1月1日以降にまた110万円までが非課税と言うことなり、少しでも贈与税を浮かせるためにはそれが賢明なような気がしました。
当たり前なことを再度伺いたいのですが、それを譲り受けた日にちが贈与の対象となるわけですよね。銀行の振り込みでもらう予定なので、それを示す通帳を保管していればいいということでよろしいのでしょうか?
今は建築の打ち合わせをしている最中で来年の12月までに新居に入るつもりなので、今年全額分のお金をもらっても翌年の3/15日までの入居は当然無理です。やはり今年のうちに110万いただいて手付け金分をそれで支払して、来年になったら残りの分を贈与としていただくのがいいのかなあ。
とにかく、税務署で相談に乗ってもらえるということがわかったことも質問して良かったです。制限がややこしいことも素人にはわかりにくいものですね。
でも、相談しながら余計なことを話してしまって課税をたくさんされてもいやだなあ。
とりとめもなく書きましたが、2世帯住宅なので、父親の分を建物分として割合で反映させる方が土地分が父名義になるより、賢明な気がします。ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/01 00:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土地購入のための親からの援助で住宅取得資金贈与の特例は利用できますか?

土地を購入するにあたり、両家の両親から500万ずつ、計1000万貰えることになった場合、税金かかりますか?

調べたら下記のよう書かれていました。

●家屋の敷地の購入資金については、家屋の建築条件付で購入する場合、 家屋の請負契約と同時に購入する場合又はマンションや建売住宅のように家屋と同時に購入する場合に限って含めることができ、 土地だけを購入する資金は対象になりません。

私達が購入を考えている土地は建築条件付ではありません。家も、建築士さんに依頼して建てようと考えています。

家を建てるために土地を先に購入するのですが、それでも私達のような場合、住宅取得資金贈与の特例は使えないのでしょうか?

Aベストアンサー

贈与については、暦年課税の選択と
相続時清算課税の選択とどちらかが選べます
暦年課税(110万円まで無税)の系列に、これを
住宅目的にした場合5年分を前倒しして550万円まで無税という、「住宅資金贈与の特例」の制度があります。
一方、相続時清算課税制度を選択すれば、下記のようになります。その中に「住宅取得のための資金」という特例がまた上乗せであるという構造です。

住宅の取得のための資金というのは、家屋を取得する目的で贈与された金で、土地も含みます。
>土地だけを購入する資金は対象になりません。
同一年度に土地と建物取得がなされれば完璧ですが、建物の発注が同一年度ならば、「住宅取得資金」の扱いで
いいという気がしますが、税務署に確認してみてください。
というのは、建築士の依頼の契約を土地取得以前にしておくなど一定条件で税務署も認めると思われるからです。

でも、念のため、相続時清算課税の2500万円枠を考えておけばいいでしょう。
(この場合御両親が65歳以上という制限がつきます)

http://www.hashimotohome.com/myhome/index04-2.html
相続時清算課税制度を適用すれば(贈与を受けた次の年の
2月1日から3月15日までの期間に「届出書」と「贈与税の申告書」
を提出します。
住宅資金などに関係なく一人2500万円まで無税です。
ただし
65歳以上の親から20歳以上の子供への財産移転が対象
です。
贈与に対しては、暦年課税(つまり、毎年一人110万円まで
基礎控除あり)を選択するか、相続時清算課税を選択するか
二通りの方法があるということです。
http://allabout.co.jp/finance/tax/closeup/CU20030412/
これが、住宅購入資金ならば3500万円まで拡大可能ということ
にすぎません。
さらに「住宅取得のための資金」の贈与ならば親が65歳未満で
あってもこの制度が使えます。
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/pan1504-1/04.htm

贈与については、暦年課税の選択と
相続時清算課税の選択とどちらかが選べます
暦年課税(110万円まで無税)の系列に、これを
住宅目的にした場合5年分を前倒しして550万円まで無税という、「住宅資金贈与の特例」の制度があります。
一方、相続時清算課税制度を選択すれば、下記のようになります。その中に「住宅取得のための資金」という特例がまた上乗せであるという構造です。

住宅の取得のための資金というのは、家屋を取得する目的で贈与された金で、土地も含みます。
>土地だけを購入する...続きを読む

Q夫名義なのに妻親から援助、贈与税がかからないようにするには

今回夫名義で住宅購入、土地建物共にローンを組むことになり、頭金は夫の親200万、妻の親550万援助を受けました。ここで調べさせてもらうと、夫名義の場合妻の親の援助には贈与税がかかってしまうとのこと。(知りませんでした・・・)贈与税がかからないようにするには妻親とは借用書をかわすとよい、みたいなことが書いてありましたが、もっと詳しく教えていただけないでしょうか?ちなみに私たちの貯蓄はなく、妻親に返済は不可能です。

Aベストアンサー

 返す振りをして契約書をかわすのはまずいでしょう。中には親御さん名義の銀行口座を作って毎月現金を通している方もいるそうですが、税務署が支店の記録を調べるなどすればばれます。奥さんのご兄弟など利害関係にあるかたの知るところになれば、税務署にたれ込まれることもあります。なによりびくびくしながら過ごすのはまともに税金払うよりつらいかもしれませんよ。ともかく返済できないなら、どんな契約書を交わしても贈与と見なされます。

 一定の条件を満たせば申告を行うことを条件に親や祖父母といった直系の親族からの550万円まで非課税となる特例が存在します。この場合奥さんの親御さんからの贈与ですと奥さんしか適用されませんので、持ち分登記を行う必要があります。またこの先5年分の基礎控除を前倒ししたことになりますので5年間は少額の贈与でも贈与税がかかることになります。

 相続時精算課税制度というものもありますが有利とはいえない局面も考えられます。ともあれ住宅取得控除なども考慮しなくてはいけませんし、条件の吟味などに専門的な判断が必要になることも考えられますので、専門家に実地に相談されることをお勧めします。

http://myhome.nifty.com/loan/iroha/vol2d.jsp
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1411596

 返す振りをして契約書をかわすのはまずいでしょう。中には親御さん名義の銀行口座を作って毎月現金を通している方もいるそうですが、税務署が支店の記録を調べるなどすればばれます。奥さんのご兄弟など利害関係にあるかたの知るところになれば、税務署にたれ込まれることもあります。なによりびくびくしながら過ごすのはまともに税金払うよりつらいかもしれませんよ。ともかく返済できないなら、どんな契約書を交わしても贈与と見なされます。

 一定の条件を満たせば申告を行うことを条件に親や祖父母とい...続きを読む

Q贈与はなぜわかるのですか?

知識が乏しく単純な質問で恐縮ですが、

親から子への贈与は一体いつだれが調査するのでしょうか?
銀行が税務署に逐一報告しているとは思えませんし・・。
例えば親の口座からお金を引き出し、子供の口座に入金するような場合です。あるいは手渡しなども考えられます。

よく子供用にお金を貯めておき、必要な時(子供の住宅購入資金や結婚資金など)で親から子へお金を渡す事は当然ある事ですが、こういう時はどうなるのでしょう?
口座を経由せず手渡しならわからないのしょうか?
あるいは最初から子供名義の口座にして貯めておけばいいのでしょうか?
課税調査のシステムがよくわかりません。

あわせて夫から妻に対するお金の出し入れも贈与になるのでしょうか?
すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修正申告書を出して、追徴本税を払い、過少申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担します。

不動産を持った場合に判明するのが一般的でしょう。
不動産の所有権変更などがあった場合は、法務局から税務署にデータが報告されます。
税務署では「売った人間」「買った人間」両者にお尋ねという質問文を発送し、回答を得ます。

不動産をいくらで買ったのか、その資金はどこから得たのかという質問に答えます。
答えたくなければ答えなければ良い話ですが、調査官が「おこんにちは」と家に来られるより良いので、多くの方が答えます。
それで「不動産購入資金としてもらった」のが分かるというわけです。

家を新しく建てたという場合には、ローン控除が受けられますので、これを受けるために「いつ、どんな家を購入して、その資金はどうしたか。」などを不動産登記簿や住民票など必要書類を添付した申告書を提出します。
この資料に「誰からいくら現金を貰った」と記載するので、分かります。
書かなければバレナいだろうとは、思うのですが、銀行からのローン残高とか手持ちの資金からいくら出したのかなどを記入していくうちに「ごまかして書いてもバレそうだ。正直に記載しよう」となるのです。

これ以外にも「ばれる」のは、近所の人がする「タレこみ」です。
また、贈与行為を隠していて税務署につかまって追徴されたという人が、積極的に「おれはバレタ。残念だ」と新聞に発表するわけではないので、「ばれないんんじゃないの。聞いたことないし」というレベルになってると考えられます。
恥ずかしいので口にしない人のほうが多いでしょう。
実際には、贈与税の無申告で追徴されたという方は結構いるようです。
公になってないので「現金だとばれない」という都市伝説ができてるのでは?が私の意見です。


夫から妻に対して現金を渡す行為は「相互扶助義務」の範囲でしたら贈与税はかかりません。
つまり生活費として渡してるなら、その金額が「それは、いくらなんでも多いだろ」という額でない限り贈与税は非課税です。
また所得税も非課税です。

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修...続きを読む

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む

Q注文住宅、総額いくらかかりましたか?教えてください。

注文住宅で家を建てられた方、総額いくらかかかりましたか?
漠然としていて、叱られそうなのですが・・・。
もちろん、上を見ればきりがないし、タ○ホームなどの基本通り
で建てた方などは安く建てられたと思います。
つまり平均が知りたいのです。
建て方も、坪数も、もちろん皆さん違うと思うので一概に「いくら」
が平均とはいえないのも解ります。
ハウスメーカー、工務店、大工、それでも変わってくるのも解ります。

実は、新築を考える中で、主人と私の家に対する金額が500万ほど
違うので意見が分れて困るのです。
総床面積40から45で、主人は2000万あれば建てられるといい
私は2500万はすると思っています。
参考意見として、是非家にいくら使ったのか教えていただけると
助かります。

Aベストアンサー

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー天井の全面収納棚、と1方向の対面収納、1畳の階段下収納、2箇所の床下収納、ウォークインクローゼットは4箇所、6畳小屋裏収納、小屋裏収納拡張のための屋根裏出入り口付、床下収納2箇所、南側全面幅12m×2mのビルトインバルコニー暴風雨補強対策付、戸外の水栓2箇所、戸外コンセント5箇所、耐震強度も自分で再計算し、余裕の補強をしてもらっています。庭に電気を引いた1.5坪ログハウス物置も付いて、標準装備や希望オプションは全て入れました。築3年を経過しましたが、不具合はもちろん何もなく快適です。

「これでどうしてそんなに安いの」とよく言われますが、特に節約を意識せず普通に建てました。40坪で2500万円という価格は標準的なもののようですが「何でそんなに高いの?」と正直思います。

要するに「お任せ」では高くなりますし、手抜きや無駄な施工をさせないようよく勉強して必要な部分に必要なお金をかけていけば十分安い家が建つということです。その勉強が半端ではありません。

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー...続きを読む

Qサッシはアルミか?アルミと樹脂の複合か?

現在、北陸地方で新築中です。サッシについて質問です。工務店からはアルミのペアガラスで十分です、と言われています。ただ、結露が心配なのと、友人の意見や内見会等で見る限り、ほとんどがアルミと樹脂の複合サッシにしています。理由を聞くと、やはり結露防止だそうです。このような意見を聞くと工務店の意見が信じにくい部分が出ており、サッシの仕様を再検討しようと思っています。値段の差もありますが、やはりアルミと樹脂の複合サッシの方がいいのでしょうか?また、アルミサッシとどのくらい値段の差があるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.3です!
たびたびごめんなさい。

今、通常複層サッシと複合サッシの価格をみてみました。

前回以上の差があるようです。
サッシだけの価格で、複合サッシにすると45%前後の開きがあるようです。
(前回も述べたようにガラス価格はほとんど変わりません)

ガラス込み価格だと前回投稿したように25%~30%程度の差みたいです。

通常複層サッシが仮に30000円であれば、複合サッシが44000円前後
プラス複層ガラス代が20000円とすると
通常複層サッシがガラス込み価格で 約50000円
複合サッシがガラス込み価格で 約64000円
といった具合ですかね・・・

もちろんサッシの大きさ等によって価格が変わってきますので、前回書いたように実際の見積りを出してもらった方が良いと思います。

何度も失礼しました。m(__)m

Q注文住宅の見積もり、これって妥当ですか?

少ない予算の中で、ローコスト系のハウスメーカーで注文住宅の建築を考えています。
アイフルホーム、アキュラホーム、タマホームの3社で営業マンから話を聞き、大体の相場と予算を確認。
不動産から紹介された土地で家を建てた場合の見積もりを、まずはアイフルホームで出してもらいました。
その見積もりが、こちらの予算を大きくオーバーしているので困っています。
見積もりの大まかな内容ですが、

床面積40坪 2階建て
家本体 1520万
付帯工事 350万
その他(設計費、申請費、水道新規・取替費など) 150万
外溝費 150万
予備費(地盤改良が必要であれば)100万
カーテン、照明、エアコンなど 80万
解体費用(古家あれば) 150万
借入費用(2000万)    100万
--------------------------------------------------
合計 2600万

ちなみに予算は2000万+予備費100万~200万なので、400~500万オーバーしています。
営業マンからは「あとからトラブルにならないよう、すべて込みにしてあります。外溝は安くできるし、地盤改良も少なくて済むかもしれない」と説明を受けていますが、
それで削減できるのは100~150万程度です。オプションなどを加えることもあるし、それでも予算オーバーは変わらないと思います。
あとで請求されるよりは良心的だとは思いますが、正直、「う~ん」という感じです。

この見積もりは妥当な価格なのでしょうか?
そもそも、私の予算の考え方が間違っているのでしょうか?
ちなみに話だけでの概算で、
タマホームは2000万~2200万、
アキュラホームは2300万~2400万程度でした(完全規格の商品ならさらに100~200万安くなるとのこと)
また、安いハウスメーカーがあれば教えていただければと思います。

少ない予算の中で、ローコスト系のハウスメーカーで注文住宅の建築を考えています。
アイフルホーム、アキュラホーム、タマホームの3社で営業マンから話を聞き、大体の相場と予算を確認。
不動産から紹介された土地で家を建てた場合の見積もりを、まずはアイフルホームで出してもらいました。
その見積もりが、こちらの予算を大きくオーバーしているので困っています。
見積もりの大まかな内容ですが、

床面積40坪 2階建て
家本体 1520万
付帯工事 350万
その他(設計費、申請費、水道新規・取替費など) 150...続きを読む

Aベストアンサー

40坪で1870万円でしょ?
安いんじゃぁ無いでしょうか。


関係ないものを家の価格に入れても比較になりません。
水道は役所の費用かもしれません。
カーテン・エアコンは家と関係ないですし、うちの地域ではHMで付けるのもではありません。
外溝も専門業者に後で発注するものですし、借入費用などはそれこそHMと全く関係ないでしょう。


家の価格と予算は別物ですからきちんと分けて考えた方が良いです。
カーテンや外溝がHMで安くできるなら依頼しても良いでしょうが、家とは関係ありませんから参考にされた(周囲の方の)家の価格には入っていないと思いますのでもう一度聞いてみましょう。



解体費とあるように新築と関係ない費用も含めての価格では予算の方が少ないのかも知れません。
別の土地を考えられてはいかがでしょうか?
地盤改良と解体費が不要になればもっと条件の良い土地の方が安上がりになるかもしれませんね。


そのうえで予算オーバーなら小さく建てたり安くなるような外観・間取りも検討されれば良いと思います。


家は(普通は)一生ものです。
慌てずゆっくり決めてください。
良い家ができると良いですね。

40坪で1870万円でしょ?
安いんじゃぁ無いでしょうか。


関係ないものを家の価格に入れても比較になりません。
水道は役所の費用かもしれません。
カーテン・エアコンは家と関係ないですし、うちの地域ではHMで付けるのもではありません。
外溝も専門業者に後で発注するものですし、借入費用などはそれこそHMと全く関係ないでしょう。


家の価格と予算は別物ですからきちんと分けて考えた方が良いです。
カーテンや外溝がHMで安くできるなら依頼しても良いでしょうが、家とは関係ありませんから参考...続きを読む

Q土地売買では確定測量しなければいけませんか?

親が以前に土地を買ったときに、隣地との境界がどこかということを確認しなかったようで、
売却したいと思って法務局に地積測量図を取りに行ってもありませんでした。

売却する際には、隣地の所有者に立会いしてもらう確定測量は必ずやるものでしょうか?
買主が了承すればやらなくてよいのでしょうが、市街化調整区域であり登記簿の面積もあまり信用ならないと法務局で教えてもらいました。
面積だけ確認なら現況測量でよいと聞きましたが、現状は境界標が全く見当たらないです。
これでは現況測量もできないでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

業者してます。

>売却する際には、隣地の所有者に立会いしてもらう確定測量は必ずやるものでしょうか?
必ずやるものではありません。一般的な話として、「売主は買主に対して境界を明示する」とする契約書が多いと思います。杭や標があればそれがいいですし、無ければ隣地との塀を見れば概ね判断ができますよね。不動産業者が買う場合などには、後々の販売のために確定測量を条件としてくることもあります。

上に書いたように、杭等が見当たらなくても境界と推察できる塀などがあれば、それをもってとりあえずの現況測量はできるでしょう。農地などのように壁も何も無い場合には、トラブル防止のためにも結論として確定測量をやらざるを得ないでしょうね。

Q後悔してます

もう変更はできません。北西からキッチン、ダイニングがあります。今更になって北東からキッチン、ダイニングにすればよかった~と毎日後悔してます。東は田んぼ、西は売り地です。南道路です。
間取りを決めるときにはわたしの頭の中には朝日という言葉がイチミリもなかったのです…。
でも、東キッチンにしていたとして、朝日が欲しい冬の朝に東の窓からちゃんと光が入るのかな?とも思います。
皆さまのご自宅はどうですか?
東か西にキッチンがあるかたや専門家のかた、ご意見ください。

Aベストアンサー

東にダイニングキッチンを設け東からの朝日に憧れているようですが、東日も実は夏はとてつもなく暑く日焼けはするし、温暖化で更に暑いし、良いことありません。
我が家は↑で後悔している者です。
ヨシズや簾を付けても入ってきますし困っています。
理想は東側に窓無しが良いと思います。

西キッチンの西日同然で夕日に当たりながらの準備など同様です。

キッチンの理想は北窓のみです。

もし北以外に窓つけるなら極小で十分です。

北窓は必ず必要です。
しかも北窓は夏は日が回りこむので斜めに日が入ります。

今では直射日光を避けてファイバーで天井に日を誘導する手法もあります。
これは遮光も随時任意自由にできます。
温かさも感じます。

ですから
北窓のみで十分です。


人気Q&Aランキング